Blog from ArchStyle » _BRAND(A-G)|archstyle|Arch アーチ

BONCOURA/SWEATER

2017.12.15 Friday 14:27:13| Author:admin| Categories:BONCOURA

ここ札幌も気温にマイナスが付く程に寒くなって参りました。
いま時期からもっと寒くなるこれからの季節に活躍するBONCOURAニット類をご紹介致します。

まずはショールカラーカーディガン。
個人的にすごくお気に入りのアイテムで、この冬重宝しているアイテムです。

2017-12-13 16.03.32

BONCOURA/SHAWL COLLER
 COLOR/BLACK,杢GREY,杢BLUE,BURGUNDY,GREEN
SIZE/36,38,40,42
PRICE/¥56,000-+tax

1920′s頃から誕生し、様々なブランドの物が多くのvintageコレクターやマニアの中で絶大な人気を誇ったショールカラーカーディガン。
古着市場でも納得の行くディテールの物も少なく枯渇状態にあるのも否めません。
オリジナルで一から制作されたBONCOURAオリジナルWOOLは、チクチクする事なく尚且つ抜群の保温性があります。

2017-12-14 13.09.08COLOR/BURGUNDY

昨年、一昨年と非常に好評頂いておりましたBONCOURAショールカラーカーディガン。
比較的上品な印象を与えてくれるショールカラーですが、上質なウール素材相まってより一層小綺麗にまとまります。

_DSC1878

細かな所ですが編み方が箇所によって理にかなった方法に切り替わっており、例えば写真の肩の部分。
この部分は日常生活においてよりテンション(負荷)が掛かり伸びやすくなってしまう為、横編みになっております。
ボディ部分とショールを繋ぎ合わせる工程は、なんと手作業で1着1着仕上げられております。

_DSC1877

加えて手を出し入れするサイドポケットの口部分、着る際に絶対に広がる手首の部分も横編みに。
非常に細かな部分ではありますが永くワードローブに残るアイテムとして、欠かせない部分だと感じます。
いつもの事ながら流石の一言です、、

2017-12-14 13.20.11

COLOR/杢GREY

スタッフ阿部はワークスタイルでシャンブレーシャツにラフに羽織りました。
さらっと男臭いアイテムに羽織るだけくらいの方が潔くアイテムが目立ち生きるので、コーディネートは選ばずに組んで頂けます。

2017-12-14 13.51.04

BONCOURA/Fisherman SWEATER
COLOR/CAFE
SIZE/36,38,40
PRICE/¥43,000-+tax

今期オススメしたいもう1枚のセーターがこちらのフィッシャーマンセーター。
非常に柔らかな色合いの[CAFE]、これからの季節にもってこいの抜群の配色です。

_DSC1902

素材には無染色、未脱脂のウールを採用。
油分を抜かずに羊毛の天然色のみで仕上げた素材は抜群の保温性を保ちます。
更にはそのウールの糸を3PLYにて撚り上げた糸を使用しているなんとも贅沢なニット。
3PLYとは3本の糸を1本に撚り合わせた糸の事を言い、その糸を使用する事でより強固で弾力のあるニットへと仕上がります。

_DSC1900

袖のつけ方はシングルラグランスリーブ(1枚袖)の仕様。
これだけ肉厚な素材に対しても肩周りがすっきりとした印象で着られるのはこの袖付けならでは。

未脱脂、無染色、3PLY、1枚袖付け。
”ニット”として贅沢すぎる程の魅力が詰まったアイテムです。
今期是非袖を通して欲しいニットなので、気になる方は是非お試し下さい。

[BONCOURA]の真骨頂とも言えるオリジナル素材の妥協のなさ、ハイクオリティさは、他にはない魅力です。
どんどん寒くなる札幌に負けないよう、この辺のアイテムも今が揃え時だと思います。

皆様のご来店、お待ちしております。

Arch 近谷

Guernsey Sweater

2017.12.13 Wednesday 17:08:35| Author:admin| Categories:Guernsey Woollens

Archの冬の定番、[Guernsey Woollens]のガンジーセーターが入荷です。

GUERNSEY1-289x400

GUERNSEY3-289x400

a0227034_1362078-300x400

イギリスのチャネル諸島の1つ、ガーンジー島において、17世紀より伝わる船乗り達の大切な”道具”、ガンジーセーター。

強い海風から身を守る為に、丈夫な羊毛をよりぎっしりと詰めて編み上げられた一枚。

前後どちらでも着衣できる仕様になっているのも、このニットの特徴の一つで

船上においてセーターの前後を見ている余裕は無く、それ故、肩周りとネック部分のディテールが前後どちらでも着れる様になっています。

2017-12-13 15.14.38COLOR GREY / RED / NAVY
SIZE  36 / 38 / 40 / 42
PRICE ¥28,000-

_DSC1815

_DSC1810

代表的なボートネックのタイプに加え、タートルネックと2種類入荷しています。

2017-12-13 14.48.56COLOR FISHERMAN’S BLUE

2017-12-13 14.38.25COLOR GREY

2017-12-13 14.42.48COLOR RED

ミリタリー・ワークといった無骨なアイテムにこのニットを挟むコーディネートも良し、トラッドにスラックス等の綺麗なアイテムに合わせてもおもしろいのではないでしょうか 

誰しもが持っている様なニットでは無いと思いますが、理に適ったディテールに加えて、コーディネートの幅広さもポイントであり、個人的にオススメしたい部分です。

海での決して着やすいアイテムではないですが、着込んで行く過程で馴染んでいき自分の体にフィットしていく、僕らにとって必需品と言っても過言ではありません。

_DSC1818

そして、、、

ガンジー諸島には、現在ニットを手作業で編み上げる日本人の女性がいます。

その方に頼み、全ての工程を手作業で編み立てたスペシャルなガンジーセーターを製作して頂いております。
1年で約4着しか生産できない、今では大変希少な生産方法で物創りをしている古き良き伝統を感じる1着です。

こちらは改めて紹介させて頂きますが、ヴィンテージを目にした時の感覚に近い手作業で作り上げた”ガンジーセーター”も合わせてご覧になってください。

ARCH 阿部

GUIDI&ROSELLINI

2017.12.8 Friday 21:00:43| Author:admin| Categories:GUIDI&ROSELLINI

待望のGUIDI&ROSELLINIのワークブーツが入荷しました。

DSC01711-400x265

レザーシューズと呼ばれる靴全般、綺麗な状態を保つ為、必ず定期的にケアをしながら10年、20年と愛用していくものだと思います。

大きな汚れ(水シミや擦れ)などは極力避けたいとこであり、そうならない為に綺麗な状態を保つ訳です。

一般的な革靴との付き合い方とは180度違うのがGUDI&ROSELLINIのレザーシューズ。

”汚れが味になりサマになる靴”

僕個人の主観ではありますが、手入れを殆どせずに純粋なレザーの変化が味わえる靴でもあると思っています。
黒ずんでいき、所謂汚れが付いてくる…むしろその汚れが格好良いと思えるレザーシューズは他にはないのではないでしょうか。

DSC0459-400x265

DSC0473-400x265

DSC5063-400x265

201403121716504d2
僕の愛用している物は、まだまだ飴色になっている位ですが、10年20年と履き込むと写真右側の様になっていきます。

14世紀から伝わる伝統的なレシピで丹念に鞣されたレザーが故でしょう。

イタリア・トスカーナで、手作業で毛を削ぎ落しただけの自然のままのヴァケッタレザーは、ベジタブルタンニングのみで長い時間をかけて鞣されます。

ARCHでオーダーしている物全てがREVERSE LEATHER(裏側スエード)です。
表側のレザーと見間違える程の滑らかさに初めは目を疑いました。

染色のされていない純粋なヴァケッタレザーの変化こそGUIDI&ROSELLINIの魅力であり、履く人だけにしか味わえない特権です。

DSC0141-400x265
DSC0165-400x265 1907 OX
COLOR NATURAL
SIZE 40 / 41 / 42 /43 /44
PRICE ¥128,000+TAX

DSC0149-400x265
DSC0147-400x2651835 BOOT
COLOR NATURAL
SIZE 40 / 41 / 42 / 43 / 44
PRICE ¥148,000+TAX

DSC5084-400x2651906 DESERT BOOT
SIZE 40/ 41 /42 /43 /44
PRICE 138,000+TAX

モデルに付いている年号は、当時のヨーロッパで主流だったスタイルのワークブーツをデザインソースにしています。
クラシックなデザインに加え、人の手で丹念に鞣された極上のレザー….

天候を気にせずに気兼ねなく履けるこのワークブーツは、

”一生物のワークブーツ”と呼ぶに相応しい1足です。

ARCH 宅見

ARC’TERYX VEILANCE / Galvanic Down

2017.12.7 Thursday 12:31:03| Author:admin| Categories:ARC'TERYX VEILANCE,未分類

先日アナウンスしました【ARC’TERYX VEILANCE】の中から、定番モデルである”Galvanic Down”を紹介します。

_DSC1402

ARC’TERYXの代名詞とも呼べるだろう素材・GORE-TEX。
”W.L GORE&ASSOCIATES”と独占的に連携して生まれる素材は、最新の技術を駆使し今もなお進化し続けています。

高い撥水性と透湿性を誇り、雨・風・雪などから完全に身を守ります。特にアウトドアやスポーツにおいて欠かせない素材です。

GORE-TEXの中でも種類があり、中でもGORE-TEX PROと呼ばれる素材は、耐久性に強く磨耗しづらいのでより激しい運動に対応しています。
本物のアウトドア・スポーツウェアーにしか使用されない素材が故に、ファッションブランドでは供給していません。

そんな機能性に優れた本物の素材・GORE-TEX PROを、”VEILANCE”のステンカラーコートに落とし込んだ1着は、信頼の置けるギアとなりえます。

【Galvanic Down】
_DSC1621 COLOR BLACK
SIZE S / M / L
PRICE ¥165,000+TAX

_DSC1587

所謂ステンカラーコートをベースにした1着は、シンプルでいて無駄の無いデザインが特徴的です。

取り外し可能なフードは、天候に合わせ臨機応変に付け替える事が可能。

ARC’TERYXオリジナルのスタップボタンもまた機能的であり、片手でもすぐに取り外し楽に出来ます。

_DSC1602
そして、、、

GORE-TEX PROのシェルに加えて、インナーにはヨーロッパグースのダウンを採用しています。
850フィルパワーを誇るグースは、高い保温力を発揮しここ北海道での寒さに間違いなく耐えれる事が出来きます。

通常700フィルパワーで高級ダウンと言われている中、850フィルパワーは非常に高い数値と言えます。


_DSC1623

_DSC1605

背中から袖にかけてインナーにダウンを採用されていますが、ジャケット等の厚手の物を着用した上からでも楽に羽織れてしまえます。
仕事着から普段着まで、幅広いシュチュエーションに対応できる汎用性の高い1着と言えるでしょう。

_DSC1633

この時期、北海道に住んでいて1番に思う事は、やはり極寒の寒さの中どう快適に過ごせるか。

今まで個人的にはダウンというアイテムには頼ってきませんでしたが笑

見た目は全くダウンが入っている事が分からない+軽く抜群の保温力があり雨や雪を寄せ付けない。

そんな1着に出会ってしまったら、今までの概念が吹き飛んでしまいました。

是非一度袖を通して欲しいギアです。

ARCH 宅見

ARC’TERYX VEILANCE

2017.12.4 Monday 21:58:41| Author:admin| Categories:ARC'TERYX VEILANCE

今期、新たにARCHのラインナップに加わった【ARC’TERYX VEILANCE】。

大自然が広がるカナダ沿岸の山脈で生まれたアウトドアメーカーです。

様々なアクティビティーを可能にする山岳環境が広がっており、スキーやクライミングなどを楽しむ場所としても有名であると思います。
25年前に、ローカルクライマー達によって設立されたARC’TERYXは、その過酷な環境下においても最高のパフォーマンスを発揮するモノ作りをしようと始まりました。

中でも、高い撥水性と透湿性を誇るGORE-TEXを生産する”W.L GORE&ASSOCIATES”と独占的に連携し新しい素材開発に挑戦してきました。

今では、世界最高峰と呼ばれるアウトドアメーカーの1つであり、様々な目的の為のウェアーを生産しています。

アメリカ軍にミリタリーウェアーを供給している背景を見ても、如何にARC’TERYXが最新の素材を開発しているかが分かります。

_DSC1386

”最新が最良”

ARC’TERYXのテーマでもあり、アウトドアメーカーに置いて素材の進化は必須とも言えるでしょう。
それはミリタリーウェアーに置いても同じことが言えると思います。

20年かけて培ってきた技術を街着としてよりタウンユースに落とし込みたい。

そんな思いから、最新の機能を持ちながらもファッション性に富んだデザインを組み合わせたライン”VEILANCE”を誕生させました。
全ての生産を一貫してカナダで行い、ファッションとしての機能にあわせた革新的なデザインが魅力です。

_DSC1402

_DSC1391

_DSC1412

古き良きスタイルや素材を提案し続けているARCH。

ミリタリーウェアーが最良だとも考える僕らにとって、進化し続ける素材を開発するUS ミリタリーのウェアーはとても興味深いですし、実際に着用する事を考えると機能美を持ったウェアーは必要不可欠です。

US MILITARYをスタイルに落とし込むのと同様に、【ARC’TERX VEILANCE】も同じように身に纏いたいと考えています。

入荷が遅れていましたが、本日全てのアイテムが入荷してきました。

詳細は、ブログにて紹介しますので先ずは実際に店頭にてご覧になってみてください。

ARCH 宅見

BONCOURA祭〜Paraboot Trunk Show

2017.11.20 Monday 12:13:19| Author:admin| Categories:BONCOURA,paraboot

先週末から開催しておりました、BONCOURA祭。

多くのお客様にご来店頂き誠に有難う御座いました。
別注で製作しました”WORK PANTS”は、大変好評を頂き残り僅かとなっております。
気になっていた方はお早めにご覧になってみてください。

DSC_1122
_DSC0971
そして、BONCOURA祭に続き毎年この時期恒例の【PARABOOT TRUNK SHOW】を今週11/23(THU)から開催します。

20160824131316PARABOOT TRUNK SHOW
2017 11/23(THU)~11/26(SUN)
ARCH

約50種類程のラインナップが揃い、豊富な品揃えを一挙にご覧に頂けます。
メンズのラインナップに加え、レディースモデルも種類豊富に揃います。

イベントの詳細は、ブログにて紹介していきますので楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

BONCOURA祭

2017.11.17 Friday 21:41:38| Author:admin| Categories:BONCOURA

いよいよ明日より開催しますBONCOURA祭。

BONCOURA森島 久氏が秘密兵器を持って、ここ札幌にやってきます。

img034-400x321BONCOURA祭
2017 11/18(SAT), 11/19(SUN)

先日のブログでご紹介しました【BONCOURA×ARCH SPECIAL WORK PANTS】は、明日より発売致します。
既に多くのお客様に好評頂いておりますが、その理由は実際に履いて・生地に触れる事で実感して頂ける思います。

僕らも自身を持ってお勧めできる渾身の”ワークパンツ”です。

_DSC0852
_DSC0903
そして、森島氏が長年時間をかけて、イギリスを回り見つけ出したヴィンテージファブリックを今回特別に用意して頂きました。

貴重な生地から自分の好きなものを選び、BONCOURA 3B TAILORED JACKETの形でカスタムオーダーをする事が出来ます。

_DSC0956 VINTAGE FABRIC TWEED,WOOL ,CHASIMIER
MADE IN ENGLAND
ALL DEADSTOCK FABRIC

3f42f188-s
83278d43-s

明日から2日間のイベント期間中は、BONCOURA森島氏もARCHの店頭に立って頂き皆様をお迎えします。

デッドストックの生地の背景や、ヴィンテージファブリックとの出会いなど、普段は聞くことのできないお話を店頭にてお話してみてください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH 宅見

BONCOURA×ARCH SPECIAL WORK PANTS

2017.11.16 Thursday 20:44:33| Author:admin| Categories:BONCOURA

_DSC0797

昨日のブログにて紹介させて頂きました、”BONCOURA×ARCH SPECIAL WORK PANTS”

VINTAGE のデッドストック生地・”BLUE杢”を贅沢に使用して制作した1本は、ヨーロッパとアメリカの古き良きワークウェアーにフォーカスを当てて生まれました。

ヨーロッパからアメリカ大陸に持ち込まれ生まれた、LEVI’S やALDEN然り、
今回別注にて使用している”BLUE杢”の生地もまた、19世紀のヨーロッパの移民から持ち込まれてアメリカでも主流になった背景があります。

ヨーロッパヴィンテージを見つ続けてきたARCH山内、アメリカヴィンテージを見つ続けてきたBONCOURA森島氏。

それぞれのヴィンテージに対する造形の深さがリンクして形となった渾身の1本です。

_DSC0903COLOR BLUE杢
MATERIAL DEADSTOCK FABRIC
SIZE  28 / 30 / 32 / 34
PRICE ¥35,000+TAX

_DSC0923
_DSC0925

今春夏にリリースされた”WORK PANTS”は、1940年代にUS ARMYでWORK PANTSとして使われていた物をベースにしています。

肉厚なデッドストック生地は、洗いをかけやわらかくなり履きしわが入り、身体に馴染んでいきます。
経年変化が期待出来る生地なのは間違いありませんが、現在では見つける事が困難な生地を、デッドストックの状態から愛用出来る事自体が奇跡と言えるでしょう。

ゆったりとしたシルエットが特徴的ですが、裾にかけて微妙にテーパードがかかっているのがBONCOURA流。
太すぎず嫌みがないので、ジャケット等のアイテムとも好相性です。

所謂、軍パンがお好きな方には間違いなくささる形だと思います。

DSC_1008-Edit
DSC_0903
_DSC0897
_DSC0873
_DSC0843
_DSC0888

_DSC0828
僕らが軍パンやジーンズを当たり前のように履くように、この”BONCOURA WORK PANTS”も当たり前に履ける日常着だと履いていて強く感じます。

且つて、労働着として使われていた生地は、その目的の為にタフな素材でなくてはいけなかったはずです。
軍パンやジーンズ同様に、”履いて汚れてきたら洗う”このサイクルを気兼ねなく出来る、なくてはならない存在になると確信しています。

既に多くのお問い合わせを頂いておりますので、お早めにご覧になってください。

img034-400x321BONCOURA 祭
2017 11/18(SAT), 11/19(SUN)
ARCH & ARCH STELLAR PLACE

ARCH 宅見