Blog from ArchStyle » ANATOMICA|archstyle|Arch アーチ

ANATOMICA SAPPORO

2012.12.30 Sunday 19:35:48| Author:admin| Categories:ANATOMICA,News!!

ブログをご覧の皆さん、こんばんは。

本日をもってARCHの2012年の営業は終了となりますが、新年を迎える前に皆様にお知らせしたいことがあります。

既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、来る2013年3月、PARISに本拠地を置くANATOMICAが、ここ札幌にオープンすることになりました。

実は、今年の1月からそのプロジェクトは進行しております。

PARISからはオーナーのピエールフルニエ氏をはじめ、チャールズヌス氏、ANATOMICA TOKYOからは代表の寺本欣児氏。
そしてPARIS、TOKYOの店舗内装を手がける74歳の建築家ルイス氏が計4回に渡って来札し、ANATOMICAにしか表現することの出来ないクォリティーのお店を皆で真剣に作っているところです。

僕自身、ARCHをオープンさせる以前からANATOMICA、そしてオーナーであるピエールフルニエ氏の洋服に対する考え方にはずっと影響を受け続けてきました。

だから、今のARCHはANATOMICAの存在なくしては語ることが出来ません。

今まではARCHというフィルターを通してANATOMICAを展開してきましたが、これからはANATOMICAが1994年からPARISで培ってきたものや空気感、そしてスタイルを今まで以上に皆さんにお伝え出来ればと考えております。

今後はこちらのブログでも、不定期でANATOMICA SAPPOROの進行状況等をご紹介させて頂きますので、楽しみにしていて下さい!

それでは2013年も今まで以上に皆さんに喜んで頂けるようなお店作りを目指して、スタッフ一同頑張って参ります。

また、年末年始の営業時間に変更がありますので、ご案内させて頂きます。

12月31日 休み
1月1日 休み
1月2日 11:00~18:00
1月3日 11:00~18:00
1月4日から通常営業

それでは皆さんよいお年をお迎え下さい。

 

ARCH 山内

 

ANATOMICA / Harris Tweed Jacket

2012.12.27 Thursday 19:43:51| Author:admin| Categories:ANATOMICA

今年もANATOMICAより、定番のハリスツイードジャケットが入荷です。

Color BLACK
Size 36 / 38 / 40 / 42
Material    HARRIS TWEED
Price ¥79,800-

3年前に初めてリリースされて以来、独自の視点から考えられた作りの良さと、汎用性の高さから一生愛用できる逸品と称されるANATOMICAのツイードジャケット。

ベースとなるのは、ピエール氏が既製服の中では最も完成度が高いと断言する、今は無き英国製ブランド” Dan&Co. “がモチーフとなったオリジナリティある1着。

ハリスツイードのジャケットと言えば様々なジャンルの物が存在しますが、このジャケットに関してはブリティシュスタイルの中でもクラシックなスポーツスタイル、そこにエレガントさをプラスしている点はまさにANATOMICAならでは。

中でも 低めのゴージと太めのラペル、袖にあしらわれた1つボタンは、” Dan&Co. “を継承したディテール。

CAP / Studio Donegal Gatsby Cap
VEST / Anatomica Knit Vest
KNIT / John Smedley Turtle Neck
PANTS / Anatomica Trim Fit Pants

 …そして今年は、もう一色スペシャルなカラーも展開しております。

Color OLIVE
Size 36 / 38 / 40 / 42
Material    HARRIS TWEED
Price ¥79,800-

 スタイリッシュなブラックとは反転して土臭く渋みのあるオリーブ。

ツイードらしい色目と、ブラウンのレザーバスケットボタンが一層雰囲気を高めます。

実の所、こちらのオリーブの生地は、既に生産が中止された貴重なハリスツイードを使用している為、今後の再生産は不可能となります。

そもそもアナトミカの製品はピエール氏が納得の行く生地を見つけ、その時にマッチしたアイテムのみ生産される為、今回の様なことは珍しく無く、その信念こそが素晴らしいアイテムが生み出される秘訣ではないかと思います。

( スタッフ岩谷 身長169cm   体重55kg   サイズ38着用 )
VEST / Anatomica Beach Cloth Vest
PANTS / LEVI’S Vintage Clothing 501XX  1947model
SHOES / Alden  Indy Boots

ツイードジャケットと言えば畏まった印象を持っている方も少なくないと思いますが、このジャケットにはアナトミカで展開しているようなワークパンツ、軍パン、スラックスと様々なボトムスに合わせられ、シーンまでも選ばない良さがあります。

そんな幅の広さを持ったスタイルこそがアナトミカであり、このジャケットがリリースされた理由ではないかと個人的には解釈しています。

まだ満足の行くツイードジャケットをお持ちで無い方や、ピエール氏のアイデンティティに共感を感じる方は、是非一度袖を通してみては如何でしょうか?

ARCH 岩谷

ANATOMICA / Beach Cloth Pea Coat

2012.12.7 Friday 21:52:37| Author:admin| Categories:ANATOMICA

連日ANATOMICAのアウターのご紹介が続いておりますが、今季で3シーズン目となるこちらのアウターも入荷しております。
2010年の記事 / 2011年の記事

Color NAVY
Size 36 / 38 / 40 / 42 / 44
Price ¥105,000-

昨日ご紹介したBEACH CLOTH JACKETに使用されている、アナトミカオリジナルのBROWN’S BEACH CLOTHを反転させた生地を用いた1着。
防寒性に加えて、軽量且つストレス無く着れるピーコートへと仕上がっています。

この素材のアイテムをお持ちの方であれば、その信頼性はとても厚いかと思います。
それほどに利便性に優れ、活躍する素材です。

ベースとなっているのは、1910年代、US NAVYの上官用に支給されていたピーコート。
アンカーマークと13個の☆が刻まれたボタンやフラップポケットのディテールは、まさにその証。

ピーコートと言うと、普遍的なアイテムだからこそ、これぞと言った1着が見つかりにくいのも現状では無いでしょうか?
そう言った観点で必ず納得の出来る1着には間違いありません。

ARCH 吉田

ANATOMICA / BEACH CLOTH JACKET

2012.12.6 Thursday 23:37:21| Author:admin| Categories:ANATOMICA

2009年の秋にBEACH VESTが初めてリリースされて以来、既にARCHではこの季節の定番として認知されているANATOMICA の” BEACH CLOTH “を使ったシリーズ。

今季は、以前より密かに話題になっていたジャケットタイプが待望のリリースとなりました。

既にBEACH VESTを所有している方にはお馴染みのこの” BEACH CLOTH “、いかにもアメリカらしい野暮な見た目と、ラッセル編みから成される高い防寒性、元来スポーツウェアだった事を物語る機能的な伸縮性を持ち合わせた素晴らしい素材はANATOMICAのピエール氏さえも頷くマテリアル。

毎シーズンANATOMICAからアメリカのアイテムをベースにした新モデルは、どのようにモディファイドされているかが特に気になる所であり、期待を持つ部分かと思いますが、今回も然り。

入手するのは極めて難しいデッドストックのヴィンテージを元にし、タイトに纏まった胸周りに反してゆとりの有る大きくカーブしたアームホールや着丈のバランス、すべてが絶妙なバランス感覚を保ちながらANATOMICA流に昇華されています。

又、ここ北海道では悩みの種となる防寒性も、同素材で作られたピーコートからも解る様に、全く問題無く、むしろこんな素材が70年以上も前に作られていたと考えると驚きを隠せません。

勿論、僕自身も購入して以来、ほぼ毎日の様に着用してしまうほど、このジャケットの虜になったのは言うまでもなく、本当にお勧めしたい1着です。

是非この素晴らしき機能美を体感して頂きたいと思います。

Size 36 / 38 / 40 / 42 / 44
Price ¥70,350-

ARCH 岩谷

ANATOMICA / Single Raglan Coat (ventile cloth)

2012.12.5 Wednesday 23:12:42| Author:admin| Categories:ANATOMICA

前回のブログにて告知しておりましたANATOMICAのSingle Raglan Coatですが、新たにベンタイルクロスを使用したバージョンで入荷致しました。

Color NAVY
Size 44 / 46 / 48
Price ¥115,500-

1960年代のBurberry’sのヴィンテージをベースとした、通称ステンカラーコート。
この型のコート自体は2年振りのリリースであり、入荷となります。

ジャケットを着た上から羽織る事の出来るコートとして非常に使い勝手が良く、秋~冬~春と3シーズン着用出来る点も魅力的な1着です。

ラグラン仕様の袖付けとヴィンテージにも見られる縫い目の無い1枚袖のディテールは、このコートの最大の特徴であり、着易さに直結します。

加えて何よりの魅力は、撥水性の強いベンタイルクロスを使用している点。
驚く程に水を弾きますが、ナイロン素材では無く100%コットンと言う点も重要なポイントです。
やはり馴染んだ時の雰囲気は、ギャバジンにも劣りません。

この手のアイテムは本来オーバーコートとしての役割を果たしますが、現代においてはタイトなシルエットな物が殆どで、実際の所ジャケットの上から羽織る事の出来る物は皆無と言っても良いかも知れません。
そう言った意味では、ある種矛盾が生じているのも事実…。

アナトミカ流の解釈によりリリースされるこのSingle Raglan Coatは、一見野暮く、もしくは奇抜に見える部分もあるかも知れませんが、本来あるべきステンカラーコートの姿と機能を満たした1着だと強く感じます。

正直な所、万人受けのするコートではありませんが、こう言ったコートを本当に必要とした時に初めて、その機能性であり魅力を感じてもらえるかと思います。

ARCH 吉田

ANATOMICA / Knit Vest

2012.11.20 Tuesday 23:28:38| Author:admin| Categories:ANATOMICA

今季のANATOMICAのラインナップ中でも、個人的に一押しのニットベストが入荷です。

Size XS / S / M / L
Price ¥14,700-

ANATOMICAより初めてのリリースとなるニットベストは、クラシックな見た目と着心地の良さが納得の1着。

アウターとシャツの間に防寒として1枚足したくなるこの時期には打ってつけのアイテムではないでしょうか。

( Color OLIVE, RED, NAVY )

アナトミカらしさの感じる3色のカラーは、どの色を取っも使い勝手が良く、シャツやカットソー等色々な合わせが楽しめそうです。

特筆すべき点は素材に使われる羊毛の製造過程にあります。

このニットは梳毛(そもう)という洗毛後の比較的繊維の長い羊毛だけを選抜し、くしけずりながら引き伸ばす作業を繰り返し、均一な太さに引きそろえ、短繊維や不純物を除去し出来上がる繊維で、一般的に使われる紡毛  (ぼうもう)よりも遥かに複雑な紡績方法を経て出来上がります。

そうして出来上がった繊維は、紡毛に比べより滑らかで肌触りの良い風合いになり、着用時の着心地に違いが見て取れるはずです。

素材の良さを際立せるかのような、シンプルなデザインもまた魅力的。
程よく開いたVネックと緩く編みこまれたリブは、ストレスを感じさず、気の利いた仕様に。

 CAP / Studio Donegal Gatsby Cap
OUTER / Anatomica Harris Tweed Jacket
KNIT / John Smedley Turtle Neck
PANTS / Anatomica Trim Fit Pants

冒頭の通り、アウターの下にニットが必須なこの時期は、インナーのさじ加減で印象もぐんと変わるものです。

袖の無いニットベストであれば、暖かい上に動きやすい為、色々なシーンに活躍し実用的だと思います。

作りの良さとは裏腹に、リーズナブルな価格でコストパフォーマンスの高いアイテムですので、インナーのバリエーションを増やしたい方に是非お勧めです!

気になる方は、是非店頭にてご覧下さい。

ARCH 岩谷

My Vintage Vol.23

2012.11.13 Tuesday 21:20:11| Author:admin| Categories:ANATOMICA,My Vintage

ANATOMICAのアイテムの中でも、特にこの時期活躍するBROWN’S BEACH CLOTH VEST。

今や定番のこのベスト、今年は例年よりも入荷が遅れてしまったのですが、先程ようやく入荷しました。

Size 36 / 38 / 40 / 42 / 44
Price ¥32,550-

約50年前に消滅してしまった米・BROWN’S BEACH社独自の編み地(通称”ゴマシオ”)を、糸から完全に再現した“ラッセル編み”と呼ばれるウール×コットンのニット素材。

裏面がフリース地のダブルフェイス仕様になっており、着心地に加えて防寒性に優れたアイテムです。

ちなみに、画像右に写っているのが、僕が着用して3年になる同アイテム。
少し色目も変化しており、見た目には分かりにくいかも知れませんが、ニット地と言う事もあって今や抜群に馴染んでいます。

3年前に初めてリリースされた時に購入してからと言うもの、毎年この季節はかなりの確立で着用しているのですが、お客様からも『凄い雰囲気出てますね』と言われる位になっています(笑)。

それもそのはず、ラッカー(塗装)ボタンは今となっては剥げている箇所が多々見受けられる程。
実の所、これまで微妙にアップデートが繰り返されてきたこのベストですが、今シーズンはボタンの仕様が初期のラッカーボタンへと戻っています。

ボタンの塗装が剥げ始めた頃には、生地の馴染みと相まって雰囲気が増しているでしょう。

元来のワーク・アウトドア色の強い印象も、アナトミカ流の解釈により絶妙なサイジングにモディファイされている事で程よくバランスが取れているのも特徴の1つでは無いでしょうか?
幅広いコーディネートに活躍するので、この手のアイテムを敬遠されていた方にもオススメの1着です。

ARCH  吉田

Rocky Mountain Featherbed × ANATOMICA

2012.10.21 Sunday 22:50:52| Author:admin| Categories:ANATOMICA

こちらの写真、実は若かりし頃のPIERRE FOURNIER氏(現ANATOMICAオーナー)

1970年代後半に彼が最初に始めた伝説のお店、【GLOBE】

現在世界中に広がるセレクトショップの起源ともいわれ、当時からその優れた審美眼は各方面から注目を浴びる存在だったそうです。

当時のポスターから垣間見えるMADE IN USAのアイテムに特化した品揃えも興味深いところです。

そして、この時のPIERRE氏が着用しているジャケットこそ、1960年代後半アメリカのワイオミング州ジャクソンホールにて産声を上げ、1980年代後半には絶滅してしまったブランドRockey Mountain Feather Bed(以下RMFB)なのです。

そして今回、当時のRMFBを知り尽くしたPIERRE氏と、RMFBの収集家であり、RMFBを現代に蘇らせた35summersの寺本氏によってANATOMICA別注という形でDOWN VESTがリリースされました。

 

Color  NAVY×DARK BROWN
Size  38 / 40 / 42 / 44 / 46
Price  ¥39,900-

Color  BLACK×LIGHT BROWN
Size  38 / 40 / 42 / 44 / 46
Price  ¥39,900-

クラシックな雰囲気のネイビーと、より洗練された印象のブラック。
どちらのカラーも落ち着いた色目で、デイリーに着回しの利くアイテム。


ダウンベスト特有の着膨れもANATOMICAならではのフィットにモディファイドされており、野暮ったさは感じられません。

実の所、ヴィンテージの時代のRMFBは、今の物に比べタイトフィットだったらしく、その点を踏まえた作りは、やはりORIGINALをリスペクトするPIERRE氏ならでは。

身長178cm SIZE 42着用

約4年履き込んだANATOMICAの#618 JEANSとシェットランドセーターでのコーディネート例。

シルエットの綺麗なパンツを合わせることで小奇麗な印象に、又この時期であればインナーにニットを挟めるだけで十分な暖かさが得られアウター要らずです。

身長170cm SIZE40着用

デニムジャケットにANATOMICA TRIM FIT PANTSでこれからの季節を意識したコーディネート例。

あえてワンサイズ上を選ぶ事で、軽めのアウター(ミリタリージャケットや厚手のニット類)を着込む事ができ、長いシーズン使えるようになりお勧めです。

生粋のフランス人でありながら、古き良きアメリカのマインドを持ち合わせるPIERRE氏によって生み出されるANATOMICAのプロダクトからは今後も目が離せません。

11月には第2弾の入荷も控えております。

是非楽しみにしていて下さい。

ARCH 岩谷