Blog from ArchStyle » rdv o globe|archstyle|Arch アーチ

rdv o globe ×NORTH WORKS

2018.05.27 Sunday 12:19:52| Author:admin| Categories:NORTH WORKS,rdv o globe

5月25日から開催しております、本イベントも本日が最終日となりました。

初日から多くのお客様にご来店して頂き誠に有難う御座います。

rdv o globeとコラボレーションし制作した”HEAVY WOOL MELTON”も多くのご予約を頂いております。
今秋冬特にお勧めしたいヘビーアウターなので、是非お早めにご覧になってください。

NORTH WORKS太田さんによるヴィンテージトゥアレグジュエリーも大変好評を頂いております。
今回も豊富な種類が揃っており、ここでしか見る事の出来ない一点物ばかりです。

是非ご堪能してください。

_DSC0533

_DSC0542
_DSC0607
_DSC0609
rdv o globe前淵さん、NORTH WORKS太田さんも本日までARCHの店頭に立っております。
rdv o globeの洋服やデザイン背景、トゥアレグの歴史や年代、直接お話を聞いて頂きたいです。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH 宅見

rdv o globe × NORTH WORKS

2018.05.24 Thursday 21:41:02| Author:admin| Categories:ANATOMICA,NORTH WORKS,rdv o globe

 

いよいよ、明日より開催します《rdv o globe×NORTH WORKS》のスペシャルイベント。

イベント準備も整いARCH2Fのフロアは、rdv o globeの世界観とNORTH WORKSによるヴィンテージトゥアレグジュエリー一色の店内となっています。

デザイナーである前淵さん、太田さんも店頭に到着しております。

明日からの3日間は、お二人もARCHの店頭に立って頂き皆様をお迎えします。

_DSC0592

_DSC0533

_DSC0561
_DSC0603
_DSC0594
_DSC0596
_DSC0606
_DSC0597

rdv-au-globe-north-woorks-400x270

rdv o globe×NORTH WORKS SPECIAL EVENT
2018 5/25,(FRI),5/26(SAT),5/27(SUN)
ARCH SAPPORO

早速、rdv o globeの別注コートを前淵さんの接客の元、スタッフ全員で試着しております。
やはり、抜群の格好良さで僕らスタッフも既に購入しています笑

イベント期間のみARCHで未展開のrdv o globeの新作モデルも店頭に並んでいます。
中には、スペシャルプライスのアイテムも…ご期待ください!

ヴィンテージジュエリーも、圧巻の見応えです。
この期間でしか見る事のできないアイテムが揃っておりますので、是非この機会にご覧になってください。

ea46bf21e72a15c2e622ebc088ef0e6e

「本藍」

“HON AI”&”INDIGO” FAIR
inAnatomica Sapporo
— 2018.05.25(Fri)~05.27(Mon) —

 

そして、隣接するANATOMICA SAPPOROでも明日より”HON AI&INDIGO FAIR”を開催します。
FRENCH GARMENTS を含めたインディゴアイテムが明日より店頭に並びます。
今週末は、ARCH、ANATOMICAに是非足を運んでください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH スタッフ一同

rdv o globe × The Interpretation by Arch

2018.05.22 Tuesday 20:56:27| Author:admin| Categories:rdv o globe

 

昨日は、rdv o globeの別注コートに纏わるエピソードを紹介しました。
いよいよ本日は、コートの詳細を紹介しますのでお付き合いくださいませ。

前淵さんに探して頂いた肉厚な”メルトンウール”。
落とし込んだモデルは、今春夏に登場したステンカラーコート”ROBIN.MA”です。

デザイナー前淵さんが、あらゆるコートを見て着て感じたモノを、rdv o globeの解釈でデザインした一着。

Burberrys’を彷彿とさせるシングルラグランスリーブの袖つけ。
ワークコートを思わせるゆったりとしたシルエット。

シンプルなデザインの中に見え隠れする拘りのディテールに間違いなく心踊ります。

_DSC0533
_DSC0542
特筆すべき点は、絶妙な着丈の長さとたっぷりとしたシルエットです。
太めに取られたアームホールは、所々にタックを入れる事で立体的に見えるようなディテールにしています。

ドレープ感のあるシルエットは美しく、ネイビーメルトンの生地ととても相性が良いです。

_DSC0686COLOR NAVY
SIZE Ⅰ / Ⅱ  / Ⅲ / Ⅳ
PRICE ¥68,000+TAX

rdv o globe前淵さんとARCH山内が別注コートを制作するにあたり拘ったポイントは、秋から着用出来る”一枚仕立てのメルトンコート”です。

通常、メルトンと言えば真冬に着用する事が主となります。
ですが、ウールの生地でも裏地を敢えて付けない一枚生地の仕様ならば、秋からでも問題なく着用する事が可能です。

尚且つ、一枚で成立してしまうメルトンコートではなく、インナーにジャケット等を着れるようにしています。

太めのアームホールとゆったりとしたシルエットだからこそ可能にする着方ですね。

_DSC0705
_DSC0708

_DSC0691
_DSC0697
大きめのスラッシュポケットは、中で2つに仕切られています。

このポケットに手を入れた時のシルエットが、また憎いくらい格好良いんです。

チェスターコートを思わせるデザインと、スタンドカラーにもラペルにもなる襟元の仕様が個人的に一番好きなディテールです。

_DSC0701KNIT HANDMEDA GUERNSEY SWEATER
BOTTOMS FRENCH ARMY M-47

_DSC0673 STOLE DRAKE’S
BOTTOMS BONCOURA

秋からシャツやスウェット・ハイゲージニットの上から羽織り、冬に近づいてくにつれてガンジーセーターやツイードジャケットを中に着込む。

”一枚仕立てのメルトンコート”だからこそ、様々な着方にチャレンジ出来る頼もしい一着です。

勿論、スーツの上から着用する事も容易に出来てしまいます。

まさに男が持つべき”ワークコート”を象徴する一着に仕上がりました。

是非、5月25日から開催しますイベントにてご覧になってください。

イベント期間中は、rdv o globe前淵さんも店頭にてこのコートについて詳しくお話して頂けます。

既に多くのお問い合わせを頂いておりますが、お電話やメールでもご予約を承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

ARCH 宅見

HEAVY WOOL MELTON by rdv o globe

2018.05.21 Monday 21:31:37| Author:admin| Categories:rdv o globe

_DSC0561

2018年秋冬シーズンに向けヘビーアウターを制作する為に、rdv o globeデザイナー前淵さんに頼み込み”ある素材”を探してもらいました。

それは、北海道の秋から冬にかけて着用を可能にする極上の”ウール生地”です。

寒さと積雪に見舞われる北海道において、冬のアウター選びは重要なポイントだと思います。
新しい物が開発され軽くて暖かい新素材がある中で、僕たちが最も信頼をおき着用したいと思う素材が”メルトンウール”です。

メルトンウールと言えば、真っ先にダッフルコートやピーコートを思い浮かべるかと思います。
過酷な環境下で身を守る為に生まれたモノであり、イギリス海軍・アメリカ海軍に支給されていたミリタリーウェアーです。

ウールを高密度に織り込んだ肉厚な生地は、撥水と防風性に富んでおり当時の兵士達の命を守る重要な道具でした。

まさに男の為の洋服です。

気心地の面や機能面など軽くて暖かい素材は多いと思いますが、重く厚く決して着易いとは言えない素材にこそ男服の”スタイル”を感じます。

ゴワゴワとした地厚のウール生地を身体に馴染むまで何年もかけて着込み

寒ければオイルが含まれたウールのセーターをインナーに纏う

レザーのグローブを身に着けて、何年も履き込んだワークブーツを履く

スタイルというのはそういう事だと思います。

実の所、前淵さんに探して頂いたメルトンウールは、所謂”海軍メルトン”とはイメージが少し異なります。

メルトンウールの機能を持ちながらも、しなやかでいて上質な雰囲気のある生地です。

男らしくもあり気品さも感じるこの素材は、仕事着としても着用出来てしまいます。

まさにワークコートといった仕上がりになった今回の別注コートは、用意出来た生地の関係で、あまり数を制作する事が出来ない為、”オーダー制”での受注販売とさせて頂きます。

詳しいアイテム詳細は、明日のブログにて紹介します。

_DSC0571
_DSC0574
_DSC0533

rdv-au-globe-north-woorks-400x270

rdv o globe×NORTH WORKS SPECIAL EVENT
2018 5/25,(FRI),5/26(SAT),5/27(SUN)
ARCH SAPPORO

ARCH 宅見

rdv o globe×North Works SPECIAL EVENT

2018.05.19 Saturday 20:11:22| Author:admin| Categories:NORTH WORKS,rdv o globe

IMG_1395-300x400

約6年前、rdv o globeの取り扱いがARCHで始まり、初めて洋服がお店に届いた日の事を今でも鮮明に記憶に残っています。

何故ならば、洋服を見て一瞬でrdv o globeのファンになったからです。

19世紀のイギリス・エリザベス時代の貴族が着ていた洋服など、ヨーロッパのクラシックな洋服にフォーカスを当てた物作りをする”rdv o globe”。

クラシックなディテールの中に、新しいデザインと素材が融合し生まれるrdv o globeの洋服は、まさにモダンクラシックそのもの。
他には類を見ない素材使いや、デザインに僕達も虜になっているブランドの一つです。

今まで見てきたベーシックなデザインの洋服のはずなのに、新しモノに見える不思議な感覚。
そして何よりも、デザイナーを務める前淵さんの人間力にも魅力を感じ、会えば会うほど洋服にもそれが反映されているととても感じます。

デザインだけではなく、シルエットも抜群です。

ミリ単位で何度もパターンを修正する事で生まれる綺麗なシルエット。
重ね着をする事を想定して出来るアームの太さや着丈のバランス。

ワークウェアーやミリタリーウェアーがデザインソースにある物ですら、上品な佇まいに昇華します。

そんなrdv o globeの洋服を一挙にご覧頂けるスペシャルイベントを来週末から開催します。
rdv o globeと共同制作した特別なアイテムもお披露目します。

そして、NORTH WORKSのPOP UP&CUSTUM ORDER会も同時開催です。
ヴィンテージトゥアレグのシルバーアクセサリーを豊富に取り揃えて頂きました。

イベントの詳細はこちらのブログにて随時お知らせしますので、楽しみにしていてください。

今回のイベントは、ワクワクが止まらないはずです!

ご期待くださいませ。

rdv-au-globe-north-woorks-400x270rdv o globe×NORTH WORKS SPECIAL EVENT
2018 5/25,(FRI),5/26(SAT),5/27(SUN)
ARCH SAPPORO

ARCH 宅見

rdv o globe / ROBIN MA

2018.03.24 Saturday 14:01:45| Author:admin| Categories:rdv o globe

やっとここ札幌でも暖かい季節がやって来そうな予感がして参りました。

そんな中、春・夏の肌寒い夜・秋と3シーズン着られそうな万能アイテムが到着致しました。
本日ご紹介致しますのはrdv o globeの新作アイテム”ROBIN MA”。

_DSC0234

rdv o globe/ROBIN MA
MATERIAL/COTTON 100%
SIZE/1,2,3
PRICE/55,000-+TAX

_DSC0240

至ってシンプルなラグランコート、ROBIN MA。

シンプルながらも、ヨーロッパのワークコートをエレガントに昇華した様な匂いも感じる事の出来る1枚です。
ランデヴーのアイテムには精通して言える事で、ハンガーに掛かった状態での見た目は非常にシンプルに映りますが、実際に袖を通してみるとそのパターンの綺麗さや独特なシルエットの虜になってしまいます。

_DSC0237

コットン100%のボディは、ブラックインディゴにより最初はベタッとした重たい雰囲気です。
経年変化は白く色が抜け、綺麗に色抜けしていくともっと愛着が湧いてくるでしょう。

肩部分は1枚の生地で筒状に付けられている、「シングルラグランスリーブ」。
どんな肩幅の方でも合うので、実際に来て頂くとその違いがわかる筈です。

_DSC0239

やや高めに設計された襟元部分は、立てると風除けのディテール且つ、エレガントな印象に。

襟の下に付けられている台襟がしっかりある事で、襟がクタッと広がってしまうのを防ぎます。
細かい部分ではありますが台襟があるのと無いのでは、首元の印象が大きく変わります。

_DSC0242

控えめに入ったカットも、コートの雰囲気を崩さずとも裾部分の可動域を広げた機能的なディテール。

見え無い部分の縫製も目を凝らせば凝らす程に綺麗に処理されており、細部まで抜かりなく作られている部分に信頼度も高まります。

_DSC0263

CAP/HANNA HATS
COAT/rdv o globe
INNER/SAINT JAMES
BOTTOMS/KENNETH FIELD
SHOES/GUIDI&ROSELLINI

スタッフ阿部は、自身で購入したアイテムでもあり日常的にこのコートを愛用しております。

直球にフレンチワーカーっぽくコーディネートを組んでいるスタッフ阿部。

FRENCH VINTAGEのブラックシャンブレーや、インディゴリネンのコートでも勿論格好いいのですが、そこにrdv o globeのエッセンスを加える事でややモダンな、でもフレンチな匂い漂うコーディネートに仕上がります。

着用しているコートは、何度か洗いをかけている為身体に馴染み、とても着易そうな印象でした。

「普段からコーディネートに困ったら手が伸びてしまうアイテムです。
色味もブラックのインディゴなので、経年変化も楽しみにしつつ、非常に重宝しております。」 と阿部談。

_DSC0259

CAP/ARCH ORIGINAL BERET BLACK
COAT/rdv o globe
CARDIGAN/FANNI LEMMERMAYE
SHIRT/OLD BROOKS BROTERS
BOTTOMS/ANATOMICA
SHOES/ALDEN

僕は、フレンチな装いにワークテイストとしてこのコートを着てみました。

秋冬素材のブラックメルトンや、厚いウール素材ならば重たくなりがちなコーディネートも、非常にバランス良く仕上げてくれます。

シングルラグランスリーブの仕様も相まって中にも着込む事が出来るので、コーディネートの幅は非常に広く組め、汎用性が高い所もオススメ出来るポイント。

野暮ったく着こなしても勿論格好いいと思いますが「ワーク」が軸にあるアイテムこそ、上品に着こなすのも個人的にはオススメです。

徐々に気温も上昇し、この辺のアイテムが必要になってくると思います。

入荷したばかりの今が良いタイミングです。
自分のお気に入りがあるうちに、是非店頭まで見にいらして下さい。

Arch 近谷

rdv o globe / 18SS Collection

2018.02.5 Monday 11:55:45| Author:admin| Categories:rdv o globe

本日は、rdv o globe(ランデブー・オー・グローブ)の春夏のアイテムをご紹介致します。

実際にスタッフが購入したアイテムを、それぞれに魅力を伝えてもらいご紹介させて頂こうと思います。

まずは僕、近谷が購入したアイテムをご紹介致します。

_DSC1988 11.03.21

<STEVE BLOUSON>
COLOR/BEIGE
SIZE/1,2,3
PRICE/¥48,000-(+TAX)

_DSC1992 11.03.21

一見はB社のあの形を彷彿とさせますが、実際に着てみるとrdv o globeらしいエッセンスが沢山盛り込まれております。
素材はコットン50%、ナイロン50%の混紡素材。
パターンカットがすごく綺麗なブランド故に、男らしさとモダンな雰囲気が上手く中和されております。

_DSC2008

JACKET/rdv o globe
SHIRT/KENNETH FIELD
TIE/KENNETH FIELD
PANTS/ANATOMICA

ランデブー特有の綺麗なパターンのおかげで野暮ったさを一切感じさせません。

この手のスウィングトップはとてもスタイルを感じる洋服だと思いますし、この生地感のアイテムは通年お使いいただけるアイテムなので、是非ワードローブに加えて頂きたいアイテムです。

この春夏、何をまず買えば良いか分からない方は、まずオススメ出来るアイテムである事は間違いありません。

続いては、スタッフ阿部のオススメをご紹介致します。

_DSC2222

<ROVIN MA>
COLOR/BLACK
SIZE/1,2,3
PRICE/¥55,000-(+TAX)

スタッフ阿部は、コットン100%の春や肌寒い夏の夜等にも羽織る事のできるスプリングコートをチョイス。
こちらも、シンプルでありながら羽織ってみるとベーシックなステンカラーコートのような雰囲気とヨーロッパワークの空気を感じる事が出来る一枚です。

_DSC2227

コートはサイズ感だったり、今時期であれば中に着込んだ後も形が崩れないパターンという細かな点が、実際に袖を通した際に差が出る部分だと思います。

その点このROVIN MA はシングルラグランスリーブ(1枚袖)の仕様の為、コート本来の形、着る人本来の肩周りの形を崩さず、楽に、尚且つ綺麗に羽織る事が出来ます。

_DSC2267
JACKET/rdv o globe
CUT&SEW/rdv o globe
PANTS/Forme D’expression

「着合わせで年中着られるこちらコートは身幅のボリューム感が特徴的で、

カジュアルにバサっと羽織れるのにどこか大人な雰囲気を演出してくれます。

地厚な綿生地は着込み、洗いを重ねていくうちに経年変化を楽しめるアイテム。

自分の制服の様に愛用したい一枚です。」

最後に、スタッフ宅見のオススメです。

_DSC1734

<FRANO VE>
COLOR/KHAKI
SIZE/1,2,3
PRICE/¥48,000-(+TAX)

_DSC2233

「シャツ生地を2枚重ねて作られたFRANNO VEは、ジャケットとカーディガンの中間的なアイテムです。

肌さわりの良いコットン生地は、夏場でも活躍してくれる素材感。
ミリタリー色のKHAKIという点も惹かれたポイントです。」

_DSC1739

_DSC2199

〈GREG GILLES 〉
COLOR KHAKI
SIZE 1 / 2 / 3
PRICE ¥26,000+TAX

「同素材のベストは、カッティングが特徴的な1枚。

エレガントなシルエットに、ハンティングを思わせる色味の無骨さがプラスされたrdv o globeらしいアイテムだと思います。

アンサンブルで着るも良し、夏場にカットソーやシャツの上から着てもサマになる汎用性の高さに惹かれ購入しました。」

以上、スタッフのrdv o globe お勧めアイテムをご紹介致しました。

既にサイズの欠けているアイテムも御座います。
rdv o globeの洋服は特に、袖を通してみて、履いてみて感じるものが沢山あります。

是非rdv o globeの世界観を、自分のスタイルに落とし込んでみては如何でしょうか?

Arch 近谷

rdv o globe 18SS START

2018.01.31 Wednesday 19:43:22| Author:admin| Categories:rdv o globe

ここ北海道も本格的に寒い日が続いておりますが、一足先に春夏物のデリバリーも開始しております。

このタイミングで「rdv o globe」2018SSの商品が入荷致しました。

_DSC1985
rdv o globe 18SS Start.

今期のrdv o globeはどれも、いつものコーディネートのスパイスになってくれるアイテムばかり。

商品の詳細は追ってご紹介致しますので、楽しみにして頂けますと幸いです。

_DSC1735

 

_DSC1734

 

_DSC1737

まだ写真のみのご紹介となりますが、サラッと羽織る事の出来る素材のセットも御座います。

やはりrdv o globeのデリバリーにはいつも心踊るような楽しみが詰まっており、楽しみにしている方も多い筈。

この寒い冬が終わればこのあたりのアイテムは必要不可欠となってくると思います。

暖かくなる前に、是非ご覧になってみて下さい。

店内は春夏商品も徐々に潤ってきて参りましたので、お時間を見つけてご来店頂けますと幸いです。

Arch 近谷