Blog from ArchStyle » GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS|archstyle|Arch アーチ

GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS 12AW START!!

2012.08.28 Tuesday 11:45:10| Author:admin| Categories:GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS


心待ちにしていた方も多いGARMENT REPRODUCTION OF WORKERS の2012AW Collectionより、第一便が待望の入荷です。

[ GARCON SHIRT /STRIPE (OPEN) ] SIZE  1 / 2 / 3
PRICE  ¥26,250-
MATERIAL  Cotton Linen

先シーズンのリリース時には大変好評を頂いたこちらのGARCON SHIRT。

前回のデットストックコットンに変わり、今回は一からオリジナルで製作した2種類の生地を使用、STRIPE、CHECK共にクラシックな雰囲気はこのブランドならではの完成度です。

特徴的なバンドカラーは、控えめながらも程よく主張があり、一般的な襟の付いたシャツとは、見た目も使い方も変わって来るのではないでしょうか?


一見ベーシックに映る、革靴+デニムのコーディネートも一味違った演出をしてくれるバンドカラーのシャツ。
個人的には、写真の様にBONCOURAのOFF WHITE等で少しアメリカのエッセンスを加える事で、また違った印象に映りお勧めです。

[ GARCON SHIRT / BLUE CHECK (OPEN) ]SIZE  1 / 2 / 3
PRICE ¥26,250-
MATERIAL  Cotton Linen

淡いSTRIPEに変わり、色目の濃いBLUE CHECKはこれからの時期に、レイヤードする事で指し色に活用できそうです。
また、イメージの無いVネックのアイテムとの合わせも、スタッフ間では一押しだったりします。


これからの秋を意識したコーディネート、土臭いウールのスラックスや入荷の控えているツイードジャケットなんかに合わせるのも、新鮮で良いのではないでしょうか?

馴染み易い色目とシルエットは、まだGARMENT REPRODUCTION OF WORKERSのアイテムを着た事が無い方にこそ、お勧めしたい1着ですので、是非一度試着して見て下さい!

ARCH 岩谷

“OVERALL MODIFIED”

2012.08.19 Sunday 22:28:33| Author:admin| Categories:GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS

RESEARCH&DEVELOPMENT by GARMENTREPRO DUCTION OF WORKERS よりこの秋新作としてリリースされたOVERALLが入荷です。

SIZE  1 / 2
COLOR  Salt&Pepper
PRICE  ¥29,400-

ワークウェアの中でもよりもらしさの感じられるオーバーオール。

ヴィンテージ市場でも良く目にするアイテムの1つですが、サイズ、コンディションの優れたものは中々見つからないと言う理由からか、コーディネートに取り入れてる方は少ないのではないでしょうか?

そんな理想を形にしたかのようなコチラのオーバーオールは、デイリーに使え、普段のコーディネートに変化を与えてくれます。


王道のソルト&ペッパーの生地は、とても雰囲気が良く無骨なボタンと相まって、まさにヴィンテージの匂いを感じさせます。


コーディネートが心配と言う方にオススメなのが、ジャケットを使用したコーディネートです。
特有の野暮ったさも程よく中和され小奇麗な印象に。


少し肌寒くなる頃には、秋らしさもグッと増すハーフ丈のコートなんかも普段の見え方と違って、新鮮に映るのではないでしょうか?

2012AWのデリバリーが開始したRESEARCH&DEVELOPMENT同様、これから入荷の控えているGARMENTREPRODUCTION OF WORKERSも今季は新しいモデルが続々と登場しますので、是非そちらもご期待下さい!!

ARCH 岩谷

 

 

STAND FARMER SHIRT (Original Stripe Pattern)

2012.05.13 Sunday 21:02:26| Author:admin| Categories:GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS

今シーズンのGARMENT REPRODUCTION OF WORKERSは、例年以上に魅力的な素材のアイテムが揃っています。

ガーメント リプロダクション オブ ワーカーズ初となるオリジナルのストライプパターンによるシャツ。

生地そのものを織る所からフランス生産にて行った拘りは、流石と言うべきか、非常に手間の掛かったアイテムです。

[STAND FARMER SHIRT (PULL)]COLOR BLUE BASE
SIZE 1 / 2 / 3
PRICE ¥26,250-

リネンの素材感にマッチしたブルーベースのプルオーバーシャツ。

プルオーバーシャツは意外とワードローブに無いタイプの1着かと思いますが、特にノーカラーのタイプは、カットソー感覚で着てみるとしっくりくるアイテムです。

これからの季節はラフに袖をまくって着るのがオススメです。

[STAND FARMER SHIRT (OPEN)]COLOR WHITE BASE
SIZE 1 / 2
PRICE ¥27,300-

より涼しげな印象のホワイトベース。
実際には、淡い水色による構成が強いストライプパターンです。
リネンの素材が”やれる”位に着込んでも、雰囲気が良いんじゃないかと思います。

これらの柄は、ヴィンテージのベッドリネンなどに見られるストライプパターンにも似た部分を感じます。

今では見かける事も少なくなってしまったそれらベッドリネンは、地域によって色や配色が異なるのも特徴の1つ。

ひょっとしたらこんなカラーリングもあったんじゃないかと思わせる様なブルーストライプが、やはり魅力的なアイテムです。

ARCH 吉田

My Vintage Vol.18 by Customer’s

2012.04.14 Saturday 23:20:11| Author:admin| Categories:GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS,My Vintage

Vol.16でもお送りした、お客様が普段愛用しているアイテムと、その経年変化をご紹介するこの企画。


今回はGARMENT REPRODUCTION OF WORKERSのインディゴリネンを使用したコチラ。

Item Name WORK COAT (INDIGO)
Release Septenber.2009

上の写真は、GARMENT REPRODUCTION OF WORKERSの中でも1番最初のシーズンにリリースされたワークコートの1つで、お客様のIさんが普段着用している1着です。


全体的に色が褪せているのは勿論の事、所々に見られるアタリやラッカーボタンの剥げは、まさに長年に渡って着用した賜物。

しっとりとした肌触りの生地は、全体に起毛しマットな質感へと変わり、形も馴染んだ印象を受けます。
対してインディゴ自体は、より生地に浸透した様な雰囲気を醸し出しています。

モノ自体の消耗とは違う、別の表情を見せるこの独特の変化こそが、インディゴリネンの特徴であり魅力です。

そんなインディゴリネンを用いて久々にリリースされたアイテムが、コチラ。

[ENGINEER COAT]SIZE 1 / 2 / 3
PRICE ¥39,900-

ベースとなる型こそ違いますが、同じく裏地の無い一重のワークコートは、まさに春先や秋口に活躍する1着。

一見素朴な表情ですが、ここから見て取れる経年変化は前述の通りです。


この魅力的な生地感は、是非実際に手に取って感じてもらいたいアイテムです。

ARCH 吉田

GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS 2012SS START

2012.02.15 Wednesday 22:01:25| Author:admin| Categories:GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS

少しづつ新商品が入荷し始めている今日この頃ですが、GARMENT REPRODUCTION OF WORKERSの2012SSシーズンアイテムがデリバリー開始されました。

本日先ずご紹介するのは、新型のコチラ。
[GARCONS SHIRT (OPEN)]
COLOR  ECRU
SIZE 1 / 2 / 3
PRICE ¥23,100-

その名の通りギャルソン(ウェイター)の着ていたシャツがマスターガーメントとなる1枚。
バンドカラーシャツはこれまで何型かリリースされて来ましたが、今回の[GARCONS SHIRT]は幾分スッキリしています。
各ディテールも踏まえて新鮮な印象です。

今やGARMENT~の代表的な素材として認知されているデッドストックコットンですが、実は今回マイナーチェンジが施され、従来よりもグラム数を落とした生地を使用。
見た目には分かりませんが、触り心地や着た時の感覚がこれまでとは異なります。

同じくボタンに関しても、これまでとは違うパーツを使用する事で、細かい点での微妙な表情が変わってきます。

今季のGARMENT REPRODUCTION OF WORKERSは、軸をぶらさずにマイナーチェンジを図った印象を受けます。
先ずは、是非実際に手に取ってご覧下さい。

ARCH 吉田

FARMERS JACKET MODIFIED

2012.01.12 Thursday 22:16:34| Author:admin| Categories:GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS


GARMENT REPRODUCTION OF WORKERSより、2012年最初のリリースとして、とても奥行きのある素材のジャケットが入荷しました。

RESEARCH&DEVELOPMENT by GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS
FARMERS JACKET MODIFIED

COLOR Indigo
SIZE 1 / 2 / 3
PRICE ¥40,950-

ピュアインディゴで染められたモールスキン素材の独特な風合いの1着。
裏地にはしなやかでハリのあるコットンタイプライターを使用しており、見た目には見えない部分でのディテールも抜かりがありません。

裕福では無い時代の農夫(ファーマー)が着用していた”ワークジャケット”が根底にあるのですが、当時、そんなワークジャケットを冠婚葬祭的な行事においても着用出来る様に、自ら手を施した…なんてルーツがある1着です。

ボタンの留める位置でジャケット自体の見え方が様々な点も、そんな特徴を捉えた部分の1つです。


前シーズンにリリースされた同素材のワークパンツとのセットアップでの着用も時には良いかも知れません。


加えて、その時代のヨーロッパにおけるワークウェアは量産品では無く、仕立て屋で注文するのが当たり前だった事実から判断出来るのは、職人による手仕事を垣間見れると言う点でもあります。

素材の雰囲気は勿論なのですが、このジャケットが辿ったストーリーや背景もまた魅力のアイテムです。

そんな洋服に宿る個性みたいなものを感じ取れる1着であり、前述のピュアインディゴによるモールスキンは、経年変化が楽しみな1着でもあるかと思います。


ARCH 吉田

30′s WORKERS COAT by GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS

2011.11.1 Tuesday 01:12:33| Author:admin| Categories:GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS

GARMENT  REPRODUCTION  OF  WORKERSより、初のウール素材を使用したコートが入荷です。

[ 30's WORKERS  COAT ]
COLOR / NAVY 
MATERIAL /100% WOOL
SIZE  1 / 2 / 3
PRICE ¥50,400-

1930年代フランスの労働者達に好まれて着用されていたウールコートがルーツ。

数あるフランスのワークウェアの中でも、お馴染みなこちらのデザインは使い勝手の良い一着です。

フランス製の上質なメルトン素材を使用している為、防寒性に優れ着心地もとても軽く、この手のコートにありがちな重量感は無くストレスを一切感じさせません。

襟裏に配された補強のダイヤモンドステッチや首元のフックは、ヴィンテージウェアならではのディテール。

そして個人的に注目して頂きたいのが、身幅やアームホールのサイズ感です。

程良くゆとりがある為、インナーにはジャケットやニット等厚手なアイテムが着用でき、オーバーコートとしての役目も果たしてくれそうです。

まさにこれからの北海道には心強い味方になるのではないでしょうか。

ARCH 岩谷

 

 

GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS / ENGLISH MOLESKIN JACKET

2011.09.22 Thursday 00:39:22| Author:admin| Categories:GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS

GARMENT REPRODUCTION OF WORKERSの新素材ENGLISH MOLESKINを用いた2型が入荷です。

[ BRITISH MEDICAL JACKET ]

COLOR / GREY / BLACK
MATERIAL /ENGLISH MOLESKIN
SIZE  1 / 2 / 3
PRICE ¥48,300-

以前にこちらのブログでもご紹介した、イギリス軍の傷病兵が着用していたウール素材のジャケット、通称: HOSPITAL BLUES JACKETがアーカイヴとなっている一着。

オリジナルの物は中々普段使いには難しい印象ですが、上質なENGLISH MOLESKINを使用する事により、デイリーに使える雰囲気に。
まさにこの手のジャケットを探し求めていたという方も多いのではないでしょうか?

実際に着用すると、程よくクラシックな着丈の長さや素材感がシンプルなデザインにとても良くマッチしています。

定番として使えるブラックに加え、グレイは本来の野暮ったさがあり、カラーのチョイスにより個性が際立つアイテムです。

続いてコチラ…

[ FRENCH  ARMY  JACKET ]

COLOR / GREY
MATERIAL /ENGLISH MOLESKIN
SIZE  1 / 2 / 3
PRICE ¥48,300-

前シーズンは、リネン素材にてリリースされていたこちらのジャケットですが、素材を変えることでよりワークウェアらしい印象に。

特徴的なボタンやポケットは個性的でありながらも、シルエットが野暮ったすぎない為、敬遠しがちなミリタリーやワーク物とのコーディネートも高相性です。

ヴィンテージアイテムも好きだけど上手く着こなす自信が無いという方にも、抵抗無く着て頂ける存在感と納得のディテールかと思います。

どちらのアイテムに関してもここ北海道では、今時期の軽い羽織物から、真冬はインナーとしても使い回しの利くジャケットですので、気になる方は是非ご試着にいらして下さい。

ARCH 岩谷