Blog from ArchStyle » CASEY CASEY|archstyle|Arch アーチ

CASEY CASEY BLACK POPLIN JACKET

2017.02.9 Thursday 15:04:14| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

個人的にも毎シーズン買い足しているCASEY CASEYのアイテム。

今季一目惚れして購入した”BLACK POPLIN JACKET”は、既にお気に入りの1枚になっています。

_DSC0933
光沢感のある生地は、シャツ生地に使われる事の多い上質なブロード素材。

2枚の生地を贅沢に袋縫いという形で縫製する事で、全体的にふっくらとしたフォルムになってるのが最大の特徴です。

このジャケットを目にした時、中綿が入っているのかな?と錯覚する位に独特の素材感に目を奪われました。

上質な素材に加えワークウェアーらしいデザインは、無骨さとエレガントさが混在したバランスの良い1着です。

_DSC0021 2
COLOR BLACK
SIZE S / M / L
PRICE 112,000+tax SOLD OUT

袖口、襟元に施されたパイピング処理は、イギリスのワークウェアーを着込んでいった際に見るレザー等で処理した際のディテールに似たものを感じます。

大き目に付けられたポケットも含めて、細かいところに機能美としてデザインが見え隠れしています。

_DSC0922

_DSC0928
_DSC0938
何よりもシャツジャケットのように軽くとても着易いです。

ペラペラしている素材ではもなくしかっりとした厚さもあるので、どのシーズンでも対応出来そうなのも魅力だと思います。

加えてフワッとしたAラインのシルエットも絶妙です。

_DSC0902

_DSC0905

_DSC0909

CASEY CASEYの洋服作りの根底にあるready-to wearの意味をこのジャケットを着て再確認する事が出来ました。

”既にリジットな質感や堅さ等の真新しい状態から、手間をかけて創り上げられた洋服は、すぐに愛着を感じて着る事が出来る、真のready-to wear (本来の意味は、既製服である)であるといえるでしょう。” BY CASEY CASEY 

毎度しつこいかと思いますが…笑

一度袖を通す事でCASEY CASEYの洋服が持つ空気感、ゆったりとしたシルエット、ストレスのない着心地を感じてもらえるはずです。

ARCH 宅見

CASEY CASEY HEAVY COTTON TWILL JACKET

2017.01.31 Tuesday 12:08:46| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

_DSC0463

CASEY CASEY の今季のコレクションの中でも、一際無骨な雰囲気を纏ったアイテム”HEAVY COTTON TWILL JACKET”。

冒頭の写真の様に、地面に直立する程の生地の硬さを誇る生地は、イギリスのワークウェアーに良く使われるものです。

これでもかと言わんばかりに高密度に打ち込む事で、ワックスが浸透しているかの様なヌメ感のある生地になっています。

これだけで男心をくすぐられるわけですが…硬い生地とは裏腹に着てみると意外にも着心地が良いのがCASEY CASEY の魅力。

_DSC0515

無骨な素材に加えて、デザインベースになっているのもイギリスモノのワークジャケット。

ワーク色の強いアイテムですが、ブラックになる事でエレガントな雰囲気も感じれる1枚です。

_DSC0666Color BLACK
Size S / M / L
Price ¥102,000+tax SOLD OUT

一言で言えば”育て甲斐のあるジャケット”

着込む事で自分の身体のシワが入り、色が抜けやれてくる。

数十年後にはステッチが飛び、生地がこすれ補強をしてまた着る。

そんな1連のサイクルが成り立つジャケットは、手放す事の出来ない自分だけの1枚になりえます。

_DSC0669

_DSC0674

スタンドカラーの仕様や胸ポケット・トリプルステッチのディテールも嫌味がなく、機能美からくるデザインの良さに惹かれます。

_DSC0634

スラックス等の上品なアイテムとの合わせも良し、はたまたラフにジーンズ等でもハマってしまいます。

_DSC0662

 

個人的にも大好きなCSAEY CASEYの洋服。

その魅力は、着る頻度が増えれば増える程より実感していきます。

人の手が加えられて生まれた生地とヨーロッパのワークウェアーをベースとしたデザイン。

まるでヴィンテージを纏うかの様な感覚は、既製服では中々味合う事の出来ない感覚かもしれません。

ARCH 宅見

CASEY CASEY 2017SS

2017.01.26 Thursday 17:25:11| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

ヨーロッパヴィンテージ、特に1800年代〜1900年代初頭に作られていた洋服には、言葉では言い表せないオーラがあるのと同時に、その当時の生産背景の拘りを強く感じます。

それは、その当時にしかなかった染料や生地を織る際の織機、さらには今の大量生産では難しい、人の手によって丹念に時間をかけて作られていた事が大きく影響していると思います。

CASEY CASEYの洋服にもそれと同様のオーラを感じるのには、人の手によって何度も何度も試行錯誤して作られる生地にあります。

PARISのアトリエにて生まれた特別な生地とクラシックなデザインの洋服。

そしてディリーに着れる気心地の良さ。

CASEY CASEYの洋服の根底にある

《流行とは無関係で、快適であり、リラックス出来て、機能的である。》

着れば着るほど…CASEY CASEYの魅力を実感します。

_DSC0463

_DSC0515

_DSC0475

_DSC0476

_DSC0510

_DSC0482

_DSC0493

_DSC0505

 

2017SSの新作がPARISから到着しました。

毎シーズン、アイテムを紹介する前に姿を消してしまう事が多いので、先ずは店頭にてご覧になってみてください。

ARCH 宅見

CASEY CASEY PAPER SHIRT

2016.08.1 Monday 21:54:36| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

先日届きましたCASEY CASEYのコレクション。

毎シーズン変わる素材も魅力的ですが、定番のペーパーシャツはブランドの顔とも言える素材です。

IMG_3479
冒頭の写真は納品時のままの状態、くるくるに丸まって届きます。
初めてこの状態を目にした時は衝撃的でした…笑

主に、ドレスシャツに使われる上質でいてしなやかなブロードの生地を、敢えてツイスト、ウォッシュをかけてぐしゃぐしゃにしています。

【REGULAR COLLAR SHIRT】
_DSC0139 Color  NAVY/ WHITE
SIZE XS / S / M / L
Price ¥53,000+tax

形はレギュラーカラーとバンドカラーの2型。

空気を含ませたかの様なゆったりとしたシルエットが魅力的です。
何よりもこのシワ感が個人的にグッときます。

IMG_3468
何の変哲もないベーシックな白シャツを、手作業という工程を加える事でありそうでない物に昇華させています。

素材感、シルエット含め、着る事でその良さが分かるはずです。

【BAND COLLAR SHIRT】
IMG_3434Color WHITE
Size XS / S / M / L
Price ¥53,000+tax

イギリスらしいクラシックなデザインが特徴的なバンドカラーシャツ。
普遍的なデザインに加え、白というベーシックな色となれば、ワードロープに1枚は持っておきたいところではないでしょうか。

IMG_3463
タックインしても着れる裾の長さなので、その時のスタイルに合わせて着方を変えてみても良いと思います。

IMG_3453

僕(宅見)、山内も頻繁に愛用しているこのシャツ。
シルエット・素材、着心地の面にも惹かれ愛用していますが、何よりもワーク、ミリタリーといった無骨なアイテムとの相性が抜群に良いです。

目の細かいブロードの生地はドレスシャツそのもの。
用途が違う対極にあるアイテムとの合わせも、ツイスト、ウォッシュが施されたこのシャツならば不思議と落とし込めてしまえます。

白シャツというカテゴリーの中で、自信を持ってお勧め出来る1枚です。

ARCH  宅見

CASEY CASEY 2016AW

2016.07.30 Saturday 14:51:58| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

image

オープン当初から変わらず、ARCHで提案しているヨーロッパヴィンテージ。

戦前の1900年代初頭頃まで、ヨーロッパの洋服作りの殆どは手作業で行われていました。

そんなヴィンテージからは言葉では表現出来ない、圧倒的な存在感を感じます。

その時代にしか存在しなかった、染色方法・染料、生地を織る際の機械、その時代の洋服を見るとハンドメイドに近い作りです。

それは大量生産の時代には無かった、古き良き生産背景が産み出した物であり、そんなヴィンテージにいつも惹かれてしまいます。

【CASEY CASEY】の洋服作りの根底にも同じ匂いを感じてならないです。

IMG_3341

IMG_3333

IMG_3325

IMG_3351

IMG_3347

デザイナーであるギャレス・ケイシーが世界各地を周り探してきた生地を、パリのアトリエで自分達の手を加えて新たな物に昇華させます。

少量生産に拘り、染色・ウォッシュ・ツイスト等の工程を繰り返し生まれる洋服は、先の話のヴィンテージから放たれる存在感と同様のモノを感じます。

ベーシックな佇まいの中にある唯一無二の存在感、そしてデイリーに着れる気心地。

【CASEY CASEY 】の洋服を着れば着るほど、その魅力に取り憑かれていく様な…そんな不思議な感覚に陥ります。

既にサイズ欠けしているアイテムもありますが、先ずは店頭にてご覧になってみて下さい。

ARCH  宅見

CASEY CASEY “BLACK” LINEN COTTON JACKET

2016.05.10 Tuesday 10:00:57| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

_DSC0253

冒頭の写真は、フレンチワーク物のヴィンテージで、ブラックリネンのアトリエコートです。
1900年代初頭、当時のリネンは肉厚でハリのある生地が特徴的でした。

ブラックの色落ち具合や、やれ感が堪らなく格好良いヴィンテージアイテムであり、ブラックリネン=フレンチヴィンテージという印象が強いアイテムです。

_DSC1183

そんな当時のヴィンテージを彷彿とさせるジャケットとコートが【CASEY CASEY】から届いています。

ブラックの色味が際立つ3つボタンのジャケット。
リネンをメインにコットンを少し織り交ぜた事で、よりハリのある素材になっています。

【BLACK LINEN COTTON JACEKT】
_DSC1171Material LINEN57% COTTON43 %
Color BLACK
Size XS / S
Price ¥128,000+tax SOLD OUT

写真ですと分かりづらいかと思いますが、生地の織にとても特徴があります。
パナマハットを織る様な、凹凸感のある特殊な織り方をしています。

_DSC1158
僕自身も愛用していますが、着込む事で徐々に色が抜けていき凹凸感がより浮き出てきます。
経年変化はヴィンテージのリネンに近いモノがあると思います。

_DSC1199
_DSC1198
1番擦れる部分である、裏地の裾や袖口に見られる別布のパイピングは、長く着る事を見越しての仕様。
こういった部分にワークウェアーならではの機能的な作りを感じます。

_DSC1206 POLO / JOHN SMEDLEY
BOTTOMS / FRENCH ARMY M-47

_DSC1208

_DSC1212

他には無い独特の素材で魅せるCASEY CASEYの洋服。
シンプルなデザインと上手く融合した洋服は、唯一無二の存在です。

5年、10年と変わらずに自分のワードローブに在り続ける洋服こそ、こういったシンプルながらもちょっとしたエッセンスを感じるモノだと思います。

【BLACK LINEN COTTON COAT】
_DSC1166Material LINEN57% COTTON43%
Color BLACK
Size S / M
Price ¥168,000+tax SOLD OUT

ジャケットと同素材による、ワークコートも圧倒的な存在感があります。

CASEY CASEYの洋服で気に入っているのが襟の仕様です。
ラペルにもなり、立ち襟にもあるディテールは、巻物もしやすく印象も変える事が出来ます。

_DSC1110HAT / JAMES LOCK
SHIRT MERZ B.SCHWANEN
BOTTOMS FRENCH ARMY
SHOES ANATOMICA

ジャケット、コート共に程よい肉感の素材なので、真夏の肌寒い時期にも活躍すると思います。
鞄にグシャっと入れてシワになっていても、気にせず着れる点もこの素材の良さです。

是非店頭にてご覧になって下さい。

ARCH  宅見

CASEY CASEY “NAVY” TWILL COTTON JACKET

2016.03.4 Friday 22:15:25| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

洋服において様々な色が存在する中、何故”ネイビー”という色に男は惹かれるのでしょうか。

その地域や国によって異なるネイビーの発色。
僕達自身、よく集めてくるフレンチインクブルーのアイテムやUS NAVY のミリタリー物は、まさに男心を擽り続ける魅力があります。

無骨な印象と気品さの両方を兼ね備えた”ネイビー”
例えばカジュアルにも、はたまたフォーマルにも、どんな場面でも欠かす事の出来ないネイビーは、まさに男服の定番色ではないでしょうか。

_DSC0083

デイリーに使えるワークジャケットがネイビーとあれば、その必要性は尚の事です。

今季、個人的にも特にお勧めしたいCASEY CASEYのジャケットは、そんな要望を満たしてくれる1枚です。

_DSC0406Color NAVY
Size S / M
Price ¥96,000+tax SOLD OUT

僕が思うに、ブリティッシュワークの匂いを強く感じる色味です。

定番的なダークネイビーほど濃くもなければ、(前述の)いわゆるインクブルーほど鮮やかでもない感じ。

間違いなく経年変化が期待出来る色味と生地だと思います。

_DSC0164

目のしっかりと詰まったツイル生地とネイビーの色味は相性抜群です。

伝統的な素材・デザインにフォーカスしながらも、新鮮な印象に映るのが【CASEY CASEY】の魅力の1つでもあります。

_DSC0417
_DSC0428

ゴワっとした張りのあるツイル生地は、何年も掛けて着込む事で、自分の身体に馴染み本当の意味で自分だけの物へと変貌を遂げます。

例えるなら、デッドストックのヴィンテージを着込むのに近い感覚かもしれません。

_DSC0236
ワーク色の匂いを感じるアイテムだからこそ、こういった上品なアイテムとの相性が良いです。
グレースラックスに同色のキャスケットなんかが、個人的にお勧めのスタイルです。

_DSC0448
正直な所、ジャケット自体に雰囲気があるので、ジーンズにクルーネックのセーター、足元はスニーカーといったラフなスタイルでもサマになります。

何て事のないシンプルなワークジャケットですが、着る事でその良さを実感出来るアイテムです。

是非店頭にてご覧になってみて下さい。

ARCH  宅見

CASEY CASEY / INDIGO LINEN

2016.02.19 Friday 22:03:59| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

先日、入荷のアナウンスをしていました【CASEY CASEY】のアイテムを紹介します。

どれも生地に特徴のある独特の空気感を感じるアイテムばかりです。

_DSC0061
先ずは、リネン生地にインディゴ染めを施したジャケットとトラウザーズから。

1800年代後半によく見られた、フランスのヴィンテージウェアーを彷彿とさせるインディゴ染めの生地は、個人的にもお勧めのアイテムです。

【JACKET D.D 】
_DSC0121Material  LINEN 100%
Size S / M
Price ¥142,000+tax SOLD OUT

肉厚なリネン生地は、日本の伝統工芸品の様なそんな雰囲気にも映る1枚。
綺麗なインディゴ染めの色味が魅力的です。

_DSC0158
染色、ウォッシュを手作業にて施している為、唯一無二の表情へと昇華しています。

_DSC0193

着込む事で自分のシワが入りより雰囲気が増していきます。
素材の良さを生かす為に、コーディネートはシンプルにカットソーにミリタリーパンツやジーンズで十分です。

同素材のトラウザーズは、リネンの素材に反して綺麗なシルエットが魅力的です。

【PANTS D.D】
_DSC0153Material  LINEN 100%
Size  S / M
Price  ¥85,000+tax

腰回りのゆったりとしたシルエットと裾にかけてテーパードしたシルエットが特徴的なこのトラウザーズ。
全体的に細身のシルエットでありながらも、とてもクラシックな趣きで、この素材と上手く融合しています。

_DSC0071
フワッとした柔らかい素材感もこの生地特有のモノ。
勿論、洗濯と着用を繰り返す事で、インディゴ染めの醍醐味でもある色落ちも期待出来る1本です。

インディゴリネンの色落ちはやはり独特の表情を魅せてくれます。

_DSC0243

ジーンズ感覚で、夏場なんかはワークシャツをタックインして着るのもありではないでしょうか。

写真はないのですが、セットアップでの着用もお勧めのスタイルです。
ラフにカットソーにスニーカーといった合わせが今の気分だったりします。

実際に手に触れ袖を通す事でより【CASEY CASEY】の洋服の魅力が伝わると思います。

先ずは店頭にてご覧になって欲しい洋服です。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH  宅見