Blog from ArchStyle » SANDERS|archstyle|Arch アーチ

SANDERS / Royal Navy White Canvas Shoes

2012.05.17 Thursday 20:46:45| Author:admin| Categories:SANDERS

本日は、僕(岩谷)がこの夏にオススメしたい、SANDERSをご紹介します。

MODEL : ROYAL NAVY WHITE CANVAS SHOE
SIZE     7 / 7H / 8
PEICE ¥29,400-

こちらは前回ご紹介したモデル同様、”Military Collection”からリリースされた1足。

前シーズンまでは、レディースサイズのみ展開されていたモデルの為、メンズサイズを心待ちにされていた方も多いのではないでしょうか。

外羽根のオックスフォードに、白のキャンバスはミリタリーがルーツなだけに、無骨さと上品さの両方を兼備えた印象です。


当時、実際に軍に官給されていた物は、ラバーソールの仕様が多く、少し野暮ったいイメージがあるのですが、こちらのモデルに関してはレザーソールなのでより上品なスタイルにも合わせ易くなっております。

もちろんグッドイヤー製法で仕上げているので、消耗時にはオールソール(貼り変え)も可能。

白の短靴と言えば、スウェードや、カーフレザーのタイプは様々なブランドからリリースされいますが、キャンバスに至ってはあまり目にする機会が無いのも事実。

個人的には他の素材の白と比べても、やはりキャンバス素材だけに感じられる、潔さや清楚な雰囲気は夏のマストアイテムだと思います。

コーディーネートに関しても少し難しい印象があるかもしれませんが、僕はあえて色の落ちたデニム等、味のあるアイテムに合わせる事によって、気恥ずかしさも軽減されるので、お勧めです。

白のシューズが前から気になっていた!なんて方はこの夏こそいかがでしょうか?

ARCH 岩谷

 

SANDERS / Military New Apron Derby

2011.12.21 Wednesday 01:17:41| Author:admin| Categories:SANDERS

本日は、[ SANDERS ]社の中でも、”Military Collection” に属する1足をご紹介します。

MODEL : Military New Apron Derby
MATERIAL: CALF LEATHER
COLOR  BURGUNDY
SIZE     8 / 8H / 9
PEICE ¥35,700-

外羽根にUチップと潔い佇まいが印象的なダービーシューズ。

こちらのモデルは実際に20年ほど前まで、英国国坊省(MOD)に採用されていた物を、このコレクションの為に特別に復刻した1足です。

近年では、ヴィンテージ市場でも英国軍に官給されていたモデルは、高値で取引されており、その背景からもこの[SANDERS]社のクオリティの高さが伺えます。


アッパーのレザーには、英国軍納入実績のあるポリッシュ加工されたカーフレザーを使用する事で、やや細めのトゥに相性が良く、スタイリッシュな雰囲気です。

インソールに刻印されたロゴも、当時の物を採用、デザイン面においても抜かりはありません。(このロゴをヴィンテージアイテムで見かけたことがある方も居るのではないでしょうか?)

ソールには英国靴ではお馴染みDAINITE社が手掛けるラバーソールの通称Dainiteソールを装備。

このDainiteソールは、側面から見たときはレザーソールと変わらない程薄く、無骨さを一切感じさせず、尚且つ雨や雪の上でも滑りにくいのが特徴です。

オーソドックスなレザーシューズなので使い勝手が良く、画像のコーディネートは軍パンにBarbour INTERNATIONALとベターな合わせではありますが、個人的には1番らしさがあって好きな合わせです。

余談ではありますが、最近お客様との話しの中で、「冬に履ける万能な革靴が欲しい!」という声を良く耳にします。
ARCHのラインナップの中では勿論Parabootもその一つとして挙げられるのですが、このSANDERSに関しては、ブリティシュスタイルと言う言葉が後に付いて来る程、スタイルのあるアイテムではないでしょうか。

又、今シーズン革靴を取り入れたいと考えていた方には、コストパフォーマンスに優れた価格ですので是非お勧めです!

ARCH 岩谷

SANDERS 入荷

2009.09.27 Sunday 17:24:36| Author:admin| Categories:IMPORT,SANDERS

sanders005英国ノーザンプトンのSHOE MAKER [sanders]より今季のイメージを象徴する2型が入荷です。

[PUNCHED CAP TOE SHOES]sanders006MATERIAL:SUEDE BROWN
SIZE / 7H / 8 / 8H / 9
PEICE ¥46,200-sanders007外羽根のパンチドキャップトゥにコマンドソールを装着した一足。
実用的でありながらどことなく上品で男らしい面構えです。sanders008サイドのステッチングにも控えめにブローキングが施されており、
よりカジュアルな印象です。

[PLAYBOY CHUKKA BOOTS]sanders009MATERIAL:SUEDE BROWN
SIZE / 7H / 8 / 8H / 9
PEICE ¥36,750-sanders010こちらは通常のチャッカーブーツとは異なり、クレープソールの周りをラバーで包むマッドガード(泥除け)という製法で作られており、スティーブマックイーンが愛用した型としても有名です。
デニムやチノとの相性も良く、スニーカーのような履き心地の靴です。sanders011上品過ぎないシルエットにも個人的には好感が持てます。

上記の2型は、今シーズン注目のスウェード素材をARCHらしい解釈でPICK UPしました。

そして最後はARCHで継続的に展開している[DERBY BOOTS]です。

[DERBY BOOTS]sanders001MATERIAL : LETHER BLACK
SIZE / 7H / 8 / 8H / 9
PRICE ¥ 48,300-sanders002久しぶりの再入荷になりますが、ベーシックでとてもコンフォータブルな一足です。 こちらに関しては、以前のブログで詳しく書いてあるので、興味のある方はコチラをご覧下さい。

SANDERS
1873年、靴の聖地ノーザンプトンのラシュデンにて設立された名門。 イギリス国防総省(MOD)向けに供給されるレザーシューズ(UK製)のほとんどの生産を請け負っている。
現在は90名以上の職人を抱え、ギーブス&ホークス、マルセル ラサンス、A.P.C.、ラルフ ローレンといった名だたるブランドのOEMを手掛ける実力派メーカー。