Blog from ArchStyle » 2014 » May|archstyle|Arch アーチ

BONCOURA / Short Pants

2014.05.31 Saturday 23:10:28| Author:admin| Categories:BONCOURA,News!!

_DSC0738
既に何度か告知しておりますが、来週末開催の[BONCOURA祭×Alden Trunk Show Vol.3]に向けて、【BONCOURA(ボンクラ)】のショートパンツをご紹介します。

今シーズンリリースされたのは全部で4種類、どれも甲乙を付け難い魅力的なショートパンツに仕上がっています。

[OFF WHITE DENIM / DEAD STOCK DENIM]
_DSC0713

昨年に引き続きリリースとなった「オフホワイトデニム」と「リジッドデニム」の2タイプは、裾を折り返した際の”ミミ”が目を引きます。

非常に夏らしい「オフホワイトデニム」は、フルレングスの66 OFF WHITE同様に人気の1本。

対照的な「リジッドデニム」ですが、実は通常展開されているボンクラデニムとは素材が異なり、こちらはデッドストックのデニム生地が用いられています。
デニムのオンスと、”ミミ”の色の違いはその表れ。

[GINGHAM CHECK]
_DSC0731

白ではなく、生成り色のベースにネイビーの組み合わせが渋い印象を受ける「ギンガムチェック」。
同じく今シーズンリリースされた[3B JACKET]と同様の生地を用いています。
既にジャケットをお持ちの方は、セットアップで着るのもアリ。

全てのモデルに共通しているシンチバックのディテールは、ベルトレスで穿く事の出来る軽快さを持ち合わせています。
ショートパンツであるからこそ実際に役立つディテールではないでしょうか?

[PIQUE]
_DSC0754

細く畝になった素材が涼しげな「ピケ」素材。
ありそうで無い素材使いとオリーブのカラーリングが個人的に一押しの1本です。

_DSC0700Material / Color DEAD STOCK DENIM / INDIGO
OFF WHITE DENIM / OFF WHITE
PIQUE / OLIVE
GINGHAM CHECK / NAVY×OFF WHITE
Size 30 / 32 / 34 / 36 ※PIQUEのみ
Price ¥25,000-+tax

昨年もイベント(ボンクラ祭)の時期に販売を開始したショートパンツ。
特に道外にお住まいのお客様からすると意外に感じられる方もいらっしゃると思いますが、札幌だとちょうど今時期からがショートパンツの出番と言う事もあり、今回のイベントにて店頭に出揃います。

(札幌の)天気予報を見る限り、タイミングとしてはちょうど良さそうな感じです。
もちろん本格的な夏を迎える頃には、店頭から姿を消している事は間違いないアイテムだと思いますので、昨年買い逃された方は要チェックだと思います(笑)。

BONCOURABONCOURA祭×Alden Trunk Show Vol.3
2014.6.6(FRI)〜8(SUN)

ARCH 吉田

JOHN SMEDLEY

2014.05.29 Thursday 22:58:04| Author:admin| Categories:JOHN SMEDLEY

初めてJOHN SMEDLEYのポロシャツを目にした時、袖を通すのがもったいない位に、上質で肌触りの良い物だと強い印象を受けました。
今まで僕の着てきたポロシャツは、スポーツウェアから派生した胸にマークのある鹿の子素材の物が主流だったからです。
自分の中のベーシックなソレ(後者)とはかけ離れたモノ(前者)が、自分のワードローブに欠かせない物になるとは想像もしていませんでしたが…

【 ISIS 】
_DSC0608Color BLACK
Size XS / S / M
Price ¥26,000-+tax

このポロシャツ一番の魅力は、SEA ISLAND COTTON(シーアイランドコットン)と呼ばれるコットンの中でも最高グレードとされる素材を使用している点だと思います。

実の所シーアイランドコットンは、一本一本の繊維がとても長く丈夫な素材で、パラシュートの素材にも使われていたりします。
僕も愛用して約3年になりますが、ガシガシ着て洗濯を繰り返してもよれず、雰囲気もほとんど変わっていません。

_DSC0611
イングリッシュカラーと言われる、大き目に付けられた襟はシャツのように上品な雰囲気があります。
ボタンを閉めて着るも良し、下の写真のようにスカーフを巻くのも個人的には好みです。

_DSC0599
僕なりの拘りは、James LockのキャスケットにAldenのタッセルローファー、ポロシャツにはヴィンテージのスカーフを足して。
ネイビー×白の鉄板コーディネートですが、フランス的な視点でミックスしたコーディネート。

このポロシャツの特性を活かして、ジャケットの中に着込んでも相性が良いです。
シャツよりも幅広いバリエーションで着れ、1枚でもサマになる。
自分のワードローブに欠かせない1枚になった大きな部分でもあります。

ご紹介したブラックとネイビーは、定番中の定番色。
その他シーズンカラーもラインナップしているのですが、毎シーズンブログを書く前にサイズ欠けしてしまいます(苦笑)。
定番故にこれまで買い逃されていた方は、是非「今年こそ!」ワードローブに加えてみてはいかがでしょうか?

ARCH  宅見

Old Europian Shirts

2014.05.27 Tuesday 23:10:48| Author:admin| Categories:GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS

【GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS(ガーメント・リプロダクション・オブ・ワーカーズ)】からリリースされているシャツは、ヨーロッパの古いワークシャツやミリタリーシャツをベースとしています。

何より『Made in France』に拘って作られているこれらのシャツは、その空気感が含まれて雰囲気として表れています。

[STAND FARMER SHIRT]
_DSC0580
Color WHITE STRIPE
Material LINEN 100%
Size 2 / 3
Price ¥24,000-+tax

このブランドのアイコンとも言うべき[スタンドファーマーシャツ]は、フランスの農夫が着ていたシャツがベース。

“白シャツ”と言う面で全体的にクリーンな印象を受けますが、シャリ感の強いリネン素材が用いられており、程よく土臭い部分が表現されていると思います。

_DSC0592
カラーレス(襟無し)のディテールは、このシャツの素材感とてもマッチした印象です。

[SWEDEN GRANDPA SHIRT]
_DSC0627Color INDIGO CHECK
Material LINEN 100%
Size 1 / 2 / 3
Price ¥24,000-+tax

スウェーデン軍のスリーピングシャツをベースとした1枚。
胸元の切り込みは深めに取られていながらも、ボタンが1つ留めのプルオーバータイプは何とも簡素で潔いディテール。
これは元ネタをご存知の方には、見て分かる通りだと思います。

_DSC0632
清涼感のあるリネン素材に対してダークトーンのインディゴチェックと言う点が、個人的に魅力を感じます。

[NAVAL SHIRT]
_DSC0608Color WHITE
Material COTTON 100%
Size 1 / 2 / 3
Price ¥23,000-+tax

その名の通り、古いフランス海軍のセーラーシャツをベースとした1枚。
小ぶりなショールカラーや内側に施された胸ポケットなど、よく見ると細かいディテールが施されています。

一見『可愛く』見えがちなショールカラーのディテールですが、潔い真っ白なシャツに落とし込まれる事で不思議と無骨な1面が見えてくるのは、元ネタありきでしょうか?

_DSC0613

正直な所、日本製で作る方がしっかりとニュアンスが伝わり、仕上がりも丁寧なのは周知の事実。
しかしながら、そんな中で敢えてその洋服の持つルーツを生産背景にまで拘って作り上げている【GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS】のシャツは、特にこの季節に映えるアイテムだと思います。

ARCH 吉田

BONCOURA / Summer Flight Jacket

2014.05.26 Monday 23:26:20| Author:admin| Categories:BONCOURA

数ある軍モノの中でもツウ好みなアイテムの1つとも言えるのが、米軍の夏季用フライトジャケットだと思います。

【BONCOURA(ボンクラ)】の表現する”それ”は、それぞれに用いられる素材が魅力的ですが、見えない部分に施されたディテールによる着易さも特徴の1つです。

[INDIGO HERRINGBONE]_DSC0623Color NAVY
Material INDIGO HERRINGBONE
Size 36 / 38 / 40
Price ¥45,000-+tax

肩周りに集約されたディテールは、まさにこのジャケットの特徴が出ている部分。
特に背面に施されたアクションプリーツは、腕周りの稼動域を考慮してのものです。

_DSC0665
オリジナル生地のインディゴヘリンボーンによるNAVYは、ボンクラの真骨頂とも言うべき素材。

あえて同じネイビートーンでコーディネートすると、より一層ヘリンボーンの生地感が際立つんじゃないでしょうか?
全体にまとまる印象ですが、「程よく主張出来るネイビー」と言う点が個人的にオススメです。

_DSC0647Shirs : GITMAN Vintage
Tie&Chief : the Hill-Side
Bottoms : CORONA
Shoes : ANATOMICA by WAKOUWA

[INDIGO HICKORY]
_DSC0604Color OFF WHITE × INDIGO
Material INDIGO HICKORY
Size 36 / 38 / 40
Price ¥45,000-+tax

より軽快な印象のインディゴヒッコリーは、デッドストックの生地を用いたもの。
よく見ると、かすかにネップ感のある素材感とインディゴストライプが特徴的です。
着用を重ねる事で雰囲気が増すのは間違いありません。

_DSC0675
ミリタリーベースである部分をオリーブグリーンのステッチで表現するあたりは渋い演出。
これもまた、パッと見は気付きにくい部分ですが、着て風合いが増して行く中で浮かび上がるディテールだと思います。


_DSC0608
Cap : James Lock
Tops : JOHN SMEDLEY
Bottoms : BONCOURA / 66 Off White
Shoes : MaTeS

太目のストライプ柄は一見主張が強い様にも見えますが、ジョン・スメドレーのポロシャツやオフホワイトジーンズなど、比較的小ギレイなアイテムとコーディネートする事で、とても良いバランスが生まれると思います。

昨日もお伝えしましたが、6月恒例のBONCOURA祭、そしてAlden Trunk Showは6月6日(金)〜9日(日)の3日間での開催となっております。
今回もきっと満足して頂ける様な内容を企画しておりますので、是非お誘い合わせの上ご来店下さい!

ARCH 吉田

BONCOURA祭×Alden Trunk Show Vol.3

2014.05.25 Sunday 21:25:09| Author:admin| Categories:ALDEN,BONCOURA

今年4月でArchは10周年を迎え、節目と成るこの年に様々なイベントを企画しています。
先月のMOJITO×KENNETH FIELD×rdv o globeのイベントは記憶に新しいかと思います。10周年、第2弾目となるイベントは、BONCOURA祭×Alden Trunk Show Vol.3

開催期間は6月6日、7日、8日の3日間です。
当日はBONCOURAの生みの親である森島 久さん、Alden 正規輸入代理店(株)ラコタの血脇 弾さんにも店頭に立って頂きます。

BONCOURABONCOURA祭×Alden Trunk Show
6月6日、7日、8日

期間中、BONCOURAでは昨年好評を得ていたショートパンツが登場。全ラインナップを公開。
Aldenからは、約2年前からオーダーしていたArchスペシャル別注のモデルがタイミング良く入荷します。
そして隣接するANATOMICAでもAlden4型が入荷するなど、様々なモデルを一挙にご覧頂けるまたとない機会です。
ホームページTOP画面の、Alden特設ページもご覧になってみて下さい。
Archと関わりの深い方達のAldenを紹介しています。

_DSC0900

来月のイベント打ち合わせの為、急遽来札していたBONCOURA 森島さん。
その打ち合わせ内容はイベントまでのお楽しみという事で…

イベントの情報やAldenの詳細は追ってこちらからご紹介しますので、楽しみにしていて下さい。

ARCH  宅見

MIGHTY-MAC / Sail Jacket

2014.05.23 Friday 23:12:35| Author:admin| Categories:MIGHTY-MAC

先日ご紹介した【MIGHTY-MAC(マイティーマック)】。

よりファッション的な要素が強いダブルブレステッドのジャケットは、季節的にもコーディネートとしても取り入れ易い1着です。

[Sail Jacket]
_DSC0485Color NAVY
Material WRINKLE SAIL CLOTH (Cotton 50% / Linen 50%)
Size M / L / XL
Price ¥39,000-+tax

一見、着るのをためらってしまいそうなダブルブレステッドジャケット…なんですが、程よくシワを楽しめるリネン混の素材が、カジュアルに着こなせる印象です。

_DSC0742
夏らしくホワイトジーンズにシャンブレーシャツ・タイドアップが、まさに直球のコーディネート。
但し、足下は革靴では無く、スニーカーでハズシている位がかしこまらずに良いのでは?

_DSC0498Shirts : KENNETH FIELD
Tie : KENNETH FIELD
Bottoms : BONCOURA
Shoes : Vintage

素材も含めて、”ジャケット”と言う概念にとらわれ過ぎずに着用出来るのも魅力です。
ボトムスは軍パン、インナーはカットソーで、ジャケットの袖は巻くって着たって良いと思います。
スカーフは【MIGHTY-MAC】のテイストを汲んで愛嬌で。

_DSC0733Cut&Sewn : Merz b.Schwanen
Scarf : the Hill-Side
Bottoms : US ARMY

より夏に向けて、ショーツやパナマハットも相性が良いんじゃないでしょうか?
ワードローブに加わる事で幅の広がるオススメの1着です。

ARCH 吉田

【MOJITO FIT】Custom Order Fair

2014.05.22 Thursday 23:02:49| Author:admin| Categories:MOJITO,News!!

先程お伝えした[INDIVIDUALIZED SHIRTS Trunk Show(インディビジュアライズドシャツ トランクショー)]ですが、開催に伴い、ARCHでも急遽イベントの開催が決定致しました。

[MOJITO FIT Custom Order Fair]
image2014.5.23(金)〜25(日)
@ARCH
※系列店・ARCH HERITAGEとは内容が異なりますので、ご注意下さい。
※今イベントでは、1枚からオーダー可能です。

【MOJITO(モヒート)】を代表するモデル、オープンカラーが特徴的な[ABSHINTH SHIRTS(アブサンシャツ)]。

既にご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、このシャツは、【MOJITO】が【INDIVIDUALIZED SHIRTS】社に別注をかけたオリジナルのフィット。

今回ARCHでは、両ブランドの協力もあり、今回のイベントが実現しました。
既存の製品には無い、自分で選んだ生地により製作出来るオリジナルの[MOJITO FIT]・アブサンシャツ。

特に【MOJITO】のファンと言う方は勿論ですが、何れにせよ滅多に無い機会だと思います。
ご興味のある方は是非この週末、店頭にご覧にいらして下さい。

ARCH 吉田

INDIVIDUALIZED SHIRTS Trunk Show @ARCH HERITAGE

2014.05.22 Thursday 21:00:17| Author:admin| Categories:News!!

昨年に続いて2回目の開催となる、[INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズド シャツ)]のトランクショーが、系列店のARCH HERITAGEにて、明日より開催されます。

[INDIVIDUALIZED SHIRTS Trunk Show]
12014.5.23(金)〜25(日)
ARCH HERITAGE
札幌市中央区南4条東1丁目9番地3 米村屋ビル
TEL 011-281-5560

通称『インディビ』こと、インディビジュアライズド・シャツ。
洋服好きの方ならば、このメーカーのシャツを持っていなくても、その名前を聞いたり見たりした事があると思います。

かつては、あのBrooks Brothersのカスタムシャツの生産を担っていた事もある創業53年の老舗らしく、その歴史に裏打ちされたディテールや、今も尚Made in USAによるシャツを作り続けているメーカーです。

今回のイベントでは、お客様それぞれの体型に合わせたサイズのシャツを、細部にまで亘る採寸の元、製作する特別な企画です。

約500種類と言う膨大な生地のバリエーションに、約30種類の襟型、ポケットとカフはそれぞれ約10種類。

クレリックシャツへの仕様変更やダブルポケット、イニシャル刺繍などのオプションもあり、まさしく自分だけの1枚をオーダー出来る様になっています。

2

普段着としてのカジュアルシャツに限らず、仕事着としての1枚を仕立てるのもアリだと思います。
袖丈や着丈に限らず、首回りや胸回りなど、よく考えてみるとシャツのサイズ選びと言うのはとてもシビアで、それは仕事着となると、より一層求められる部分ではないでしょうか?

お気に入りのスーツやジャケットにバシっと決まる相性抜群の1枚、僕ならばそんな1枚をオーダーします。
ちなみに、ラインナップにあるウィメンズのシャツワンピースも素敵だと思います。 勿論、そんな趣味はありませんが(笑)。
ウィメンズのオーダーも承っているので、興味のある方は是非この週末、ご夫婦・カップルでARCH HERITAGEに足を運ばれてみては如何でしょうか?

ARCH 吉田