Blog from ArchStyle » DENTS|archstyle|Arch アーチ

Archスタッフおすすめギフトアイテム Vol.4 〜 DENTS & JOHNSTONS

2016.12.22 Thursday 23:50:09| Author:admin| Categories:DENTS,JOHNSTONS OF ELGIN

_DSC2017
【DENTS(デンツ)】のレザーグローブに憧れを抱く人は多いと思います。

数あるラインナップから僕らが選んだのは、ヘアーシープ(羊革)を用いた通称”007”モデル。
実は一時は廃番となるも、昨年復活を遂げたアイテムです。

_DSC1984Color NAVY
Material HAIR SHEEP
Lined SCOTISH CASHMERE
Size 71/2  / 8 /  81/2
Price ¥29,000- +tax
Made in ENGLAND

極めてシンプルなデザインですが、レザーアイテムでは珍しい”ネイビー”が特徴的。

しなやかで馴染みの良いヘアーシープは、レザー特有の堅苦しさみたいなものを全く感じさせない印象です。

_DSC1997

加えて、スコッティッシュカシミアを使用したライニングにより、防寒面での心配も不要。

DSC0195-400x265

昨年のブログでもご紹介した通り、スタッフ着用の私物は、深みが増してダークネイビーへと変化しています。
この季節は日常的に使うものだからこそ見られるこの様な変化が好きな男性は、きっと多いはずです(笑)。

_DSC2010Material 100% CASHMERE
Price ¥32,000- +tax
Made in SCOTLAND

前出のライニング然り、”スコティッシュカシミア”と言えば、【JOHNSTONS(ジョンストンズ)】。

どちらかと言えばレディースアイテムでの認知度が高い様な気もしますが、Archではメンズライクなカラーとサイズで展開しております。

_DSC2001

_DSC2002

_DSC1989
_DSC2006

カシミア素材1つとっても多種多様で安価な物も目にしますが、原毛の段階から一貫して製造工程を踏んでいる点が【JOHNSTONS】の特徴です。

見た目には分からないものの、上質でしなやかな肌触りの奥に感じる生地の厚みが何より魅力的。
日々使用して行く過程で必ず差が出るのは、こう言った部分です。

もちろん兼用で使える点は、プレゼントされる側・する側の双方にとってもポイントじゃないでしょうか(笑)。

Arch 吉田

DENTS

2015.11.30 Monday 20:42:37| Author:admin| Categories:DENTS

_DSC0120
前回に続いてレザーグローブのご紹介です。

レザーグローブのジャンルでは言わずと知れた存在の【DENTS】。

以前リリースされた際に好評だった、”通称007モデル”が約2年ぶりに入荷しました。

_DSC0137Material HAIR SHEEP (羊革)
Lined SCOTISH CASHMERE
Size 7H / 8 / 8H
Price ¥28,000-+tax
Made in ENGLAND

ヘアーシープのしなやかさは、履き心地の良さに直結しています。
何より特徴的な”ネイビー”と言う点が、比較対象のないグローブです。

一見合わせづらさを感じる”ネイビー”なんですが…

_DSC0153
_DSC0195(左) 新品・(右) スタッフ宅見私物

実はこれ、スタッフ宅見の私物を見て頂くと一目瞭然だと思いますが、使用頻度により深みが増して行きます。
これもまた魅力の1つではないでしょうか?

_DSC0132
スコッティッシュカシミアを使用したライニング。
表面上には分かりませんが、このライニングは防寒面だけではなく、使用されている”カシミア”にも【DENTS】たる部分を感じる密かなポイント。

個人的にはネイビー(アッパー)とブラック(ライニング)の組み合わせがツボです。

当然の事ながら専門の職人によって製作される【DENTS】のレザーグローブ。
デザイン的にシンプルではあるものの、やはり使う事で愛着の持てるアイテムである事には間違いありません。

Arch 吉田

DENTS / 15-0007

2013.12.2 Monday 23:47:26| Author:admin| Categories:DENTS

_DSC0971

アウターに限らず、手袋やマフラーの欠かせない季節となって来ましたが、今シーズン個人的にもお勧めなアイテムが、[DENTS(デンツ)]のレザーグローブ。

極めてシンプルな見た目・ディテールでありながら、レザーグローブでは珍しいネイビーは、意外にもどんなアウターでも相性が良い印象です。

_DSC0944
_DSC0977Color NAVY
Material HAIR SHEEP (羊革)
Lined SCOTISH CASHMERE
Size 7 1/2   /   8   /   8 1/2
Price ¥29,400-

肌触りが柔らかく馴染みの良いヘアーシープのライニングにはスコットランド製のカシミアが使用されています。
アッパーのネイビーに対してライニングのカラーがブラックと言うのもさり気なくて渋い所。

ライニングの有無は勿論ですが、ライニングが天然素材か人口のものか、はたまたどの程度の素材かで保温性も変わってきます。

_DSC0984
最高級のペッカリーグローブがイメージの強い[DENTS]ですが、グローブ専門メーカー故の素材の識別から縫製技術まで、そのクオリティの高さは着用してみる事で確実に実感の出来るアイテムだと思います。

ちなみにこのモデル、品番の末尾に”007″とあるのですが、そのままの通り、最新作の『007 SKYFALL』でジェームズ・ボンドが着用しているモデルと言う所から由来しています。

ジェームズ・ボンド云々は抜きにしても、[DENTS]がMADE IN ENGLANDによる老舗のグローブメーカーとして地位を確立しているのにも納得のゆく所ではないでしょうか?

ARCH 吉田

DENTS / Peccary Glove

2010.12.19 Sunday 23:24:01| Author:admin| Categories:DENTS

満を持して入荷致しました、DENTSのペッカリーグローブをご紹介します。
今シーズンを代表するスペシャルアイテムの1つです。

COLOR CORK
MATERIAL  PECCARY
SIZE  8 / 8H
PRICE  ¥51,450-

先ず特筆すべきはその素材。 牛皮より繊細で柔らかく、通気性に富んでいるペッカリー(猪)のなめし革を用いる事で、手を包み込む様なフィットを実現しており、『手袋をしたまま新聞をめくる事が出来る』とまで言われているのは有名な話です。
実際に、同じ物が二つと無い天然の革の中から、微妙な色の濃淡、質感、厚み、強度が見抜かれて、ブランドに相応しい素材だけが使用されています。

DENTSの代表的なカラー”CORK(コルク)”、英国的なカントリーの雰囲気漂うペッカリーのライニングには、カシミアを用いる事で、柔らかい感触と優れた防寒性を備えているのも大きな特徴の1つです。

創業から230年以上の歴史を誇るデンツ社ですが、その最高のフィット感は、マイスターカッター(親方)の元で約7年もの修行を積んだ、グローブカッターと呼ばれる裁断士から、縫製一筋50年の熟練職人まで、創業以来変わらぬ一貫した伝統技術による所にあります。

縫い目を見ても分かる様に、均一では無い縫い目は、まさに一針一針手縫いによる温かみを感じます。

一針づつ丹念に縫い上げられ、16ものパーツを縫い合わせて完成するグローブ。
人差し指から小指の間の三箇所に付いている菱形のマチは、指を動かした時の引きつりをなくす工夫が成されており、トレードマークでもある手首のスナップボタンは手袋内の不安定な動きを程よくホールドします。
素材だけでなくディテール面においてもフィット感を追求した作りは、まさに一級品と呼ぶに相応しく、英国紳士達の間では『グローブ界のロールスロイス』と呼ばれる程。



歴史に裏打ちされた妥協の無い、まさに一生物と言って間違いはないアイテムです。
少量入荷ですので、以前より気にされていた方は、是非この機会にご覧下さい。

[DENTS]
革の鑑別と裁断技術に関して天才的な才能を持っていた手袋職人のジョン・デントにより1777年に英国で創業した歴史あるグローブ専門メーカー。
ジョン・デントの精神は、2世紀を経た現在も脈々と受け継がれ、今も殆どの製品が手作業だけで作られている。