Blog from ArchStyle » 2014 » November|archstyle|Arch アーチ

FRANK LEDER / DEUTSCHLEDER

2014.11.30 Sunday 21:15:12| Author:admin| Categories:FRANK LEDER

以前、山内がMY VINTAGEのコーナーでご紹介していました、FRANK LEDERの【DEUTSHLEDER】 通称ジャーマンレザー。
高密度に織られたヘビーウェイトな生地は、FRANK LEDERの代表的な素材でもあり、ここ北海道でもアウターとして十分通用する防寒性を持ち合わせています。

本日は、僕(宅見)が愛用している定番の【SINGLE 2B JAKCET】をご紹介します。

_DSC0885
地面に直立する程の硬さと生地の厚さは、この素材らしい魅力的な部分。
購入した当初は、仕事中に脱いだり着たりを繰り返す程、着易いとは言えない物でした(笑)
例えるならば、リジットのジーンズに近いかもしれません。
着用を重ねる事で、ようやく本来の気心地・素材の良さが生まれるジャケットです。

_DSC0889

_DSC0900左 使用前 / 右 宅見私物

_DSC0868
_DSC0872
_DSC0877

まだ1年と着始めたばかりですが、ようやく地面に直立しない位までには柔らかくなり、身体にも少しずつ馴染み始めました。
アーム部分のシワやポケット部分のあたりなど、着用を重ねる度に表情に変化が出ています。
袖口のヴィンテージボタンも色が剥げてきました…これもまた愛嬌。
今ではストレス無く着れるのは勿論、長い付き合いが期待出来る頼もしい1着です。

【SINGLE 2B JACKET】
_DSC0712SIZE  XS / S / M / L
PRICE  ¥88,000+tax

ワーク色が強いこの素材感に対して、形は綺麗なシルエットという点が頻繁に愛用している理由だと思います。
こいった部分がFRANK LEDERのらしさではないでしょうか。
今季ARCHでは、【SINGLE 2B JACKET】に加え同素材の【CHESTER COAT】の2型を揃えています。

【CHESTER COAT】
_DSC0834SIZE  XS / S / M / L
PRICE  ¥128,000+tax

長さのあるチェスターコートは、より防寒に優れ真冬のアウターとして一役買うはずです。
ジャケットを所有している僕ですが、このコートも気になるアイテムの1つ…やはりジャーマンレザーは男心をくすぐります。

デザイナーを務めるフランク・リーダー氏本人も、この素材のモノを何枚も所有する位、お気に入りだそうです。

ARCH 宅見

KLASICA “BEGBY”&”CIVET”

2014.11.29 Saturday 15:48:34| Author:admin| Categories:KLASICA

僕らが好んで良く着るアイテム、ミリタリー物やワークウェアー、それらをルーツにしている洋服。
野暮ったく男臭いアイテムは、ファッションというよりは、道具に近いイメージの洋服です。
そういったアイテムに、独自のエッセンスが効いたアイテムを1つ加えるだけでコーディネートの幅が広がる気がします。
そんな僕もここ最近その面白さに気付いた一人…

ヴィンテージのワークウェアーやミリタリー物をベースに製作されるKLASICAのコレクション。
今回紹介する2型のアイテムは、それらとはまた一味違うKLASICAのデザイナー河村さんのエッセンスやデザインを凝縮したアイテムになっています。

_DSC0815

先ずは、以前ご紹介したKLASICA の定番アイテムの1つ“DIAS”を別注製作した際に使用した素材・シャギークロスアルパカを用いた、カーディガン【BEGBY】。

【BEGBY】
_DSC0808Color SAND YELLOW
Material SHAGGY CLOTH ALPACA
Size 2 / 3
Price ¥25,700-+tax

ラグランスリーブの袖付けと、この手のカーディガンには珍しい大きめなスナップボタンが特徴的。
1枚でも映えるアイテムなので、合わせる物はシンプルな物で十分だと思います。

_DSC0815
冒頭の写真のように、これから着用が多くなるダークトーンのアウター・ダッフルコートやピーコートといったアイテムに差すだけで、アクセントになる1枚です。

【CIVET】
_DSC0826Color MOCHA
Material SHRINK SOFT KNITTED CREPE WOOL 100%
Size 2 / 3   SOLDOUT
Price ¥20,000-+tax

ヴィンテージのカットソーに良く見られる、脇下のシームが前身頃に来る”ねじれ”。
その”ねじれ”をカッティングとパターンで表現したカットソー【CIVET】。
ゆったりとしたシルエットと気心地の良さが魅力的です。

_DSC0831

脇の下と同様に袖部分にも”ねじれ”のデザインを。
一見シンプルなカットソーも、遊び心ある一癖ある物に仕上がっています。

_DSC0800

蜘蛛の巣のようなボコボコとしたウール素材が特徴的な梨地は、グレーとブラウンと2色の糸を織り混ぜる事で独特な色味に。
ニット同様の保温性を持ちながらもカットソーのように気軽に着れてしまうので、ジャケットやベストのインナーにも最適だと思います。

是非店頭にてご覧になって下さい。

ARCH  宅見

Paul’s Vest

2014.11.27 Thursday 22:49:39| Author:admin| Categories:Jamieson's

昨年は、かのプリンス・オブ・ウェールズを例にフェアアイルニットのブログを書きましたが、少しマニアックだったかも知れません…(笑)。

実は今回ご紹介するフェアアイルベスト、誰しもが知るアノ人が愛用していた柄をベースとしています…。

tumblr_inline_nci4pqondq1qlbaxo
34zluro
l_3cc9f040-fec8-11e1-beee-cba7cac00008
tumblr_lmg0mj7xrf1qbxlgio1_500
ご覧頂いて分かる様に、ポール・マッカトニーも愛用していたフェアアイルニット。

数々の写真には、彼がこのニットを愛用している姿が残されています。

勿論、フェアアイルニットと言えばの[Jamieson's(ジャミーソンズ)]製。
元々、伝統的な模様が独特なニットウェアーですが、こう言った背景を知ると余計に気になってしまいます。

_DSC0800Color RED
Size 36 / 38 / 40
Price ¥22,000-+tax

一見、派手にも見えるのですが、よく見ると朱色の様な「鈍い赤」具合がとても雰囲気良く、柄自体もピンク・紫・グレー・青・水色・黄色…と多種多様な色と柄の構成がまとまっていて素敵です。

色落ちしたデニムシャツやシャンブレーシャツだったり、インクブルーのワークジャケットと合わせて野暮ったく着ると、程よいバランスが取れると思います。

_DSC0823Color BLUE
Size 36 / 38 / 40
Price ¥22,000-

より幾何学模様がハッキリとした1枚なんですが、よく見掛ける派手な配色とは別で、よりクラシックな印象を受けます。

ハイゲージニットを合わせる『ニットオンニット』のレイヤリング、振り返ってみると昨年もやっていましたが、それほど個人的にオススメのコーディネートです。

余談ですが、羽織っているコートは、今季からラインナップされている[IMPERIAL MEASURE(インペリアル・メジャー)]の物。
実はまだブログでご紹介しておりませんが、スタッフ満場一致でオススメのブランドです。

Arch 吉田

Coming Soon…

2014.11.25 Tuesday 21:29:12| Author:admin| Categories:News!!,paraboot

Vintage-Poster-300x400
昨日まで開催しておりました[paraboot Trunk Show]。
今年も沢山のお客様にご来店頂きまして、イベント期間中は大変盛り上がりました。
ご来店頂きました皆様には、この場を借りて改めてお礼申し上げます、誠に有り難う御座いました。

また、このイベントのタイミングで、定番モデルの欠けているサイズが再入荷しております。
特にここ北海道では、これからより一層ニーズの高まる時期ですので、是非このタイミングでご来店頂けますとご用意豊富に取り揃えております。

個人的には、[paraboot]を履く事は冬支度の1つなんですが、冬支度と言えばやはり『アウター』。
入荷の遅れているアウターが幾つか御座いますが、それらももうじき入荷予定です。
是非楽しみにしていて下さい。

Arch 吉田

c0214126_23145733

paraboot Trunk Show イベントリポート②

2014.11.24 Monday 22:08:45| Author:admin| Categories:News!!,paraboot

_DSC0791
『トランクショー』の醍醐味の1つと言えば、やはり豊富なラインナップ。

普段は見る事の出来ないモデルを”見れる”事は勿論ですが、実際に”履く”と意外な発見があるのも面白いところ。

実際に僕達自身も、トランクショーの度に新たな発見をしています。
今回は各スタッフ気になったモデルをご紹介致します。

[スタッフ宅見の気になる1足]
_DSC0794Model
(左2つ)ADONIS / (右3つ)DAX
Color
(ADONIS) BORDAUX,LEG NOIR
(DAX) VEL.MARINE,VEL MIEL,VELCONGO
Price
(ADONIS) ¥66,000-+tax
(DAX) ¥60,000-+tax

本来は気軽に履ける靴でありながら、いざ探すと選択肢が少ない類なのが”ローファー”だと思います。
ヨーロッパメイドとなると尚更かも知れません。

素材・カラーの豊富さに加えて[paraboot]に対する信頼感を踏まえると、とても魅力的な物が多い点は、最大の魅力です。

[スタッフ吉田の気になる1足]
_DSC0799Model MIRABEAU
Color NUIT
Price ¥56,000-+tax

パラブーツを代表する1足・[MICHAEL]や[MORZINE]と言ったチロリアンシューズと同じ類の[MIRABEAU]は、履き口のフェルト素材による切り替えが、何よりも目を引くディテールです。

_DSC0801
一見、奇抜なディテールにも見て取れますが、フェルト素材により足入れ・フィッティングがし易い様に出来ているディテールは、チロリアンシューズならではと納得してしまいました(笑)。

フェルト素材自体も未脱脂のウールフェルトを用いて防水性を高めたものとなっています。

[RPJ・篠崎さんの気になる1足]
_DSC0795Model ELECTRON
Color CAFE / NOIR
Price ¥63,000-+tax

[paraboot]側の篠崎さんが”気になる”と言うのも表現がおかしいかも知れませんが、一ユーザー視点で選んでもらいました(笑)。

履き口から爪先にかけての曲線美、爪先と踵(かかと)のフォルム・くびれ具合がお気に入りのポイントとの事。

_DSC0805
ブーツ=ゴツい概念を覆しつつも、[paraboot]らしさが失われていない1足です。

paraboot Trunk Show イベントレポート①

2014.11.23 Sunday 16:20:04| Author:admin| Categories:News!!,paraboot

_DSC0880
今月に入って連日に渡ってお伝えしてきている[パラブーツ・トランクショー]。

昨日より始まりました今イベントですが、早速初日より沢山のお客様にお越し頂き誠に有り難う御座います。

_DSC0867
_DSC0874
_DSC0858
_DSC0878
メンズ・レディース合わせて約80種類に及ぶラインナップは見応え十分、当然サイズも含めると相当数ある訳ですが、何よりこれだけ見れる環境と言うのも、中々ありません。

_DSC0840
このタイミングに合わせて入荷した別注の1足の在庫は、残すところほんの数足です。
気になっていた方は是非お早めにご来店ください(笑)!

Arch 吉田

paraboot Trunk Show 2014 in Arch

2014.11.21 Friday 22:54:44| Author:admin| Categories:News!!,paraboot

Archの吉田さんからご依頼頂き、初めてブログを書かせてもらうRPJの篠崎です。

_DSC0863

依頼を受けた時に、「えっ!自分が!」と正直かなり迷いました。
自分はデザイナーでもなく、オーナーでもありません。
それでも熱くオファーして頂いたので有り難く書かせていただきます。

色々な意味でParabootは良い靴です。
決して安くはないですがズバ抜けて高くもない靴です。

背伸びすれば手が届き、気軽に履ける本格靴の入門編の意味合いもあると思います。
そのため幅広い年齢層の方にマッチし、その方の好みに合わせたスタイリングができる凡庸性があります。
Archの方が実証済みです!

paraboot-trunkshow-2013-400x270

Archとの出会いは元を辿ればルーツがあるのですが本格的にタッグを組ませてもらったのは吉田さんとの出会いからでした。

吉田さんと初めてご挨拶させてもらったのは展示会です。

電話で何度かお話したことのあるクライアントで、その際興味を持ってブログを覗いたのが始まりでした。
展示会場で初めて会った時、ビックリするぐらい気持ちの熱い人で「このディテールはなんのためですか?」
「背景やバックボーンは?」と真剣に突っ込まれ、
「ヤバい負けられない(汗)」と思ったことを今思い出しました。

DSCF0792-400x300(初開催時のトランクショーの様子)

一番最初から取り組みさせていただきましたトランクショーですがスタートはお互い手探り状態でした。

ぼんやりとParabootを造るイゾーの環境と札幌が「ちょっと似てるな。繋がりが〜」などと思っていましたが、
環境・風土は人種が違えどリンクする。
改めてお取り組みいただき確信しました。

IMG_0057(グルノーブルを訪れた際に撮影した山々 ※吉田さん撮影)

IMG_20141121_150923427(グルノーブルにどこか似た雰囲気を感じた札幌の山々 ※篠崎撮影)

そしてオーナーの山内さん(マサさん!)を筆頭にスタッフの皆様、全員が熱いお取引先様です。
さらにお客様も負けないくらいに熱い!

これまで一緒に取り組みさせていただき、自分も成長させてもらってます。
parisのHotel de Villeで吉田さんと落ち合いグルノーブル経由でイゾーに行き、ファクトリーミーティングで玉砕し、本当に色々な意味で今回は形にできました!

IMG_0159
いつも夜な夜な談義を交わすと思うことは、自分もarchメンバーも宣教師なんだと。
良いモノを、自分の好きなモノを、自信を持ってお薦めする。
そして自分もお客様に満足感をもらっています。

明日からお店に立たせて頂きます。
社交場Archで皆様と落ち合えること楽しみにお待ちしております。
その際はウラ話も…

_DSC0862

RPJ  篠崎

Arch 10th Anniversary × paraboot

2014.11.20 Thursday 22:23:48| Author:admin| Categories:News!!,paraboot

c0215951_230591
[paraboot]を代表する1足、CHAMBORD(シャンボー)
先日もご紹介したこの靴と僕の出会いは、まさに今こうして働いているArchにおいてです。

Archで取り扱うフランス軍の軍パンやワークウェアに、とにかく相性が良いフランス靴。
Uチップでボテッとした感じがどこかアメリカ靴の様でありながら、全体的な雰囲気はフレンチテイストでまとまった1足。
入社した当初の僕にとっては新鮮なイメージでした。

chambord-after-400x300

勿論『持っていなきゃいけない1足』として購入する訳ですが、その当時は今ほど[パラブーツ]の認知度も高くはなく、当然安い買い物でもないので、上司の山内からは『売れない靴』のレッテルが貼られていました。

ただそれでもArchで取り扱い続けるのには、もちろん理由があっての事。
僕が自然と感じていた様に、Archのスタイルには欠かせないものだったのです。

arch_2004_june_02
それを証明するかの様な写真が、上の写真。
これは今から10年ほど前のオープン当初のArchです。

今と違って随分と棚もスカスカなんですが(笑)、目を凝らして見ると棚の上の方に[パラブーツ]のCHAMBORDとMICHAELが並んでおり、その奥には[パラブーツ]の箱(旧タイプ)が積まれているのが、かろうじて確認出来ると思います。

当時、古着・ヴィンテージがメインだったArchの品揃えの中でも、数少ない新品商品の1つだったのが[パラブーツ]であり、今も尚変わらず取り扱い続けているブランド、そして品番で言う所で[CHAMBORD]なのです。

IMG_2283-400x300
時は巡って、僕と岩谷(現アナトミカ札幌)の2人の中で、より[パラブーツ]に対する想いが強くなっていた時、奇しくもRPJ(パラブーツ日本総代理店)の篠崎さんと出会います。

今では恒例となった『トランクショー』を開催させて頂くキッカケは、まさに彼との出会いでした。
実のところ、[パラブーツ]発祥の地であるグルノーブルは、札幌と同じ様に冬の環境や風土が厳しい地域。
過去には冬季オリンピックの開催地だった事もある場所。

IMG_0057

そんな部分にも着目した篠崎さんと僕らの間で、冬支度が必要になるこの季節に行われる『トランクショー』が恒例化して行きます。

そんな特有の気候も後押ししてか、[パラブーツ]の利便性が再認識された事で、今では更に欠かす事の出来ないものになった『トランクショー』。
記念すべき10周年の年に迎える今回の[paraboot Trunk Show]は、早いもので5回目となりました。

PTS2013-400x284paraboot Trunk Show 2014
in Arch
2014.11.22(土)〜24(月・祝)

今回のイベントでは、先程ご紹介した[CHAMBORD]や[MICHAEL]と言った定番アイテムに限らず、現在廃盤となっているモデル、それに加えて別注アイテムやレディースも含めると、80種類以上ものラインナップとなっています。

文中でもご紹介させて頂きましたパラブーツ日本総代理店・RPJの篠崎さんによるプロのアドバイスが受けられるのも、このイベントの醍醐味です。

また、対象商品をお買い上げ頂いたお客様には先着でノベルティーもご用意させて頂きました。

今回もまた何時もに引けを取らない内容となっております。
既に[パラブーツ]製品をお持ちの方も、まだお持ちでは無い方も、このタイミングでご覧頂けると何時も以上に[パラブーツ]の魅力を感じて頂けると思います。

Arch 吉田