Blog from ArchStyle » rdv o globe|archstyle|Arch アーチ

rdv o globe × NORTH WORKS EVENT LAST DAY

2018.12.2 Sunday 14:26:27| Author:admin| Categories:News!!,NORTH WORKS,rdv o globe

大変ご好評頂いているイベントですが、いよいよ本日最終日になりました。
本日はスタッフのrecommendアイテムとお客様のスタイルをご紹介させて頂きます。

rdv o globe×NORTH WORKS

STAFF 宅見
L1005509

L1005512
JACKET / NEW FABIO VE ARCH EXCLUCIVE
BRACELET / NORTH WORKS

STAFF 近谷
L1005469

L1005545

L1005546
SWEAT / ROMEO CN
PANTS / LENNY LONG PA.
RIGHT WRIST / VINTAGE TUAREG
LEFT WRIST / VINTAGE AKHA

STAFF 上田
L1005501

L1005342
COAT / BOB MANTEAU.
BANGLE /VINTAGE TUAREG

僕がrdv o globeの洋服に出会ったのはまだお客さんの時代でした。
一番最初にArchで購入した服でもあり、アメリカっぽさの中にフレンチの要素が混じっているというのでしょうか。
上手く言葉では言い表せれませんが、瞬時に魅了されました。
唯一無二の世界観はデザイナーの前渕さんが様々なものを見てきたから作り上げられるものだと感じます。

VINTAGEトゥアレグ族のバングルはお守り代わりに購入したものです。
今ではたくさんつけていますが、前は全くつけていませんでした…笑
アクセサリーが苦手でしたが、今となっては無いと落ち着かなくなりました。
普段つけないからと敬遠されている方も一度、見て惹かれたものをつけてみてください。
一生のパートナーとなるアイテムになると思います。

最後にイベント期間中にご来店していただいたお客様をご紹介したいと思います。

CUSTOMER STYLE

L1005517

L1005521

L1005531

L1005526

お客様とお話をさせていただいると、皆さん口を揃えて
「洋服は面白い」
とおっしゃります。

rdv o globeの前淵さん、NORTH WORKSの太田さんとお話をして洋服、アクセサリーが選べる機会です。
本日イベント最終日となりましたが、ワインをご用意してお待ちしております。
是非、この機会に足を運んでみて下さい。

ARCH 上田

rdv o globe×NORTH WORKS

2018.11.29 Thursday 21:33:46| Author:admin| Categories:News!!,rdv o globe

rdv-au-globe-north-woorks-400x270

rdv o globe×NORTH WORKS SPECIAL EVENT
2018 11/30,(FRI),12/1(SAT),12/2(SUN)
ARCH SAPPORO

いよいよ明日から開催のrdv o globe×NORTH WORKS  Special EVENT。

先ほどrdv o globe前淵氏、NORTH WORKS太田氏が札幌に到着し、店内の準備が整いました!

L1005436 L1005438 L1005440 L1005442 L1005446 L1005447 L1005448   P1015045 P1015049

別注ジャケットの発売に加え、

普段は見かけない、珍アイテムが多数御座います!

前淵氏の審美眼に敵ったブランドはどれも魅力たっぷりな心踊るアイテムばかり。
驚くほどに履きやすい靴、中に沢山着込む事ができ、尚且つミリタリー要素も含んだダウンジャケット、タイの純度の高いシルバーを用いたアカ族のジュエリー、NORTH WORKS太田氏が自らの足で探し集めたVINTAGEジュエリー。

普段ならば見る事もないアイテムを明日からの3日間、お披露目致します!

洋服好きならば唸るようなとてもスペシャルなアイテムがずらっと並んでいますので、奮ってご参加下さい!

L1005462

rdv o globe 前淵氏

L1005454

NORTH WORKS 太田氏

お二人も寒い中、ARCHにて皆様を迎える準備をして下さり、有難う御座いました。

P1012831-400x300

rdv o globe×NORTH WORKS X’mas PARTY!!!
11/30(FRI),12/1(SAT)
18:00~START!!

前淵氏の作るブフ・ブルギニョンと、ヴァンショー(ホットワイン)。

僕も2年前に頂きましたが絶品でした、、、

個人的にもとても楽しみなイベントで、ご来店頂けますと本当にスペシャルな提案ができると思っております。

普段は決して味わうことの出来ない空気感や世界観を、是非体感しにいらして下さい。

圧巻の雰囲気に包まれた2F,PREMIER ETAGEにこの週末はお集まりください!
皆様のご来店、心よりお待ちしております。

ARCH 近谷

rdv o globe×Arch FRENCH HUNTING DUCK FABRIC

2018.11.28 Wednesday 18:50:42| Author:admin| Categories:News!!,rdv o globe

L1005381

今回のスペシャルイベント”rdv o globe×NORTH WORKS”に際して数量限定でご用意して頂きました”OLD WORKER JACKET ARCH exclusive”。

なんともARCHらしいスペシャルな1枚となりました。

L1005378

rdv o globe × arch OLD WORKER JACKET(NON WASH)
COLOR/NAVY
SIZE/1,2,3
PRICE/¥45,000-+TAX

ARCHでrdv o globeを初めて展開した際に大変好評だったとされる”OLD WORKER JACKET”。
ベーシックなラペルドのジャケットは、コーディネートを選ばずに活躍してくれる汎用性の高い1枚。

ハンティング用のウェアに多く用いられていた素材は、タフでコシがあります。
只、”ダック地”と聞いて多くの方が思い浮かべるのがアメリカンライクなベージュのダック地だと思います。

そのハンティングという背景を持った素材を”navy”にする事、大枠はヨーロッパの古いワークジャケット型という事で、フレンチアメリカンなアイテムの完成です。

FRENCH ARMY M-47PANTSに合わせた時のハマり具合はもう想像がつくのではないでしょうか、、、

L1005374

襟元(ラペル部分)を立てても、寝かせても着られる仕様はコーディネートに広い振り幅が生まれます。

元々ハリコシがある素材ですが、水を通す事によってより扱いやすくなり、着れば着るほどに雰囲気が増していくのは間違いありません。

ヨーロッパのvintageの復元ではなく、当時には全くなかった空気感やデザインを前淵流にアップデートされたrdv o globeの洋服は本当の意味での唯一無二です。

L1005371

L1005373

L1005376
アームホールは決して細くはないですが、袖先に向かうにつれてやや細くなった袖口は袖を通した時に非常にエレガントな印象です。

色味も上品なnavyが相まって、ワークウェアには見えない佇まいが魅力な1枚。

この塩梅がなんとも “rdv o globe×Arch “というフレーズに、マッチします。

L1005368

こちらの写真は1度WASHをかけた物。
バリッとしたダック地の硬さがとれ、とても良い雰囲気に。

1度水を通した方が圧倒的に良い雰囲気になり、着用&洗いを繰り返す事で得られる経年変化はVINTAGEともみてとれます。

前淵氏のアイデアと、vintageにしかない歴史や背景。

それらを理解した前淵氏だからこそ生み出されるアイテムは、いつも袖を通す度に魅了されてしまいます。

L1005390
スタッフ上田
size 2 着用
 L1005432
スタッフ近谷
size 1 着用

L1005384

スタッフ宅見
size 3 着用

僕たちの中にも既に購入したスタッフが多数、、笑

”洗える”ジャケットは、ワードローブにあると大変重宝致します。
綺麗なパターンカッティングもまた着てみると差を感じる部分。

11/30(FRI)発売です!

どんな方でも、コーディネートに困る事はないジャケットだと思いますので、気になる方は是非足を運んでくださいませ。

rdv-au-globe-north-woorks-400x270

rdv o globe×NORTH WORKS SPECIAL EVENT
2018 11/30,(FRI),12/1(SAT),12/2(SUN)
ARCH SAPPORO

P1012831-400x300

今回の イベントも、”X’MAS PARTY”と題し前淵氏が作ってくださる手料理、簡単なおつまみ、ヴァンショー(ホットワイン)をご用意し皆様をお待ちしております!

PARTY内容の詳細は明日、ご紹介致します。

沢山の方のご来店、心よりお待ちしております。

ARCH 近谷

French Hunting Duck Fabric by rdv o globe

2018.11.26 Monday 21:19:03| Author:admin| Categories:rdv o globe

 

初めてrdv o globeの洋服を目にしたのは約5年前、ARCHで取り扱いが始まったファーストシーズンの時です。

ヨーロッパのクラシックなデザインの中にも、モダンな空気を感じさせるrdv o globeの洋服。

ヴィンテージウェアーのままではなく、その要素をプラスさせながらも、全く新しいモノを生み出すスタイルに、僕らはいつも高揚し袖を通す度に魅了されています。

ファーストシーズンで登場した”OLD WORKER JAKCET”が、まさに僕らが大好きなヨーロッパのクラシックなスタイルを感じるアイテムであり、ずっとこのアイテムをもう一度作って欲しいと考えていました…

ARCH山内が良く愛用している姿を見ていて欲しいなぁと影響された事が大きいですが笑

L1005354

“FRENCH HUNTING DUCK FABRIC”

高密度に打ち込まれたダック生地。
名前の通り、ハンティングジャケットに良く使われていた生地です。

アメリカのイメージが強いダック生地を、フレンチカラーである”ネイビー”で仕上げる事で、フレンチアメリカンな素材に仕上げる事が出来たと思います。

ホップサックの様な凹凸感と、バリッとした強固な生地は、着込み続けて数年後に完成するだろうなと感じさせてくれる期待感があります。

ジーンズを履くイメージに近いかもしれません。

フランスから見たアメリカの解釈で出来上がったかのような”FRENCH HUNTING DUCK FABRIC”

想像するだけでにやけが止まらない素材を、rdv o globeの”OLD WORKER JACKET”に乗せて、ARCH別注ジャケットを完成させました。

次回のブログにて詳細を紹介致しますので、楽しみにしていてください。

rdv-au-globe-north-woorks-400x270

rdv o globe×NORTH WORKS SPECIAL EVENT
2018 11/30,(FRI),12/1(SAT),12/2(SUN)
ARCH SAPPORO 

 

ARCH 宅見

Paraboot Trunk Show / rdv o globe×NORTH WORKS

2018.11.24 Saturday 20:31:46| Author:admin| Categories:News!!,rdv o globe

昨日より開催しております《Paraboot Trunk Show》。

_DSC2271

_DSC2278
毎年恒例のイベントとなっている今イベントですが、2日目も沢山の方にご来店頂きまして誠に有り難う御座います。

ここ北海道で、冬道に大活躍するギアとなる靴なので1足は必ず持っておいて間違いないアイテムです。

RPJ・篠崎氏に直にフィッティングして頂き、PARABOOTのお話しを聞きながらご購入してくださった方も多く記憶に御座います。

ノベルティが付くというのも勿論ですがスペシャリスト、篠崎氏のPARABOOTに対する情熱や知識を直接聞けるのは他にはないイベントの醍醐味です。

イベントは明日まで開催させて頂いております。
まだPARABOOTをお持ちでない方は勿論、そうでない方も2,3足目を探しにいらしては如何でしょうか?

rdv-au-globe-north-woorks-400x270

rdv o globe×NORTH WORKS SPECIAL EVENT
2018 11/30,(FRI),12/1(SAT),12/2(SUN)
ARCH SAPPORO

 そして今年を締めくくるイベントが今年もやってきます。

毎年ご好評頂いておりますイベント「rdv o globe×NORTH WORKS」。

今年はrdv o globe前淵氏、NIRTH WORKS太田氏から、スペシャルなアイテムを沢山仕込んで頂いております。

後日しっかりとご紹介させて頂きますが、別注アイテムの発売、前淵氏が初めて日本に仕入れたブランドのアイテムや、アカ族というタイの民族によるジュエリー、vintageのインディアンジュエリー、普段並ばないNORTH WORKSの商品の数々。

本当の意味でのバイヤー・前淵氏の審美眼に掛かったブランド、アイテムはどれもワクワクし、どう着こなすか考えるのが本当に楽しい物ばかり。

rdv o globeの世界観を存分に楽しんで頂ける、スペシャルな3日間です。

DSC1104-400x265

P1012831-400x300

前淵氏、太田氏のいる2F PREMIER ETAGEはいつも、スペシャルな空気感に包まれます。

今回も前淵氏がホットワインと、手料理を振舞って下さいます!

どこを切り取っても見所満載の今イベント。

寒く雪が降ってきたここ札幌ですが、店内を暖かくしてお待ちしております。

詳細を後日詳しくご紹介させて頂きますので、お楽しみに、、、

スクリーンショット 2018-11-24 20.30.59

ARCH 近谷

rdv o globe ROBIN MA. Arch Exclusive Model

2018.10.19 Friday 21:30:20| Author:admin| Categories:rdv o globe

前回のイベント時に、先行受注会にて承っておりました、ARCH別注品のrdv o globe ”ROBIN MA”。

受注のみの生産となっておりましたが、少量だけ特別に製作する事が出来ましたので、本日紹介したいと思います。

僕らが求めたのは、海軍メルトンとも呼ばれる肉厚な”ウールメルトン生地”。

ミリタリースペックにも負けない肉厚なメルトン生地を用いて、今回別注製作しました。

DSC0533-264x400
DSC0542-264x400
やはり色味は男服に欠かせない色・”NAVY”

男服の殆どがパーツが多いのに対して、シンプルな作りになっているROBIN MA.

無骨な素材だからこそ男臭くなりすぎず、丁度良い塩梅の一着に仕上がっていると確信しています。

その証拠にスタッフの購入も多かったです…苦笑

L1003946COLOR NAVY
SIZE 1 (S) / 2 (M) / 3 (L)/ 4 (XL)
PRICE ¥68,000+TAX

L1003950
一枚袖のラグランスリーブは、太めに設計されている為、ジャケット等のインナーを中に着込みやすくなっています。

独特の丸みを帯びたシルエットがまた憎いです。

L1003953
L1003954
所謂、チェスターコートの襟のディテールですが、スタンドカラーにも成ります。

襟を立てて上からマフラー等を巻いてしまってもサマになるので、試してみて欲しいです。

L1003952
個人的には、このポケットのディテールに一番惹かれました。

中で2層に分かれているので、とても機能的です。
大きめに付けられたポケットなのに、見た目は嫌味がない。

さりげないディテールにこそ、その洋服の良さが凝縮されている気がします。

L1003959
秋口、今から直ぐに着用出来るように、敢えて裏地を付けない仕様にしました。
そうする事で秋・春も着用を可能にし、真冬はインナーの調整で着れてしまえます。

L1003943HAT   JAMES LOCK
SHIRT  KENNETH FIELD
KNIT   FRANK LEDER
TROUSERS   ANATOMICA

L1003968BERET  ANATOMICA
KNIT  JAMIESON’S
TROUSERS  KENNETH FIELD

シンプルなデザインの中に見え隠れする、男服の大事な要素。

真冬のアウターとして、間違いなく一枚は持っておきたいと思えるコートです。

ARCH 宅見

rdv o globe New Fabio Ve. Arch Exclusive Model

2018.07.25 Wednesday 21:05:40| Author:admin| Categories:rdv o globe

 

昨日ご紹介しました、rdv o globeとの別注アイテム。
ARCHのスタイルに欠かせないFRENCH VINTAGEから着想を得て製作した一着は、僕らにとっても秋冬欠かせない相棒的なジャケットになりそうです。

【NEW FABIO VE. ARCH EXCLUSIVE MODEL】
_DSC0811COLOR CHACOAL GREY
SIZE 1(S) / 2(M) / 3 (L)
PRICE ¥52,000+TAX

_DSC0817

フレンチワークに見られる多くのファブリックには、太畝のコーデュロイやモールスキンといった厚手の生地が多く存在します。

今回別注製作したジャケットは、デザインはヴィンテージのオリジナルにフォーカスしていますが、
素材はアウターになってしまいそうな一着で完結するゴツい素材ではなく、コートのインナーに着用しても窮屈にならない薄手のウール生地を採用しました。

肌触りの良いウール生地は、実際に着てみるととても軽く着心地が良いです。

_DSC0835
_DSC0829
裏地なしの一枚仕立て、パイピング処理されたディテールやホーンボタンにも注目して欲しいです。

この作りだからこそ、よりラフにワークジャケットとして気軽に羽織れそうです。

_DSC0786
_DSC0790
FRENCH WORK・所謂ワークウェアーがベースにありながらも、上質なウール生地と綺麗なシルエットのジャケットだからこそ、野暮ったくなりすぎません。
前下がりになったディテールが、横から見た時に非常に美しいラインを描いています。

_DSC0804 2

トラウザーズ、ジーンズ、軍パンと正直どんなスタイにもハマる一着です。

FRENCH WORKをベースにした一着なので、個人的にはフレンチな装いで合わせて羽織ろうと思っています。
ベレー帽やキャスケットを合わせて被りたいです。

そして、このジャケットと同素材のトラウザースもお勧めの一本です。

【GILLES PA.】
_DSC0842COLOR CHACOAL GREY
SIZE 1(S)/ 2 (M) / 3(L)
PRICE ¥34,000+TAX

_DSC0851
実は、ARCHでもここ毎シーズン展開しているトラウザーズのGILLES PA.

ゆったりとして腰回りの作りに対して、裾にかけて綺麗にテーパードした絶妙なシルエットが特徴的な一本です。

_DSC0854
2タック、裾はダブルの仕様になったクラシックな作りのトラウザーズですが、履いてみるとシルエットはモダンな仕上がりに。

窮屈なイメージのあるトラウザースとは180度違う、楽にゆったりと履け且つ上品にも映る他にはないシルエットです。

_DSC0794
勿論、セットアップでの着用もやり過ぎていなく気兼ねなく着用出来ると思います。

_DSC0821
_DSC0804
入社当時に、先輩達に”フレンチカジュアルとは?”と質問していた事があります。

その時答えてくれたスタイルが、”フランスのワークジャケット、モールスキンのセットアップでパンツにセンタークリースを入れ、足元は素足にレザーシューズ。”
VINTAGEのHEREMSのスカーフを巻いている人もいたよと教えてくれたのが、強烈にインパクトに残っています。

素直に格好良いと思えたし、ワークウェアーをドレスウェアーの様に着こなしている姿が想像つき、直ぐに真似しようとしていたのを思い出しました。

今回製作した別注のセットアップもそんなイメージで着用したいと…妄想が膨らむばかりです。

洋服は考えれば考えるほど面白い。

ARCH 宅見

rdv o globe New Fabio Ve.Arch Exclusive Model

2018.07.24 Tuesday 21:41:25| Author:admin| Categories:rdv o globe

スクリーンショット 2018-07-24 20.15.36

冒頭の写真は、1940年代頃のFRENCH VINTAGEのワークジャケット。
ウール生地のこの手のジャケットを総して”PASCAL JACKET”とフランスでは呼ばれています。

それは、この年代の殆どのウールジャケットが、フランスの生地屋であるPASCAL社によるものだったからそうです。
独特の生地感が美しく、上質なウール生地はワークジャケットとは思えない作りです。

胸ポケットのディテールが特徴的であり、定番のモールスキンとはまた違った雰囲気があります。

全体的に丸みを帯びて作られている事から、仕立てで作られている事が良く分かる一着です。

FRENCH WORKを代表するこのデザインと素材。

ワークジャケットらしからぬエレガントな佇まいのこのFRENCH VINTAGEに着想を得て、rdv o globeとのコラボレーションにて今の視点で再構築しました。

_DSC0824
_DSC0833
_DSC0826
_DSC0811
_DSC0817
rdv o globeの新型による”NEW FABIO VE”を、オリジナルのヴィンテージ同様にウール生地で再現しました。

ファブリックには、上質でいてしなやかなチャコールグレーのウール生地を。
一枚仕立てで厚すぎない生地は、近くで触ってみないとウールとは分からない程上質です。

オリジナルのヴィンテージの殆どが厚手のウール生地だった事から、薄手で秋からすぐに着用出来る生地を選びました。

rdv o globeの魅力の一つ、立体的なパターンからくる美しいシルエットは、どこから見ても綺麗に映ります。

詳細は明日のブログにてご紹介します。

ARCH 宅見