Blog from ArchStyle » 2015 » August|archstyle|Arch アーチ

FRANK LEDER 2015FW “RAUCH”

2015.08.31 Monday 22:49:06| Author:admin| Categories:FRANK LEDER

いよいよ今週末から開催します、《FRANK LEDER Deutschleder&Archives》。
様々な企画をご用意しておりますが、イベントに先駆け2015FWの新作を本日、明日と2回に渡り紹介します。

FRANK LEDERの定番素材の1つである”DEER LEATHER”。

IMG-97ecd
コレクションに使用しているレザーは、全てバイエルンのアルプスにある、伝統的なタンナーで生まれています。
科学薬品は一切に使わず、自然ななめし法で作られる希少な鹿革は、1000年以上も前から伝わるレシピによるモノです。

拘り抜かれた素材・ディアレザーを贅沢に使用したアイテムは、FRANK LEDERの真骨頂とも言えます。
今回のコレクションでは数多くのアイテムにこのレザーを使用しています。

【WOOL VEST DEER LEATHER】
_DSC0145Color BROWN
Size S / M / L
Price  ¥58,000+tax

ブラウンウールの素材感とディアレザーのコンビがなんとも無骨な印象のこのベスト。
襟元とポケット部分にディアレザーを施し、背面には麻を使用しています。

_DSC0165 2

裏地のチェックは着用時には見えない部分ですが、イギリス物を彷彿とさせるこの仕様は男心をくすぐりますね。
個人的にベストという類のアイテムは苦手意識がありましたが、こういった程良い野暮ったさがあるモノですと、抵抗無く着れる気がします。

既に頻繁に愛用中ですが…苦笑

_DSC1289HAT  JAMES LOCK
JACKET BRITISH ARMY
INNER  JOHN SMEDLEY
BOTTOMS  VINTAGE FRENCH WORK TROUSERS

インナーにはラフにカットソーやJOHN SMEDLEYのニットなどが最適だと思います。
ワーク色が強いアイテムなので、全体的に上品なアイテムでコーディネートを組むのがお勧めです。

【SPECIAL TREAD DEER LEATHER STOLE】
_DSC0196Color  BEIGE / BLACK
Price  ¥33,000+tax

鹿の革をそのまま活かしながらも、フランクリーダー自らがタンナーの職人と共に1から染色に携わった拘りのストールです。
子鹿一頭分を贅沢に使ったレザーは十分な大きさがあります。

_DSC0194
使い込む事でさらに柔らかくなり、徐々に馴染んでいく過程はドイツレザーに近いモノがあるかもしれません。
この大きさを活かして様々な巻き方が出来るのも魅力の1つですが、自宅でインテリアとして使うのもありだと思います。

_DSC0215
意外にもレザーのストールというアイテムは、探すと中々見つからないのではないでしょうか。
存在感のあるアイテムだからこそ、小物としてのアクセントには持ってこいだと思います。

【WHITE STRIPED COTTON SHIRT OLD STYLE】
_DSC0123Color WHITE
Size S / M
Price  ¥39,000+tax

ヨーロッパのクラシックなシャツをベースにした、ノーカラーのシンプルな1枚。
ヴィンテージの包みボタンとストライプの配色がなんとも言えない雰囲気です。

_DSC0164

コシのある生地は着る洗うを繰り返す事で、数年後にはヴィンテージのシャツと見間違えるほどの良い雰囲気になっているはずです。

【COTTON JACKET WITH DETACHABLE WOOL VEST】
_DSC0175Color BROWN
Size S / M / L
Price  ¥138,000+tax

高密度に織られたコットン生地と襟元のボアが印象的なワークジャケットは、インナーにウールのライニングベストが付属しています。
取り外し可能なインナーベストは、ベスト単体としても使える優れもの。

_DSC0181
ポケット部分には補強も兼ね、レザーパイピングが施されています。
長く愛用する上ではこういったディテールが特に重要になってくるかと思います。

【LAMS LEATHER COAT】
_DSC0153Color BLACK
Size S / M
Price  ¥288,000+tax

ドイツのバルト海沿岸でFRANK LEDER自身が出会った伝統的な羊飼いによる、オーガニックで育てられた羊皮を使用して作られるこのコート。
今シーズンのコレクションの中でも、絶対的な存在感を放っていたアイテムです。

何よりも”ブラック”という色味で作られている点が魅力だと思います。

_DSC0158
大量生産出来ないこのレザーは、十分な保温性を持ち合わせているのは勿論、見た目からは想像出来ない程柔らかな素材感です。

一見重たく見えるデザインですが、柔らかく軽い羊皮を使用する事で、実際に着用する上ではストレス無く着れてしまえます。

vishniac-103-1974 FRANK LEDER 〜Deutschleder & Archives 》
2015, 9/4~9/8

9/4から5日間に渡り開催しますイベントでは、レザーを用いたアイテムのエイジングサンプルもご用意しております。

未完成の洋服を、着る事で完成へと近づけていく感覚は、FRANK LEDERの醍醐味かもしれません。
別注アイテムの詳細は、後日ブログにてご紹介しますので、そちらも楽しみにしていて下さい。

ARCH  宅見

MaTeS / TENIS

2015.08.30 Sunday 19:26:07| Author:admin| Categories:MaTeS

_DSC0205

Archでは今や定番として根付いている[MaTeS(マテス)]の1足、「TENIS(テニス)」が入荷しました。

[TENIS]
_DSC0026
Color BLANCO (WHITE)
Size 40 / 41 / 42 / 43 / 44 / 45
Price ¥24,000-+tax

[MaTeS]は大手スポーツメーカーとは違って決してメジャーではありませんが、1947年創業と歴史あるスポーツシューズメーカーです。
現在では2代目のミルナ・マテスと僅か数名の職人が、昔ながらの木型や製法を用いてハンドメイドで靴作りを続けています。

_DSC0016
過去のブログでも何度かご紹介しておりますが、僕の1代目(1足目)は未だに現役です。
もちろん愛着もあるのですが、ボロボロになった姿もそれはそれで雰囲気があるのは、アッパーにカーフレザーが用いられている点が大きいと思います。

[TENIS SUEDE]
_DSC0032Color PLATA (GREY)
Size 40 / 41 / 42 / 43 / 44 / 45
Price ¥23,000-+tax

Archではグレースウェードも定番的な1足です。
この絶妙なカラーリングは他では中々見掛けませんが、汎用性も持ち合わせています。

クラシックなテニスシューズと言えば、昨今のスニーカーブームで脚光を浴びた1足…ただ、人とは少し違った1足をお探しの方には凄くオススメです(笑)。

Arch 吉田

S.E.H KELLY Autumn/Winter 2015

2015.08.28 Friday 21:32:47| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

[S.E.H KELLY(エス・イー・エイチ・ケリー)]の新作が入荷しています。

先ずは今季初めて用いられたモールスキン素材によるジャケットとトラウザーズ。

[LANCASTRIAN HEAVY MOLESKIN JACKET]
_DSC0231Material LANCASTRIAN HEAVY MOLESKIN
Color TAUPE
Size S / M / L
Price ¥88,000-+tax

生産のみならず、素材にも自国生産に拘りを持つ[S.E.H KELLY]らしく、イングリッシュモールスキンを用いた1着。

素材の雰囲気も含めて、肩肘張らずに着る事の出来るジャケットです。
よって、シャツ(や、タイドアップ)に限らず、ニットやカットソーで気軽に着ていてもサマになると思います。

_DSC0232
前身頃は内側にもしっかりとこの素材が用いられています。
背裏はメリノ・ラムズウールによる仕様。
全体的にしっかりとした印象ですが、着用時のストレスは全くありません。

[LANCASTRIAN HEAVY MOLESKIN PROPER TROUSER]
_DSC0210Material LANCASTRIAN HEAVY MOLESKIN
Color TAUPE
Size S / M / L
Price ¥49,000-+tax

『PROPER』と呼ばれるこのタイプのトラウザーズは、見た目には分からないのですが、通常のトラウザーズよりも多くの生地を使い、より丈夫に縫製され仕立てられています。
長年穿ける様にと工夫された仕様です。
この素材のボトムスならば、秋〜春にかけて穿く事が出来ると思います。

少し毛足の長いイングリッシュモールスキンの肌触りと着心地は、ANATOMICAのアイテムをお持ちの方やご覧頂いた方ならば覚えがあるはず…この素材が体に馴染む感覚は独特のものがあり、愛着が湧いてきます。

_DSC0214
ウエストにはベルトループが付かず、アジャスターで調整する仕様。
ワーク仕様ですが、シルエットが秀逸な1本です。

[LANCASTRIAN MILITARY COTTON-LINEN KELLY-COLLAR SHIRT]
_DSC0193Material : LANCASTRIAN MILITARY COTTON-LINEN
Color ECRU
Size XS / S / M / L
Price ¥39,000-+tax

昨年の秋冬に初めて登場したこの素材は、“the Desert Rats”=イギリス軍第7装甲部隊、通称:砂漠のネズミ部隊が身に付けていた軍用生地をモチーフに開発されたもの。

縦糸がコットン、横糸が粗めのリネンにより組織構成されており、無染色による素材の風合いは独特な表情を生み出します。

_DSC0199
『ケリー・カラー』と呼ばれる襟の形状は、今や定番的なディテールと言えるほど認知されており、[S.E.H KELLY]のアイコンと言っても過言ではないと思います。

[LANCASTRIAN LIGHT WEIGHT CORDUROY SHIRT]
_DSC0181Material : LANCASTRIAN LIGHT WEIGHT CORDUROY
Color TAN
Size XS / S / M / L
Price ¥39,000-+tax

細畝のコーディロイシャツも、このブランドにとっては秋冬シーズンの定番的なアイテムかも知れません。

但し、形や素材に関しては若干のアップデートが成されます。

_DSC0187
一見プルオーバータイプのシャツに見えるのですが、前身頃下3つのボタンは比翼で隠れる仕様です。

_DSC0173Material : LANCASTRIAN LIGHT WEIGHT CORDUROY
Color GREY
Size XS / S / M / L
Price ¥39,000-+tax

肩はラグラン仕様なので、アウター感覚のシャツとしても使えると思います。
小ぶりな襟も嫌味が無くて新鮮ではないでしょうか?

_DSC0174
今回ご紹介したアイテムは、どれもワードローブの即戦力になると思います。
既に完売し始めているカラーやサイズも御座いますので、是非お早めにご覧下さい!

Arch 吉田

BONCOURA / コールテンパンツ [Black]

2015.08.25 Tuesday 22:05:57| Author:admin| Categories:BONCOURA

先日ご紹介した【BONCOURA(ボンクラ)】のコールテンGジャンに続き、今シーズンはコールテンパンツでも『ブラック』がリリースされています。

_DSC0238Color BLACK
Size 28 / 29 / 30 / 31 / 32 / 33 / 34 / 36
Price ¥26,000-+tax

【BONCOURA】のコールテン(=コーデュロイ)素材は、何より”コットン100%”と言う点が魅力の1つ。
穿き易さと共に、穿き馴染みを備えた1本に仕上っています。

_DSC0140

このタイミングでの『ブラック』と言う点も、凄く絶妙だと思います。
古着では中々出会う事の無いコットン100%・ブラックのコーデュロイ。
当然の事ながら1から穿ける楽しみが大きいです(笑)。

今回の入荷に合わせて、これまで定番としてリリースされてきたNAVY、SAND、BROWNも再入荷しています。
これらのカラーが発売されたのが、ちょうど2年前。
僕達スタッフが日頃愛用している1本もだいぶ良い表情を見せています。

_DSC0098 2

_DSC0105

_DSC1272

_DSC1283

このコールテン素材は、これまでの【BONCOURA】のアイテム同様に、オリジナルで開発されたものです。
程よいコシがありながら馴染んで行く感覚は、例えるならばデニム同様のものがあると思います。

既にご存知の方は勿論ですが、コーディロイパンツをお持ちではない方ほど1度お試し頂きたいアイテムです。

Arch 吉田

FRANK LEDER Autumn / Winter 2015 “RAUCH(SMOKE)”

2015.08.23 Sunday 20:51:06| Author:admin| Categories:FRANK LEDER

今季の【FRANK LEDER(フランク・リーダー)】のテーマは、『煙』を意味する”RAUGH(ラウフ)”

・The Charcoal Maker=炭の生産者

・The Coal Buying Customer=炭の買い手

・The Chimney Sweeperと呼ばれる伝統的な煙突掃除夫

この3つの登場人物から構成されます。

不名誉だと言われていた職業チャコールメーカーに対し、真っ黒なオールドスタイルのユニフォームを身に纏っていたチムニースウィパーは、強運のシンボルとされていた。

炭を作り、買うものがいて、その煙突を掃除するという背景でリンクする3者にフォーカスを当てた今回のコレクションは、ドイツの生活、時代背景を表現したFRANK LEDERらしい存在感のある雰囲気のモノばかりです。

定番的な素材でもある、”ディアレザー”と”ジャーマンレザー”を今テーマ”RAUGH”にて再構築したアイテムも逸品です。

AW1516-Frank-Leder-Rauch-04-630x900
AW1516-Frank-Leder-Rauch-07-1125x1500
AW1516-Frank-Leder-Rauch-09-630x900
AW1516-Frank-Leder-Rauch-13-1125x1500
AW1516-Frank-Leder-Rauch-15-585x900
”ドイツの伝統を守り受け継いでいく”そんな想いから生まれる洋服は、ドイツの時代背景を色濃く映し出したモノやデザインが凝縮されているブランドです。

今やARCHには欠かせないブランドでもあるFRANK LEDER。
取り扱いを始め、初のイベントを9月初旬に開催します。

AW0304-Frank-Leder-Pay-Attention-02-597x900 FRANK LEDER 〜Deutschleder & Archives 》
2015, 9/4~9/8

今や認知度の高い『Deutschleder=ジャーマンレザー』は、着用を重ねる事で様々な表情を見せます。

そんな『Deutschleder=ジャーマンレザー』にフォーカスし、経年変化が見られる着用見本と共に、別注アイテムを販売致します。

また、既に入荷済みの新作に加えて、貴重な過去のコレクションをご覧頂ける機会を設けております。

詳細はブログやFacebookにて随時お知らせ致しますので、是非楽しみにしていて下さい。
ARCH  宅見

KENNETH FIELD 2015FW 〜Nostal-Chic

2015.08.21 Friday 23:10:17| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD

スクリーンショット 2015-08-21 22.43.30
お問い合わせを多く頂いている【KENNETH FIELD(ケネス・フィールド)】の秋冬商品が概ね入荷しております。

既にご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、オフィシャルサイトでは今シーズンのイメージルック、そしてイメージムービーがアップされています(初めて見た時はとても衝撃を受けました)。

ちょうど3年前、当時『これぞ!』と言うツイードジャケットを持っていなかった僕が購入した1着は、まさに【KENNETH FIELD】のツイードジャケットです。

思い返せばちょうど【KENNETH FIELD】のブランドスタートが2012年の秋冬にあたるのですが、恥ずかしながら半信半疑で購入したのを憶えています…(笑)。

業界の大先輩に最低限の定義を教えてもらいながら様々な着こなしを試し、雑誌のスナップ撮影ではここぞとばかりに着用し、ちょっとしたドレスコードにも活用した1着…気付けば自分の体に馴染み、ワードローブには欠かせないモノになりました。
(その後このブランドの魅力に取り付かれた僕は、シーズン毎にアイテムが増えて行っているのは事実です…)

DSC0406-265x400昨年のブログより

そんな定番のスポーツコートとトリムトラウザーに関しては、FOXヘリンボーンツイード、FOXフランネル共に充実のラインナップとなっております。

少し気が早い気もしますが、正直なところ必要な時期には完売しているアイテムである事は確かです。
一足早い秋冬仕度…と思って頂いて後悔は無いと思います、是非ご検討下さい。

Arch 吉田

CASEY CASEY Vol.2

2015.08.20 Thursday 14:40:05| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

前回は、ジャケットをメインに紹介しました【CASEY CASEY】のコレクション。

シンプルなデザインながらもクセのある生地が際立つアイテムは、今の既製服では感じる事の出来ないクラシックな物作りにあると思います。

_DSC0854

実際に袖を通し、愛用していく過程でようやく本来の良さを感じる事の出来る洋服です。
見た目のデザインだけでは無く、その洋服と長年付き合っていく事を考えて作られた物作りの背景こそ【CASEY CASEY】の魅力だと感じます。

今回紹介します2型のコートは、スタンド、ラペルどちらのカラーでも使える襟元の仕様が特徴的であり、ヨーロッパのワークジャケットに多く見られるクラシックなディテールを【CASEY CASEY】の解釈によりモダンなアイテムに仕上げています。

_DSC0091

_DSC0094
_DSC0115

上質なウールサージの生地感が特徴的なこのチェスターコート。
小綺麗に見えがちなこの形も襟元の仕様やポケットのディテールが相まって、バランスの良い嫌味の無い1枚に。

ボタンの留める位置で様々な着方が出来るのも魅力の1つです。

_DSC0090Color BLACK
Material WOOLSAGE
Size XS / S / M SOLD OUT
Price ¥148,000+tax

シャープな印象を受ける綺麗なシルエットに反して、腕周りには余裕を持たせている為、ジャケットの上からも問題なく羽織れます。

_DSC0078 HAT  JAMES LOCK
VEST  FRANK LEDER
BOTTOMS  FRENCH ARMY M-47
SHOES  GUIDI&ROSELLINI

綺麗なシルエットに加えブラックの色味という事もあり、ドレスアイテムとの相性も良さそうです。
オンオフ問わずに使えるコートは何かと重宝するはずです。

勿論ミリタリーパンツ等のディリーなアイテムとの相性は言うまでもありません。

続いては、柔らかな縮絨ウールの素材感と独特なネイビーの色味が存在感を放つ1枚。

_DSC0051
_DSC0058
_DSC0114
ラグランスリーブによるステンカラーコートは、ドレープ感のある絶妙なシルエットが際立ます。

ゆったりとした気心地とは裏腹に、野暮ったさを感じさせないのには、計算されたパターンメイクと素材感による所が大きいと思います。

_DSC0052Material  WOOL
Color NAVY
Size  XS / S / M  SOLD OUT
Price ¥169,000+tax

限定されない襟元の仕様は、その時のインナーや巻物、スタイルに応じて変えてみても良いと思います。
1枚で十分サマになるコートなので、合わせるアイテムはベーシックな物が1番です。

_DSC0132
手作業により生まれる新しい生地をベーシックなデザインに乗せて生まれる【CASEY CASEY】の洋服は、愛用していく数年後にその拘りや良さを理解し愛着が湧いてくるような気がします。

自分のワードローブに残っていく洋服というのは、実はそういったアイテムが多いのではないでしょうか。

ARCH  宅見

BONCOURA / コールテンGジャン[Black]

2015.08.18 Tuesday 17:17:07| Author:admin| Categories:BONCOURA

【BONCOURA(ボンクラ)】のコールテンGジャンに新しいカラーが加わりました。

_DSC1225Color BLACK
Size 36 / 38 / 40 / 42
Price ¥38,000-+tax

Archでは、既にGジャンの類において定番的な位置付けの1着。
それもそのはず、いわゆる『Gジャン』と言うと、定番的なアイテムの様でいて意外とワードローブには無かったりします…。

【BONCOURA】のGジャンの特筆すべきは、やはり絶妙なバランスの着丈です。

そしてもう1つ、【BONCOURA】オリジナルのコールテン(コーデュロイ)素材は、コットン100%に拘って1から開発されており、着用を重ねるほど畝の表情が変化します。

_DSC1261

今回新たにリリースされた”黒”は、フレンチな装いを演出するにも一役買う1着だと思います。
僕達としては、待望のカラーと言えるかも知れません。

_DSC1248

これまで定番的に取り扱ってきたカラーとデニムタイプも、今回を機に再入荷しています。

_DSC1257Color NAVY / SAND / BROWN / DENIM
Size 36 / 38 / 40 / 42
Price ¥38,000-+tax

しかしながら、SANDとBROWNに関しては再生産、デニムに関しては再入荷の予定が当面御座いませんので、是非この機会にご検討下さい。

Arch 吉田