Blog from ArchStyle » paraboot|archstyle|Arch アーチ

Paraboot Made in France

2017.11.25 Saturday 13:35:56| Author:admin| Categories:paraboot

フランス生産を徹底して行うParaboot、自国生産に拘り続ける老舗ワークブーツメーカーは、実際にフランスではどのように愛用されているのか?

本日は、Paraboot正規輸入代理店・(株)RPJ 篠崎 拓馬氏にフランスで愛され続けている理由を、ARCHとParaboot sapporoを兼任しているスタッフ荒にインタビューして頂きました。

IMG_0159-400x300
Paraboot Sapporo 荒
『フランス自国のシェア率が1番高いParabootですが、本国フランスではどのように履かれているのでしょうか?』

RPJ篠崎氏
『フランスでは、公共機関・警察や軍、乗馬用の靴としても支給されており、国に認められている、誰もが認知しているメーカーの一つです。
ファッションではない、道具・仕事靴(ワークブーツ)として愛用されています。』

Paraboot Sapporo 荒
『公共機関で使われているのは良く耳にしていました。フランス海軍や空軍に支給されていたモデルもヴィンテージで見た事があります。
そういった背景を知ると、よりParabootへの信頼が増してしまいますね。
フランスに行くと、様々な人達が当たり前のようにParabootを履いているのを目にすると聞きますが、実際はどういった使われ方をしているのでしょうか?』

RPJ篠崎氏
『フランス人の仕事着は、勿論スーツの方も多くいますが、カジュアルなジャケパンスタイルが多いのでParabootがハマりやすく、フランネルのスーツにデッキシューズを履いている人もいるくらいです(笑)。
それ位日常的に使われており、汎用性が高いと思わされます。
フランスは、元々植民地であり様々な人種の人達を受け入れてきた土壌です。
そういった時代背景があるからこそ、イギリスやアメリカなどの文化から持ち込まれて生まれたモデルも存在します。
それこそが、Parabootの魅力てあり、自国フランスで愛され続けている理由だと思います。』

こういった背景を聞くと、益々Parabootは履きたくなってしまいますね。

_DSC1060 VIGNON
_DSC1057

『先輩に勧められ購入したAVIGNON。

正直、最初は何が魅了なのかがわかりませんでした。笑
そんな中、履いていくうちに自然と足を入れていました。
パンツの裾幅、レングスをあまり気にせず、様々なスタイルを受け入れてくれる懐の深さがAVIGNONの魅力なのではないかと個人的には感じています。

フランス本国ではベストセラーになっている理由が少しずつ理解してきました。

ぼく自身、北海道には来たばかりの為、ここ最近で雪道の辛さを知るのと同時に、関東では感じる事の出来なかったパラブーツの“道具”としての必要性を感じる事が出来ました。

これからさらに自分には欠かせない一足となってくれると感じています。』荒 談

_DSC1144RPJ 篠崎氏
_DSC1152WILLIAM

フランスと日本、文化の違う両者でも履かれている靴は同じであり、2人の話を聞いているとここ北海道でも欠かせないギアとして外せない靴だと再認識させられました。

PARABOOT TRUNK SHOWは、明日まで開催しておりますので是非自分に合うモデルを探しにいらしてください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH スタッフ一同

Paraboot Style

2017.11.23 Thursday 22:04:00| Author:admin| Categories:paraboot

11月中旬から雪が積もり始めるここ北海道。
僕達も当たり前の様に、一つの道具として愛用している靴”PARABOOT”。

特に足場の悪い雪道にこそ真価を発揮します。
リスレザーと呼ばれるオイルを含んだレザーに加え、グリップ力の強いラバーソールは安心して歩行が出来ます。

歩くだけでもストレスのかかる雪道において、ここまで安心して歩ける靴は”PARABOOT”以外に見当たりません。

それほどまでに僕らが信頼を置いてるPARABOOTは、機能面に加えスタイリングにおいてもとても汎用性が高いです。

本日は、スタッフが愛用してるモデルとPARABOOTの魅力を語って頂きます。

先ずは、ARCH松本からです。

【CHAMBORD】
DSC0727-400x265COLOR  GRINGO / NOIR / CAFE
PRICE ¥65,000+TAX

【松本】
IMG_8007

『parabootの定番CHAMBORDは、どのようなコーディネートにも合わせやすくプライベートでもよく履いています。
また、ブラックカラーでUチップのディテールが個人的にとてもフランスらしく、僕がお客さんだった頃に憧れていたArchの定番スタイルという事もあり、相変わらず重宝しております。
冬の定番コーディネートとしてchambordは外すことが出来ません。』松本談

【PHOTON】
_DSC1043COLOR CAFE / NOIR
PRICE 58,000+TAX

【川村】
IMG_8029

『フランス靴でありながらイギリス的な匂いを感じるPHOTONはお気に入りの1足です。
ツイードのジャケットにバブアー、ステンカラーコートなど直球なブリティッシュアイテムとのスタイリングは勿論、この手のアランニットなどであえてラフな着こなしを楽しむのも、パラブーツだからこそ上手くまとまる気がします。
加えて雨や雪などの悪路でも力を発揮する実用性の高さからついつい手が伸びてしまうのかもしれません。』川村談

【WILLIAM】
_DSC1050COLOR G.COGNAC / NUIT / GOLD / CAFE / VEL.NOIR
PRICE ¥68,000+TAX

【近谷】
IMG_8018

『WILLIAM は、昨年もご紹介させて頂いたモデルと同じ型となっております。
やはり何年経っても飽きの来ないデザイン、ここ北海道で通勤時等にも活躍しますし、元々J社が生産していたという背景もあり綺麗なスラックスに合わせる事も多いです。
ダブルモンクストラップ仕様で尚且つノルヴエイジャンウェルト製法なので、唯一無二の存在だと感じております。
勿論デニムにもチノパンにも相性が良いので、汎用性が高く大変重宝しております。非常にオススメです!』近谷談

イベントでは紹介しました3型が普段よりもカラーラインナップ豊富に揃っています。

26日まで開催しておりますので、是非ご覧になってみてください。

20160824131316PARABOOT TRUNK SHOW
2017 11/23(THU)~11/26(SUN)
at ARCH

ARCH 宅見

PARABOOT TRUNK SHOW in Arch

2017.11.22 Wednesday 21:41:49| Author:admin| Categories:paraboot

今やArchでは、この季節の恒例行事とも言える『パラブーツ・トランクショー』。

今回もまた、定番はもちろんマニアックなモデルや廃番モデルまで、豊富なラインナップは見るだけでワクワクしてしまいます。
また、先週に系列店のJUILLET(ジュイエ)で開催したトランクショーから引き続き、レディースの商品も豊富にラインナップしております。

そんなトランクショーが明日から開催致します。

_DSC1032

PARABOOT TRUNK SHOW
11/23(TUE)~11/26(SUN)
IN ARCH

普段見かけないラインナップも多数御座います。

_DSC1030

_DSC1033

_DSC1036

_DSC1039

もうすでにPARABOOTをお持ちの方も、そうでない方も是非見に来て頂けますと幸いです。
冬の頼もしい相棒を見つけに来ては如何でしょうか?

最後に、期間中PARABOOTをご購入頂いたお客様にはシューツリーをプレゼント致します。
※数に限りがある為、先着順となっております。

是非、奮って参加下さい。

ARCH 近谷

paraboot / BEAULIEU

2017.11.21 Tuesday 20:28:43| Author:admin| Categories:paraboot

parabootの中でも定番モデルとして高い人気を得ていた幻のモデル”BEAULIEU(ボーリュー)”。

数年前にある理由により、廃盤となってしまったBEAULIEUは、昨年限られた店舗のみで展開する事が出来ました。

そして、今年は特別に”別注”という形でArchの為に再生産して頂きました。

_DSC1016

_DSC1023

CHAMBORD(シャンボー)をベースにブーツに仕上げたBEAULIEU。
CHAMBORD同様に耐久性、汎用性の高さはとても魅力的です。

また、アッパーとアウトソールを縫い合わせているノルウェイジャンウェルト製法により水の侵入を防ぎ、さらにハイカットということもあり、CHAMBORD以上の効果を発揮します。

アッパーにはオイルをたっぷりと含んでいるparabootオリジナルの”LESSE LETHER”(リスレザー)を使用。

雨の中や雪道の中でも気兼ねなく履く事が出来ます。

DSC1182-400x265

羽根の部分から踵までのパーツに接ぎ目が無いのもBEAULIEUの特徴の一つ。

左右一枚づつで仕上げている為、足にも馴染みやすいです。

DSC1190-400x265COLOR / NOIR
SIZE / 6 / 6.5 / 7 / 7.5 / 8 / 8.5 / 9 / 9.5
PRICE ¥74,000 +tax

IMG_7183

今回は、別注という形で運良く展開させて頂く事が出来ましたが、次回また再生産出来るかどうかは今現在何とも言えないのが現状です。

気にされていた方は、この機会にいかがでしょうか?

20160824131316paraboot TRUNK SHOW
2017 11/23(THU)~11/26(SUN)
in ARCH

 豊富なラインナップがご覧頂けるのは勿論ですが、paraboot純正のケア用品やシューレースが揃うのもこのイベントの楽しみではないでしょうか?

是非、この機会にご来店下さいませ。

 

Arch 松本

Tyrolean Shoes / paraboot

2017.11.20 Monday 21:09:46| Author:admin| Categories:paraboot

アルプスのチロル地方で主に履かれていたチロリアンシューズ。

ヨーロッパの山で作業を行わなければならない人達が独自に進化させていった革靴は、アメリカで言うモカシンシューズのような物だったと思います。

また、Archでもparabootがラインナップされた際にCHAMBORDと一緒にセレクトしていたアイテムがMICHAEL PHOQUEです。

そんな僕らとも思入れ深いモデルが進化して入荷しております。

_DSC0996COLOR / noir
SIZE / 39 / 39.5 / 40.5 / 41.5 / 42
PRICE / ¥84,000 +tax

_DSC0998
_DSC1002

フランスの某高級ブランドH社によって別注された”MICHAEL PHOQUE”を彷彿とさせるデザイン。

現在ではアザラシの個体数が減少し、捕獲に規制がかかってしまい廃盤となってしまいました。

そして、今回ご紹介させて頂いているMICHAEL VISONは、その継承モデル。

_DSC1004COLOR / CAFE
SIZE / 41.5
PRICE / ¥84,000+tax
_DSC1007

CAFEに関しては一足のみの入荷となっております。

現在、parabootフランス本社、paraboot日本代理店(株)RPJにも在庫が無い現状です。

ちなみに次回、日本に入荷予定はおよそ4ヶ月後とのこと。

探されていた方は、是非この機会にいかがでしょうか?

また、同じチロリアンシューズのMORZINEも入荷しております。

_DSC1062COLOR / noir
SIZE / 41 / 41.5 / 42 / 42.5
PRICE / ¥68,000+tax

_DSC1067

_DSC1064paraboot創業当初からラインナップに入っていたMORZINEは、paraboot定番モデルMICHAELの前身モデルです。

ANATOMICAのピエール・フルニエ氏がANATOMICAの前に立ち上げたセレクトショップHEMISPHERES(エミスフェール)にラインナップされていたMORZINE。

イギリス、アメリカ物でラインナップされていた店内に唯一セレクトしていたフランス製のアイテムでもあります。

20160824131316PARABOOT TRUNK SHOW
2017 11/23(THU)~11/26(SUN)
ARCH

約50種類程のラインナップが揃い、豊富な品揃えを一挙にご覧に頂けます。
メンズのラインナップに加え、レディースモデルも種類豊富に揃い、男女共に楽しんで頂けるイベントです。

また、今回も期間中parabootをご購入頂いたお客様に先着でノベルティのご用意が御座います。

こちらは追ってこちらのブログにてご紹介させて頂きます。

是非、この機会にご来店下さいませ。

 

Arch 松本

 

BONCOURA祭〜Paraboot Trunk Show

2017.11.20 Monday 12:13:19| Author:admin| Categories:BONCOURA,paraboot

先週末から開催しておりました、BONCOURA祭。

多くのお客様にご来店頂き誠に有難う御座いました。
別注で製作しました”WORK PANTS”は、大変好評を頂き残り僅かとなっております。
気になっていた方はお早めにご覧になってみてください。

DSC_1122
_DSC0971
そして、BONCOURA祭に続き毎年この時期恒例の【PARABOOT TRUNK SHOW】を今週11/23(THU)から開催します。

20160824131316PARABOOT TRUNK SHOW
2017 11/23(THU)~11/26(SUN)
ARCH

約50種類程のラインナップが揃い、豊富な品揃えを一挙にご覧に頂けます。
メンズのラインナップに加え、レディースモデルも種類豊富に揃います。

イベントの詳細は、ブログにて紹介していきますので楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

Paraboot / CHAMBROD

2017.10.27 Friday 20:30:06| Author:admin| Categories:Brady,paraboot

IMG_6922
IMG_6951
ヨーロッパヴィンテージから始まったARCHが、初めて新品の商品でラインナップに加えたのがこのPARABOOTです。

冒頭の写真は、ARCHオーナー山内が約20年前に購入したParaboot ”CHAMBORD”。
その当時は、履いている人も殆どいなく、初めて仕入れた数足を完売させるのに数年かかったとよく聞かされていました。

それでもARCHのラインナップに在り続けており、今では多くのお客様に支持され愛用して頂いております。

フランス・グルノーブルで誕生したPARABOOTは、氷上を歩く為の防寒ブーツから登山靴まで、その環境に適した靴作りを行っています。
ここ北海道という土地柄と非常にリンクする部分があり、PRABOOTを北海道で履く事にとても意味があると感じています。

ARCHの定番品であり、ここ北海道でも欠かせないギアです。

_DSC0727COLOR GRINGO / NOIR / CAFE
SIZE 6.5 ~9.5
PRICE ¥65,000+TAX

ワークブーツの機能を持ち合わせながらも、見た目のエレガントさが際立つPARABOOT。
ワークブーツ特有のゴツさがなく、フランスのエスプリを感じるファルムが最大の魅力だと思います。

【CHAMBORD “NOIR”】
_DSC0725
_DSC0729

自社生産のラバーソールは、クッション性に富んだ歩行に適した作りになってる且つ、グリップ力に長けているので雪道でも滑りずらいのが特徴です。

【CHAMBORD “CAFE”】
_DSC0718
_DSC0722
【CHAMBORD “GRINGO”】
_DSC0716
_DSC0721

リスレザーと呼ばれるオイルをたっぷりと含ませたレザーをアッパーに採用しております。
雨や雪に強いこのレザーは、悪天候の時にも気兼ねなく履けます。
何よりも、アッパーとアウトソールを縫い合わせている・ノルウェイジャン製法が水の浸入を防いでくれます。

様々な場面に適応してくれる素材・デザインなので、間違いなく1足は持っておいた方が良いと自信を持ってお勧めできます。

_DSC0731

ARCHの変わらない定番アイテムとして提案しているPARABOOT、VINTAGE BARBOUR、BRADYのバック。

この3点を組み合わせているスタイルが、僕がお客さんだった時からイメージだったARCHのスタイルです。
このスタイルに憧れて入社したあの頃を思い出しながらブログを書いていました笑

_DSC0742
PARABOOT はARCHにも豊富なラインナップが揃っていますが、PARABOOT SAPPOROにも様々な種類が揃っていますので、そちらもご覧になってみてください。
BRADYは、隣接するANATOMICA SAPPOROと系列店ARCH STELLAR PLACEにてご覧に頂けます。

週末は系列店を回って是非遊びにいらしてください。

ARCH 宅見

Paraboot SAPPORO 2017/8/18 OPEN

2017.08.17 Thursday 23:51:22| Author:admin| Categories:News!!,paraboot

ご無沙汰しております、吉田です。

先日こちらのブログで告知があった通り、明日8月18日(金)にオープン致しますParaboot札幌店にて店長を務めさせて頂く事になりました。

Archでオープン当初から取り扱い続けてきているParaboot、当然の事ながら僕も長年にわたってその魅力をお客様にお伝えさせて頂きましたが、この度『直営店』と言うステージに場所を移して、新たに皆様とお会い出来る機会が出来ました。

今回のParaboot札幌店オープンにあたっては、本当に沢山の方々にご協力、叱咤激励頂き、こうして今、形になろうとしています。
月並みではございますが、この場を借りて改めてお礼申し上げます。

DSC_3125Paraboot札幌店
札幌市中央区南2条西3丁目12-2トミイビルNo.37 1F
011-219-0451
11:00~20:00
水曜日定休

歴史背景に裏打ちされた実用性は、特にここ北海道において理に適ったもの。
まさに『衣食住』で言うところの『衣』である事には間違いありません。

また、1つの文化をも感じられるその佇まいや雰囲気は随一のもの。
大袈裟かも知れませんが、1つの『革靴』を通してこれほどのものが得られる事は無いと思います。

記念すべき明日のオープン日は19時より開店記念パーティーを開催致します。
是非、皆様のご来店をお待ちしております!

Paraboot札幌 吉田 創