Blog from ArchStyle » Gloverall|archstyle|Arch アーチ

Gloverall / MONTY

2013.12.8 Sunday 21:40:45| Author:admin| Categories:Gloverall

Gloverallの代名詞とも言えるダッフルコート。
その中でも定番的なモデルのMONTY(モンティ)が今年も入荷しています。

MONTYの名はダッフルコートを愛用していたモンゴメリー将軍の愛称であり、このコートがイギリス海軍発祥である事を物語ります。

_DSC1561Color   CAMEL
Size XS / S / M / L
Price ¥65,100-

よりトラディショナルな印象のキャメルベージュは、本来のダッフルコートらしく少し野暮く着ているくらいが個人的には好みです。

悪く言えば世間一般的に幼稚なイメージがあるコートだけに、こう言った不変なアイテムこそタイトフィットやショート丈ではない潔いサイズこそが、結局の所、長く着る1着になると思います。

_DSC1499Color NAVY
Size XS / S / M / L
Price ¥65,100-

より幅広いコーディネートに対応出来るネイビーは、例えダッフルコートじゃないにせよ、アウターのワードローブには欠かせないカラーではないでしょうか?

スタッフの宅見が着用画像で合わせているJames Lock(キャスケット)やスクールマフラーは、ブリティッシュテイストを表現するのには最適なコンビ。
非常に分かりづらいですが、トップスにはJOHN SMEDLEYをアンサンブルで、足下はSANDERSのプレイボーイチャッカブーツと、然りげなく全体的にブリティッシュテイストを表現しているそうです(笑)。

_SSC1460
昨年も同じ様な時期にこのアイテムのブログを書いていたのですが、その時の写真を見ると既に雪が積もっていました。

今年はまだ店の前にも雪は積もっていませんが、実はこのダッフルコート、昨年よりも早いペースで動いており既に在庫僅少です。
実際に”雪が積もってから…”では遅いアイテムには間違いありませんので、以前より気にされていた方は是非お早めにご覧下さい。

ARCH 吉田

Gloverall / MONTY

2012.12.2 Sunday 22:35:46| Author:admin| Categories:Gloverall

ここ数日の降雪ですっかり冬景色の札幌ですが、これから更に厳しくなる冬においてダッフルコートほど理に適ったアウターは無いかと思います。

今シーズンARCHでセレクトしたのは、[Gloverall]のMONTY。

軍モノとしてのルーツを持つアイテムですが、まさしくイギリス海軍で採用されていたダッフルコートをモチーフとした1着です。

Color CAMEL
Size XS / S / M / L
Price ¥61,950-

前述の通り、ルーツを考えても、とても男らしく無骨なダッフルコート。
モデル名の”MONTY”は、ダッフルコートをこよなく愛用していたと言われるモンゴメリー将軍の愛称に由来しています。


目の詰まったウールメルトンは保温性に優れ、多少の雨風(もちろん雪にも)はものともしません。
過酷な状況下におかれる船上での任務に就く海軍の兵にとっては、これ以上に無い素材だった事が伺えます。

現代にアップデートされたメルトンは、より軽く暖かい素材に改良されている事もあり、見た目以上にストレスを感じずに着用出来るのも特徴の1つ。



シンプルながら随所に見られるディテールは機能的で、どこか魅力を感じます。

木製のトグルと麻紐のループは、手袋をしたままでも着脱を容易にする為のディテール。
着用に応じてトグルの木の色が変化してくると、より一層雰囲気も増すのでは無いでしょうか?

Color NAVY
Size XS / S / M / L
Price ¥61,950-

より洗練された感のあるネイビーもまた、キャメルとは違った印象が魅力的です。
ダッフルコート本来の野暮さが苦手な方にとっては着易く、コーディネートの幅が広がるカラーかと思います。

“ジャケットを着た上で着用出来るアウター”と言う面もダッフルコートの特筆すべき点で、いざ探すとそう言ったアウターはあまり存在しないのでは?
ちなみに、着用画像ではツイードジャケットの上からダッフルコートを着用。

ちなみにこのダッフルコート、元ネタとなるイギリス海軍・実支給の1着がアーカイブとしてARCHにもあります。
興味のある方は、是非こちらも合わせて店頭にてご覧下さい

ARCH 吉田