Blog from ArchStyle » CHARLIE BORROW|archstyle|Arch アーチ

CHARLIE BORROW “GAME BAG”ARCH EXCLUSIVE

2018.06.6 Wednesday 20:12:44| Author:admin| Categories:CHARLIE BORROW

CHARLIE BORROWの絶対的定番レザー”3mm OAK BARK LEATHER”。

_DSC0421
しっかりとした厚みと堅さがあり、触っただけで一生使えると思わされる圧倒的な存在感を放つレザーは、
1860年代から続く老舗メーカーのOAK 鞣しによって生まれています。

英国で唯一残っている伝統的なOAK(オーク)鞣しは、世界で最高級のピットタンニングレザーを用いています。
革は、ローマ時代から変わらず同じ手法で製作されており、科学薬品を一切使用しないレシピです。

JOHN LOBBを始めとする高級靴メーカーが主にソール用として使用している事でも有名です。

OAK(樫の木)の樹脂を最高級のレザーに浸し、約1年かけてゆっくりと鞣していきます。
時間をかけて鞣していく事で、比類のない丈夫さと耐久性を持った革が作られているのです。

英国の伝統的な手法で生まれるレザーを、贅沢に”一枚革”で製作しているCHARLIE BORROWのバック。
一点一点すべて手作業で作る生産工程も含めて、他にはない一点だと思います。

_DSC0394
_DSC0398
_DSC0400
_DSC0399
_DSC0377COLOR NATURAL
SIZE W46cm T33cm
PRICE ¥98,000+TAX

“GAME BAG”と名付けらたこのデザインは、イギリスで一世紀に渡り使われてきたフィッシャーマンバックやハンティングバックなどからインスパイアされています。
レザーの生産背景も含めて、イギリスの伝統を強く感じる仕様に仕上がりました。

イギリスの伝統を素材とデザインで表現した渾身の別注バックだと思います。

ARCHでは、無染色のTANとBLACKの2色で製作しました。

_DSC0417
_DSC0381
_DSC0379
_DSC0410
_DSC0385
_DSC0412COLOR BLACK
SIZE W46cm T33cm
PRICE ¥98,000+TAX

使っていけばいくほど、自分だけのものになっていく感覚。
硬く強度のあるレザーは、徐々に馴染んできて自分の肩や背負う場所にフィットしてくるはずです。

そうなるともう手放せない存在になる事は間違いないでしょう。

長くなりましたが、僕らが愛用したいバックが完成しました。

是非店頭にて熱くお話させてください。

ARCH 宅見

CHARLIE BORROW / GAME BAG

2017.04.26 Wednesday 11:19:49| Author:admin| Categories:CHARLIE BORROW

2013年に最高品質で強靭なバッグをマーケットに送り出す目標を掲げてスタートしたCHARLIE BORROW。

機能性と実用性を兼ね備えたミリタリーアイテムからインスピレーションされたバッグは一点一点CHARLIE BORROWによるハンドステッチで製作されています。

GAME BAG
IMG_1083COLOR / BLACK / OLIVE
MATERIAL / 24oz SCOTTISH COTTON CANVAS
PRICE / ¥38,000- +tax

至ってシンプルなデザインのGAME BAGは所々の素材使いによる無骨さが魅力的です。
IMG_1078

スコットランドで織られた24ozの厚手のキャンバス地は防水加工も施しています。
使えば使う程柔らかくなっていきますが、撥水性は維持してしまう程タイトに織られています。
IMG_1203
5mmの厚みのあるベルトは18ヶ月もかけて完成するオークバーク鞣しによるブライドルレザー。

ローマ時代から続くオークバーク鞣しも現在では、英国で唯一継承しているベーカー家によるもの。

オークバーク鞣しによるレザーは主に靴底や中敷に多く使われる程、粘り強くて耐久性に優れています。

IMG_1191

ポケットは内側にコットンとブライドルレザーによる2つのポケットが付いています。
携帯、財布、手帳などを入れるのに重宝しそうです。

内側にさり気なく付いている真鍮製のDカンはハンドキャスト(鋳造)によるもの。
鍵等をよく持ち歩く方には嬉しいディテールでは無いでしょうか。

また、昨年好評に付き入荷後即完売してしまったPILOT BAGも入荷しております。

PILOT BAG
IMG_1185
COLOR /OLIVE
MATERIAL / 24oz SCOTTISH COTTON CANVAS
PRICE / ¥48,000- +tax

シンプルで無骨ですが、経年変化によって自分にしか分からない様な愛着の湧く、とても魅力的なバッグだと思います。

CHARIE氏が全行程を一貫してハンドで製造し続けるのが魅力のCHARIE BORROW。

Vintageのアイテム同様、手作りではないと出せないオーラをこのバッグから感じます。

現在では機械を使った大量生産が主流ですが、敢えて手作業で行うのは 一つ一つの工程、作業にCHARIE氏のアイデンティティがあるからこそだと思います。

是非、手に取って感じてみて下さい。

 

Arch 松本

 

Archスタッフおすすめギフトアイテム Vol.3 〜 CHARLIE BORROW / Card Holder

2016.12.21 Wednesday 15:20:57| Author:admin| Categories:CHARLIE BORROW

今シーズンよりArchで展開の【CHARLIE BORROW(チャーリー・ボロウ)】より、気の利いたカードホルダーが入荷しました。

_DSC1909Color BLACK / LIGHT STAIN
Material OAK BARK TANNED LEATHER
Price ¥21,800-+tax

見るからに無骨でシンプルな印象のカードホルダー。

厚さ3mmものブライドルレザーは、極めてアナログな手法のオークバーク鞣しによるもの。
イギリス国内で唯一のタンナーが手掛けています。
この肉厚なレザーが徐々に馴染む感覚を楽しめるはずです。

_DSC1928

これだけのレザーとあって、縫製は全てハンドステッチです。
そのステッチ自体も、ワックスを施したリネンの糸を使用しています。

_DSC1929

付属の真鍮製マネークリップは、本体に劣らぬ存在感。
この真鍮もまた、1つ1つハンドキャスト=鋳造(ちゅうぞう)されたもので、王室御用達のファクトリーで熟練の職人によって製作されています。

_DSC1957

お財布の中でかさばったカード類を整理するも良し、いっその事手持ちのカードを限定し、マネークリップとのコンビでお財布として使用するも良し。
何れにせよ、シンプルで存在感のあるカードホルダーだと思います。

_DSC1964

一貫した製造工程が、この【CHARLIE BORROW】の魅力。
そして、1つ1つの素材やパーツに拘る姿勢は、工房がお隣同士の【S.E.H KELLY(エス・イー・エイチ・ケリー)】に通づる部分もあるのでは?

Arch 吉田

CHARLIE BORROW

2016.08.31 Wednesday 20:48:24| Author:admin| Categories:CHARLIE BORROW

1471561065487
今季より初展開となる【CHARLIE BORROW(チャーリー・ボロウ)】のキャンバストートバッグが入荷しました。

_DSC1928Color MOSS
Material 24oz SCOTTISH COTTON CANVAS
Price ¥48,000-+tax

見ての通り、一切媚びを売った感じの無い無骨さが魅力のトートバッグ。

ポケットは外側に1つ、内側に2つ(2層)とシンプルなので、より一層素材の雰囲気が際立つ印象です。

_DSC1932
メインで用いられているキャンバスは、24オンスと非常に厚地。
スコットランド製で予め染めと防水加工が施されています。

_DSC1897
取っ手に続くテープ部分は、ワンピースなのが特徴的だと思います。
このキャンバスに関しては、北イングランドで織られた素材を使用しています。

何より斜めに付けられたこの形状もポイントです。

_DSC1900
そう簡単には”ヤレ”ないとは思いますが、そんな強靭さも【CHARLIE BORROW】の魅力です。

_DSC1925Color NATURAL
Material 24oz SCOTISH COTTON CANVAS
Price ¥48,000-+tax

ハンドキャスト(鋳造)による真鍮のフックは、さり気なくもこのバッグのアイコン的なディテールかも知れません。

_DSC1908
ジッパーはスイス製のriri社によるもの。
滑りがよく、程よい重厚さも持ち合わせている印象です。

ジッパーの付いたトートバッグを求める声って意外と多く、大きなポイントとなるはず…。

_DSC1905
全行程を一貫して生産し続けるチャーリー・ボロウのやり方は決して効率的では無いかも知れませんが、その分、長く愛用する事の出来るアイテムを作り上げる事が、このブランドが目指すところでもあります。

スクリーンショット 2016-08-31 18.28.06
アナログな部分での”柔”と、素材使いの”剛”な部分がバランスの良いブランド…と言った印象。
2013年設立とまだ日は浅いものの、アイデンティティを感じるブランドです。

Arch 吉田