Blog from ArchStyle » 2014 » July|archstyle|Arch アーチ

BONCOURA / CHINO 41 TYPE

2014.07.31 Thursday 18:39:57| Author:admin| Categories:BONCOURA

いよいよ明日8月1日より発売となる[BONCOURA(ボンクラ)]のチノ。

タイプ別で2種類リリースされる今回のチノですが、先ずはミリタリーベースとなる『41 TYPE』をご紹介します。

_DSC1368Size 28〜38inch
Price ¥30,000-+tax
※36inch〜 ¥32,000-+tax

_DSC1364

その名の通り、米軍にて1941年時に採用されていた、通称41カーキやM-41チノ、1stモデルと呼ばれる1本をベースとしたチノ。

軍モノベースと聞くと、一見野暮ったいシルエットをイメージしがちですが、程よくテーパードの利いた膝下のシルエットにより絶妙なものに仕上がっています。

6月のイベント・ボンクラ祭の際に発売された素材違いの同タイプ・41 indigo herringboneを既に穿かれている方にとっては馴染みのあるシルエットではないでしょうか。

_DSC1376

今回『チノパン』をリリースするにあたり、BONCOURAの森島さんが製作に要した期間は、およそ2年…今やブランドの顔とも言うべきデニム生地同様に、糸を構成する原綿を選ぶ段階から拘り旧式の力織機で織り上げられたオリジナルの生地は、微妙に異なる経糸(たていと)と緯糸(よこいと)により生み出される独特の表情が、他とは一線を画す素材です。

_DSC1323
この『41 TYPE』チノの為に新たに作られたボタンフライや、巻き縫いによるサイドシーム、両玉縁が取られたヒップポケット及びコインポケット。

随所に見られるディテールは、ベースとなる軍モノ(41カーキ)に見られる手の込んだ仕様を踏襲しており、さらにはポケットの内部に”ミミ”を潜ませるあたりは、BONCOURAらしいちょっとした拘りが感じられる部分です。

_DSC1402
_DSC1420
_DSC1405
_DSC1416
ポケットのスレーキにも新たなヘリンボーン素材が用いられており、手触りが良い印象。
よりサイドポケットが活躍する型だからこそ、さり気なくも気の利いたディテールに感じます。

_DSC1326
完成された絶妙なシルエットと穿き心地に加えて、軍モノをベースとした妥協の無いディテールを持ち合わせた『41 TYPE』は、BONCOURAの真骨頂でもあるオリジナルの(チノ)素材が存分に活かされた唯一無二の1本。

他に存在するチノパンや、チノパンが苦手な人にとっての概念を覆す様な1本と言っても過言ではないかも知れません。

ARCH 吉田

BONCOURA CHINOS

2014.07.29 Tuesday 22:25:27| Author:admin| Categories:BONCOURA

以前より発売が待ち望まれていた[BONCOURA(ボンクラ)]のチノパンが、いよいよ8月1日(金)より発売となります。

_DSC1441

デニムジーンズ同様に、原綿を選び糸にする段階から製作に取り組み、旧式の力織機で生地が織り上がるのに要する期間は、約4ヶ月。

そうして出来上がったオリジナルの生地は、従来の「チノ」には見られない素材感と独特のハリコシが、[BONCOURA]らしく唯一無二の物となっています。

_DSC1323

綿糸(綿100%)による縫製や、新たに作られたオリジナルのパーツなど、ディテール面においても妥協のない[BONCOURA]のチノは、コレと言った定番が存在しない「チノパン」の類で新たな存在となるべく1本です。

今回リリースされる[BONCOURA]のチノに用意された2タイプのチノは、ディテール面は然る事ながら、用途や好みに合わせて選ぶ事が出来る2本であり、今後定番となるべく『チノパン』です。

先ずは是非、店頭にてご試着下さい!

ARCH 吉田

rdv o globe / patch henly

2014.07.27 Sunday 20:40:31| Author:admin| Categories:rdv o globe

上質なブロード生地に襟の無い、言わいるノーカラーのイギリス製シャツ。
自分自身が、イギリスの洋服に興味を持ったきっかけのアイテムでもあり、古くから存在する形でもあります。
数多く存在するシャツの中でも、何故かこの形に惹かれ何枚も所有しており、自分の洋服のルーツとも言えるのかもしれません。

今秋冬の新作【patch henry】は、まさにイギリスらしさを感じる、19世紀に存在したクラシックなシャツにフォーカスして生まれました。

_DSC1325Color  Olive
Size 1(S) / 2(M) / 3(L)
Price ¥16,000-+tax

クラシックなディテールを残しつつも、機能的で且つ着易いジャージ素材を使用しており、無骨な雰囲気のオリーブは、1枚で着てもサマになります。

_DSC1355
パッチワークのように生地が切り替えになっているのも特徴的で、前立てに使われているヘリンボーンが上品な印象です。
ジャケット等と合わせた時に、より映えるディテールではないでしょうか。

_DSC1347
写真の様にスカーフを巻いても、この襟だからこそ収まりが良いです。

_DSC1321VEST    ANATOMICA SAGAN VEST
TROUSERS   US ARMY CHINO TROUSERS
SHOES    PARABOOT PACIFIC

今時期だとベストを合わせる位が丁度良いのでは?
カットソーのようにラフに着れるので、かしこまらずに取り入れられるかと思います。

クラシックなディテールを上手くアップデートした、rdv o globeらしいアイテムです。
まさにモダンクラシックな1枚ではないでしょうか。

ARCH  宅見

rdv o globe / boat ts stripe

2014.07.24 Thursday 21:52:05| Author:admin| Categories:rdv o globe

ワードローブには欠かす事の出来ない、ボーダーのアイテム。
フレンチカジュアルを代表するスタンダードなアイテムであり、色、形問わずに何枚か所有しているという方も多いのではないでしょうか。

今秋冬の新作、rdv o globeからリリースされたボーダーのカットソーは、少しのヒネリとエスプリを効かせた独特なアイテムに仕上がっています。

_DSC1328 Size 1(S) / 2(M) / 3(L)
Price ¥12,000-+tax

この手のアイテムには珍しい、ラグランスリーブの袖付け、クルーネックの仕様が特徴的で、ネック部分のボルドーカラーにネイビー、ホワイトとトリコロールを感じさせる1枚。

_DSC1343
ボートネックとはまた違った、クルーネックの収まりの良さがこのカットソーの魅力であり、シャツ等を重ねて着た時にごわつかず、ストレスを感じさせません。
ネック部分がスカーフのようにアクセントとしても効いています。

_DSC1266
このカットソー1番のディテールでもある、裾をロック処理で仕上げたシャツテール(裾のラウンド)。
カットソーにはあまり見られない仕様は、軽いワークシャツのような印象です。

随所に見られるらしいディテールは、ボーダー特有の柔らかい雰囲気を感じさせず、rdv o globeらしく昇華させています。
_DSC1265

BONCOURAのエンブロイドパンツといったアメリカのスタイルがルーツにあるアイテムとの合わせも、軽いシャツのようなこのカットッソーだからこそ相性が良いのかもしれません。

もうボーダーは…と思っていた僕ですが、シャツテールのディテールやカラー配色に魅了され、気付けば自分のボーダーコレクションがまた1枚増えてしまっていました…(苦笑)

ARCH  宅見

Schiesser / FRANZ

2014.07.22 Tuesday 21:31:37| Author:admin| Categories:schiesser

前回ご紹介した[Schiesser(シーサー)]のカットソーですが、 今回ご紹介する「FRANZ(フランツ)」と言うモデルもまた、ARCHではこの季節の定番的な1枚です。

_DSC1226Color   WEISS (WHITE)
Size 4(S) / 5(M) / 6(L)
Price ¥9,000+tax

これぞベーシックな”白のVネック”。
一見気恥ずかしさを感じる”白のVネック”なんですが、上質なエジプト綿の一種「マコ・コットン」のしなやかな素材感により、潔く着る事が出来る1枚だと思います。

_DSC1252Color  SCHWARZ(BLACK)
Size 4(S) / 5(M) / 6(L)
Price ¥9,000+tax

僕達自身、カットソーで”黒”を選ぶ事って殆どないかも知れません。
どこか懸念しがちな”黒”のVネックも、少し緩やかなVネックのディテールのお陰で気兼ねなく着る事が出来るのが、この「FRANZ」の魅力です。

_DSC1235Color   NAVY
Size 4(S) / 5(M) / 6(L)
Price ¥9,000+tax

シーズンカラーの「NAVY」は、どこかドイツらしさを感じる淡いネイビーが特徴的です。
上品さと無骨さを兼ね備えた様な1枚ではないでしょうか?

52f8d317eeeecb913f43340068c74696-289x400
ドイツの老舗アンダーウェアメーカーである[Schiesser]は、ヨーロッパでもトップのシェアを誇ると言われています。

シンプルながらどこか奥深さを感じるのは、歴史や実績に裏打ちされた部分による所が大きいのかも知れません。

ARCH 吉田

Schiesser / EDGER

2014.07.21 Monday 00:06:33| Author:admin| Categories:schiesser

丸首にボタンが3つ4つ付けられた、カットソー。
クラシックでいて無骨な雰囲気は、男心を魅了します。
ワーク、スポーツ、ミリタリーウェアーに良く見られるこの形は、”ヘンリーネック”と呼ばれ、ARCHでも定番的なカットソーの1つです。

_DSC1212

その中でも、この時期スタッフ間で着用頻度の高い物が、Schiesser の”EDGER”というモデル。
光沢感のある上品な生地感に加え、しなやかな肌触りが魅力的なカットソーです。

_DSC1188Color  DUNKELBLAU (NAVY) / WEISS (WHITE)
Size 4(S) / 5(M) / 6(L)
Price ¥16,000+tax

前述で話した事も含めて、程よくゆったりとしたシルエットと、肌に纏わり付かないフィット感が僕らの着用頻度が高い理由だと思います。
先日のブログで、吉田が着用していたカットソーもこの”EDGER”です。

_DSC1159JACKET   US ARMY JUNGLE FATIGUE JACKET
BOTTOMS    BONCOURA

僕自身、程よくゆとりのあるシルエットだからこそ、テーパードの効いた細身のボトムスと合わせる事が多いです。

_DSC1170CAP    HANNA HATS
BOTTOMS     BONCOURA
SHOES    BIRKENSTOCK

着方はそれぞれ違いますが、ミリタリー物やそれをルーツにしているアイテムとの相性は抜群です。
アンダーウェアーやTシャツをラフに着るという潔いスタイルこそ、男らしい着方ではないでしょうか。

ARCH  宅見

新店舗OPENのお知らせ

2014.07.19 Saturday 21:28:06| Author:admin| Categories:News!!,Vintage

 

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

もうFBの方でご存知の方も多くいらっしゃるかもしれませんが、ARCHの新業態

【ARCHIVES(アーカイブス)】

が昨日オープン致しました。

主にフランス、イギリスで買い付けた一点もののVINTAGE,ANTIQUESを中心とした品揃えです。

ヨーロッパ、アメリカ共に良質なヴィンテージは以前ほど出なくなったと言われて久しいですが、それでも約10年間、ヨーロッパ各地をまわって少しづつ集めたVINTAGEを一つの空間で提案したいという想いからOPENに至りました。

もちろん、ここARCHからDEAD STOCK、VINTAGEを完全に切り離すわけではなく、ARCHのフィルターを通したアイテムは引き続き展開していきますので、ご安心下さい。

またメンズのみにこだわらず、ユニセックスなアイテムも数多く展開しております。

ARCHとは一味違った新たなアプローチで、ヴィンテージアイテムを皆様にご紹介出来ればと思っております。

ブログも本日開設致しましたので、良かったらこちらも覗いてみて下さい。

www.archives-sapporo.tumblr.com

写真-1

写真

 【ARCHIVES(アーカイブス)】

営業時間 : 13:00 – 21:00  日祝のみ 11:00 – 19:00

定休日 :  火曜日 水曜日

住所:札幌市中央区南2条西1丁目 広和ビルNo.20 (旧wowretro)

US ARMY Jungle Fatigue Jacket

2014.07.18 Friday 21:26:01| Author:admin| Categories:Vintage

_DSC1188
US ARMYのジャングルファティーグジャケットが入荷しました。

前回入荷時はワンサイズでしたが、今回は幾つかのサイズ・種類で揃っています。

_DSC1174Size X SHORT-REGULAR
SMALL-SHORT
SMALL-REGULAR
MEDIUM-SHORT
MEDIUM-REGULAR
Price ¥12,000-+tax〜

リップストップ素材の通称4thタイプがメインですが、カモ(リーフ)柄や「ノンリップ(3rd)」のタイプも含めて、豊富なラインナップです。

よくよく考えると、これほど揃うのは初めてかも知れません。

_DSC1155
背景を辿ると、元々ベトナム戦争時に採用された熱帯地用の素材とあって、夏場もシャツジャケットとして着用出来るサラっとした1枚です。

素材感に加えてコットン100%である事もこのジャケットの魅力の1つ。

_DSC1084
この時期のオススメとして、袖のロールアップやショーツとのコーディネートが幅を広げてくれると思います。

是非、タイプ・サイズとラインナップが揃っている内にご覧下さい。

ARCH 吉田