Blog from ArchStyle » _BRAND(A-G)|archstyle|Arch アーチ

ALDEN SHOE FITTING FAIR

2017.06.23 Friday 20:47:12| Author:admin| Categories:ALDEN

本日より開催しております、”ALDEN SHOE FITTING FAIR”。

初めてALDENに足を通す方や2足目を選ばれる方、履き心地の良さに驚いている姿を見ていると僕らもとても嬉しい気持ちになります。

本日は、今回揃った主なラインナップをご紹介します。

先ずは、コードヴァンレザーを用いたALDEN定番の1型。
シワの入り方が独特であり、ALDENを代表するモデルの1つだと思います。

【CHUKKA BOOT 】
_DSC2800

_DSC2806MATERIAL CORDOVAN
COLOR BLACK
LAST BARRIE
PRICE ¥130,000+TAX

【COIN LOFAR】
_DSC2809

_DSC2812MATERIAL CARF
COLOR BLACK
LAST  VAN
PRICE ¥91,000+TAX

【 PLANE TOE OX FORD 】
_DSC2820

_DSC2824MATERIAL CHROME EXCEL
COLOR BROWN
LAST BARRIE
PRICE ¥95,000+TAX

【CLIPPER OX FORD 】
_DSC2788

_DSC2790MATERIAL CHROME EXCEL
COLOR BLACK
LAST BARRIE
PRICE ¥96,000+TAX

【TANKER OX】
_DSC2854

_DSC2855MATERIAL CHROME EXCEL
COLOR NATURAL
LAST 379X
PRICE ¥80,000+TAX

【6EYE CHUKKA BOOT】
_DSC2850
_DSC2853MATERIAL CHROME EXCEL
COLOR BROWN
LAST MODIFIED
PRICE ¥79,000+TAX

【SADDLE BLUEHER OX】
_DSC2792

_DSC2796MATERIAL CHAMOIS SUEDE
COLOR NAVY
LAST MODIFIED
PRICE ¥88,000+TAX

【 PLANE TOE BOOTS 】
_DSC2839

_DSC2837MATERIAL CHAMOIS SUEDE
COLOR SNUFF
LAST 379X
PRICE ¥98,000+TAX

【MICHIGAN BOOT】
_DSC8018
_DSC8021MATERIAL CHROME EXCEL
COLOR BROWN
LAST BARRIE
PRICE ¥102,000+TAX

モデル選びも悩ましい所ですが、履く場面や履き方スタイルによって自分が1番気兼ねなく履ける物を選ぶのがお勧めです。
プレーントゥのモデルは、オン・オフ使える優れものですし、ブーツのタイプは秋冬に頼もしい1足になる事は間違いありません。

レザーソールの物に関しては、ここ北海道の土地柄もあり薄めのラバーを貼ってシーズン関係なく履いている方が多いです。
雨や雪道は敬遠しがちですが、実は問題なく履けてしまうのがALDENの強みです。
僕らもあまり天候は気にせずに履いています。

ケア等のサポートもさせて頂いておりますので、お気軽にご相談してください。

皆様のご来店をお待ちしております。

ARCH 宅見

379X LAST HUNTER BROWN

2017.06.22 Thursday 19:43:36| Author:admin| Categories:ALDEN

いよいよ明日より開催します”ALDEN SHOE FITTING FAIR”

今回、このタイミングで約2年前にオーダーしていたモデルが入荷しました。
379X LAST 通称・MILITARY LASTを用いたオックスフォードシューズです。

_DSC2814
40年代頃、US NAVYに支給されていたサービスシューズは、通称・マンソンラストと呼ばれる木型が使われていました。

当時、戦場では足に問題を抱えた兵士が多く、しっかりとした歩行が出来る靴が必要でした。
そこで開発されたのがこのマンソンラストです。

本来の足の形状を妨げないように作られた木型は、インサイドストレート・アウトカーブの独特の形になっています。

そのマンソンラストを元にALDEN社が独自に開発した木型が、この379X LASTになります。

人体工学に基づいた歩行に適した1足と言えるでしょう。

_DSC2815COLOR HUNTER BROWN
SIZE 7 / 7H / 8 / 8H /9 / 9H
PRICE 94,000+TAX

HUNTER BROWNと名つけられたライトブラウンの色味がこのモデル1番の魅力です。

USMCに支給されていたライトブラウンのサービスシューズを彷彿させる色味とミリタリーラストが相まって、まるでミリタリー物を感じさせる1足に仕上がっています。

_DSC2821

_DSC2830
_DSC2819 (1)
_DSC2819
アッパーのレザーにはカーフレザーを、アウトソールにはオイルを含ませたウォーターロックソールを採用しています。
水の浸透を防ぐ仕様に加えて、柔らかいソールは返りがよいのでとても歩きやすいです。

_DSC2823左 ポリッシュ前 / 右 ポリッシュ後

ポリッシュする事で光沢感が増し、カジュアルな顔が上品な装いにも映ります。
履きシワが入る事で違いがよく分かると思います。

昨日のブログでもプレーントゥのモデルを愛用しているスタッフが多かったですが、こうやってブログを書いていてもやはり汎用性が高いなと感じます。

ミリタリーパンツに合わせて履きたいと妄想していました…自分のサイズがあれば直ぐに購入していたと思います。笑

カジュアルな装いにも映えるブラウンという事もあり、どんな場面でも対応出来る1足です。

是非、明日から開催しますイベントにてご覧になってみて下さい。

_DSC1335ALDEN SHOE FITTING FAIR
2017  6/23(FRI)~6/27(TUE)
@ ARCH and ANATOMICA SAPPORO

ARCH 宅見

My Vintage ALDEN Vol.2

2017.06.21 Wednesday 20:46:10| Author:admin| Categories:ALDEN

昨日に引き続き本日もスタッフの愛用しているALDENと共にその魅力についてご紹介していきます。

先ずは、ARCH スタッフ近谷からです。

【近谷】
IMG_1882P-TOE BROWN CALF
MODIFIED LAST
約2年愛用
IMG_1876

『僕が初めて購入したALDENは、今履いているサイズのハーフサイズ下のV-TIPでした。

しかしArchに入社してすぐにオーナー山内に足をフィッティングしてもらい、初めて適性のサイズで選んで頂いたのがこのPLANE TOE CARF モディファイドラストでした。

1足目を買った当時は「高価なレッドカーペットを歩くようなドレスシューズ」のイメージがありましたが、2足目購入の際に実のところ日常的にガシガシ履ける「矯正靴」という事実を教えて頂き、とても驚かされたのを覚えています。

決して安価な靴ではないですが、生涯足を痛めること無く履き続けれるフィッティングを受け、特別な1足を手に入れた瞬間は堪らなく嬉しく、ずっと眺めていたのを思い出します。笑 』近谷談

【川村】

IMG_1869P-TOE BLACK CALF
MODIFIED LAST
約2年愛用
IMG_1867

『万能な黒の”プレーントゥ”は絶対に持っておいた方が良い1足だという諸先輩方の教えにならい、購入した1足です。
アメリカントラディッショナルな装いにはもちろん、個人的にはミリタリーなアイテムに合わせることが多いです。

どんなスタイルにも馴染む汎用性の高さとストレスの無い履き心地につい手を伸ばしてしまうのですが、おかげでかなり雰囲気が出てきました。笑

エイジングした自分のAldenを見て、これだけラフに履ける革靴もそう多く無いんじゃ無いかと、改めてAldenの魅力を感じることができました。』川村談

【宅見】
_DSC2796MOC TOE CORDOVAN
MODIFIED LAST
約1年愛用
_DSC2789

『このMOC TOE のALDENを購入するまでは、足が大きい為マイサイズのALDENを履けた事がなく、本来のフィッティングを今まで体感した事がありませんでした。

”これを履いたら革靴の考え方が180度変わる”

1年前にPARISのANATOMICAで購入した際に言われた言葉で、その時は正直な所すこし半信半疑だったはずです…
ですが、その言葉の意味は歩くたびに確信に変わっていきました。
どんなに歩いても疲れる事もなく、歩行中のストレスも全くありません。

出張等で絶対に歩く時間が長い時は必ずこのALDENを履いていきます。

今では僕にとってなくてはならない相棒的存在です。』宅見談

_DSC1335ALDEN SHOE FITTING FAIR
2017  6/23(FRI)~6/27(TUE)
@ ARCH and ANATOMICA SAPPORO

僕自身がそうでしたが、自分の適正サイズが分からずにALDENを履いていた時期もありました。

そんな失敗があるからこそ、お客様には必ず1人1人に合うベストなサイズをご提案させて頂いてます。

今週末から開催します”ALDEN SHOE FITTING FAIR”では、米・ブラナックディバイスの計測器の元、ALDENを快適に履く適正なサイズでフィッティング致します。

イベント期間中は、豊富なラインナップが揃いますので、お好みのモデルを探しにいらしてください。

明日のブログでは、イベントで並ぶ予定のラインナップをご紹介します。

ARCH 宅見

My Vintage Alden

2017.06.20 Tuesday 22:23:23| Author:admin| Categories:ALDEN,My Vintage

アメリカ靴を語る上で欠かせない存在とも言える【ALDEN】。
1884年に創業したALDEN社は、カスタムブーツの生産からその歴史は始まっています。

上質なレザーを用いたアメリカ顔のレザーシューズがイメージにあると思いますが、コンフォータブルな靴作りこそALDENの代名詞とも言えます。

70年代頃から、足に問題を抱えた人達にも快適に履ける矯正靴を作り、その分野も開拓していきます。
踵から土踏まずにかけてカーブした形状のモディファイドラストがその代表的な木型。

裸足に近い状態で履けるフィッティングは、レザーシューズへの概念が変わります。

_DSC2757

僕達にとっても欠かせないALDENの魅力を、スタッフが愛用している物と交えて本日からご紹介していきます。

先ずは、ARCH松本からです。

【松本】
_DSC2528V-TIP CALF BLACK
約2年愛用

_DSC2526

『 約4年前にARCHにて初めてALDENの靴を試着し、今まで履いてきた革靴とのフィッティングの違いに驚きました。
スニーカーよりも楽に歩ける革靴が存在する事を初めて知り、いつか必ず手に入れたいと思いすぐに予約しました。

改めて履いてみて、革靴を履いているに気持ちが良いと思ったのは初めての感覚です。』松本談


【ARCH HERITAGE 川上】
_DSC0067P-TOE CHROME EXCEL  LEATHER
BARRIE LAST
約1年愛用

_DSC0058

『  素材にはクロームエクセルレザーが使用されていて、つま先〜ヴァンプにかけてライニングを貼らない「ワックスバック」という製法で仕上げられており、柔軟性に優れるインソール&アウトソールの組み合わせで、非常にソフトな履き心地が気に入っています。
クロームエクセルレザーは、水濡れに強くて手入れも容易なので、天候を気にせずラフに履けるのも魅力です。

ソールの返りの良さ、柔らかな履き心地は、ALDENの中でも群を抜いてる気がします。
バリーラストは、ゆったりとした、ボリューム感のあるフォルムで最もアメリカ靴らしいと言われる木型。

履き心地良く、なお且つアメリカ靴らしい(木型&ラフに履ける)、ALDENの魅力が凝縮されているモデルだと思います。

今回のようにミリタリージャケットをタイドアップした際や、軍パンにテーラードジャケットを着た際など、カジュアルな中にもトラッドな要素を含ませたとき、このALDENを履くことが多いです。』川上談

【ANATOMICA SAPPORO 岩谷】
_DSC1386INDY BOOT CHROME EXCEL LEATHER
約4年愛用
_DSC1382

『自分にとってALDENの靴は、気を付かわないと履けない革靴ではなく、楽に履ける日常靴です。
PARISのANATOMICAで購入したクロムエクセルレザーのインディーブーツは、全天候に対応できる万能な1足。
特に雨の日や雪道でも気にせずに履けるので、革靴というよりは自分の道具として使っています。
ブルージーンズに合わせる直球のアメリカンなスタイルで履く事が多いです。』岩谷談

愛用しているスタッフに共通している点は、”履き心地の良さ”。

実際に履いてみる事でALDENの履き心地の良さを実感出来ます。

そんなALDENのレザーシューズを一堂に集めたイベントを、今週末6/23からANATOMICA SAPPORO と合同で開催します。

_DSC1335ALDEN SHOE FITTING FAIR
2017  6/23(FRI)~6/27(TUE)
@ ARCH and ANATOMICA SAPPORO

ARCHでは、入荷したばかりのALDENをイベント初日からお披露目です。

加えて系列店ARCH HERITAGEにてセレクトしているALDENも期間中はARCHの店頭に並びます。
豊富なラインナップに加え、現在枯渇状態のコードヴァンレザーを用いたモデルも数足揃える事が出来ました。

入荷したALDENの詳細も追って紹介しますので楽しみにしていてください。

期間中は是非この機会にARCH、ANATOMICA SAPPOROに足を運んでみてください。

皆様のご来店をお待ちしております。

ARCH 宅見

CASEY CASEY PAPER SHIRT

2017.06.14 Wednesday 20:28:14| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

CASEY CASEY定番アイテムの1つ、PAPER SHIRT。

紙の様な素材感からその名が付いているこのシャツは、CASEY CASEYの顔とも言えるアイテムです。

_DSC1133
PARISのアトリエで、ツイストとウォッシュをかけて出来上がる存在感のある1枚。

”白シャツ”というシンプルなアイテムを、デザインを加えずに素材とシルエットだけで、他には類を見ないモノに仕上げています。

奇をてらったデザインではなく、ベースがありながら独特の素材に仕上げて行くのがCASEY CASEYの洋服の魅了だと思います。

上質なブロード生地を、ぐしゃぐしゃにしてしまうのにも最初はとても驚きました。

IMG_0312Color WHITE
Size XS / S / M
Price 53,000+tax

手作業でツイスト・ウォッシュをかける事で、最初から洗いざらしで着込まれた様な雰囲気に。

綺麗な素材とシルエットに魅了され、僕らも気に入って愛用しております。

IMG_0315
IMG_0302
IMG_0307
スタンドカラーのディテールとタックイン・アウトでも着用出来る着丈の長さが、イギリスのクラシックなシャツを彷彿とさせます。

CASEY CASEYの洋服全てに付く赤のステッチも、ワークウェアーのディテールを感じさせ、男心をくすぐらせますね。

_DSC0473
_DSC1198
_DSC0692
シワに関しては、着用と洗いを繰り返すと落ち着いてきますが、ぐるぐるに丸めて保管しておけば元の状態に戻ります。

僕自身、洗いざらしで少しシワが入っている位で適当に着ていますよ。

綺麗な印象のあるシャツだからこそ、僕達が好きなミリタリー・ワークウェアーとの相性が抜群に良いです。

”白シャツ”

ベーシックなアイテムだからこそ、納得のいく1枚を着たいと思ってしまいます。

ヨーロッパらしいデザイン・素材の”白シャツ”をお勧めするならば、CASEY CASEY以外見当たりません。

ARCH 宅見

 

BONCOURA DENIM JACKET & 3B JACKET

2017.06.6 Tuesday 22:03:41| Author:admin| Categories:BONCOURA,未分類

_DSC1435
BONCOURAの顔とも言えるデニム生地は、糸の紡績から生地作りが始まります。

昭和20年代の旧式力織機でゆっくりと空気を取り込みながら織られる生地は、毛羽立ちとザラ感が増し、まるで40年代のアメリカ物を彷彿とさせます。

定番のジーンズと並び無くてはならないのが、ジーンズ同様の生地を使ったDENIM Gジャンです。

IMG_0151COLOR INDIGO
SIZE 36 / 38 / 40 / 42
PRICE ¥38,000+TAX

僕らが気に入って愛用している要因の1つが、着丈の長さです。

この手のGジャンに見られる物よりも少し長さのある仕様なので、合わせるボトムスとインナーの幅が広がります。

ジャケットとしては勿論、はたまたコートの中に忍ばせても良し、ギャバジンやオイルドコートのインナーに色落ちしたデニムGジャン…想像しただけで堪りませんね。

_DSC0629
_DSC2150

ジーンズよりも縫製工程が多い上に縫う場所によってステッチの番手や色、さらには運針まで変えているのには驚きです。
全てがコットン100%による糸なので、色が落ちてきた際にステッチにインディゴが乗り、生地と共に良い雰囲気になってきます。

続いては、ベーシックな3つボタン段返りの3B JACKET。

_DSC0655COLOR INDIGO HERRINGBONE
SIZE 36 / 38 / 40
PRICE 55,000+TAX

3つボタン、パッチ・フラップポケットの仕様がアメリカ顔のこちらのジャケット。

BONCOURA定番素材であるINDIGO HERRINGBONEの素材に成る事で、ラフに着れる1枚になっています。

_DSC0675
_DSC0678
洗いと着用を繰り返し、色が落ちる事でヘリンボーンの織りがよりはっきりと浮き出てきます。
この形でラフに着れる素材という点がとてもツボです。

_DSC0669COLOR SUCKER BLUE
SIZE 36 / 38 / 40
PRICE 55,000+TAX

シアサッカー素材を用いた3Bジャケットは、シャツ感覚で着れる素材感なので夏場の羽織として最適ではないでしょうか。

_DSC0671
夏の代名詞とも言える素材を、この季節だからこそ出来るスタイルで快適に着たいですね。

BONCOURAの最大の魅力は生地にあると思います。

10年、20年と愛用する事を考えて作られるその生地は、どのアイテムにも共通しています。

”育て甲斐のある洋服”

そんな言葉がしっくりくるBONCOUARの洋服に袖を通してみて頂きたいです。

ARCH 宅見

Worker’s Style by BONCOURA Vol.11

2017.06.4 Sunday 20:51:46| Author:admin| Categories:BONCOURA

久々の更新となりました、”Worker’s Style by BONCOURA”も第11回目となりました。

普段からBONCOURA DENIMを愛用して頂いてるお客様にフォーカスを当てたこの企画。

履き方や使用頻度、色落ちの仕方など、そのジーンズ1本から愛用している人のライフスタイルが垣間見える様な気がします。

今回話しを聞きにいったのは、僕の友人である工藤 翔太さんと工藤 資さんのお二人です。

_DSC0533
札幌にあるGREEN BLUEという飲食店で働くお二人は、仕事中も普段着としてもBONCOURA デニムを愛用してくれています。
なんと3モデル全てを所有しており、色々なシュチュエーションで履くモデルを変えているそうです。

_DSC0499
『BONCOURAデニムを購入しようと思ったきっかけは、ヴィンテージの様なザラ感のある生地と”バックポケットに何の装飾(ステッチ)が無かった”事が決めてでした。
ワークウェアーを象徴とするマークが無い事で、土臭いイメージがなく仕事着としてもその印象を与える事がないのが僕としてはとても嬉しいところでした。
ジャケットなんかにも合わせやすいです。
仕事柄、毎日デイリーに使えるタフな物でなければいけないので、14.5ozの厚さは安心感があります。
馴染むまでは時間がかかり育てるのが大変ですが笑
その過程がやはり楽しいですし、自分の物になっている感覚がありますね。

破れてボロボロになってもリペアしてでも履きたくなる愛着のあるジーンズです。

仕事中や自転車に乗る時はXXモデルを、ジャケット等に合わせる時は66モデルと色々と使い分けて履いています。』工藤さん 談

_DSC0522CHINCH BACK MODEL

_DSC0525XX MODEL

_DSC0513

最近購入して頂いたBONCOURA EPRONも活躍中だそうです。
エプロンの成長を見にまた取材しにいこうと思います。

毎日仕事で使っているとは言え、やはりBONCOURAデニムの色落ちには圧巻です。

自分の身体に馴染むからこそ、リペアしてでも履きたくなる。
本来のワークウェアーの在るべき姿を垣間見た気がしました。

_DSC0503【 GREEN BLUE 】
札幌市 北区北8条西4丁目稲津ビルB1F
TEL 011-717-5959
営業時間 17:00~25:00

北海道の食材をメインにワインやフレンチを楽しめるバルになっています。
系列店の”黒花火”もまたもつ鍋がメインでとても美味しいお店ですので、是非足を運んでみてください。

ARCH 宅見

一生物のワークブーツ / GUIDI&ROSELLINI

2017.05.27 Saturday 20:43:00| Author:admin| Categories:GUIDI&ROSELLINI

レザータンナーとして今も尚、様々なブランドにそのレザーを求められている世界一のタンナーメーカー”GUIDI&ROSELLINI”。

_DSC0491
イタリア・トスカーナ地方の伝統的な手法で生まれる”VACCHETTA LEATHER”は、GUIDI&ROSELLINIが作り出す唯一無二の物と言っても過言ではありません。

アルプスで育った雌のステア牛の皮を手作業で肉から剥ぎ、化学物質は一切使わずに天然の植物性タンニンのみで時間をかけて皮を鞣していきます。

原皮から革にする全ての工程が手作業によって丹念に…

その背景には並ならぬ拘りがあるのだと実際に愛用していて感じる事が出来ます。

約1年愛用している1907 DERBY OXもようやく良い雰囲気になってきました。

_DSC0459
_DSC0456
_DSC0452
_DSC0495

 ARCHでは全てのラインナップをリバースレザー(裏側)所謂スエードの物をセレクトしています。
僕もそうでしたが、表側のレザーと見間違う程の滑らさに間違い無く驚くはずです。

カーフ等のレザーですと細かくシワが入るのに対して、1本にスッとシワが入るのも”VACCHETTA LEATHER”の特徴の1つ。

コードヴァンレザーに近いモノを感じます。

_DSC0469

LEFT NEW/ RIGHT 宅見私物

_DSC0473

鞣しの段階でたっぷりとオイルを含ませていますので、手入れ自体は殆ど必要ありません。
天然のオイルのみを使っている為、人の肌に塗る様なハンドクリーム等で十分なくらいです。
実際に”GUIDI&ROSELLINI”もソレを推奨しているそうです。

_DSC0485

綺麗なナチュラルレザーに先ず惹かれ、履き込んでいき焼けた様な色味に愛着が湧く。

シワの入り方から色味や汚れ、全てが自分だけの1足に仕上っていく過程こそ”GUIDI&ROSELLINI”の醍醐味です。

DSC0141-400x2651907 DERBY OX
SIZE 41 / 42 / 43 / 44
PRICE  128,000+TAX

DSC5084-400x265 1906 DESERT BOOT
SIZE 41 / 42 / 43 / 44
PRICE ¥138,000+TAX

DSC0147-400x2651835 BOOT
SIZE 41 / 42 /43 / 44
PRICE 148,000+TAX

一生物のワークブーツと自信を持ってお勧め出来る1足です。

ARCH 宅見