Blog from ArchStyle » 2012 » June|archstyle|Arch アーチ

BONCOURA DENIM

2012.06.22 Friday 00:23:28| Author:admin| Categories:BONCOURA

先日の取り扱い開始より大変好評頂いている[BONCOURA]ですが、ブランドの顔とも言えるデニムジーンズのラインナップを改めてご紹介します。

[XX]Size 28~38inch
Price ¥29,400- ※¥36~38inchのみ¥31,500-

BONCOURAのファーストモデルとしてリリースされた[XX]モデルは、程よくゆとりのあるストレートなシルエット。
デニムとしてもブランドとしてもベーシックな1本ですが、尻周りのもたつきが無いバランスの取れた作りに、シルエットや穿き心地の良さを感じます。

[66]Size 28~38inch
Price ¥29,400- ※¥36~38inchのみ¥31,500-

よりスッキリとした印象の[66]モデルは、決して無理の無い履き心地と綺麗なシルエットが特徴的です。
やはり腰周りの作りが特徴的で、単にテーパードしているだけのシルエットとは違い、全体で見た時のバランスの良さには、妥協の無いミリ単位の拘りを感じます。

[66 OFF WHITE]Size 28~36inch
Price ¥26,250- ※¥36inchのみ¥28,350-

決して純粋な”白”では無い”オフホワイト”デニムは、生地のネップ感が特徴的。
[66]モデルのシルエットに相まって雰囲気が良く、今のシーズンは勿論の事、秋冬にはネイビーメルトンのアイテムとも相性の良さがイメージ出来てしまう様な1本です。

[CHINCH BACK]Size 28~36inch
Price ¥31,500- ※¥36inchのみ¥33,600-

[XX]と[66]の中間的なシルエットは、本来のシンチバックスタイルのジーンズとはある種イメージの一線を画した、BONCOURA流の[CHINCH BACK]モデル。
細部にわたるディテールは勿論なのですが、絶妙なシルエットを生み出す細かな拘りを感じると、より一層穿き心地の良さを実感出来る1本です。

ボンクラデニムの素材や縫製と言った細部・工程にまで拘り抜いたアイテムは、実際に着用してみて改めて魅力を感じ虜になってしまいます。

まだ実際にご覧になられていない方、気になった方は是非1度に手に取り試着して、その魅力を体感してみて下さい。

ARCH 吉田

GITMAN VINTAGE / Tie

2012.06.20 Wednesday 21:58:26| Author:admin| Categories:GITMAN VINTAGE

今シーズンARCHで推奨しているカジュアルタイドアップのスタイル。

以前ご紹介したthe Hill-Sideを筆頭に、特にアメリカンブランドのタイが気分的にもアイテムとしても申し分無いかと思います。

昨日に続き、GITMAN VINTAGEでラインナップされているシャツ地を使用したタイもまた雰囲気の良いアイテムです。

 Color (L)Nautical Blue / (R)Polka Dot Chambray
Price ¥8,400-

元来シャツ専門のファクトリーブランドとあって、生地や縫製のクオリティにも間違いありません。

遊び心のきいたカモメとヨットの夏らしい柄は、決して派手では無くさり気無い印象です。


プルオーバーシャツでもご紹介のシャンブレードットもまた爽やかなイメージ。
タイドアップ=クリーンな印象に対してバランスの取れる色・柄の1本では無いでしょうか?

the Hill-Sideのスクエア型に対してGITMAN VINTAGEは剣先のあるタイプと言う点で、バリエーションとしても広がるのが嬉しい所です。

ARCH 吉田

GITMAN VINTAGE / Pullover Short Sleeve Shirt

2012.06.19 Tuesday 23:58:54| Author:admin| Categories:GITMAN VINTAGE

以前にご紹介した、Long Sleeveタイプに続き、Short SleeveはPull Overでのリリースです。

COLOR  CHAMBRAY GREY DOT
SIZE  S / M / L
PRICE  ¥19,950-

グレー×ホワイトのドット柄が、プルオーバーに相まって、遊び心のある1着。

素材には程よくコシの有るシャンブレーを用いることで、半袖特有のだらしなさはあまり感じられない印象です。


少々かわいらしく感じられるドット柄ですが、ジーンズ等のワークアイテムに合わせる事で、その問題は軽減されるかと思います。

更に写真の様にタックインでのコーディネートが、大人らしい雰囲気もプラスしてくれるので一押しです。

続いて素材違いをもう一点…


COLOR  INDIAN  COTTON BLUE CHECK
SIZE  S / M / L
PRICE  ¥19,950-

ブルー系のカラーで構成されたマドラスチェックがいかにもアメリカントラッドな雰囲気。

GITMANの特徴でもある、長すぎず短すぎずの着丈のバランスは、勿論タックアウトも良い感じです。

チノパン+タッセルローファーでベタですが、個人的には格好いい大人こそこんなコーディネートをさらりと着こなしているイメージで、いつの時代も流行に左右される事の無いスタイルだと思います。

ドット、チェック共に真夏にはショートパンツでの合わせも、雰囲気が良さそうです!

実の所、ここARCHではこれまでに半袖シャツはあまり展開される事が無かったのですが、このGITMANの様に、ボタンダウンであれば、上品にまとまるので今まで半そでシャツが苦手だった方(僕もそうなのですが…)にこそオススメの1着です。

先ずは、店頭にてその使い易さを体現してみて下さい。

ARCH 岩谷

Paparazzi Vol.2

2012.06.17 Sunday 21:49:26| Author:admin| Categories:ALDEN,BONCOURA,Style

[BONCOURA Ma-tsu-ri×Alden Trunk Show]最終日、外はあいにくの雨でしたが、本日も多くのお客様にお越し頂き誠に有り難う御座います。

引き続き[BONCOURA]、[Alden]共にARCHではレギュラー展開して参りますので、イベント中ご来店頂けなかったお客様も、是非機会を見つけてご覧にいらして下さい。

また、今回このイベントにご協力頂いた皆様に、この場をお借りして心よりお礼申し上げます。
今後とも宜しくお願い致します。

昨日お伝えした様に、本日はスタッフのコーディネートを参考にボンクラデニムをご覧下さい。

[岩谷]Bottoms BONCOURA / CHINCH BACK

[宅見]Tops BONCOURA / BLUE杢VEST
Bottoms BONCOURA / CHINCH BACK

[吉田]Cap BONCOURA / BONCOURA帽
Tops BONCOURA / DENIM WESTERN SHIRT
Bottoms BONCOURA / XX

[ボンクラ・森島氏]Tops BONCOURA / Indigo Stripe Vest
BONCOURA / BUTTON DOWN SHIRT (White Chambray)
Bottoms BONCOURA / 66 OFF WHITE

[BONCOURA]取り扱い商品の詳細につきましては、改めて順次ご紹介させて頂きますので、そちらもお楽しみに。

ARCH 吉田

Paparazzi

2012.06.16 Saturday 23:39:01| Author:admin| Categories:ALDEN,BONCOURA,Style

昨日より開催の[BONCOURA Ma-tsu-ri × Alden Trunk Show]
沢山のお客様にお越し頂き、誠に有り難う御座います。
明日17日・日曜日までの開催となっております、引き続き皆様のご来店を心よりお待ちしております。

本日は…BONCOURA・森島氏のブログ・「オレはボンクラ」にならって、ボンクラデニムを穿いてのコーディネートをご紹介致します。

今回、Alden Trunk Showにて多大なご協力を頂いている株式会社ラコタ代表・血脇 孝昌氏

Tops BONCOURA / BUTTON DOWN SHIRT(Chambray)
Bottoms BONCOURA / CHINCH BACK

BONCOURA生みの親・森島 久氏

Tops BONCOURA / BLUE杢VEST・WESTERN SHIRT (Chambray)
Bottoms BONCOURA / 66 OFF WHITE

お二方共に着用されているAldenとの相性もまた非常に良いのが、ボンクラデニムの特徴の1つです。

明日は、僕達ARCHスタッフのコーディネートをご紹介します!

ARCH 吉田

BONCOURA × ALDEN

2012.06.14 Thursday 21:38:50| Author:admin| Categories:ALDEN,BONCOURA,News!!

[BONCOURA]と[Alden]の両ブランドによる、かつて無いイベントが明日に迫りました!

いよいよ明日よりARCHで発売開始となる[BONCOURA]は、まだ聞き馴染みの無い方も多くいらっしゃるかと思いますが、HPの特集ページ先日のBLOGでご紹介した様に、とにかく一切妥協の無い素晴らしいブランドです。
先ずは一見の(一試着の!?)価値ありです。

[Alden]に関しては、今やその名前を知らない人は数少ないかと思います。
勿論それぞれの解釈があるかと思いますが、今回は”よりARCHらしい”別注の1足がタイミング良く入荷とあって、これもまた注目して頂きたい所。

何より、両ブランドの代表である森島氏と血脇氏自らARCHの店頭に立つ、またと無い機会でもあります。

是非、明日からの3日間ARCHで開催される[BONCOURA Ma-tsu-ri × Alden Trunk Show]へお越し頂ける様、スタッフ一同心よりお待ちしております。

ARCH 吉田

Alden Trunk Show

2012.06.13 Wednesday 19:43:48| Author:admin| Categories:ALDEN,News!!

6月15日から17日まで3日間開催の『Alden Trunk Show』

今回のイベントでは、約2年程前からオーダーを入れていたARCHの完全別注による待望のSpecial Aldenが入荷致します。

SIZE 7 / 7h / 8 / 8h / 9 / 9h / 10 / 10h SOLD OUT
WIDTH: D
LAST: MODIFIED
PRICE  74,550yen

モディファイドラストの定番、Algonquin Blucher OX (通称V-TIP)にアッパー、アウトソール、インソールの素材の全てを特別仕様に変えたスペシャルモデル。

オールデンのV-TIPでブラウン系といえば、コードヴァンのバーガンディー(No.8)が有名ですが、意外とカーフのブラウンはあまり見かけません。

今回の別注は、まずソールにオイルがたっぷり染み込んだウォーターロックソールを採用。インソールにも反りの良いオイルの染み込んだフレックスインソールを使い、アッパーにはカーフの中でも特に柔らかいとされるレディカーフを使用。

1970年代、ANATOMICAのピエール氏がNYのオーソペディック専門店で見たモディファイドラストのオールデンにコードヴァンは見当たらなく、あくまでもカーフ素材が中心だったそうです。

コンセプトは、1970年代当時に存在していたかもしれないというイメージの中に存在するV-TIPをARCHの感覚で具現化したモデルです。

この仕様は驚くほどソールの反りが良く、足に馴染むのも早いので、モディファイドラストの良さが凝縮された一足です。

期間中はその他約10型のオールデンが店頭に並びます。

また、オールデンの正規輸入代理店である(株)ラコタから、代表の血脇 孝昌氏、血脇弾氏の両名が店頭に立ち、皆様の足を正確にフィッティングしてくれる、シューフィッター会も同時開催致します。もちろん、日頃のオールデンに関するシューケア等のご相談も承ります。

※もちろん彼らが履いているジーンズはBONCOURAです。

また、『Alden Gallery』と題し、ARCHと関わりの深いお取引先の方々の日頃愛用しているものや思い入れ深いAldenが約30足、店頭にディスプレイされます。

(株)ラコタ 血脇 孝昌氏 ・血脇 弾氏 / 35SUMMERS 代表 寺本 欣児氏 / ANATOMICA Tokyo 中村 隆一氏 / BONCOURA 森島 久氏 /  MOJITO 山下 裕文氏 / GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS 小田 隆博氏 ・宇多 悠也氏  / STANDARD 原田 章弘氏 他

これは、本当に一見の価値ありです。

ちなみに、日程の都合上、血脇 孝昌氏 ・血脇 弾氏が店頭に立つのは、15日、16日(午後2時頃迄)となっております。

最後に、今回は特別に来春入荷予定の【ANATOMICA×ALDEN】の受注会も開催致します!

もちろん、今回の為にサンプルもご用意しております。

Aldenが気になっていた方や、いつかはと思っている方にはこれ以上ない機会です。

スタッフ一同、皆様のご来店をお待ちしております。

ARCH 山内

BONCOURA

2012.06.12 Tuesday 22:19:05| Author:admin| Categories:BONCOURA,News!!

いよいよ今週金曜日から始まるBONCOURA祭&Alden Trunk Show

本日は、15日より発売となるBONCOURAについてご紹介させて頂きます。

【ブランドの由来】

デニムの発祥の地フランスでは、Bon Courage(ボンクラージュ)=がんばれ!という意味。

ここ日本で『ボンクラ』はあまり良い意味合いとしては捉えられていませんが、ボンクラのもう一つの意味には『愛すべき馬鹿人間』という意味合いもあり、『信念を貫き、自分を押し通す愛すべき馬鹿人間になりたい。』という想いを込めて名付けらています。

【NIPPON MADEへのこだわり】

NIPPON MADEにこだわって作られているのがBONCOURAのジーンズ。

森島氏曰く、『デニムのクォリティーは間違いなく日本が世界一。決して売る為に作っているのではなく、日本のデニム文化を、日本の素晴らしい職人達と共に、NIPPON MADEで継承していこうと思っています。』

そもそものブランドの始まりは森島氏が所有していた20年以上前に力織機で織られたデッドストック(日本製)のデニム生地。

その生地を使って、ジーンズを作ったのがBONCOURAの始まりです。

以来、森島氏が理想とするLEVI’S XXの中でもある一時期にのみ作られていた約14.5オンス(通常は12.5オンス)のしっかりした生地のデニムと、デッドストックで所有していた力織機で織られたデニムの生地の両方の良いところが融合されたデニム生地を作るべく、糸の元となる原綿の配合からたずさわり、幾度にも渡る試作品を繰り返し、約1年かけて出来上がったものがまさにボンクラのジーンズなのです。

『デニムは生もの、作る温度や湿度、季節などによって出来が左右される。だからこそ生地や縫製、細部のパーツに至るまで拘り続けたい』

こちらのエイジングサンプルは、ディレクター森島氏所有の約1年履き込まれた状態のBONCOURAジーンズ。

青みの深い綺麗なピュアインディゴの色落ち、そして実際に触って初めて感じる事の出来るザラ感や毛羽立ちこそが、デニムの生命線でもある生地のクォリティーの高さを物語っています。

そして、今回ボンクラ祭とAlden Trunk Showが同時開催となった背景として、Aldenの輸入総代理店である(株)ラコタの方達もボンクラジーンズの愛用者であることがそもそものきっかけだったりします。

またボンクラの森島氏はヴィンテージ同様、Alden好きとしても有名であり、ラコタの方達との親交も深いというきっかけから、僕等としては好運にも、このような面白い企画を実現させて頂く事が出来ました。

6月15日からの3日間は、BONCOURAディレクターの森島氏が実際に店頭に立ち、接客にあたります。関西人らしくとても気さくな方で、デニムはもちろん、ヴィンテージ等の興味深い話も沢山聞けるはず。

現在、ARCH WEB SITEのトップには『BONCOURA』のスペシャルコンテンツがアップされています。

より詳しくボンクラについて触れていますので、是非こちらもご覧下さい。

そして、明日はAlden Trunk Showについての詳細をご案内させて頂きます。

是非お楽しみに!

オレはボンクラ! ← 森島氏のブログ

ARCH 山内