Blog from ArchStyle » rdv o globe|archstyle|Arch アーチ

rdv o globe / 墨汁染め Juan Ch&Norman Ve Arch Exclusive Model

2020.05.19 Tuesday 20:00:16| Author:admin| Categories:rdv o globe

rdv o globeより、圧倒的な存在感を放つ素材を用いたアイテムを2型紹介します。

L1009502

ブルんとしたハリのある”リネン”素材に、墨汁染めを施した独特の生地。

墨汁染めを施す事によって生地にザラ感が生まれ、古いアンティークリネンを思わせる顔つきに仕上がっています。

DSC00334

DSC00329

DSC00332

DSC00331

良く見るとチェック柄になっているのもこの生地の特徴です。

使い込んでいく事で、色が抜けリネン特有のシワが入り、さらに良い表情になっていくでしょう。

L1009537

型は、rdv o globeでここ数シーズン展開している”JUAN CH”。

プルオーバーのシンプルなシャツですが、実はポケットが2つ付属しているのも面白いディテールです。
敢えて目立たないような設計にしております。

ポケット部分のレッドのカンヌキがアクセントに。

そしてバックスタイルは、インバーテッドプリーツの仕様になっています。
この仕様は、コートに多く用いられるのですが、シャツに採用しているのは中々ないと思います。

L1009500

L1009505

COLOR BLACK
SIZE 1 (S) / 2 (M) / 3(L)
PRICE ¥33,000+TAX

このアンティークリネンを彷彿とさせる生地に僕らが惚れ込み、別の型でも採用して頂いたのが”NORMAN VE” Arch Exclusive Modelです。

DSC09608

古いフランスのサックコート等がデザインベースとなっている”NORMAN VE”

ジャケットの分類になりますが、着丈が長めに設計されているのが特徴的な一着です。

高めに設計されたラペルの位置と相まってバランスの取れたシルエットになっています。

DSC00136

DSC00139

DSC00141

DSC00135

ジャケットの様でありながら、ハーフコートの様にも羽織れるのも魅力の一つです。

この墨汁染めのリネン生地になった事で、フレンチヴィンテージで実際に存在していたかのような一着に仕上がったと思います。

DSC09616

DSC09620

DSC09617

DSC09618

フレンチヴィンテージのアトリエコートを短く設計したような…そんなイメージで羽織って欲しいですね。

ジャケットではありますが、コート感覚でも着れるので、カットソーに軍パン+”NORMAN VE”でシンプルなコーディネートがお勧めです。

DSC09800

DSC00134

COLOR BLACK
SIZE 1 (S) / 2(M) / 3(L)
PRICE ¥54,000+TAX

先日紹介しました別注“DEADSTOCK DENIM FABRIC GILLES PA”も大変多く好評を頂き、完売寸前となっております。

オンラインストアでも紹介しておりますので、合わせてご覧になってみてください。

ARCH 宅見

通販をご希望の方は、下記リンクよりお願い致します。

☆ ARCH ONLINE STORE

rdv o globe “Deadstock Denim Fabric Gilles Pa”

2020.05.16 Saturday 21:05:45| Author:admin| Categories:rdv o globe

DSC09854

昨日紹介しました、”rdv o globe×Arch Giles Pa”
早速、大変好評を頂いており僕らも嬉しく思います。

本日は、スタッフ別のコーディネートをご紹介させて頂きます。

DSC00238
 ARCH STELLAR PLACE 松本
CARDIGAN / FRANK LEDER GREY LINEN
INNER MERZ B SCHWANEN
SHOES / OUTIL

『私松本は、”ヨーロッパの大人の休日”を意識しました。
Gilles Paは、2タックでダブル仕様の一見クラシックなトラウザーのデザインですが、rdv o globeらしく抜け感のあるシルエットが特徴的。
 カットソーにカーディガンというカジュアルなアイテムとの合わせですが、Gilles Pa.とエスパドリーユで緩くなりすぎないように意識しました。
デニム地ではありますが、シルク混の生地のため、シルク特有の艶感が上品さを演出してくれると思います。』松本談

DSC00245
 ARCH STELLAR PLACE 阿部
VEST / rdv o globe
SHIRT / ARCH SAPPORO RAF SHIRT
SHOES / PARABOOT

『カジュアルなサイジングでありながら、モノトーンの配色、そして別注ジャイレスパンツとゆうシルク混紡のデニムの生地感で、カジュアル過ぎない雰囲気のスタイリングをイメージしました。』阿部 談

DSC00280
 ARCH STELLAR PLACE 荒
COAT  / ANATOMICA
SHIRT / ANATOMICA
SHOES / ALDEN

『アメリカの王道インディゴとはまた違った魅力のあるフレンチブルーの色合いは、フレンチなスタイルに合わせたい!
コットンシルクの上品な素材感はそれを際立たせてくれると直感的に思いました。
アナトミカ のダスタコート、バンドカラーシャツを合わせてヨーロピアンに。
足元にはオールデンの革靴で引き締めながらも、少しアメリカのエッセンスを加えてみました。』荒 談

DSC00295
 ARCH 宅見
JACKET / CASEY CASEY
SHRT / CASEY CASEY
SHOES / JUTTA NEUMANN

『ジャケットには、CASEY CASEYのインディゴリネンのフレンチワークジャケットを。
敢えて、同じインディゴという共通点を持たせ、セットアップの様な雰囲気を出したいと思いました。
NAVY×NAVY で重くなりがちなので、パナマハットとJUTTA NEUMANNのサンダルで軽快さを出しました。』宅見 談

DSC00203
ARCH 上田
JACKET / OLDMAN’S TAILOR
SCARF / ANATOMICA
SHOES

『僕は、今回の別注GILLES PAがデニム素材というアイテムながらシルエットが綺麗なので、コンチネンタル的な着こなしを意識しつつ、色使いに気をつかいました。色鮮やかなグリーンのストールがポイントです。』上田 談

DSC00260
 ARCH 川上
SHIRT / KLASICA
BERET / PAMLONA by Arch
SHOES / MATES

『ミリタリーテイストのアウターに杢グレーのTシャツ、足元はスニーカーというコーディネート。
一見するとアメカジ感が強い組み合わせですが、トラウザーズ型のきれいなシルエットのおかげで品よく着こなせると思います。
シルク混ですがデニム生地なので気負わず履けるのも魅力ですね。』川上 談

スタッフそれぞれのコーディネートを見ていても、様々なシーンとスタイルで活躍する一本なのは間違いありません。

ミリタリーアイテムに、ドレス要素のトラウザーズを挟むと上品さがプラスされるのと同様に、

このGilles Paを挟むと上品な雰囲気をプラスする事が出来ます。

そしてデニム生地とこの楽なシルエットだからこそ、カジュアルに履け気兼ねなく愛用する事が出来るのです。

自身のワードローブに加えて欲しい一本です。

ARCH 宅見

通販をご希望の方は、下記リンクよりお願い致します。

ARCH ONLINE STORE

rdv o globe×Arch “Deadstock Denim Fabric Gilles Pa”

2020.05.15 Friday 20:52:32| Author:admin| Categories:rdv o globe

 

先日アナウンスしておりました、【rdv o globe×Arch Deadstock Fabric Gilles Pa】

いよいよ明日より発売を開始しますが、その前に本日はそのスペシャルアイテムの全貌を公開致します。

DSC09862

なんと言っても魅力的なのは、貴重な”デッドストック”のデニム生地を贅沢に使用している事です。

しかも通常のデニムとは一味違います。

コットン78% シルク22%という組織を綾織で織り込んでいる生地になっています。

無骨なデニムとは違う表情を見せるのは、シルクがもたらす光沢感と上質さではないでしょうか。

IMG_0804

IMG_0805

IMG_0825

アメリカのインディゴブルーとはまた違う、フレンチブルーの様な色味にそそられます。

フレンチアーミーのトラウザーズを背景に持つ”Gilles Pa”のデザイン+フレンチブルーの色味が、ヴィンテージ好きには堪らない仕様に。

デニムの醍醐味とも言える色落ちも楽しみな一つですが、この上質な雰囲気を残すために敢えて洗わずに履いていくのも面白いと思います。

IMG_0820

IMG_0807

IMG_0816

IMG_0818

IMG_0814

ホーンボタンの仕様や裏地の生地など、細部への拘りも抜かりありません。

裾は最初からダブルの仕様になっており、このディテールにもクラシックな空気を感じます。

DSC09854

DSC00147

DSC00150

DSC00148

2タックのディテールと腰回りのゆったりとしたシルエットに、フレンチアーミーのトラウザーズのソレを感じます。

ヒップラインを少し落とし、裾にかけてテーパードをかけたシルエットは、オリジナルには無い独特のラインを描いています。

トラウザーズの雰囲気も持ち合わせている一本が、デニム素材になる事でよりカジュアルな一本に。

デニム生地でセンタークリースが入っているというだけで、コンチネンタル的な空気を纏っているような気がしてきます。

DSC00154

DSC00153

デニムだからこそカジュアルにも履けますが、このシルエットだからこそ無骨なアイテムと合わせても上品な雰囲気を出す事も出来ます。

カットソーにジーンズだとかなりカジュアルですが、この”Gilles Pa”を合わせるとカジュアルすぎずシンプル過ぎないでコーディネートを組めるので、着方の幅が広がる一本です。

9941aa7f7d2cc056cad5798b153b5b52
COLOR INDIGO
SIZE 1(S) / 2 (M) / 3(L) / 4(XL)
PRICE ¥30,000+TAX

明日5/16(土)よりオンラインサイト、店頭にて販売開始です。

次回のブログではスタッフ別のコーディネートを紹介させて頂きます。

ARCH 宅見

rdv o globe×Arch “Dead Stock Fabric Gilles Pa “Special Interview

2020.05.13 Wednesday 21:35:55| Author:admin| Categories:rdv o globe

【 rdv o globe×Arch】のスペシャルアイテム発売まで、残り3日となりました。

そこで、今回のコラボレーションアイテムの製作秘話などを、デザイナー前淵さんとの対談形式でご紹介していきます。

L1009832-266x400

別注製作への作戦会議 は、いつも前触れもなく訪れます。

約1年前、前淵さんからの一本の電話から全てが始まりました。

宅見 / 前淵さん、いつもお世話になっております!

そろそろ別注の話を進めていかないとですよね。

前淵さん/ 全然連絡くれないからさ〜笑
既にこっちで生地を探してたんだけど、凄い良い生地が見つかったよ!

宅/ 連絡出来ていなく申し訳ないです…
本当ですか!? どんな生地でしょうか?

前淵さん/ デッドストックのデニム生地!

それも普通のデニムとは違って、シルク混のデニム生地だから物凄い上質な雰囲気だよ。

ee95131f1ec4acf7ce6b9c7e5dd4033a

前淵さん/ 国内のある生地メーカーで見つけた”デッドストック”のデニムなので、もう二度とお目にかかれない。

シルクが22%も入っているから、光沢感があり通常のデニムよりも柔らかいのが特徴的だね。

生地の良さもそうだけど、生地代が高かったのにも驚いたけどね笑

宅/ シルク混のデニム生地なんて、滅多に聞かないですね…僕は見たこともないです。
しかも”デッドストック”の物を見つけられたのも凄いですね。

シルク混のデニムですもんね…確かに高そうですね…

この生地でしたら、パンツが凄いハマりそうですね。

前淵さん / ARCHで定番で展開しているパンツ・Gilles Pa (ジャイレス)なんかが間違いなく格好良いと思うよ。
デニム生地で、あの形は中々なくて面白いんじゃないかな〜。

9e7da92131403d7816dd72d522ba8136-303x400

宅/ Gilles Pa(ジャイレス)は、ARCHでも長年定番で展開していますし、僕らも含めてお客様も愛用している方が多いですね。

フランチアーミーのトラウザーズの様な雰囲気が非常に気に入っています。

僕が好きなフランスの写真家・Willy Ronis(ウィリー・ロニ)という方が良く履いているパンツも、2タックで裾がダブルの仕様になっています。

rdv o globeのGilles Pa (ジャイレス)は、僕の中でフランス的なトラウザーズのイメージがある一本でした!

前淵さん / デザインは、rdv o globeの完全オリジナルなんだけど、フランチアーミーのトラウザーはイメージにはあったね。

ヒップラインを落とし、テーパードをかけた独特のシルエットが存在感があるんだけど、意外とコーディネートに合わせやすい一本なんだよ。

DSC09854

宅/ 履いてみると物凄くリラックスして履けますし、形が綺麗なのでどんなスタイルにもすんなりハマりますよね。

フランス的解釈のトラウザーズに、アメリカのイメージのあるデニム生地の組み合わせは凄い良いですね!
この組み合わせで進行させてください!

前淵さん/ 良い組み合わせだと思うよ! シルク混のデニムだから、よりトラウザーズらしい一本に仕上がると思うよ。

それじゃこの組み合わせで別注アイテムの生産に入るね。仕上がりまで楽しみにしてて!

こうして、出来上がってきたDEADSRTOCK FABRIC Gilles Pa (ジャイレス)は、僕らの想像していた以上の仕上がりで完成しました。

今週末の5月16日(土)から発売を開始しますので、楽しみにしていてください。

詳細は、次回のブログにて紹介します。

ARCH 宅見

rdv o globe “Arch Exclusive”

2020.05.11 Monday 20:28:08| Author:admin| Categories:rdv o globe

DSC09862

昨年から温めていた、rdv o globeとのスペシャルコラボレーションアイテムが遂に完成致しました。

今回のテーマは、”アメリカの匂いとヨーロッパ大陸的な要素”

rdv o globe前淵氏と別注製作の作戦会議に入る際、先ず初めに決定していくのが”生地”です。

洋服を作る上で一番の鍵となる”生地”を、前淵氏から提案して頂くところから始まっていきます。

毎シーズン別注で製作しているアイテムは、スペシャルな生地ばかりです。
ヴィンテージファブリックから、今では手に入らないものまで…

そして今回もまた驚きの生地を提案して頂きました。

なんと、アメリカの匂いがプンプンする”デニム生地”です。

一般的なデニムとは全く異なり、デニムへの概念が崩される衝撃の素材です。

DSC09854

その秘密は素材の組織にあるのですが….

詳細は、5/16(土)の発売日までにゆっくりと紹介していきます。

是非、楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

rdv o globe / New Robin Ch&Field Pa

2020.05.9 Saturday 20:34:27| Author:admin| Categories:rdv o globe

DSC00740

今シーズンのrdv o globeのコレクションの中でも、個人オーダーしていたオススメを紹介致します。

僕の中で、”ギンガムチェック”の柄と言えばフランスを思い浮かべてしまいます。

フランス・ストラスブルグの伝統的な生地で、”ケルシュ”と呼ばれるモノがあります。
独特の柄とアンティークリネンの素材が美しく、ギンガムチェックの柄も多く存在していました。

フランスでは、様々な用途で使われており、ワークウェアー等にも用いられていた背景があります。

フランスの匂い…エスプリを感じるこの柄を、嫌味なく表現出来るのが【rdv o globe】の凄さだと感じます。

DSC00734

DSC00735
COLOR BLACK×WHITE
SIZE 1 (S) / 2(M) / 3 (L)
PRICE ¥32,000+TAX

ゆったりとしたシルエットが特徴的な”NEW ROBIN CH”

1930年代頃、US ARMYに支給されていたデニムシャツをベースに、rdv o globeの解釈で表現されたミリタリーシャツ。

オリジナルは両胸のポケットが象徴的ですが、その面影を残しつつもデザインを一新させているのが面白い一着です。

resize_image.php

resize_image-1.php

resize_image-3.php

アメリカのミリタリーをベースに、フランスの匂いを感じる”ギンガムチェック”で表現した一着は、

僕らが提唱している”スタイル”、ヨーロッパから見たアメリカのスタイルに通づる部分を感じてしまいます。

resize_image-5.php
BERET ANAOMICA
INNERN JOHN SMEDLEY
VEST ANATOMICA
BOTTOMS BONCOURA

DSC00824

DSC00821
 INNER rdv o globe
BOTTOMS CASEY CASEY
SHOES MARSEL

シャツとしても勿論使えますが、ワークジャケットの様にバサッと着て頂きたいです。
柔らかいシャツ生地なので、少し肌寒い時にも重宝します。

同素材の”FIELD PA”も非常に楽に履ける一本です。

DSC00746
 COLOR BLACK×WHITE
SIZE 1 (S ) / 3 (L)
PRICE ¥32,000+TAX

こちらもアメリカのミリタリーパンツを彷彿とさせるデザインが組み込まれています。

ベーカーパンツの様なポケットの形状、膝部分のタックなど随所に無骨な空気を感じます。

DSC00747

DSC00748

DSC00749

ドローコードの仕様が、このパンツ一番の特徴ではないでしょうか。

ミリタリーパンツの様な太さはありつつも、微妙にテーパードしたラインとジャストレングスの丈感が、ミリタリーにはない新たなシルエットを生み出しています。

DSC00829

一見難しそうに見えるアイテムですが、履いてみるととても新鮮に映ります。

シンプルになりがちな夏の装いにこそ、合わせて欲しい一本です。

意外とコート等の長さのあるアイテムにも好相性です。

こちらのアイテムも、オンラインストアに追加しておりますので、是非ご覧になってみてください。

ARCH 宅見

rdv o globe Philip Ma

2020.03.21 Saturday 20:06:56| Author:admin| Categories:rdv o globe

ようやく札幌も過ごしやすい気温になってきましたが、この時期に何を羽織るか?

毎年そんな事を自問自答し、良く考えます。

真夏までに軽く羽織れ、秋口も羽織れる素材感とボリューム感。

実際、一年を通して見た時にそんな万能なコートこそ、着る頻度が高いはずです。

rdv o  globeから今年リリースされた”PHILIP MA”は、それらを満たしてくれる一着に仕上がっています。

L1007868

COLOR BLACK
MATERIAL COTTON
SIZE Ⅰ / Ⅱ / Ⅲ
PRICE ¥49,000+TAX

フィッシュテールパーカーの代名詞とも呼べるM-65 PARKAのデザインと、ヨーロッパのワークコートが融合したかのような佇まい。

コットン100%の軽い素材感もまた、ミリタリーの要素を感じるものに仕上がっています。

L1007864

L1007863

L1007865

一見するとスタンドカラーのワークコートですが、アームのディテール、ポケットの仕様はまさにフィッシュテールパーカそのもの。

コート全体のシルエットは、すっきりとした綺麗なシルエットですが、太めのアームと相まり、絶妙なシルエットに。

rdv o globeデザイナー前淵氏が、洋服を作る上で最も大事にしているのが、着た時の”シルエット”。

立体裁断による計算され尽くされたパターンは、絶妙なAラインの落ち感と、フワッとしたボリューム感を生み出しています。

L1007880

L1007875

L1007877

L1007876

ミリタリーパーカーを着た時の安心感(楽なフィッティング)を感じながらも、しっかりとコートとしての上品さも兼ね備えた一着です。

シャツとコートの中間くらいの厚さなので、コートとしてもはたまた、ジャケット感覚でも羽織れると思います。

L1007870

この手のコートは一着あると間違いなく重宝します。

是非、ご覧になって欲しいアイテムです。

ARCH 宅見

rdv o globe

2020.02.16 Sunday 11:05:14| Author:admin| Categories:rdv o globe

今日は、本格的に入荷がスタートした春物の中から【 rdv o globe(ランデヴー オー グローブ)】のアイテムをご紹介致します。

【LENNY MA.】
84469629_198372731539126_1589832970888921933_n

COLOR / BEIGE
SIZE / I(S), II(M), III(L)
PRICE / ¥56,000+tax

今シーズン rdv o globe のコレクションで使用されている素材のひとつに「コットン×コーデュラナイロン」のリップストップ生地があります。

リップストップ生地 = アウトドア、ミリタリーというイメージがありますが、rdv o globe の洋服にこの素材が組み合わさると、単純にそういったキーワードでは形容できない、クラシックとモダンが融合した独特な雰囲気に仕上がります。

L1005579

L1005581 2

首元を覆うようなフードにラグランスリーブ、大きなフラップポケットが特徴的なフーデッドコート。

ミリタリーコートがベースでありながら、シックな雰囲気で着こなせる1着です。

L1005575

春らしいベージュのリップストップ生地にダークブラウンのボタンが良いアクセント。

シンプルな佇まいですが存在感は抜群です。

L1005576

L1005571

ゆったりとしたシルエットにラグランスリーブの組み合わせはインナーを限定しないので、いま時期であれば厚手のセーターの上にもストレスなく着れてしまいます。

春先には、ブラックジーンズにバスクシャツを合わせて、フレンチシックな着こなしを楽しみたいですね。

【REY VE.】
L1005583

COLOR / BLACK
SIZE / I(S), II(M), III(L)
PRICE / ¥40,000+tax

続いては、古き良きヨーロッパのワークウェアをベースに rdv o globe のエッセンスが存分に盛り込まれたジャケット。

無骨さとエレガンスが見事に両立された1着です。

L1005615

IMG_5628

素材はブラックのリップストップ生地を採用。

「古き良きヨーロッパのワークウェア」と「リップストップ生地」という、結びつきそうにない2つのキーワードが絶妙なマッチングを魅せています。

L1005612

L1005617

深いカーブを描く裾のカッティングは、ヴィクトリア朝の洋服をイメージさせます。

他には無い上品な雰囲気が漂うワークジャケットです。

L1005614

ジーンズ、チノパン、軍パンなど、ベーシックなパンツとの相性も抜群。

普段の何てことないコーディネートにもすんなり馴染んでくれて、尚且つしっかりと着る人の個性も引き出してくれるというのが、rdv o glove が作る洋服の魅力の一つかなと思います。

【FABIO PA.】
L1005590

COLOR / BLACK
SIZE / I(S), II(M), III(L)
PRICE / ¥32,000+tax

最後は、ジャケットとセットアップで着用できるパンツ。

5ポケットジーンズのディテールを踏襲しながら、独自のアップデートが施された唯一無二の1本です。

L1005599

何と言っても特徴的なのがこのシルエット。

極端に深い股上と強めのテーパードが独特なバランスを生み出しています。

IMG_5633

IMG_5637

細部にはオーセンティックな表情も宿っています。

「クラシックなディテール」と「モダンなシルエット」が融合された rdv o globe らしい5ポケットジーンズとなっています。

L1005596

ジャケットと合わせてセットアップで着こなすのがおススメ。

スーツのような堅い雰囲気にはならないので、カジュアルな普段着として楽しんで頂きたいです。

ぜひ、店頭でご覧になってみて下さい。

ARCH 川上