Blog from ArchStyle » forme d’expression|archstyle|Arch アーチ

forme d’expression 2017SS

2017.03.20 Monday 21:10:37| Author:admin| Categories:forme d'expression

 

昨年からARCH にて展開が始まったforme d’expression。

ヨーロッパの古いドレスウェアーやワークウェアーを彷彿とさせるデザイン、独自のカッティング方法で生まれるパターンメイク、イタリアの上質なファブリックからなる洋服は圧倒的な存在感を放っています。

身体に沿うような綺麗なシルエットも魅力の1つですが、今春夏は特に独特のファブリックに心動かされます。

_DSC2674
_DSC2686

_DSC2694

_DSC2712

_DSC2714

_DSC2715

_DSC2706

 

昨年から入荷を楽しみにされていた方も多いだけに、既にサイズ欠けしてしまっているアイテムもあります。

詳細は後日ご紹介させて頂きますが、先ずお早めにご覧になってみてください。

ARCH 宅見

forme d’expression / Woven Twill Jacket

2016.10.30 Sunday 21:59:44| Author:admin| Categories:forme d'expression

先日アナウンスしていました、forme d’expression。

パリの展示会場でコレクションの全容を目にした時に、一際無骨なオーラを放っていたのが、今回紹介するワークジャケットです。

綾織りで仕立てられた無骨な素材感、それに相反する綺麗なシルエットとデザイン、そのコントラストにとても惹かれオーダーしました。

_DSC0473COLOR BLACK+GREY
SIZE 48/ 50
PRICE ¥108,000+tax

3つボタン、フラップ・パッチポケットといった、アメリカの匂いを感じるデザインでありながら、一見それを感じさせないモノに成っているのは、やはり素材感とシルエットだと思います。

_DSC0538

ワークウェアー、特にジーンズに良く見られる綾織りで構成しているのがこのジャケット1番の特徴です。

ウールリネンの混合素材を用いて、横糸にグレーを縦糸にブラックを織りまぜた独特の生地感になっています。

_DSC0477
_DSC0481
_DSC0485

”MADE IN ITALY”

僕が思い描いていたイメージのソレとは裏腹に、無骨さとエレガントさが混在した洋服だと思います。

早速購入して着ているのですが、身体と一体化する様な…大袈裟かも知れませんが、仕立てに近い洋服のフィッティングの様にも感じます。

_DSC0457
無理のないフィッテングは、forme d’expressionが得意とするドレーピング技術からくるものです。

人の身体に直接布を掛け、ハンドカットによって構成される立体裁断が洋服全体に丸さを生み身体に沿ったシルエットに。

しっかりとフィットしているのにもかかわらず、ストレスなく綺麗に着れるのには、手作業で1枚1枚丁寧に製作している生産背景にこそあります。

言葉では説明するのが難しいので先ずは着てみて体感して欲しいです。苦笑

_DSC0568

ARCHの根底にあるミリタリーアイテムとの相性は言うまでもありません。

是非店頭にてご覧になってみて下さい。

ARCH  宅見

forme d’expression

2016.10.26 Wednesday 17:26:58| Author:admin| Categories:forme d'expression

 

今期から新たにARCHのラインナップに加わった【forme d’expression】

IMG_4369

数年前に初めてその洋服を目にしてから、心の中でARCHのラインナップに加えてみたいと密かに思っていたブランドの1つです。
見た事の無い素材とドレスウェアーの様なシルエットに衝撃を受けた事を今でも憶えています。

実は、昨年夏にオープンした姉妹店のGENREで、一足先に展開の始まったこのブランド、入荷時にはちゃっかりチェックしに行った程。時を同じくして、スタッフの吉田も密かにチェックしていたそうです苦笑

そんな想いもあって今年の1月に渡仏した際には、山内に懇願して展示会へ。

正直なところ、洋服だけではなくその場の雰囲気に呑まれ動揺したお話は、是非店頭にて…

_DSC5194

_DSC5230

_DSC5253

_DSC5203

_DSC5214

_DSC5235

_DSC5239

本来パターンを製作する生地のカッティングの際、平面の製図によって裁断していきますが、forme d’expressionの洋服は、人体に直接布をかけ立体的に裁断していきます。

全て手作業によってカットされるドレーピング技術は唯一無二のテクニックであり、人体構造に沿ったストレスの無い最高の気心地を生み出しています。

ハンドカットによるドレスウェアーの様なシルエット、それとは裏腹にデザインはワークウェアーを彷彿とさせるモノに。

このコントラストこそが、forme d’expressionの魅力だと僕は思います。

ARCHの根源にあるミリタリー・ワークウェアーといった無骨な面に自然と馴染むデザインでありながら、どこか繊細さのある素材感と特有のシルエットは、これまでにない絶妙なコントラストを生み出すはずです。

IMG_4371

既にご覧になった方も多いかと思いますが、2016AWの新作が店頭に到着しています。

僕達が自信を持ってお勧めできるブランドです。

紹介する間も無く完売してしまったアイテムも多数ありますが、先ずは店頭にご覧になってみて下さい。

ARCH 宅見