Blog from ArchStyle » 2015 » May|archstyle|Arch アーチ

KENNETH FIELD × Arch Vol.3 〜 Trim Trousers 1P Exclusive

2015.05.30 Saturday 22:00:34| Author:admin| Categories:Exclusive,KENNETH FIELD

_DSC0764

来週末、6月5日(金)〜7日(日)で開催のイベント【MOJITO×KENNETH FIELD Vol.5】に向け、【KENNETH FIELD(ケネス・フィールド)】からリリースされる別注アイテムは、定評のあるトラウザーズ。

まさにこの季節にピッタリな1本が完成しました。

_DSC0759Color NAVY GINGHAM
Size 29 / 31 / 33 / 35 / 37
Price ¥33,000-+tax

素材に用いられるのは、凹凸のある生地感が特徴的なバニラン織りによるコットン/リネン素材。
程よい肉感と清涼感のある夏素材です。

実はこの素材、元々はハワイアンショーツなどに用いられるもので、柄がプリントされているのも特徴の1つ。
ギンガムチェックの柄はプリントによるものです。

_DSC0779

一見、可愛げのあるギンガムチェックですが、源流にはワークの要素を持つ柄だったりします。
さり気なく土臭さも意識した1本です。

_DSC0685

型自体も、今シーズン新たにリリースされた1プリーツタイプを採用しています。
腰回りに適度なゆとりがあって、見た目にもやや野暮ったさを感じるんですが、それでもまとまったシルエットがこのトラウザーズの特徴です。

_DSC0711

裾に関しては、”ダブル4.5cm幅”のジャストレングス。
好みはあると思いますが、これが鉄則だと思います。

例えるならば、パリの街中で何て事無くトラウザーズを穿くオジサン…トップスも何て事無いシャツorカットソー、足下はこなれたスニーカーorサンダル…そんなイメージです(笑)。

_DSC0753
ポロシャツとの相性は間違いありません。
コットンセーターやスウェットを羽織っても良いと思います。
どんなコーディネートでも、ある程度クリーンな印象にまとまるのも、このトラウザーズの特徴です。

_DSC0775
男らしく開衿シャツにパナマハット、こんなコーディネートも理想的です。

_DSC0849
夏場はカットソー1枚で十分サマになると思います。
敢えてVネックのカットソーを着てみるのも良いんじゃないでしょうか?
ちょっと野蛮な位が、雰囲気も良いはずです(笑)。

_DSC0841
_DSC0820
冒頭でお伝えしている通り、来週末のイベントでは、この別注アイテムの他、毎回好評のカスタムオーダーを承ります。
今回は”春夏”、”秋冬”のシーズンを問わずにオーダーして頂ける機会です。

また、普段は展開していないアイテムもご覧頂けますので、より一層【KENNETH FIELD】の世界観を感じて頂けると思います。

KennethField_mojito-400x169
<<MOJITO × KENNETH FIELD Vol.5>>
2015年6月5日(金)〜7日(日)

イベント期間中は【KENNETH FIELD】のディレクションを務める草野さん、そして【MOJITO】のディレクションを務める山下さんにも店頭に立って頂きます。

実際に両ブランドの洋服作りに携わっているお二人と直接お話出来る、滅多に無い機会です。
ちょっぴり恥ずかしい…気まずい…恐れ多い…なんて思わずに(笑)、是非この機会にご来店ください。

Arch 吉田

KENNETH FIELD × Arch Vol.2 〜 Gingham Check

2015.05.30 Saturday 08:15:46| Author:admin| Categories:Exclusive,KENNETH FIELD

【KENNETH FIELD(ケネス・フィールド)】のトラウザーズを、Archのフィルターを通して表現した場合に真っ先にイメージしたのは”フレンチワークの匂い”を体現できる1本でした。

Archのスタイルを語る上で欠かす事の出来ないキーワードの1つでもある、『フレンチワーク』。

無骨なワークスタイルの中に垣間見える特有の上品さは、色や柄・ディテール、時に匂いとして感じます。

そんな中、幾つか挙がった候補の中でも際立って目に入った生地が、前出(前回のブログ)の『バニラン織り』による『ギンガムチェック』プリントの素材だったのです。

_DSC0779

起源には諸説あるものの『ギンガムチェック』は、フレンチワークの類で見られる柄の1つ。

ガーディアン(南フランスの伝統的なカウボーイ)として有名な・Folco de Baroncelli(フォルコ・ド・バロンセリ)の写真を見ると、『ギンガムチェック』のパンツを穿いているのが確認出来るのですが、実はどこか土臭い雰囲気を備えた柄だったりします。

1432043511300

意外にもワークとしてのルーツを持つ『ギンガムチェック』と、本来ハワイアンショーツなどのアイテムに用いられる『バニラン織り』の組み合わせ…偶然にも僕達が理想としていた”夏に穿くトラウザーズ”として相応しく、【KENNETH FIELD】を通して、エクスクルーシブアイテムとしてリリースされます。

これからの季節に期待が高まるこのアイテムは、6月5〜7日に控えたイベント【MOJITO×KENNETH FIELD Vol.5】のにおけるエクスクルーシブアイテムの1つ、詳細は次回Vol.3へと続きます…

KENNETH FIELD × Arch Vol.1 〜 Meeting

2015.05.29 Friday 15:56:58| Author:admin| Categories:Exclusive,KENNETH FIELD

それは約半年前、昨年暮れの話…
プライベートで東京を訪れていた僕に、【KENNETH FIELD(ケネス・フィールド)】のディレクションを務める草野さんから一本の電話、『もし時間があったらお茶でもしましょう!』

予てから僕達がリクエストしていたアイテムの打ち合わせは、そこから始まりました。

IMG_0136

予てからのリクエストとは、”夏に穿けるトラウザーズ”。
Archでは既に欠かせないものとなっている【KENNETH FIELD】のトラウザーズを、”Archらしい”、”夏仕様”の1本として提案する事。

夏=清涼感
相反しての、無骨さ=Archらしさ。

この2つがキーとなり、話は進みます。

草野さんに厳選(イメージ)してもらった素材の中から、使用する生地を選ぶにあたって直ぐに目に留まったのは、涼しげな織り柄とその凹凸感が特徴的なコットン/リネン素材。

あまり見掛けた事のないその素材は『バニラン織り』と呼ばれ、元来ハワイアンショーツなどに用いられる夏素材でした。

ハワイアンショーツと言えば花柄などのトロピカルプリントが代表的ですが、ソレとは違った色柄もまた、当然の事ながらプリントによるものだったのです…。

_DSC0790

Vol.2へ続く...

paraboot / DOMINGUE

2015.05.27 Wednesday 23:43:31| Author:admin| Categories:paraboot

_DSC0642
先日ご紹介した定番のデッキシューズ・BARTHと似た類の1足は、【paraboot】の持つ膨大なアーカイブから焼き直す形でリリースされたDOMINGUE(ドマング)。

個人的に非常に入荷を楽しみにしていた1足で、早速愛用しています。

_DSC0650Color BLANC(WHITE)
Size 6.5 / 7 / 7.5 / 8 / 8.5
Price ¥27,000-+tax

_DSC0629
やや狭めの履き口が定番的なデッキシューズとの違いでしょうか。

見た目以上に足首周りにホールド感があり、より”靴っぽさ”のある1足です。

_DSC0633
ソールに用いられる「マリンソール」は、デッキシューズ同様のもの。
ちょっとの悪天候も不安の無い、parabootらしい仕様が実用的だと思います。

_DSC0416
Archでは、敢えての”白のみ”の展開です。
白い革靴って少し照れくさい感は否めないのですが、どこか野暮ったい印象もあって、軍パン(理想はフランス軍のM-47 Field Pant)との相性が良いと思います。

_DSC0668
軍パン同様に、チノパン合わせも個人的に気に入っています。
ジャストレングスでソックスを見せるのもアリです。

革靴だけども気を遣わずに履けるこの類の靴は、1足持っていると間違い無く活躍します。

_DSC0625
夏素材のトラウザーズとも相性抜群。
かしこまらずに夏の正装を楽しむにも良いんじゃないでしょうか?

Arch 吉田

Alden / 41149H Tanker Boots

2015.05.25 Monday 22:30:41| Author:admin| Categories:ALDEN

ALDENより、379X LAST 通称ミリタリーラストを使用した特別な1足が入荷しました。

1995年の発売以来ロングセラーモデルである、名作”TANKER BOOTS”。
今回入荷したモデルは、そのTANKER BOOTS発売から20周年を記念して製作されたアニバーサリーモデルです。

_DSC0642

ARCHでも定番の素材である、ホーウィン社のクロムエクセルレザーをアッパーに乗せた今回の”TANKER BOOTS”
定番の素材ではあるものの”ブラック”というカラーは、ALDENから初めてのリリースです。

今までありそうで無かった素材とカラーは、無骨さの中に上品な雰囲気を持ち合わせたモノに仕上がっています。

_DSC0639Color BLACK
Material CHROMEXCEL
Last 379 X
Sole PLANTATION CREPE
Size 6H / 7 / 7H / 8 / 8H / 9 / 9H /10 / 10H
Price ¥92,000-+tax

オイルをたっぷりと染み込ませたクロムエクセルレザーは、天候を気にせずガシガシ履く事が出来ます。加えて、プランテーションクレープソールを採用する事で、どのシーズンでも対応出来る汎用性の高い仕様に。

この組みわせは、ここ北海道では頼もしい1足と言えるのではないでしょうか。

_DSC0659
ハンドソーンによるモカシン縫いも、このTANKERBOOTSの魅力の1つ。
今現在、このハンドソーンを施せる職人はALDEN社には2人のみだそうです。

ALDENらしい無骨なスタイルと汎用性の高い素材とカラーが相まったこのTANKER BOOTSは、ARCHが定番としている白シャツに軍パンといったスタイルや、ヴィンテージのアイテムなどにもハマり役です。

_DSC0645

需要と供給のバランスが取れていないALDENだけに、気にされたいた方には絶好の機会だと思います。

是非お早めにご覧になって下さい。

ARCH  宅見

KENNETH FIELD / Trim Trouser 1P

2015.05.23 Saturday 19:46:07| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD

_DSC0636
Archでは春夏、秋冬のシーズンを問わずに定評のある【KENNETH FIELD(ケネス・フィールド)】のトラウザーズ。

今春夏に新たに登場した[ Trim Trouser 1P]は、その名の通り、ウエストの1P=ワンプリーツが特徴の1本です。

_DSC0626Color NATURAL
Material ITALIAN LINEN / COTTON
Size 31 / 33 / 35
Price ¥32,000-+tax

前述の通り、プリーツが施されている事で、ウエスト周りの穿き心地がとても良いトラウザーズ。

見た目にドシッと見えるんですが、穿いた感覚は太過ぎず、かと言って無理に細すぎる事もない、とても穿き易いものに仕上っています。

もちろん[Trim Trouser]同様に、裏地やウエスト内側の仕様は本格的な仕立てです。

_DSC0700

[JOHN SMEDLEY]のポロシャツや[James Lock]のパナマハット、シンプル且つド定番でありながら、少し上質なアイテムとのコーディネートが個人的には理想です(笑)。
しつこい様ですが、カーディガンとのアンサンブルも良し。

_DSC0680
_DSC0690

少し小綺麗な印象もあるので、ポロシャツやシャンブレーシャツなど、あえて違ったテイストとミックスすると、[KENNETH FIELD]っぽさが引き立つんじゃないでしょうか?

_DSC0697

素材に用いられているイタリアンリネン/コットンは、程よいコシがありシワ感が楽しめます。
下着が透けない程度の厚さがありますが、しなやかさも兼ね備えた魅力的なものだと思います。

_DSC0672

新型となるこのトラウザーズ自体は、このカラー・素材のみでのリリースと潔いんですが、とにかくこの型にハマっている印象です。

余談ですが、来月初旬には[MOJITO×KENNETH FIELD Vol.5]のイベント開催が決定しております。
イベントの詳細につきましては追ってご案内させて頂きますので、是非楽しみにしていて下さい!

Arch 吉田

Le Sellier 〜 MADE IN FRANCE

2015.05.21 Thursday 21:35:01| Author:admin| Categories:Goods,IMPORT

_DSC0791
今シーズンより新たに取り扱いの【Le Sellier(ル・セリエ)】
仏・マルセイユにてハンドメイドで作られる革小物は、とてもシンプルですが、どこか存在感のあるアイテムばかり。

確かな素材・パーツ使いと、一貫した”Made in FRANCE”ブランドと言う点が、非常に魅力的です。

[BELT 2511]
_DSC0866Color GOLD (BROWN) / CHAMPAGNE / NOIR (BLACK)
Size 30 (75cm) / 32 (80cm) / 34 (85cm) / 36 (90cm)
Price ¥14,000-+tax

_DSC0669
主張の無いバックルのサイズと、汎用性の高い29mm幅が特徴の1本。

「無骨過ぎず、華奢過ぎない」…言い換えると「厚過ぎず、薄過ぎない」、程よいレザーの厚みも魅力です。

いざ探すと、このくらい丁度良いベルトって中々無いと思います。

[BELT 221 LONG]
_DSC0885Color GOLD (BROWN) /  NOIR (BLACK)
Size 30 (75cm) / 32 (80cm) / 34 (85cm) / 36 (90cm)
Price ¥12,000-+tax

_DSC0803
19mm幅と、あまり見掛ける事のない細めのレザーベルトは、少し長めに設定されたデザインとローラーバックルのディテールが特徴的です。

春夏向けのトラウザーズや(ベルトループが細い)古いワークパンツだったり軍パンに相性抜群の1本だと思います。

[BELT 355]
_DSC0874Color GOLD (BROWN)
Size 30 (75cm) / 32 (80cm) / 34 (85cm) / 36 (90cm)
Price ¥14,000-+tax

_DSC0730
33mm幅のダブルピンタイプによる1本は、前出の2本に比べて、より重厚なイメージがあると思います。

但し、サドルレザーの質感だったり馴染み具合を考慮すると、とてもバランスが良い1本に仕上っています。

これもまた、在りそうで無い部分を上手くカバーしてくれる1本なんじゃないでしょうか?

[CABAS GM CHOCO]
_DSC0845
_DSC0824Color CHOCO (BROWN)
Price ¥60,000-+tax

ベルトに用いられているサドルレザーとキャンバス素材によるトートバッグは、Archの特注アイテム。

アウターを着た上からでも肩に掛けられるショルダーの長さが特徴です。

個人的に、こう言った飾り気のないバッグほど魅力を感じます。

[PORTE BILLET CARTE]
_DSC0856Color NOIR (BLACK) / GOLD (BROWN)
Price ¥22,000-+tax

極めてスマートな二つ折りのお札兼カード入れ。
実はこれ、ユーロ札対応の珍しいタイプのお財布です。

[PORTE BILLET SIMPLE]
_DSC0835Color NOIR (BLACK) / GOLD (BROWN
Price ¥11,000-+tax

二層式のカードケースもまた極めてシンプルな物なんですが、やはり日常的に使う物だからこそ、レザーの質感は大事だと思います。

さり気なく札入れ、ベルトと同色で揃えてみても良いんじゃないでしょうか?

各アイテム、スタッフ各々も早速愛用しておりますが、とても使い勝手が良く、皆気に入っています。
それもそのはず、[MARCEL LASSANCE]の生産を請け負っていた実績は、洋服好きには納得の理由です(笑)。

Arch 吉田

FRANK LEDER “SCHUB”

2015.05.20 Wednesday 12:00:14| Author:admin| Categories:FRANK LEDER

_DSC0752

今シーズンのテーマ、”SCHUB”はヨーロッパの運河で石炭やレンガを運搬する内陸ボートマンのライフスタイルにファーカスを当てています。

船乗りの生活や作業着を、FRANK LEDERの解釈によって表現したアイテムは、ワークウェアーらしい無骨さを残しつつも、少し上品な印象にも映るバランスの取れたアイテムばかりです。

その中から、ここ北海道では真夏まで重宝するアイテムを何点かピックアップしたいと思います。
先ずは、襟元のディテールが目を引くスモック型のウィンドブレーカーから。

【GREY COTTON WINDBREKER】
_DSC0763Color Lt.Grey
Material COTTON 100%
Size S / M
Price ¥58,000-+tax

一見スポーティーなアイテムなんですが、意外にもタイドアップのスタイルにもハマってしまいます。
シャツのように薄手のコットン生地は、ジャケットのインナーなんかにも相性が良いです。

_DSC0682
意外とこの手のアイテムにはあまり見られない、ボタンとジップ両方が付いた襟元の仕様。
ヴィンテージのスモックなんかは、ジップのみの仕様になっているので、使いずらいなんて事もしばしば…こういった気の効いたディテールは着方の幅が広がる重要な部分です。

少し肌寒い時に軽く羽織るアイテムとしても丁度良いのではないでしょうか。
続いては、リネン素材を使用したジャケット。

【BLUE STRIPED LINEN PIPED JACKET】
_DSC0724Color Navy
Material COTTON 100%
Size XS /S
Price ¥88,000-+tax

今期のテーマが最も色濃く反映されている生地である”BLUE STRIPE LINEN”。
リネンの素材感とストライプ柄が相まって季節感を感じる1着に仕上がっています。

_DSC0668
僕自身、FRANK LEDERのリネン物は何点か愛用していますが、水を通して着込めば着込む程に雰囲気が増していき、気付けばどこのブランドの物が分からなくなっている位です…苦笑。

そういった部分がFRANK LEDERの魅力であり、洋服本来の在り方のような気がします。

【HONEY LINEN VEST】
_DSC0741Color  Honey
Material COTTON 100%
Size XS / S / M
Price ¥48,000-+tax

ゴールドベージュの色味とリネンの素材感がなんともFRANK LEDERらしいこのベスト。
1枚で着てもサマになる存在感なので、合わせるアイテムはシンプルな物で十分だと思います。

_DSC0692

シンプルな装いになるこの季節だからこそ、少しクセのあるアイテムを取り入れても面白いのでは?
僕の中で、FRANK LEDERの洋服はヨーロッパのヴィンテージアイテムを着るのに近い感覚で普段のスタイルに取り入れています。

着ることで自分の物になっていく感覚こそ、FRANK LEDERの醍醐味かもしれません。

ARCH 宅見