Blog from ArchStyle » 2015 » July|archstyle|Arch アーチ

SEIL MARSCHALL

2015.07.29 Wednesday 22:02:13| Author:admin| Categories:SEIL MARSCHALL

元々、ドイツでロープ専門の工場として始まり、今ではアウトドアには欠かせない鞄、靴、テントなどの様々な物作りをしている【SEIL MARSCHALL】。
以前のブログでも【FRANK LEDER】とのコラボレーションアイテムをご紹介しましたが、今回入荷したのは【SEIL MARCHALL】のオリジナルラインによる物です。

_DSC1391

本格的なアウトドアメーカーらしいギアとしてのデザインや素材が魅力であり、経年変化もまた醍醐味とも言えます。
今回入荷したバックパックとトートバックの2型は、シンプルでありながらもその”らしさ”を十分に感じる事が出来ます。

【THE MINI CANOE PACK】
_DSC1382Material   CANVAS×BLACK LEATHER
Color  BLACK
Price  ¥ 43,000+tax

クラシックなデザインとキャンバスという無骨な生地に、ファッション性の強い色味”ブラック”を落とし込んだ、他には類を見ないバックパックは、モダンな雰囲気に仕上がっています。

_DSC1396
僕自身も”ブラック”のバックパックをずっと探しており、中々これだ!というモノに巡り合わないでいたのですが、この【SEIL MARSCHALL】のバックパックを背負った瞬間、購入を決めました(笑)

その理由として、飽きのこないクラシックなデザインである事と、この手のバックに多く見られるカーキやオリーブでは無く”ブラック”だったという点です。

クラシックなデザインとファッション性の2つが揃ったモノは意外と少ないと思います。

_DSC1419
このデザインとは裏腹に、収納部分が中で2つに分かれているので、日常で使う事を考えると非常に便利なディテールです。
直ぐに取り出したい物を手前側に、手前側の中には内ポケットも付属されています。

_DSC1392
なんといってもボトムレザーの仕様がこのバック最大の特徴です。
長く愛用する上でこの仕様であるのとないのとでは、雲泥の差があります。

_DSC1408
ワーク・ミリタリー物の洋服に合わせるとなると、野暮ったくなりがちですが、この素材と色味の組み合わせがそうは感じさせません。

_DSC1453JACKET  CASEY CASEY
BOTTOMS  FRENCH ARMY M-47

続いては、ベーシックでいて素材感が際立つトートバックを紹介します。

【CLASSIC TOTE BAG】
_DSC1428Material   US KHAKI 1945×BROWN LEATHER
Color  KHAKI
Price  ¥ 30,000+tax

40年代頃、米軍で使用されていたダック生地を彷彿とさせる素材と潔いシンプルなデザインが特徴的なトートバック。

_DSC1430
トートバックにはあまり見られない、ファスナーの仕様は天候を気にする事無く”ガシガシ”使えます。
雨や雪にさらされながら、使い込んでいく位が丁度良いのではないでしょうか。

_DSC1471
トートバックのハンドルの長さは非常に大事なディテールです。
持った時の地面との間隔、肩にも掛けられる絶妙な長さは、緻密に計算されたモノだと思います。

洋服とはまた違い、数をそこまで持たない鞄だけに、納得出来る物を愛用したいと思っている方が多いのではないでしょうか。

是非ご覧になって欲しい鞄の1つです。

ARCH  宅見

CASEY CASEY

2015.07.26 Sunday 21:10:47| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

_DSC1344

4月アーチ2Fのリニューアルオープンに伴い、2015秋、幾つかの新たなブランドがARCHのラインナップの中に加わります。

そんな中、先日PARISから届いたばかりの[CASEY CASEY]は、個人的にも最も入荷を楽しみにしていたブランドです。

 

もともと、古着主体の品揃えから始まったARCHにとって、ヴィンテージウェアというものは僕達のスタイルにとって切っても切り離す事が出来ない存在でした。

この春、2Fを増床するにあたり、ヨーロッパのヴィンテージウェアをこのタイミングでもう一度掘り下げてみよう!ということから始まり、今のARCHとして、新たにそれをどう提案するか。ということが一つのテーマでもありました。

vintage1

ヨーロッパで仕入をしている時、大量の古着の山の中から一着の古いワークジャケットを見つけた時に、時代を超越して残ってきたものだけに宿る、言葉では言い表しようのないオーラを感じることがあります。

それは、やはり洋服が大量に生産される以前には当たり前だったのかもしれない人の手による縫製や染色、そして、その服を着続けた人の愛着だったりが、そう感じさせるのかもしれません。

 

casey

今年の1月、PARISで見た[CASEY CASEY]のコレクションを初めて見た時、僕は彼らが創りだす洋服に、ある種同じようなオーラを感じました。

CASEY CASEYの洋服は、デザイナーのギャレス・ケイシーが世界各地から、時間をかけ、自身の足を使って見つけ出したファブリックに、パリのアトリエで手間をかけた行程(縫製、洗い、染色、)を経てからお店に届きます。

よって少量生産を基本とした、現代では大変希有なブランドです。

そんなブランド共に、先月ヨーロッパで買い付けてきた手作業の匂いが色濃く残る古き良き時代のフランスのヴィンテージウェアを【HAND MADE】という一つのグループと捉え、新たな提案として明日より2Fにてお披露目します。

 

是非、洋服一つ一つに宿るそのオーラを感じ取って頂けると嬉しいです。

_DSC1377

 

Think of your favorite old piece of clothing, that you’ve worn to shreds but still can’t bear to let it go. We make that garment a new, adding patina with dying and laundering. It’s been pre-loved (and a little abused) in our studio before it even gets to the shop, so you can pick-up where we left-off. Nothing leaves the atelier without some hands-on washing/dying/stitching/twisting/etc.

Timeless/comfortable/relaxed/functional.

We’ve already worked the rigidity and stiffness out of it, so it is truly « ready-to-wear. »

ボロボロに擦り切れるまで着倒してもまだ捨てる事を躊躇(ちゅうちょ)してしまうような愛着のある古い洋服。

私達のパリのアトリエで創られる洋服は、洗い、染め、ハンドステッチ、ツイスティング等の手作業の行程を行わずにお店に届く事はありません。

そうやって、愛情を込めて(たまに小さい虐待も)手作業を加えた洋服はヴィンテージのような風合いになります。

流行とは無関係で、快適であり、リラックス出来て、機能的である。

既にリジットな質感や堅さ等の真新しい状態から、手間をかけて創り上げられた洋服は、すぐに愛着を感じて着る事が出来る、真のready-to wear (本来の意味は、既製服である)であるといえるでしょう。

By CASEY CASEY

 

image-1

 

ARCH 山内

 

 

BONCOURA / SHORTS Vol.1

2015.07.25 Saturday 18:30:07| Author:admin| Categories:BONCOURA

_DSC1336

【BONCOURA(ボンクラ)】から毎年春夏に定番としてリリースされているショーツ。
ここ北海道では、ようやく本番と言った所でしょうか?

_DSC1233Color OFF WHITE
Material BONCOURA DENIM
Size 30 / 32 / 34
Price ¥25,000-+tax

フルレングス(ジーンズ)でもお馴染みの[66 off white]に用いられるデニム素材の1本。

この素材はインディゴに染め上げる前の状態、要するに”素のままのデニム素材”とあって、風合いの変化が魅力的です。

生成り色=オフホワイトは、”真っ白”に抵抗のある人ほど取り入れ易い色・素材だと思います。

_DSC1217Color INDIGO
Material DEAD STOCK DENIM
Size 30 / 32 / 34
Price ¥25,000-+tax

【BONCOURA】と言えばデニムが象徴的ですが、ショーツに用いられるのは定番デニムよりもオンスの軽いデッドストックの生地。

オリジナルデニムとはまた違った表情を見る事が出来ると思います。
勿論、シュリンク・トゥ・フィットです。

_DSC1226Color OLIVE
Material DEAD STOCK PIQUE
Size 30 / 32 / 34
Price ¥25,000-+tax

デッドストックのピケ素材は、コシがあるのに窮屈さを感じない、まさにショーツに適した素材と言った印象。

独特のカラーリングも特徴的で、少し大人っぽさを演出出来るショーツになっています。

冒頭での通り、北海道特有の短い夏だからこそ納得のモノを選ぶのであれば、この【BONCOURA】のショーツは間違いなくオススメの1つです。

Arch 吉田

Dead Stock, West Germany Sleeping Shirt

2015.07.24 Friday 07:00:55| Author:admin| Categories:Vintage

西ドイツ軍のスリーピングシャツがデッドストックの状態で入荷しました。
今でこそあまり目にする事の少なくなったアイテムの1つでもあります。

_DSC1198SIZE M~L
PRICE ¥7,800+tax

スリーピングシャツ=軍人が就寝する時に使われていたシャツなのですが、この手のアイテムはシンプルなデザインのモノが多いので、ポケット等も一切付いていないのが当たり前だったりします。

それに対し西ドイツ軍のモノは、胸ポケットが付属しているので非常に実用的です。
意外にもこういったディテールはあると便利ですし、シャツにはポケットが無いと…なんて方も多いような気がします。
僕もその1人ですが…苦笑

_DSC1324

少しゆったりとしたシルエットと、被りのタイプには珍しいボタンの配置、直ぐに脱ぎ気し易い様にと考えられたディテールは、とても機能的でありミリタリーモノらしいこの野暮い雰囲気がなんといっても魅力です。

_DSC1332HAT  JAMES LOCK
BOTTOMS  KENNETH FIELD

薄過ぎないコシのある生地は、この時期だけでは無くシャツとして通年使えると思います。
こういった無骨なアイテムだからこそ、綺麗なシルエットのボトムス、スラックス等のアイテムとの相性は抜群です。

_DSC1342CAP  JAMES LOCK
BOTTOMS  FRENCH ARMY M-47

シャツというよりは、カットソーに近い感覚で着れてしまう、ラフでいて存在感のある1枚です。

僕達もこの時期特に着用頻度が高くなるこの”スリーピングシャツ”。
是非一度試して欲しいアイテムです。

ARCH  宅見

Merz b.Schwanen / 114 20′s T-shirt , 136 Singlet

2015.07.22 Wednesday 18:26:13| Author:admin| Categories:Merz b.Schwanen

前回、前々回と連続でご紹介している【Merz b.Schwanen(メルツ・ベー・シュバーネン)】。

既にご愛用頂いている方はもちろんの事、新たにこのメーカーのカットソーを知って頂いた方の中には、クセになってリピート購入される方も多いと思います。

前回ご紹介させて頂いた(レーヨン混の)素材は、モデル違いの展開が幾つか御座います。

[20's T-shirt 1/4 slv.]
_DSC1135Color INK BLUE
Material 67% COTTON / 33% RAYON
Size 4(S) / 5(M) / 6(L)
Price ¥10,500-+tax

前回ご紹介したヘンリーネック同様にクラシックな印象です。

一般的なクルーネックよりも首回りの開き具合がやや広く、袖丈も短め。
他には無い潔さが、何よりも魅力です。

_DSC1145Color WHITE
Material 67% COTTON / 33% RAYON
Size 4(S) / 5(M) / 6(L)
Price ¥10,500-+tax

こちらは更に潔い「白」。
大袈裟かも知れませんが、こう言ったクラシックなモデルだからこそ、多少の”透け”は気にしない位が男臭くてカッコイイと思います。

[Singlet]
_DSC1210Color INK BLUE / NATURE / BERLIN BLUE
Material 67% COTTON / 33% RAYON
Size 4(S) / 5(M) / 6(L)
Price ¥9,000-+tax

個人的にオススメなのが、このタンクトップ。
特にヘンリーネックやボートネックのインナーにタンクトップを着用される事の多い方だと共感して頂けると思うのですが、この類のアイテムって、『コレ!』と言う物が中々見つかりにくいと思います。

_DSC1146
実際には完全に「脇役」なアイテムです(笑)。
但し着心地が左右するアイテムと言うのも事実、それ相応のクオリティは是非、実際に体感して頂きたいと思います。

Arch 吉田

Merz b.Schwanen / 103 button facing shirt

2015.07.21 Tuesday 07:29:12| Author:admin| Categories:Merz b.Schwanen

前回ご紹介した【Merz b.Schwanen(メルツ・ベー・シュバーネン)】のカットソーですが、数あるラインナップの中でも、よりクラシックなディテールと独特の素材感が特徴なモデルが存在します。

Archでは、このメーカーの取り扱いを始めた時からラインナップしている定番の1つです。

_DSC1142 2 Color NATURE
Material 67% COTTON / 33% RAYON
Size 4(S) / 5(M) / 6(L)
Price ¥15,000-+tax

レーヨン混による独特の肌触り・着心地が何よりの特徴です。
ややフィットするサイズ感はクラシックな印象、ただし着心地が窮屈な事はありません。

アンダーウェアーとしての背景がありますが、もちろん夏に関しては無骨に1枚で着ているくらいがサマになると思います。

_DSC1185
包みボタンや袖のリブの仕様、汗止めのディテール、そして見た目には分かりにくいですが、脇の縫い目が無いホールガーメント(=丸胴)と言った部分を見ると、クラシックな半面、現代では贅沢な作りだと実感します。

ちなみに、上の画像を見て頂いてピンとくる方もいらっしゃるのでは?
今季はさりげなく新しいカラーも加わっています。

_DSC1149 Color GREY
Material 67% COTTON / 33% RAYON
Size 4(S) / 5(M) / 6(L)
Price ¥15,000-+tax

ヘンリーネックの前立てとリブの部分を見て頂いて分かる様に、ボディーの部分とのコントラストがもう少しハッキリとしています。
言うならば、霜降りのライトグレー。
ベストやカーディガンのインナーとしても良さそうです。

_DSC1165
個人的にこの時期は、ファティーグジャケットのインナーによく着る1枚です。

着心地の良さはクセになると思います、先ずはお試し頂きたいカットソーの1つです。

Arch 吉田

Merz b.Schwanen / 204 button facing shirt

2015.07.19 Sunday 14:13:19| Author:admin| Categories:Merz b.Schwanen

Merz b.Schwanen(メルツ・ベー・シュバーネン)のカットソーはArchでは既にお馴染みの1枚。
やはり夏ともなれば半袖のタイプがオススメです。

_DSC1155Color INK BLUE
Size 4(S) / 5(M) / 6(L) / 7(XL)
Price ¥12,000-+tax

このメーカーの特徴と言えば、自社のアーカイブを活かしたデザインであり製法です。

ヨーロッパヴィンテージのアンダーウェアーをベースとしたヘンリーネックのデザインは、1枚での着用もサマになります。

_DSC1141Color WHITE
Size 4(S) / 5(M) / 6(L) / 7(XL)
Price ¥12,000-+tax

個人的には、潔くWHITE(白)がお気に入りです。
シンプル・イズ・ベスト、これにパナマハットで十分…と言ったら大袈裟でしょうか(笑)?

白特有の気になる”透け”は殆ど感じられないと思います。
その辺りの程よい生地の具合や肌触りの良さ、加えて耐久性は特筆すべき点です。

_DSC1152Color GREY
Size 4(S) / 5(M) / 6(L) / 7(XL)
Price ¥12,000-+tax

いわゆる杢のグレーとも一味違うアイスグレー。
この様なカラーは、インナーとしても勝手が良いので万能です。

余談ですが、ボトムスで着用しているのは【BONCOURA(ボンクラ)】の新作です。
少し気は早いかも知れませんが、少しづつ新作の入荷も始まりました。
是非、合わせてご覧ください!

Arch 吉田

Marine National Hospital Military Pants

2015.07.17 Friday 20:45:56| Author:admin| Categories:Vintage

フランス軍のアイテムの中でも、非常に珍しいヴィンテージアイテムが入荷しました。
シンプルになりがちなこの時期に間違いなく映える1本です。

_DSC1131 2
40年代〜50年代にかけて、フランス海軍の野戦病院=Hospital Militaryで支給されいていたこのリネンのパンツ。
通称”HM”と言えば聞き馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

無駄の無い、良い意味で簡易的なディテールは、この手のミリタリーアイテムの特徴です。

_DSC1152
ポケットは一切付いておらず、ウエストはドローコードで絞るだけ。
ウエストは絞って調整出来るので、サイズはあってないようなもの、潔く太めに履く位が丁度良いと思います。

_DSC1154
当時は機能的な役割を担っていたディテールも、ファッションとして様々な着方が出来るのではないでしょうか。
折ってタックインしても良いですし、そのままアウトで着ても、もたつきも無くすっきりと履けます。

_DSC1145Material LINEN
SIZE   1(S〜M相当) / 2(M〜L相当)※個体差がりあます
PRICE ¥20,000+tax

一見シンプルに見えるこのパンツですが、リネンの素材感と腰回りのディテールがなんとも言えない存在感です。
ネップ感のある生成りがかった生地は、汚れや透け感も気にせずガシガシ履く事ができます。

この独特のデザインと太いシルエットが気に入って、僕自身も頻繁に愛用中です。
実は、スタッフ間でも愛用者が多いアイテムだったりします。

【宅見 / 着用サイズ2】
_DSC1116HAT  JAMES LOCK
CARDIGAN  FRANK LEDER
INNER  SUNSPEL
SHOES  JUTTA NUEMAN

【ANATOMICA スタッフ岩谷/ 着用サイズ1】
_DSC1147POLO SHIRT / ANATOMICA
SHOES  ANATOMICA

一見敬遠しがちなデザインですが、意外にもコーディネートの幅が広がりますし、何よりも履いていて楽なのが1番の魅力かもしれません…苦笑
リネンの素材感とこの太さが相まって、真夏のこの時期にはとても涼しく快適に過ごせるはずです。

系列店のARCH HERITAGE WOMESNにもサイズ1が入荷したばかりです。

【ARCH HERITAGE WOMENS スタッフ徳永 / 着用サイズ1】
P3010497

女性でもサイズ1でウエストを絞れば履けるサイズ感です。
ARCH HERITAGE WOMENSのブログでも紹介していますので、是非ご覧になってみて下さい。

ARCH  宅見