Blog from ArchStyle » SUS-SOUS|archstyle|Arch アーチ

sus-sous お楽しみ会 明日から開催です!!

2020.11.5 Thursday 21:08:16| Author:admin| Categories:SUS-SOUS

DSC06579

DSC06573

DSC06575

DSC06578

いよいよ明日から開催致しますsus-sousの「カスタムオーダーイベント(お楽しみ会)」 。

皆様をお迎えする準備が整いました。

DSC06301

DSC06302

今回は、洋服3アイテムの他に【officers boots】のカラーオーダーも承ります。

お客様ご希望のカラーに職人が「手染め」で染色を施します(左が染色前、右が染色後)。

DSC06574

DSC06584

また、期間中はカスタムオーダーだけでなく、普段は店頭に並んでいないsus-sousのアイテムやスペシャルな1点物も豊富にご覧頂けます。

sus-sousの洋服がお好きな方には勿論ですし、興味がある、これから着てみたい、という方にもきっと楽しんで頂けるイベントです。

IMG_1832

オーダー頂いた方だけでなく、ご来店頂いた方全員にお渡しするノベルティもご用意して頂きました!!※数には限りがございます

昨日までのブログで 「オーダーして頂けるアイテム」「オーダーでお使い頂ける生地」「スタッフおすすめオーダー」をご紹介していますので、ぜひご一読下さい。

デザイナーの西谷氏は、明日14時半頃~在店予定です。

明日からの3日間、沢山のご来店を心よりお待ちしております!!

ARCH  川上

【オーダーに関して】

※オーダーアイテム1商品につき、内金として¥20,000を頂戴致します。
※オーダーアイテムの入荷は来年春頃を予定致しております。
※オーダー完了後のキャンセルはお受けできませんのでご了承下さい。
※遠方の方もこちらからお気軽にお問い合わせください。

sus-sous お楽しみ会 スタッフおすすめオーダー

2020.11.4 Wednesday 20:01:40| Author:admin| Categories:SUS-SOUS

phonto 3

6日(金)から開催致しますsus-sousの「カスタムオーダーイベント(お楽しみ会)」。

今日は「スタッフおすすめオーダー」をご紹介したいと思います。

abe

一人目は、スタッフ阿部。

ex-blk-poplin

僕は「黒×生成りヘビーポプリン」で【trousers MK-1】を製作してもらいたい思っています。

ヘビー過ぎずライト過ぎない、程よい厚みとハリ感のあるこの生地は、季節問わず愛用したい素材です。

DSC01268

sus-sousの定番的パンツである【trousers MK-1】は、スタイルを選ばず様々なアイテムに馴染み、溶け込んでくれます。

履き込む程に雰囲気が良くなりそうなこのファブリックは、長い時間をかけて育てていきたい1本になると思います。

ara

続いては、ARCHステラプレイススタッフの荒です。

herringbone-black-1

ARCH東京のお楽しみ会の際にも、とても気になっていた「ごましお」。

【trousers MK-1】と【chef jacket】のセットアップは、間違いなく格好良いですし【sleeping shirt】と合わせて、西谷さんお勧めの3ピースという合わせもたまらないですよね、、、。

herringbone-black-2

ブラックヘリンボーンという無骨でありながらも、どことなく品のある生地に心打たれました。

ヘリンボーンの織り目が浮き出てきた時の表情の変化も楽しみです!!

kawakami

三人目は、スタッフ川上です。

別注生地もオーダーしたいのですが、着数限定なのでまずはお客様優先で。

僕は「フレンチヴィンテージリネン」のオーダーを考えています。

vintage-linen

同素材の【sleeping shirt】を愛用しているのですが、洗い込んでも変わらないぶるんとした弾力ある質感と、どんどん増していく風合いがたまりません。

そしてやはり、同素材の「ブラックインディゴ手染め」も気になっています。

70年前のヴィンテージの生地に職人が1枚1枚インディゴの手染めを施すという、ストーリーを聞いただけでも心惹かれる生地です。

blackindigo

先ほど、新たな試染めサンプルが届いたと、デザイナーの西谷氏から写真付きでご連絡を頂きました。

右が前回のサンプル、左が新たなサンプルなのですが、色の濃さが全く違うのがお分かり頂けると思います。

黒とインディゴが混じり合ったような深い色合いはまさに、フレンチヴィンテージのマキニョンコートに見られるようなブラックインディゴリネンそのもの。

70249106_169883250818196_3456663317942461878_n

この生地で 【trousers MK-1】と【chef jacket】をセットアップで作ったら最高にカッコいいだろうな〜と想像しています(その分値段もカッコいいですが、、、)。

インナーはヘンリーネックのカットソー、足元はJUTTA NEUMANNのレザーサンダルと、今から来夏のコーディネートのイメージも完璧です。笑

IMG_9377

最後は、スタッフ宅見です。

IMG_6292

IMG_6295

画像で着用している【chef jacket】と【trousers MK-1】のセットアップを生地違いでオーダーしたいです。

気に入ったものは2着ないと落ちつかないというか、、、笑

春夏は、しつこいくらいこのセットアップを愛用していました。

herringbone-natural-2

今回は愛用しているカラーとは真逆の「しおごまヘリンボーン」でオーダーしたいです。

ちなみに、僕が愛用している「中白染めブラックリネン」も着数限定でお使い頂けます。

94070458_1272272693164017_6560863175113760237_n

「スタッフおすすめオーダー」いかがでしたでしょうか。

おすすめというより「自分たちがしたいオーダー」と言った方が正しいかもしれませんが。笑

少しでも皆様のオーダーの参考になれば幸いです。

ぜひ「アイテム紹介」「生地紹介」を見返しながら、想像を膨らませてみて下さい。

ARCH  川上

【オーダーに関して】

※オーダーアイテム1商品につき、内金として¥20,000を頂戴致します。
※オーダーアイテムの入荷は来年春頃を予定致しております。
※オーダー完了後のキャンセルはお受けできませんのでご了承下さい。
※遠方の方もこちらからお気軽にお問い合わせください。

sus-sous お楽しみ会 生地紹介

2020.11.3 Tuesday 19:14:49| Author:admin| Categories:SUS-SOUS

69241309_380624459558945_6030484628951079666_n

121643130_347171289853245_3816514508181015517_n

87654215_215813986203829_7890054458833621967_n

今週末、6日(金)から開催しますsus-sousの「カスタムオーダーイベント(お楽しみ会)」。

昨日のブログでは、オーダーして頂けるアイテムをご紹介しました。

続いて本日は「オーダーで使用して頂ける生地」をご紹介致しますので、ぜひご覧下さい。

vintage-linen
【フレンチミリタリーヴィンテージリネン】

まずは、1940〜50年代にかけて生産され、フランス軍で使用されていたリネンのベットカバー生地。

この年代のリネン生地特有のネップ感ある織りと、ぶるんとした弾力のある質感がとても魅力的です。

sus-sousデザイナーの西谷氏もお気に入りで、ブランドを立ち上げる前にこの生地で【trousers MK-1】を自分で履くために作っていたそう。

フレンチヴィンテージを長年取り扱ってきたArchとしても、ぜひご提案したい生地です。

vintage-linen-blackindigo
【フレンチミリタリーヴィンテージリネン(ブラックインディゴ手染め)】

こちらは、前出のベッドカバー生地を硫化で黒染めした後、職人が1枚1枚インディゴの手染めを施したもの。

古いフレンチワークウェアに見られるブラックインディゴのリネン素材を、ヴィンテージの生地を用いて表現したスペシャルファブリックです。

こんな贅沢な生地はそうそうありません。

どのような経年変化を魅せるのか非常に楽しみな生地です。

indigo-cottonlinen
【インディゴ染めコットンリネン】

続いては、タテ糸にインディゴ染めのコットン、ヨコ糸にチャコール染めのリネンを使用して織り上げられた平織り生地。

ヴィンテージのブラックインディゴ生地をイメージして製作された生地は、深みのある色合いと抜群の風合いを誇ります。

indigo-cottonlinen-aging

こちらは、この生地を使用した【trousers MK-1】のエイジングサンプル。

東京オーダー会でも好評を頂いた生地なのですが、素晴らしい経年変化を見ればそれも納得です。

インラインでも一部使用されている生地ですが、今回オーダーして頂ける3アイテムでは展開されていないので、ぜひこの機会に手にして頂ければと思います。

ここからは、札幌オーダー会のために特別製作して頂いた別注生地3種類です!!

ex-blk-poplin
【別注生地① 黒×生成りヘビーポプリン】

一つ目は、タテ糸に中白染め黒のコットン、ヨコ糸に生成りのリネンを使用して織られた平織り生地。

中白染めとは糸の芯を白く残して染め上る方法で、着込むと色落ちしてデニムのように白が浮き出てきて、その人なりの経年変化が楽しめる生地になっています。

長年着込んでヴィンテージのブラックシャンブレーのように育っていくのが楽しみな生地ですね。

しっかりとハリのある生地感は【trousers MK-1】【sleeping shirt】におすすめです。

herringbone-natural-1

herringbone-natural-2
【別注生地② 生成り×チャコール しおごまヘリンボーン】

2つ目は、タテ糸に生成りのコットン、ヨコ糸にチャコールに染めたリネンを使用したヘリンボーン生地。

ブラックシャンブレー(ごましお)を反転した色合いなので、西谷氏は通称「しおごま」と呼んでいます。笑

古いフレンチのワークパンツに見られるような細かいヘリンボーン生地がとても良い雰囲気を醸し出しています。

柔らかな質感は【trousers MK-1】【sleeping shirt】【chef jacket】どのアイテムとも相性抜群です。

herringbone-black-1

herringbone-black-2
【別注生地③ 黒×生成り ごましおヘリンボーン】

3つ目は「しおごまヘリンボーン」と同じ組織の織りで、タテ糸に中白染め黒のコットン、ヨコ糸に生成りのリネンを使用した「ごましおヘリンボーン」です。

ブラックのヘリンボーンからチラチラと覗く生成りの表情が雰囲気抜群で、19世紀後期のフレンチファイヤーマンジャケットの素材を彷彿とさせる圧倒的な存在感を放っています。

ヘビーポプリン同様に中白染めの糸を使用しているので、味わい深い経年変化が期待できます。

IMG_6592

素晴らしい生地を沢山ご用意して頂きましたが、特にこの「しおごまヘリンボーン」と「ごましおヘリンボーン」の2つはスタッフも満場一致でイチオシです!!

この生地で【trousers MK-1】と【chef jacket】のセットアップ(sleeping shirtと合わせて3ピース?笑)なんて最高じゃないでしょうか。

IMG_6636

IMG_6639

IMG_6650

今日ご紹介した生地以外にも、オーダー会では様々な生地をご覧頂けますので、ぜひ店頭で実際に見て触れて頂ければと思います。

イベント当日は、デザイナーの西谷氏が皆様とお話ししながら、サイズやパンツの裏地を見立てて下さいます。

ぜひ、この機会に自分だけの1着をオーダーしにいらして下さい。

明日は「スタッフのおすすめオーダー」をご紹介致します。

ARCH  川上

phonto 2
sus-sous Custom Order Event(お楽しみ会)
2020.11.6(fri) – 8(sun)

今年6月にARCH東京店で開催し、大盛況で終えた「カスタムオーダーイベント」をいよいよARCH札幌にて開催致します!!

日程は来週末、11月6日(金)~8日(日)の3日間。

今回は定番アイテムに加えて、札幌用に新たなアイテムを加えたラインナップに。

生地に関しても札幌限定の別注生地をご用意して頂けましたので、初めての方にはもちろん、前回オーダー頂いた方にも楽しんで頂けるイベントになると思います。

期間中はデザイナー西谷氏も在店されます。

直接お話しを伺いながら自分だけの1着をオーダーして頂けます。

お客様、西谷氏、僕らスタッフ、皆でワクワクしながら楽しめる、そんなイベントになること間違いありません(西谷氏はこのイベントを「お楽しみ会」と呼んでいます)。

ぜひ、この機会にご来店下さいませ。

sus-sous お楽しみ会 アイテム紹介

2020.11.2 Monday 18:19:48| Author:admin| Categories:SUS-SOUS

sus-sous-customevent

先日のブログにて告知させて頂きました、sus-sousの「カスタムオーダーイベント(お楽しみ会)」。

いよいよ今週末、11月6日(金)〜8日(日)に開催が迫ってきました。

今日から3回にわたって、イベント内容の詳細やおすすめオーダーなどをご紹介したいと思います。

初回の今日は「オーダーして頂けるアイテム」をご紹介致します。

94070458_1272272693164017_6560863175113760237_n

56173403_360478941236138_4772856741038122501_n

69241309_380624459558945_6030484628951079666_n
【trousers MK-1】

まずは、sus-sous(シュス)の絶対的な定番とも言える【trousers MK-1】から。

デザイナーの西谷氏がブランドを立ち上げる前に「自分が履きたいパンツを作ろう」と思い製作したのが始まりという、sus-sousの原点とも言えるアイテムです。

ミリタリーのオーバーパンツがベースでありながら、トラウザーズのような美しいシルエットを取り入れている、まさに唯一無二と言える1本で、西谷氏が「服を続ける限り作り続ける」とおっしゃるほど、sus-sousには欠かす事のできないアイテムです。

70306012_972209673125198_949353238183054872_n

83619387_126358212223637_7587255232749043847_n

121643130_347171289853245_3816514508181015517_n
【sleeping shirt】

続いては【trousers MK-1】同様に、今ではブランドの顔となっている【sleeping shirt】です。

夏でもシャツしか着ないという西谷氏がTシャツ感覚でラフに着れるシャツとして製作した1枚。

ボートネックの仕様はリラックス感がありながら首元を麗しく見せてくれます。

CC41の簡素化された三角マチの仕様を取り入れたという袖口からはsus-sousのアイデンティティが感じられます。

42478204_1093469427488069_5320737297217500532_n

43816368_295164374419040_2606743006984620812_n

87654215_215813986203829_7890054458833621967_n
【chef jacket】

そして今回は【trousers MK-1】【sleeping shirt】の定番2型に加えて、札幌用として新たに【chef jacket】をご用意して頂きました!!

裏地無し、ボタン無しのミニマルな仕様によって、カーディガン感覚でラフに羽織れる1着。

縫い合わせの無い前端はイギリス海軍のメルトンジャケットをモチーフとし、この仕様が生地に動きを生み出し、シンプルなデザインでありながら抜群の存在感を醸し出すジャケットとなっています。

素材の質感によって雰囲気がガラッと変わるので、生地を選ぶのがとても楽しくなるアイテムだと思います。

【trousers MK-1】とセットアップでの着用もおすすめです!!

vintage-linen

vintage-linen-blackindigo

ex-blk-poplin

herringbone-natural-2

herringbone-black-2

これらのアイテムに好きな生地をのせて自分だけの1着を作れることを想像するだけでワクワクしてきますね。

sus-sousがお好きな方には勿論ですし、sus-sousの洋服に興味がある、これから着てみたい、という方にもきっと楽しんで頂けるはずです。

明日は「オーダーで使用して頂ける生地」をご紹介致します!!

ARCH  川上

susous-custom
sus-sous Custom Order Event(お楽しみ会)
2020.11.6(fri) – 8(sun)

今年6月にARCH東京店で開催し、大盛況で終えた「カスタムオーダーイベント」をいよいよARCH札幌にて開催致します!!

日程は来週末、11月6日(金)~8日(日)の3日間。

今回は定番アイテムに加えて、札幌用に新たなアイテムを加えたラインナップに。

生地に関しても札幌限定の別注生地をご用意して頂けましたので、初めての方にはもちろん、前回オーダー頂いた方にも楽しんで頂けるイベントになると思います。

期間中はデザイナー西谷氏も在店されます。

直接お話しを伺いながら自分だけの1着をオーダーして頂けます。

お客様、西谷氏、僕らスタッフ、皆でワクワクしながら楽しめる、そんなイベントになること間違いありません(西谷氏はこのイベントを「お楽しみ会」と呼んでいます)。

ぜひ、この機会にご来店下さいませ。

sus-sous お楽しみ会 in SAPPORO

2020.10.29 Thursday 16:56:18| Author:admin| Categories:SUS-SOUS

IMG_9072 2

IMG_9071

IMG_9075

IMG_9006

男服の背景をしっかり感じさせる無骨さを持ちながら、どこか不思議と中性的で柔らかな雰囲気も持ち合わせる洋服。

シンプルで削ぎ落されたデザインにこだわりのディテールが施された洋服。

そして、自然と着る人の人となりに馴染んでくれる洋服。

数々のヨーロッパヴィンテージを見て、実際に着てきたデザイナー西谷氏の知識と経験に裏付けされた、あるがままのもの作りから生まれる【 sus-sous(シュス)】の魂を宿した洋服は、今やARCHのラインナップに欠かすことができません。

先日、来シーズンの展示会に伺ってきたのですが、気付けば時間を忘れて何度も試着を繰り返していました。笑

来シーズンも素晴らしい洋服が揃いますので、春の入荷を楽しみにしていて下さい。

そして、

IMG_9067

展示会を見終わった後にはもう一つ重要な目的が。

沢山の生地サンプルを見せて頂きながら「この生地なら残りパンツ2着分かな」「別注でこういう生地はどうだろう?」「新しくこのアイテムも加えてみては?」とデザイナー西谷氏との打ち合わせ。

皆さん、もうお気づきかと思います。

susous-custom

sus-sous Custom Order Event(お楽しみ会)
2020.11.6(fri) - 8(sun)

今年6月にARCH東京店で開催し、大盛況で終えた「カスタムオーダーイベント」をいよいよARCH札幌にて開催致します!!

日程は来週末、11月6日(金)~8日(日)の3日間。

今回は定番アイテムに加えて、札幌用に新たなアイテムを加えたラインナップに。

生地に関しても札幌限定の別注生地をご用意して頂けましたので、初めての方にはもちろん、前回オーダー頂いた方にも楽しんで頂けるイベントになると思います。

期間中はデザイナー西谷氏も在店されます。

直接お話しを伺いながら自分だけの1着をオーダーして頂けます。

お客様、西谷氏、僕らスタッフ、皆でワクワクしながら楽しめる、そんなイベントになること間違いありません(西谷氏はこのイベントを「お楽しみ会」と呼んでいます)。

オーダーして頂けるアイテムや生地のラインナップなどは、後日ご紹介致しますのでお楽しみにしていて下さい。

image001
【インスタライブのお知らせ】

明日、10月30日(金)の21時頃~

sus-sous デザイナー西谷氏とインスタライブを配信し、今回のイベントについてご紹介させて頂きます。

お時間ある方はぜひ、ご覧になってみて下さい(コメントもお待ちしております!)。

https://www.instagram.com/archsapporo/

ARCH 川上

sus-sous / MK-2 motorcycle coat

2020.10.6 Tuesday 22:13:42| Author:admin| Categories:SUS-SOUS

sus-sous(シュス)を代表するアウターである「MK-2 motorcycle coat」が入荷してきました。

DSC04995

1950年代初頭、イギリス軍で採用されていたオフィサー用オーバーコートに、フランス軍のM38モーターサイクルコートのディテールを取り入れた1着。

2つのヴィンテージの魅力的な部分を巧みにミックスし表現されたデザインは、数々のヴィンテージミリタリーウェアを見て、実際に着てきたデザイナー西谷氏だからこそ成せる業です。

DSC04996

DSC04998

DSC05001

モーターサイクルコートの魅力である無骨さ、迫力のある表情をしっかり感じさせながら、不思議とどこか中性的で柔らかな雰囲気も感じさせる仕上がり。

これは、デザインだけでなく、素材、縫製仕様、そして、パターンへの強い拘りにより生み出されているものです。

DSC04962

DSC04963

素材は、ドイツの古い素材を元に作られたsus-sousオリジナル生地で、タテ糸に中白染めした綿、ヨコ糸に中白染めした麻を使用し織り上げられた物。

中白染めとは糸の芯を白く残して染めることで、そうして染められた糸を使うことで色に深みが生まれ、着込むことでその人なりの経年変化が楽しめる生地になっています(デニム生地が代表的ですね)。

DSC04964

DSC04965

DSC04966

ディテールに関しては、ヴィンテージをベースに「残す部分」と「省く部分」のバランスがとにかく絶妙です。

他アイテムにも共通して言えることですが、無骨さと軽やかさのバランスが心地よく、しっかりと服の個性、迫力がありながらも、自然と着る人の人となりに馴染んでくれるのがsus-sousの洋服の魅力でしょうか。

【MK-2 motorcycle coat】
DSC04994
Color / Brown Khaki
Size / 5(S), 7(M), 9(L)
Price / ¥135,000+tax

個人的にも昨年このコートを購入し愛用しているのですが「早く着れる気温にならないかな〜」と首を長くして待っているところです。笑

ピンときた方はぜひ、店頭で実際に纏ってみてください。

きっと気に入って頂けるはずです。

ARCH  川上

通販をご希望の方は、下記リンクよりお願い致します。

ARCH ONLINE STORE

sus-sous / sleeping smock

2020.09.9 Wednesday 19:51:24| Author:admin| Categories:SUS-SOUS

IMG_0434-322x400

イギリスの伝統的なワークウェアーである・”フィッシャーマンスモック”

船乗り達や陶芸家など様々な人達が、仕事着として愛用していた背景があります。

デザインではなく、必要最低限のディテールだけを取り入れたウェアーには、機能美と男服の美学が詰まっていると感じます。

そんな伝統的なフィッシャーマンスモックに焦点を当てて製作されたアイテムが、”sus-sous”から登場です。

”sleeping smock”

スクリーンショット 2020-09-09 19.47.38

フィッシャーマンスモック特有のハイネックのディテールに、ボタンの仕様をプラスした一着。

 北欧で目にするボタンが付属した珍しいシャツのデザインを、フィッシャーマンスモックのディテールと掛け合わせています。

IMG_3321

IMG_3322

IMG_3324

カットソーを着ないデザイナー西谷氏の解釈として、sus-sous定番のスリーピングシャツは、ロンティーという考えであり、

“sleeping smock”は、ハイネックのロンティーを理想として製作したそうです。

その位ラフに着れる事を想定して製作しながらも、しっかりとシャツとして製作しているのがこのアイテムの魅力です。

IMG_3325

IMG_3326

IMG_3329

L1000047

素材には、ウール、リネン、カシミアの混合生地を使用しています。

カシミアが入る事で、非常に柔かなタッチになっている為、チクチクした感じがありません。

ヘリンボーンの生地と相まり、ヨーロッパの空気を纏った一着に仕上がっています。

襟とカフス裏に別生地で裏地を施しているのも流石の一言。
細かいディテールにも拘り抜くのがsus-sousの凄さでもあります。

L1000043
COLOR GRAY
SIZE 5 / 7 / 9
PRICE ¥45,000+TAX

スクリーンショット 2020-09-09 18.30.22

フィッティングは、スリーピングシャツに近いですが、よりジャケット等のインナー合わやすい設計になっています。

首回りの収まりが非常に良く、ジャケットやコートを合わせた際に、綺麗に映ります。

DSC03983

DSC03996

DSC03988

僕らスタッフが、満場一致で気に入ったアイテムだった為…2色展開となっています笑

L1000048
COLOR NAVY BLACK
SIZE 5 / 7 / 9
PRICE ¥45,000+TAX

こちらは、ウール100%の生地を使用した一着。

ダークネイビーの色味は、まさにフィッシャーマンスモックを彷彿とさせます。

IMG_3334

IMG_3335

IMG_3332

IMG_3336

一枚でもサマになりますし、特に秋冬の季節はインナーとして手離せない存在になりそうです。

秋冬のインナーと言えば、ハイゲージ・ローゲージのニットやスウェットなどが主役になってくると思います。

この手のウールシャツは、中々ないと思いますし、インナーに合わせるだけで、雰囲気をガラッと変える事が出来るはずです。

DSC03978

DSC03971

ウールのハイネックモノは、首がチクチクしてと….気になる方も多いと思いますが、ネック部分にリネンの裏地を施しているので、その心配もありません。

ブログを書いていると早く着たくなってきました…笑

アリそうではナイ、ウールインナーを是非ご覧になってください。

ARCH 宅見

sus-sous / Sleeping Shirt

2020.08.10 Monday 19:33:57| Author:admin| Categories:SUS-SOUS

DSC01621

【sus-sous】から秋冬の新作第二弾となる”SLEEPING SHIRT”が入荷しました。

MK-1 TROUSERSと並び、ファーストシーズンから定番として欠かせないアイテムであるこちらのシャツ。

前回は、ARCHの別注品として製作したのが記憶に新しいですが、今秋冬も【sus-sous】らしい素材で登場です。

DSC01616
COLOR  CHARCOAL
SIZE 5(S) / 7(M) / 9(L)
PRICE ¥40,000+TAX

【sus-sous】デザイナー西谷氏が”カットソー”と呼ぶこのスリーピングシャツ。

夏場でもカットソーを着ない西谷氏が、カットソー感覚でラフに着れて且つ、シャツの上品さを損なわない一枚として完成させたのが【sus-sous】の”SLEEPING SHIRT”なのです。

ミリタリーシャツの要素がありながらも、袖やプリーツのディテールにシャツとしての機能を持たせた一着に仕上がっています。

DSC01624

DSC01628 2

DSC01627

DSC01625

素材には、リネン50%ウール50%の生地を採用しています。

ウールの素材感の中にリネンのシャリ感を感じるなんとも言えない独特の生地です。

【sus-sous】のコレクションは、シーズンを関係なくウールリネンの生地を多く作ります。
季節に合わせるのではなく、イメージする素材を完成させる為に、敢えてリネンを入れたり、ウールを入れたりするそうです。

ヘリンボーンの様な織もまた惹かれる部分ですね。

DSC01640

一枚でも完結し、インナーとしての役割も十分に担ってくれる万能な一枚。

カットソーの様に気兼ねなく着用出来るが、それよりもラフになりすぎない。

着れば着るほど素材違いで買い足したくります….

DSC01641
JACKET / sus-sous
BOTTOMS / sus-sous

sus-sousもそうですが、各ブランドから続々と新作が入荷してきています。

まだまだ秋冬とはいかない気温ではありますが、お早目にご覧になって欲しいアイテムばかりです。

是非、この機会にご来店くださいませ。

ARCH 宅見