Blog from ArchStyle » _BRAND(A-G)|archstyle|Arch アーチ

forme d’expression / Mess Jacket

2017.10.20 Friday 21:51:54| Author:admin| Categories:forme d'expression

IMG_0108

初めてforme d’expressionの洋服に袖を通した時に感じた事は”気心地の良さ”でした。

通常洋服の型となるパターン(型紙)は、平面でカットされ構成していきます。
それに対してforme d’expressionの洋服は、人体に直接布をかけてハンドで身体に沿ってカットしていきます。

テーラーリングに通ずる洋服作りは、独特のドレープ感と洋服がハンガーにかかっている状態でも、まるで人が着用しているかのように立体的です。

身体に沿って綺麗にフィットするパターンでありながら、着用している本人はストレスが全くありません。

既製服とは思えないシルエットと気心地、ハンドメイドでカットされたドレーピング技術にこそ、forme d’expressionの魅力が隠されています。

【Slashed Mess Jacket 】
_DSC0422COLOR CHARCOAL
SIZE 48 / 50
PRICE 154,000+TAX

バージンウールを贅沢に使用した定番の”MESS JACKET”。

若い羊のウールは、繊維が柔らかくしなやかです、それに加えて生まれて初めて採れたウールはバージンウールと呼ばれさらに上質なものになっています。

IMG_0105

アシンメトリーの前立てとスタンドカラーの襟元の仕様が特徴的な”MESS JACKET”

襟をねかせてラペルにも出来るので様々な着こなしを可能にしてくれます。

_DSC0445
_DSC0443

_DSC0450

19世紀のイギリスの洋服を彷彿とさせるデザインは、とてもエレガントな雰囲気。

この上品なデザイン+少し土臭い素材 。

このバランスの良さが何よりも魅力的であり、合わせるアイテムの幅も広がる要因だと思います。

_DSC0434KNIT THE INOUE BROTHERS
VEST ANATOMICA
TROUSERS KENNETH FIELD

続いては、ハウンドトゥースの様な柄が特徴的な1着。

【MESS JACKET】
IMG_0096COLOR GREY
SIZE 48 / 50
PRICE ¥118,000+TAX

肌さわりの良い上質なウール生地は、肌に触れるとその滑らかさが良く分かります。

IMG_0100
IMG_0102
裏地に使われている生地も、ヨーロッパヴィンテージでも良く目にする素材であり、背中とアームの裏地の柄が違うのにも心躍りますね。

_DSC0497
既にサイズ欠けしているモデルも出てきていますので、先ずは店頭にてご覧になってみてください。

そして、今週末10/22(SUN)に東京赤坂にて開催される”赤坂蚤の市 IN ARK HILLS”にARCHと姉妹店GENREが出店致します。

83A815B83N83q838B83Y95B68E9A93FC82E820-2083R83s815B-1 第43回 赤坂蚤の市 IN ARK HILLS
2017 10/22 SUNDAY

近郊にお住いの方は是非遊びにいらしてください。
当日は、GENRE山本、ANATOMICA岩谷が皆様をお迎えします。

皆様のご来店をお待ちしております。

ARCH 宅見

forme d’expression 2017 Autumn&Winter

2017.10.17 Tuesday 12:00:35| Author:admin| Categories:forme d'expression

_DSC0456

forme d’expression 2017awのコレクションが全て到着しました。

圧倒的な存在感を放つ上質な生地、それに負けない立体的なシルエットの洋服のフォルム。

一言で言うならばエレガントな佇まい…

高級メゾンでしか使われない極上の生地に心奪われ、職人技とも呼べるドレーピング技術を駆使した立体裁断のパターンに心が高鳴ります。

僕自身、洋服が並んでいるだけなのに、目を奪われたのはforme d’ expressionの洋服が初めてかもしれません…

_DSC0450

_DSC0459

_DSC0420

_DSC0431

_DSC0434

_DSC0464

_DSC0444

_DSC0447

前回の春夏シーズンでは、ブログで紹介する前に姿を消していたので商品を見た事がない方も多いかもしれません。
アイテムの詳細は、後日紹介しますので先ずは店頭にて実際に袖を通してみて欲しい洋服です。

ARCH 宅見

ALDEN TANKER BOOT CORDOVAN LEATHER

2017.09.26 Tuesday 15:39:49| Author:admin| Categories:ALDEN

約6年前にオーダーしていた、ALDENが奇跡的に数足入荷しました。

_DSC0166

言わずと知れたALDENの名品”TANKER BOOT”

ALDENのモデルの中でも1番生産工程が多いと言われている為、中々生産が追いついていないのが現状です。
TANKER BOOTの特徴の1つ、トゥ部分のモカ抜いは現在ALDEN社に2人の職人しか成せない技術です。

加えて素材が”コードヴァン”となれば時間を要するのは必然とも言えるでしょう、、、

_DSC0141

_DSC0144

_DSC0153

_DSC0148

コードヴァンレザーのシワの入り方は独特であり、他にはない光沢感もまたこのレザーの魅力だと思います。

僕もこの素材のALDENを愛用していますが、実はとてもタフな素材です。
雨の日等も気にせずに履いています笑

元々、登山等のアウトドアブーツの素材として使われていた背景があり、コードヴァンレザーの耐久性の高さに履いてみて驚きました。

少量の入荷なので、サイズの合う方は是非この機会にご覧になってみてください。

_DSC0139COLOR BLACK
SIZE  8H / 9 / 9H
PRICE ¥135,000+TAX

ARCH 宅見

BONCOURA / 41 MOLESKINE

2017.09.1 Friday 20:46:34| Author:admin| Categories:BONCOURA,未分類

_DSC0426

【BONCOURA(ボンクラ)】オリジナルのモールスキンを用いたU.S.ARMY 41PANTSのご紹介です。

このパンツは、個人的にもBONCOURAの入荷で真っ先に興味を惹かれたアイテムです。

_DSC0428COLOR / NAVY
MATERIAL / COTTON 100%
SIZE / 29 / 30 / 31 / 32 / 33 / 34
PRICE / ¥30,000 +tax

1940年初頭に米軍で使用されていたU.S ARMY W.W.2 KHAKIを同デザイナー森島氏の解釈でモディファイドしたこちらのアイテム。

_DSC0430

裾にかけて綺麗にテーパードしたラインに無骨なオリジナルモールスキンを使用する事でなんとも絶妙なバランスです。

合わせるトップスやシューズでドレスにもカジュアルにも落とし込める一本です。

IMG_0469

オリジナルを再現するだけではない森島氏らしいアイテムですが、耐久性のあるベルトループの仕様。

細かいディテールにまで目を配り、愛用する人の事をイメージして作られた一本だと感じました。

_DSC0432

この手のシルエットのパンツはジャストレングスで履いて、足元にはカチッとしたドレスシューズやボリューム感のあるマウンテンブーツを合わせてみてもカッコいいと思います。

また、先日ご紹介させて頂いた3B JACKETとも同素材ですのでセットアップでの着用もオススメです。

ご紹介する間も無く完売してしまったサイズも多数御座いますが、先ずは店頭でご覧になってみて下さい。

 

Arch 阿部

BONCOURA / 3B JACKET MOLESKINE

2017.08.30 Wednesday 21:13:10| Author:admin| Categories:BONCOURA,未分類

今季新たにリリースされた《MOLESKINE 3B JACKET》のご紹介になります。

BONCOURAでは秋冬の定番として人気の高いモールスキンシリーズ。

同じく定番のCPO SHIRTとは、また少し違った雰囲気です。

_DSC0413COLOR / NAVY
MARTERIAL / COTTON 100%
SIZE / 36 / 38 / 40
PRICE / ¥65,000+tax

パッチポケット、3つボタン段返りといったアメリカ顏のジャケットに主にヨーロッパヴィンテージでよく見られるモールスキン生地を敢えて使用しているところがBONCOURA流。

CPO SHIRT同様洗い、着用を繰り返す事で経年変化を楽しめる生地なので “ワークジャケット”の様にラフに着て頂きたい一着です。

_DSC0406

_DSC0418

ジレにスラックスと合わせても良し、ジーンズにカットソー位でもサマになります。

シンプルながら圧倒的なオーラがあるアイテムなので、僕は合わせる洋服もシンプルな物を選びたいです。

 

Arch 阿部

FRANK LEDER / DEUTSCHLEDER VEST , TROUSER

2017.08.28 Monday 19:09:24| Author:admin| Categories:FRANK LEDER,未分類

先日のブログに引き続き、FRANK LEDER DEUTSCHLEDER(ジャーマンレザー)のご紹介です。

今季よりラインナップに加わったVESTは、ドイツの伝統的なジャーマンレザーの生地を使用しつつもどこかアメリカ雰囲気を感じます。

[DEUTSCHLEDER VEST ]
_DSC0342COLOR / BLACK
SIZE / S / M / L
PLICE ¥39,000 +tax

_DSC0346全部で5つあるポケットは作業着としての実用性を発揮出来るディテール。
下段のポケットは、横から両手をすっぽりと収納する事が出来る為、ハンドウォーマーとしても活躍しそうです。

[DEUTSCHLEDER TROUSER]
_DSC0308 (2)COLOR / BLACK
SIZE / S / M
PLICE ¥48,000+tax

IMG_4430-266x400MACH 55 代表 長谷川氏 私物

10年以上穿き込まれたトラウザーはデニムの様にアタリ、パッカリングが起こりとてもいい雰囲気に仕上がっています。

ジャケットとのセットアップの着用もおすすめのトラウザーはジャケット同様経年変化を楽しめる一本です。

お陰様で残り僅かとなりました[2B JACKET]はDEUTSCHLEDERシリーズの中でも特に汎用性の高いアイテムです。

_DSC0312Archの定番アイテム[FRENCH ARMY M-47PANTS]との相性は言うまでもありません。無骨なアイテム同士の組み合わせですが、不思議と綺麗に納まってしまうところもこのジャケットの魅力ではないでしょうか。

_DSC0380見た目はシンプルな黒の2B JACKETの為、スラックスにシャツの様な綺麗目な装いにも好相性。
急な会社の上司やお客様とのお食事に着て行っても恥ずかしくないアイテムです。

_DSC0396同素材のVESTと合わせるのも◎。より統一感が増し、ジャケットを引き立てます。

先ほどもお伝えしましたが、FRANK LEDERのDEUTSCHLEDERシリーズは在庫のご用意が残り僅かとなっております。(特にジャケット類に関しては欠けているサイズも御座います。)

以前から気にされていた方、去年買い逃してしまった方は是非お早めにご来店下さいませ。

Arch 松本

Deutschleder

2017.08.25 Friday 20:51:58| Author:admin| Categories:FRANK LEDER

FRANK LEDERの代名詞とも言える、DEUTSCHLEDER・通称ジャーマンレザー。

僕達スタッフも長年愛用している秋冬には欠かせないアイテムが、明日店頭に到着します。

IMG_4406-266x400

1930年代頃、ドイツの労働者達の間で最も高級品とされていたワークウェアはレザー素材のモノでした。

労働者階級の人達にとってレザー素材を手にする事が出来るのはほんのごく一部の人達だけだったそうです。

そんな中、COTTON100%でありながら、極限まで高密度に打ち込まれたワークウェアは、まさにレザーを凌ぐ程の防寒性を兼ね備えていたという事から、”ドイツレザー”と名付けられ、多くのブルーワーカー達に愛用されていました。

100年近くも前から、今も尚変わらずに生産される”ジャーマンレザー”の生地は、ドイツの伝統的な素材といっても過言ではありません。

【DOUBLE BREASTED】
DSC1457-400x265COLOR BLACK
SIZE XS / S / M / L
PRICE  ¥98,000+TAX

DSC7679-400x264

ARCH では、別注という形で何度かリリースしていますDOUBLE BRASTED。
冒頭の写真の様に、地面に直立する程の硬さを誇る生地の厚さが何よりも魅力です。

オーナー山内が、約10年愛用している私物は、その硬さを感じさせない位柔らかく、驚くほど身体に馴染んでいます。

FRANK LEDERのコンセプトである、作った時点で70%、着る事によって100%完成に近付いていく洋服作り。

その根本を感じられる素材であり、自分の身体に沿って形が変わっていくのが着ていてより実感します。

【2B JACKET】
DSC07121-280x400COLOR BLACK
SIZE  XS / S / M / L
PRICE 88,000+TAX

IMG_4418-400x266

僕自信、2B JACKETを約4年程愛用しています。

レザー用の機械でしか針が通らない程の生地の厚さなので、最初は腕が上がらない程硬い生地に悪戦苦闘しました。

ですが、半年・1年と着込みようやく身体に馴染んでいくのを実感していきます。

自分が動く通りのシワが入り、自分の肩に沿って生地が馴染む、そんな感覚に驚き今ではどのジャケットを着るよりも楽に感じてしまいます。

生地がボロボロになってもリペアを繰り返して着たい!と思える相棒と呼べる1着です。

ボロボロになりリペアを繰り返すといったサイクルが成り立つのもこの”ジャーマンレザー”という生地だからこそです。

まさに”育てるジャケット”と呼べる逸品です。

明日は、この2型に加えてジャーマンレザーを用いたアイテムが数型入荷します。

ARCH 宅見

FRANK LEDER 2017AW “Der Unsichtbare Feind”

2017.08.21 Monday 20:17:14| Author:admin| Categories:FRANK LEDER

FRANK LEDERの新作が店頭に到着しました。

_DSC0090

今季のテーマは、”Der Unsichtbare Feind” 〜見えない敵

大戦後の1950年代~60年代にかけ、ドイツでは東西に地域が分断され2つの国家が形成されます。
その時代の冷戦時におこったスパイ活動の物語を今季のコレクションテーマにしています。

全ては、情報収集、敵陣の観察、偽装、情報監視、尾行にまつわるもの。

コレクションのファブリックやシェイプには、これらのトピックが反映されています。

AW1718-Frank-Leder-Der-unsichtbare-Feind-07-1350x1800
AW1718-Frank-Leder-Der-unsichtbare-Feind-06-599x900
AW1718-Frank-Leder-Der-unsichtbare-Feind-02-599x900

AW1718-Frank-Leder-Der-unsichtbare-Feind-03-1199x1800

 

ドイツの伝統的な素材を活かした洋服が揃うFRANK LEDERのコレクション。
特に秋冬の素材はソレをより感じられる素材ばかりです。

今季特にお勧めしたい素材は、”NAVY NEP HERINGNBONE WOOL”です。
ヨーロッパらしいクラシックなツイード生地は、雨や陽にさらされ自分の身体に馴染んでいく素材です。
こちらは、後日ブログにて紹介します。

そして、ARCHでは定番といっても過言ではない”VINTAGA BED SHEET”のシャツも入荷しています。

_DSC0098
_DSC0094
ヴィンテージのベッドシーツを裁断して作られるこのシャツは、洗いと着用を繰り返すことで雰囲気が増していきます。

生地の厚み、ネップ感、どれをとってヴィンテージそのもので、圧倒的なオーラを放っている1着です。

是非お早めにご覧になってみてください。

そして…FRANK LEDER定秋冬番のアノ素材も近日入荷予定です。

週末には店頭に到着する予定ですので、楽しみにしていてください。

ARCH 宅見