Blog from ArchStyle » Vintage|archstyle|Arch アーチ

ヨーロッパ出張レポート イギリス編

2019.02.7 Thursday 21:48:56| Author:admin| Categories:News!!,Vintage

先日、念願のヨーロッパ出張から帰国致しました。

今回はイギリスでの出来事をご紹介させて頂きます。

今回のイギリス買い付けは新たな出会いを求め、レンタカー(バン)を借りて約1500キロの旅に行ってまいりました。

IMG_6892

IMG_6890

イギリスの古き良き街並みや歴史ある建造物には圧倒され、終始目が離せない状態に、、

ロンドンから田舎町までの距離を、ひたすらに何かを探し車を走らせました。

IMG_1456-1

イギリス 某田舎町

車をイギリス北部へ走らせること約数時間、辿り着いた田舎町。

ここの土地で開催されていたフリーマーケットではVINTAGEウェアの他にも家具、ランプ等、ARCHのコンセプトにマッチするアイテムを買い付けることが出来ました。

広大な大地で自分たちの足を使って買い付けたアイテムは、これ以上ない喜びを与えてくれました。

IMG_6859

様々な土地で数多くある洋服、家具の中からしっかりと1点1点目を通し、時間を掛けて買って参りました。

今回のイギリス買い付けではヴィンテージウェアのみならず家具、雑貨等、面白い物を買い付けていますので、是非楽しみにしていて下さい!

IMG_1461

IMG_6989

買い付けた荷物をバンからおろし、1点1点手作業で梱包する作業は、日々のパッキング作業に活かす事が出来る貴重な体験。

不器用ながらも教えて頂きながら、何とか間に合いました。

IMG_1468

レンタカーの返却日当日にも通りがかりのアンティークショップで見つけたアイテムを買い付けた事で、発送の予定時間ギリギリまで運送会社の駐車場でも梱包をしておりましたが、、苦笑

IMG_6964

こちらの商品も全てARCHにて展示販売致します。

1人暮らしの方にもマッチするサイズの小ぶりな家具も多数御座いますので、部屋が狭いしな、、という方も必見です。

IMG_6990

買い付けたヴィンテージのハンドキャリー分を背負い、先日帰国致しました。

まだ詳しい日程は未定ですが、2月下旬頃にイベントを企画中です。

「BRITISH ANTIQUE MARKET in ARCH PREMIER ETAGE」。

と題したイベントを開催致します!

今回のヨーロッパ出張で買い付けた物を、まるでヨーロッパの古き良き蚤の市の空間のように、皆様に感じて頂ける様に設置致します。

詳しい内容は、後日追ってお知らせ致します。

今回のヨーロッパ出張は、洋服屋として生きて行く中で非常にプラスになる経験でした。

この体験を活かし、店頭にて皆様に洋服の魅力をさらにお伝えできればと思いますので、今後とも宜しくお願い致します!

ARCH 近谷

French Army Chino Trousers

2019.01.28 Monday 21:23:31| Author:admin| Categories:Vintage

Dl1L0M_VsAAEtVZ

“チノパン”と聞けば誰もが同じものを想像すると思う。

IVY・アメリカントラディショナルを語る上で欠かせないアイテムの一つだろう。

実の所、この”チノパン”のルーツを紐解いていくと、”ミリタリー”に辿り着くことになる。

軍服の多くは、身を守る為に作られており、戦地での環境に適合する為に、カモフラージュ柄を多く採用していただろう。
それと同様の考えで生まれたのが、”チノパン”だ。

イギリス軍が戦地で考案したモノで、当時白いパンツを履いていた事で敵から狙われやすく、土と同化する為に白いパンツに泥を塗り土色、所謂ベージュの様な色にし敵からの攻撃を避けたという。

そこから生まれたのが”BRITISH KHAKI”と呼ばれるチノパン。
ベージュの色味を、KHAKIと呼ぶのはまさにこれがルーツである。

f0210407_16241578

では何故、ミリタリーパンツであるチノパンが、現代のスタイルに昇華していったのか?

それはやはり”US MILITARYとIVY”の二つが大きく影響しています。

1900年代前半に東南アジアに従軍していたアメリカ軍、この頃からチノパンがUS ARMY に支給されるようになります。
当時、このパンツを中国で作らせていた事から、”CHINA PANTS”が訛り”チノパン”と呼ばれる様になっていったとか…

その後、1950年代頃に帰還した兵がキャンパスに持ち込んだモノもまた、この”チノパン”であり、”IVY “としての要素を含む様になります。

話が長くなりましたが、ミリタリーがルーツにあるチノパンだらかこそ、個人的にはチノパンは、オリジナルのミリタリーモノが大好きです。

DSC0951-400x265

DSC0948-400x265

様々な国のチノパンが存在しますが、僕は”FRENCH ARMY”が一番気に入って愛用しています。

《FRENCH ARMY CHINO TROUSERS DEAD STOCK》
L1007693

L1007705

L1007707
COLOR KHAKI
PRICE ¥15,000+TAX

1950年代頃にフランス軍に支給されていたCHINO TROUSERS。
全てデッドストックの状態での入荷です。サイズも様々な種類が揃っています。

潔い太めのシルエットが特徴的であり、ゴワっとしたツイル生地もまたこのチノパンの良さです。

L1007696

L1007709

サイズは大きめですが、ウエストをベルトで絞って履くのもまた愛嬌。

今回入荷したFRENCH ARMY CHINO TROUSERSの中には、平織りの特別な仕様のタイプも入荷しています。
恐らく上官用だったのか…?

フランス軍のチノパンは、ここ最近中々お目にかかれなくなってきたアイテムの一つですので、是非お早めにご覧になってください。

ARCH 宅見

French Work Moleskin

2018.12.28 Friday 22:36:22| Author:admin| Categories:Vintage

a0227034_15301981

f2a2bcafdf33397fb2c1b81060ab474f

LA FRANCE TRAVAILLE. MINEURS

849e27135aeb942b01c5f3e4d1e1d6bd

ワークウェアーと言えば、何かを全うする目的の為に作られた作業着を指すだろう。

所謂、道具と呼べる洋服である。

ファッションの為に作られていないそのウェアーには、目的を果たす為の何かしらの機能が施されているはずだ。
1900年代から1950年代にかけて生まれたソレには、当時の最新の技術が全て詰まっていたに違いない。

その時代にフランスで多く流通していた素材が”モールスキン”生地、当時の労働着では代表的な素材だったと思います。

冒頭の写真は、1900年代前半に撮られた当時の労働所達の姿です。
モールスキン生地を用いた、フランスのワークジャケットに袖を通しているのが分かります。

FRENCH WORKを象徴するそのジャケットは、ARCHでも定番的なアイテムの一つです。

そんなワークウェアーが、種類豊富に揃いました。

_DSC0568

先ずは鮮やかなインクブルー。
この色味もまた、フランスらしく他にはない独特のカラーです。

_DSC0576

COLOR INK BLUE
PRICE ¥38,000~
※入荷枚数が多いので一着だけの紹介で割愛させて頂いております。

_DSC0578

_DSC0579

_DSC0583

こちらは、ボタンが異なるものが付属しており、リペア跡も見られます。
当時のリアルな使われ方が垣間見えるそのディテールにとても惹かれます。

まさに偶然の産物とでも言いましょうか…
フランスでは、色が抜けてリペア跡が残るモノほど、芸術的とされているそうです。

DSC4130-264x400

こちらの一着だけでは無く、様々な種類とサイズが届いていますので、自分に合う一着が見つかるはずです。

_DSC0563

BLACK MOLESKIN は、年々探すのが困難になってきています。

デッドストックのモノから、色が抜けたグレーの色味のものやリペアされたものなど、今回も良質なモノばかり揃っています。

_DSC0586
COLOR BLACK
PRICE ¥42,000~46,000+TAX

_DSC0593

_DSC0592

_DSC0583

DSC8578-1-264x400

フレンチワークジャケット特有の、ラウンドした襟のディテールがこのジャケット一番の特徴かもしれません。

そして、肉厚でいてヌメ感のあるモールスキン生地。
モグラの皮のように硬いという事から、その名が付いたこの素材は、着込む事で柔らかくなり味が出てきます。

アメリカのL社が産み出した5 POCKET JEANSは、完成されたデザインが故に現代においてもデザインを修正する必要のないアイテムだと思います。

フランスのワークジャケットにも同じ事が言えると僕は思っています。

襟の形、ポケットの配置、どれをとっても完璧でありエレガントな空気すらも感じます。
変わる事のない普遍的な一着だからこそ、自分のワードローブに一枚を加えておくべきです。

ARCH 宅見

<<年末年始の営業時間のお知らせ。>>
2018 / 12/ 30(日) 11:00~19:00
2018 / 12 / 31 (月) 休業日
201 / 1 / 1 (火) 休業日
1 / 2 (水) 11:00~18:00
1 / 3 (木) 11:00~18:00
1 / 4 (金)〜 通常営業(12:00~21:00)

US NAVY 10 BUTTON PEA COAT

2018.12.25 Tuesday 20:01:17| Author:admin| Categories:Vintage

SERPICO 

0c340dea9cb9bdb5e180cb200759002d

スクリーンショット 2018-12-25 17.46.05

私がPEA COATという洋服に憧れを抱いたのは、この映画を見てからだ。

1971年に起こったアメリカの実話を元に映画化された”SERPICO”、アルパチーノが演じるフランク・セルピコの着こなしが文句なしに格好良いです。

劇中ではM-65を着こなしている姿もあり、この映画からミリタリー物の着こなしを学んだといってもいいでしょう。

男服に欠かせない要素である”ミリタリー”というカテゴリー。

いつかアルパチーノの様にミリタリーアイテムを着こなしたいと試行錯誤していますが….まだまだ先は長いようです苦笑

男ならば一着を所有しておきたい”PEA COAT”。

このアイテムを語るならば”US NAVY”は避けては通れません。

IMG_6030

1940年代に、アメリカ海軍・US NAVYに支給されていた10ボタンのPEA COAT。

海軍メルトンと呼ばれる肉厚なメルトン生地に、ミルスペックを感じてなりません。

少量ですが、ほぼデッドストックの状態で入荷してきています。

IMG_6038

L1006016

IMG_6032

【40′S US NAVY PEA COAT】
L1006012
COLOR NAVY
SIZE M相当
PRICE ¥58,000+TAX

サイズは個体差がありますが、おおよそMサイズ位のサイズ感となっています。
アンカーボタン、ポケットの裏地に使われているコーデュロイ生地やステンシル、全てのディテールに何故か惹かれるものがあります。

L1006010
_DSC0561

機能的な作りになっている襟の高さとダイヤモンドステッチのディテール。
こういった細かい部分にも男心をくすぐられます。

US NAVYとは別に、アメリカ物のヴィンテージアイテムが入荷してきています。

【US ARMY M-43 JACKET】
DSC2945-400x265
COLOR O.D
SIZE 38 / 40
PRICE ¥38,000+TAX

b3141f5a466273782f04c40d6e53c3eb-400x267

僕自身、ここ数年良く愛用しているミリタリージャケットの一つですが、かなり気に入っております。
この大きめのポケットが実用性に富んでいて非常に便利です。

ヘリンボーンの生地は、使い込む事で表情が徐々に出てくるんですよ。
エポレットが付属していないのも、無骨さが削ぎ落とされているようで、惹かれる部分です。

13スターズのメタルボタンのタイプは、おそらくこれが最後の入荷となりそうです。

そして…

IMG_6051

IMG_6045

ANATOMICAで定番としてリリースされている、BROWNS BEATCH クロスの生地。
そのルーツにある、BROWNS HUSKIEも入荷しました。

L1006025

L1006024

詳細は店頭にて…

ARCH 宅見

VINTAGE NEW ARRIVAL!!

2018.10.24 Wednesday 20:49:52| Author:admin| Categories:FRENCH VINTAGE,Vintage

ここ北海道も、もう早雪が降りそうな気温の下がり方ですね。

店内にはアウターが着々と増えてきております。

今時期が1番充実しておりますので、是非お好みの1着を選びにいらして下さい。

そんな中、VINTAGE ITEMが入荷致しましたのでご紹介させて頂きます。

L1004297

FRENCH ARMY quilting liner jacket
SIZE/2,6
PRICE/¥38,000-+TAX

L1004293

お世辞にも綺麗で手の込んだ巧みな縫製技術で作成されたとは思い難い作りですが、そんな部分にこそ愛着が湧いてしまうのは悪い癖です。。

ダイヤモンドダウン、フロントはボタンフライ、ステッチ、随所に使用されてるテープはコッットン100%の物。

着た感じは、現代に普及されているインナーダウンジャケットよりも肉感がありゴワついたイメージです。

よって、”インナー”としてだけではなく”ミドルアウター”としてもお使い頂けます。

L1004289

CAP/JAMES LOCK
JACKET/ 
FRENCH ARMY quilting liner jacket
SCARF/VINTAGE TOOTAL
TROUSERS/KENNETH FIELD

野暮ったく合わせるのも男らしくて格好良いですが、小綺麗な格好に敢えて合わせるのも◎。

真冬はオーバーコートのインナーにして、見た目、保温性共に良いのではないでしょうか?

着方は人それぞれで汎用性は非常に高いと思います。

DSC07321-400x265
CONDITION DEADSTOCK
US ARMY M-43 JACKET 
COLOR/OLIVE
SIZE/38R

PRICE/¥48,000-+TAX

スクリーンショット 2018-10-24 20.47.17

以前入荷の際に即完売してしまったM-43 FIELD JACKETも再入荷です。

ディテール的にも、無駄の少ないアイテム故にコーディネートにも取り入れ易いアイテムなのは間違いありません。

今回の入荷分は3枚ありますが、そのうち2枚はミルスペックを見て頂くと分かるスペシャルな背景を持っています。(もう1枚もスペシャルな仕様です。)

その内容は店頭にてお話し致します。

これに関しては購入する前に完売しており、買い逃した方も記憶に新しい気がします。

今回の入荷分も足が速いと予想できますので、気になる方は是非お早めにご覧ください。

DSC2531-400x265

1940′s US NAVY SERVICE SHOES
CONDITION DEADSTOCK
COLOR BLACK
SIZE 10F
PRICE/¥69,000-+TAX

40′s サービスシューズも久しぶりに再入荷致しました。

足に問題を抱えた兵士の足を矯正するべく、2000人の兵士の足を計測して完成させた矯正靴の木型。

足なりにシェイプしたインサイドストレートの木型は美しく、土踏まず部分をグッと持ち上げてくれるフィッティングが堪りません。

歩行に慣れると、革靴なのを忘れてしまうほどに歩き易い逸品です。

ALDEN モディファイドラストの履き心地が好きな方にも絶対的にオススメな一足。

こちらもサイズは限られてしまいますが、マイサイズの方は絶対に押さえておいて間違いない1足です。

DSC2537-264x400

 FRENCH ARMY M-47 PANTS
COLOR OLIVE
SIZE  43
PRICE ¥15,000+TAX

ARCHの軸足とも言えるFRENCH ARMY M-47 FIELD PANTS。

こちらも再入荷しております。

入社当初からこの47PANTSに合わせる何かを考え、様々な着こなしを教わってきました。

ARCHをご愛顧いただいております方はもう自分なりにこのM-47PANTSを履きこなして頂いておりますが、そうでない方にも先ずはオススメな1本です。

履いて頂くと如何に汎用性が高く、”らしさ”が出るかご理解頂ける筈です。

少しだけ、スペシャルな生地の物も見つかりました。

明日から店頭に並びますのでお楽しみにしていて下さい。

L1004324

L1004332

BRITISH ARMY PCS ANORAK THERMAL
COLOR/BRITISH KHAKI
SIZE/M,XL
PRICE/¥28,000-0+TAX

年代こそ新しくないですが、近代ミリタリーの備えるミルスペックには見た目の無骨さ、機能美と簡易的なデザイン。

とてもシンプルでありながら存在感を放ちます。

題名にあるPCS(Personal Clothing System) 。

極寒等の過酷な環境でもアイテムを組み合わせることで対応することが近代イギリス軍が誇るレイヤリングシステムのことです。

今回ご紹介させて頂いておりますアノラックは、そのシステムが搭載されています。

表地はマイクロリップストップナイロン素材を採用。

軽く、撥水性に富んでおり、リップストップならではの引き裂けにも強い耐久性を備えています。

L1004331

L1004329
随所のZIPPERは防水仕様になっており、ここ北海道の冬場にも活躍しそうですね。

裏地には保温性が高いマイクロフリース が全面に張られていています。

高い保温性と滑らかな肌さわりは着ていてといても心地の良い嬉しい仕様。

ざっくりとご紹介させて頂きましたが、今回のVINTAGE 再入荷はとてもベーシックな物から、今まではなかったアイテムまで幅広く入荷しております。

VINTAGE×現代のアイテム。

僕たちがずっとテーマにしている事ですが、VINTAGEに関しては当たり前ですがもう生産はストップしております。

この機会に是非、ご覧くださいませ。

ARCH 近谷

KLASICA “CIRCA JACKET”CUSTUM ORDER

2018.09.4 Tuesday 21:21:50| Author:admin| Categories:KLASICA,Vintage

 

今週末、9月7日から開催します【moment 3 “facteur” in genre】

イベントでは、KLASICA CIRCA JACKETのカスタムオーダー会に加えて、KLASICAの新作をgenreにてお披露目します。
当日は、KLASICAデザイナー河村氏もgenreの店頭に立って頂き皆様をお迎えします。

KLASICAから用意して頂いた、カスタムオーダーの生地は過去にKLASICAのコレクションで使用していた物です。
様々な生地の中から、自分だけの一着を製作してください。

_DSC2179
ミリタリーらしいVENTAILEから、重厚なウール生地まで種類豊富に生地が揃っています。
この生地を見ただけでワクワクと興奮しかありません。

一足先に自分の分をオーダーしましたので笑
そちらをご覧になってください。

_DSC2173
僕は、WOOL×LINENのBROKEN TWILLをチョイスしました。
以前、ARCHの別注ジャケットを製作した際に使用していた生地で、やはりこういった荒く無骨な生地が好きだなぁとしみじみ思います。

_DSC2191
_DSC2187
_DSC2194

_DSC2197
立体的なファルムと太めに設計されたアーム、オリジナルの機能美を保ちながらも改良を加えて綺麗なシルエットを生み出しています。

_DSC2163MENZ SIZE
SIZE 2 / 3 / 4

_DSC2165
_DSC2170
_DSC2166
_DSC2178
DSC_0002
生地に加えて、ボタンも自分の好きな物を選んで頂けます。
ホーンボタンやボーンボタン、色もジャケットに合わせても良し、敢えて違う色味にするのも面白いかもしれませんね。
_DSC2288

_DSC2305

綺麗なシルエットと柔らかい生地、袖を通すととても気心地が良く安心感があります。
何よりも、このCIRCA JACKETのデザインが非常に使い勝手が良いです。

着丈のバランスもそうですし、ワークジャケットとしてカジュアルに、そして上品な装いにもハマる一着です。

【LADIES SIZE 】
_DSC2283SIZE 1 / 2

今回のイベントでは、レディースサイズも製作する事が出来ます。

サンプルサイズからの微調整が出来るのも、genreの工場で製作しているからこそです。

_DSC2286

_DSC2275genre 西田 サイズ1 着用

_DSC2259 genre 砂原 サイズ1 着用

ヨーロッパヴィンテージがルーツにある、”CIRCA JACKET”だからこそヨーロッパヴィンテージとの相性も抜群です。

そして、ARCH×genreと題して共同製作した”SLEEPING SHIRT”をgenreの工場で製作しました。

ミリタリーのスリーピングシャツをベースに、ブラックライトモールスキンの生地で製作した一着は、ARCH、genreらしいモノに仕上がりました。

こちらもイベント初日から発売ですので、楽しみにしていてください。

_DSC0188

moment 3 “facteu”
KLASICA × ARCH × genre
2018 9/7(fri), 9/8(sat) ,9/9(sun)
in genre

※開催場所は、姉妹店genreとなりますのでお間違いないようにお願いします。
genre 
札幌市中央区 南1条西13丁目 三誠ビル  1f 
TEL . 011-233-3027

ARCH 宅見

moment 3 “facteur” in genre

2018.09.1 Saturday 21:01:30| Author:admin| Categories:KLASICA,News!!,Vintage

来週末9月7日から、KLASICA×ARCH×genreのスペシャルイベントを開催します。

ヨーロッパヴィンテージを中心にセレクトされた姉妹店”genre”。
genreの店内には工場があり、その場所で職人の手作業によりgenreオリジナルラインの洋服も製作しております。

ヨーロッパヴィンテージに精通しているKLASICAのコレクション。
ARCHが所有していたヴィンテージを元に製作されたKLASICA “CIRCA JACKET”は、僕らにとっても思い入れがあり、当時のフレンチヴィンテージの背景を垣間見る事の出来るストーリーのある一着です。

そんな、CIRCA JACKETを1900年代初頭の古き良き洋服の作り方で製作する事が出来たら…

一人の職人の手によって全ての工程を手作業で…

そんな想いから、KLASICA CIRCA JACKETをgenreの工場でカスタムオーダーという形で、一から製作する事の出来るスペシャルイベントを開催する運びとなりました。

膨大な生地から自分だけの一枚を選び、genreの職人が一点一点手作業で作り上げます。

_DSC0188moment 3 “facteu”
KLASICA × ARCH × genre
2018 9/7(fri), 9/8(sat) ,9/9(sun)
in genre

IMG_2166

『genreの店内には様々な音が聞こえてきます。

外からは市電の音。
札幌最古のビルを包み込むこの音は、歴史と風情を感じさせてくれます。

工場(こうば)からは布を裁断するハサミの音。

心地よい緊張感が走ります。

そしてミシンの音。

速くなったりゆっくりになったり‥
これから作り出されるものに対する高揚感が募ります。

そんな音達がgenreの日常に心地よく響き渡るのです。

genre.Archに集まるヨーロッパヴィンテージの洋服。

その多くは手仕事によって生み出されたものです。
着る人に合わせて作られた言わば「オーダーメイド」は生活する上での機能性が重視されていたり、好みが色濃く反映されていて面白味を感じる部分です。

現代のように環境や道具が揃っていない中、手仕事で作られた当時の洋服達。
チクチクと一針一針縫われた愛くるしい縫い跡や曖昧な縫い代からは、深い味わいと温かみを感じます。

そんなヴィンテージだからこそ着る人が愛着を感じ、大切に受け継がれてきたのです。

genreで作る洋服も、着る人に「これからも大切にしていきたい」と思ってもらえるように‥これからのヴィンテージとなるように‥
という想いを込めて一人の職人が一から物作りをしています。

そして後世に残る洋服を作るために、現代までに培われた技術や洗練された道具を駆使し、より美しくお仕立てしております。

是非genreに足をお運びいただき、音を感じ温かみのある洋服達をご覧ください。』

genre 山本陽香

OUTIL×FRENCH VINTAGE FAIR

2018.07.15 Sunday 18:08:49| Author:admin| Categories:OUTIL,Vintage

昨日より開催しております、《OUTIL×FRENCH VINTAGE FAIR》

OUTILとコラボレーションして制作した別注コートは、早速ご好評を頂いております。
フランスから届いたばかりの新鮮なヴィンテージも、やはりスペシャルなアイテムから姿を消していってます…

まだまだ一点物のヴィンテージが眠っていますので、お早めにご覧になってください。

そして、今回は普段ARCHに展開のないOUTILのコレクションが幅広いラインナップで店頭に揃っています。

メンズに加えてレディースのアイテムも揃っています。メンズショップなので中々入りづらいかもしれませんが笑

この機会に是非ARCHへ足を運んでみてください。

スクリーンショット 2018-07-15 18.02.25

スクリーンショット 2018-07-15 18.02.34
_DSC0159
_DSC0179
_DSC0188
_DSC0168

_DSC0263
_DSC0258
_DSC0206
_DSC0200
_DSC0124
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH 宅見