Blog from ArchStyle » Vintage|archstyle|Arch アーチ

OUTIL×FRENCH VINTAGE FAIR

2018.07.15 Sunday 18:08:49| Author:admin| Categories:OUTIL,Vintage

昨日より開催しております、《OUTIL×FRENCH VINTAGE FAIR》

OUTILとコラボレーションして制作した別注コートは、早速ご好評を頂いております。
フランスから届いたばかりの新鮮なヴィンテージも、やはりスペシャルなアイテムから姿を消していってます…

まだまだ一点物のヴィンテージが眠っていますので、お早めにご覧になってください。

そして、今回は普段ARCHに展開のないOUTILのコレクションが幅広いラインナップで店頭に揃っています。

メンズに加えてレディースのアイテムも揃っています。メンズショップなので中々入りづらいかもしれませんが笑

この機会に是非ARCHへ足を運んでみてください。

スクリーンショット 2018-07-15 18.02.25

スクリーンショット 2018-07-15 18.02.34
_DSC0159
_DSC0179
_DSC0188
_DSC0168

_DSC0263
_DSC0258
_DSC0206
_DSC0200
_DSC0124
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH 宅見

GENRE FARMERS POCKET BAG

2018.07.13 Friday 20:56:11| Author:admin| Categories:OUTIL,Vintage

3ecd63033e310bb4131e0dacde56af4b-radium-girls-amateur-radio-e1524834651930

姉妹店GENREには、お店の中にオリジナルの洋服やお直しができる工場があります。

ヨーロッパヴィンテージを扱うGENREにとって、同じ空間に物作りができる場所があるのは必然的であり他にはない唯一無二の空間です。

1900年代前半までのヨーロッパの洋服作りは、殆どが手作業によるものでした。

当時の洋服作りを現代に。

そんな想いから生まれた工場は、作り手である西田さんがヴィンテージのファブリック等を使いパターンから生地のカット、縫製・ボタン付けまで全ての工程を手作業で行っています。

まるで1900年代前半のヨーロッパの洋服作りと全く同じ手法で洋服を生み出しています。

そんな、GENREのオリジナル第4弾が完成しました。

56227654-e1531296017788-1

”FARMERS POCKET BAG”

フランスの農夫が作業の際に腰に巻きつけてポケットにしていたヴィンテージをソースに、普段のスタイルでも取り入れられるバックを制作しました。

こちらのバックは、明日から開催します、《OUTIL×FRENCH VINTAGE FAIR》のイベントにてARCHでも発売致します。

DSC_1946-e1531296461541-1《資料商品》

ヴィンテージの物は、二つのポケットが付属しておりこれを腰に巻きつけて農作業を行っていました。

このディテールのままに、ポケットを一つにしてショルダーバックとして使えるオリジナルに昇華しています。

_DSC1846COLOR BLACK
PRICE ¥12,800+TAX

_DSC1853
_DSC0153

容量は、写真の様に手帳、細布、携帯などを入れてもまだ余裕があります。
男性なら特にそうかと思いますが、荷物をあまり持たないがカバンは必要という方にこそ普段使いとして重宝する丁度よいサイズ感です。

何よりも、このバックが生まれている背景にグッときます。

_DSC0132
_DSC0147
DSC_2073-e1531296590478 GENRE 西田
DSC_1926-e1531297314943GENRE 山本

男女問わずに愛用できる汎用性の高さと、ジャケットやコートの中に仕舞い込める利便性。

洋服の邪魔にならない機能的なデザイン。

是非、届いたばかりのFRENCH VINTAGEと一緒にご覧になって頂きたいです。

明日のイベント準備も着々と進めんでおります。

OUTILのラインナップは、メンズ・レディース含めて豊富な品揃えになっております。
女性の方も是非足を運んでみてください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 
_DSC0152
_DSC0154

IMG_2778
_DSC0130
_DSC0140
_DSC0137

ARCH 宅見

French Vintage From France

2018.07.12 Thursday 22:04:44| Author:admin| Categories:OUTIL,Vintage

フランスにて買い付けてきたVITNAGEアイテムが札幌に到着しました。

いつも厳選されたヴィンテージウェアーがお店に到着すると、初めて海外出張にいった時の事を思い出します。

自分達の足で見つけたモノ、偶然の出会いから見つかったモノ、交渉して手に入れたモノ…
様々な思いて見つけたヴィンテージウェアーは、全て輝いてみえるし色々な思い出が詰まっています。

初めてバイイングしたヴィンテージウェアーは、今でも忘れられません。
ヴィンテージを着用する行為は、その当時の歴史を購入するのに近い感覚だと思っています。

今回も、良質なヴィンテージが揃っています。

_DSC0162
_DSC0179
_DSC0177
_DSC0176
_DSC0186
_DSC0169
_DSC0167
_DSC0182
_DSC0171
久々にフランス軍のモーターサイクルコートがデッドストックで見つかりました。
定番のモールスキンジャケットから、今回はブラックモールスキンも多く入荷しています。

そして、ブルー・ブラックインディゴリネンのワークパンツが数本…初めて目にしました。
ドイツ軍のセーラーシャツや、フランス軍のジャケット、ワーク・ミリタリーと様々なウェアーが揃っています。

写真は入荷した物の一部なので、随時ブログ等で紹介していきます。

明後日からのイベントにてお披露目しますので、楽しみにしていてください。

そして…
OUTILデザイナー宇多氏がフランスで見つけた、フランス海軍の食器等もイベント期間中限定で店頭に並びます。
アンカーマークが刻印されたデッドストックの食器は必見です。

是非ご覧になってみてください。

スクリーンショット 2018-07-12 21.58.22
ARCH 宅見

1920′s Belgium Linen Coal Mine Jacket&Pants

2018.07.5 Thursday 21:03:10| Author:admin| Categories:Vintage

24132e3b-601e-4486-ac99-9befe0e00f64

ヨーロッパで、18世紀から19世紀にかけて起こった産業革命。
鉄道や蒸気船の開発によって、そのエネルギー源である石炭が当時必要不可欠でした。

ベルギーの世界遺産としても知られる”ワロン地方の鉱山”は、当時ベルギーで最も炭鉱が栄えていた地域であり、その石炭を掘り起こす炭坑夫(COLE MINE)達の存在は欠かせなかったはずです。

そんな彼らが1920年代に、実際に着用していたワークウェアーが、デッドストックの状態で見つかりました。

_DSC0873

_DSC0917
_DSC0921

_DSC0926

スタンドカラー、2つボタンのディテールが非常にシンプルな作りのワークジャケット。

かがんだりする事の多い炭坑夫の仕事にとって、裾が開くようにボタンは敢えて2つだけになっており、ポケットは内側に2つ大きく装備されています。

機能から生まれているこの簡素的なディテールにこそ、当時の時代背景が隠されているのではないでしょうか。

そして、1900年代初頭にヨーロッパで流通していた肉厚なリネンファブリックは重厚感があります。

このファブリックだけでも魅力を感じますし、中々お目にかかれない代物です。

【1920′s Belgium Coal Mine Jacket】
IMG_2436COLOR INDIGO
SIZE 50 / 52 / 54
PRICE ¥68,000+TAX

_DSC1211
_DSC1207
_DSC0912

この手のスタンドカラーのジャケットは、カーディガンの様に気軽に羽織れるのが一番の良さです。

カットソーにジーンズくらいのラフな装いにこそ一役買うアイテムだと思います。

【1920′s Belgium Coal Mine Pants】
_DSC1087COLOR INDIGO
SIZE 50 / 52 / 54
PRICE ¥38,000+TAX

_DSC1095
同素材のワークパンツも非常に面白いディテールを備えた一本です。

この年代のヨーロッパのワークパンツには、尾錠だけが付くのが主流です。
ですが、尾錠+ベルトループが付いたディテールになっています。

当時のアメリカのワークパンツに見られるこのディテールに、様々な妄想が膨らみます。

アメリカからの移民が考案したのか?
イギリスのトラウザーズからの派生なのか?

こういった妄想が膨らむのも、ヴィンテージアイテムならではではないでしょうか。

ARCH 宅見

1920′s Belgium Indigo Linen Work Jacket&Pants

2018.07.1 Sunday 21:04:55| Author:admin| Categories:Vintage

_DSC0851

_DSC0854
_DSC0857
_DSC0875
_DSC0873

 

ベルギーのヴィンテージワークウェアーがデッドストックで見つかりました。

1920年代頃の物であり、当時の炭坑夫が作業用として使用していたジャケットとボトムスの2型。

防臭・防虫効果のあった”INDIGO”の染料を施した肉厚なリネン生地。

1900年代初頭のヨーロッパのワークウェアーには、非常に多く見られた染色方法ですが、ベルギーのワークウェアーは初めて目にしました。

”INDIGO LINEN”

この言葉を聞くとフレンチヴィンテージしか思いつきませんでしたが、まさかこんなウェアーがあるなんて…

久々に胸が高鳴るヴィンテージウェアーの到着です。

詳細は後日ブログにて紹介します。

ARCH 宅見

French Moleskin Work Jacket

2018.06.28 Thursday 20:30:08| Author:admin| Categories:Vintage

_DSC0645

FRENCH VINTAGEと呼ばれるヴィンテージアイテムを語る上で、外す事が出来ないのがMOLESKIN WORK JACKET(モールスキンのワークジャケット)。

FRENCH MOLESKINと名付けられた肉厚なコットン生地は、1930年代頃からフランスのワークウェアーには欠かせない素材でした。

アメリカでいうデニム生地、イギリスでいうオイルド生地など、フレンチワークと言えばモールスキンと言える程、当時のワーカー達にとって必要不可欠だったのでしょう。

INK BLUEと呼ばれるフレンチブルーの色味が美しく、さらに色が抜けた淡いカラーにも目を奪われます。

シーズン通してカバーオールの様な使い方が出来るこのジャケットは、ARCHにとっても欠かせなく定番品としてオープン当初から在続けます。

_DSC0695COLOR INK BLUE
SIZE S相当
PRICE ¥40,000+TAX

_DSC0646
_DSC0649

こちらは色が抜けているタイプになります。
色のコントラストが絶妙であり、ジーンズ同様に中々綺麗に色が落ちているモノを探すのは一苦労です。

_DSC0692COLOR INK BLUE
SIZE M相当
PRICEC ¥40,000+TAX

_DSC0752

_DSC0694 COLOR INK BLUE
SIZE L相当
PRICE ¥40,000+TAX

_DSC0751

色が残っているこちらの2タイプは、これからの経年変化を楽しめるアイテムです。

独特のヌメ感が残る生地に、愛着が湧いて仕方ありません。

_DSC0730CAP JAMES LOCK
SHIRT KENNETH FIELD
TIE KENNETH FIELD
BOTTOMS ANATOMICA

_DSC0733CAP HANNA HATS
SHIRT SAINT JAMES
BOTTOMS FRENCH ARMY M-47

_DSC0718 CAP JAMES LOCK
SHIRT S.E.H KELLY
SCARF ANATOMICA
BOTTOMS ANATOMICA

着方は三者三様に、ドレスアップでもカジュアルにも落とし込める汎用性の高い一枚。

近年、素材・サイズも含めて良いコンディションの物が見つかりにくい状態にあるヴィンテージウェアーと言えるでしょう。

フレンチワークにしか存在しないデザインと素材、当時の時代背景を色濃く写し出したヴィンテージだからこそ、

一着は自分のクローゼットに残しておきたいと思えます。

ARCH 宅見

U.S NAVY SALVAGE PARKA DEAD STOCK

2018.06.23 Saturday 19:43:10| Author:admin| Categories:Vintage

_DSC0338

1940年代にU.S.Nに支給されていたサルベージパーカがデッドストックの状態で入荷しました。

元々、危険物処理等の救助用として使われていたウェアーで、ゆったりとしたシルエットが特徴的なスモックパーカーになります。

当時は、一度使用したら破棄していたそうです。
70年前のミリタリーウェアーという事もそうですが、用途上の都合も考えると中々お目にかかれないヴィンテージウェアーだと思います。

_DSC0115COLOR NATURAL
SIZE 3 / 4
PRICE ¥28,000+TAX

先ず目を引くのがボリュームのある首元のディテールではないでしょうか。
ガスマスクを着用出来るように設計されたものであり、顎がスッポリと隠れる位深く設計されています。

_DSC0119
_DSC0146
それでいて着用していても邪魔にならないのが、ミルスペックと言えるでしょう。
着用した際の機能が損なわれていません。

_DSC0158
_DSC0139

斜めに付けられたフラップポケットにもグッとくるものがあります。
手を突っ込みやすいように敢えて斜めに設計しています。

_DSC0120

サイズ表記は胸ポケットにステッチの本数で表示しています。

4本だとサイズ4、おおよそL相当で僕宅見で丁度良いサイズ感になっています。

_DSC0173

薄手のツイル生地は、これからの時期にも丁度良く着用できます。
真夏に肌寒い時に、パーカー代わりにしても良いと思います。

そして、同じくUS NAVYに支給されていたリバーシブルTEEもデッドストックで見つかっています。

DSC0676-400x265COLOR NAVY
SIZE MEDIUM
PRICE ¥12,000+TAX

元々、アメリカ海軍のトレーニングウェアーとして採用されたこのリバーシブルの仕様。
紅白戦を行う際に考案されたものになります。

US NAVYでは昔から採用され続けられているディテールです。

肉厚なウェイトの生地は、勿論アメリカ製によるもです。

_DSC0004
_DSC0129
NAVY×YELLOWの組み合わせは、良い意味でださくもあり、この手のリバーシブルTEEらしくもあります。

シンプルなTEEシャツというアイテムだからこそ、少しクセのある物もアリだと思います。

ARCH 宅見

Royal Navy Working Dress Blouses “Deadstock”

2018.06.11 Monday 19:55:31| Author:admin| Categories:Vintage

ROYAL NAVYのデッドストックアイテムがサイズが揃って入荷しました。

_DSC0638
1950年代頃にROYAL NAVYに支給されていた、WORKING DRESS BLOUSES。

1930年代からイギリス軍に採用されている形・バトルドレスジャケットと同型です。

以前ブログでも紹介しましたバトルドレスジャケットは、ANATOMICA・ピエール氏が長きに渡り愛用しているお気に入りのミリタリージャケットでもあります。

ROYAL NAVYに支給されている殆どがウール生地の物に対して、今回入荷した物はコットン100%による”NAVY TWILL”

この生地にブリティッシュワークの匂いを感じてなりません。

独特のNAVYカラーは、ROYAL NAVYを象徴とする色味であり、色が抜けていった際のやれ感もまた楽しみな生地です。

_DSC0621COLOR NAVY
CONDITION DEADSTOCK
SIZE 8(S相当) / 9(M相当) / 10(L相当) / 11(XL相当)
PRICE ¥38,000+TAX

エポレットが無いデザインなので、ミリタリーが放つ無骨さが軽減されていると思います。
“NAVY”の色味も上品であり、腰回りのベルトの仕様もなんともエレガントです。

_DSC0604
_DSC0607
_DSC0624
_DSC0639
NAVYカラーとエポレットがない仕様も相まって、とても合わせやすい印象があります。

サイズは、8~11までと幅広いものが揃っていますので、レディースの方でもサイズ8で丁度良く着用できるサイズ感です。

_DSC0596ARCH 阿部 サイズ11着用

IMG_6109 ARCH STELLAR PLACE 松本 着用サイズ10

_DSC0615ANATOMICA 伏見 サイズ8着用

一見難しそうなミリタリージャケットだからこそ、どうやってコーディネートしよう?自分ならこうやって着る、あの時代の人ならこうやって合わせていたかな?フランス人ならこうかな?など…

着易い洋服ではない物ほど、様々な妄想が膨らみ洋服を着る事への楽しみが倍増するような気がします。

とは言ったものの、このジャケットは着てみるととても合わせやすかったりしますが苦笑

1930年代頃のイギリスミリタリーの時代背景を感じられる一着に是非挑戦してみてください。

ARCH 宅見