Blog from ArchStyle » S.E.H KELLY|archstyle|Arch アーチ

S.E.H KELLY / TOP COAT

2017.01.18 Wednesday 22:53:05| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

昨年ご紹介させて頂いたS.E.H KELLY / MOLESKIN WORK JACKETで使用されていたLANCASTRIAN HEAVY MOLESKIN(ランカストリアン・ヘビーモールスキン)。

実は同素材でもう一型リリースしております。

_DSC0387

Color CLAY
Material LANCASTRIAN HEAVY MOLESKIN
Size XS / S / M / L
Price ¥128,000+tax

それが新型の”TOP COAT”。

ダブルブレステッドのデザインが特徴的なTOP COATは素材、縫製まですべてMADE IN ENGLANDに拘るS.E.H KELLYらしい一着だと思います。

毛足の長いイングリッシュモールスキンは着用前から柔らかく、肌触りの良さが特徴的。馴染んだ時の経年変化も期待出来そうです。

_DSC0389

_DSC0394

袖の仕様はフロント が セットインスリーブ で、背面は ラグランスリーブのスプレッドスリーブ。しかし、ただのスプレッドスリーブではなく、アーム下にもう一枚生地を入れ3パネルで作っており、より腕を動かしやすい作りになっております。vintageのコートでもよく見られるクラシックな仕様をS.E.H KELLYらしく=機能的に昇華させています。

_DSC0396

背裏にはMOLESKIN WORK JACKET同様フレークドウールによる仕様。
全体的にザラっとした触り心地ですが、肩周りにしか施されていないため蒸れる心配はありません。

MOLESKIN =秋冬のイメージが強いですが、素材はcotton 100%なのでインナー次第では夏以外の着用も可能です。

_DSC0386
Arch 松本

 

S.E.H KELLY / Somerset Fox Flannel Duffle Coat

2016.12.25 Sunday 19:53:11| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

昨年に続きリリースされている【S.E.H KELLY(エス・イー・エイチ・ケリー)】のダッフルコート。
(諸説あるものの)イギリス発祥のコートとあって、然るべきしてラインナップされている1着だと思います。

duffle-coat-camel-wool-worn-1
当然の事ながらそんな着眼点が【S.E.H KELLY】の魅力なんですが、素材やディテール面に注目して行くと、より一層このダッフコートの魅力を感じてもらえるはずです。

_DSC2038 のコピーColor SAND
Size XS / S / M / L
Material
Price ¥168,000- +tax

背景的な部分で探って行くと、ベージュないしはネイビーがイメージにあると思います。
中でもベージュはイギリス海軍を連想させる定番的なカラーです。

素材には、英・FOX BROTHERS社のメルトン生地。
目の詰まった重厚なイメージのメルトン素材ですが、一般的なソレとは違った軽やかさも備えた一級品の生地感を味わえます。

_DSC0001 のコピー

樽型のトグルを留めるロープ状の麻も直球のディテール。
そんなトグルは、ホーン素材を手作業により樽型に象っています(本来ならば、樽型トグルは木製が一般的)。

_DSC2054 のコピー

低めに位置したヨークは、さり気ないデザインの1つです。

_DSC0016 のコピー

前方はセットインスリーブ、後方はラグランスリーブ(スプリット型)の仕様で、動きやすさを重視しています。

_DSC0023 のコピー

被りやすく、且つ視界を確保出来る様に設計されたフードは実用的な設計。

ベーシックな装いはそのままに、さり気なくも機能性に優れたディテールを上手に取り入れた1着、ダッフルコートの根本的な部分を捉えつつ、素材やディテール面で【S.E.H KELLY】のエッセンスを見事に表現しています。

Arch 吉田

<<年末年始の営業時間のお知らせ。>>
2016 / 12 / 26 (月)〜29 (木) 12:00〜21:00
2016 / 12 / 30 (金) 12:00〜19:00
2016 / 12 / 31 (土) 休業日
2017 / 1 / 1 (日) 休業日
1 / 2 (月) 11:00~18:00
1 / 3 (火) 11:00~18:00
1 / 4 (水)〜 通常営業(12:00~21:00)

S.E.H KELLY / TRENCH COAT

2016.11.4 Friday 15:37:24| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

【S.E.H KELLY(エス・イー・エイチ・ケリー)】のトレンチコートは、このブランドにおける定番アイテムになりつつあります。

今シーズン用いられる素材は、ミッドウェイトのメルトン生地。
一般的なメルトンとは異なり、柔らかく手触りの良い素材で、とても着易い印象の1着に仕上っています。

_DSC0663Color DRAB
Material WEST YORKSHIRE MERINO MELTON
Size S / M
Price ¥168,000-+tax

【S.E.H KELLY】が、トレンチコート専門の職人と組んで作り上げるこのコートは、いわゆる「1枚袖」と言われるディテールが特徴の1つ。

作業工程が難しいとされるこのディテールは、現在では80歳近くになるパターンカッター(Burberrys’やAquascutumのトレンチコートを手掛けてきた職人)を現役復帰させて手掛けているもので、本来のトレンチコートが持つディテールを見事に踏襲しています。

_DSC0652

とは言え、単に”そのまま”作り上げられている訳ではありません。

【S.E.H KELLY】らしいエッセンスが素材やディテールとして加わって程よくアップデートされている点で、トレンチコート特有の”取れ入れにくさ”を感じないと思います。

_DSC0645
(腰の)ベルトの使い方で様々な着こなしが出来るのもトレンチコートの魅力の1つ。

無造作に縛るも良し、何もせずに垂らしても(もしくはポケットにしまっても)良し。

_DSC0655
素材・パターンともに自国イギリスのトラディショナルな部分を芯に持ちつつも、シーズン毎に修正点を加える姿勢は、このブランドの評価すべき点です。

今シーズンは、ベルトの長短が背面で調整出来る様にアップデートされています。

_DSC0649
既にトレンチコート馴れしている方は勿論ですが、トレンチコートデビューを目指す(?)方にもオススメの1着。

トラディショナルな部分をしっかりと抑えつつも、かしこまらずに着れるのも何よりの魅力だと思います。

Arch 吉田

S.E.H KELLY / GRANDAD SHIRT

2016.09.14 Wednesday 07:28:34| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

少し肌寒さが気になってくる季節、羽織物としても使えるシャツは重宝します。

【S.E.H KELLY(エス・イー・エイチ・ケリー)】より毎秋冬リリースされているコーデュロイシャツもその1つ。

前述の通り使い勝手はもちろん、このブランドの雰囲気を十分に楽しめる1枚です。

_DSC0454Color GREY
Material LANCASTRIAN LIGHT WEIGHT CORDUROY
Size XS / S / M / L
Price ¥39,000-+tax

そもそもコーデュロイ素材のシャツ自体、あまり見掛ける事が無いかも知れません。

【S.E.H KELLY】で用いられるのは、イギリス北部のランカシャー地方で織られたライトウェイト・コーデュロイ。
シャツに用いられているだけに、まさに”ちょうど良い”具合のコーデュロイです。

ちょっとマニアックな話、畝の向きを見た時に本質が見られると思います。

_DSC0487
シーズン毎に展開モデルやカラーが変わりますが、今年はスタンドカラータイプの「GRANDAD」を初展開。

このブランドのアイコンであるホーンボタンに深みが出てくると、より一層の雰囲気が出る事は間違いありません。

_DSC0433
先日もお伝えした様に、【S.E.H KELLY】のシャツ自体は微妙にアップデートし続けています。

この細やかさもまた、コーディネートの幅を広げてくれるはず。

_DSC0483
背中と肘に入ったダーツ、程よい着丈の長さとスリット、個人的には剣ボロ(袖先の切り込み)の深さが、とても好みです。

_DSC0438
“シャツ”と言う概念にとらわれず、よりジャケットやカーディガンの様な感覚で羽織ってみても良いのでは?

Arch 吉田

S.E.H KELLY / MOLESKIN WORK JACKET

2016.09.3 Saturday 20:40:40| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

先日お伝えしたケリーカラーシャツに引き続き、【S.E.H KELLY(エス・イー・エイチ・ケリー)】の新作が入荷しております。

中でもモールスキン素材のアイテムは、昨年に引き続きお勧めの1つ。

LANCASTRIAN HEAVY MOLESKIN(ランカストリアン・ヘビーモールスキン)は、その名の通りランカシャー地方で織られたもの。
いわゆる「イングリッシュ・モールスキン」です。

_DSC1903Color CLAY
Material LANCASTRIAN HEAVY MOLESKIN
Size XS / S / M
Price ¥88,000-+tax

「ワークジャケット」のリリースは、【S.E.H KELLY】としては珍しいかも知れませんが、決して野暮ったさはありません。

(実は春に初めてリリースされたものの、このブログでご紹介する前に完売してしまいました。)
2回目のリリースとなる今回も、型・素材・ディテールと、【S.E.H KELLY】のエッセンスがふんだんに含まれた1着に仕上っています。

_DSC1906
スタンドカラーと呼ぶべきか、細かくステッチが施された小ぶりの襟が特徴的。

同じくカフスの形状も含めて、シンプルなデザインの中にもしっかりとアイデンティティが詰まっているのが【S.E.H KELLY】の魅力です。

_DSC1907
腰部分を覆う様に施されたポケットは容量が大きく、収納力があります。

前面には胸ポケが1つ、内ポケットは左右に2つと、シンプルな見た目の中にも機能性を充たしたジャケットなので、財布や携帯、鍵くらいの荷物なら手ぶらで十分だと思います。

_DSC1914
どのアイテムにも共通しているパーツですが、オリジナルのホーンボタンはいつも魅力を感じます。
このジャケットに関しては、力ボタンまでもがホーンボタンです。

_DSC1916

肩周りに施された裏地には、メリノウールを使用したフレークドウールを用いています。

正直なところ着用時には見えない部分なんですが、この素材の組み合わせもまた、非常に魅力的ではないでしょうか?

今シーズンの【S.E.H KELLY】は、全アイテムが出揃いました。
是非、お早めにご覧下さい!

Arch 吉田

S.E.H KELLY / KELLY-COLLAR SHIRT

2016.08.29 Monday 19:59:36| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

_DSC3560
【S.E.H KELLY(エス・イー・エイチ・ケリー)】のアイコンとも言うべきアイテムの1つ、KELLY-COLLAR SHIRT(ケリーカラーシャツ)が入荷しました。

_DSC3597
小ぶりなタブカラーが特徴のKELLY-COLLAR SHIRT。

シーズン毎に様々なタイプがリリースされていますが、ここ数シーズン、季節を問わずリリースされている”デザートコットン”は、1950年代の英国軍部隊・デザートラッツ(通称:砂漠のネズミ部隊)で用いられていた素材がベース。

コットン・リネンによるドライな質感こそ”デザートコットン”と呼ばれる由来です。

_DSC3546Color ECRU
Material  LANCASTRIAN DESERT COTTON
Size XS / S / M / L
Price ¥39,000-+tax

素材の由来から無骨な印象も受けますが、比較的すぐに馴染みます。

なにより生地の表面に凹凸が出て表情が豊かになる1枚です。

_DSC3554
全体的に程よいシルエットに定評のある【S.E.H KELLY】のシャツ。

背面をよく見ると、ボディにダーツが入っているのも特徴の1つ。
同じく肘部分にもダーツを入れる事で、着心地の良さを意識した作りになっています。

_DSC3550
実は前回から微妙なアップデートを加わっていたのに皆さんお気付きでしたでしょうか?

少し長くなった着丈の長さは、タックインでの着用も考慮して。
とは言え、相変わらずタックアウトでの着方を容易にしてくれる設計は、このシャツが人気の理由の1つです。

ベースとなる部分の軸はぶらさずに少しづつアップデートする姿勢は評価に値すると思います。
今回もまた微妙な変化が起きていますので、是非見つけてみて下さい(笑)。

_DSC3592
季節柄、そして何よりディテールを楽しむ意味でも、今季はタイドアップでの着こなしもオススメです。

Arch 吉田

S.E.H KELLY / British Ventile Car Coat

2016.03.28 Monday 23:09:22| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

_DSC0811
【S.E.H KELLY(エス・イー・エイチ・ケリー)】を代表するアイテムの1つ、ブリティッシュ・ベンタイルを用いたコートが入荷しました。

_DSC0858Color STONE
Size XS / S / M / L
Price ¥138,000-+tax

この手の英国産のコート、特に春に限っては、間違い無くこのストーンがイメージとしてぴったりくると思います。

憧れの強い類のアイテムなんですが、意外と理想の1着が見つかりにくい…なんてのも事実ではないでしょうか。

_DSC0786
【S.E.H KELLY】の特徴でもある自国の素材による自国生産と言う拘りは、見た目と言うよりも着用を経て実感する部分です。

定番的にリリースされているアウター類に用いられるベンタイル素材は、英・ベンタイル社によるもの。
この素材の魅力は、何と言っても撥水性です。

ボタンはお馴染みのホーンボタン。
天然素材から作られる物だからこそ1つ1つの雰囲気が異なり、色の変化、深みが見られます。

_DSC0780
僕達として1番の着目点は、肩の”1枚袖”によるラグランスリーブ。

新品、ヴィンテージ問わずに今までも口酸っぱくお話してきましたが(笑)、このディテールを本場とも言えるブランドが理解しているのは、とても重要だと思います。

_DSC0808
トラディショナルな部分に固執せず、【S.E.H KELLY】らしいディテールを嫌味なく取り入れている点も、このブランドの評価すべき点と言えます。

切り替えしがフラップの役目を果たしたポケットはサイド(ポケット)との2Way仕様です。
コート1枚で手ぶらで外に出られる感じもまた良し◎

_DSC0828
無理なく重ね着が楽しめる設計もまた、このコートを春・秋・冬と3シーズン活躍するアイテムである事を物語っています。

個人的には、先日ご紹介したミリタリージャケットなんかとのレイヤリングがオススメです。

Arch 吉田

S.E.H KELLY / LANCASTRIAN HEAVY COTTON TWILL

2016.03.23 Wednesday 22:19:51| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

IMG_0821

冒頭の写真の1枚は、先日ヨーロッパ買付けでロンドンに行った際に訪れた、【S.E.H KELLY】のアトリエでの1コマ。

デザイナーであるサラ・ケリー氏のパートナーであるポール氏に迎えられ、S.E.H KELLYの物作りの話を直接聞く事が出来ました。

『生地・ボタン、縫製に至るまで全ての事に拘りを持ち、自分達が納得のいく物作りを続けるには、限られたマーケットでなければ展開出来ないし、これからもそのスタイルを変える事はないです』ポール氏談

ポール氏が話していたその言葉が凄く印象的で【S.E.H KELLY】の物作りへの拘りを感じた瞬間でもあり、
全てをメイドインイングランドに拘った、大量生産では成し得ない唯一無二のブランドであると改めて思わされました。

そんな話を聞き、もっと洋服に袖を通してみたいと思った事もあり、今回紹介します”LANCASTRIAN HEAVY COTTON TWILL”を早速購入しました。

【LANCASTRIAN HEAVY COTTON TWILL 】
_DSC0736Color BROWN
Size XS / S / M /L
Price ¥78,000+tax

名前の通り、”LANCASTRIAN”地方で織られたコットン生地を贅沢に使用した1枚。
肉厚なツイル生地は、とても頑丈な素材ですが見た目に反してソフトな肌触りなのも特徴の1つです。

_DSC0826
毛羽立ちのある高密度に織られた生地は、間違い無く経年変化も期待出来ます。
実際に触ってみる事で、その素材感の良さがより実感出来ると思います。

ホーンボタンの雰囲気ともとても相性が良いです。

_DSC0772
_DSC0783
イギリスの伝統的なワークジャケットを彷彿とさせるこちらのジャケット。
随所にS.E.H KELLYのオリジナリティが垣間見えるデザインもまた魅力的な部分です。

特にポケットの機能的なディテールは、軽い外出でしたら鞄を持たなくても良い位だと思います。
中で2つに仕分けられてる上に、携帯電話がすっぽりと収まる小さな内ポケットが付いています。

_DSC0787
_DSC0794
デザインだけでは無く、着る人のライフスタイルまで考え作られたかの様なディテールは、イギリスという土地柄と関係があるかもしれません。

多少の雨でも浸透しないタフな生地や水の浸入を防ぐフラップポケット。
こすれで消耗し易い部分にはパイピングを施し劣化を防ぐなど、随所に機能的な面が備わっています。

それでいて上品な佇まいを感じるのには、素材の持つ美しさと立体裁断からくる綺麗なシルエットが大きく影響していると思います。

_DSC0750HAT  JAMES LOCK
SHIRT  US NAVY
CARDIGAN  JOHN SMEDLEY
BOTTOMS  FRENCH VINTAGE
SHOES  ALDEN

イギリス物との相性は言うまでもありませんが、個人的にはアメリカ物のミリタリー物やフレンチのヴィンテージと合わせるのが好みです。

イギリスから見たアメリカのカルチャー…そんな想像をしながらコーディネートを組んでも面白いと思います。

実は、ベンタイルシリーズと同様にS.E.H KELLYでは定番のジャケットでもあります。
是非店頭にてご覧になってみて下さい。

ARCH  宅見