Blog from ArchStyle » rdv o globe|archstyle|Arch アーチ

rdv o globe×North Works Special Event

2020.06.25 Thursday 20:21:12| Author:admin| Categories:NORTH WORKS,rdv o globe

DSC09563

明日より開催します【rdv o globe×North Works Special Event】

rdv o globe前淵氏とNORTH WORKS太田氏も、ARCHの店頭に立って頂き皆様をお迎えします。

rdv o globe スペシャルセールに加えて、2021SSの新作をいち早くご覧に頂ける貴重な機会となっております。
個人オーダーも可能となっていますので、是非この機会に自分だけのアイテムをオーダーしてください。

NORTH WORKSからは、メンズのコレクションに加えて、レディースモデルも多数ご用意しています。

Vintage coin Pin hommage by Georgia O’Keeffe  のブローチと合わせてご覧になってください。

DSC09574

DSC09575

DSC09576

 

DSC01753

DSC09564

DSC09568

DSC09549

DSC01756

DSC09560

DSC09567

久々のイベントという事もあり、僕ら自身も大変楽しみにしている今イベント。

皆様とお話出来るのを楽しみにしています。

是非遊びにいらしてください。

ARCH 宅見

rdv o globe “SPECIAL SALE”

2020.06.23 Tuesday 20:31:50| Author:admin| Categories:NORTH WORKS,rdv o globe

 

今週末から開催します【rdv o globe×North Works Special Event】

ARCHでは久々のイベントという事もあり、今回特別に”rdv o globe”のストックセールを開催します。
rdv  o globe前淵氏のご協力の元、約50品番のコレクションをご用意して頂きました。

ARCHで展開していたアイテムから、未展開の物までご覧になって頂けます。

L1001967-266x400

L1007949-400x288

L1002807-266x400

L1004233-400x266

resize_image-2.php

L1005579-400x266

DSC00740-266x400

スクリーンショット 2020-06-23 16.21.21

L1004230-266x400

L1007093-266x400

L1007934-266x400

別注品番を除いた約50品番全てのアイテムを、”20%〜40%OFF”にてご提供致します。

この企画は中々ないと思います!

加えて、”rdv o globe 2021SS”の新作となるコレクションをお披露目します。
出来上がってきたばかりのサンプルを、rdv o globe前淵氏が自らハンドキャリーにて、持ってきて頂きます。

僕らもまだ見ていない2021年の新作アイテムを、ARCHにてご覧に頂けるまたとない機会です。

個人オーダーも承っておりますので、是非この機会にご覧になってください。

ARCH 宅見

“NORTH WORKS”太田氏 インタビュー

2020.06.22 Monday 20:55:02| Author:admin| Categories:NORTH WORKS,rdv o globe

Archでジュエリーブランドと言えば、真っ先に『NORTH WORKS』が出てくると思います。

6/26(FRI)から3日間限定で開催される、『rdv o globe×NORTH WORKS』

Archにこんなに沢山作品が揃うことが、我ながら、奇跡と思いながら今から楽しみでなりません。

そんな中、先日BLOGにてお話しさせて頂いていたVintage Coin Pin homage by Georgia O’Keeffe

IMG_3852

20世紀を代表するアメリカの画家Georgia O’Keeffe(ジョージア オキーフ)。

彼女が愛用していたナバホ族のブローチ。

この1枚の写真にフォーカスしてArchに向けて作成して頂いた、ブローチについて今日は詳しく伺いたいと思います。本日は、NORTH WORKS 太田氏にお伺いしたインタビューをご紹介致します。

阿部(以下 阿)
太田氏(以下 太)

1,今回ブローチの作成にあたった経緯を教えて下さい。

太: 『ぼくの好きなネイティブ・アメリカンのスーベニアでこの手のpinをよく見かけます。

おそらく1930年代頃から鉄道で観光出来る時代になり、東部を中心に全米中から多くの人達が南西部に訪れ、観光客相手に地元のインディアンが作った土産製品の一つです。
直接肌に着けるジュエリーではないのでサイズなども関係無く一般的なジュエリーより種類も豊富だし付け方も自由なので見ているだけでも楽しいアイテムですね。
ただ所謂インディアンジュエリー的な当時流行った、いかにもなデザインが多く、個人的にはもっとシンプルな物はないかとずっと思っていました。

阿: 『インディアンジュエリーと言えば”サンバースト”、”アロー”、”ナジャ”などデザインの効いた物が多いイメージがありますが、その中で太田さんは何故シンプルな物を作ろうと思ったんでしょうか?』

太: ある時Santa Fe にあるGeorgia O’Keeffe Museum(ジョージア オキーフ美術館)の近くに滞在していて、その時立ち寄りはしなかったのですが、気になっていたので後で調べたらアメリカ人女性の画家がサンタフェにいたと知って。

その画家がジョージア オキーフでした。

1592379415033

今では彼女の芸術作品のみならず、孤高の生き方、アメリカモダニズム、生涯を通じてファッションや家なども注目されていたり何かと話題になってますよね。ぼくも写真集をいくつか持っていて彼女の独自の美意識にとても共感しています。
(気になる方は調べてみて下さい。)

そんなオキーフが写真の中でよく着けているトレードマーク的なOK pinも凄く素敵なのですが、ぼくがハッとなりオキーフに興味が湧いたのが1930年代に作られたとされる“Navajo Button  Silver pin”。

ナバホ族の作った歪んだドーム型をしたすごくシンプルなpinをさり気なく着けていたのがとても魅力的でした。』

1592379418174

阿: 『そうゆう背景があったんですね。

シンプルな物程、作り込みが難しいそうな気がします。
作成にあたり拘りの部分を教えて欲しいです。』

太: 『ポイントはただの丸い銀板をコンチョ型に綺麗に丸めただけではなく、ナバホ族らしい手間の掛かる後ろからの叩き出し技法である点で、表面に浮き出るデコボコと歪んだオーガニックなライン、無数の生々しく残る叩き傷、自然に古び酸化した光沢など素朴な雰囲気が本当に素敵なのです。

1592820785192

1592820789545

1592820830026

今回のブローチはここからインスピレーションを得てというか結構まんまですが、(笑) これをアメリカのヴィンテージコインを使って極力少ない道具で時間を掛けて作りました。

よく見るとほんのりコインの柄も残っています。

普段あまり使わない特殊な加工も施されていて良い雰囲気だと思います。
ネックレスが苦手な方にも是非チャレンジして欲しいです。もちろん年齢性別問わず。』

阿: 『僕もシルバージュエリーが好きで普段から愛用していますが
ジャケットなどのアクセントにだったり、”ARCH”のフィルターを通しファッションに溶け込んでくれそうな今回のスペシャルピース。
”NORTH WORKS”が作り出すブローチ、すごく楽しみです。』

1592820873056 (1)

MATERIAL / VINTAGE COIN SILVER
SIZE / S , L
PRICE / (左)Quater Dollar 25¢ ¥15,000+tax
(右)Half Dollar 50¢ ¥20,000+tax

2,何故、モーガンダラー、ヴィンテージコインを使うのか。

太: 『難しい質問ですね。(笑)

少し概念的な回答になってしまいますが、道具も材料もまともに揃わない時代にコインを溶かしたりして材料として使っていた時代の物作りが好きなんです。

情報なんて全然ないし周りは大自然しかソースがない。
そんな制限されたクリエーションにとても興味がありますしすごく惹かれてしまいます。

今では情報も含め色んな道具や素材が選べて凄く便利な時代です。
だからこそコインを選びその中でチャレンジし物作りを楽しんでいます。』

阿: 『太田さんの作品へのスピリットを感じるコメントありがとうございます。
今まで多くの”NORTH WORKS”の作品を拝見してきましたが、どのアイテムも拘りと他のジュエリーブランドにはない世界観をいつも感じています。
自分自身、数多く”NORTH WORKS”の作品を所有し毎日愛用している事がその証拠です。』

3,最後に、初めてNORTH WORKS、シルバージュエリーを手に取る人へのお勧めは?

太: 『大事なのは自分が好きだとか気に入ったと思える事だと思うので特にお勧めはないですね。(笑)

あまり頭で考え過ぎず直感で選んでコーディネートを楽しんで貰えたらと思います。』

DSC0118-400x264NORTH WORKS 太田氏

阿: 『ありがとうございます。今回ブローチという新しい試み、老若男女問わず使い方も自由様々。大変楽しみでなりません。』
rdv-au-globe-north-woorks-400x270-1 rdv o globe×North Works Special Event
2020 6/26(Fri),  6/27(Sat),  6/28(Sun)
in Arch Premier Etage(2F)

今回Archに向けて作成して頂いたスペシャルなアイテム。

当日までご期待くださいませ。

Arch 阿部

rdv o globe / ADAM CN

2020.06.21 Sunday 18:49:30| Author:admin| Categories:NORTH WORKS,rdv o globe

 

今週末より開催します【rdv o globe×North Works 】のスペシャルイベントに先駆け、2020SSのアイテムを紹介していきます。

本日は、rdv o globeらしいシルエットとカットソーには珍しいリネンの素材感を使用した一枚を。

DSC00944
COLOR BROWN / BLACK
SIZE 1 (S) / 2(M) / 3(L)
PRICE ¥18,000+TAX

ゆったりとしたシルエットが特徴的なカットソー。

注目すべきは、”リネン”の生地を使用している事です。
滑らかなリネン生地は、ジャージー素材の様な独特の質感。

通気性が良くしっとりとした肌触りが魅力的です。

DSC00960

DSC00962

DSC00957

DSC00958

細めのピッチのネックと絶妙な開き具合もまた、このカットソーの魅力の一つです。

ミリタリーのスリーピングシャツを着る感覚でリラックス出来、且つ素材がリネンなのでより快適に過ごす事が出来ます。

DSC00978

DSC00975

シックなブラックは、一枚でもサマになります。

CASEY CASEYやforme d’expressionのジャケット等のインナーにも、着たくなる一枚ですね。

DSC00997

ブラウンならば、アースカラーで纏めるのも面白いと思います。

ARCHで展開しているインポートとの相性が非常に良いです。

ヨーロッパのウェアーにアメリカらしいポケTEEでも勿論格好良いですが、自然にフィットするのがこの”ADAM CN”だと思います。

是非、今週末から開催します【rdv o globe×North Works Special Event】にてご覧になってみてください。

rdv-au-globe-north-woorks-400x270-1

rdv o globe×North Works Special Event
2020 6/26(Fri),  6/27(Sat),  6/28(Sun)
in Arch Premier Etage(2F)

ARCH 宅見

rdv o globe × North Works Special Event

2020.06.19 Friday 20:51:26| Author:admin| Categories:NORTH WORKS,rdv o globe

コロナウイルスの影響により、ARCHでもイベント等の開催を自粛させて頂いておりましたが、県境をまたぐ移動等も解除になった事もあり、

毎年恒例になっております、【rdv o globe×North Works 】のスペシャルイベントを来週末開催する運びとなりました。

rdv-au-globe-north-woorks-400x270-1
rdv o globe×North Works Special Event
2020 6/26(Fri),  6/27(Sat),  6/28(Sun)
in Arch Premier Etage(2F)

この状況ですので、中々外出が出来ない、お買い物に行けないという状況が続いているかと思います。

少しでも皆様に洋服を通じて喜んで頂きたいと思い、今回は特別にrdv o globeのスペシャルセールを開催します。

DSC00938
⑴ rdv o globe COLLECTION SALE 20%~40%OFF

2020SSのアイテムから昨年のアイテムまで、ARCHでは展開していなかったアイテムを中心にご用意しております。

⑵rdv o globe 2021 SS NEW COLLECTION 受注会

加えて、一足先に”2021SS”の新作となるコレクションの先行受注会を行います。

出来上がったばかりの新作のコレクションをご覧に頂けるだけではなく、個人オーダーも可能になっております。

IMG_3932

⑶AUTIQUE WATCH FAIR
rdv o globe前淵氏がコレクションしているアンティークウォッチも期間中限定で発売します。

古いモノですと1883年製の懐中時計も…約100年前のモノから1940年代の古い時計を集めて頂きました。
懐中時計に、NORTH WORKSのヴィンテージビーズで製作したチェーンを施した、スペシャルモデルです。

0D7692E2-E94A-48F3-8707-A4368823FD50-400x400

⑷NORTH WORKS VINTAGE SILVER COIN COLLECTION FAIR

NORTH WOEKSからは、代名詞とも呼べるヴィンテージコインを用いて製作されるシルバーアクセサリーを、ほぼフルラインナップで展開します。

メンズのアイテムに加えて、前回好評を頂きましたレディースモデルも数多く持ってきて頂きます。

IMG_3852

⑸ Vintage Coin Brooch homage by Georgia O’Keeffe

20世紀を代表するアメリカの画家Georgia O’Keeffe。

アメリカのモダニズムに多大なる影響を与えた芸術家として知られる彼女ですが、実は身に纏っていた洋服にも興味深いものがあります。

彼女が愛用していたナバホ族のブローチ。

この1枚の写真にフォーカスして製作された、NORTH WORKSのブローチもイベント初日からお披露目します。

こちらも含めてイベントの詳細は、後日ブログにて紹介しますので、楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

rdv o globe / 墨汁染め Juan Ch&Norman Ve Arch Exclusive Model

2020.05.19 Tuesday 20:00:16| Author:admin| Categories:rdv o globe

rdv o globeより、圧倒的な存在感を放つ素材を用いたアイテムを2型紹介します。

L1009502

ブルんとしたハリのある”リネン”素材に、墨汁染めを施した独特の生地。

墨汁染めを施す事によって生地にザラ感が生まれ、古いアンティークリネンを思わせる顔つきに仕上がっています。

DSC00334

DSC00329

DSC00332

DSC00331

良く見るとチェック柄になっているのもこの生地の特徴です。

使い込んでいく事で、色が抜けリネン特有のシワが入り、さらに良い表情になっていくでしょう。

L1009537

型は、rdv o globeでここ数シーズン展開している”JUAN CH”。

プルオーバーのシンプルなシャツですが、実はポケットが2つ付属しているのも面白いディテールです。
敢えて目立たないような設計にしております。

ポケット部分のレッドのカンヌキがアクセントに。

そしてバックスタイルは、インバーテッドプリーツの仕様になっています。
この仕様は、コートに多く用いられるのですが、シャツに採用しているのは中々ないと思います。

L1009500

L1009505

COLOR BLACK
SIZE 1 (S) / 2 (M) / 3(L)
PRICE ¥33,000+TAX

このアンティークリネンを彷彿とさせる生地に僕らが惚れ込み、別の型でも採用して頂いたのが”NORMAN VE” Arch Exclusive Modelです。

DSC09608

古いフランスのサックコート等がデザインベースとなっている”NORMAN VE”

ジャケットの分類になりますが、着丈が長めに設計されているのが特徴的な一着です。

高めに設計されたラペルの位置と相まってバランスの取れたシルエットになっています。

DSC00136

DSC00139

DSC00141

DSC00135

ジャケットの様でありながら、ハーフコートの様にも羽織れるのも魅力の一つです。

この墨汁染めのリネン生地になった事で、フレンチヴィンテージで実際に存在していたかのような一着に仕上がったと思います。

DSC09616

DSC09620

DSC09617

DSC09618

フレンチヴィンテージのアトリエコートを短く設計したような…そんなイメージで羽織って欲しいですね。

ジャケットではありますが、コート感覚でも着れるので、カットソーに軍パン+”NORMAN VE”でシンプルなコーディネートがお勧めです。

DSC09800

DSC00134

COLOR BLACK
SIZE 1 (S) / 2(M) / 3(L)
PRICE ¥54,000+TAX

先日紹介しました別注“DEADSTOCK DENIM FABRIC GILLES PA”も大変多く好評を頂き、完売寸前となっております。

オンラインストアでも紹介しておりますので、合わせてご覧になってみてください。

ARCH 宅見

通販をご希望の方は、下記リンクよりお願い致します。

☆ ARCH ONLINE STORE

rdv o globe “Deadstock Denim Fabric Gilles Pa”

2020.05.16 Saturday 21:05:45| Author:admin| Categories:rdv o globe

DSC09854

昨日紹介しました、”rdv o globe×Arch Giles Pa”
早速、大変好評を頂いており僕らも嬉しく思います。

本日は、スタッフ別のコーディネートをご紹介させて頂きます。

DSC00238
 ARCH STELLAR PLACE 松本
CARDIGAN / FRANK LEDER GREY LINEN
INNER MERZ B SCHWANEN
SHOES / OUTIL

『私松本は、”ヨーロッパの大人の休日”を意識しました。
Gilles Paは、2タックでダブル仕様の一見クラシックなトラウザーのデザインですが、rdv o globeらしく抜け感のあるシルエットが特徴的。
 カットソーにカーディガンというカジュアルなアイテムとの合わせですが、Gilles Pa.とエスパドリーユで緩くなりすぎないように意識しました。
デニム地ではありますが、シルク混の生地のため、シルク特有の艶感が上品さを演出してくれると思います。』松本談

DSC00245
 ARCH STELLAR PLACE 阿部
VEST / rdv o globe
SHIRT / ARCH SAPPORO RAF SHIRT
SHOES / PARABOOT

『カジュアルなサイジングでありながら、モノトーンの配色、そして別注ジャイレスパンツとゆうシルク混紡のデニムの生地感で、カジュアル過ぎない雰囲気のスタイリングをイメージしました。』阿部 談

DSC00280
 ARCH STELLAR PLACE 荒
COAT  / ANATOMICA
SHIRT / ANATOMICA
SHOES / ALDEN

『アメリカの王道インディゴとはまた違った魅力のあるフレンチブルーの色合いは、フレンチなスタイルに合わせたい!
コットンシルクの上品な素材感はそれを際立たせてくれると直感的に思いました。
アナトミカ のダスタコート、バンドカラーシャツを合わせてヨーロピアンに。
足元にはオールデンの革靴で引き締めながらも、少しアメリカのエッセンスを加えてみました。』荒 談

DSC00295
 ARCH 宅見
JACKET / CASEY CASEY
SHRT / CASEY CASEY
SHOES / JUTTA NEUMANN

『ジャケットには、CASEY CASEYのインディゴリネンのフレンチワークジャケットを。
敢えて、同じインディゴという共通点を持たせ、セットアップの様な雰囲気を出したいと思いました。
NAVY×NAVY で重くなりがちなので、パナマハットとJUTTA NEUMANNのサンダルで軽快さを出しました。』宅見 談

DSC00203
ARCH 上田
JACKET / OLDMAN’S TAILOR
SCARF / ANATOMICA
SHOES

『僕は、今回の別注GILLES PAがデニム素材というアイテムながらシルエットが綺麗なので、コンチネンタル的な着こなしを意識しつつ、色使いに気をつかいました。色鮮やかなグリーンのストールがポイントです。』上田 談

DSC00260
 ARCH 川上
SHIRT / KLASICA
BERET / PAMLONA by Arch
SHOES / MATES

『ミリタリーテイストのアウターに杢グレーのTシャツ、足元はスニーカーというコーディネート。
一見するとアメカジ感が強い組み合わせですが、トラウザーズ型のきれいなシルエットのおかげで品よく着こなせると思います。
シルク混ですがデニム生地なので気負わず履けるのも魅力ですね。』川上 談

スタッフそれぞれのコーディネートを見ていても、様々なシーンとスタイルで活躍する一本なのは間違いありません。

ミリタリーアイテムに、ドレス要素のトラウザーズを挟むと上品さがプラスされるのと同様に、

このGilles Paを挟むと上品な雰囲気をプラスする事が出来ます。

そしてデニム生地とこの楽なシルエットだからこそ、カジュアルに履け気兼ねなく愛用する事が出来るのです。

自身のワードローブに加えて欲しい一本です。

ARCH 宅見

通販をご希望の方は、下記リンクよりお願い致します。

ARCH ONLINE STORE

rdv o globe×Arch “Deadstock Denim Fabric Gilles Pa”

2020.05.15 Friday 20:52:32| Author:admin| Categories:rdv o globe

 

先日アナウンスしておりました、【rdv o globe×Arch Deadstock Fabric Gilles Pa】

いよいよ明日より発売を開始しますが、その前に本日はそのスペシャルアイテムの全貌を公開致します。

DSC09862

なんと言っても魅力的なのは、貴重な”デッドストック”のデニム生地を贅沢に使用している事です。

しかも通常のデニムとは一味違います。

コットン78% シルク22%という組織を綾織で織り込んでいる生地になっています。

無骨なデニムとは違う表情を見せるのは、シルクがもたらす光沢感と上質さではないでしょうか。

IMG_0804

IMG_0805

IMG_0825

アメリカのインディゴブルーとはまた違う、フレンチブルーの様な色味にそそられます。

フレンチアーミーのトラウザーズを背景に持つ”Gilles Pa”のデザイン+フレンチブルーの色味が、ヴィンテージ好きには堪らない仕様に。

デニムの醍醐味とも言える色落ちも楽しみな一つですが、この上質な雰囲気を残すために敢えて洗わずに履いていくのも面白いと思います。

IMG_0820

IMG_0807

IMG_0816

IMG_0818

IMG_0814

ホーンボタンの仕様や裏地の生地など、細部への拘りも抜かりありません。

裾は最初からダブルの仕様になっており、このディテールにもクラシックな空気を感じます。

DSC09854

DSC00147

DSC00150

DSC00148

2タックのディテールと腰回りのゆったりとしたシルエットに、フレンチアーミーのトラウザーズのソレを感じます。

ヒップラインを少し落とし、裾にかけてテーパードをかけたシルエットは、オリジナルには無い独特のラインを描いています。

トラウザーズの雰囲気も持ち合わせている一本が、デニム素材になる事でよりカジュアルな一本に。

デニム生地でセンタークリースが入っているというだけで、コンチネンタル的な空気を纏っているような気がしてきます。

DSC00154

DSC00153

デニムだからこそカジュアルにも履けますが、このシルエットだからこそ無骨なアイテムと合わせても上品な雰囲気を出す事も出来ます。

カットソーにジーンズだとかなりカジュアルですが、この”Gilles Pa”を合わせるとカジュアルすぎずシンプル過ぎないでコーディネートを組めるので、着方の幅が広がる一本です。

9941aa7f7d2cc056cad5798b153b5b52
COLOR INDIGO
SIZE 1(S) / 2 (M) / 3(L) / 4(XL)
PRICE ¥30,000+TAX

明日5/16(土)よりオンラインサイト、店頭にて販売開始です。

次回のブログではスタッフ別のコーディネートを紹介させて頂きます。

ARCH 宅見