Blog from ArchStyle » CASEY CASEY|archstyle|Arch アーチ

CASEY CASEY/VESTE DRILL INDIGO LINEN

2018.03.13 Tuesday 11:10:43| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

ヨーロッパのVINTAGEウェアを見ていると、いつの時代のどのような方がどの位の頻度で着用し、愛着を持ってリペアし、繰り返し着ていたのか考えると、やはり洋服の文化の違いにいつも驚かされます。

ヨーロッパが世界で一番最初にINDIGO染めをしたと言われており、その後日本の藍染やアメリカのワークウェアメーカーがインディゴで製品を染めるとう出来事が起こっております。

_DSC3440
1800年代後半~1900年代初頭
FRENCH WORK “VILLETE”COAT

冒頭の写真は、ヨーロッパの食肉処理工場にて作業着として着用されていたインディゴ染めのリネンコート。
写真からもなんとも言えない時代背景を感じる雰囲気が漂っています。

_DSC3441
100年も前の洋服とは思えないほどに綺麗に経年変化しております。

元々濃かったであろうインディゴ染料は水色に綺麗に抜け、唯一無二の雰囲気に。

その形が今も尚残っていて現代人にリスペクトされ、継承されている1つの文化は、本当に凄い事だし重んじる部分だと思います。

ヨーロッパはどんな先進国よりも洋服に対する拘りが強い国柄なのではないかと、ヨーロッパVINTAGEの洋服を見ていて感じます。

そんな中今回ご紹介させて頂きますのは、CASEY CASEY(ケイシーケイシー)のリネン素材を用いたワークジャケット。

このジャケットも最初は濃いインディゴですが、見窄らしい雰囲気ではなく、やがて綺麗な色抜けをし着れば着る程に良い雰囲気へと育って行く筈。

_DSC3451

CASEY CASEY / VESTE DRILL
COLOR/NAVY
SIZE/S,M,L
MATERIAL/LINEN 100%
PRICE/128,000-+tax

画像からも見ていただけるかと思いますが、愛着を持って長年着たような雰囲気はCASEY CASEYの洋服の醍醐味とも言えます。

ブリティッシュワークを彷彿とさせる立ち襟のワークジャケットに、CASEY特有のウォッシュ、ツイスティング(捻り)、パターンカッティングが加わるとVINTAGEの雰囲気も凌駕するような存在感が生まれます。

_DSC3452

至る所に発生しているパッカリング(生地が縮み、波を打つような部分の事)が、インディゴリネンの雰囲気と相まって18世紀のヨーロッパのVINTAGEを連想させます。

ディテール的には至ってシンプルなワークジャケットなので、いつものコーディネートにプラスするだけで違った雰囲気になります。

_DSC3465
今回18SSのラインナップに多く採用されているチェンジボタン。
このディテールも男心くすぐる嬉しいディテールではないでしょうか?

_DSC3458
JACKET/CASEY CASEY
SHIRT/BONCOURA
PANTS/ANATOMICA

僕はワークジャケットですが、スラックスにタイドアップという着こなしをしてみました。

パターンが非常に綺麗なので、野暮ったすぎる印象にはなりません。

着こなしを考えるのも勿論楽しいですがやはりCASEY CASEYの世界観は他にはない魅力です。

僕自身もそうだったのですが、実際に袖を通すまではその世界観や雰囲気はなかなか感じる事が出来ないと思います。
まだCASEY CASEYを持っていない方もそうでない方も、袖を通してその世界観を感じてみてください。

CASEY CASEYの洋服は毎シーズン早々に姿を消します。
今回のジャケットもきっと足が速いアイテムになる事と思いますので是非お早めにご覧下さい。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

Arch 近谷

CASEY CASEY / VESTE NAVY DRILL

2018.02.2 Friday 21:00:48| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

PARISのアトリエで、人の手が加わり時間をかけて生まれる洋服、CASEY CASEY。

ヨーロッパで見つけられた上質な素材が、CASEY CASEYの手によって変貌を遂げます。

染色で深いインディゴブルーが褪せた肉厚なリネン

ツイストでシワクチャになった上質なブロードの白シャツ。

洗いを繰り返す事で、オイルが抜けたようなWAX COTTON。

ジーンズやツイードジャケットを着込む事で生まれるあたりやシワ、着た人にしか出ない着用感…
経年美化とも呼べる変化は、新品(まだ着用していない)の洋服よりも遥かにオーラを放っているはずです。

CASEY CASEYの洋服を手に取ると色々な妄想が膨らみ、着用する事の楽しや高揚感で尽きません。

今回紹介します洋服もきっと色々な妄想が膨らむ逸品です。

_DSC2019COLOR NAVY
SIZE S / M / L
PRICE ¥128,000+TAX

_DSC1574

_DSC2028
_DSC2020
_DSC2027

バリッとした硬い生地を、高密度にCORD状に織り込む事でBRITISH WORKによく見られるDRILL生地に仕上げています。

この手の素材は、縦方向にとりますが敢えて横方向に。

まるでバスクボーダーの感覚かのように…こういった部分にフレンチの匂いを感じてしまいます。

_DSC2028 2
良い意味で硬さの残るドリル生地は、さらなる経年変化を期待させてくれます。

BRITISH WORKの伝統的なデザインをソースにしているこのジャケットは、その当時には存在しなかったであろう素材で、唯一無二の存在へと昇華しています。

_DSC2042SHIRT THE INTERPRETATION BY ARCH
CARDIGAN JOHN SMEDLEY
BOTTOMS US NAVY

_DSC2051 SHIRT MERZ B.SCHWANEN
BOTTOMS FRENCH ARMY M-47

1800年代のフランスの農夫は、インディゴリネンのワークウェアーを当たり前に着ていたから、色が抜けていたかな?

アイロンをかける時間がなくシワクチャのまま着用したシャツは、時として格好よくも映るかな?

オイルドコットンのジャケットを、道具として使用したらこうなっているだろう…

洋服一つ一つを紐解く妄想が、さらなる愛着へと変わり一生モノの洋服になっていくはずです。

ARCH 宅見

CASEY CASEY 2018SS

2018.01.26 Friday 18:00:44| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

PARISよりCASEY CASEYの洋服が到着しました。
毎シーズン、手に取るたびに驚かされる洋服・CASEY CASEY。

ヴィンテージが持つ圧倒的なオーラにも似た存在感に魅了されます。

手作業で創り上げられたファブリックに心を奪われ。
既に着込まれたかのような柔らかな気心地に安心感を覚えます。

クラシックなデザインの中に見え隠れするモダンなファブリック。

言葉では伝えきれ無い魅力がCASEY CASEYの洋服には宿っています。

_DSC1571

_DSC1570

_DSC1566
_DSC1578
_DSC1581

_DSC1575
_DSC1588

_DSC1590

ボロボロに擦り切れるまで着倒してもまだ捨てる事を躊躇(ちゅうちょ)してしまうような愛着のある古い洋服。

私達のパリのアトリエで創られる洋服は、洗い、染め、ハンドステッチ、ツイスティング等の手作業の行程を行わずにお店に届く事はありません。

そうやって、愛情を込めて(たまに小さい虐待も)手作業を加えた洋服はヴィンテージのような風合いになります。

流行とは無関係で、快適であり、リラックス出来て、機能的である。

既にリジットな質感や堅さ等の真新しい状態から、手間をかけて創り上げられた洋服は、すぐに愛着を感じて着る事が出来る、真のready-to wear (本来の意味は、既製服である)であるといえるでしょう。

By CASEY CASEY

image

ARCH 宅見

CASEY CASEY / WOOL WORK JACKET

2017.08.16 Wednesday 21:36:37| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

前回に引き続きCASEY CASEYのアイテムから、ジャケットをご紹介します。

IMG_0386

肉厚なウール生地は、ブランケット等で良く目にする事の多い素材です。
今も変わる事なく在り続ける伝統的な素材であり、その肉厚な生地はアンファッショナブルなものでもあると思います。

そんなクラシックな素材を、CASEY CASEYの手の込んだ手法が加えられる事で、より日常で着れる気心地の良い物に仕上がっています。

IMG_0388COLOR  OLIVE
SIZE  S / M / L
PRICE ¥126,000+tax

スタンドカラーの襟元と両胸ポケットのディテールは、イギリスのワークウェアーを彷彿とさせる仕様です。

クラシックな素材に加え、ヴィンテージがルーツにあるデザインは、惹かれる要素しかありません。

IMG_0383
_DSC0373
IMG_0384
CASEY CASEY の洋服全てに共通しているのは、PARISのアトリエで染色・ウォッシュ・ツイスト等の手作業による生地の昇華。

このウール生地も特殊なウォッシュをかける事で柔らかくなり、快適に着れる物になっています。

前回春夏シーズンにも好評頂いてた型ですが、その理由は着てみると実感すると思います。

_DSC0363 HAT HANNA HATS
CARDIGAN JOHN SMEDLEY
BOTTOMS FRECNH VINTAGE

_DSC0368 COAT  KENNETH FIELD
SCARF FRENCH VINTAGE
BOTTOMS BONCOURA

この素材ですが、上からオーバーコートも羽織れるので様々なシーンで活躍する1着です。

入荷してからCASEY CASEYの洋服に袖を通して喜んで頂いているお客様を見ているととても嬉しく、僕らも物欲にそそられています笑

是非お早めにご覧になってみてください。

ARCH 宅見

CASEY CASEY WAX COTTON MAC COAT

2017.08.11 Friday 20:17:02| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

先日アナウンスしていましたCASEY CASEYのコレクションの中から、今回特にお勧めしたいアウターを紹介します。

_DSC0152
PARISのアトリエで自分達の手で、染色・ウォッシュ・ツイストされて出来上がる生地こそ、CASEY CASEY最大の魅力です。

真新しさのないまるで何年も着込まれたかのような生地…
今回紹介するMAC COATは、そのコンセプトを着る本人自らの手で作っていく洋服になっていると思います。

”WAX COTTON”

オイルド加工を施した硬さのあるバリッとした生地が独特の雰囲気に仕上がっています。

冒頭の写真は地面に置いてみたもの、実際に直立する程の硬さとコシがある素材です。

IMG_0356COLOR NAVY
SIZE S / M / L
PRICE ¥128,000+TAX

“WAX COTTON”という言葉だけで、経年美化を期待してしまいます。

ヴィンテージのBARBOURもそうですが、オイルド生地が変化していくサマは独特です。

着込んでいった際の自分のシワやあたりを想像しただけで…その雰囲気は言葉では言い表せないものになっている事は間違いないでしょう。

IMG_0358
IMG_0367

勿論撥水性も持ち合わせていますので、悪天候の日にも心強い素材です。

素材もそうですが、コートのシルエットも抜群です。

_DSC0185
_DSC0186
IMG_0353
袖付けが1枚の生地で構成された、所謂シングルラグランスリーブの仕様になっています。

そして最大の特徴はドルマンスリーブの様にも見えるたっぷりとした身幅があるシルエット。

実際に着てみると実感しますが、この丸みのあるゆったりとしたシルエットがCASEY CASEYらしく、僕自身とても好きなシルエットです。

1枚ではなく裏地も付いており、大きめに付けられた2つの内ポケットも機能的であり、鞄を持たずに歩けてしまえます。

_DSC0163
_DSC0167
毎回ブログで紹介する前に姿を消してしまうCASEY CASEYの洋服。

今回は早めに紹介出来ていますが、既にサイズ欠けしているアイテムもでてきています。

是非お早めにご覧になってみてください。

ARCH 宅見

CASEY CASEY 2017AW 入荷速報

2017.08.9 Wednesday 21:48:14| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

PARISよりCASEY CASEYのコレクションが入荷しました。

_DSC0167
_DSC0118
_DSC0154
_DSC0163

_DSC0152
IMG_0345
IMG_0348
IMG_0343
_DSC0115
僕らも入荷を非常に楽しみにしていたので、興奮気味で検品中です。

明日より店頭にて皆様にお披露目出来るかと思いますので、是非ご覧ください。

ARCH 宅見

CASEY CASEY PAPER SHIRT

2017.06.14 Wednesday 20:28:14| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

CASEY CASEY定番アイテムの1つ、PAPER SHIRT。

紙の様な素材感からその名が付いているこのシャツは、CASEY CASEYの顔とも言えるアイテムです。

_DSC1133
PARISのアトリエで、ツイストとウォッシュをかけて出来上がる存在感のある1枚。

”白シャツ”というシンプルなアイテムを、デザインを加えずに素材とシルエットだけで、他には類を見ないモノに仕上げています。

奇をてらったデザインではなく、ベースがありながら独特の素材に仕上げて行くのがCASEY CASEYの洋服の魅了だと思います。

上質なブロード生地を、ぐしゃぐしゃにしてしまうのにも最初はとても驚きました。

IMG_0312Color WHITE
Size XS / S / M
Price 53,000+tax

手作業でツイスト・ウォッシュをかける事で、最初から洗いざらしで着込まれた様な雰囲気に。

綺麗な素材とシルエットに魅了され、僕らも気に入って愛用しております。

IMG_0315
IMG_0302
IMG_0307
スタンドカラーのディテールとタックイン・アウトでも着用出来る着丈の長さが、イギリスのクラシックなシャツを彷彿とさせます。

CASEY CASEYの洋服全てに付く赤のステッチも、ワークウェアーのディテールを感じさせ、男心をくすぐらせますね。

_DSC0473
_DSC1198
_DSC0692
シワに関しては、着用と洗いを繰り返すと落ち着いてきますが、ぐるぐるに丸めて保管しておけば元の状態に戻ります。

僕自身、洗いざらしで少しシワが入っている位で適当に着ていますよ。

綺麗な印象のあるシャツだからこそ、僕達が好きなミリタリー・ワークウェアーとの相性が抜群に良いです。

”白シャツ”

ベーシックなアイテムだからこそ、納得のいく1枚を着たいと思ってしまいます。

ヨーロッパらしいデザイン・素材の”白シャツ”をお勧めするならば、CASEY CASEY以外見当たりません。

ARCH 宅見

 

CASEY CASEY BLACK POPLIN JACKET

2017.02.9 Thursday 15:04:14| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

個人的にも毎シーズン買い足しているCASEY CASEYのアイテム。

今季一目惚れして購入した”BLACK POPLIN JACKET”は、既にお気に入りの1枚になっています。

_DSC0933
光沢感のある生地は、シャツ生地に使われる事の多い上質なブロード素材。

2枚の生地を贅沢に袋縫いという形で縫製する事で、全体的にふっくらとしたフォルムになってるのが最大の特徴です。

このジャケットを目にした時、中綿が入っているのかな?と錯覚する位に独特の素材感に目を奪われました。

上質な素材に加えワークウェアーらしいデザインは、無骨さとエレガントさが混在したバランスの良い1着です。

_DSC0021 2
COLOR BLACK
SIZE S / M / L
PRICE 112,000+tax SOLD OUT

袖口、襟元に施されたパイピング処理は、イギリスのワークウェアーを着込んでいった際に見るレザー等で処理した際のディテールに似たものを感じます。

大き目に付けられたポケットも含めて、細かいところに機能美としてデザインが見え隠れしています。

_DSC0922

_DSC0928
_DSC0938
何よりもシャツジャケットのように軽くとても着易いです。

ペラペラしている素材ではもなくしかっりとした厚さもあるので、どのシーズンでも対応出来そうなのも魅力だと思います。

加えてフワッとしたAラインのシルエットも絶妙です。

_DSC0902

_DSC0905

_DSC0909

CASEY CASEYの洋服作りの根底にあるready-to wearの意味をこのジャケットを着て再確認する事が出来ました。

”既にリジットな質感や堅さ等の真新しい状態から、手間をかけて創り上げられた洋服は、すぐに愛着を感じて着る事が出来る、真のready-to wear (本来の意味は、既製服である)であるといえるでしょう。” BY CASEY CASEY 

毎度しつこいかと思いますが…笑

一度袖を通す事でCASEY CASEYの洋服が持つ空気感、ゆったりとしたシルエット、ストレスのない着心地を感じてもらえるはずです。

ARCH 宅見