Blog from ArchStyle » Exclusive|archstyle|Arch アーチ

MOJITO×ARCH×Mi cafeto “GEORG’S COAT HARRIS TWEED SPECIAL MODEL”.

2018.09.28 Friday 20:15:03| Author:admin| Categories:Exclusive,MOJITO,News!!

初日から、沢山のお客様にご来店頂きまして誠に有難う御座います!

明日、明後日も開催していますので、奮ってご参加下さりますと幸いです。

ここ札幌にお越しの際には、いつも当店にお立ち寄りいただいくコーヒーハンターの川島さん。

少し強面な見ためとはちがい(苦笑)とても気さくに話ができ、毎回ぼくらにコーヒーのことは勿論のこと、

色々なことを楽しく教えていただいています。

昨年末の寒さ厳しい日に川島さんがご来店されたことが切っ掛けで、今回リリースするGEORG’S COATが誕生しました。

L1002311

MOJITO×ARCH”×Mi cafeto GEORG’S COAT HARRIS TWEED MODEL”
COLOR/BROWN
SIZE/S,M,L
PRICE/¥98,000-+TAX

いつものように話をしていると、近いうちにエルサルバトルの農園に行かれるようでその際に着用されるアウターをお探しとのこと。

冬のアウターは僕らが最も得意とする大好物なアイテムだけに、ここぞとばかりにご希望のアイテムとはどんなモノなのか?

川島さんに訊いてみた。

1)ミリタリー色が強い迷彩柄を使用したアイテムはN.G。

( どうやらジャングルの奥地で迷彩柄を着ていると、ゲリラに間違われる可能性があるとのこと。)

2)アウトドアテイストが強すぎるアイテムも好みではない。

3)天候が急に変化する山頂や寒暖の差が激しい土地でも耐えうるスペックのアイテムを探している。

具体的にいうと、透湿、軽い撥水、防寒、防風この4点をカバーするアウターが欲しい。

4)使い込むほどに身体になじむようなもの。

3)と4)だけならともかく、1)と2)のハードルが少々たかい。ミリタリーとアウトドアを除き、

天候が急に変化する山頂や寒暖の差が激しい土地でも耐えうるスペックのアイテムとなると、既成服ではほぼ無いに等しい。

川島さんに差し入れで頂戴したコーヒーを飲みながら、社内での打ち合わせをスタートさせた。

MOJITOのGEORG’S COATに絞り込むまでにそんなに時間はかからなかった。

なぜなら川島さんは、もともとGEORG’S COATを愛用されているからだ。

思ったよりもはやくアイテムが決まりMOJITOの山下さんに連絡をして川島さんのリクエストを事細かに伝え

川島さんと山下さんが、練りに練って練り上げたGEORG’S COATが、今回リリースする経緯です。

相当数の素材資料の中より厳選され、最終的に『ハリスツイード+ブレスレイヤー』を使用し完成したGEORG’S COATの

フィールドテストも川島さんご自身で行われました。

ご覧になられたかたも多いかと思いますが、、、、、。

IMG_3102

そうです!先日TV放送された「アナザースカイ・川島さんの密着取材」のエルサルバトルで着用されていた

ツイードのアウターこそ、川島さんのリクエストにより生まれたGEORG’S COATなんです。

フィールドテストの感想というか、着心地と表現すべきなのか、居ても立ってもいられず川島さんに訊いてみましたので

その一部を公開しちゃいます。

『ブッシュの中でも撥水性がよくとても快適だったし、枝が腕にあたっても痛みを感じることはなかった。それと前傾姿勢に

なることが多いなかでもストレスを感じず動けた。移動時のバギーに乗った時に感じたことだけど、防風性には驚いた。それと動きに合わせてウエストのドローコードを絞るとフォルムチェンジが出来たことや機能的なポケットがとても重宝しましたね。

ブッシュだけではなく普段の街着としも着てみたいと思ってますよ。』

他にもこのアイテムの感想を沢山教えていただきました。

ヘミングウェイの文体よろしく削ぎ落しのデザインを得意とするMOJITOから、川島さんのDNAを盛り込んだ

過去にはないフルスペックのARCHらしいGEORG’S COATが完成致しました。

L1002314

L1002319

L1002321

L1002307

スタッフ近谷
SIZE/S 着用

イベント期間中はMOJITOの山下さんも店頭にいらっしゃいます。

19SSの未発売コレクションもいち早くご覧頂け、さらには個人オーダーを付けて頂けるまたとないチャンスです。

明日にはリーサルウエポンのご紹介もさせて頂く予定なので、お楽しみにしていて下さい。

皆さまのご来店をお待ちしております。

ARCH 近谷

 

 

ARCH×genre 「sleeping shirt」light moleskin.

2018.09.5 Wednesday 18:30:34| Author:admin| Categories:Exclusive

ARCHとgenreの共同製作にて誕生した「sleeping shirt」。

非常にARCHらしい、genreらしい1枚に仕上がりました。

スクリーンショット 2018-09-05 15.52.13

Arch×genre sleeping shirt
color/BLACK
SIZE/S,M,L

今回のmoment 3 “facteur”KLASICA × ARCH × genreのイベントと同時に予約開始となるこのsleeping shirt。

VINTAGEのソレは、良くも悪くももっと寝衣らしくコットンの粗く粗悪な生地感となっております。

_DSC2386

ロシア軍に支給されていたスリーピングシャツとドイツ軍に支給されていたスリーピングシャツを掛け合わせて作成されました。

特徴的なヘンリーネックのフロント部分はロシア軍、サイズフィッティングはドイツ軍のサイズ感にフォーカスを当てて作成し、加えて生地はフレンチなライトモールスキン。

特筆すべきは何と言っても「生地」です。

_DSC2390

_DSC2397

身長170cm 体重56kg sizeM 着用

キメ細やかで光沢が出る程高密度に織り込まれたライトモールスキン相まって、従来のスリーピングシャツにはない上品な佇まいに仕上げられております。

フロント部分も決してだらしなく映る事なく、様々なコーディネートに活用出来ます。

軍支給のアイテムにフレンチの匂い漂うこの生地を乗せる、ここにArch,genreらしさを感じていただけるのではないでしょうか?

_DSC2415

JACKET/CASEY CASEY
INNER/JOHN SMEDLEY
SHIRT/genre×Arch sleeping shirt
PANTS/ANATOMICA
CAP/JAMES LOCK

ライト”モールスキン”なので、ハイゲージのタートルネックに合わせても違和感なく落とし込む事が出来ます。

ブラックトーンで統一し、WINE REDやバーガンディなどのアイテムを差すコーディネートもオススメです。

_DSC2418

コットンのブロード生地とは又違う、主張しすぎない生地感がライトモールスキンにはあります。

かといって暑い時期に着られないわけではなく春、夏にも着られる爽快な肌さわりと通気性も◎

秋冬のやや重くなりがちなコーディネートにもバッチリ一役買ってくれます。

スクリーンショット 2018-09-05 15.52.41

genre 山本はvintageのスカートと合わせました。
女性ならではの着こなしで背景はミリタリーにありながらも品があり格好良い女性の装いですね。

男性も女性も問わず着ていただけるアイテムなのは間違いありません。

_DSC0188

moment 3 “facteur”
KLASICA × ARCH × genre
SPECIAL EVENT in genre
2018.9.7(fri) , 8(sat) , 9(sun)

上記イベントの期間中はKLASICAのCIRCA JACKETのオーダーと共に、こちらのシャツも御覧下さいませ。

サンプルに袖を通した瞬間、お好きになって頂ける方も多くいらっしゃると思います。

メンズスタッフもイベント当日はgenreの店頭にてお手伝いさせて頂きます。

またとないスペシャルイベントですので、この機会に是非、ご来店くださいませ。

Arch 近谷

ARCH × rdv o globe Special Gilet

2017.11.30 Thursday 18:55:51| Author:admin| Categories:Exclusive,rdv o globe

1510295615519_resized 2

いよいよ明日から12月ですね。

ここ札幌は現在マイナス9℃とようやく本格的な長い冬の到来です。

そして、明日12月1日から3日までの3日間、アーチで取り扱っているメインブランドのひとつである、rdv o globeデザイナー前淵氏、そしてNorth Worksデザイナー太田氏の両名を店頭に迎えて、今年のラストを飾る【rdv o globe ×  North Works Xmas Party 】を開催致します。

アーチでもコアなファンの多いrdv o globeからは、今回の為に別注でお願いしていた前回の入荷時に大好評だったBOB Giletのスペシャルファブリックバージョンを、数量限定にて発売します。

DSC0427-264x400BOB GILET

個人的にも普段から愛用しているとてもお気に入りのベストで、今回のスペシャルファブリックバージョンは「こんな素材があったら良いな。」という発想から具現化されたアイテムです。

明日発売ですが、入荷するのも明日になります。笑

入荷次第こちらのBlogでもご紹介しますが、まずは是非店頭にてご覧下さい。

また12月2日(土)は、開店12:00から、前淵氏オリジナルのVIN CHAUD(ヴァンショー)とフィンガーフードをご提供します。

VAN CHAUDとはいわゆるホットワインの事で、VIN=ワイン CHAUD=ホットでヴァンショーと呼び、ホットワインにシナモン、フルーツ、砂糖が入ったお酒でフランスやドイツのヨーロッパでは昔からクリスマスの時期になるとよく呑まれています

2e7f246e5c2e5f1336b67158b396f416

f0297961508e8bec880b98330a6544ee

寒くなってきたこの季節に、ARCHでVIN CHAUD を呑みながら一足早いXmas Party を楽しみましょう!

スタッフ一同皆様のお越しをお待ちしております。

 

ARCH 山内

BONCOURA × ARCH SPECIAL WORK PANTS

2017.11.15 Wednesday 21:57:43| Author:admin| Categories:BONCOURA,Exclusive

IMG_0134

IMG_0143

ヨーロッパのワークウェアとアメリカのワークウェアにはそれぞれが持つ背景があり、それぞれの良さあります。

10代の頃からお互いワークウェアというものを沢山買ったり着てきた中で特に森島氏はアメリカ、僕はヨーロッパのワークウェアに惹かれ、ヨーロッパにはワークウェアに対する長い歴史があり、アメリカには19世紀のヨーロッパの移民から持ち込まれた技術や歴史から、アメリカの合理的社会によって必然的に産み出された数々の素晴らしいプロダクトが創造されてきました。

19世紀後半ドイツの移民であるLEVI’Sの創始者、リーバイストラウスがその代表的な例かもしれません。

そんな中で、森島氏が所有する、ある生地をキッカケにBONCOURAとARCHそれぞれが持つ背景を具現化したWORK PANTSを作ろう!というのが今回BONCOURA×ARCHの別注パンツのスタートでした。

_DSC0797

このDEAD STOCKのブルーの撚り杢はまさに19世紀からヨーロッパでワークウェアに適した素材として伝えられ、後にアメリカでも1930~1940年代をピークにワークウェアの生地として広く使用されていた生地。

P4420306

こちらは僕山内が所有の1940年代のフランス製 撚り杢の生地を使ったWORK PANTS

そして、今回1940年代にUS ARMYでWORK PANTSとして使われていた、森島氏所有のとても希少なモデルをベースに本来のワークパンツとしての無骨さを残しつつBONCOURAらしくアップデートさせ、前述のDEAD STOCKの生地を乗せたスペシャルアイテムとして完成しました。

DSC_1122

 

IMG_2829

 

11月18日(土)BONCOURA祭の初日に発売致します。希少なDEAD STOCKを使用したスペシャルワークパンツを是非見にいらして下さい。

 

ARCH 山内

 

 

 

 

 

AL’S COAT Expressly For ARCH

2017.09.13 Wednesday 19:47:14| Author:admin| Categories:Exclusive,MOJITO

IMG_0476

MOJITOを代表する普遍的アイテムのひとつであるAL’S COAT。

2011年秋冬のシーズン、一番最初にリリースされたファーストモデルを、今回は一度限りの復刻という形で16日(土)から3日間開催するMOJITO × KENNETH FIELDのイベント初日に限定数を発売します。

_DSC0674

当時と同じ取り外し可能な8枚に接いだHARRIS TWEEDをライナーに装着。

今回は特別にグレンチェック等、モノトーンでARCHらしい配色に仕上がっています。

春先はライナーを外しライトアウターとして。秋口から冬にかけてはライナーを装着し、ここ北海道の厳しい寒さを乗り切れる保温性を兼ね備えます。

_DSC0665

_DSC0676

_DSC0696

このモデルのデザインソースは、ヘミングウェイの名作【THE KILLERS / 殺し屋たち】に登場するアルという人物が着ていたコート。

表地には馬布と呼ばれる高密度に織られたコットン100%の生地を用いています。

元来、乗馬時に鞍が滑らないように敷いていたこの生地にマイクロピーチとオイルタッチの樹脂を乗せてオイルドクロスのような質感に仕上げ、そこから洗いを数回かけ天日干しを繰り返す事で、より男らしく無骨なものへと昇華しています

_DSC0671

いつの時代もコート(外套)をどう着こなすかというのは男にとっての永遠のテーマ。

着用を繰り返す事により、ライナーのHARRIS TWEEDが身体に馴染み、表地の馬布が色褪せてきた面構えになってきた頃には愛着が湧き、自分のモノになるでしょう。

 

_DSC0687

AL’S COAT Expressly For ARCH
COLOR  BLACK
SIZE S / M / L / XL
PEICE 98,000円+TAX

9月16日(土)発売

TWEEDについて by ARCH 山内

2017.09.12 Tuesday 21:16:48| Author:admin| Categories:BASIC_ITEM,Exclusive,KENNETH FIELD,MOJITO

P4390502

2000年頃、初めてヴィンテージの買付で訪れたLONDON ポートヴェローの蚤の市で買った古いハリスツイードのジャケットが自分にとっての初めてのツイードだったと記憶してます。

そこにはおびただしい数のツイードのジャケットやコートが並べられていたのですが、実際袖を通すと自分にしっくりくるサイズ感を見つけるのは至難の技でした。

その時やっと出会えたツイードジャケットは今でもこの時期になるとよく着ています。

洋服屋の仕事をするようになって20代から30代にかけて購入したツイードのジャケットやコートは10年選手になり、程よく身体に馴染み、特にコーディネートを難しく考えるわけでもなく、気がつくといつも着ている自分にとってはジーンズのような存在。

だからこそツイードのアイテムは飽きのこない普遍的なスタイルのものを選ぶというのが自分の価値観であり、ARCHの品揃えのベースにもなっています。

a2018f42679b328abd224d2125cf8080

数年前にヨーロッパの出張時にANATOMICAの仕事で英HARRIS TWEED社に訪れた時のこと。数百の生地サンプルと格闘しながら厳選していると、腕にタトゥーを施したセールスマンがこっちに来て、【まぁ、そんなに気張らないでシングルモルトのスコッチウイスキーでも飲んだらどうだ?】とストレートで出された事がとても印象的でした。

その時、初めてツイードを着る意味、その背景がわかった気がしました。

_DSC0674

20170820123105

※DON’T LOOK BACKより抜粋

今週末MOJITO × KENNETH FIELDのイベントで発売するそれぞれのツイードを使ったスペシャルアイテムはまさに普遍的なスタイルといえるでしょう。

是非楽しみにしていて下さい。

ARCH 山内

 

1982 Dead stock Royal Blue Melton Fabric

2017.05.17 Wednesday 15:53:03| Author:admin| Categories:Exclusive,rdv o globe

IMG_1395

明後日19日の金曜日から3日間開催する【rdv o glove × North Works】のイベントで、rdv o globeよりデッドストックのスペシャルファブリックを使用したSpecial Limited Editionのコートの先行受注会を開催致します。

まだ少し気が早いアイテムではありますが、この秋冬のARCHの目玉のひとつといっても過言ではないと自信を持ってご紹介出来るアイテムです。

まずは下記のリンクよりデザイナー前淵氏のBlogをご覧下さい。

https://amvai.com/story/454

 

ARCH 宅見

 

 

KENNETH FIELD GURKA TROUSERS ARCH Exclusive Vol.2

2017.04.14 Friday 00:27:03| Author:admin| Categories:Exclusive,KENNETH FIELD

IMG_0955

Color KHAKI
Size 29(XS) / 31(S)/ 33(M) / 35(L) / 37(XL)
PRICE ¥30,000+tax

KENNETH FIELDとしては、ブランドスタート時から定番として君臨するグルカトラウザース。

ここアーチでも過去シーズン毎に様々な素材のものを展開してきたので、ご存知の方も多いと思います。

IMG_0962

今回の別注では本来イギリス軍を背景に持つグルカトラウザースに1940年代の英軍の夏用マテリアルとして採用されていたAIRTEX素材を使い”敢えて”本来の姿に限りなく近いカタチにしました。

IMG_0961

シルエットそのものはデザイナーである草野氏が、スポーツコートとの相性を考慮し、とても洗練されたものとなっており、実際に着用してみると軍モノのグルカトラウザースとは一線を画した仕上がりとなっています。
DSC1001-264x400KENNETH×ARCH【Gurka Trouser】
PRICE ¥30,000+tax
SIZE / XS / S / M / L / XL

フロントのディテールに特徴のあるこのグルカトラウザースは、出来ればシャツをタックインして穿くのがおススメのスタイル。

_DSC0979

_DSC0981

僕自身そうなのですが、 北海道という気候がら夏にショートパンツを穿かないという方は意外と多いのではないかと思います。

これから訪れる北海道の短い夏に向けて、涼しく穿くことのできるこのAIRTEX素材を使用したグルカトラウザースはとてもおすすめです。

当たり前ですが、、、笑 別注企画という事で今回一度限りの入荷となりますので、気になる方は是非店頭にてご覧下さい。

そして、明日からのイベントでは、、、、

DSC03661-400x265

58657010b54ef2277ec8e4d86c3cf3dd-400x265

恒例のカスタムオーダー会を同時開催します!

【SPORTS COAT】【TRIM TROUSERS】【CLASSIC VEST】の型から自分だけの特別な素材を選ぶ事が出来ます。

タイミングが良ければ草野氏自身によるアドバイスのもと、実際に採寸まで行ってくれますので是非この機会に特別な一着を仕立ててみてはいかがでしょうか。

明日からの3日間、皆様のご来店をお待ちしております。

ARCH 山内