Blog from ArchStyle » _BRAND(A-G)|archstyle|Arch アーチ

BONCOURA 祭 Coming soon…

2019.07.16 Tuesday 20:27:14| Author:admin| Categories:BONCOURA

“BONCOURA”
ある日会社員を突然辞め、モデルへ転身。
その後古着キュレーターとしても活躍の場を広げ、デニムを製作したことがこのブランドの始まりでした。

今となってはデザイナーの森島氏の姿を見たことがないという方のほうが少ないように感じます。
先月初めてBONCOURAの展示会に伺ってから、より森島氏の洋服に対する熱量や幅広い知識、人柄はとても学ぶことが多かったと感じ、改めてBONCOURAというブランド、森島氏について知ることが出来た貴重な時間でした。

毎年恒例となっているBONCOURA祭では欠かすことなく来札してもらい、様々なお客様が交流出来る貴重な場にもなっているように感じます。
いつ開催ですかと店頭でも聞かれることが多く、待ち遠しくされていた方も少なかったのでは?

そのBONCOURA祭りですが今月7/27(土)、7/28(日)に開催が決定致しました!
今回はARCH , ARCH STELLER PLACEでの同時開催となります。

_DSC5920
BONCOURA祭
7/27(土),7/28(日)
in ARCH・ARCH STELLER PLACE

大阪に行った際に衝撃的な別注も一足先に見せて頂きました。
やはりBONCOURAの醍醐味はビンテージをリスペクトし製作するところではないでしょうか。

今回の別注はブラック!
秋口から活躍してくれる待望とも言っていい一着です。

こちらは後日詳細をブログにてご紹介致しますのでぜひお楽しみにしていて下さい。

ARCH 上田

BONCOURA / POCKET TEE

2019.06.23 Sunday 20:53:42| Author:admin| Categories:BONCOURA

5 pocket jensに白T。
シンプルながらも潔く、素直にカッコいいと思い、憧れを抱いていた時期もありました。

あまりデニムに興味が湧かなかった時期に、すぐさま購入しようと決意させてくれたのがこの写真です。

Unknown白洲次郎

当時この写真を見て衝撃を受けました。
こんなシンプルな服装なのに、なんて男らしくてカッコいいんだろうと。

この写真を見て購入したデニムはBONCOURAであり、このデニムに合わせて着る白Tをいくつも買い、しばらくデニムに白Tでいたのは言うまでもありません。笑

白Tといってもなかなかこれだと言うものに出会う事がなかったのですが、遂に去年出会いました。

BONCOURAからリリースされたHEAVYWEIGHT POCKET TEE。

L1001126
HEAVYWEIGHT POCKET TEE
COLOR WHITE / BROWN / OLIVE  / NAVY
SIZE 36 / 38 / 40 / 42
PRICE ¥13,000+TAX

BONCOURA森島氏が原綿からこだわった肉厚でありながら滑らかな着心地のTシャツは僕が待ち望んでいたものでした。
これ以上タフなTシャツはないのでは?と思わせてくれる一着です。
去年は大変ご好評頂き、即完売だった為僕自身購入出来なかったのですが…。

去年購入出来なかった方も2枚目を購入したいという方もオススメのカラーバリエーションでの入荷です。

L1001109

今期新しく当店では入荷したBROWNは軍パンなどに相性抜群ではないでしょうか。
軽装になるこれからの時期にも色合いにアクセントを加えてくれます。

L1001117TEE / BONCOURA BROWN
BOTTOMS / 41 KHAKI

ネックも堅牢な作りのバインダーネック、生地感もさることながらこういったこだわりもぬかりなかく、惚れ惚れしてしまします。

ピンと張った袖口もアメリカのTシャツらしさを伺えます。

L1001118

L1001119

そして絶対的定番の白TEE。
今年は入荷と同時にすぐさま購入しました。笑
やはりまずは5 pocket jeans に革靴に合わせたくなってしまいます。

L1001123
TEE / BONCOURA WHITE
BOTTOMS / BONCOURA

着用と洗いを繰り返すごとに徐々に出来るパッカリングにも期待し、これからもガシガシ着ていきたいと思います。

L1001128
丸胴TEE
COLOR INDIGO
SIZE 36 / 38 / 40
PRICE ¥15,000+TAX

また合わせて入荷した丸胴TEEは先ほどのTシャツに比べより柔らかく、横に縫い目がないのが特徴です。
こちらも非常に着やすいアイテム。

杢のインディゴの色味は柔らかく、着込むごとに表情豊かに育っていきます。

L1001131

L1009470
CAP / HANNA HATS
TEE / BONCOURA INDIGO
BOTTOMS / FRANK LEDER

まだ持っていなかったという方もぜひ袖を通して頂きたい一着です。
数は少なくなってきましたがまだご用意がございますので初めての方も2枚目になる方にも再度オススメしたいアイテムです。

これからのシンプルな装いになる季節だからこそ、こだわり抜かれた一着を着てみてはいかがでしょうか?

ARCH 上田

BONCOURA / SWING TOP , WORK PANTS ENGLISH TWILL

2019.06.18 Tuesday 21:36:31| Author:admin| Categories:BONCOURA

今やArchでは定番ブランドになっているBONCOURA。
先日、初めての展示会にお伺い致しました。

僕がお客さんの頃からブログやインスタグラム、スタッフに直接話を聞き、興奮したのを今でも覚えています。
まさか、その時に聞いていた展示会を生で体感出来る機会が訪れるとは当時は知る由もありませんでした。

images

いざBONCOURAの展示会へ高揚感を抱きながら入りました。
ずらっと並んだ洋服はどれもカッコよく、圧巻。
展示会では生地や細部にまでこだわった仕様など、一つ一つしっかりと説明して頂き、聞き入ってしまっていたらあっという間に時間が過ぎてしまいました。
製作された洋服の背景や生地の作り込みは改めてBONCOURA森島氏だからこそ出来るものづくりなのだと感じました。

今回森島氏から伺った洋服の話を、より新鮮にお客様へお伝えできればと思います!
余談ですが、どれも本当にワクワクさせてくれる洋服ばかりで、スタッフがいつもオーダーをつける時に頭を抱える気持ちが分かりました。笑

また、古い建物が立ち並ぶ場所や夜は色々なお店に連れて行って頂き、仕事ももちろんですが森島さんの知識、人柄など様々なことを見て、学ぶ事ができた大阪出張でした。

そして札幌に戻り、真っ先に思った事が改めてBONCOURAの魅力を伝えたい。
その為、本日は僕上田のRECOMEND ITEM BY BONCOURAをご紹介させて頂きたいと思います。

L1000878
COLOR NAVY
SIZE 36 / 38 / 40
PRICE ¥38,000+TAX

まずはこちらのSWING TOP。
コットン70%ナイロン30%の混紡素材でさらっと羽織る事の出来ます。
まだ肌寒さを感じる北海道の夜にはピッタリな一着ではないでしょうか。

アメリカのミリタリーものをベースにした一着はこの手では真っ先に思い浮かぶB社のディテールなど様々なビンテージを見てきたからこそ製作できる森島さんならではのアイテム。

IMG_0882

IMG_0885

糸はもちろん、ジップもオリジナルで製作され、随所にこだわりを感じる事が出来ます。
洗濯も出来る一枚は洗いをかけるごとにアタリが出てこれからを想像するのがとても楽しみで仕方ありません。

この手の羽織は大抵リブがついていたり着丈が少し短く敬遠されがちな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

BONCOURANOSWING TOPは着丈が少し長く設計され、リブがない為、そういった方にもオススメ。
合わせるアイテムを制限無く着用でき、コーディネートを組みやすいです。

L1000904

またラグランスリーブの仕様で中に多少着込んでも可動域を保ち、ストレスなく着られるのも嬉しいポイントです。

ボタンダウンに、デニム、ローファーのアイビースタイルの直球からデニムに白T、軍パンなんかでも合わせる事ができ、幅を広げてくれると思います。
個人的にはやはりタイドアップで着たくなります。

L1000902
OPTICAL / VINTAGE
SHIRT / Der SAMMLER solo
TIE / ANATOMICA
BOTTOMS / FRENCH VINTAGE

続いてはデニム素材で定番のWORK PANTSと同型のイングリッシュツイルを用いた一本。

5e8510eb-s-266x400

7075185e-s-266x400

L1006457-272x400

COLOR / KHAKI
SIZE 28 / 30 / 32 / 34
PRICE ¥32,000+TAX

もうご存知の方も多いとは思いますが、2017年に別注で製作したCPO SHIRTと同様の素材を用いたアイテム。
イギリスを彷彿とさせる肉厚なKHAKI TWILLの生地はガシガシと日常的に履き込める一本です。

しっかりと分かるツイルは着よと洗いを繰り返す事でアタリが出てき、経年変化が楽しみな生地です。

IMG_0891

IMG_0892

潔い太さが魅力的なこのパンツに合わせたくなるのはやはりレザーのシューズやサンダルではないでしょうか。
ARCHではもう定番の組み合わせでもある軍パンやデニムに革靴。
入社当時に諸先輩方から教えてもらった定番のスタイルに落とし込むのが一番しっくりくるこのパンツは軍パンや5 pocket jeansの様に汎用性に富んだアイテムです。

L1000913
CAP / JAMES LOCK
JACKET / BRITISH VINTAGE
STOLE / BONCOURA
SHOES / PARABOOT

今時期は足元にサンダルやローファーを持ってきても◎
冬はネイビーのメルトンコートに合わせても良さそうです。

時期を選ばずにガシガシと使い込める一本は定番としてワードローブに入れて見てはいかがでしょうか。
病みつきになる事間違いなさそうです。

BONCOURAの洋服はどれをとってもいい雰囲気に育っていくものばかりです。
自分の顔にシワが入る様に一緒に洋服にもシワが入る。
共に成長していけるパートナーになるアイテムです。

ぜひ、店頭にてお試しください。

ARCH 上田

Alden #54331 ALGONQUIN BLUCHER OX

2019.05.30 Thursday 21:38:37| Author:admin| Categories:ALDEN

IMG_9987

ALDEN社が持つ木型の中でも、特に美しいフォルムをしているのが”モディファイドラスト”。

足の形態を邪魔しない”インサイド・ストレート”の木型は、1963年にALDEN社が開発しました。

外反母趾等の足に問題を抱えた人達に着目し、整形外科的なアプローチによって生み出されたものであり、足を正常の状態に矯正していく木型でもあります。

当時は、オーソドペックシューズ(整形)専門店でのみ販売されていた”モディファイドラスト”のシューズは、アメリカでは今でもその専門店でしか販売されておりません。

モディファイドラストが開発され初めて生まれたモデルこそ、今回紹介します”ALGONQUIN”通称・V-TIPです。

履き心地の良さと見た目の美しさを両立させるべく、U-TIPを理論的に具現化していき生まれたモデルです。

IMG_9968

今回入荷したモデルV-TIPは、素材にコードヴァンレザーを用いています。

現在、コードヴァンレザーは需要と供給のバランスが取れていない状態にあり、殆ど入荷がない状態です。
そんな中、今回少量で入荷した事は非常に珍しいと言って言いでしょう。

IMG_9970

IMG_9995
COLOR BLACK
SIZE 7H / 8H / 9
PRICE ¥124,000+TAX

IMG_9971

IMG_9972

IMG_9976

 

全てのフォルムが、デザインではなく人間の足の構造を考えて考案されたものに。
これこそが、美しシルエットを生み出しています。

無駄を削ぎ落とした機能美が宿る一足。

ブラックカラーのV-TIPは、ALDEN一足目に相応しいモデルです。
私は、中々自分のサイズに出会う事なくまだ持っていないモデルですが…

サイズの合う方ならば、所有していて間違いないです。

是非、お早めにご覧になってみてください。

ARCH 宅見

ALDEN NEW IN!

2019.04.30 Tuesday 20:11:28| Author:admin| Categories:ALDEN,News!!

昨日もアナウンスさせて頂いていたALDENが、本日店頭に届きました。

IMG_8241

IMG_8242

IMG_8243

PLANE TOE OX 379X LAST

IMG_8550

 

IMG_8551

TANKER BOOT BLACK 379X LAST

IMG_8552

IMG_8553

MOC TOE MOC TOE BOOT トゥルーバランス LAST

IMG_8556

IMG_8559

STRAIGHT TIP CORDVAN #8 モディファイドlast

IMG_8561

IMG_8562

PLANE TOE BOOT CORDVAN BLACK モディファイドlast

IMG_8570

IMG_8571

PLANE TOE WHITE BACKS モディファイドLAST

L1008155

L1008156

L1008157

TANKER BOOT BROWN 379X LAST

ここまでALDENの種類が豊富にある状態は、ALDEN トランクショーの時以来かと思います。

IMG_8567

今回は、枯渇状態にあるCORDVANのモデルも入荷しております。

この機会にしっかりと足を計測させて頂き、1足目の方もそうでない方も是非見にいらしてください!

L1008250

2019年  5/1 〜 5/5
ALDEN NEW COLLECTION 約30種類一挙公開 & SHOE POLISH
IN ARCH SAPPORO

明日より5/1~5/5の期間中は無料でお客様のALDENを磨かせて頂きます。

GW、お出かけの方もいらっしゃるかと思いますが、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH 近谷

 

ALDEN

2019.04.28 Sunday 14:09:21| Author:admin| Categories:ALDEN,News!!

世の中ではいよいよ長い10連休がスタートしましたね。

中には天候が優れない日もあるかと思いますが、平成最後の連休をお楽しみ下さい!

ARCHでは、GW期間中弊社各店舗のALDENを集約し、一挙にお披露目致します。

photo_004

ALDEN

1884年、マサチューセッツ州ミドルボロウにて創立されたオールデンは、米国の靴文化を象徴するシューメーカーです。
選りすぐられた最上級の素材を用い、コンフォータブルなフィット感を備えたそのシューズは、アメリカントラッドを語るうえで不可欠の存在。
1970年代には、特殊な形状の医療用矯正靴がファッションシーンでも高く評価され、素晴らしい履き心地とともに名声を世界へと広げました。

履き心地に革新をもたらしたオールデンのシューズは、世界中の靴を愛する人々に、他に代え難い至高の存在として親しまれています。

※ラコタハウス様 HPより引用

僕たちも日頃より皆様にオススメしている「ALDEN」。

正直なところ日常的に足を通し、フィッティングの良さや履きやすさに関しては1番信頼を置いています。

IMG_6479

こちらの写真は、ANATOMICA PARISにて足を見てもらい、ALDENの適正フィッティングを教えて頂いた写真です。

米・ブラナックデバイスで足を計測してもらうまでは経験済み。

そのあと、足を触診され長年密かに悩んでいた扁平足を指摘され、「この扁平足のまま、年を重ねていくとX脚になり、どんどんケツがでかくなり、姿勢が悪くなる。ノブ(近谷)は、モディファイドラスト以外の靴を履く事はオススメ出来ない。」とご教授頂きました。

その時に、靴を販売するプロとしての真髄を学び、感じました。

「見た目」、「コーディネート」、「スタイル」。

どれも勿論大事ですが、 今回のPARIS出張でANATOMICA ピエールから聞いた言葉が非常に衝撃的です。

「フィッティング無くしてスタイルは存在しない。」

この言葉の持つ意味は、ALDENの提唱するサイズフィッティングと非常にリンクするのではないでしょうか?

日頃から僕たちが大事に意識している事は、まさにこの事です。

ALDENの考える理念と、ピエールのこの言葉、僕たちの靴に関する意識が一致した瞬間だと勝手ながらに感じました。

また、残念ながらALDENに関しては需要と供給のバランスがとれていないのも事実。
今回、5/1~5/5までの期間で、弊社各店舗のALDENをARCHにて一挙にお披露目致します。

ここ最近でも、ALDENを接客しているとサイズが無く、泣く泣く手に入れる事が出来なかった方も記憶に新しく感じます。

L1008250

2019年  5/1 〜 5/5
ALDEN NEW COLLECTION 約30種類一挙公開 & SHOE POLISH
IN ARCH SAPPORO

また、5/1~5/5の期間中は無料でお客様のALDENを磨かせて頂きます。

買って頂いたALDENも、自前のALDENも磨かせて頂きますので、是非ご持参下さい!

ALDENの細かな型番や内容は、後日BLOGにてご紹介致します。

長い10日間のGW、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH 近谷

GUIDI&ROSELLINI ”Vacchetta Leather”

2019.04.18 Thursday 11:22:36| Author:admin| Categories:GUIDI&ROSELLINI

GUIDI&ROSELLINI の代名詞とも呼ばれる”Vacchetta Leather”

14世紀から続く、イタリア・トスカーナ地方の伝統的な手法を用いて生まれるレザーをそう呼びます。

アルプスで育った雄のステア牛の皮を手作業で削ぎ落としていき、天然の植物性タンニンのみで時間をかけて皮を鞣していきます。

手作業で毛を削ぎ落としだだけの自然な”Vacchetta Leather”は、十分な油分を含んでいる為、過酷な環境下にも耐え、防水性にも優れています。

だからこそ、昔からトスカーナ地方の羊飼い達の道具として愛されてきました。

L1007469

GUIDI&ROSELLINIが、世界一のタンナーメーカーとして存在しているのは、トスカーナの伝統的な手法を守り続け、1896年の創業当時から変わらない生産方法でレザーを生み出しているからだと感じます。

染色されていないナチュラルな”Vacchetta Leather”は、履くのを躊躇してしまう位、美しいです。

先人達が道具として愛用していた背景を紐解けば、GUIDI&ROSELLINIのレザーシューズは、汚れを気にせずに、ワークブーツとして愛用するのが正解だと思わされます。

【1907 OX】
DSC0141-400x265

DSC0165-400x265
COLOR NATURAL
SIZE 41 / 42 / 43 / 44
PRICE ¥128,000+TAX

【1906 DESERT BOOT】
DSC5084-400x265

DSC5091-400x265

COLOR NATURAL
SIZE 41 / 42 / 43 / 44
PRICE ¥138,000+TAX

【1835 BOOT】
DSC0149-400x265-1

DSC0147-400x265
COLOR NATURAL
SIZE 40 /41 / 42 / 43 / 44
PRICE ¥148,000+TAX

見た目だけでも上質なレザーという事が分かりますが、実の所全てのモデルがリバースレザー(裏側)になっています。

通常、レザーの裏側はスエードと呼ばれ、毛羽立ったものになります。

GUIDI&ROSELLINIのレザーは、通常のソレとは一線を画しており、表のレザーと見間違う程、滑らかな素材感になっています。

DSC5063-2-400x265

履きシワが入り、色が濃くなり、多少の汚れもこのワークブーツを良い顔にさせてくれる。

”一生モノのワークブーツ”

まさにそう呼ぶに相応しい一足だと確信しています。

ARCH 宅見

FRANK LEDER / Herringbone Line Wide Trousers

2019.03.18 Monday 19:28:28| Author:admin| Categories:FRANK LEDER

IMG_6330

毎シーズン新しい商品が入荷すると、その度に半年前にオーダーした展示会の事を思い出します。

特にFRANK LEDERのラインナップの数には圧倒される。

その中から、来季提案したいスタイルをARCHのフィルターを通してセレクトしていくわけですが、毎シーズン自己欲求に勝てた試しがない。

自分がどうしても着たい洋服が一着は見つかってしまうからだ。

私は、HERRINGBONE 生地が大好物であり、素材がリネンであろうものならより旨味が増すだろう。

ヨーロッパの古い生地には、そんな生地が多く存在し、
インディゴヘリンボーン然り、ワーク・ミリタリーウェアにはこのHERRINBONE LINENを良く目にします。

独特の綾織りから成る柄が、着る度に浮き出てくる表情が堪らないのです。

IMG_6326

自分がどうしても愛用したいと思わされたFRANK LEDER の一本は、先ずこの生地に惹かれました。

細かなHERRINGBONE 織りから成る生地は、ストライプの様にも映り、ヨーロッパのワークパンツの匂いが漂います。

L1009993

そして、シルエットとディテール。

ハイウエスト気味に設計されており、付属のベルトで絞って履くスタイルはミリタリーパンツ、グルカトラウザースのシルエットに良く似ています。

ミリタリーパンツは、制服といっても過言ではないくらい欠かせないアイテムの一つ。
だららこそ、このシルエットに惹かれたんだと思います。

L1009994

L1009989

COLOR NAVY
SIZE XS / S / M / L
PRICE ¥58,000+TAX

柔らかなリネンの素材感とミリタリーパンツの様なゆったりとしたシルエットは、独特のドレープ感とシルエットを生み出しています。

L1006353 

このパンツを履いた時、合わせたいアイテムは頭の中で直ぐに決まっていました。

夏場ならば、足元はJUTTA NUEMANNは外せない、シャツはTHE INTERPRETATION BY ARCHのRAF SHIRT、色はブルーが良いですね。

もしくはバスクシャツをタックインして、PANAMA HATなどを被りたい。

色々な妄想が膨らむからこそ、余計にオーダーしたくなったのです。

L1006336

L1006344

半年前にオーダーしてから、実際に店頭に届きもう一度見ても、やはりあの時の高揚した気持ちは変わらなかったです。

結局の所、今後も自己欲求には勝つことはないでしょう。苦笑

ARCH 宅見