Blog from ArchStyle » trippen|archstyle|Arch アーチ

trippen fair @ Arch STELLAR PLACE

2016.05.19 Thursday 19:27:12| Author:admin| Categories:News!!,trippen

系列店にて本日より開催中のイベントのお知らせです。

c0102137_120746471-300x235
trippen fair
@JUILLET (札幌ステラプレイス・イースト2F)
@Arch STELLAR PLACE (札幌ステラプレイス・センター3F)
2016.5.19(thu)〜22(sun)

ドイツのシューズメーカー・[trippen(トリッペン)]の商品を種類豊富にご覧頂ける今回のイベント。

例年通りレディースの系列店・JUILLET(ジュイエ)での開催に伴い、同じ札幌ステラプレイス内のArchでも、同期間で開催となります。

スクリーンショット 2016-05-19 18.20.32
独特なデザインが目を引くアイテムの多い[trippen]ですが、医療先進国のドイツらしい医療用矯正靴をベースとした靴作りを持ち味としたメーカーです。

そんな[trippen]のコンセプトはANATOMICAのコンセプトにも通ずる所があると思います。

ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、ANATOMICA PARISでラインナップされている事から、Archでも長年取り扱い続けているシューズメーカーです。

c0215951_21402520※まだアナトミカ札幌店が出来る2年前、2011年にパリのアナトミカで見たtrippen

デザインに限らず木型やソールの種類まで様々な種類があるので、それぞれのスタイルにぴったりな1足が見つかると思います。
特にソールの形はユニークで、見ていて面白いです。

trippensimplesummerpenna

そしてもう1つお知らせです…
今週末は広島県で行われるイベントにArchがお邪魔します。

the-trunk-market-2016spring_01THE TRUNK MARKET(ザ・トランクマーケット)
2016.5.21(SAT)-22(SUN)

こちらはさすがに「札幌から…」と言う方は中々いらっしゃらないと思うのですが(笑)、普段ブログをご覧頂いている方で近隣にお住まいの方がいらっしゃいましたら、是非この機会に遊びにいらして頂ければと思います。

Arch 吉田

trippen

2015.05.14 Thursday 21:18:32| Author:admin| Categories:trippen

”裸足に近い状態で履けるレザーシューズ”

個人的に、そんな言葉が1番しっくりくるレザーシューズがtrippenです。
その履きやすさ故、特にこの季節頻繁に愛用しています。
豊富なラインナップが存在するのですが、より自分達のスタイルにハマる物を厳選して取り揃えています。

_DSC0725

元々、医療用矯正靴の職人だったミヒャエル・エーラーと靴や服のデザイナーとして活躍していたアンジェラ・シュピーツの2人の手によってドイツ・ベルリンで誕生したtrippen。

医療が発達したイメージのあるドイツだからこそ、このtrippenだったりBIRKENSTOCKのような靴が存在するのではないでしょうか。

負担の掛らない歩行という、靴では1番重要な部分をしっかりと理解して生み出される木型に、ファッション性の強い独特なデザインが融合した、他には類を見ないレザーシューズです。

【DERBY/ COSMOS】
_DSC0666DERBY
PRICE ¥39,000-+tax
COSMOS
PRICE  ¥44,000-+tax

【COMFY / GANGSTER】
_DSC0691COMFY
PRICE ¥44,000-+tax
GANGSTER
PRICE  ¥39,000-+tax

_DSC0674

グットイヤー製法による所も、長く愛用する上では重要な部分です。
ソールの張り替えが出来るのは勿論、このラバーソールならば天候も気にせず履けてしまいます。

【KAFKA】
_DSC0701PRICE ¥42,000-+tax

【MOCCA】
_DSC0709 PRICE ¥43,000-+tax

少しクセのあるデザインもシンプルなスタイルならば、アクセントになって丁度良いバランスではないでしょうか。
色によってはオン・オフ問わずに使える点も魅力的な部分です。

履いていて実感する事は、サンダルの様に楽に履ける機能的なシューズでありながらも、レザーシューズとしての役割もしかっりと担ってくれる、まさに”裸足に近い状態で履けるレザーシューズ”だと思います。

_DSC0412JACKET / LEVI’S
KNIT / S.E.H KELLY
TROUSERS / FRANK LEDER
SHOES / trippen

個人的には、ドイツ繋がりでFRANK LEDERのアイテムとの合わせもお勧めです。
ボリュームがあるようなファルムですが、履いてみると意外にもすっきりとしているので、どんなボトムスでも対応出来きます。
スタイルを選ばずに履ける点もお勧め出来る理由の1つです。

そんなtrippenですが、レディースの系列店であるjuilletでは《trippen fair in juillet》と題しまして明日からイベントを開催します。

_DSC0710《trippen fair in juillet》
2015.5/15~18

期間中、juilletでは普段展開していないモデルが多数店頭に並びます。
ベーシックなモデルからデザイン性に富んだ物まで、普段は見ることの出来ない幅広いラインナップでtrippenの世界観を感じてもらえると思います。
レディースのモデルは勿論、男性でも履けるサイズのモデルもご用意しておりますので、是非ご覧になってみて下さい。

ARCH  宅見

trippen NEW ARRIVAL

2012.09.22 Saturday 22:30:40| Author:admin| Categories:trippen

本日は、trippenより入荷の秋らしい2足をご紹介致します。

[ KAFKA ]COLOR  espresso
SIZE 40 / 41 / 42 / 43
PRICE  ¥44,100-

KAFKAは、trippenの定番モデルHAFERLに次いで長い歴史を持つショートブーツモデル。

新色のワックススウェードは、無骨な印象ですが、柔らかな素材と合わせ易い色味で季節問わずに履いて頂きたい一足。

履き口の特徴的なカットもらしさを感じる部分。

独特なデザインの多いtrippenの靴ですが、そんな靴だからこそベーシックなアイテムのハズシとして使うのもお勧めです。

個人的には、BONCOURA66OFF WHITEなど上品なパンツにツイードのジャケットと小奇麗なスタイルが今の気分。

続いてもうもう一型…

[ COSMOS ]COLOR  smog
SIZE 40 / 41 / 42 / 43
PRICE  ¥46,200-

ARCHでは初展開となるCOSMOS。

こちらは1枚革で作っており、繋ぎ目がない仕様の為、耐久性に富んだ作りに。

一見合わせずらそうな色味ですが、定番のチノパンやスラックスと合わせることでより新鮮に見えると思います。

トゥの部分はシンプルながらも有りそうで無い、つまんだかのようなユニークなデザイン。

ご紹介した2足はクローズドコレクションといって、ある程度のサイズ調整が可能な作りになっています。

そんな履き心地を追求するtrippenの物作りは、ここ北海道では季節によってソックスの厚さも変わるので、決め手の一つと言えるのではないでしょうか。

ARCH 宅見

 

 

trippen / DERBY&TYLER

2012.04.8 Sunday 23:41:45| Author:admin| Categories:trippen

trippenのDERBYとTYLERが入荷しました。

[DERBY]COLOR  ESPRESSO
SIZE  40 / 41 / 42 / 43
PRICE ¥40,950-

トリッペンのラインナップの中でも極めてシンプルなデザインのレースアップシューズ。
定番カラーの1つであるエスプレッソ(こげ茶)はとても落ち着いた印象で、オン・オフ履ける様な1足です。

あえて野暮ったいワークパンツなんかと合わせるのも相性が良いかと思うのですが、特に春先は明るめのワークパンツが個人的にオススメです。

[TYLER]COLOR  CUOIO
SIZE  40 / 41 / 42 / 43
PRICE ¥40,950-

つま先近くから甲を覆う様にしてシューレースが伸びた、デザイン性の強いトリッペンらしい1足。
ややミドル丈と言う点も踏まえて、ホールド性のの高さとサイズフィッティングの自由度が高いのも特徴です。

イタリア語で”天然革”を意味するカラー名の”CUOIO”は、経年変化が非常に楽しみなカラーなのですが、実は紫外線に当たる事で色が濃くなる変わった特徴も持ち合わせています。

気分的には少し裾口細めのデニムやボトムスに合わせると、特に相性が良いんじゃないかと思います。

靴職人の資格を持ったミヒャエル・エーラーとデザイン担当のアンジェラ・シュビーツによるtrippenは、ドイツ・グッドデザイン賞の受賞歴もある程のブランドで、一見デザイン的な特徴が先行しがちですが、実はユニバーサルデザインの概念を持った非常にドイツらしいシューズブランドです。

見た目には分かりませんが、(インソールの)コルクソールは、足馴染みと同時にストレスの無い歩行を促し、自然と靴本来の機能を発揮します。

以前にも触れましたが、そう言った点はPARISのANATOMICAのコンセプトに沿ったブランドであり、セレクトされている所以でもあるかと思います。

この北海道に限定して言うならば、比較的季節を問わずに選べる靴としても魅力的です。
そして個人的にも1足持っていますが、また違ったデザインが欲しくなるもの魅力だったり…。

何れにせよtrippenをまだ試された事の無い方には是非1度、履いてみて魅力を実感して頂きたいブランドです。

ARCH 吉田

 

trippen / SPACE

2011.10.10 Monday 19:57:44| Author:admin| Categories:trippen

本日は、僕(岩谷)がお勧めしたい1足、trippenのSPACEをご紹介します。

[ SPACE - WOW ]

COLOR  BLACK
SIZE   39 /40 / 41 / 42
PRICE ¥45,150-

trippen独自のWOWレザーを使用した、ミドル丈のレースアップブーツ。

実は、展示会時に僕自身が欲しくなってしまったアイテムだったのですが、決め手はメンズらしいフォルムと無骨な革の質感にあります。

シンプルながらも目を惹くトゥのデザインは、日本の折り紙がモチーフになっているらしく、控えめな主張にとても共感の持てる1足です。


外見に劣らず独特な作りとなっており、アッパーは3枚の革をタンの部分で繋ぎあわされ、よりフィット感を高める設計になっています。

アンライニング(内張りのない1枚革)仕上げはとても柔らかく、初めから履き慣れていたかのような履き心地が特徴的。

実際に僕も買った当日に早速穿いてみましたが、甲の部分はホールド感があるのに対して、つま先部分は圧迫感が一切無く長時間穿いていても苦ではありませんでした!

個人的にコーディネートのイメージは、「パリの蚤の市にて商いをするムッシュ」です。かなり主観的ですが…笑

こんな気取らないスタイルにこそ是非trippenを合わせてみては如何でしょうか?

ARCH  岩谷

trippen / HORSE・NOMAD

2011.03.25 Friday 23:53:18| Author:admin| Categories:trippen

札幌はここ最近の雪解けで、だいぶ地面も見えてきました。
しかしスニーカーを履くにはまだ少し早い感じもするので、靴は何を履いたら良いか悩まれている方も多いのではないでしょうか?

そんな中、季節的にも使い勝手の良い、trippenのアイテムが入荷です。

[HORSE]
COLOR  ESPRESSO
SIZE  40 / 41 / 42 / 43
PRICE ¥47,250-

その名の通り、馬のひづめの様なアッパーのデザインから名付けられたモデル。
ソールを覆うレザー部分は、履く過程で地面と擦れ合う事で動きが出てくる、非常に面白い1足です。
履き心地の面だけで無く、デザインとしても工夫が成されている点、trippenらしさを感じます。

[NOMAD]
COLOR  ESPRESSO
SIZE  39 / 40 / 41 / 42
PRICE ¥44,100-

こちらは、ミディアム丈のブーツ。
オイルドレザーが使用されている為、見た目以上に履き易く、馴染みの早さも特徴的。
系列店舗(レディース)でも、人気の高いモデルだったりします。

履き易さと言う面では、このブランドにおいて大前提ですが、どちらもこれからの季節、そして秋まで履けるレザーシューズとしてオススメです。

余談ですが・・・先日PARISのANATOMICAにて、オーダー横目にALDENやこのtrippenが売れて行くのを目の当たりにしましたが、何よりフィッティングありき、そしてお店としてのコンセプトありきで販売をしているANATOMICAとSTAFFを見て、靴くらいインターネットでも買えるこの時代の、便利な様で不便さみたいなものを改めて考えさせられました。

週末お時間に余裕がある方は是非、ご覧にいらして下さい。

trippen

2010.10.10 Sunday 19:14:50| Author:admin| Categories:trippen

今季から本格的に取り扱いのtrippenより[HAFERL]の入荷です。


COLOR  BLACK
SIZE  41 / 42 / 43 / 44
PRICE ¥40,950-

これからの時期に活躍を約束してくれるカーフレザーは履きこむ程に足に馴染み、またグリップに優れ張替えも可能なソールが魅力的な1足。

[Closed コレクション]と呼ばれる、trippenの中でも代表的なシリーズの型を用いた[HAFERL]は、紐のデザインとサイドのカッティングが特徴的で、ドイツのグッドデザイン賞を受賞した事もある1足です。

元々、医療用矯正靴の靴職人だったミヒャエル・エーラーと靴や服のデザイナーとして活躍していたアンジェラ・シュピーツの2人により1992年にベルリンで誕生したtrippen。

“trippen”とは「よちよち歩き」の意で、その昔、貴婦人が雨の日に靴が汚れないように、靴を履いた上からサボの様な木靴を履いて歩いていた姿を形容しているのですが、それもデザイナー2人がドイツの古い木型を発見し、trippenの靴作りに応用した事から由来されます。

歴史こそそこまで古くは無いものの、実はANATOMICAで取り扱う数少ないシューズブランドの1つが、このtrippenだったりします。

ふと、よく考えてみると、ANATOMICAのロゴにも木靴が描かれていたり・・・。