Blog from ArchStyle » _BRAND(V-Z)|archstyle|Arch アーチ

M-1945 Field Trousers by Yankshier

2020.03.2 Monday 19:05:19| Author:admin| Categories:yankshier

67820024_3072435579465073_8496201001608848246_n

アメリカはイリノイ州・シカゴで産声を上げた”リライアンス社”

1800年代後半に創業し、主にワーク・ミリタリーウェアーなどを中心に物作りをしていたメーカーです。
1919年に商標登録した【BIG YANK】は、アメリカのワークウェアーを代表するブランドではないでしょうか。

一度は消滅してしまったメーカーですが、35SUMMERS 代表・寺本 欣児氏の手によって復活を遂げました。

リライアンス社が持つ数あるレーベルの中の一つである【BIG YANK】、その中でもアウターに特化した物作りをしていたのが【yankshire】と呼ばれるレーベルです。

寺本氏が手掛ける”RELIRANCE PRODUCT”は、この二つのレーベルをメインにしており、当時作られていたシャツやアウターを再構築し、現代に蘇らせています。

IMG_6816

【yankshier】のレーベルからリリースされた”M-1945 FIELD TROUSERS”

1940年代にUS ARMYに支給されていた軍パンにフォーカスしています。

当時のミリタリーウェアーを見ていくと、極稀に製造メーカー記載部分に”RELIANCE社”の名が刻まれているヴィンテージを目にします。
ARCHでも展開していましたが、US ARMY M-43 JACKETなんかもまさにそうです。

実際にミリタリーウェアーを製造していた背景を持つ”RELIANCE社”

その背景を色濃く反映させたのが、本日紹介します”M-1945 FIELD TROUSERS”です。

L1006771

1960年代に、実際にアメリカ軍へ支給されていたデッドストックのサテン生地を、贅沢に使用して製作されています。

このデッドストックの生地だけでもそそられるモノがありますね。

そもそも、この生地自体がデッドストックの状態で残っている事、
そしてそれを所有していることにも驚きました。

本当に贅沢な一本だと思います。

IMG_6804

IMG_6806

IMG_6810

1945 FIELD TROUSERSの特徴は、なんと言っても潔いデザイン。
カーゴポケットなど何も付いていない、シンプルな作りはチノパンのようでもあります。

細かいディテールも当時の軍パンと全く同じ作りに。

スレーキもネップ感のある生地が使われており、ヴィンテージ顔負けの存在感を放っています。

L1006821

L1006822

L1006823

程よい太さはあるもの、良い意味で軍パンらしくないシルエットが魅力です。

チノパンのような使い方が出来るので、ジャケット等の上品なアイテムとも相性が良いです。

L1006840
 JACKET FRANK LEDER ARCH EXCLUSIVE
INNER SCHISSER

L1005891
CARDIGAN FANNI LEMMAMEAR
INNER JOHN SMEDLEY
SHOES ALDEN

L1006826
 SHIRT ARCH RAF SHIRT
SHOES 1940′S US NAVY

L1006775
 COLOR O.D
SIZE 28 / 30 / 32 / 34 / 36
PRICE ¥34,000+TAX

男のワードローブに必要不可欠と言える”軍パン”


様々な国の軍パンを買い漁り、何本持っていようが、
”もう一本”と….欲求を掻き立てられる恐ろしいアイテム。

この”1945 FIELD TROUSERS”を手にすればその欲求が満たされるような気がします。

….軍パンに関してはその悪い欲求は止まらないかもしれない…苦笑

ARCH 宅見

yarmo

2018.01.22 Monday 21:09:13| Author:admin| Categories:Yarmo

イギリス・ノーフォーク州の海岸沿いに位置するGreat Yarmouth。

海岸沿いに位置するこの町は、漁業が盛んであり油田を採る際に必要な掘削装置の基地ともなっています。

僕も以前OLD TOWNを訪れた際に、このノーフォーク周辺に足を運んだ事がありますが、漁業や船での運搬がこの地域にはとても密接しているのが分かりました。

100年以上前から続く歴史的産業であるが故に、その際に着用するユニフォームは必要不可欠だったのではないでしょうか。

DSC1617-400x265
Old-Fishermans-Smock-400x302
1898年に”Great Yarmouth”にて創業したワークウェアーメーカー”YARMO”。
創業当時から、様々な職種に合わせたウェアーを作り続けているイギリスでは数少ないメーカーです。

こういった地域だからこそYARMOが作るウェアーが生まれたのは必然的だったのかもしれません。

そんなYARMOから、定番のWORK JACKETが入荷しました。

【TRADITIONAL JACKET】
IMG_3998COLOR OLIVE
SIZE 38 / 40 / 42 / 44
PRICE ¥12,000+TAX

ベーシックなワークジャケットは、高密度に織られたツイル生地が特徴的です。
この手のジャケットではあまり目にしないオリーブのカラーも、より無骨な印象を与えてくれます。

IMG_4065
一度水を通すとシワ感が出て良い雰囲気になります。

ワークウェアーならではの、生地のタフさは触ってみるとよりわかります。
着用と洗濯を繰り返す事で、あたりがでてオリーブの色味も徐々に抜けてくる事でしょう。

シンプルな作りではありますが、目的を持って作られたウェアーには、日常着として着用する機能がしっかりと隠されています。

_DSC1546CARDIGAN FANNI LEMMERMAYER
TROUSERS ANATOMICA

_DSC1541 SHIRT SAINT JAMES
BOTTOMS FRENCH ARMY

ミリタリージャケットの様にラフに着れる+ラペルがある事ですこし上品な装いにも映ります。

続いては、フィッシャーマンスモックです。

【FISHERMAN SMOCK】
IMG_4070COLOR NAVY
SIZE S / M / L
PRICE ¥9,000+TAX

名前の通り、船乗りが愛用していたフィッシャーマンスモック。
作業がし易いように付けたらたポケットのディテールや、襟元の使用が何ともイギリスらしい1着です。

_DSC1561
_DSC1562

_DSC1558

目的を持って生まれた洋服。
そこには紛れもない機能美があります。

こういったリアルなワークウェアーを実際のファッションに落とし込む面白さ。

それこそが僕らが提案し続けているスタイルの一つです。

ARCH 宅見

yarmo / Drivers Jacket

2015.10.15 Thursday 18:51:19| Author:admin| Categories:Yarmo

【yarmo】より定番のドライバーズジャケットが入荷しました。

程良い肉感のウールジャケットは、1枚でもサマになるのは勿論、インナーとしても重宝します。
この時期から秋冬にかけ、間違いなく必要になってくるのがこの手アイテムではないでしょうか。

_DSC8349Color  NAVY
Size 38/ 40/ 42
Price ¥29,000+tax

肌触りの良いブリティッシュウールを使用した1着は、ワークジャケットとは思えない程良い雰囲気です。

今回使用している生地は、イギリスの生地メーカー”THOMAS BOYD&SON”。
生産と素材も含め”MADE IN ENGLAND”という点も見逃せない所です。

_DSC8375

総裏地の仕様は、ワークジャケットにはあまり見られない気の利いたディテールだと思います。
サラッとしたウール生地なので、カーディガン感覚で着れるのも特徴です。

_DSC8357

何て事のないシンプルなネイビーのジャケット程、使い勝手の良いアイテムはありません。
それが信頼の置けるメーカーとあれば尚の事だと思います。

コストパフォーマンスの高さもこのドライバーズジャケットの魅力の1つです。

_DSC8380

バルカマンコートやオイルドジャケットなどのインナーとしもごわつかずに着れてしまえます。
ジャケットのインナーには、JOHN SMEDLEY のニットやジャギードックセーターがお勧めです。

_DSC8363

ワークジャケットだからこそ、タイドアップのスタイルも肩肘張らずに着れてしまえると思います。

yarmoからはジャケットに加えニット類も種類豊富に入荷しています。
こちらも合わせてご覧になってみて下さい。

_DSC8425

ARCH  宅見

yarmo / DRIVER JACKET

2014.04.25 Friday 20:37:44| Author:admin| Categories:Yarmo

【yarmo(ヤーモ)】の定番アイテム、ドライバージャケット。
今春夏は、とても雰囲気の良いリネン素材を用いてリリースされています。

_DSC0589Color NAVY
Size 38 / 40 / 42 / 44
Price ¥18,000-+tax

極めてシンプルなワークジャケットなんですが、ちょっとした羽織物としても重宝する1着。

シーズン毎に素材替えでリリースされる為、同じ型でも特に春夏と秋冬では雰囲気が異なります。

ちなみに、サイズ感はいつもよりも小さめです。
この手のアイテムに慣れている方だと”36″のニーズも考えられるのですが、今回に関してはワンサイズ大き目に考えて頂いた方が良さそうです。

_DSC0650
今春夏に素材に用いられるリネン素材は、英・ブリスベンモス社によるもの。

ここ最近の【yarmo】の傾向なんですが、生地の供給元をしっかり提示してくれる事で、洋服好きにとっては何となく自己満足度が満たされる気がします(笑)。

_DSC0635Color KHAKI
Size 38 / 40 / 42 / 44
Price ¥18,000-+tax

定番的なネイビーリネンは間違い無く重宝すると思いますが、個人的には、素材の特徴がより色濃く出るアースカラーもオススメです。

インナーに着ているのは【rdv o globe(ランデヴー・オー・グローブ)】のポロシャツ、ボトムスは【BONCOURA】の66 OFF WHITE。
同系色によるグラデーションが、今の気分です。

ARCH 吉田

yarmo / DONKEY COAT

2013.11.17 Sunday 21:42:09| Author:admin| Categories:Yarmo

毎シーズンこのアイテムの入荷を心待ちにしている方も多いかと思いますが、例年よりも少し遅れてyarmoのドンキーコートが入荷しました。

_DSC0945Color NAVY
Material BRITISH WOOL MIX MELTON
Size 38 / 40 / 42
Price ¥30,450-

シンプルで実用性に富んだドンキーコートは、高めの位置に配されたポケットや襟・袖口のリブがシンプルながらにデザインとしても映える1着。
元来ワークコートとは思えないデザイン性の高さは驚きです。

特に襟と袖口のリブは冷たい風をシャットダウンしくれる便利なディテール。
メルトン素材のボディとくるみボタンもまた雰囲気が良い印象です。

_DSC0951
毎年の様に書いている様な気もしますが、誠実に”MADE IN ENGLAND”でいて此のプライスも嬉しい限りです。

正直な所、ここ数年に比べると今年はやや値上がりしたものの、それでも納得のゆくコストパフォーマンスには特に文句も無いのでは?

_DSC0952
ライニングのキルティング素材も、自己満足でしかありませんがカラーリングが絶妙にマッチした印象を受けます。

_DSC0927 (1)Color DARK HOLLY
Material BRITISH WOOL MIX MELTON
Size 38 / 40 / 42
Price ¥30,450-

定番的なネイビーも捨てがたいですが、いわゆる深緑色のDARK HOLLYもこの手のアウターでは珍しいカラーとあって昨年は好評でした。

何れにせよ本格的な冬を迎える前に完売してしまうアイテムですので、気にされていた方は勿論、この冬のアウターをお探しの方も是非お早めにご覧下さい。

ARCH 吉田

yarmo / DRIVERS JACKET

2013.10.23 Wednesday 20:20:51| Author:admin| Categories:Yarmo

yarmo(ヤーモ)の定番的アイテムの1つ、ドライバーズジャケットが入荷しました。

今シーズンはブリティッシュウールを使用した柔らかい素材感が特徴的な1着です。
毎度の事ながら、ワークジャケットらしからぬ雰囲気と使い勝手の良さ、そして何よりコストパフォーマンスの高さは見逃せません。

GREY1Color GREY
Size 38 / 40 / 42
Price ¥19,950-

GREY2
フェアアイル柄のベストに太畝のコーデュロイパンツ、足下には[Blundstone]のワークブーツとブリティッシュワーク溢れるアイテムでまとめつつも、先日ご紹介した[the Hill-SIde]のタイで程よくドレスアップしたスタイル。

例えるならばBRITISH WORKING DRESSでしょうか?
特にこのグレーは、そんなスタイルも容易にしてくれる1着です。

BROWN1Color BROWN
Size 38 / 40 / 42
Price ¥19,950-

BROWN2
あくまでワークジャケットなので、インナーを気にする必要はありません。
シャギードッグセーターをスウェット代わりに挟むだけで、今の季節は軽快且つ防寒性のある格好に。

アクセントにスカーフやストールを巻く(もしくはラフに垂らしておく)だけで、また少し印象も違うのでは?

ARCH 吉田

yarmo / Fisherman’s Smock

2013.06.14 Friday 19:37:39| Author:admin| Categories:Yarmo

今シーズン[yarmo]よりリリースされたフィッシャーマンズスモックは、シンプル且つ無骨でイギリスのワークブランドらしい1着。
季節的にもちょうど良く雰囲気がはまります。

Fisherman's SmockColor NAVY
Size M / L
Price ¥15,540-
※身長171cm/体重64kg・サイズM着用

過去の買付でも、こういった類のアイテムがヴィンテージで出てきたのは1~2度。
あまり見かける事の無いアイテムの1つではありますが、この潔い無骨さが魅力的なワークウェアだと思います。

detail 1

detail 2

ラウンドネックや裾口のスリットを見ての通り、このワークウェアがフィッシャーマン(漁師)の物に通じているのが、よく分かるのでは?
SAINT JAMESのナバルシャツや、ガーンジーセーターと言った同じ類のアイテムに共通点を感じます。

見た目やディテールを含め無骨さが目立つ部分もありますが、肌触りの良いコットンドリルが用いられている点で、着心地が良い印象を受けます。
勿論、本来の印象のまま、こなれた雰囲気に着込んでもサマになりそうですし、何より気負わずにラフに着られる点が魅力かも知れません。

Old Fisherman's Smock

ARCH 吉田

WILLIAM LOCKIE

2013.01.10 Thursday 22:51:27| Author:admin| Categories:WILLIAM LOCKIE

ARCHでの定番ニットの1つ、[WILLIAM LOCKIE(ウィリアム・ロッキー)]のラムズウールセーターは、ストレス無く着れる着心地の良さが魅力です。

Color TABBY(CAMEL) / FLANNEL(GRAY)
COCOA(BROWN) / NAVY / CLIFF(CHARCOAL GRAY)
Size 36 / 38 / 40
Price ¥15,750-

[FLANNEL]

ラムズウール製品に定評のある[WILLIAM LOCKIE]ですが、ごわつきが無く肌触りの良い質感は、着ていてとても着心地の良い1枚です。

個人的にFLANNEL(グレー)に関しては、ラフにスウェット感覚で着るのがオススメです。

[NAVY]

ラグランスリーブのディテールは、当然レイヤリングにも一役買います。
白シャツにネイビーの組み合わせは、まず間違いの無い鉄板コーディネートです。

[COCOA]

ニットとは言え、かさばる事の無い程良い厚さなので、インナーとしてのレイヤリングも容易です。

先日、スタッフの宅見がご紹介したBONCOURAのWORK GILET VESTとも好相性。
ベストのインナーとしての選択肢が増えます。

[CLIFF]

ベスト同様に、ジャケットのインナーにも最適です。
応用として、シャツ+ニットの上からジャケットを羽織るのにもストレス無く着れます。

極めてシンプルでベーシックな様は、1874年創業と歴史に裏打ちされた老舗のニット専門メーカーならではかも知れません。

着心地は勿論ですが、使い勝手も申し分無いアイテムです。
ワードローブに1枚は、必ずあると便利なセーターではないでしょうか?

ARCH 吉田