Blog from ArchStyle » OUTIL|archstyle|Arch アーチ

OUTIL × Meguro un jour

2017.10.8 Sunday 21:39:00| Author:admin| Categories:OUTIL

昨日から開催しております、OUTIL×Meguro un jourによるスペシャルイベント。

初日から多くのお客様に足を運んで頂き誠に有難うございます。

フランスという土地に魅せられた、ARCHオーナー山内、OUTIL 宇多氏、UN JOUR宮内氏。
そんな共通点から始まった今回のイベントは、とても新鮮であり刺激的なイベントになりました。

IMG_2272
IMG_2282
_DSC0315
イベントは明日まで開催しておりますが、OUTIL宇多氏とUN JOUR 宮内氏は本日までとなります。
明日までは、OUTILの豊富なラインナップをご覧になって頂けます。

_DSC0299JACKET OUTIL MOLESKIN WORK JACKET
BOTTOMS  FRENCH ARMY M-47

_DSC0369

_DSC0344 SHIRT OUTIL BLACK CHAMBREY SHIRT
BOTTOMS ANATOMICA

_DSC0350

_DSC0330 JACKET FRANK LEDER
BOTTOMS OUTIL ARCH EXCLUSIVE

_DSC0384

別注で制作したBLACK INDIGOのWORK PANTSは、大変好評を頂いており完売してしまったサイズも出てきました。
気になっていた方はお早めにご覧になってみてください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH 宅見

OUTIL / BLACK&BLUE INDIGO DYED WORK PANTS ARCH EXCLUSIVE

2017.10.6 Friday 21:53:38| Author:admin| Categories:OUTIL

OUTILから今シーズンの春夏にリリースされた”PATALON RONCQ”

実は、ARCHにて買い付けてきたFRENCH VINTAGEを、OUTILデザイナー宇多氏に資料提供して完成したアイテムです。

IMG_2265
写真の物が実物になります。
1940年代頃のFRENCH VINTAGEで、肉厚なリネン生地をブラックインディゴの染料で染めた1本。

1800年代後半から1940年代までフランスのワークウェアーに使われていたとされる染料”BLACK INDIGO”。

現在、当時と同じ染料はフランスでは存在していなく、BLACK INDIGOの生地をフランスで生産する事は不可能とされています。

そんな中、OUTILデザイナー宇多氏が当時と同様の”BLACK INDIGO”を再現すべく、日本の染め職人に依頼し伝統的な技術で”BLACK INDIGO”の染めを完成させました。

FRENCH VINTAGEにルーツがある染料を用いて、ARCHのヴィンテージが元ネタとなった”PATALON RONCQ”に乗せた渾身の1本です。

_DSC0847
IMG_0072
IMG_0075
元々、ブルーインディゴで染めたツイル生地の上から、BLACK INDIGOでさらに染め上げています。

ブルーとブラックが混ざり合った生地は、独特の雰囲気に仕上がっており、間違いなく経年美化が期待できる素材です。

フックの仕様とカッティングに特徴のあるポケットの形状もこのパンツの魅力のディテール。
そして何よりも、来春シーズンから一新されるオリジナルのメタルボタンにも惹かれます。

IMG_0081
フランスのことわざで ”L’ air fait pas la chanson (メロディーは歌を作らない)”と彫られたメタルボタン。
塗装が剥げて、シルバーになっていくとより雰囲気がグッと増します。

見かけのデザインや名前ではなく、実際に着用していった際の変化や洋服に宿る背景が大事というメッセージを込めてこの言葉を選んだそうです。

_DSC0811Color INDIGO
SIZE 0 / 1 / 2 / 3 / 4
PRICE ¥28,000+TAX

_DSC0831

40年代のワークパンツ特有のストンと落ちるシルエットが特徴的です。
潔い太さとテーパードのしないこのシルエットは、ヴィンテージを彷彿とさせます。

_DSC0838

サスペンダーボタンも内側に装備されているので、サスペンダーで吊ってクラシックに履いても面白いと思います。

_DSC0845

ブルーとブラックインディゴ双方の色落ちを想像しただけで…着用頻度は間違いなく上がります。

ミリタリーパンツを履く感覚で合わせて欲しい1本です。

明日のイベントから発売開始です。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH スタッフ一同

_DSC0733 OUTIL  & Wine Bar Meguro un jour Special Event
2017 10/7 (sat),10/8 (sun), 10/9 (mon)
@Arch Premier Etage

EUROPE BUYING ~ENGLAND&FRANCE

2017.10.5 Thursday 21:32:57| Author:admin| Categories:OUTIL,Vintage

昨日アナウンスしておりました、ヴィンテージ買い付けの詳細を写真にて紹介します。

写真はごく1部なので是非店頭にてご覧になって頂きたいです。

_DSC0405

_DSC0785

_DSC0432

_DSC0762

_DSC0752

_DSC0788

_DSC0757

_DSC0792

_DSC0435

_DSC0793

_DSC0414

_DSC0416

_DSC0425

_DSC0426

_DSC0418

_DSC0410

イギリスからフランスと、ミリタリー物・ワーク物様々なヴィンテージウェアーが揃っています。

フランス軍のモーターサイクルは近年見かけなくなってきたアイテムで、デッドストックの状態で見つける事が出来ました。

FRENCH AIR FORCEのレザージャケットは、個人的にもとても好きなアイテムでNAVYの色味が堪りません。
FRENCHのハンティングジャケットもデッドストックで入荷です。
こちらもデッドストックでは中々目にしなくなりましたね。

定番のモールスキンジャケットは、フレンチワークらしいブラック色味の物がサイズ豊富に揃っています。
毎回入荷時に好評を頂いております、ストライプのワークパンツはデッドストックの状態でまとまった数が出ています。

イギリスからは、LYBRO・FABRUMのワークジャケット、中でもインディゴ染めのジャケットは非常に珍しいです。
ROYAL NAVYのワークジャケットも数枚見つける事が出来ました。

今週末から開催するOUTILのイベントにて合わせてご覧になってみてください。

_DSC0733OUTIL  & Wine Bar Meguro un jour Special Event
2017 10/7 (sat),10/8 (sun), 10/9 (mon)
@Arch Premier Etage

ARCH 宅見

OUTIL Herringbone Virgin Wool

2017.10.2 Monday 20:46:54| Author:admin| Categories:OUTIL

IMG_0049
フランスで織られたラムズウール、それもヴァージンウールを贅沢に使用したジャケットとベストが入荷しました。

一頭の羊から一生に1回しか採る事の出来ないヴァージンウール。
生まれてから初めて採られたそのウールは、とても貴重なものと言えるでしょう。

何度も何度も毛刈りを繰り返したウールよりも繊維が細く、しなやがでいてソフトな触り心地が特徴的です。

そんなヴァージンウールをOUTILらしくヘリンボーン織りで製作した贅沢な1着に仕上がっています。

IMG_0043COLOR CHARCOAL
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥42,000+TAX

形は、フランスの労働階級で使われていたワークジャケットをベースにしています。
ラペルにもスタンドにもなる襟のデイテールに、フレンチワークの匂いを感じます。

_DSC0271

_DSC0322
IMG_0045
ウールが起毛しているので分かりづらいと思いますが、実は織りはヘリンボーンになっています。

着用と洗いを繰り返す度に、その織りが徐々にはっきりと浮かび上がってきます。

_DSC0262
身体に何のストレスもない軽い着心地は、ジャケットを着ている感覚があまりありません。
ニット・カーディガンを纏う様な着心地に似ているかもしれません。

それ位、動きやすくとても楽なフィッティングです。

同素材のベストを合わせる事で、よりクラシックな装いに変化します。

_DSC0288COLOR CHAROCAL
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥28,000+TAX

表生地にヴァージンウールを、背面にはブラックモールスキンを使用しています。

ジレというより着丈の長さも十分にあるので、ワークベストとして気軽に着れると思います。

_DSC0302

個人的に背面のブラックモールスキンにグッときます。
ウール・モールスキン両方の経年変化が期待出来るのも嬉しい部分だと思います。

20838197_457220671316701_5537212137404891136_nOUTIL  & Wine Bar Meguro un jour Special Event

2017 10/7 (sat),10/8 (sun), 10/9 (mon)
@Arch Premier Etage

そして、今週末からスペシャルイベントを開催します。

PARISにてARCHオーナー山内とOUTIL宇多氏がイベントの打ち合わせをしていた1コマ。

IMG_2162
イベントの詳細はこちらから紹介していきますので、楽しみにしていてください。

OUTILとの別注アイテムも….

ARCH 宅見

OUTIL “FABRIQUE EN FRANCE”

2017.10.1 Sunday 21:07:15| Author:admin| Categories:OUTIL

フランス語で”道具”という意味を持つ”OUTIL”。

ヨーロッパのワーク・ミリタリーにフォーカスを当てた洋服は、着る人それぞれの”道具”として在り続けるアイテムが揃います。

“FABRIQUE EN FRANCE”をテーマに掲げた物作りと、拘り抜かれた生地・染料に僕達も魅了されています。

そんなOUTILの秋冬のコレクションも徐々に店頭に到着してきており、早速お客様にも好評を頂いております。

予てからOUTILデザイナーである宇多氏と考案していた、スペシャルイベントを今週末10/7から開催致します。

20838197_457220671316701_5537212137404891136_nOUTIL  & Wine Bar Meguro un jour Special Event
2017 10/7 (sat),10/8 (sun), 10/9 (mon)
@Arch Premier Etage

先日まで、オーナー山内とANATOMICA岩谷がロンドン・フランスにヴィンテージ買い付けにいっておりました。
各土地で見つけた良質なヴィンテージウェアもイベント中に到着しそうです。

宇多氏と考案していた特別な別注アイテムも…こちらは近日中に公開します。

そして、今回のイベント限定で、東京目黒にお店を構えるワインバー・Meguro un jourオーナー宮内氏もイベントに参加して頂きます。
期間中は、特別にお店で提供している厳選されたワインをARCHにて販売致します。

FRENCH VINTAGEとVIN NATUREL、フランスという土地に共通点があるスペシャルなイベントを是非楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

OUTIL “BLACK MOLESKIN” VESTE GABARRET

2017.09.5 Tuesday 19:27:41| Author:admin| Categories:OUTIL

フランスのワークウェアーを代表する素材”MOLESKIN”

40年代〜50年代にかけてフランスで作られていた生地は、極上品と言っても過言ではありません。
少しの光沢感と滑らかでいて厚みのある生地は、ワークウェアーでありながら上品な雰囲気も感じます。

現在、フランスではその当時と同じクオリティの”MOLESKIN”を生産する事が不可能となっているそうです。
あの当時のモノを着るにはヴィンテージを探すしかない状態と言えるでしょう。

そんな中、OUTILから今季リリースされたオリジナルの”MOLESKIN”は、その当時の匂いを感じる極上のものに仕上がっています。

_DSC0448
_DSC0439
IMG_0484
フレンチヴィンテージでも、ブラックを探すとなると一苦労です。

ファッションの色としてのイメージが強いブラックを、当時からワークウェアーに使っていたのはフランスだけではないでしょうか。
”BLACK MOLESKIN”こそフレンチヴィンテージを代表する素材だと僕は思います。

IMG_0483COLOR BLACK
SIZE  2 / 3 / 4
PRICE ¥32,000+TAX

オリジナルにはない、スタンドカラーの仕様が1番の魅力です。
古いワークジャケットに見られるラウンドしたポケットの仕様にもグッときます。

イギリスのワークジャケットの様でありながら素材はフレンチ。

OUTILが作り出すワークジャケットの汎用性の高さにはいつも驚かされます。

_DSC0646 HAT JAMES LOCK
INNER MERZB SCHWANEN
BOTTOMS FRENCH ARMY M-47

_DSC0639SHIRT FRANK LEDER
BOTTOMS FRANK LEDER

洗濯と着用を繰り返す事で、色が抜けシワが入りヴィンテージ顔負けの1着に仕上がっていくはずです。

説明不要なくらい、素材・デザイン含めて使い勝手が良い事は間違いありません。

是非お早めにご覧になってみてください。

ARCH 宅見

OUTIL 17AW / CHEMISIER FIRMINY

2017.08.13 Sunday 20:37:10| Author:admin| Categories:OUTIL

毎シーズン、好評頂いているOUTILの新作が遂に入荷です。

IMG_0373

今回、第一便で到着したのはフランスを代表する生地「Black Chambray」を使ったOUTILらしい一枚。

[ 1940's Black Chambray Coat]
IMG_0378

こちらは40年代頃のフレンチワークのヴィンテージ物になります。

フレンチワークの匂いを感じるブラックシャンブレーの素材は、独特のものがあります。
まさにこの素材を彷彿とさせるOUTILの”CHEMISIER FIRMINY”。

ARCHでも既にお馴染みの形となりました。

_DSC0279Color / BLACK
Size / 2 / 3 / 4
Price / ¥24,000- +tax

_DSC0285

ワークウエアを彷彿とさせる両胸のポケットの仕様やスタンドカラーの襟元のディテール。

これから何年もかけて着込み経年変化を楽しみたいアイテムです。

IMG_0375メタルボタンを使っており、こちらも使い込むほどに雰囲気が出てくるパーツ。

_DSC0283スッキリとしたスタンドカラーはワークシャツなのに野暮ったくなり過ぎないのが特徴的です。

_DSC0278

_DSC0291

OUTILの洋服は着てみてこそ良さがわかり、実感出来るような気がします。

是非、一度袖を通して欲しい一着です。

Arch 阿部

OUTIL / PASTEL DYED

2017.05.5 Friday 21:34:16| Author:admin| Categories:OUTIL

フランス生産に拘りを持つOUTILの一貫した洋服作り。
中でも特に拘りを感じる部分は染めの工程にあります。

今回紹介するアイテムは、インディゴ染めよりも古い歴史を持つブルーの染料”PASTEL”染めを施した1着です。

スクリーンショット 2017-05-05 17.12.35
パステル染めとは、フランス の一部の地域でしか行われていない今では大変希少な染色方法です。

発色の良い鮮やかなブルーの色味は、パステルという植物の葉から採れており、科学薬品等を一切使用していないナチュラルダイで染め上げています。

フランスの古き良き伝統的な染色方法を施した今回のOUTILのアイテムは、僕らも入荷を非常に楽しみにしていました。

IMG_1331
形は前回紹介しました【CHEMISIER FIRMINY】と同じモデルになります。

【CHEMISIER FIRMINY】
IMG_1326 Color Pastel
Size 2 / 3 / 4
Price ¥25,000+tax

IMG_1328

インディゴよりも淡いブルーが特徴的なパステル染め。
色落ちがしにくいのも特徴で、徐々に色は変化していきますが極端に色が抜けていく事はないそうです。

フランスの伝統的な手法で染められたブルーは、他にはない唯一無二の色味です。

_DSC1436
リネンの素材感と鮮やかなブルーの色味はこの春夏間違いなく活躍する1枚になると思います。
シャンブレー感覚で気軽に着れるイメージです。

ボタンを閉めてシャツとしても着れるので、様々なスタイルで着こなす事が出来ます。

_DSC1437
特にここ札幌では夏場でも軽い羽織として重宝するはずです。
同色のネイビーで合わせるとより色のコントラストが分かりますね。

【CHEMISIER ILLERY】
_DSC1462Color Pastel
Size 2 / 3 / 4
Price ¥25,000+tax

同じパステル染めを施した”CHEMISIER ILLERY”は、ミリタリーのスリーピングシャツをベースにした1枚。
ゆったりとしたシルエットは、とても気心地が良く首元の開き具合も丁度良いです。

_DSC1468
裾のサイドにポケットが付いているのも嬉しいディテールです。

この手のアイテムはラフにカットソー感覚で着れるので1枚あるととても使い勝手が良いです。
特にシャツ等を1枚で着る事が多くなるこれからの時期にはもってこいだと思います。

ARCH 宅見