Blog from ArchStyle » BONCOURA|archstyle|Arch アーチ

BONCOURA FRENCH WORK JACKET ARCH LIMITED

2018.09.11 Tuesday 21:57:36| Author:admin| Categories:BONCOURA

IMG_0348

IMG_3633

IMG_3634

ヴィンテージキューレターとしても有名な森島氏。
冒頭の写真は、森島氏が愛用しているFRENCH WORK JACKET。
膨大な数のヴィンテージを所有する中、実はヨーロッパ物も収集しているのはあまりイメージにはないのではないでしょうか。

1960年代頃にフランスのワークウェアーとして使われていた、ツイル生地やモールスキン生地のFRENCH WORK JACKET。
フレンチヴィンテージと呼ばれるモノにも精通している森島氏が、良く愛用しているジャケットに着目した所から、今回の別注アイテムが誕生しました。

オープン当初からヨーロッパビンテージを扱ってきたARCHにとって、必要不可欠であるFRENCH VINTAGE。
数々のワークウェアーを見てきた僕らも、森島氏が愛用しているそのジャケットを見るのは初めてでした。

ツイル生地、ブルゾンの様なポケットと機能的で美しいディテールを施した一着。
何よりも、アメリカンヴィンテージのイメージが強い森島氏が、フレンチヴィンテージを着用している姿がとても印象的で…
BONCOURAで、フランスのワークウェアーを製作する事こそが、本当の意味でのARCH別注なのではないかと…

そんな両者の想いから、共同で一からFRENCH WORK JACKETを製作する事になりました。

生地には、FRENCH WORKを代表する生地”MOLESKIN(モールスキン)”を採用。

BONCOURAオリジナルのダークネイビーの色味が、無骨さと上品さを漂わせた一着に仕上がりました。

CCI_000081 2FRENCH WORK JACKET 森島氏ラフスケッチ

今回急遽開催する運びとなったBONCOURA祭9/15(SAT)〜17(MON)では、今回製作したFRENCH WORK JACKET ARCH LIMITEDの受注会を開催します。

イベント期間中は、BONCOURA森島氏もARCHの店頭に立って頂き皆様をお迎えします。
是非、この機会に別注誕生秘話やBONCOURAの洋服の拘りなど、お話しを聞きにきてください。

FRENCH WORK JACKETの詳細は、後日またご紹介させて頂きますのでお楽しみにしていてください。

ARCH 上田

BONCOURA/SWEAT

2018.09.10 Monday 20:44:36| Author:admin| Categories:BONCOURA

いつもARCHのBLOGを見て頂き誠に有難う御座います。

現在の北海道は徐々に停電等も復旧してきており、日常を取り戻しつつあります。

まだ余震が続き、不安な方も多いと思いますが常に備え、万全の状態で過ごしましょう。

僕達の仕事は洋服を介して皆様に元気を与える事だと思っていますので、ご自身の周りの環境が落ち着きましたら、お気軽に遊びにいらしてください。

僕達は変わらず、皆様をお待ちしております。

本日は、来るBONCOURA祭に向けて新作のスウェットをコーディネート例と共に再度ご紹介したいと思います。

159ab1f2-s

VINTAGE市場では今でも根強い人気を誇るSWEAT。

主にアメリカ1900年代中期を中心に作られ、カレッジ物、ミリタリー支給品、スポーツウェアと本当に幅広い分野で活用されて参りました。

当時の編み機は主に吊り編み式の物で現在のシンカー式編み機と違い生地の目を一段ずつ編み込むものになり1時間に1メートル程度しか生地を編めません。
生産効率としては非常に悪く、次第に使用されなくなった機械でした。

_DSC2600
 COLOR GREY/ OATMEAL
SIZE 36 / 38 / 40
PRICE ¥28,000+TAX

_DSC2603
かなり太めにとられたリブは、古き良きアメリカを感じ取る事のできるディテール。

リブはこのくらい太くなければ嫌だ、という方も多くいらっしゃいます。

一見は悪目立ちするのでは?と思いがちなこのディテールですが、BONCOURAのスウェットは肉厚で生地にある程度重さがある為、ウェスト部分の高い位置にキュッと止まる事はございません。
_DSC2612

先ほどアメリカの古い編み機では「1時間に1メートル程度しか生地を編めない」が非効率的と述べましたが、なんとこのスウェットの生地は1日に7メートル程しか編むことが出来ません。

ゆっくり、ゆっくりと仕上げられた生地はリラックスした状態で編まれ、仕上がり後の着心地は抜群に良いです。

VINTAGEを知り尽くした森島さんが作るスウェット、さすがこちらもこれまでかと言わんばかりに拘り抜かれております。

織るのに時間をかければいいかというと一概にそうとは言えませんが、ゆっくりと生地に空気を含ませながら編んでいく為、まるで上質なニットウェアかと勘違いする程ふっくらと仕上がっております。

_DSC2609
フロント、背面には両V(Vの字に切り取られた部分)のディテールが。

こちらもまた、VINTAGE好きにはたまらないディテールではないでしょうか?

勿論、V部分にも別生地をはめ込んでいるので、生地感が変わり存在感があります。

次は、いくつかコーディネートを組んでみましたので参考にしてくださりますと幸いです。

_DSC2638

STYLE 1 
CAP/JAMES LOCK
PANTS/BONCOURA

_DSC2684

STYLE2
CAP/JAMES LOCK
COAT/VINTAGE GRENFELL
SCARF/DRAKE’S

_DSC2650

STYLE3
SWING TOP/BONCOURA
PANTS/KENNETH FIELD

_DSC2654

STYLE4
CAP/JAMES LOCK
SHIRT,TIE/KENNETH FIELD
PANTS/KENNETH FIELD
SHOES/ALDEN

_DSC2697
STYLE5
JACKET/KENNETH  FIELD
DENIM/BONCOURA
BAG/JOHN CHAPMAN

_DSC2707

STYLE6
CAP/JONATHAN RICHARD
COAT/THE INTERPRETATION BY ARCH
DENIM/BONCOURA
BAG/BRADY
SHOES/ALDEN

_DSC2662

STYLE7
CAP/THE INTERPRETATION BY ARCH
SHIRT/BROOKS BROTHERS
PANTS/ANATOMICA

7通りのコーディネートをご紹介させて頂きました。
いくつか参考になりましたでしょうか??

シンプルなスウェットだからこそ、幅広い着こなしが可能です。
自分なりの着こなしで、表現してみては如何でしょうか?

img034-400x321

<BONCOURA祭>

2018 9/15(SAT), 9/16(SUN), 9/17(MON)
ARCH SAPPORO

北海道での震災を受け、BONCOURA森島氏が札幌に急遽来て頂ける事になりました。

IMG_0348
ARCHのスタイルに欠かせないFRENCH VINTAGE。

VINTAGEの知識豊富な森島氏、FRENCH VINTAGEに早くから着目し今まで集めてきたARCH代表、山内。

今回のLIMITEDは森島氏自身も、山内も、僕達も初めて見たワークウェアからインスパイアされたNEW ITEMです。
詳細は、後日ゆっくりと….

今週末から開催しますBONCOURA 祭にてお披露目致しますので、お楽しみにしていてください!

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

Arch 近谷

 

EVENT 情報

2018.09.8 Saturday 19:29:03| Author:admin| Categories:BONCOURA,News!!

_DSC0188 moment 3″facteur”
KLASICA×ARCH×genre
日程変更致します。

今週末より開催予定でした【moment 3″facteur”】KLASICA×ARCH×GENREに関してですが、震災の影響の為延期とさせて頂きます。

楽しみにしていた方も多いイベントだっただけに大変申し訳ない気持ちです。
日程についてですが、決定次第追ってこちらから発信しますので、楽しみにしていてください。

KLASICA CIRCA JACKETとARCH×GENRE SLEEPING SHIRTですが、サンプルは店頭に用意しておりますので、お気軽にご試着などお試しくださいませ。

img034-400x321

BONCOURA祭
2018 9/15(SAT), 9/16(SUN), 9/17(MON)
ARCH SAPPORO

そして、来週末9月15日から3日間、現在東京店で開催しております【BONCOURA祭】を急遽開催します。

北海道での震災を受け、BONCOURA森島氏が秘密兵器を引っさげて札幌に急遽来て頂ける事になりました。

大阪でも台風の影響で被災があり、同じ境遇だからこそ手を取り合い僕達に出来る事があるはずだと思っております。

僕達に出来る事は、変わらずに皆様にワクワクして頂ける何かを伝える事しか出来ません。
大変な時だからこそ、洋服というモノを通して、笑顔になれるような事をしたいと思っております。

イベントの情報を随時発信していきますので、楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

BONCOURA KNIT WEAR

2018.08.31 Friday 20:35:38| Author:admin| Categories:BONCOURA

_DSC1651

BONCOURA から遂にアメリカらしいHEAVY なSWEAT アイテムが登場します。

一からオリジナルで綿を配合し、納得のいく生地が出来上がるまで試行錯誤して生まれた渾身の一着。

159ab1f2-s
_DSC1633
_DSC1831
9fe944c1-s

ヴィンテージのスウェットに見られるクラシックなディテールを採用しているBONCOURA KNIT WEAR。
ハメコミの両Vガゼット、長めのリブ、そして肉厚でいて柔らかな生地。

着て触って分かる最高の気心地は、BONCOURAの拘りを随所に感じます。

_DSC1807 COLOR GREY/ OATMEAL
SIZE 36 / 38 / 40
PRICE ¥28,000+TAX

_DSC1822
_DSC1830

カラーは、グレーとオートミールの2色展開。

ad16159d-s
こちらは前V、リバースウィーブなどをあしらったパーカー。
上質なウールのような滑らかな触り心地を感じさせてくれる生地は、1日に7m程しか織る事ができないそうです。
細部にまで拘り作り上げられた一着はどちらも抜かりなく、BONCOURAらしさがひしひしと伝わってきます。

9c378998-s COLOR GREY / OATMEAL
SIZE 36/ 38 / 40
PRICE ¥36,000+TAX

3bc5281a-s
_DSC1792

明日9月1日より発売開始です。

YOUTUBEにてこのSWEAT が誕生した生産背景を描いております。
こちらも是非ご覧になってください。

スクリーンショット 2018-08-31 19.01.36BONCOURA KNIT WEAR YOUTUBE

ARCH 上田

BONCOURA / SWING TOP 太畝コールテン

2018.08.17 Friday 20:28:31| Author:admin| Categories:BONCOURA

札幌は夏も終わりに近づき、徐々に肌寒さを感じるようになりました。
肌寒さを感じる晩夏の時期にぴったりなアイテムがBONCOURAから入荷しております。

_DSC0179_DSC0169 2BONCOURA / SWING TOP
COLOR / NAVY
SIZE : 36/38/40
PRICE ¥48,000- +TAX

今回入荷したスウィングトップのネイビーは本来ならではのそれを感じさせない、上品な佇まい。
もちろん、ファブリックも全てオリジナルを使用した抜け目ない仕上がりで、コットン100%の太畝コールテンは艶やかで圧倒的な存在感を放ちます。

_DSC0176

_DSC0166

襟やフラップの裏地にはインディゴヘリンボーンの生地を使用しており、こういった部分にも森島氏のこだわりを感じます。
また、袖はラグランスリーブ仕様で厚手のものを着込んでも可動域を保ち、シルエットも綺麗に見せてくれます。
細かい部分ではありますが、このような部分に惹かれてしまうのは僕だけではないはずです。笑

_DSC2102

_DSC2100CAP / JONATHAN RICHARD
SHIRT&TIE / KENNETH FIELD
BOTTOMS / BONCOURA

アメリカものを着ているはずなのにどこかフレンチの匂い漂わせるネイビーのコールテンスウィングトップ。
この手のアイテムはどんな風に着ようかと日々妄想が膨らんでいくばかりですが、やはり僕はタイに合わせて着たくなります。笑
皆さんならどんな風に着ますか?

是非店頭にて袖を通してみてください。

ARCH 上田

BONCOURA MOLESKIN C.P.O SHIRT&BAKER PANTS

2018.08.13 Monday 21:07:27| Author:admin| Categories:BONCOURA

BONCOURAより待望の定番アイテム・US NAVY C.P.O SHIRTが入荷しました。

_DSC2103
40年代頃、アメリカ海軍・US NAVY に支給されていたC.P.O SHIRT をベースとした一着。

オリジナルはウール生地ですが、BONCOURAのソレはフレンチワークを彷彿とさせる”モールスキン”素材によるものです。

ヨーロッパのヴィンテージには存在しなかったダークネイビーのモールスキン素材は、BONCOURAらしい色味。

高密度に打ち込まれたモールスキン生地は、ヌメ感とハリがありヴィンテージに負けない存在感があります。

スクリーンショット 2018-08-13 20.24.13
スクリーンショット 2018-08-13 20.24.30こちらは一度洗いをかけた状態の物になります。
水を通すことで生地にあたりやパッカリングが生じ、より雰囲気が増しています。

オリジナルのファブリックに加えて、見逃せないのがアンカーボタン。
勿論、BONCOURAオリジナルによるもので、型から流し込みで一から作り上げています。

_DSC0184COLOR DARK NAVY
SIZE 36 / 38 / 40
PRICE ¥36,000+TAX

様々な着方を可能にするC.P.O SHIRT。
シャツとして、羽織として、コットン100%によるモールスキン生地だからこそ、シーズンを通して着回しが効く一着です。

スクリーンショット 2018-08-13 20.25.09
スクリーンショット 2018-08-13 20.24.54
スクリーンショット 2018-08-13 20.23.31
_DSC2112
そして、同素材によるBAKER PANTSも入荷しています。

スクリーンショット 2018-08-13 20.26.51COLOR DARK NAVY
SIZE 30 / 32 / 34 / 36
PRICE 28,000+TAX

スクリーンショット 2018-08-13 20.27.08
こちらのBAKER PANTSも同じく、US NAVYのディテールを継承した一本です。
丸みを帯びたポケットのディテールにピンとくる方も多いのではないでしょうか。

気品さ漂よう40年代のUS NAVYのミリタリーウェアーにフォーカスするBONCOURAの洋服。
デザイナー森島氏の拘りがこういった部分から感じます。

_DSC2073個人的にも愛用している両アイテムは、正直とても使い勝手が良いです。
その理由は、あまり季節を関係なく着用出来る点と、ガシガシ使い込めるモールスキン生地という事です。

モールスキンが大好物というのも否めませんが笑
ダークネイビーの色味と、ミリタリーウェアーらしからぬエレガントな雰囲気にやられて、BONCOURA のC.P.O SHIRTとBAKER PANTSは僕の相棒的な存在です。

是非ご覧になってみてください。

ARCH 宅見

生涯のパートナー / BONCOURA

2018.07.3 Tuesday 18:38:13| Author:admin| Categories:BONCOURA

Archの絶対的アイテム、5 POCKET JEANS “BONCOURA”
本日は改めてBONCOURA JEANSの定番3モデルをご紹介いたします。

<BONCOURA JEANS EISING>
DSC0157

DSC2947

DSC2949

Archにはなくてはならない定番的位置付けのBONCOURA JEANS。
1枚目の写真はスタッフが履き込んで、濃紺から色落ちしたもので、とても表情豊かになっています。
糸の紡績からこだわり、オリジナルで開発された生地は14.5OZの厚みがあり、US VINTAGEにも負けない存在感。
昭和20年代の旧式の力織機でゆっくりと仕上げられた生地はザラ感と毛羽立ちが生まれます。

現在、ほとんどのジーンズが縫製する糸をコットンとポリエステルの混紡糸にする中、コットン100%の糸を使用するこだわりよう。
ステッチの番手や色を縫う箇所によって変えており、そういった部分に男心をくすぐられます。

既にご存知の方も多いとは思いますが、モデルは3型ご用意しております。
先ずは3型の中で一番太く、ストレートシルエットのXX(ダブルエックス)。

<XX MODEL>
_DSC1039

_DSC1044 SIZE 27/28/29/30/31/32/33/34/36/38inch
PRICE 27〜34inch ¥28,000+TAX
36,38inch ¥30,000+TAX

腰回りからストレートに落ちているシルエットは、無骨でアメリカらしく、先ず初めに、迷ったらこのモデルをお勧めしたいです。
こちらは僕、上田自身が約1年ほど愛用しているものです。
僕自身、どのモデルにしようか迷っていたので一本目に購入しました。笑
日常的に気兼ねなく履け、潔い太さが魅力的であり、どんな方でも履きやすい一本です。

次にご紹介するのは66(ロクロク)。

<66 MODEL>
DSC2918
DSC2925 SIZE 27/28/29/30/31/32/33/34/36/38inch
PRICE 27〜34inch ¥28,000+TAX
36,38inch ¥30,000+TAX

スタッフ宅見が約5年愛用している66 MODEL。
3型の中で一番細身のタイプで裾にかけてテーパードがかった綺麗なシルエットが特徴的です。
細身のシルエットなのでシャツやジャケット、タイドアップなどに合わせて小綺麗にまとめても◎。
普段細身のデニムなどを履かれる方はもちろん、これから挑戦したい方などにもオススメのジーンズです。

最後にご紹介するのはCHINCH BACK(シンチバック)。

<CINCH BACK MODEL>
DSC29161
DSC2921 SIZE 27/28/29/30/31/32/33/34/36/38inch
PRICE 27〜34inch ¥30,000+TAX
36,38inch ¥32,000+TAX

CINCH BACK MODELは名前の通り、後ろに尾錠がついたものになります。
XX MODELと66 MODELの中間的シルエットなり、程よく裾にかけてゆったりとテーパードが効いたシルエット。
アメリカの40′s以前にみられる針刺しタイプをオリジナルで製作しており、綺麗なシルエットに落とし込まれた一本になります。

膨大な数のビンテージを見てきたデザイナー森島氏だからこそここまで拘り、作り上げられるのではないでしょうか。
日本人の体型に合わせて設計されたジーンズは、洗い、縮みが起きた後でも綺麗なシルエットを保ち、履くことができます。

そのBONCOURAからデニム用洗剤が発売されます。

<BONCOURA JABJAB>
_DSC0837 12.03.57 PRICE¥3,200+TAX

デニムの汚れは落としたいけど色落ちが、、、と気になる方も多いのではないでしょうか。
BONCOURA JABJABは2年の歳月を費やし、数百回に及ぶ試作を重ねて出来上がった洗剤です。
汚れはしっかりと落とし、色は極力落とさない、インディゴを生かす洗剤になります。
デニムはもちろんですが、色落ちさせたくない衣類にも使用可能なのが嬉しいところです。
7/7全国一斉発売になります。

洗剤のご紹介も交えましたが、BONCOURAのJEANSは自分と共に年を重ねていき、経年変化が楽しめるジーンズで、生涯のパートナーと呼ぶにふさわしい一本。
是非一度足を通してみてください。

ARCH 上田

 

 

BONCOURA “INDIGO HERRINGBONE” BALMACAAN COAT

2018.04.21 Saturday 21:38:16| Author:admin| Categories:BONCOURA

いつもARCH札幌のBLOGをご愛読頂きまして誠に有難う御座います。

先日からアナウンスさせて頂いておりましたArch東京店が、皆様のご協力のもと無事OPEN致しました。
皆様、大変お忙しい中ご来店頂きまして、誠に有難う御座います。
Arch札幌に在籍してました近谷とNEW STAFFの2人が東京店で皆様をお迎えします。

Arch東京店のHPも作成中なのですが、一先ずArch札幌のblogから更新させて頂きます。

オープンの20日,21日はBONCOURA 森島氏にも店頭に立って頂き、大盛況の初日を迎える事が出来ました。

a74eba9e-s
2dbef6a8-s
bf502a8b-s
オープン当日は沢山のお取引先様とお客様にご来店頂きまして、いつもとは違う店内の雰囲気で僕達も非常に刺激的な1日でした。

この場をお借りして御礼申し上げます。

続いて、今回のBONCOURA×Archのリミテッドアイテムのご紹介です。

“インディゴ”と聞くと、思い浮かべるのはジーンズではないでしょうか。

アメリカのL社が開発した5ポケットジーンズが代表的だと思いますが、実は”インディゴ”の染料が古くから盛んだった地域はフランスやドイツだそうです。

そんな時代背景から紐解いていくと、1880年代頃のフレンチヴィンテージには、鮮やかなブルーで染められたワークウェアーを見つける事ができます。

_DSC0033
防臭効果などがあるインディゴの染料は、当時のワークウェアーには必要不可欠だったのでしょう。
ミリタリーウェアーや消防士の制服にもインディゴで染められたものが存在します。

リネンやコットンをインディゴに染めている生地が多く、中には今回製作した生地と同じヘリンボーン織りでインディゴ染めを施したアイテムも存在しました。

アメリカとフランス、BONCOURAとARCH。

両者が大事にしている物がリンクし生まれた生地に、僕らにとっての定番品の一つ”BALMACAAN COAT”に乗せて今回の別注品を制作しました。

【BONCOURA  BALMACAAN COAT ARCH LIMITED】
IMG_0878COLOR INDIGO HERRINGBONE
SIZE 36 / 38 / 40
PRICE ¥78,000+TAX

ラグランスリーブの袖つけとゆったりとしたシルエットが特徴的な一着。

裏地なしの一重で仕立てられたこのコートは、幅広いシーズンで着用出来きます。
コットン100%の生地だからこそ、インナーを調整すれば3シーズンいける優れものです。

DSC_2350 DSC_2171

丸みを帯びたハンドポケットのディテールもグッとくる部分です。
BALMACAAN COATらしいゆったりとしたシルエットながらも、綺麗なAラインを描きます。

_DSC3935
BONCOURAが一から制作したオリジナルファブリックは、圧巻の一言。
天然のインディゴ染料が徐々に落ちていくのと同時に、HERRINGBONEの柄が浮き出てきます。

この経年変化こそBONCOURAの真骨頂でしょう。

今回のBONCOURA×Archリミテッドアイテムを各店スタッフでコーディネートしてみたので、お付き合い頂けますと幸いです。

_DSC3965

Arch SAPPORO 宅見

IMG_5620
Arch TOKYO 原

IMG_5618
Arch TOKYO 近谷

IMG_5619
Arch TOKYO 大手

如何でしたでしょうか?
背景、コーディネートの振り幅の広さ、どれを取ってもオススメ出来る今回のリミテッドアイテム。

自分のいつものコーディネートに、一味加えるエッセンスとしても重宝すると思います。

Arch東京店では明日までBONCOURA祭を開催しております。

東京という街は僕たちもまだまだ未知の街なので、Arch東京店にご来店頂いた際は色々とご教授いただければ嬉しいです。

どうぞ宜しくお願い致します。

Arch スタッフ一同