Blog from ArchStyle » rdv o globe|archstyle|Arch アーチ

rdv o globe / RONNIE VE.

2017.07.31 Monday 22:02:33| Author:admin| Categories:rdv o globe,未分類

 

今回ご紹介させていただくrdv o globeの「RONNIE VE.」は、裏地無しのナイロン100%による生地により、まだまだ気温の高い今時期でも軽いアウターとして着用出来るおすすめの一着です。

_DSC0739

_DSC0735

襟元、フックベント、ポケットを見るとフレンチワークの印象を強く感じる「RONNIE VE.」ですが、前開きのアシンメトリーなデザインがイギリスの貴族が着用していたジャケットのデザインを彷彿させます。

土臭いディテールもエレガントに表現させるのがrdv o globeの得意とするところではないでしょうか。

_DSC0731

_DSC0733

フラップポケットは2重構造になっており、シンプルなデザインの中に収納力があるためとても実用的です。

袖口のカフスは本切羽によるディテール。このような細かいところまで丁寧に作られているところがrdv o globeの洋服の魅力だと思います。

IMG_0308COLOR / BLACK
SIZE / Ⅰ (S) / Ⅱ (M) / Ⅲ (L)
PRICE / ¥48,000- +tax

_DSC0726


_DSC0738軽い羽織り物としてシャツ感覚に着用したり、首元のフックを外しスカーフを巻いてフレンチカジュアルな装いをしてみたりと様々なアレンジが可能です。

昨年、ご紹介させていただいた「BOB VE.同様、通年着用出来るアイテムですので、これから真夏を迎える札幌でも一着持っておきたいアイテムではないでしょうか?

是非、お早めにご覧くださいませ。

Arch 松本

 

rdv o gloeb 2017AW

2017.07.27 Thursday 19:39:10| Author:admin| Categories:rdv o globe

 

以前、rdv o globe×NORTH WORKSでのイベントにて秋冬のスペシャルコートの先行予約会をしていたのが記憶に新しいですが、
rdv o globeより2017AWの新作が早速入荷してきました。

_DSC0629
_DSC0624

今シーズンもヨーロッパの匂いを感じるエレガントな洋服が揃います。

ドルマンスリーブのコートはゆったりとしたシルエットが新鮮であり、アシンメトリーにカーブした前立てが特徴的なジャケットは、rdv o globeが得意とするイギリス・ヴィクトリア時代の洋服を彷彿とさせる物に。

rdv o globeでは珍しい直球のミリタリー物をベースにしたブルゾンが個人的にとても楽しみにしていました。

今季もrdv o globeのエスプリを感じるアイテムばかりで、どれを買おうか迷ってしまいます…笑

先行受注会にてお披露目していました、1982年に製造されたデッドストックファブリックを用いて製作したROYAL BLUEのメルトンのコートもそろそろ出来上がってくる予定です。
予約されていた方には、入荷次第ご連絡しますので今しばらくお待ちくださいませ。

既に予約で埋まってしまっているサイズもありますが、こちらも楽しみにしていてください。

IMG_1395-300x400

ARCH 宅見

rdv o globe / KATTIA Arch Exclusive

2017.05.21 Sunday 21:20:17| Author:admin| Categories:rdv o globe

本日まで開催しておりました《 rdv o globe×North Works Vol.5 》。

先行受注会にてお披露目しておりましたrdv o globe ”GREG MA. COAT”は、秋冬8月頃の発売を予定しております。
イベント期間中多くのお客様にご予約を頂き誠に有難う御座います。

このアイテムとは別に、春夏のコレクションで”KATTIA”のアイテムを、素材を乗せ変えてARCHの別注として製作して頂きました。

_DSC0128
プルオーバータイプのザックリとしたKATTIAは、たっぷりとした身幅と半端な袖丈が絶妙な塩梅のシャツになっています。

デザインは至ってシンプルです。
クルーネックのカットソー感覚で着れるラフな1枚ですが、随所にrdv o globeのエッセンスが組み込まれています。

IMG_0039
IMG_0040
独特のムラ感があるコットン100%によるKATTIA。

ブルーとグリーンの中間的な色味は、ミリタリーの印象もありつつも野暮さを感じさせない発色の良さが目を引きます。
軽快な素材感に加えてゆったりとしたシルエットは、夏場カットソーを着るよりもベタベタせずに着心地が良いと思います。

_DSC0165Color BLUE
Size 1 / 2 /3
Price ¥25,000+tax

_DSC0144 SHIRT  rdv o globe
TROUSERS  forme d’expression

この独特のシルエットを活かすならば、1枚で着るのが特に映えると思いますが、インナーとしてもかさばらずに着れるのでカットソー感覚でも使えます。

ジャケットやカーディガンの中に、他には類を見ない色味はインナーに差すととても映えます。

_DSC0178 CARDIGAN  MOJITO
TROUSERS  forme d’ecpression
SHOES  GUIDI&ROSELLINI

一言で言えば、ミリタリーのスリーピングシャツ感覚で着れる優れものです。

言葉で説明するのが難しいので…先ずは店頭にてこのシャツの良さを語らせてください。笑

ARCH 宅見

rdv o globe×North Works Vol.5

2017.05.20 Saturday 21:35:43| Author:admin| Categories:NORTH WORKS,rdv o globe

昨日から開催しております、《rdv o globe ×North Works Vol.5》

初日から多くのお客様にお越し頂き誠に有り難う御座います。

rdv o globeとのコラボレーションにて製作した別注アイテムは、早速好評を頂いております。
既に欠けているサイズも…
是非お早めにご覧になってみてください。

NORTH WORKSのカスタムオーダー会では、自分好みの仕様にオーダーしている方が多くいらっしゃいました。
太田氏が所有しているヴィンテージアイテムは、この機会だけの特別販売です。

僕らスタッフも既に購入していたり…笑

IMG_0684
_DSC0076 2

_DSC0108

_DSC0113
_DSC0118

実は、ブログではまだ紹介しておりませんが、今回のコートとはまた別で春夏のrdv o globeとの別注アイテムが1型入荷しております。
こちらは明日のブログにて紹介しますので、楽しみにしていてください。

イベントは明日で最終日となっております。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH 宅見

North Works 藍染め

2017.05.18 Thursday 21:24:14| Author:admin| Categories:NORTH WORKS,rdv o globe

IMG_0627
藍染めとは、所謂インディゴ染めであり、天然の”藍の葉”からブルーの染料にしていきます。
ブルーの染料としてはその歴史は古く、日本でも江戸時代から続く伝統的な染色方法です。

その時代に繁栄していた藍商業も、科学染料の登場により衰退していく事になってしまいます。

現在、天然の藍を生産しているところは徳島に4件、北海道に1件と限られた場所にしかありません。

北海道唯一の生産場所である伊達の藍・すくもを使い、NORTH WORKSとのコラボれショーンアイテムとして、北海道で採れたエゾシカの角を藍で染めたアイテムを製作しました。

IMG_0653
IMG_0622

IMG_0676
前回、NORTH WORKSで展開していた藍染めのヴィンテージビーズ然り、こういった物はやはり染まりにくいそうで、何度も重ねて染め長い時間染料に浸ける事でようやく色が濃くなっていきます。

染色にご協力を頂いたのは札幌にある”ZABO”という藍染工房です。
科学染料は一切使用せずに天然の藍だけを使用しています。

IMG_0632
天然藍の染まり方は、やはり美しく何故かこの色味に魅了されてしまいます。
綺麗に染め上がった色味を是非見て頂きたいです。

そしてこちらのアイテムを使用して自分だけのアクセサリーを製作できるカスタムオーダー会を明日のイベントから開催します。

IMG_0029
IMG_0026
IMG_0028

勿論、18世紀のベェネチアビーズを使用した定番のバングルやネックレスもオーダー可能です。

定番のヴィンテージコインを使用したバングルやリングは勿論、太田氏が集めていた民族物のヴィンテージアイテムが圧巻の品揃え。

rdv-au-globe-north-woorks-400x270rdv o globe×Nroth Works Vol.5
2017 5/19(FRI)~5/21(SUN)
@ ARCH PREMIER ETAGE

いよいよ明日からの開催となります今イベント。

rdv o globeから別注にて製作しましたコートは、既にお問い合わせも多く頂いております。
明日からのイベントで先行受注会という形でお披露目します。

rdv o globe前淵氏が所有するヴィンテージアイテムも到着しております。
こちらも非常に見応えあるラインナップです。

 

_DSC0040
_DSC0045

是非お誘い合わせの上ご来店くださいませ。

ARCH 宅見

1982 Dead stock Royal Blue Melton Fabric

2017.05.17 Wednesday 15:53:03| Author:admin| Categories:Exclusive,rdv o globe

IMG_1395

明後日19日の金曜日から3日間開催する【rdv o glove × North Works】のイベントで、rdv o globeよりデッドストックのスペシャルファブリックを使用したSpecial Limited Editionのコートの先行受注会を開催致します。

まだ少し気が早いアイテムではありますが、この秋冬のARCHの目玉のひとつといっても過言ではないと自信を持ってご紹介出来るアイテムです。

まずは下記のリンクよりデザイナー前淵氏のBlogをご覧下さい。

https://amvai.com/story/454

 

ARCH 宅見

 

 

rdv o globe / GILLES

2017.05.14 Sunday 20:01:44| Author:admin| Categories:NORTH WORKS,rdv o globe

前回ご紹介したBOB GILETと同素材を用いた、ジャケットとトラウザーズを本日はご紹介します。

【GILLES VE.】
IMG_0011Color GREY
Size 1 / 2 / 3
Price ¥43,000+tax

rdv o globe特有のエッセンスが流暢に現れたこの”GILLES VE”ジャケット。

ラペルにもなりスタンドカラーにもなる襟元の仕様にヨーロッパのワークウェアーの匂いを感じます。

無骨なディテールをエレガントに昇華させるのがrdv o globeの洋服の特徴。

IMG_0015
ポケットのギャザーのディテールは、実はフランスのコックジャケット等に良く使われていた仕様だったりします。
細かい部分にフレンチ要素が組み込まれているのもまたrdv o globeらしいところです。

_DSC0015

_DSC0008
ホップサックの生地と上品な色味グレーは、綺麗目な印象を与えながらもカチッとしずぎていなく気軽に着れるジャケットになっています。

【GILLES PA.】
_DSC0002Color GREY
Size 1 / 2 / 3
Price ¥30,000+tax

ジャケットとのセットアップでも着用出来る”GILLES PA”。
腰回りのゆったりとしたシルエットに対してややテーパードをかけています。

ダブルの仕様も含めて一見トラウザーズの様な1本ですが、楽に履けるゆったりとしたシルエットが何よりも魅力です。

_DSC0005

勿論セットアップでの着用もアリです。
このジャケットとボトムスのデザインならば嫌味なく着れると思います。

_DSC0013
そして毎年恒例となったスペシャルイベント《rdv o globe×North Works Vol.5》を来週末から開催します。

rdv-au-globe-north-woorks-400x270rdv o globe ×North Works Vol.5
2017 5/19(Fri)~5/21(Sun)

2017AWシーズンに向け、昨年から考案して製作しているrdv o globeとコラボレーションしたスペシャルアイテム。
あるデッドストックの生地を乗せて製作した特別な1着を、先行受注会という形でイベント初日からお披露目します。

※フィッティングサンプルも用意していますので、いち早くお試しできる機会となっています。

そしてrdv o globeデザイナー前淵氏が所有している、アメリカ物をメインとしたVNTAGEアイテムを特別にARCHにて販売します。

NORTH WORKSからも、北海道の素材を使ったスペシャルなアイテムをARCH別注という形で製作して頂きました。
また、NORTH WORKS太田氏が収集していた、民族物をメインとしたヴィンテージのアクセサリーもイベント期間中限定で展開します。

rdv o globe前淵氏、NORTH WORKS太田氏も期間中は店頭にて皆様をお迎えします。

どちらも見応えあるイベントになりそうで、僕らも今から非常に楽しみです。

詳細は随時こちらのブログ等でご紹介させて頂きます。

ARCH 宅見

rdv o globe / PAUL MA.

2017.02.7 Tuesday 16:02:42| Author:admin| Categories:rdv o globe

_DSC0883

冒頭の写真は1900年代初頭のフランスのwork coat。

当時は芸術家やブッチャー等が好んで着用していたコートになります。

主にインディゴ染めやブラックシャンブレーの物が有名ですよね。

今回、ご紹介するrdv o globe のPAUL MA.は、そんなwork coatを元に製作し、今からおよそ300年前に中国の民族衣装に使われていた染料・”泥染”によって染められた一着。

_DSC0879Color BROWN
Material cotton 100%
Size Ⅰ (S) / Ⅱ (M)
Price ¥54,000+tax SOLD OUT

cotton 100%のムラ糸で織り込まれたリップストップの生地感がとても雰囲気があります。

ザラザラしている生地なだけに色落ち等の経年変化は期待出来そうです。

触っているだけで手のひらが土っぽくなる生地は、他の物にも色が写ってしまいそうです…。(笑)

ですが、この男臭い生地感が無条件に惹かれてしまいます。

オイルドジャケットのようなアンファッショナブルな物が好きな方には間違い無く納得して頂ける素材だと思います。

_DSC0868

_DSC0875

襟はヨーロッパのvintageでよく見られるラウンドした丸襟。

バックは同じく1900年代のvintageでよく見られるギャザーを用いたクラシックな仕様。

ギャザーが入る事によって、全体的にAラインに見えるフワッとしたシルエットも魅力的です。

カットソーの上からバサッと羽織るだけで雰囲気が出るコートです。

_DSC0853
_DSC0854

_DSC0861

 

Arch 松本