Blog from ArchStyle » OUTIL|archstyle|Arch アーチ

OUTIL / LIBECO LINEN

2017.04.6 Thursday 19:27:33| Author:admin| Categories:OUTIL

素材の中でも古い歴史を持つ”リネン”生地、ヴィンテージの洋服からテーブルクロスやベットシーツ、様々な物に使われてきた伝統的な生地です。

特にヨーロッパ圏で採れるリネンは、抜群の雰囲気があります。
古くからリネン産業が盛んなベルギー、豊かな土壌と水で育った”リネン”は、上質でいて丈夫な生地が生まれます。

今回紹介するOUTILのアイテムは、ベルギーLIBECO社のリネンを贅沢に使用したものになっています。

_DSC2975
_DSC2976
ヴィンテージの洋服に見られる”肉厚”な生地が何よりも魅力です。
ぶるんとした肉感と上質な光沢感、ネイビーの発色の良さが際立つ素材です。

【VESTE LETRA】
_DSC2963Color NAVY
Size 2 / 3 / 4
Made in France
Price ¥38,000+tax

古いフランスのワークジャケットをベースとした”VESTE LETRA”。

元々ワーカー達が様々なシュチュエーションで着れる様にと作られたジャケットのデザインです。
乗馬の為に考えられた裾のラウンドや、ドレスでも使える様にとラペルにもなる襟元の仕様。

色々な着方を可能にするクラシックなデザインに加え、ネイビーの色味は汎用性の高い1着だと思います。

_DSC3065
_DSC3101
_DSC2999
着る事でリネン独特のシワが入りより身体に馴染んできます。

フレンチワークの上品な空気感を感じるのは、MADE IN FRANCEだからこそかもしれません。

【GILET LISSIEU】
_DSC2972Color NAVY
Size 2 / 3 / 4
Made in France
Price ¥24,000+tax

同素材によるベストも使い勝手の良い1枚。
こちらもジャケット同様に襟元のディテールを変えて着る事が可能です。

_DSC3023
_DSC3095
背面にはこの手のベストに良く見かけるキュプラではなくコットン素材を使用しているので、気兼ねなく着れます。

勿論ジャケットとベストを合わせて着ても相性抜群です。

_DSC3035
実は、まだ入荷していませんが同素材のワークパンツもリリースされています。
この軽快な素材ならば、3ピースでの着用もアリだと思います。

ご予約も多く頂いていたアイテムですので、先ずはお早めにご覧になってみてください。

ARCH 宅見

OUTIL BLACK INDIGO DYED JACKET&COAT

2017.03.26 Sunday 21:52:13| Author:admin| Categories:OUTIL

先日紹介したCHEMISIER FIRMINY SHIRTに続きINDIGO DYED のカバーオールが入荷しました。

_DSC2723
生地から縫製までを”メイドインフランス”に拘り洋服作りを行うOUTIL。

フランスメイドのツイル生地をフランスで縫製した後に日本で染色した生地は、2つの染料を贅沢に使用した独特の素材感が魅力の1枚です。

【VESTE DIME JACKET】
_DSC2719 COLOR INDIGO
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE 34,000+tax SOLD OUT

ブルーとブラックがかった綺麗な色味が何よりも特徴的な生地です。

インディゴとログウッドと呼ばれる2つの染料を媒染する事で、徐々にブラックに近づいていきます。

気候や媒染の仕方によって1枚1枚染まり方が微妙に異なるのも面白い部分です。

_DSC2720
_DSC2726
スタンドカラーの襟元が特徴的ですが、細かい部分にも機能的なディテールが加わっています。

全てのポケットにはスナップボタンを。
大きめのポケットだからこそ物を入れる時の事を配慮されたディテールです。

_DSC0587 2
カバーオールと言えばデニム素材を思い浮かべる方も多いと思います。

スタンドカラーのディテールとブラックインディゴの生地が相まって無骨過ぎず、ワーク・ミリタリーのアイテムとの相性も抜群です。

【MANTEAU ARNAS COAT】
_DSC0553COLOR INDIGO
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE 42,000+tax SOLD OUT

同素材を用いたワークコートもお勧めの1枚です。

程よい肉感のツイル生地は、これから夏場の肌寒い時期にかけて間違いなく重宝するはずです。

_DSC0593 2
_DSC0591 2
サイドからも手を入れられるポケットの仕様も嬉しいディテールです。

_DSC0571
ラッカーボタン、インディゴツイル、1900年代初頭に見られるフレンチワークジャケットを彷彿とさせる仕様は、ヴィンテージ好きには堪らないところではないでしょうか。

さらに日本の伝統工芸を用いたインディゴ染めの生地。

今はなき古きよきフレンチヴィンテージのファブリックを、フランス・日本の技術を持って表現したものになっています。

着用したら洗濯、このサイクルを可能にするジャケットとコートは手放せないアイテムになると思います。

ARCH 宅見

OUTIL NATURAL DYED BLACK LINEN

2017.03.18 Saturday 22:03:07| Author:admin| Categories:OUTIL

昨シーズンからARCHでの展開が始まったOUTIL。

”FABRIQUE EN FRANCE”

MADE IN FRANCEをコンセプトに掲げる生産背景に、強い拘りと信念を感じます。

古き良きフランスの素材を、OUTILだからこそ出来る手法で昇華したファブリックは、今回のコレクションの中でも一際存在感を放っていました。

_DSC2802

フランスメイドの肉厚なリネン生地を、100%ナチュラルな染料で染められた”CHEMISIER FIRMINY”

色味はブラックになりますが、ブラックの染料は一切使用しておりません。
ログウッドと呼ばれる染料を媒染し、何度も何度も染め足していく事で、深いブラックに近づいていきます。

_DSC2808

現在この手法で染められる職人は殆ど存在していないそうです。
フランスでも難しい染色を、日本の伝統的な手法で表現したブラックインディゴリネン。

1900年代初頭に見られた、ブラックインディゴのヴィンテージを彷彿とさせる逸品です。

VINTAGE BLACK INDIGO LINEN “VILLETTE”
_DSC2823

【CHEMISIER FIRMINY】
_DSC2747 Color BLACK INDIGO
Size 2 / 3 / 4
Price ¥25,000+tax

ファーストシーズンにて好評だった”CHEMISIER FIRMINY”。

シャツとしては勿論ですが、春夏ですとシャツジャケットとしても使える優れものです。

_DSC2782

_DSC2789

ヴィンテージに見られる肉厚な生地は、使い込んでいった際の雰囲気が抜群です。

昔1900年代初頭までのフランスでは、ワーク・ミリタリーの洋服の殆どがリネン素材でした。
勿論コットン生地も存在はしていましたが、この当時のリネンは肉厚で耐久性もあり、通年通して使われていたそうです。

フレンチワークを代表する素材、ブラックインディゴリネン。

まさにヴィンテージのソレを感じさせるOUTILの生地は、着込んでいき色が抜けてくる事でより良さを実感するはずです。

ブラックからグレーがかった色味に…想像するだけで着用頻度が上がってしまいそうです。

_DSC2859

_DSC2879

”CHEMISIER FIRMINY”と同じ染料を用いて作られたワークジャケットも入荷しております。

こちらも追ってブログにて紹介しますが、楽しみにされていた方も多いアイテムですので先ずは店頭にてご覧になってみて下さい。

ARCH 宅見

OUTIL × FRENCH VINTAGE DAY2.

2016.09.18 Sunday 23:35:02| Author:admin| Categories:OUTIL

昨日から開催しておりますイベントも明日で最終日となります。

本日は、ARCHでも定番的なアイテムであるFRENCH ARMY M-47 PANTSをリプロダクションした1本と同素材を用いたサロペットを紹介します。

_DSC0508
50年代頃にフランス軍に支給されていた、通称M-47パンツの後期にあたる名品。

ヘリンボーンツイルを用いたこのパンツを、より綺麗なシルエットにモディファイドして仕上げています。

_DSC0502COLOR NAVY
SIZE 2(S) / 3 (M) / 4 (L)
PRICE ¥24,000+tax

市場で見つかるM-47の殆どがオリーブなのに対して、”ネイビー”が見つかる事はほぼ皆無といっても過言ではありません。

そんな”ネイビー”をオリジナルの色味に忠実に再現したのがOUTILの”PANTALON FLERS”。

絶妙な色のフェード感とオリジナルのメタルボタンがにくいです。

_DSC0472
リザードカモを表現したこちらの1本もまるでヴィンテージの様な雰囲気です。

_DSC0468COLOR CAMO
SIZE 2(S) / 3 (M) / 4 (L)
PRICE ¥24,000+tax

1からプリントして作り上げたリザートカモは、ヘリンボーン生地にプリントを施しています。

無骨な印象のある柄を綺麗なシルエットにモデファイドする事で、普段のスタイルに落とし込みやすいアイテムになっています。

_DSC0499HAT JAMES LOCK
JACKET CASEY CASEY
INNER MERZ B SCHWANEN

同素材を用いたサロペットもバランスの良いアイテムに仕上がっています。

_DSC0530COLOR NAVY
SIZE 2(S) 3(M)
PRICE 29,000+TAX

_DSC0528

スイス軍のサロペットとフランス軍のM-47を融合させた使い勝手の良いアイテム。

ネイビーヘリンボーンの素材とも上手くマッチした物になっています。

_DSC0524COLOR CAMO
SIZE 2(S) 3(M)
PRICE 29,000+TAX

下半身のデザインがM-47なので、ジャケットやシャツを羽織るとミリタリーパンツを履いている雰囲気に映ります。

様々な着方が可能な1枚なので、使い勝手はとても良いアイテムです。

_DSC0519COLOR WHITE
SIZE 2(S)/ 3(M)/ 4(L)
PRICE 22,000+TAX

ノーカラーのシンプルなこちらのシャツは、フレンチワークらしい匂いを強く感じます。

オックスフォード生地を起毛させた生地はなんとも言えない雰囲気です。

_DSC0533
勿論フレンチヴィンテージとの相性は抜群です。
フランスメイドのシンプルなシャツに是非袖を通してみて欲しいです。

ざっくりと説明してしまいましたが、先ずは店頭にてご覧になってみて下さい。

皆様のご来店をお待ちしております。

ARCH  宅見

OUTIL × FRENCH VINTAGE

2016.09.16 Friday 21:16:05| Author:admin| Categories:News!!,OUTIL,Vintage

いよいよ明日から開催します《OUTIL FIRST COLLECTION FAIR ×FRENCH VINTAGE 》。

BDL_023

《OUTIL FIRST COLLECTION FAIR×FRENCH VINTAGE FAIR 》
9/17(SAT)~9/19(MON)
@ARCH PREMIER ETAGE

明日のイベントからは、2016秋冬のアイテムが出揃います。

_DSC0502
_DSC0499
_DSC0510
_DSC0549
_DSC0540
_DSC0525
_DSC0555
_DSC0468

_DSC0508

_DSC0545
MAILLER REUAN (JACKET) ¥32,000
VESTE BEAUJEU (JACKET) ¥38,000
GILLET LISSIEU (VEST)  ¥22.000
MANTEAU LORETTE (COAT) ¥40,000
CHEMISIER MARLHES (SHIRT)  ¥22,000
PANTALON FLERS (BOTTOMS) ¥24,000 

デザイナーである宇多氏が、フランスで訪れた工場・ゆかりのある土地の地名からアイテム名を付けています。
アイテムの詳細は後日改めて紹介させて頂きます。

フランスでは、厳選された良質なヴィンテージを買い付け出来ております。

OUTIL・FRENCH VINTAGEに共通する ”フランスメイド”の空気感を、先ずは店頭にて感じてみて下さい。

IMG_3841《FRENCH VINTAGE NEW ARRIVAL》

ARCH 宅見

OUTIL ~FABRIQUE EN FRANCE ET AU JAPON

2016.09.15 Thursday 21:51:12| Author:admin| Categories:OUTIL

先日からアナウンスしていました【OUTIL (ウティ)】のアイテムを紹介します。

フランス生産に拘った洋服は、主にフレンチワーク・ミリタリーからインスパイアされて完成されます。

_DSC0553
冒頭の写真は1900年代初頭にフランス軍に支給されていたリネンジャケット”BOURGERON”。

スタンドカラーの襟元と大きめに付けられた胸ポケットのディテールが特徴的であり、存在自体が希少なアイテムでもあります。

そんな”BOURGERON”をベースに、再構築したアイテムが”CHIMISIER FIRMINY SHIRT”です。

【CHIMISIER FIRMINY SHIRT】
_DSC0425Color NAVY
Size 2(S) / 3 (M) / 4 (L)
Price ¥22,000+tax

コットン100%の生地を用いたシャツは、ジャケットの様にも着れる1枚。

力織機で織ったオックスフォード生地を起毛させる事で独特の雰囲気に仕上っています。

_DSC0437
_DSC0439
_DSC0442

ワークウェアーを彷彿とさせる両胸のポケットの仕様やスタンドカラーの襟元のディテールが堪らないこのシャツ。
フランネルの様な柔らかい生地感は、既に何年も着込まれたかのような雰囲気があります。

フレンチヴィンテージに良く見られるラッカーボタンとも相性抜群です。

_DSC0512
インナーに着る物によってシャツ、ジャケット、どちらのスタイルでも着回せる汎用性の高さもこのアイテムの魅力です。

_DSC0548

前回のブログでも触れましたが、やはり生産背景に注目して欲しいブランドだと思います。

今では数少ないフランスのワークウェアーの工場。

その中でも、デザイナーを務める宇多氏が自身の目で見て感じ、納得の出来る場所でのみ生産を行っています。

古き良きフランスの産業を守る為に、”フランス製”を続けたいともお話していました。

フランスでなくても可能な生産を敢えてそこに拘るのには、やはりその空気感を持ってくるという思いではないでしょうか。

14322243_1160957160637704_6038062614553196779_n

14368688_1160957283971025_470261291283517755_n

14264175_1160957407304346_171458046671040002_n

先ずは9/17から開催しますイベントにて直接見て欲しい洋服です。

明日のブログではボトムス等の紹介をしますので、そちらも楽しみにしていて下さい。

BDL_023

《OUTIL FIRST COLLECTION FAIR×FRENCH VINTAGE FAIR 》
9/17(SAT)~9/19(MON)
@ARCH PREMIER ETAGE

ARCH  宅見