Blog from ArchStyle » _BRAND(A-G)|archstyle|Arch アーチ

My Vintage〜German Leather

2020.09.14 Monday 20:51:49| Author:admin| Categories:FRANK LEDER

本日は、久しぶりに僕らが愛用している、My Vintageをご紹介したいと思います。

DSC04296

僕(宅見)が、約7年愛用しているFRANK LEDERの”DEUTCSLEDER” ・通称ジャーマンレザー。

以前にも、MY VINTAGEのコーナーでも何度か紹介していますが、改めてご紹介させてください。

DSC04297

1930年代頃、ドイツの労働者の間で、最も高級品とされていた労働着はレザー素材のモノでした。

ですが、そんな高級品を手に入れられる労働者は、ほんの極一部だったそうです。
そんな中、コットン100%でありながら、レザーをも凌ぐ程の耐久性と防寒性を備えた生地が存在しました。

その生地は、レザーを縫う機械ではないと針が通らない程に肉厚。

極減まで打ち込まれた高密度な生地は、当時のブルーワーカー達から重宝され多くの人達が愛用していたそうです。

レザー同等のスペックを誇り、レザーよりも安価に手に入れられる事から、

他国からドイツのレザーと言わしめたその素材こそが、”GERMAN LEATHER”であり、FRANK LEDERを代表する素材です。

IMG_4322

IMG_4303

DSC08681-400x265

IMG_4304

地面に直立する程の硬さと厚さを誇る生地は、北海道の冬でも通用するレベル。

購入した当初は、生地が硬すぎて腕もまともに上げる事ができないし、ボタンは直ぐに飛んでいくしでかなり苦労しました笑

本当に馴染むのか?と疑問を抱きながらも、デニムを育てる感覚で大事に、時には乱暴に着込んでいきました。

お世辞にも着やすいとは言えないこの生地も、今では一番楽に着れるジャケットです。

自分でも驚く位、身体に妙にフィットしており、最初のごわっとした感覚は全くありません。

DSC04326

様々なシュチュエーションに対応出来るのも気に入ってます。

仕事、休日は勿論ですが、目上の方との会食や少し小綺麗にしていく場所でも、活躍してくれます。

前者は、ラフにジーンズにスウェット等が多いですが、後者ではトラウザーズを合わせインナーにシャツやタイ、ハイゲージニット等を合わせています。

DSC04329

車移動が多い方ならば、冬場でもマフラーを巻いてしまえば十分に防寒出来てしまうので、ライトアウターとしても◎

【2B JACKET】
DSC02976 2
COLOR BLACK
SIZE S / M / L
PRICE ¥88,000+TAX

DSC02981 2

DSC02979 2

そして、オーナー山内が愛用しているダブルブレステッドのモデルも、ARCHでは欠かせないアイテムです。

DSC04319

左 新品 / 右 山内 私物

DSC7679-400x2641

愛用歴は10年以上、この経年変化の仕方は圧巻の一言。

ブラックの色味も徐々に褪せていき、シワがハッキリとわかります。

DSC1457-400x2651

DSC1461-265x400

このモデルは、レギュラーでは展開していなかったので、ARCHの復刻別注としてオーダーしていたモデルです。

ピーコートの様なデザインと、素材の無骨さが男らしい一着です。

このモデルは、真冬でもアウターとしてガンガン着用出来るので、非常にお勧めです。

【DOUBLE BREASTED】
DSC04311
COLOR BLACK
SIZE S / M / L
RPICE ¥98,000+TAX

DSC04312

DSC04314

DSC04313

“育てがいのあるジャケット”

生地が変化し、さらに素材の良さが光るジャケットは、間違いなく愛着を持てます。

経年変化ではなく経年美化。

FRANK LEDERの真骨頂ともいえるこの素材を是非ご覧になってください。

ARCH 宅見

CASEY CASEY / BLODDY COAT

2020.09.7 Monday 21:39:45| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

IMG_3319

ボロボロに擦り切れるまで着倒してもまだ捨てる事を躊躇(ちゅうちょ)してしまうような愛着のある古い洋服。

私達のパリのアトリエで創られる洋服は、洗い、染め、ハンドステッチ、ツイスティング等の手作業の行程を行わずにお店に届く事はありません。

そうやって、愛情を込めて(たまに小さい虐待も)手作業を加えた洋服はヴィンテージのような風合いになります。

By CASEY CASEY

CASEY CASEYが唱えるブランドコンセプトは、いつ聞いても感慨深いモノがあり、これこそが古き良き洋服作りの在り方なのかもしれないとも思わされます。

ウールの生地であっても躊躇なく洗いをかけ、独特の雰囲気を纏った生地に仕上げるのです。

本日紹介するウールコートは、まさにCASEY CASEYのブランドコンセプトが色濃く反映された一着です。

DSC03290

ブラックの色味にピンストライプが目を引く”BLOBBY COAT”

フワッとした柔かなウール生地は、既に馴染みが良くずっと触っていたくなる素材です。

IMG_3299

IMG_3303

IMG_3304

IMG_3298

ジャケットでは良く目にするピンストライプの生地も、コートだと目新しく新鮮に映ます。

非常に上品な雰囲気がある生地です。

英国のドレスウェアーを彷彿とさせる生地も、CASEY CASEY特有のゆったりとしたシルエットになる事で、全く違う印象を与えてくれます。

IMG_3316

IMG_3311

IMG_3307

IMG_3313

上品な表生地とはイメージの違う、生地を裏地に使っているのも非常に憎いです。

ウォッシュのかかった洗いざらしのコットン生地。

ピンストライプの生地とのコントラストが、よりこのコートの魅力を引き出しています。

DSC03292
 COLOR BLACK
SIZE S / M / L
PRICE ¥154,000+TAX

DSC03293

空気を含んでいるようなフワッとしたシルエットがCSAEY CASEYの最大の特徴だと思っています。

オーバーサイズな訳ではなく、理に適った機能的なサイジング。

絶妙な生地の落ち方とあまり方。

実際に袖を通し、動いた時に分かる絶妙なシルエット。

生地の分量とパターンが計算され尽くされているだろう、フィッティングに間違いなくハマってしまいます。

DSC02843

DSC02845

伝えたい事はまだまだあるのですが….言葉では伝えづらいので、続きは是非店頭にて話させてください笑

CASEY CASEYのコート類は、秋冬本番前にいつも姿を消してしまうので、是非お早目にご覧になってください。

ARCH 宅見

forme D’expression 2020aw New Arrival

2020.09.5 Saturday 20:16:55| Author:admin| Categories:forme d'expression

IMG_1026-400x266

forme D’expression より2020awの新作が本日入荷してきました。

非常に楽しみにしていただけに、ワクワクしながら検品しております。
僕らの想像以上のコレクションが揃っており、早くお披露目したい気持ちでいっぱいです。

DSC03207

DSC03227

DSC03218

DSC03217

IMG_3261

DSC03216

DSC03258

forme D’expressionでは珍しい、5pocket jeansがラインナップされています。
ブラックデニムと立体裁断のシルエット…..たまりません。

そして今季もARCH 別注モデルを製作して頂きました。

フィッシュテールパーカーをジャケット型にしたモデルとトラウザーズのセットアップは、今回是非見て頂きたいアイテムです。

詳細は、後日改めて紹介しますので、楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

CASEY CASEY / PAPER SHIRT

2020.08.31 Monday 21:00:10| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

ccbc5bbd7c3894d09dc41bc8a00ef329-310x400

フランスのアトリエにて生まれるCASEY CASEYの洋服。

世界中からより優れの生地を集め、自分達が納得のいく素材に変貌させていきます。

ウォッショ、ツイスティング、染色、全ての工程を手作業で行う事で、ヴィンテージ顔負けの存在感を放つ生地に。

古き良き時代がそうであったように、手作業での物作りを続けているCASEY CASEYの洋服には不思議と愛着が湧いてきます。

IMG_2907

僕がCASEY CASEYの洋服を初めて購入したアイテムは、一枚のシャツでした。

一見シンプルでベーシックな一枚なのですが、何かを訴えてくるような…洋服が持つ圧倒的なオーラを感じ手にとりました。

触った事のない独特の生地、空気を含んでいるような絶妙なシルエット。

今ではこのシャツなしでは自分のワードローブは完成しない程、絶対的な定番シャツとして愛用しています。

そのシャツは”PAPER SHIRT”と呼ばれる一枚です。

IMG_2912

IMG_2913

名前の通り、紙の様な素材感が特徴的なシャツ。

最初からツイスティングされているので、既に洗いざらしで着込まれている雰囲気に仕上がっています。

IMG_2914

IMG_2911

DSC02897

今回は、ナチュラルとネイビーの2色展開です。

レギュラーカラーのベーシックな一枚ですが、着てみるとわかる絶妙なシルエットに、間違いなく惚れ惚れするはずです。

DSC03068

DSC03072

着て実際に動いた時にこそ、シルエットの良さがより分かります。

タイトでもなくゆったりし過ぎている訳でもない、微妙な生地の配分こそがCASEY CASEYの凄さだと思います。

DSC02899

IMG_2909

DSC02901

IMG_2904

ネイビーのPAPER SHIRTは、久しぶりの入荷となりました。

PAPERの素材感と相まって、不思議な色気が漂うシャツです。

DSC02812

一枚で着ても勿論サマになりますが、ジャケット等のインナーとしても映える一枚です。

僕も何色か持っていますが、白系とネイビーがあればどんなスタイルにも落とし込めます。

DSC02895
COLOR NAVY / NATURAL
SIZE S / M / L
PRICE ¥58,000+TAX

CASEY CASEYの魅了に、どっぷりハマっっていく”きかっけ”となった” PAPER SHIRT”

言葉で言い表すのが難しいですが、シンプルなシャツなのに、着ると不思議と大人の余裕が漂うような….是非一度袖を通して欲しいシャツです。

既にサイズ欠けしているので、お早めにご覧になってみてください。

ARCH 宅見

FRANK LEDER 2020AW NEW ARRIVAL

2020.08.28 Friday 16:27:48| Author:admin| Categories:FRANK LEDER

FRANK LEDERより新作とコレクションが入荷してきました。

2020SSコレクションテーマ“the hermit Ⅱ”に続き、孤独の男をテーマにした2020AWのコレクション。

ドイツに実際に存在していたアーティストにフォーカスした物語であり、1912年にその男が作った建物をルックブックの撮影場所として使っています。

木工によるものつくり、彫刻、部屋、家具全てのものを作る事に夢中になる、彼は孤独で、しかし完結をみつけだせずに探し作り続ける。

彼の想像のスタイルは表現主義、アールヌーヴォー、アウトサイダーアート、もしくは歴史主義との間いに位置付けする事が出来る。

そこは真のだぐいまれな場所であり、FRANK LEDERのストーリーに似たものを感じます。

DSC02782

DSC02776

DSC02777

DSC02786

DSC02781

FRANK LEDERが得意とするローデンウールのジャケット。

絶対的な顔である”GERMAN LEATHER”の生地を用いたアイテムからは、定番の2B JACKETに加えて新型のフーデットコートが登場です。

ドイツの伝統的なファブリックを贅沢に使用したコレクションが今季も揃っています。

そして…..フランスからはCASEY CASEYのコレクションも届いております。
こちらは、改めてご紹介致します。

今週末に両ブランドを店頭にてお披露目しますので、楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

BONCOURA × ARCH / BLACK DENIM PAINTER PANTS STYLE

2020.08.21 Friday 20:04:59| Author:admin| Categories:BONCOURA

いよいよ明日、22日(土)から販売開始となる BONCOURA × ARCH のコラボレーションアイテム。

今日は「ブラックデニムペインターパンツ」を使用したスタッフ別のコーディネートをご紹介致します。

DSC02040
【ARCH STELLER PLACE 松本】
Jacket / KLASICA
Knit / JOHN SMEDLEY
Shoes / WAKOUWA

『アメリカンミリタリーをベースにしたジャケット、同じくアメリカンテイストのスニーカーを合わせたコーディネート。今回のBONCOURAの別注もアメリカンワークを象徴するペインターパンツ。全てアメリカ物を合わせたコーディネートですが、色を黒で統一する事で、モダンでコンチネンタルな雰囲気に。ペインターパンツは、土臭いアメリカらしいアイテムですが、ブラックにする事でコーディネートの幅も広がるのではないでしょうか?』松本

IMG_0504
【ARCH STELLER PLACE 荒】
Jacket & Vest / Oldman’s Tailor
Shirts / Oldman’s tailor
Shoes / trippen

『ペインターパンツという、アメリカヴィンテージの代表的なアイテムも、ブラックデニムで仕上げる事によって、男らしさがありつつも、どこか上品な佇まいに。今回は、ラペルドジャケットにベストの綺麗なアイテムと、trippenのアンニュイな雰囲気で調和を図ってみました。汎用性も高さも魅力で、少しエッジの効いたデザイナーズアイテムとも合わせたいです。』荒

DSC02054
【ARCH STELLER PLACE 上田】
Jacket / Oldman’s Tailor
Shirts / IKE BEHAR
Scarf / Blumer
Shoes / Wakouwa

『僕上田はブラックデニム生地のペインターパンツにどこかヨーロッパの匂いを感じます。元は無骨なワークパンツなのでシャツやスカーフ、ジャケットを合わせ、品良くまとめることを意識しました。ペインターパンツに同じアメリカらしいBDシャツを合わせながらも、BLACK×BLUEの色味でコンチネンタルな要素を取り入れました。』上田

DSC02121
【ARCH 川上】
Beret / Pamplona
Jacket / CASEY CASEY
Cut & Sewn / Merz.b Schwanen
Scarf / Oldman’s Tailor
Shoes / astorflex

『アメリカンワークの象徴とも言えるペインターパンツでありながら、ブラックデニムを使用することでシックな印象となり、ヨーロッパのデザイナーズブランドやヴィンテージとも相性抜群です。アメリカかヨーロッパどちらか一つでは無く、どちらのテイストもミックスするのが好みなので、このペインターパンツはコーディネートの軸となってくれそう。フレンチヴィンテージに見られるクティ(ピケ)素材のジャケットにも合わせてみたいなと妄想中です。』川上

DSC02539

【ARCH 阿部】
Cap / BONCOURA
Jacket / Vintage
Cut & Sewn / SOFFE
Shoes / GUIDI & ROSELLINI

『U.S.ARMYのヴィンテージジャケットに足元はイタリアのブランドGUIDI&ROSELLINIのシューズ。アメリカンな印象のペインターにフレンチな印象も彷彿させるBOUNCOURAのブラックデニムだからこそ成立するスタイルだと思います。シンプルなスタイルが好きな僕ですが、シンプルながらも圧倒的な存在感を放つこのペインターパンツはこれから長く愛用していきたい1本になりました。』阿部

DSC02506
【ARCH 宅見】
Hat / JONATHAN RICHARD by ANATOMICA
Coat / sus-sous
Knit / sus-sous
Shoes / ALDEN

 『秋冬、ローゲージのニットにラフに履きたいのがまさにこの手のボトムス。ヨーロッパの匂いがするタートルネックに、アメリカ臭いペインターパンツは、良い意味でダサい感じが個人的に気に入ってます。スニーカーだとより野暮ったくなるので、ALDENのレザーシューズで少し上品さを出しました。』宅見

DSC01946

スタッフ別のコーディネートいかがでしたでしょうか。

ミリタリージャケットやスニーカなどに合わせたカジュアルなコーディネートから、ジャケットやレザーシューズを合わせた少し綺麗目なコーディネートまで、幅広い着こなしに馴染んでくれる万能な1本になっていると思います。

それでいて、唯一無二な雰囲気が漂うブラックデニムのペインターパンツ。

ぜひ、明日からのボンクラ祭りでご覧になってみて下さい!

boncoura-1
《 BONCOURA 祭り 》
8月22(土)、23日(日)

BONCOURA × ARCH コラボレーションアイテムの販売開始に合わせて、昨年冬ぶりとなる「BONCOURA祭り」を開催致します!

期間中はデザイナーの森島氏にも店頭に立って頂きます。

直接お話を伺いながら商品をお選び頂ける貴重なイベントとなっていますので、ぜひこの機会にご来店下さいませ。

ARCH 川上

通信販売をご希望の方はこちらからお願い致します。
☆ ARCH ONLINE STORE

BONCOURA × ARCH / BLACK DENIM PAINTER PANTS

2020.08.19 Wednesday 21:56:06| Author:admin| Categories:BONCOURA

DSC01946

今週末、22日(土)から販売開始となるBONCOURA × ARCHのコラボレーションアイテム。

今日は、昨日のブログでデザイナー森島氏への製作秘話インタビューをお送りした「ブラックデニムペインターパンツ」の詳細をご紹介したいと思います。

DSC02202

DSC02205

DSC02204

DSC02207

DSC02206

ヨーロッパのデザイナーズブランドやヴィンテージに、あえてアメリカ物やそれをベースとしたアイテムをミックスした着こなし。

これは、ARCHが長年にわたり提案してきたスタイルのひとつです。

『アメリカンワークェアのひとつの象徴とも言える「ペインターパンツ」をコーディネートに取り入れてご提案したい』

そう考えたときに頭に浮かんだのは、アメリカ物をベースとした物づくりを得意とされるBONCOURAでした。

ブランドではショーツでしか展開されていなかったペインターパンツ型をフルレングスで製作して頂きたいという、僕らのリクエストが今回の別注のスタートとなりました。

black-3

89083192_606502643415511_661727180912739029_n

生地はBONCOURAブランド9周年記念でリリースされたブラックデニムを使用。

当初は違う素材で進行する予定でしたが、ブラックデニムのあまりの完成度の高さに魅了され、無理を言って特別に使用させて頂きました。

履き込むことにより退色し、徐々にグレーへと変化していくその様は、ブラックモールスキンやブラックリネンなど、フランスのヴィンテージワークウェアに見られる素材の経年変化に通ずる物があります。

加えて、ヒゲやアタリがしっかりと出る味わい深い色落ちは、インディゴデニムの色落ちを追求してきたBONCOURAだからこそ表現できた物。

アメリカ物をベースとしながらもヨーロッパの匂いも感じさせる、BONCOURA × ARCHらしいコラボレーションアイテムの完成に繋がったのです。

IMG_2225

IMG_2229

IMG_2233

IMG_2211

IMG_2214

生地に合わせてステッチも全てブラックで統一することで、よりシックで洗練された印象に。

フロントはオリジナルのスナップボタンにジップの仕様となっており、鈍く光るブロンズカラーはブラックデニムとも相性抜群です。

IMG_2210

DSC02272

手が入れやすい深めのハンドポケットや小銭を取り出しやすい浅めのコインポケットなど、ヴィンテージには無い現代的な使い勝手を考えたディテールも魅力的。

BONCOURA流のモディファイが随所に効いています。

DSC02265

DSC02271

DSC02270

そして、生地やディテールの素晴らしさはもちろんのこと、特筆すべきはシルエットの良さ。

ペインターパンツらしい太さをしっかりと残しながらも、不思議と野暮ったくならない絶妙なシルエットは、無骨なワークスタイルから、ジャケットスタイルのハズしまで、様々なコーディネートに違和感無く馴染んでくれます。

top
COLOR  BLACK
SIZE  26 / 28 / 30 / 32 / 34 / 36
PRICE  ¥38,000+TAX

先日ご紹介したブラックシャンブレーのジャングルファティーグジャケット同様に、ヴィンテージでは存在しない「生地」と「型」の組み合わせでありながら、素晴らしい融合を魅せた仕上がりとなりました。

ARCHらしいミックススタイルの軸となってくれる、渾身のコラボレーションアイテム。

22日(土)から店頭&オンラインストアにて販売を開始致します。

boncoura
《 BONCOURA 祭り 》
8月22(土)、23日(日)

BONCOURA × ARCH コラボレーションアイテムの販売開始に合わせて、昨年冬ぶりとなる「BONCOURA祭り」を開催致します!

期間中はデザイナーの森島氏にも店頭に立って頂きます。

直接お話を伺いながら商品をお選び頂ける貴重なイベントとなっていますので、ぜひこの機会にご来店下さいませ。

ARCH 川上

BONCOURA / 別注 BLACK DENIM PAINTER PANTS 森島氏インタビュー

2020.08.18 Tuesday 18:00:42| Author:admin| Categories:BONCOURA

DSC01946

この春にBONCOURAブランド9周年記念としてリリースされた『ブラックデニムシリーズ』

次回はいつ生産されるか分からない特別な生地を贅沢に使用した別注ペインターパンツは、このタイミングでしか実現できなかったスペシャルアイテムとなっています。

改めて「ブラックデニム」と「ペインターパンツ」についてBONCOURAデザイナーの森島さんにお話を伺いました。

black-1

川上 / 9周年記念というタイミングでブラックデニムをリリースされたのには何か理由があるのでしょうか?

森島さん / 黒(96)やからかな。笑

川上 / 笑笑

森島さん / 何年も前からブラックデニムを作る構想はあって開発してたんやけど、ちょうど9周年というタイミングも合ったからかな~。

川上 / 森島さんが理想とされるブラックデニムを表現された生地だと思うのですが、どのようなブラックデニムをイメージして製作されたのでしょうか?

森島さん / 「インディゴブラック」というイメージかな。ブラックの染料だけでなくてインディゴの要素も残していて、何年もかけて開発したボンクラ独自の染色になってます。インディゴデニム同様に「育つ」ブラックデニムを作りたかったからな。ヴィンテージで良い色落ちのブラックデニムを探しても全然ないやろ?

89083192_606502643415511_661727180912739029_n
着用5ヶ月の BONCOURAブラックデニム(BONCOURA OFFICIAL インスタグラムより)

川上 / 履き始めの色合いも素晴らしいですが、履き込んで育ったときの色落ち、風合いが今までイメージしていたブラックデニムとは全く違います!インディゴデニムと同じように、ヒゲやアタリの出る味わい深い色落ちはボンクラならではですね。ちなみに、詳しい染料や染色方法は、、、

森島さん / もちろん企業秘密やな!

川上 / まさにボンクラにしか表現できないブラックデニムですね!実はペインターパンツの別注案が出た当初はもともと違う生地で進行する予定でしたよね?

森島さん / そうそう、マサ(ARCH代表)がどうしてもこのブラックデニムを使いたいって言うからな~。ホントはSALONで使おうと思ってたやつなんやけど。笑

black-3

川上 / いつもわがままなお願いを聞いて頂いてありがとうございます。笑
ちなみに、ペインターパンツは今までショーツでの展開はあったかと思いますが、今回フルレングスを別注として初めて製作して頂きました。アメリカンワークウェアのひとつの象徴ともいえるペインターパンツがBONCOURAのラインナップに今まで無かったのが意外です。

森島さん / 以前からペインターパンツを作る構想はあって型紙(サンプル)もあったんやけど、ARCHからのリクエストもあったからこのタイミングでのリリースになった感じかな。

川上 / 森島さんの理想が詰まったペインターパンツかと思いますが、シルエットやディテールなどのこだわりを教えて下さい。

DSC01961

森島さん / ペインターパンツらしいゆとりは残しながらも野暮ったくないシルエットにしてます。ポケットは手を入れやすいパターンにしていたり、コインポケットも実用性のあるものにしてる。ヴィンテージのペインターパンツの無骨な部分、ディテールを残しながらも現代的に仕上げた感じかな。

川上 / ヴィンテージをベースとしながらもBONCOURA流のモディファイが随所に盛り込まれていますね!ブラックデニムとペインターパンツという組み合わせはヴィンテージには存在しないと思うのですが、全く違和感が無く、とてもシックな雰囲気のペインターパンツに仕上がりました。

ARCHで展開しているヨーロッパのブランドやヴィンテージとも抜群の相性を魅せてくれそうで、お客様にも新しい着こなしを楽しんで頂けそうです。おかげさまでウチらしい最高の別注アイテムが完成しました。ありがとうございます!週末の「ボンクラ祭り」でお会いできるのを楽しみにしております!

森島さん / みんなARCHで待ってるで〜!!

DSC02266

アメリカンワークウェアのひとつの象徴ともいえるペインターパンツと、どこかヨーロッパの匂いも感じさせるブラックデニムを組み合わせた1本は、ARCHらしいミックススタイルの軸となってくれるはずです。

明日のブログでは「ブラックデニムペインターパンツ」の全貌をご紹介しますのでお楽しみにしていて下さい!

boncoura-1

《 BONCOURA 祭り 》
8月22(土)、23日(日)

BONCOURA × ARCH コラボレーションアイテムの販売開始に合わせて、昨年冬ぶりとなる「BONCOURA祭り」を開催致します!

期間中はデザイナーの森島氏にも店頭に立って頂きます。

直接お話を伺いながら商品をお選び頂ける貴重なイベントとなっていますので、ぜひこの機会にご来店下さいませ。

ARCH 川上