Blog from ArchStyle » THE INTERPRETATION BY ARCH|archstyle|Arch アーチ

Arch”Made in England”

2019.09.29 Sunday 20:24:00| Author:admin| Categories:Exclusive,THE INTERPRETATION BY ARCH

先日から紹介しています、ARCH”MADE IN ENGLAND”。

第三弾となるアイテムが、本日届きました。

L1008505

以前製作した”BRITISH ARMY RAILROAD JACKET”を、イギリスメイドで再構築しました。

ROYAL NAVYに支給されていたENGINEER JACKETをベースにしながらも、襟元のディテールにはDRIVERS JACKETの要素をプラスしています。

BRITISH WORKの代表格とも呼べるスタンドカラーのワークジャケットを、全ての工程をイギリス生産に拘り完成した一着です。

IMG_8531

今回、このジャケットを製作した上で一番見て欲しい部分が、このチェンジボタンです。
こちらは、全てヴィンテージのデッドストックのものを使用しています。

数年前に、イギリスにてオーナー山内が見つけて以来、どのタイミングで使用するかを考えていたそうです。

イギリスという背景を使い製作するならば、ボタンもイギリス製でなければいけない。

限られた資源を、このジャケットだけの為に使用するという事は、非常に贅沢な事だと思います。

IMG_8517

生地には、前回のFISHERMAN SMOCK同様に、英・BRISBANE MOSSの肉厚なツイル生地を使用しています。

一度洗いをかけているので、既に何年も着込まれたかのような雰囲気に仕上がっています。

L1008494
COLOR NAVY
SIZE S / M / L / XL
PRICE ¥78,000+TAX

IMG_8516

IMG_8514

織りがはっきりと分かるツイル生地とヴィンテージのチェンジボタンが相まって、ブリティッシュワークらしさがより際立っています。

L1008507

L1008506

スタンドカラー、3つポケットのディテールが特徴的なこのワークジャケット。

イギリスらしいディテールは、実はもう一つ残されています。
ポケットの補強の為に、八の字で裏から別生地で補強が施されています。

このディテールは、ROYAL NAVYのワークジャケット含めて、良く目にするディテールです。

パイピング処理もしているので、強度の面でも文句なしでしょう。

IMG_8510

IMG_8511

こういった細部のディテールにも拘っているのは、10年後、20年後も愛用できるモノになって欲しいからです。

L1008511
 KNIT CE FORCYE
BOTTOMS MOJITO×ARCH EXCLUSIVE MODEL
“GULF STERAM PANTS”

直球のNAVYに続き、NATURALカラーも製作しました。

L1008496
COLOR NATURAL
SIZE S / M / L/ XL
PRICE ¥78,000+TAX

L1008501 2

こちらも、BRISBANE MOSSのツイル生地を使用しています。
真っ白ではなく、生成りがかった生地は嫌味なく、意外と普段のコーディネートに取り入れやすいです。

IMG_8548

ナチュラルのツイル生地に、ベージュのチェンジボタンの組み合わせがまた憎いです。

L1008520
 SHIRT  sus-sous
BOTTOMS MOJITO×ARCH EXCLUSIVE MODEL
“GULF STERAM PANTS”

 この色味は敬遠しがちかと思いますが、ワークジャケットの形+無骨なツイル生地の組み合わせだからこそ、丁度良いバランスに仕上がっていると思います。

通年使い回しが効くコットン100%のワークジャケットって、探すと意外とないんですよ。

かゆいとこに手の届かない感覚を満たしてくれるジャケットこそ、この”BRITISH RAILROAD JACKET”だと思っています。

是非、店頭にてご覧になってください。

ARCH 宅見

The Interpretation By Arch / British Smock

2019.07.11 Thursday 18:52:02| Author:admin| Categories:THE INTERPRETATION BY ARCH

古き良きモノをARCHの解釈によって再構築したレーベル【The Interpretaton by Arch】
先日ご紹介した”BRITSH SMOCK”を本日はスタイルを交えてご紹介したいと思います。

L1001813
COLOR BLACK
SIZE S / M / L
PRICE ¥58,000+TAX

L1001538
COLOR RED
SIZE S / M / L
PRICE ¥58,000+TAX

モチーフになるのはスコットランド軍に支給されていたスモック。
そのスモックをベースにしながらBLACK’Sで採用されていたディテールを細部に取り入れた渾身の一着です。

IMG_1817

 

まず特筆したいのはこのダック生地。
イギリスのディテールをベースにしながら生地はアメリカで作り上げることにより、より武骨な印象に仕上がりました。

L1001781

 

IMG_1822

これからの秋口に活躍してくれそうながっしりとしたダック生地は防風性を高め、冷たい風から身を守ってくれます。
高めに設計されているフードもミリタリースペックの良さが際立ちます。

また、腹部のポケットも容量があるためスマートフォンや財布などなんなく入ります。

着用と洗いを繰り返しクタクタになっていく様は皆様のお好きなところではないでしょうか。

L1001782

L1001787

ウェストは絞りが可能な為、絞ると腰回りがフワッと広がり、少し品が出ます。
また違った面構えを見せてくれるので洋服によっては絞りを入れてみるのも良いのではないでしょうか。
また足回りは快適になり、歩行の妨げになりません。

個人的には自転車に乗ることもあるので大変嬉しいディテール。
これを着て颯爽と街中を駆け抜けたい気持ちになります。笑

L1001778

肩口はラグランスリーブの為、可動域を保ち、中に着込むことも出来ます。
初冬の雪がちらつく頃でもなんなく着る事のできる一着です。

L1001777SCARF / FRANK LEDER
TROUSERS / S.E.H KELLY

ブラックのスモックはどんなスタイルにも気兼ねなく使えるカラー。
僕はブリテッシュテイストでまとめてみました。

全体をブラックベースでまとめても、パンツなどを茶系にしても使える一着。
細身の品の良いパンツに合わせても◎

L1001845
CAP  / JAMES LOCK
STOLE / BONCOURA×DRAKE’S
PANTS / FRENCH VINTAGE

退色した様なくすみのある赤は、いやらしくなく着て頂ける色味。
柔らかさのある赤は全体のバランスを調和してくれ、一点突破で派手に目立つという事はない気がします。

まだ肌寒い夜も訪れる北海道では着て頂ける一着。
短い夏が終わりを告げる頃にまた活躍してくれるスモックは今時期に持っていても早すぎるという事はありません。

羽織り感覚で使用できる一着は長いシーズンに渡って活躍してくれます。
是非店頭にてご覧下さい。

ARCH 上田

 

THE INTERPRETATION BY ARCH / RAF AIRTEX SHIRT

2019.06.11 Tuesday 15:42:56| Author:admin| Categories:THE INTERPRETATION BY ARCH

“AIR TEX”
古くからイギリス軍で重宝されていた生地は夏の猛暑でも耐えうる素材として亜熱帯地域などで活躍し、シャツやパンツなどに使われてきました。
生地は粗めに編まれることにより通気性に富んだコットン素材で、がっしりした生地感ながらもさらった着る事ができ、ストレスを感じさせません。

L1000547

古き良きモノをリスペクトし、ARCHの解釈により再構築するTHE INTERPRETATION BY ARCHからRAF AIRTEX SHIRTが再入荷致しました。

40年代にRAF(イギリス空軍)に支給されていたシャツをベースに製作した1着。
当時は刷毛目のブルーとベージュしかなかった素材ですが、それと同時期に使用されていたAIRTEXという素材に着目しました。

現代では発見されていませんが、
「当時AIRTEXを使ったRAF SHIRTもあったのでは…」
とオーナーの想像を具現化させた1着です。

L1000546

L1000431
RAF AIRTEX SHIRT
SIZE S / M / L
COLOR / KHAKI
PRICE ¥26,000+TAX

待望の再入荷といったところでしょうか。
British Khakiという色味を再現するために何度も染めを繰り返し製作したシャツは渾身の出来だと自負できます。

よく見ると分かるムラっ気が何とも堪りません。

L1000556

L1000562

L1000559

ガシッとした生地感からは想像出来ないほどストレスを感じさせない着心地はもちろんのこと、通気性に富んでいるのでこれからの時期にも涼しく着ていただけます。

僕も初めてAIRTEXという素材に出会った時は本当に着やすく、涼しいのかと半信半疑でした。
ですが、それも束の間袖を通してみると、とても着やすく、圧巻の涼しさでした。

これからの時期はARCHでは定番のM-47 PANTSにRAF SHIRTをタックアウト、足元はJUTTA NEWMANが気分です。
5pocket jeansにタックインくらいでも様になります。

L1000440
HAT  / JAMES LOCK
SHIRT / THE INTERPRETATION BY ARCH
PANTS / ANATOMICA

スタッフ宅見はフレンチな装いに合わせました。
リネン素材の涼しげなパンツにJAMES LOCKのPANAMA HATにも相性抜群です。

L1000437
CAP / JAMES LOCK
SHIRT / THE INTERPRETATION
PANTS / FRENCH VINTAGE

french vintageとの合わせもARCHのスタイルには欠かせません。
足元はrepettoで少し上品に着こなすことも出来るのではないでしょうか?

DSC0382-264x400

DSC0420-e1528373975820-264x400

IMG_1791-278x400

去年即完売になってしまったアイテムだけに再製作はないのでしょうかと待ち望まれていた声も少なくなかったRAF AIRTEX SHIRT。
サイズがあるうちに是非袖を通してほしい1着です。

1950 BRITISH ARMY BUSH JACKET
L1000413
COLOR KHAKI
SIZE 5
PRICE ¥38,000+TAX

L1000415

IMG_0006

1950年代にイギリス軍に支給されていたAIRTEXを使用したBRITISH BUSH JACKETがDEAD STOCKで入荷しています。
VINTAGEと見比べることも出来るまたとない機会です。

L1000419

こちらは軽いカットソーやタイドアップスタイルに着たい1着です。

ぜひ、こちらも合わせてご覧下さい。

ARCH 上田

 

THE INTERPRETATION BY ARCH “M-1948 PARKA”

2019.04.13 Saturday 20:31:19| Author:admin| Categories:THE INTERPRETATION BY ARCH

待望の再入荷といったところでしょうか。

THE INTERPRETATION BY ARCHより、”M-1948PARKA”が再入荷致しました。

何度かご紹介させて頂いているM-1948 PARKAですが、今回の製作を皮切りにしばらくは入荷の目処が立っておらず、今回入荷分が近々では最後のチャンスになるかもしれません。

L1007262

COLOR / OLIVE , NAVY
SIZE / S / M / L
PRICE / ¥82,000-+tax

アメリカ軍・M-1951,1965parkaの前身モデルである「m-1948parka」。

ややアシンメトリックな前たては、今になってモダンな印象にも映ります。

L1007267

DSC0094-400x265

DSC0078-400x2651-400x265

直球のオリーブは、ミリタリー好きには堪らないでしょう。
TALONのダブルジッパーや、コットンテープの仕様も拘り抜いた部分です。

経年変化を考えての仕様は、長く愛用する事を一番に考えています。

L1007295

L1007302

ミリタリーオリーブ(O.D)とはまた違った色味なのも魅力の一つです。

ブラウンがかったような色味は、ベンタイルだからこそだと思います。

撥水力に富んだ素材は、雨や雪を寄せ付けず、高密度に織られているので、風も通しにくいです。
3シーズンに渡り愛用出来る汎用性の高い一着に仕上がっています。

【COLOR NAVY】
DSC1718-264x400

DSC17261-264x400

前回好評頂いた”COLOR NAVY”も再登場です。

NAVY VENTAILEは、イギリス軍・ROYAL NAVYに支給されていたベンタイルファブリックを彷彿とさせます。

元々、ベンタイルという素材はイギリス空軍が開発した素材です。
イギリス空軍が戦争の際に爆撃され、ノース・シー(北海)に落ちた際に低い水温によって死亡してしまう事例が多く、軽く撥水性のある素材を作ってくれと軍からの指令を受け、立ち上がったのが英・ベンタイル社だったのです。

そのベンタイル社によって織られた生地こそ「ベンタイル・クロス」。

DSC1728-400x265

DSC1691-400x269

アメリカのミリタリーのデザインでありながら、イギリスミリタリーの素材を用いた一着。

モッズパーカと呼ばれる由来となったイギリスのムーブメント”MODS”。

その背景も十分に感じれる組み合わせになっていると感じます。

L1007309

タイドアップにジャケット、トラウザーズというセミドレススタイルにも違和感なくはまります。

真冬はローゲージのニットを中に着込んでも◎。

この汎用性の高さは、幅広いシーズンで活躍する事間違いありません。

903db0ce2664757f2a4c77c35bde83b1-259x400

ARCH 宅見

4bb67cb56257cbdcc1ff12c2cc50e19c-264x400

代表 山内

DSC0803-264x400

ARCH 上田

2b395257cc385d93662c7d00919ccff7-266x400

ARCH HERITAGE 岩谷

IMG_5829-e1483931132395-266x400

ARCH 近谷

DSC1115-264x400

ANATIMICA 川村

その唯一無二な特色、汎用性の高さ故にスタッフ間でも非常に人気のこちらのアイテム。

この1948parkaに関しましては毎回、入荷する度に即完売という状況です。

クドいかもしれませんが今回の入荷を逃すと、次の入荷は全くの未定ですので、気になる方は是非お早めにご覧ください。

皆様のご来店、こころよりお待ちしております。

過去のBLOGも是非ご参照下さいませ。

Arch スタッフ一同

The Interpretation by Arch / SCOTTISH NAVY DESS TROUSERS

2019.02.13 Wednesday 22:08:11| Author:admin| Categories:THE INTERPRETATION BY ARCH

L1008794

先日ご紹介致しました”SCOTTISH NAVY DESS TROUSERS”。
色はNAVY , WHITEの二色で展開しており、ミリタリーパンツの無骨さを感じさせない、綺麗なシルエットが特徴的です。

本日はSTAFFのSTYLEを交えてご紹介致します。

STAFF 近谷
L1008785
CAP / JAMES LOCK
JACKET / BRITISY VINTAGE
SHIRT / OUTIL
SCARF / BONCOURA
SHOES / ALDEN

L1008781

近谷はオリジナルの色を再現したWHITEをチョイス。
バスクシャツをタックインしてスカーフを巻き、フレンチカジュアルに。
品良く履ける一本はカジュアルにも合わせる事ができ、振れ幅を広げてくれる一本は凡庸性の高さが魅力的です。

STAFF 上田
L1008791
SWING TOP / BONCOURA
CARDIGAN / JOHN SMEDLEY
SHIRT / KENNETH FIELD
TIE / ANATOMICA
SHOES / ALDEN

僕上田はフレンチアイビーのスタイルを意識し、NAVYを選びました。
ローファーやスイングトップは同じ色味のネイビーで合わせる事で品良くまとまります。
タイドアップにももちろん合わせる事ができる一本は様々な着こなし、履く人次第で色んな表情を見せてくれるのではないでしょうか。

ネイビーの色味が抜けて使い込まれたFRENCH MOLESKIN JACKETのような色味になることが楽しみです。

ANATOMICAL STAFF 伏見
L1008803
SHIRT / ANATOMICA
SCARF / ANATOMICA
SHOES / ANATOMICA

L1008811

ANATOMICAスタッフの伏見は白のバンドカラーシャツにスカーフで女性らしい印象に落とし込みました。
この上にジャケットやアウターを着ても良し、春先にサラッと履く事のできるトラウザースは気兼ねなく履ける事ができます。
品良く上品に履ける一本は女性にもオススメのトラウザーです。

L1008757

1950年代のスコットランド海軍に支給されていたトラウザースをベースに再構築した、The Interpretation by Archの”SCOTTISH NAVY DESS TROUSERS”。

いつものスタイルにこのパンツを挟むだけで、フレンチの空気を感じられるような渾身のミリタリーパンツに仕上がったと思います。

スタッフのスタイルはいかがでしたでしょうか。
ご参考にしていただければと思います。

数量が僅かになっているサイズも御座います。
是非店頭にてお早めにご覧になってみて下さい。

ARCH 上田

The Interpretation by Arch

2019.02.8 Friday 21:37:49| Author:admin| Categories:THE INTERPRETATION BY ARCH

先日アナウンスしておりました、【The Interpretation by Arch】より、

新型となる”SCOTICH NAVY DESS TROUSERS”を本日紹介します。

L1008354

1950年代のスコットランド海軍に支給されていたトラウザースをベースに再構築しました。
オリジナルは希少価値が高く、ARCHでもヴィンテージを見つけたのは過去に2本だけ…

初期のイギリス軍グルカトラウザースの様なフロントのディテールと、サイドアジャスターが特徴的な一本。

ミリタリーパンツが持つ無骨な印象とは裏腹に、綺麗なシルエットがこのスコットランド海軍のトラウザースの魅力です。

L1008343

L1008360

オリジナルはホワイトの色味になりますが、今回落とし込んだカラーは、”FRENCH INK BLUE”。

ダークネイビーでもなく一般的なネイビーとは違う、独特の発色を放つ”FRENCH INK BLUE”の色味は、フランスらしい気品さが漂います。

L1008337

L1008339

L1008342

ややハイウエストで合わせる設計になっており、細すぎず太すぎな絶妙なシルエットは、ミリタリーウェアーとは思ないエレガントな雰囲気に仕上がっています。

このシルエットを生み出すまでに、何度もパターン修正を行い完成に至りました。

L1008357
COLOR FRENCH INK BLUE
SIZE S / M / L
PRICE ¥32,000+TAX

USのBAKER PANTSなどに良く使われる、バックサテンの生地を採用する事で、履き込んだ後の色の抜け方にも期待できる一本です。

FRENCHモールスキンの色が抜けた様な淡いブルー….そんなイメージになると考えるだで高揚します。

L1008404

L1008383

L1008379

足元はALDEN等の革靴でも相性抜群です。

同じネイビートーンで合わせても、コントラストが生まれるのがこの”FRENCH INK BLUE”の魅力。

L1008393

L1008402

L1008389

スコットランド海軍をベースとしながらも、フレンチワークの匂い漂う一本。

いつものスタイルにこのパンツを挟むだけで、フレンチの空気を感じられるような…僕らが理想とする渾身のミリタリーパンツに仕上がったと思います。

実は、オリジナルを忠実に再現したホワイトカラーも数量限定で発売します。

明日より、札幌・東京の3店舗で同時発売です。

是非店頭にてご覧になってください。

ARCH 宅見

The Interpretation by Arch

2019.02.5 Tuesday 20:46:35| Author:admin| Categories:THE INTERPRETATION BY ARCH

DSC0034-400x265

古き良きモノをARCHの解釈によって再構築したレーベル【THE INTERPRETATION BY ARCH】

RAFのSHIRTが記憶に新しいですが、ミリタリー・ワークウェアにフォーカスした物造りはレーベルが出来た時から変わりません。

今春夏は、新型となるアイテムを2型製作しております。

先ずその第一弾を今週末にお披露目出来そうです。

スコテッィシュアーミーに支給されていたトラウザースに着目し、ミリタリーの持つ機能美を踏襲しながらも、パターンフィッティングと生地に拘り抜きました。

何度もパターン修正を行い、試行錯誤の末に完成に至った渾身の一本です。

L1008354

L1008343

L1008360

僕らも入荷はまだかまだかと心待ちにしていました。

詳細は、後日ゆっくり紹介しますので楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

M-1948 PARKA STAFF VOICE

2018.08.25 Saturday 14:01:42| Author:admin| Categories:THE INTERPRETATION BY ARCH

本日は、日頃からM-1948 PARKAを愛用しているスタッフに、実際にどうやって着ているのか、購入した理由など、生の声を聞いてきました。

先ずは、ARCH HERITAGE岩谷からです。

スクリーンショット 2018-08-24 20.21.23ARCH HERITAGE 岩谷

⑴先ずは率直になってしまいますが笑 購入した理由を教えてください。

岩谷/
日頃からミリタリーアイテムが好きで面白い物を見つけるとついつい買ってしまうのですが、ヴィンテージ市場でもこの元となったM-48PARKAは中々手に入れる事ができず昔から狙っていたアイテムの一つでした。
正直なところ僕自身オリジナル主義なところもあるので一番は当時の本物が理想ですが、ビンテージをそのままレプリカにした訳ではなく、ファーを取り外したと言う背景のあるストーリー。

オリジナルにはないブラックというカラーにヴィンテージ以上の価値を感じました。

⑵普段はどのように着用していますか?

岩谷 /
基本的に決まった使い方はありません笑
というのもフードが付いていて丈が長い=僕にとっては防寒着の何物でもないので、北海道ならではの風が強い日や吹雪の日に使う物として考えています。

悪天候の時にというのが唯一の決まった条件なので、肉厚のセーターやツイードのジャケットとレイヤードする事が多いと思います。
重衣料を重ね着したときにかさばらず、ストレスが無いというのも1つの大きな決め手でした。

2b395257cc385d93662c7d00919ccff7-266x400

続いては、ARCH TOKYO近谷

スクリーンショット 2018-08-25 13.34.24
⑴購入に至った経緯を教えてください

近谷/
アウターでベンタイルクロスを用いたアイテムはバルマカーンコートしか所有していなく、ミルスペックで製作されていた背景と、なかでも1948年製のプロトタイプに目を向けたアイテムだったからです。
古いから、珍しいから着目するのではなくディテールの善し悪しでそれを再構築し、VINTAGEをリスペクトしながらもそれを越えたアイテムだったからです

⑵いつもM-1948 PARKAを着用する時は、どんなコーディネートをしていますか?

近谷/
ツイードのセットアップにネクタイを締めて、ALDENやCHARCHS 73LASTをあわせています。
アイテムがミリタリースペックな分、ドレスの要素に取り入れる事が多いです。
当時のモッズの着こなしからもインスパイアされていますが、ネクタイの柄で個性を出したり、ハンチングを被ったり自分なりに一捻り加えるよう意識しています。

スクリーンショット 2018-08-25 13.34.49最後は、ANATOMICA川村です。

スクリーンショット 2018-08-25 13.40.03
⑴普段、M-65PARKAなどを愛用していますが、それでもM-1948 PARKAを購入した理由は何故ですか?

川村/
オリジナルにはないブラックという点が決めてです。
野暮ったさを軽減してくれるブラックは、フレンチカジュアルな着こなしに合わせやすいから。
ベンタイルの撥水性もヘビーユーズの理由の一つです、この素材もオリジナルのミリタリーパーカにはない素材ですからね。

⑵どのようなスタイルでいつも愛用していますか?

川村/
ANATOMICAのTANGO PANTSにシェットランドセーターにモールスキンジャケット。
アメリカ物とは敢えて合わせずに、綺麗目なフレンチをイメージしています。

_DSC1115

それぞれに共通していたのが、オリジナルにはない素材とカラーに惹かれて愛用している事だと思います。

オリジナルの無骨さを残し、アメリカ軍には存在しなかった”ベンタイル”という点が僕らスタッフを魅了している部分です。

既にサイズ欠けしてきておりますので、是非お早めにご覧になってみてください。

ARCH 宅見