Blog from ArchStyle » S.E.H KELLY|archstyle|Arch アーチ

S.E.H KELLY

2019.04.15 Monday 19:47:47| Author:admin| Categories:News!!,S.E.H KELLY

いつもBLOGをご覧頂きまして誠に有難う御座います。

本日は、これから先入荷の目処が立たないアイテムを再度ご紹介させて頂きます。

ARCHでは最早固定ファンも多く見受けられる、「S.E.H KELLY」。

全行程、素材、工場までもすべてBRITISH MADEに拘ったS.E.H KELLYが、とうとう入荷が厳しい状況に置かれました。

今回は今現在ARCHにある商品で、recommend ITEMとしてご紹介させて頂きます。

L1007369

 NORTHAN ILISH LINEN WORK JACKET
COLOR / MOSS
SIZE / L
PRICE / ¥98,000-+TAX

毎シーズン大変ご好評を頂いている STAND COLLER JACKET。

BURLAP LINENと呼ばれ肉厚なリネンは、ネップ感とコシのある生地で実際に触ってみると、リネンとは思えない程の重厚感に驚くと思います。

IMG_7503

ボタンは水牛の角を削ったホーン・ボタン。

随所の作り込みは流石の一言。

イギリス、サヴィル・ロウで培われたS.E.H KELLYの技術が落とし込まれたワークジャケットは品があり、尚且つワークウェアーが持つ機能美をも感じます。

大きく付けられたポケットも含めて、合計5つものポケットが装備されています。
フラッと出掛けるくらいのシチュエーションならば、このジャケット一つで十分事が足りてしまいます。

DSC3270-264x400

CAP / JAMES LOCK 
JACKET / S.E.H KELLY
INNER / JOHN SMEDLEY
BOTTOMS / BONCOURA
SCARF / VINTAGE

クルーネックのニットにさらっと合わせるだけで、ぐっとまとまった印象に。

コーディネートを選ばずに着て頂けるので、どんなスタイルの方にもオススメできる逸品です。

L1007341

VENTILE COTTON TRENCH COAT
COLOR / BEIGE
SIZE / XS
PRICE / ¥158,000-+TAX

L1007346
明るいベージュのカラーリングがとても春らしいコットン素材のトレンチコート。
高密度でいて、しなやかさを持ち合わせた素材感が印象的です。

こちらはなんともイギリスらしく、クラシックな1枚。
色、形、素材、すべての面で古き良きイギリスを感じる事が出来ます。

2017-12-17-12.54.44-264x400

COAT / S.E.H KELLY
CARDIGAN / BONCOURA 
INNER / THE INOUE BROTHERS
BOTTOMS / BONCOURA
SHOES / ALDEN

肩から袖にかけての腕のパーツに接ぎ目の無い、通称「1枚袖」の仕様。

中に着込む事の出来るこのコートは、春・秋・冬の3シーズン活用できます。

なんとこのコートは、50年代からコート専門でパターンカッターの道を歩んで来た職人とS.E.H KELLYが一緒になって取り組んだもので、トラディショナルなディテールを踏襲したものです。

現代では80歳近くになるパターンカッターは、Burberrys’やAquascutumのコートを手掛けてきた人物とあって、実力と感覚は折り紙付き。

DSC0174-400x265

フラップやベルトの裏に施されたコーデュロイにホーンボタン、ゼロから製作された真鍮のバックルも、もちろんオリジナル。

そんな部分にこそ、「S.E.H KELLY」のアイデンティティを感じる唯一無二な部分ではないでしょうか?
決して派手さはないですが、他との差別化は十分に出来、半永久的に相棒となってくれるはずです。

L1007355

VENTILE FLIGHTWEIGHT BALMACAAN
COLOR / BARLEY
SIZE / M
MATERIAL / VENTILE FLIGHTWEIGHT
PRICE / 138,000- +tax

L1007357

「VENTILE FLIGHT WEIGHT」と名づけられた生地はとても軽く、薄めの生地感。

簡素に言うならば、「ozを軽くしたベンタイルクロス」。

軽い生地感故に春夏のスプリングコートとしての魅力を高めながらも、撥水性と防風性能は従来通りの機能を引き継いでいます。

DSC2421-264x400

CAP / JAMES LOCK 
INNER / JOHN SMEDLEY
BOTTOMS / BONCOURA

誰もが一度は憧れるベージュのコートは定番アイテムなだけに理想の一着を見つけるのは意外と難しいのも事実。

そんな普遍的で飽くなき汎用性こそ、玄関先に掛ける「BALMACAAN COAT」に求める部分だと思います。

シンプルでかつ、何年経ってもワードローブに残り続ける、そんなアイテムだと僕たちは考えます。

L1007347

BRITISH VENTILE CAR COAT
COLOR / STONE
SIZE / S
PRICE /¥138,000-+TAX

この手の英国産のコート、特にこれからの季節にはこのストーンという色味がイメージとしてぴったりくると思います。

春夏に羽織るコートは何種類かあると思いますが、このバランスの着丈のコートは持っていない方が殆どではないでしょうか?

L1007350

仕様は1枚袖。

中に着込む事も前提に、こちらのコートもまた、3シーズン対応可能です。

トラディショナルな部分に固執せず、S.E.H KELLYらしいアイデンティティを嫌味なく取り入れている点も、このブランドの特筆すべき点だと思います。

素材は先ほどから同様、英・ベンタイルクロス。

実のところこの英国製ベンタイル・クロスはもう買収され、市場に殆ど出回っておりません。
残すところ僅かな商品数ですので、気になる方はお早めにご覧ください。

L1007403

COAT / S.E.H KELLY
JACKET / OLDMAN’S TAILOR
VEST / rdv o globe
BOTTOMS / FRENCH ARMY

上品な印象の色味や着丈だけに、やや野暮ったくコーディネーしてもバランス良くまとまります。

こちらのコートも、残り1着なので是非お早めにご覧ください。

L1007365

FOX BROTHERS & CO TAILOR 3BUTTON JACKET 
COLOR / GREY
SIZE / S
PRICE / ¥128,000-+TAX

IMG_7502

このジャケットは英・FOXBROTHERS & COのホップサックを採用した1枚。

S.E.H KELLYがサヴィルロウで修行していた背景ありき、まさにブランドの長所が秀でたアイテムだと感じます。

1930年代のテーラードジャケットからインスパイアされた1枚は、シンプルでありながら非常に綺麗な1枚。

「仕立ての良さ」に関しては唯一無二レベルの縫製技術をもつS.E.H KELLYが作るテーラード・ジャケットは、一生モノとなること間違いありません。

L1007430

CAP / JAMES LOCK 
SHIRT / VINTAGE
SCARF / BONCOURA BY DRAKE’S

ネクタイをしなくても十分に引き締まるジャケットなので、ジーンズにスカーフくらいラフに着こなすのもオススメです。

S.E.H KELLYのジャケットは、長く着ていく中でその仕立ての良さが肌に沁みて分かると、長年着られている方は良く仰ります。

こちらも残り1点のみです。。

何年もの間、「S.E.H KELLY」をお客様にお伝えして参りましたが、この先いつの入荷になるかわからない状況です。

現状ARCHにある商品も残り僅かなので、お好きな方はこの機会に是非ご来店下さいませ。

ARCH 近谷

S.E.H KELLY / HEAVY LINEN Vol.2

2018.03.6 Tuesday 12:01:09| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

昨日のブログに引き続き、S.E.H KELLY のリネンアイテムを紹介します。

イギリスのワークウェアーに多く見られる立ち襟、所謂スタンドカラーのワークジャケット。

BRITISH RAILWAY(鉄道員)やROYAL NAVY(イギリス海軍)の作業用として使われていた事でも知られる、イギリスの伝統的な形だと思います。

アメリカでいうデニムのカバーオール的な…イギリスでは極当たり前の形であり当たり前に必要な道具だったのではないでしょうか。

スクリーンショット 2018-03-05 20.14.02 BRITISH VINTAGE WORK WEAR

伝統的なスタイルを、S.E.H KELLTの技術が加わり生まれたWORK JACKETは、僕らが今季特にお勧めしたい1着です。

_DSC3159COLOR MOSS
SIZE S / M / L
PRICEC ¥98,000+TAX

_DSC3160
_DSC3163

BURLAP LINENと呼ばれ肉厚なリネンは、ネップ感とコシのある重厚な素材感が魅力です。

実際に触ってみると、リネンとは思えない程の重厚感に驚くと思います。

_DSC3216

_DSC3220
洗いをかけられたリネンは、柔らかく実際に着用するととても気心地が良いです。
ファッションではない、リアルなワークウェアーもしくは作業の際に使われる工業品のような…圧倒的な存在感がこの生地にはあります。

_DSC3270
イギリス、サヴィル・ロウで培われたS.E.H KELLYの技術が落とし込まれたワークジャケットは、品があり無骨な印象を感じさせません。

ですが、実際に着用していく事を考慮した細部への配慮は、ワークウェアーが持つ機能美を感じます。

大きく付けられたポケットも含めて、合計5つものポケットが装備されています。
バックを持って街を出る事なく、自転所や車など小さな荷物ならこのジャケット一つで十分です。

【FILED SHIRT】
_DSC3171COLOR MOSS
SIZE S
PRICE ¥88,000+TAX

_DSC3180
_DSC3178
こちらは、2つの異なるリネンをコンビネーションで構成した1着。

先程のワークジャケットに使われているBURLAP LINENとWORKING LINENを組み合わせています。

シャツというよりは、ジャケットに近い感覚で着れるアイテムは、この春夏にはもってこいだと思います。

両胸に配置されたポケットが、ミリタリーの色を醸し出し、オリーブの色味もまた無骨な印象を与えてくれます。

是非、実際に店頭にてご覧になってみて欲しいコレクションです。

ARCH 宅見

S.E.H KELLY / HEAVY LINEN Vol.1

2018.03.4 Sunday 20:11:29| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

今季のS.E.H KELLYのコレクションは、肉厚なリネン生地を用いたアイテムが揃います。

”NORTHERN IRISH LINEN”

北アイルランド地方で織られる伝統的な生地。

ツイードやリネンを手織りで作り出す古き良き伝統がそこには残っています。

家族経営で素材を生産している小さなファクトリーに生産を依頼する背景にこそ、S.E.H KELLYの魅力と拘りが詰まっています。

linen-weaver-outer-hebrides-scotland-4
linen-weaver-outer-hebrides-scotland-8s
今回のアイテムに使われているリネン全てに共通しているのが、”ヘビーな肉厚な生地感”。

1900年代初頭のミリタリーウェアーに良く使われていた重厚なリネンを彷彿とさせます。
リネンとは思えない程の肉感にヴィンテージ同様のオーラを感じてなりません。

PINPOINT LINENと呼ばれる素材は、異なる3つの細い糸を拠る事でまだらな模様の様な雰囲気になっています。

【PINPOINT LINEN RAGLAN SHIRT】
_DSC3201COLOR MOSS
SIZE S / M / L
PRICE ¥48,000+TAX

_DSC3213
_DSC3206

定番のラグランスリーブシャツは、S.E.H KELLYの代表作の一つでしょう。

ラウンドカラーの襟元と、途中から比翼になっている前たてのディテールが特徴的です。

_DSC3316

シャツとして着れるのは勿論、前たてを開けてジャケットの様に羽織として着てもサマになります。
タックアウトを前提としている丈の長さが絶妙です。

【PINPOINT LINEN 2BUTTON JACKET】

_DSC3186COLOR MOSS
SIZE S / M
PRICE ¥88,000+TAX

_DSC3196

サイドベンツの仕様がなんとも英国らしい1着。

ドレスジャケットの上品さと、無骨な素材感がやりすぎていない丁度良い塩梅に仕上がっています。


_DSC3188

_DSC3198

綺麗なシルエットとは裏腹に、水を通して着倒せる素材でもあります。
着用と洗いを繰り返して、シワが入り色が抜けてくるのも楽しみの一つだと思います。

_DSC3308
カットソー等のラフなインナーにもハマるのは、この素材だからこそではないでしょうか。
ジーンズにクルーネックのカットソー等で、軽快に春夏は過ごしたいですね。

【PINPOINT LINEN PROPER】
_DSC3301COLOR MOSS
SIZE XS / S / M
PRICE ¥58,000+TAX

S.E.H KELLYの解釈で生まれたワークパンツは、程よい太さがあるシルエットが特徴的です。

裾にかけて微妙にテーパードしているので、ラフ過ぎず綺麗すぎず、心地よい履き心地を生み出します。

先程のジャケットとセットアップで着用しても面白いと思います。

_DSC3300
明日のブログでも “HEAVY LINEN”のアイテムを紹介します。

素材感がまた違ったアイテムですので、楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

S.E.H KELLY SOMERSET COVER CLOTH TOP COAT

2017.12.26 Tuesday 22:11:06| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

900d543b893f4c8b6f9ac90483aefd03

TOP COAT・所謂カバートコートと呼ばれるアウターは、1890年代後半に乗馬用のコートとして作られたと言われています。

当時の英国紳士のクローゼットには欠かせないであろうこのコート。
チェスターフィールドコートやトレンチコートとは、また違った種のこのコートは着丈が膝上くらいの短めの設計になっています。

乗馬やハンティング時に着用する事を想定し、生地は簡単に消耗しない強度の高い物が使われていました。
当時最も最適だった生地が、COVERT CLOTHでありその名が付いた由来でもあります。

ウール生地を高密度に織り込んだ生地は、縦糸と横糸に異なる糸を用いる事で杢のような独特の風合いになっています。
多少の防水があるのもこの素材の特徴であり、イギリスの土地柄を考えたものと言えるでしょう。

イギリスの伝統的なコートを、S.E.H KELLYの解釈を加えて生まれたコートは、クラシックな佇まいの中にモダンな雰囲気も感じる1着に仕上がっています。

 

【TOP COAT】
スクリーンショット 2017-12-26 19.44.33COLOR GREY
SIZE S / M / L
PRICE ¥188,000+TAX

ダブルブレスレッドのディテールやポケットの配置、着丈の長さは当時のディテールそのままに。
スピリットラグランスリーブの仕様は、より肩周りの動きを楽にしてくれます。

_DSC2363
_DSC2366

_DSC2291
一見シャープな印象のあるカバートコートですが、S.E.H KELLYのパターンの良さが相まって、ジャケット等の厚手のインナーも着用可能です。

IMG_0251

そして、撥水性のある生地もこの素材ならでは。
現在、最新のハイテク素材がある中で、クラシックなカバートクロスを纏う事にとても意味があると思います。

_DSC2352
上質な素材とクラシックなスタイルを纏いながら、様々な場面で愛用する…
想像しただけで、気分が上がる事は間違いありませんし、少し背伸びした気分にもなれそうな落ち着いた雰囲気にも惹かれてしまいます。

個人的に展示会の時に見た瞬間に一目惚れしたコートです。

是非店頭にてご覧になってみてください。

ARCH 宅見

<<年末年始の営業時間のお知らせ。>>
2017 / 12 / 27 (水)〜29 (金) 12:00〜21:00
2017 / 12 / 30 (土) 12:00〜19:00
2017 / 12 / 31 (日) 休業日
2018 / 1 / 1 (月) 休業日
1 / 2 (火) 11:00~18:00
1 / 3 (水) 11:00~18:00
1 / 4 (木)〜 通常営業(12:00~21:00)

2017AW Recommend Item~阿部編

2017.12.22 Friday 17:57:20| Author:admin| Categories:FRANK LEDER,Jamieson's,MOJITO,My Vintage,S.E.H KELLY,Style,THE INOUE BROTHERS,Vintage,未分類

今回、僕のRecommendでは日々愛用している『FRENCH ARMY M-47 PANTS』に合わせた Styleをご紹介させて頂きたいと思います。

DSC0421-264x400⑴FRENCH ARMY M-47 PANTS
PRICE ¥15,000~20,000+TAX

⑵S.E.H KELLY  DONKEY COAT & THE INOUE BROTHERS WAFFLE KNIT

_DSC2228

無骨なドンキージャケットを上質なファブリック、英•FOX BROTHERS社のフランネル生地で作り上げたS.E.H.KELLYのジャケット。
ウールの消耗を防ぐ為に、肩周りには強度の高いキャンバス生地を使っています。

一見カジュアルなアイテムではありますが品のある生地感が相まってクラシックな一着。

_DSC2231

合わせるワッフルも上質なINOUE BROTHERSのBABY ALPACAを使ったニットで。

フォルムや色味はもちろんですが、素材感の合わせもすごく大切にしています。

⑶FRANK LERDER LODEN CLOTH JACKET&JAMIESON’S KNIT

_DSC2243

ローデンクロスとはオーストリアのチロル地方に産する厚地の紡毛織物で油脂分の残った糸を使うのでかなり撥水性があり、外のコンディションに関わらずタフに愛用出来る汎用性もある一枚。

そんなジャケットのインナーにはJAMIESON’S の3PLYのニット。

M−47 PANTSと1トーンでコーディネートするのも僕は好きです。 

⑷MOJITO 別注AL’S COAT&SHETLAND SWEATER

_DSC2262

最後にご紹介させて頂くのは今シーズンのMOJITOに別注で製作して頂いた”AL’S COAT”。

_DSC2265

今回のAL’S COATは、CRAZY PATTERN HARRIS TWEEDのLININGを装備した寒い北海道の地で理に適った別注アウター。

ピーチフェイスで撥水性もあり、この冬活躍しています。

前を閉めるとかなりシックな印象ですが、前を開けROSE BUDの綺麗な色味のシェットランドセーターで抜け感を出してあげるのが今のオススメです。

 

Arch阿部

 

2017AW Recommend Item~近谷編 

2017.12.20 Wednesday 15:15:49| Author:admin| Categories:BONCOURA,MOJITO,S.E.H KELLY,Style,Vintage

先日の宅見オススメアイテムに続き、本日は僕近谷が選んだ17AW商品をご紹介致します。

(1)BONCOURA DUFFLE COAT&3B Tairoled JACKET
2017-12-10 13.44.39

僕のまだまだ浅い経験上ですが色々とジャケットを着用して来て、ここまで自分の体格にフィットするものは出会わなかった気がします。

BLOGや店頭ではしつこいくらいにご紹介させて頂きましたが、芯から体に馴染む感覚は唯一無二。

本来少し背筋を伸ばす際に着用するアイテムでありながら日常的に手が伸びるのは嬉しい所ではないでしょうか?

宅見が紹介したKENNETH FIELDも勿論オススメですが、BONCOURAのテーラードジャケットも非常にプッシュしたいアイテムです。

BONCOURAのダッフルコートは1枚地で中に着込む事が出来、加えてアメリカものからインスパイアされたこのコートは男心をくすぐります。
カシミア混のウール素材はハリコシが有り、やや上品な印象に映るので無骨なコーディネートにもオススメです。

(2)FRENCH MOLSKIN WORK JACKET
2017-12-19 16.40.15

やはり日々コーディネートを組む中で欠かせないのがVINTAGEアイテムです。

古着にしかないスパイス、雰囲気、時代背景、ヨーロッパものは特にそうですが当時ならではの物作りの緻密さで、コーディネートに1点は取り入れたい存在です。

見た目のインパクトも勿論惹かれる所ではありますが、これが作業着だったという背景や何十年も前の洋服が形を残して現世に残っているという所にも価値を見出してしまいます。

僕らにとってFRENCH VINTAGEは切っても切り離せない存在であることは間違いありません。

(3)S.E.H KELLY TRENCH COAT (4)BONCOURA SHAUL COLLER CARDIGAN
2017-12-17 12.54.44

S.E.H KELLYのベンタイルを採用したトレンチコートは非常に汎用性の高いアイテム。

ベージュのトレンチコートはピーコート同様男の憧れ的な位置付けに値し、着ているだけで気分が上がるアイテムです。

中に着込む事を前提としたサイズ感と、S.E.H KELLY特有の仕立ての上手さが際立つ、一生モノのコートになる事間違いなしです。

BONCOURAのショールカラーカーディガンは最近ご紹介させて頂きましたがオリジナルから作り込まれた素材と、スタイルを感じるアイテムです。

アウターの中にも潜める事が出来るのでこの季節から、春先、秋にかけて活躍します。
何より永く着用していく事で、物造りの良さを体感していただける2アイテムです。

(5)MOJITO KETCHUM COAT BAR.2.0
スクリーンショット 2017-12-20 14.43.18
2017-12-17 13.18.47

MOJITOから今季リリースされているKETCHUM COATはなんとも贅沢な1枚。

[スイスローデン]を採用しているこのコートは、上品な色合いと男臭い雰囲気が漂います。

背中部分のかなり深い位置から施されたプリーツは綺麗なAラインシルエットを生み出し、可動域も大きく増大させてくれる嬉しいディテール。

襟を立てると鮮やかなNAVYが覗き、冬に色味が重たくなりがちなコーディネートに粋なエッセンスを加えてくれます。

個人的にはFRENCH ARMY M-47PANTSにサラッと合わせるのが好みです。

今季のアウター、ジャケット、ニット類はまだまだご紹介仕切れません、、、笑
実際に購入したアイテムで、ご紹介したいアイテムはまだまだ御座います。

2017年最後の買い納めをしに、是非ARCHにいらしてください。

Arch 近谷

S.E.H KELLY 2017AW

2017.09.4 Monday 15:14:31| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

イギリスよりS.E.H KELLYの秋冬の第1便が届きました。

_DSC0561
一貫したブリティッシュメイドに拘った洋服は、イギリスの伝統と気品さを感じるものが揃います。

今季、僕らが特にお勧めしたい素材が2つあります。

“DONEGAL TWEED”  “WOOL MELTON”

両者共にブリティッシュヴィンテージでも良く目にする素材であり、イングランドを代表するクラシックな素材とも言える2つの素材。

今季 S.E.H KELLYからリリースされたソレは、クラシックな雰囲気を纏いながらもどこか新鮮な印象も与えてくれます。

_DSC0542
_DSC0546
woollen-mill-county-donegal-ireland-makers-31s
_DSC0568
_DSC0564
_DSC0549
_DSC0537
heavy-woollens-mill-7
イングランドメイドの拘り抜かれた生地も魅力の1つですが、何よりも着る人の身体に綺麗にフィットするパターンとシンプルなデザインがS.E.H KELLYの魅力だと思います。

魅せる洋服ではなく、着る人のライフスタイルをも想定して作られた機能的な作りと経年美化が期待出来る生地。

イギリスのワークウェアーという無骨なデザインを、仕立ての良さと生地の上品さでモダンなものへと昇華した洋服。

それこそが S.E.H KELLYの洋服の凄さだと思います。

“WOOL MELTON”を使ったコートやニット類は、第2便で入荷する予定ですが、先ずは店頭にてご覧になってみてください。

詳細は後日ブログにて紹介しています。

ARCH 宅見

S.E.H KELLY / FLIGHT JACKET , BALMACAAN

2017.03.6 Monday 21:24:34| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

「VENTILE CLOTH」とは、1930年代の戦争の際にNorth Sea(北海)で飛行機が海へ落ちる事が多く、その海の冷たさにより多くの軍人が急死していました。

国は、ROYAL AIR FORCE(英国空軍)の為に巨額の国家予算を投じて研究をし、開発されたのが「VENTILE CLOTH」。

以来、海に落ちた際の生存率が80%以上も上がったという逸話があります。

VENTILE CLOTHを織るときに使用するコットンは世界の綿収穫量の2%のみしか採る事が出来ません。

そしてその貴重なコットンを超高密度に織る為、今日でも少し高価な生地として存在しています。

そんなファブリックを使用したアウターが今年もS.E.H KELLYからリリースされています。

「VENTILE FLIGHTWEIGHT FLIGHT JACKET」
_DSC2404Color / COSMOS
SIZE / S/ M / L
MATERIAL / VENTILE FLIGHTWEIGHT
Price ¥88,000- +tax

今シーズンが初めてのリリースとなる「FLIGHT JACKET」は型だけではなく、生地も一般的なVentileとは一味違います。

「VENTILE FLIGHT WEIGHT」と名づけられた生地はとても軽く、薄めの生地感。

しかし、撥水性と防風性能は従来通りの機能を引き継いでいます。

デザインはS.E.H KELLYでは珍しく、ミリタリー物をベースに製作。

ROYAL AIR FORCE (英国空軍)に支給されていたフライトジャケットを彷彿させるデザインは無骨なミリタリー物の中にも腕の作りやボタン、生地にS.E.H KELLYらしさを感じます。

_DSC2410

 

_DSC2406

インセットとラグランスリーブの長所を融合させ、一枚の生地で仕立てられたサドルショルダーは一見シングルラグランかと思ってしまうほど高度な技術で作られたディテール。

_DSC2450

フロント、袖共に雰囲気のあるホーンボタンを使用。天然素材なだけにエイジングにも期待出来そうです。

_DSC2407

裾のプリーツが入る事でシェイプを効かせ、よりブルゾンらしいデザインになっています。

「VENTURE FLIGHTWEIGHT BALMACAAN」
_DSC2421COLOR / BARLEY
SIZE / S / M
MATERIAL / VENTILE FLIGHTWEIGHT
PRICE / 138,000- +tax

「FLIGHT JACKET」と同じ生地(Ventile Flight Weight)を使用した「BALMACAAN COAT」も今季おすすめの春コートです。

誰もが一度は憧れるベージュのコートは定番アイテムなだけに理想の一着を見つけるのは意外と難しいと思います。
僕もその一人です。

今季、S.E.H KELLYからリリースされた「BALMACAAN COAT」はデザイン、ディテール共に理想の一着と言っても過言ではないと思います。

_DSC2439

まず、僕達の一番の着目点はシングルラグランスリーブ。

VintageのBurberry’sを探す際も先ずこのディテールの物がないか探す位今では貴重なティテールです。

襟は立てて前で止める事も出来る為、防風面でも期待出来ます。


_DSC2449

貫通式のポケットもVintageのモノによく用いられているトラディショナルな仕様。
ただし、内側のポケットにはフラップを付け、手帳やお財布をスッポリと入れる事が出来るよう大き目に設計されていて、手ぶらで出かける事も出きそうです。

_DSC2471

「FLIGHT JACKET」同様に撥水性も申し分なしです。

_DSC2426

そろそろ春物のアウターを探し始めた方も多いのではないでしょうか?

今回、ご紹介させて頂いた二つのアイテムはシンプルなデザインなだけに長く着用する事が出来るアイテムだと思います。

「デザインは至ってシンプルだけれど、機能的」S.E.H KELLYはそんなブランドだと僕は感じています。

まずは、実際に手に取って頂きたいアイテムです。

 

Arch 松本