Blog from ArchStyle » Brady|archstyle|Arch アーチ

Brady from ENGLAND

2010.08.17 Tuesday 23:03:13| Author:admin| Categories:Brady

ARCHでは既にお馴染みのBradyが入荷です。

[KHAKI]

(上段左より時計回りに) SMALL CARRYALL ¥20,790-
WYE w/NET ¥37,800-
STOUR ¥16,800-
ARIEL TROUT ¥33,600-

[BLACK]

(上段左より時計回りに) SMALL CARRYALL ¥20,790-
SANDRINGHAM ¥33,600-
STOUR ¥16,800-
ARIEL TROUT ¥33,600-

※カラーにより展開モデルが一部異なります。

個人的にも通勤に使用しているのですが、毎回入荷のタイミングで思うのが、自分のバッグの変化の具合です。
特にレザーと真鍮のパーツにおいては顕著かと。


そして、クラシックなヴィジュアルとは裏腹に雨や雪にも強い為、これから先の季節を考えても非常に重宝するバッグだと、使っていて感じる面が多々あります。

余談ですが、スタッフの岩谷はリアルに釣りで使用していたり・・・。

定番故に、毎シーズン買い逃している方も多くいらっしゃるかと思いますが、気になる方は是非、お早めにご覧にいらして下さい。

BRADY BAGS

2010.02.7 Sunday 23:10:40| Author:admin| Categories:Brady,IMPORT

昨日に引き続き、今日は[BRADY]の機能面やディテールについてご紹介したいと思います。

BRADYと言うと、歴史に裏打ちされたそのクラシックな佇まいが印象的ですが、それ以上に機能面や各パーツに配された素材においても妥協の無い堅牢な作りがまた魅力だったりします。

Bridle Leather

自然のタンニンでなめされたレザー部分は、バッグにおいて必要不可欠な耐久性だけでなく、レザーとしての柔軟性を持ち合わせます。
また、縁部分のステッチングにおいても、腐食に強い耐久力のある極太の糸によりハンドステッチが施されています。

Canvas Cotton

バッグの大部分を占めるキャンバス生地は、イタリア製のキャンバスコットンを使用。 内側に防水素材をラミネートし、更には表面にテフロンコーティングする事で、雨・雪の浸入だけでなく汚れに対する強さをも発揮します。
ショルダーストラップに至っては、ミリタリースペックのコットン素材を使用。

Buckle&Strap

バックル部分は、今となっては希少で良質な真鍮を使用。
ストラップのエッジ部分は、やすりがけ・蝋引きを全て手作業で行い、丁寧に仕上げられています。
どちらもイギリス製の馬具にも使用される素材と同等の高い品質の素材。

Game Pocket ※WYE,SANDRINGHAMに装備。

外面に晒される部分だけに、こちらも腐食しないナイロン糸を使用。 手作業による染色、編みこみと手間を惜しまない作りとなっている。

昨日のBLOGでも触れましたが、スタッフの所有率も高く、実際に通勤に使っていたりしますので、経年変化などに関して興味のある方は、是非店頭にてご質問下さい。

少し早い気もしますが、新学期・新シーズンに向けて、この様なアイテムから新調してみてはいかがでしょうか?

BRADY入荷!

2010.02.6 Saturday 21:42:49| Author:admin| Categories:Brady,IMPORT

昨秋の入荷以来、店頭で再入荷の要望がかなり多かったアイテムになります。

COLOR KHAKI / BLACK
全6型

今回は定番カラーのKHAKIに加え、新色のBLACKも加わり全6型での展開になります。

自分も含め、スタッフの愛用率も高い[BRADY]のバッグは飽きの来ないデザイン、耐久性において自信を持ってオススメできるアイテムです。

寒い日が続いておりますが、シーズン1回限りの入荷となりますので、気になっていた方は是非お早めにご来店下さい。

ブランドに関する詳細は過去の記事をご覧下さい→

Brady

2009.08.2 Sunday 12:50:56| Author:admin| Categories:Brady,IMPORT

8月に入っても、いまいち夏らしくない天候が続いていますが、ARCHでは今月から徐々に新作アイテムが入荷予定です。

そして本日入荷したのがARCHでは初の展開となるブランド[Brady]brady005[Brady]
1877年英国バーミンガムにて創業。
1930年代に入り、ハンティング・フィッシング用にゲームバッグを手掛けるようになり、同社を代表するアイテムへと成長。
120年以上経た現在も、英国の伝統的な素材を用いて、バーミンガム郊外の工場では20人ほどの職人が殆どの工程を手仕事で製作しています。

“AVON”brady001PRICE ¥11,550-

“STOUR”brady002PRICE ¥16,800-

“ARIEL TROUT”brady003PRICE ¥33,600-

“WYE”brady004PRICE ¥37,800-

“SMALL CARRYALL”brady006PRICE ¥20,790-

実はこのBrady、個人的にとても思い入れのあるブランドです。
当時僕が15歳の頃、高校の合格祝いに通学用のバッグとして、写真にもあるARIEL TROUTを母に「大人になってもずっと使うから」と無理を言って買ってもらいました。

そして、周りの友人達のバッグが教科書の重さに耐え切れず買い換えていく中、僕のバッグは高校の3年間を共にしてきました。

あれから18年、今でもバリバリの現役として使っています。
15歳の時に買ったバッグが今でも使えているというのは、耐久性のみならず、いつの時代も色褪せる事のない普遍なデザイン、それは言い換えるとファッションの為のデザインではなく、機能としてのデザインがこのバッグにはあるからだと思います。

英ポンド安の恩恵を受け、今季は昨年までの価格帯と比べ1、2割程お求め易くなっております。

気になる方は、是非店頭でご覧になってみて下さい。