Blog from ArchStyle » SEIL MARSCHALL|archstyle|Arch アーチ

My Vinatge ~ Seil Marschall

2017.07.6 Thursday 19:31:01| Author:admin| Categories:My Vintage,SEIL MARSCHALL

本日は、僕宅見が約2年程愛用している”SEIL MARSCHALL”のBACK PACKを紹介します。

_DSC0329
洋服に比べて所有する事の少ないバックというカテゴリーで、ここまで気に入って長く愛用し続けているバックパックは、このSEIL MARSCHALLだけです。

このバックパックを選んだ理由は3つあります。

⑴ レザーとキャンバスのコンビというクラシックなデザインでありながら、カラーがブラックという点。

⑵ 各パーツを修繕しながら使える作りになっている。

⑶ カヌー用という事もあり、悪天候に強い素材+ショルダー部分が安定しており、旅先や自転車に乗るときも非常に楽に持ち運べる。

機能的な作りでクラシックなバックパックに黒が少ないという点が選んだ最大の理由です。

以前も紹介しましたが、毎日の様に使っているのでさらにクタクタになってきました笑

_DSC3122

_DSC3121
_DSC3127
_DSC3132

純正で付いていた紐は切れてしまったので、GUIDI&ROSSELLINIの革紐を代用して使っています。

自分だけの仕様にしていくのも愛着が湧いている理由の1つですね。

IMG_0109
IMG_0098

キャンバス生地も光沢感が出るわけではなく、良い感じでやれてきています。

ボトムレザーが1番変わった所かもしれません。
よりツヤが出て馴染んできた印象です。

【CANON PACK】
IMG_0103COLOR BLACK
PRICE ¥43,000+TAX

毎回入荷時に直ぐに姿を消してしまうのですが、その訳は使っていてとても分ります。

クラシックなデザインとモダンな色味が新鮮であり、機能性にも優れたバックパック。

在りそうで無い。

まさにそんな鞄だと思います。

ARCH 宅見

My Vintage Vol.31

2016.05.15 Sunday 15:01:54| Author:admin| Categories:My Vintage,SEIL MARSCHALL

本日は、僕(宅見)が愛用している【SEIL MARSCHALL 】のバックパックを紹介します。

_DSC1478

洋服程、数を持たないバックだけに、選ぶ時は慎重且つ、数年に1度の割合で購入するかしないかでした。
様々な形のバックを持っている中、黒のバックパックだけはずっと選べずにいたアイテムです。

【SEIL MARSCHALL】のバックを選んだ理由は3つあります。

⑴ 機能的な面も考慮されたクラシックな作りとデザイン+丁度良い容量。

⑵ 撥水性のあるキャンバス生地とボトムレザーの仕様。

⑶ この手のデザインのバックには類を見ないブラックという点。

自分が理想としていたモノが全て合致したのがこのバックパックです。

ほぼ毎日使っているので、既にキャンバス生地とレザーが良い雰囲気になってきました。

_DSC1462宅見 私物

_DSC1442
_DSC1468

_DSC1467

_DSC1261
全体的に柔らかくなりベルト部分も肩に馴染んできました。
自転車等を乗る際も肩から動かずにストレスなく背負えるのも作りの良さを感じる部分です。

_DSC1449左 新品 / 右 私物

_DSC1448

特にレザーのケアはしていませんが、使い込む事で艶が増していきます。

ハイテクな素材ではなく、昔からある素材を用いたクラシックなバックパック。
カーキやブラウンでは無く、ブラックを用いる事で、現代の洋服によりマッチするモノになっています。

カジュアル、はたまたドレスのスタイルに持っていて不自然ではありません。

そんな使い勝手の良さから、毎日合わせる洋服など気にせずに愛用しているんだと思います。

【THE MINI CANOE PACK】
_DSC1270Material CANVAS ×BLACK LEATHER
Color BLACK
PRICE ¥43,000+tax

毎シーズン、入荷の度に直に姿を消してしまうこのバックパック。

是非お早めにご覧になってみて下さい。

ARCH  宅見

SEIL MARSCHALL / PACK BOOTS

2016.01.10 Sunday 21:53:07| Author:admin| Categories:SEIL MARSCHALL

_DSC1198
昨年の夏頃よりアーチで展開している[SEIL MARSCHALL(セイル・マーシャル)]。

これまでカバンをご紹介してきましたので、カバン専門のメーカーと思われている方もいらっしゃると思いますが、実はこんなアイテムも展開しています。

個人的に入荷を心待ちにしていた1つです!

_DSC1189Color OLIVE
Size 42 / 43 / 44 / 45
Price ¥43,000-+tax

_DSC1191Color BROWN
Size 42 / 43 / 44 / 45
Price ¥43,000-+tax

まさに!と言わんばかりの本格的な仕様に、このメーカーの特徴が現れていると思います。

ドイツ国内の自社工場にて、職人の手によりハンドメイドで生産される[SEIL MARSCHALL]の製品。

1世紀以上にわたって専門分野に携わるメーカーだからこそ、実用性に優れ、且つ堅牢な製品を生み出している印象がひしひしと伝わってきます(笑)。

_DSC1209
一見無骨な印象ですが、ボディのキャンバス素材とラバーの相性が良く、足入れがスムーズなのも大きなポイント。

そして僕がこのブーツを初めて目にした時に先ず評価したポイントが、ライニングの部分です。

_DSC1205
ウールフェルト素材のライニングは、ブーツ本体(ふくらはぎから爪先まで)をしっかりカバーしており、とても安心感のある仕様です。
※履き口から足首にかけてのスリットや、かかと部分のレザーパッチによる補強など、気の利いたディテールも好印象。

加えてインソールはボア仕様により、保温性だけではなく、フカフカとした履き心地が堪りません。

_DSC1208
甲からかかとにかけてはラバーでしっかりと覆われています。
ソールとの貼り合わせは、ハンドメイドによるクラフト感が垣間見える部分です。

厚みのあるラバーソールは、足下の冷えを防いでくれると思います。
もちろん冬道での信頼度が高い事は、間違いありません。

_DSC1186
編み上げのシューレースで、ある程度シルエットの自由がききます。
同時に履き口の調整も可能ですので、ブーツインも容易です。

個人的にはツイード素材のボトムスを合わせるのが、好みです。

_DSC1193
軍パンやワークパンツの様な太めのボトムスは、やはりアウトして合わせるのが相性良し。
十分に丈のあるブーツなので、ロールアップの具合を楽しんでも良いのでは?

やはり、ここ北海道や雪の降る地域に住む人だったり、アウトドアを楽しむ方にとって、とても魅力的な1足だと思います。

そして何より、本格的な仕様とトラディショナルな生産背景を持ち合わせながらも、ファッションに落とし込めるデザイン性は唯一無二かも知れません。

Arch 吉田

SEIL MARSCHALL

2015.07.29 Wednesday 22:02:13| Author:admin| Categories:SEIL MARSCHALL

元々、ドイツでロープ専門の工場として始まり、今ではアウトドアには欠かせない鞄、靴、テントなどの様々な物作りをしている【SEIL MARSCHALL】。
以前のブログでも【FRANK LEDER】とのコラボレーションアイテムをご紹介しましたが、今回入荷したのは【SEIL MARCHALL】のオリジナルラインによる物です。

_DSC1391

本格的なアウトドアメーカーらしいギアとしてのデザインや素材が魅力であり、経年変化もまた醍醐味とも言えます。
今回入荷したバックパックとトートバックの2型は、シンプルでありながらもその”らしさ”を十分に感じる事が出来ます。

【THE MINI CANOE PACK】
_DSC1382Material   CANVAS×BLACK LEATHER
Color  BLACK
Price  ¥ 43,000+tax

クラシックなデザインとキャンバスという無骨な生地に、ファッション性の強い色味”ブラック”を落とし込んだ、他には類を見ないバックパックは、モダンな雰囲気に仕上がっています。

_DSC1396
僕自身も”ブラック”のバックパックをずっと探しており、中々これだ!というモノに巡り合わないでいたのですが、この【SEIL MARSCHALL】のバックパックを背負った瞬間、購入を決めました(笑)

その理由として、飽きのこないクラシックなデザインである事と、この手のバックに多く見られるカーキやオリーブでは無く”ブラック”だったという点です。

クラシックなデザインとファッション性の2つが揃ったモノは意外と少ないと思います。

_DSC1419
このデザインとは裏腹に、収納部分が中で2つに分かれているので、日常で使う事を考えると非常に便利なディテールです。
直ぐに取り出したい物を手前側に、手前側の中には内ポケットも付属されています。

_DSC1392
なんといってもボトムレザーの仕様がこのバック最大の特徴です。
長く愛用する上でこの仕様であるのとないのとでは、雲泥の差があります。

_DSC1408
ワーク・ミリタリー物の洋服に合わせるとなると、野暮ったくなりがちですが、この素材と色味の組み合わせがそうは感じさせません。

_DSC1453JACKET  CASEY CASEY
BOTTOMS  FRENCH ARMY M-47

続いては、ベーシックでいて素材感が際立つトートバックを紹介します。

【CLASSIC TOTE BAG】
_DSC1428Material   US KHAKI 1945×BROWN LEATHER
Color  KHAKI
Price  ¥ 30,000+tax

40年代頃、米軍で使用されていたダック生地を彷彿とさせる素材と潔いシンプルなデザインが特徴的なトートバック。

_DSC1430
トートバックにはあまり見られない、ファスナーの仕様は天候を気にする事無く”ガシガシ”使えます。
雨や雪にさらされながら、使い込んでいく位が丁度良いのではないでしょうか。

_DSC1471
トートバックのハンドルの長さは非常に大事なディテールです。
持った時の地面との間隔、肩にも掛けられる絶妙な長さは、緻密に計算されたモノだと思います。

洋服とはまた違い、数をそこまで持たない鞄だけに、納得出来る物を愛用したいと思っている方が多いのではないでしょうか。

是非ご覧になって欲しい鞄の1つです。

ARCH  宅見

FRANK LEDER × SEIL MARSCHALL

2015.06.25 Thursday 22:50:57| Author:admin| Categories:FRANK LEDER,SEIL MARSCHALL

今秋より取り扱い予定の【SEIL MARSCHALL(サイル・マーシャル)】。

一足先に【FRANK LEDER(フランク・リーダー)】とコラボレーションしたスペシャルなアイテムが入荷致しました。

_DSC0825
_DSC0845Price ¥88,000-+tax SOLD OUT

その歴史は1世紀以上にもなる【SEIL MARSCHALL】は、ドイツにてロープ専門の工場としてスタートした後、現在では専門の洋服や靴、カバン・テントなど多岐に渡った製品を展開。
全ての製品はドイツ国内の自社工場にて、熟練の職人によるハンドメイドで生産されています。

お察しの方もいらっしゃると思いますが、同じドイツ繋がりで実現した今回のアイテムは、とにかく贅沢な素材使いが特徴と言えると思います。

【FRANK LEDER】がお好きな方は勿論ですが、『他とは少し差をつけたい!』なんてバックパックをお探しの方にもオススメです(笑)。

_DSC0835
例えばボディに関しては、今春夏に【FRANK LEDER】のアイテムに用いられていたワックスドコットンが用いられています。

_DSC0839
ボトム部分には希少なディアレザー、ヴィンテージのアーミーベルトを用いたストラップなど、とにかく使う過程で雰囲気が増す事は間違いありません。

_DSC0878
_DSC0832
もちろん細部にわたるディテールに関しても抜かりありません。

決して現代的な機能はありませんが、日常的に使うモノ故に、気付いた時には唯一無二の存在感を放っていると思います。

_DSC0867
クラシックな雰囲気に合わせて、ヴィンテージの水筒が付属します(実使用可)。
こう言った演出は一見目立ちがちなんですが、元々がこう言ったジャンルに属するブランド故に、イヤラシさを感じません。

余談ですが、今秋から展開の【SEIL MARSCHALL】のラインナップは、登山用やカヌー用のバックパックを予定しております。
是非こちらも楽しみにしていて下さい!

Arch 吉田