Blog from ArchStyle » CASEY CASEY|archstyle|Arch アーチ

CASEY CASEY / SAWYER JACKET -ENNY

2019.08.12 Monday 21:26:30| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

先日入荷したばかりのCASEY CASEY。

その中から、”フランス”らしい素材を用いたジャケットを紹介します。

L1003058

“MOLESKIN”

ヨーロッパのワークウェアと言えばこの素材です。
代表的なのは”フレンチモールスキン”と”イングリッシュモールスキン”が上ります。

僕は、この素材が大好物です。

何故かと聞かれると、明確な答えを出しづらいのですが…

例えるなら、アメリカのワークウェアの生地、”デニム”が好きな感覚と同じ。

ファッションではなく、道具として生まれた生地にこそ、男服のルーツがあると思います。

L1003231

L1003228

L1003246

CASEY CASEYの洋服は、PARISのアトリエで一点一点、手作業で手を加えれて出来あがります。
ウォッシュ、染色、ツイスティング、ヨーロッパ各地で見つけた極上の生地を、丁寧に時には大胆に手を加える事で、他にはない唯一無二の素材に。

このモールスキンも同じ工程を踏んでいます。

フレンチモールスキンがベースにありながら、それともまた違うオーラを放っている独特の素材感。

インディゴがフェードしたようなムラ感。

インクブルーではない、ブラックに近い”ネイビー”の色味。

CASEY CASEYだからこそのモールスキンの色気が、このジャケットに凝縮されています。

L1003238
COLOR NAVY
SIZE  XS / S / M
PRICE ¥88,000+TAX

2つボタンのラペルドのワークジャケットは、極めてベーシック一着です。

イギリスのHOSPITAL JACKETや、ワークジャケットを彷彿とさせるデザイン+既に使い込まれたかのうような素材感。

それはまるでヴィンテージが纏うオーラにも似た空気を感じます。

L1003242

L1003248

襟を立てるとスタンドカラーの仕様に。
このディテールも惹かれるポイントです。

写真でも分かる様に、独特のムラ感が堪りません。
何年も着込み続け、気付いた時には自分だけの一着に仕上がっている。

経年変化が期待出来る生地なのは間違いありません。

L1003263

L1003260

L1003252

既にリジットな質感や堅さ等の真新しい状態から、手間をかけて創り上げられた洋服は、すぐに愛着を感じて着る事が出来る、真のready-to wear (本来の意味は、既製服である)であるといえるでしょう。』

By CASEY CASEY

この言葉がまさに当てはまる、今回の”モールスキン”ジャケット。

無骨な素材であるこの素材を、手作業で手を加える事で、エレガントに仕上げた抜群の一着です。

既にCASEY CASEYの洋服は、完売してしまったアイテムもありますが、是非一度袖を通して欲しい洋服です。

ARCH 宅見

CASEY CASEY 2019 AW START.

2019.08.9 Friday 18:55:08| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

image

image-400x157

待ちに待った「CASEY CASEY」が待望の入荷です。

今年は春夏商品が諸事情で未入荷だった為、心待ちにされていたお客様も多くいらっしゃいます。

毎シーズンBLOGで紹介する前に姿を消してしまいます。

このBLOGを見て、躊躇せずにお店にいらしてください!笑

CASEY CASEYの洋服は、デザイナーのギャレス・ケイシーが世界各地から、自身の足を使って見つけ出したファブリックに、パリのアトリエで手間をかけた行程(縫製、洗い、染色)を経てからお店に届きます。

よって少量生産を基本とした、現代では大変希有なブランドです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ボロボロに擦り切れるまで着倒してもまだ捨てる事を躊躇(ちゅうちょ)してしまうような愛着のある古い洋服。

私達のパリのアトリエで創られる洋服は、洗い、染め、ハンドステッチ、ツイスティング等の手作業の行程を行わずにお店に届く事はありません。

そうやって、愛情を込めて(たまに小さい虐待も)手作業を加えた洋服はヴィンテージのような風合いになります。

流行とは無関係で、快適であり、リラックス出来て、機能的である。

既にリジットな質感や堅さ等の真新しい状態から、手間をかけて創り上げられた洋服は、すぐに愛着を感じて着る事が出来る、真のready-to wear (本来の意味は、既製服である)であるといえるでしょう。

By CASEY CASEY

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

L1003100

L1003101

L1003053

L1003058

IMG_3090

L1003060

L1003067

L1003075

L1003078

IMG_3084

今年の1月に、初めてPARISにあるCASEY CASEYの展示会を訪れた際、本当に度肝を抜かれる格好よさでした。

ヨーロッパVINTAGEを長く取り扱う僕たちにとって、CASEY CASEYの洋服創りのコンセプトには凄く精通する部分があります。

モダン・クラシックな洋服作りと、VINTAGEには無い小綺麗さの塩梅が絶妙且つ唯一無二な雰囲気を醸し出していることを、袖を通して頂きますと分けって頂ける筈です。

洋服1枚1枚に宿るオーラが圧倒的で、でも日々のコーディネートにすんなりと溶け込むアイテムは、ワードローブにあると頼もしい1枚となるはずです。

この機会に、是非見にいらしてください!

ARCH 近谷

 

CASEY CASEY×FRENCH VINTAGE STYLE

2018.10.30 Tuesday 22:09:32| Author:admin| Categories:CASEY CASEY,FRENCH VINTAGE

L1004515

L1004564

「CASEY CASEY」と、「FRENCH VINTAGE」。

PARISのアトリエで、人の手が加わり時間をかけて生まれる洋服、CASEY CASEY。

妥協なくヨーロッパ各地で集められた素材は、明らかに上質な素材。

その極上の素材が、CASEY CASEYの手にかかり昇華されます。

長く着用した人にしか出ない経年美化。

それがCASEY CASEYにはあります。

VINTAGEのアイテムと間違える程の圧倒的オーラを纏った1枚は自身のコーディネートのスパイスにもなり、お気に入りの1着になること間違いありません。

L1004550

VESTE ORANGE
COLOR/WINE
SIZE/S,M,L
PRICE/¥138,000-+TAX

今季入荷した「VESTE ORANGE」。

形は極めてベーシックなラペルドのワークジャケット。

ウォッシュを繰り返し、上質なフランネルは唯一無二の雰囲気へと昇華されています。

L1004555

L1004495

CAP/JAMES LOCK
SHIRT/CASEY CASEY
BOTTOM/FRENCH ARMY M-47 

DSC2415-264x400

僕たちはよく、FRENCH VINTAGEと織り交ぜたコーディネートを組みます。

M-47若しくは色落ちしたジーンズにCASEYのワークジャケット。

CASEYのには、VINTAGEにも負けない空気感があり不思議とVINTAGE STYLEにパズルのようにはまってくれます。

DSC08571-400x265

VESTE ORANGE
COLOR/DARK BROWN
SIZE/S,M,L
PRICE/¥123,000-+TAX

WINEのVESTE ORANGEと素材違いのタイプ。

こちらはややヘビーウエイトのキャンバス地をウォッシュした物。

COTTON100%なので、オールシーズン着用することが可能です。

L1004509

SHIRT/THE INTERPRETATION BY ARCH
BOTTOM/FRENCH ARMY CHINO

スタッフ上田はARCHオリジナルのRAF SHIRTにFRENCH ARMY CHINOと合わせました。

潔い太いシルエットにもすんなりとハマる汎用性のあるディテールは、コーディネートを選ばずに着る事が出来ます。

お取引先様やお客様、先輩方でCASEY CASEYのアイテムを、さらっと着こなしている方々はやはり格好良いな、、と感じてしまいます。

L1004542

MANTEAU FALY2
COLOR/NAVY
SIZE/S,M,L
PRICE/¥158,000-+TAX

フランスらしいDARK NAVYの色味の上質なフランネル素材をウォッシュし、軽やかに羽織る事の出来るMANTEAU FALY2。

着丈もひざ下までしっかりとあるので、「軽やかに」といってもコートとしての雰囲気は充分に有ります。

L1004547

L1004545

綺麗なパターンカッティングと上質な素材が相まって、手作業にて加工された洋服には、「CASEY CASEY」にしか無い空気感が宿っております。

値段こそ安く無いですが、1度袖を通すと感じる空気感は、1度着てしまうと本当に虜になります。

イギリス人デザイナー、ギャレス・ケイシーから生み出されるCASEY CASEY。

憶測でしか無いですが、イギリス物のワークウェアからインスパイアされているように感じる事の多い洋服。

当時は本当の作業着として愛用されていたアイテムに美的価値を見出し、その姿や背景をリスペクトしながらも現代に甦らせ、当時はなかったであろう技術を駆使し昇華させているCASEY CASEYの洋服には、言葉には言い表せ無い何かを感じます。

「BASIC」な洋服をしっかりと着用し、「スパイス」としてVINTAGEやCASEY CASEYのアイテムを挟む。

このスタイルこそが、僕たちのVINTAGE、CASEY CASEYの提案です。

自分でそのスタイルを模索し、洋服で表現する事の面白みも感じていただけるとおもいます。

気にはなるけれどまだ着た事は無い、という方は是非、お試し下さいませ。

きっとCASEY CASEYの空気感を感じて頂ける筈です。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

ARCH 近谷

CASEY CASEY “HEAVY CORDUROY” JACKET

2018.08.6 Monday 13:06:13| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

_DSC1707

“HEAVY CORDUROY”

1940年代頃の、フランス・ドイツの労働着として使われていた太畝のヘビーなコーデュロイ生地。
フランスでは、この肉厚なコーデュロイ生地が労働着としては一番肉厚だったのではないかと思います。

硬くガッシリとしたコットン100%のヘビーなコーデュロイ生地は、着用を繰り返す事で色が抜け、ジーンズの様な所謂ヒゲが入り、より表情が出てきます。
そんな雰囲気抜群の物をヴィンテージで見つけた時はやはり興奮しますし、間違いなく着づらいだろうと思わせるゴワゴワとした生地に、何故か惹かれてしまいます。

その時代・労働着というリアルなウェアーでしか存在しなかった、”ヘビーなコーデュロイ”を着倒したいという欲なのか…自分の物に形にしたいという欲なのか…

やはりこの手のリアルなワークウェアーの生地はアンファッショナブルであり、だからこそ魅力を感じます。

そんな肉厚なコーデュロイ生地を使用した、アイテムがCASEY CASEYより届きました。

_DSC1526
ブラックコーデュロイは、やはりフレンチワークの匂いが漂います。
無骨な生地もブラックになる事で、何故か上品に映ってしまうから不思議です。

_DSC1529
_DSC1536
_DSC1533
形は、ドルマンスリーブの様な袖付けが特徴的なブルゾンタイプ。
CASEY CASEYのワークコートを腰の位置でブッタ切った様な一着です。

この袖付け、昔のフランスの家庭で作られていた洋服の製法を用いています。
長方形に生地を裁断し、筒状になった袖をただ付けただけの仕様、肩の位置も何もない為、袖が付いた部分が落ちている様に見えます。

実は、とてもクラシックな洋服の作り方です。

襟の切り返し、チェンジボタンの仕様からは、ブリティッシュワークのディテールを感じます。

_DSC1798

_DSC1778
_DSC1790
ゆったりとしたシルエットとこの厚手の生地なので、アウターとしても着用を可能にします。
勿論、ジャケットとしても機能しますので、真冬なんかは薄手のコートを上から羽織っても良いと思います。

_DSC1768
_DSC1722
ワークウェアーの匂いを漂わせながらも、モダンな雰囲気に仕上がっている、CASEY CASEYの洋服。

ヨーロッパの古い製法と生地を上手く融合させた、今季一押しの一着です。

多くのお問い合わせを頂いておりご紹介が遅れてしまいましたが、随時こちらから今季のアイテムを紹介していきますので、楽しみにしていてください。

_DSC1517COLOR BLACK
SIZE S / M / L
PRICE ¥138,000+TAX

ARCH 宅見

CASEY CASEY PAPER SHIRT

2018.07.28 Saturday 21:37:57| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

昨日ご案内しましたCASEY CASEYの新作の中から、PAPER SHIRTをご紹介します。

_DSC0939
“PAPER(紙)”と名付けられたこのシャツは、バリッとしたまさに紙のような質感に仕上がっています。

ドレスシャツに使われる様な上質なブロード生地を、ウォッシュ・ツイスティングして生まれる独特のシワ感は、既に何年も着込まれたかのような雰囲気に。

僕もこのPAPER SHIRTは、何枚か愛用しておりますが、この時期特に着用頻度が高くなります。

_DSC0936
_DSC0938
_DSC0943
今季は、レギュラーカラーのタイプのみをチョイスしています。

空気が含まれているかの様な、フワッとしたシルエット。
生地をカッティングする分量・パターン構成が絶妙に上手いといつも思わされます。

ゆったりとしているのに、嫌味のないシルエット…
ファッションの様でいてクラシックな佇まい…

一見シンプルなただの白シャツなのに、何故か少しの色気さえも感じるCASEY CASEYのPAPER SHIRT。

言葉では伝えきれない魅力が、この一枚に詰め込まれています。

_DSC0933COLOR WHITE
SIZE S / M / L
PRICE ¥58,000+TAX SOLD OUT

DSC0473-264x400
DSC0692-264x400

_DSC0942
_DSC0935

タックインをしても良いですし、アウトでラフに着こなしても◎
通年通して着回しが効く白シャツは、必ず一枚は持っておくべきです。

上質なのにドレスシャツっぽくない、抜け感を感じるのにワークシャツではない。

絶妙すぎるバランスは、ミリタリー・ワークウェアーといった無骨なアイテムにこそ相性が良いと思っています。

文章では上手く伝わらないので、後は店頭にてお話しさせてください笑

ARCH 宅見

CASEY CASEY 2018AW

2018.07.27 Friday 20:40:49| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

古いヨーロッパの洋服、ヴィンテージと呼ばれるモノの殆どが人の手が加わり生まれていました。

手作業だからこそ生まれる圧倒的な存在感、機械ではなく丁寧にハンドで作られた洋服には独特のオーラを感じます。

PARISのアトリエで一点一点手作業で生地に手を加えるCASEY CASYEの洋服。
古き良き時代の洋服の作り方とリンクする部分があります。

ツイスト、ウォッシュ、染めの工程を手作業で行うからこそでる、圧倒的な存在感。

他には無い唯一無二の生地に毎回魅了されます。

CASAEY CASEYの新作がPARISより到着しました。

_DSC0867 2
_DSC0886

_DSC0776
_DSC0891

_DSC0903
_DSC0869

_DSC0876
_DSC0880
_DSC0857

『ボロボロに擦り切れるまで着倒してもまだ捨てる事を躊躇(ちゅうちょ)してしまうような愛着のある古い洋服。

私達のパリのアトリエで創られる洋服は、洗い、染め、ハンドステッチ、ツイスティング等の手作業の行程を行わずにお店に届く事はありません。

そうやって、愛情を込めて(たまに小さい虐待も)手作業を加えた洋服はヴィンテージのような風合いになります。

流行とは無関係で、快適であり、リラックス出来て、機能的である。

既にリジットな質感や堅さ等の真新しい状態から、手間をかけて創り上げられた洋服は、すぐに愛着を感じて着る事が出来る、真のready-to wear (本来の意味は、既製服である)であるといえるでしょう。』

By CASEY CASEY

CASEY CASEYの洋服を長く愛用していて思う事は、洋服に対して純粋に愛着を持てる事です。

大量生産・マスプロダクトが流通している今だからこそ、CASEY CASEYが続ける洋服作りは特殊でありそこに魅力を感じます。

洋服を作り出すだけではなく、愛用する人が10年20年と使い続ける事を考えたかのような…

一度袖を通してしまうとその魅力から抜け出せません。

ARCH 宅見

CASEY CASEY/VESTE DRILL INDIGO LINEN

2018.03.13 Tuesday 11:10:43| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

ヨーロッパのVINTAGEウェアを見ていると、いつの時代のどのような方がどの位の頻度で着用し、愛着を持ってリペアし、繰り返し着ていたのか考えると、やはり洋服の文化の違いにいつも驚かされます。

ヨーロッパが世界で一番最初にINDIGO染めをしたと言われており、その後日本の藍染やアメリカのワークウェアメーカーがインディゴで製品を染めるとう出来事が起こっております。

_DSC3440
1800年代後半~1900年代初頭
FRENCH WORK “VILLETE”COAT

冒頭の写真は、ヨーロッパの食肉処理工場にて作業着として着用されていたインディゴ染めのリネンコート。
写真からもなんとも言えない時代背景を感じる雰囲気が漂っています。

_DSC3441
100年も前の洋服とは思えないほどに綺麗に経年変化しております。

元々濃かったであろうインディゴ染料は水色に綺麗に抜け、唯一無二の雰囲気に。

その形が今も尚残っていて現代人にリスペクトされ、継承されている1つの文化は、本当に凄い事だし重んじる部分だと思います。

ヨーロッパはどんな先進国よりも洋服に対する拘りが強い国柄なのではないかと、ヨーロッパVINTAGEの洋服を見ていて感じます。

そんな中今回ご紹介させて頂きますのは、CASEY CASEY(ケイシーケイシー)のリネン素材を用いたワークジャケット。

このジャケットも最初は濃いインディゴですが、見窄らしい雰囲気ではなく、やがて綺麗な色抜けをし着れば着る程に良い雰囲気へと育って行く筈。

_DSC3451

CASEY CASEY / VESTE DRILL
COLOR/NAVY
SIZE/S,M,L
MATERIAL/LINEN 100%
PRICE/128,000-+tax

画像からも見ていただけるかと思いますが、愛着を持って長年着たような雰囲気はCASEY CASEYの洋服の醍醐味とも言えます。

ブリティッシュワークを彷彿とさせる立ち襟のワークジャケットに、CASEY特有のウォッシュ、ツイスティング(捻り)、パターンカッティングが加わるとVINTAGEの雰囲気も凌駕するような存在感が生まれます。

_DSC3452

至る所に発生しているパッカリング(生地が縮み、波を打つような部分の事)が、インディゴリネンの雰囲気と相まって18世紀のヨーロッパのVINTAGEを連想させます。

ディテール的には至ってシンプルなワークジャケットなので、いつものコーディネートにプラスするだけで違った雰囲気になります。

_DSC3465
今回18SSのラインナップに多く採用されているチェンジボタン。
このディテールも男心くすぐる嬉しいディテールではないでしょうか?

_DSC3458
JACKET/CASEY CASEY
SHIRT/BONCOURA
PANTS/ANATOMICA

僕はワークジャケットですが、スラックスにタイドアップという着こなしをしてみました。

パターンが非常に綺麗なので、野暮ったすぎる印象にはなりません。

着こなしを考えるのも勿論楽しいですがやはりCASEY CASEYの世界観は他にはない魅力です。

僕自身もそうだったのですが、実際に袖を通すまではその世界観や雰囲気はなかなか感じる事が出来ないと思います。
まだCASEY CASEYを持っていない方もそうでない方も、袖を通してその世界観を感じてみてください。

CASEY CASEYの洋服は毎シーズン早々に姿を消します。
今回のジャケットもきっと足が速いアイテムになる事と思いますので是非お早めにご覧下さい。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

Arch 近谷

CASEY CASEY / VESTE NAVY DRILL

2018.02.2 Friday 21:00:48| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

PARISのアトリエで、人の手が加わり時間をかけて生まれる洋服、CASEY CASEY。

ヨーロッパで見つけられた上質な素材が、CASEY CASEYの手によって変貌を遂げます。

染色で深いインディゴブルーが褪せた肉厚なリネン

ツイストでシワクチャになった上質なブロードの白シャツ。

洗いを繰り返す事で、オイルが抜けたようなWAX COTTON。

ジーンズやツイードジャケットを着込む事で生まれるあたりやシワ、着た人にしか出ない着用感…
経年美化とも呼べる変化は、新品(まだ着用していない)の洋服よりも遥かにオーラを放っているはずです。

CASEY CASEYの洋服を手に取ると色々な妄想が膨らみ、着用する事の楽しや高揚感で尽きません。

今回紹介します洋服もきっと色々な妄想が膨らむ逸品です。

_DSC2019COLOR NAVY
SIZE S / M / L
PRICE ¥128,000+TAX

_DSC1574

_DSC2028
_DSC2020
_DSC2027

バリッとした硬い生地を、高密度にCORD状に織り込む事でBRITISH WORKによく見られるDRILL生地に仕上げています。

この手の素材は、縦方向にとりますが敢えて横方向に。

まるでバスクボーダーの感覚かのように…こういった部分にフレンチの匂いを感じてしまいます。

_DSC2028 2
良い意味で硬さの残るドリル生地は、さらなる経年変化を期待させてくれます。

BRITISH WORKの伝統的なデザインをソースにしているこのジャケットは、その当時には存在しなかったであろう素材で、唯一無二の存在へと昇華しています。

_DSC2042SHIRT THE INTERPRETATION BY ARCH
CARDIGAN JOHN SMEDLEY
BOTTOMS US NAVY

_DSC2051 SHIRT MERZ B.SCHWANEN
BOTTOMS FRENCH ARMY M-47

1800年代のフランスの農夫は、インディゴリネンのワークウェアーを当たり前に着ていたから、色が抜けていたかな?

アイロンをかける時間がなくシワクチャのまま着用したシャツは、時として格好よくも映るかな?

オイルドコットンのジャケットを、道具として使用したらこうなっているだろう…

洋服一つ一つを紐解く妄想が、さらなる愛着へと変わり一生モノの洋服になっていくはずです。

ARCH 宅見