Blog from ArchStyle » 2015 » September|archstyle|Arch アーチ

KENNETH FIELD / 50′s SPORTS COAT

2015.09.30 Wednesday 14:28:49| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD,MOJITO

『ツイードジャケット』と言うのは、憧れの存在として何処か魅力を感じるアイテムだと思います。

恐らく、無骨な素材感が”ジャケット”と言うモノに対しての概念を取り除いてくれるからかも知れません。

_DSC7958
幾つもの選択肢がある中で【KENNETH FIELD(ケネス・フィールド)】のソレは、素材や型、着心地に至るまでを十分に満たしてくれる1着です。

前回トリム・トラウザーにてご紹介した、英・FOX BROTHERS社のヘリンボーンツイードを用いた50′s SPORTS COAT。
これもまた【KENNETH FIELD】を代表するアイテムの1つです。

_DSC8042Color CHARCOAL
Material FOX HERRINGBONE
Size 34 / 36 / 38 / 40 / 42
Price ¥83,000-+tax

50′s SPORTS COATは、クラシックなアメリカンスタイルを踏襲した3パッチポケットのデザイン。

3つボタン二段返り=第1ボタンも留める事の出来る仕様の為、より着こなしの幅を広げてくれます。

それ故か『スポーツコート』と言う呼び名が相応しいとも感じるのは僕だけでは無いはずです…。

_DSC8047
軍パンやチノパンなど、カジュアルな組み合わせが容易なのもツイードジャケットの特徴の1つ。

アメリカントラディショナルな1着を、決して”古臭くなく”且つ素材で楽しめます。

[CLASSIC VEST]
_DSC7944Color CHARCOAL
Material FOX HERRINGBONE
Size S / M / L
Price ¥32,000-+tax

実は昨シーズンより同素材のベストがリリースされました。
これにより(ケネス・フィールドでは唯一)3ピースで着用可能になっています。

_DSC7939
とは言え、シャンブレーシャツにスエードのスニーカー…かしこまらずにこの位のバランスが個人的な好みです。

ちなみに…
今年のツイードの上下には、是非タートルネックのニット、またはウール調のタイを取り入れてみてください。
とは、【KENNETH FIELD】のディレクションを務める草野さんより。

イベントでは【KENNETH FIELD】初となるニットアイテムも店頭に並びますので、是非お楽しみに。

_DSC7816Color NAVY
Material FOX HERRINGBONE
Size 34 / 36 / 38 / 40 / 42
Price ¥83,000-+tax

新人の近谷がまだお客さんの頃、僕が接客してトリム・トラウザーを購入してもらったのを憶えています。
そんな彼はまだ若いですが、今年スポーツコートを購入しました。

セットアップでの着用と言うのはあくまでオプションの様で、とにかくツイードのジャケットをこの先5年、10年と着て育てたいとの事。

それも流行り廃りが無いこの1着だからこそと言えるでしょう。

_DSC7848Shirts&Tie / KENNETH FIELD
Vest / MOJITO
Bottoms / BONCOURA

KennethField_mojito-400x169<<MOJITO×KENNETH FIELD Vol.6>>
2015.10.2(金)〜4(日)

アーチのお客様のワードローブのお役にたてればいいなあ、と思います。
とは、イベントに向けて草野さんより。

【MOJITO(モヒート)】の山下さんを含め、お二人の洋服に対する姿勢や想いを実際に感じる事が出来る3日間です。
是非、肩肘張らずにご来店ください(笑)!

Arch 吉田

KENNETH FIELD / Trim Trouser Fox Herringbone

2015.09.28 Monday 21:46:33| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD,MOJITO,News!!

先にフランネル素材でご紹介させて頂いた【KENNETH FIELD(ケネス・フィールド)】のトリム・トラウザー。

フランネル素材同様に定番的な位置付けで認知されているヘリンボーンツイードもまた、違った魅力を放つ1本です。

_DSC7873Color CHARCOAL
Material FOX HERRINGBONE TWEED
Size 29 / 31 / 33 / 35 / 37
Price ¥34,000-+tax

フランネル素材と同じ英・FOX BROTHERS社のヘリンボーンツイードを用いています。

【KENNETH FIELD】のブランドスタート時から変わらずラインナップされ続けているアイテムの1つです。

_DSC7961

実際に触れてみると、やや重厚な印象を受けるツイード素材…着用を重ねる程に”馴染む感覚”が楽しめる素材だと思います。

デニムやチノに比べると馴染みの無い類(=ツイードパンツ)ですが、前述の通り、自分の身体に馴染む感覚はこの素材この形だからこそ。
そんな一面がとても憎いはずです。

_DSC7866
同素材のスポーツコート(後日ご紹介)とセットアップでの着用も勿論可能なんですが、応用編として別素材のジャケットと組み合わせてみました。
ちなみに、着用しているスポーツコートは昨年イベント時にカスタムオーダーした1着です。
【KENNETH FIELD】のカスタムオーダー会に関しては、今回のイベントでも開催致します。

_DSC8059
フェアアイルベストにヴィンテージのワークジャケット、全体に野暮ったいアイテムを用いてもまとまって見えるのは、このトラウザーのシルエットが秀逸だからではないでしょうか?

コーディネートの汎用性は、【KENNETH FIELD】の特徴であり魅力です。

_DSC7838Color NAVY
Material FOX HERRINGBONE TWEED
Size 29 / 31 / 33 / 35 / 37
Price ¥34,000-+tax

やはり”太からず細からず”なバランスの取れたシルエットが魅力のトラウザーです。
このバランスを求めると意外と難しかったりするんですが、1度穿くとクセになる様なトラウザーだと思います。

穿き心地や使い勝手に関しても、言う事はありません(笑)。
このツイード素材であれば、とにかく冬場も安心感のある1本です。

_DSC7840

チャコール、ネイビー共にベーシックなカラーなので、コーディネートの幅は広いです。

それぞれ素材に変化を持たせたワントーンコーディネートは、個人的にも好きな組み合わせ。
シンプルですが奥行きがあります。

【KENNETH FIELD】のディレクションを務める草野さんが信頼を寄せるFOX BROTHERS社のヘリンボーンツイード、そしてフランネル素材。
何れも、このトリムトラウザーを通して魅力を感じ取って頂けるはずです。

KennethField_mojito-400x169<<MOJITO×KENNETH FIELD Vol.6>>
2015.10.2(金)〜4(日)

ブログ内でもお伝えした様に、今回のイベントではそれぞれのブランドにてカスタムオーダー会を開催致します。

【MOJITO】では定番のアブサンシャツを、【KENNETH FIELD】ではスポーツコート及びトラウザーを、お客様自身に選んで頂いた生地にて製作致します。
イベントでしか味わう事の出来ない企画です、是非この機会にご来店下さい!!

Arch 吉田

MOJITO / Capa Jacket

2015.09.27 Sunday 11:45:11| Author:admin| Categories:MOJITO

洋服に付随した背景やストーリーが男心をくすぐる【MOJITO(モヒート)】。

今季新作としてリリースされたキャパ・ジャケットも、まさにそんな1着と言えるでしょう。

_DSC7879Color OLIVE DRAB
Size S / M / L / XL
Price ¥46,000-+tax

_DSC7898
やや着込まれたオイルドジャケットの様な表情がとても渋いブルゾン型アウター。

そんなクラシックな見た目に対して、シンサレート素材を中綿に使用しています。
非常に軽量且つ保温性に優れた1着です。

_DSC7870
この類のアウター(オリジナル)は、見た目同様に機能性はシンプルです。
それ故、物足りなさを感じる部分も否めないのですが、そこは細かなディテールでしっかりと補っていて、気配りが利いた印象を受けます。

_DSC7900
袖のリブは接ぎ目の無い、いわゆる”丸胴”
あまり目立つ部分ではありませんが、本格的な仕様です。

_DSC7885Cardigan / JOHN SMEDLEY
Shirts&Tie / KENNETH FIELD
Bottms / BONCOURA
Shoes / paraboot

何も気にせず気楽に着れるアウターだからこそ、敢えてタイドアップする事で全体が締まって見えるのでは?

_DSC7867Cap : LOCK&Co. HATTERS
Knit : GUERNSEY WOOLLENS
Bottoms : KENNETH FIELD
Shoes : KENNETH FIELD

ローゲージのタートルネックセーターにツイードパンツ、シンプルな格好でもしっかりとしたウール素材のアイテムを上手く活用する事で、真冬も安心です。

勿論、着ていてストレスを感じる事がないアウターだからこそ、快適に過ごす事が出来るはずです。

Arch 吉田

スクリーンショット 2015-09-26 23.46.45

ローライフレックスを首にぶら下げM-1943を着用し
ヘミングウェイと並ぶ写真家ロバート・キャパ。

キャパのポケットの膨らみも、男服の「肝」であることを考えさせられる写真です。

今回は、そのM-1943のインナー『JACKET,FIELD,PILE,O.D.』として開発された
アイテムをベースに「CAPA  JACKET」を作りました。

MOJITOではショート丈のアウターをあまり展開しないせいなのか、
僕自身かなり新鮮に感じています。

製作するにあたりビンテージの現物を細部まで確認し、
そのアイテムの取扱説明書を自分なりに想像し掌握して無視をする。

この「掌握して無視をする」ことがMOJITOの場合、肝だったりします。

10月2日(金)~4日(日)の3日間
店頭にて皆さまのご来店をお待ちしております。

SALUTE LIFE !
h.yamashita

KennethField_mojito-400x169<<MOJITO×KENNETH FIELD Vol.6>>
2015.10.2(金)〜4(日)

KENNETH FIELD / Trim Trouser Fox Flannel

2015.09.25 Friday 23:21:51| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD

【KENNETH FIELD(ケネス・フィールド)】のボトムスの中でも、とりわけ定評のあるトリム・トラウザー。

この類のボトムスでは。間違い無くオススメのアイテムです。

_DSC7883Color GREY
Material FOX FLANNEL
Size 29 / 31 / 33 / 35 / 37
Price ¥32,000-+tax

言い方を変えると、いわゆる”スラックス”。
特にグレーのスラックスに関しては、ワードローブにある事で一段と着こなしの幅が広がるアイテムです。

中々理想の物が見つからない…なんて言う声をよく聞きますが、そんな不満を解消してくれる様な1本だと思います。

_DSC0446

ひっくり返して見てみるとよく分かるのですが、スポーツコート同様に”仕立てられた”1本です。

ウエスト周りやヒップライン、サイドシームに工夫が施されており、細からず太からず…絶妙なシルエットを生み出します。

素材には、前回のブログでもご紹介した『フォックス・フランネル』が用いられています。
まさにディテール・シルエット・穿き心地の3拍子が揃ったトラウザーと言えるんじゃないでしょうか?

_DSC7889

このトラウザーに対してGジャンやミリタリージャケットなど、僕達にとって定番的なコーディネートは、これまで何度もご紹介してきましたので、今の気分でメリノウールのJOHN SMEDLEYをアンサンブルでシンプルにコーディネート。
ただし、タートルネック=30ゲージ / カーディガン=24ゲージがArch流。

トラウザーも含めて全てウール素材ですが、どれもしなやかな素材ですので、ストレスなく寒い季節を過ごす事が出来ると思います。
防寒の概念を変える事が出来るコーディネートです。

_DSC7858Color NAVY
Material FOX FLANNEL
Size 29 / 31 / 33 / 35 / 37
Price ¥32,000-+tax

グレーに負けじとネイビーもとても魅力的なのは、言うまでもありません。
これらのアイテムは、スポーツコート(=ジャケット)も合わせてバリエーションが組めるのも【KENNETH FIELD】の特徴です。

KF14FW_004_0012014AWルックブックより

勿論セットアップも可能ですので、これによりコーディネートの幅が広がるだけではなく、何よりも自分自身の満足度が高くなる様なアイテムだと思います。

前回もお伝えしましたが、まさにワードローブに揃えておきたい1着です。

_DSC7878

ここ連日のブログでお気付きの方もいらっしゃるとは思いますが、【MOJITO(モヒート)】と【KENNETH FIELD】による恒例のイベントを来週末より開催致します。

KennethField_mojito-400x169<<MOJITO×KENNETH FIELD Vol.6>>
2015.10.2(金)〜4(日)

イベント期間中は、ブランドのディレクションを務めるMOJITO・山下さんとKENNETH FIELD・草野さんにお越し頂き、店頭にて直接、商品説明をさせて頂きます…なんて言うとかしこまってしまいがちですが、お二方とも元々は店頭での販売経験がある、僕らに取っては大先輩の様な存在です。

僕達自身もそうなんですが、新たな発見があったり、普段とは違った視点で洋服が見れるかも知れません。
是非、この機会にご来店下さい!

Arch 吉田

FOX FLANNEL

2015.09.24 Thursday 07:33:55| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD

_DSC7901
【KENNETH FIELD(ケネス・フィールド)】の秋冬シーズンを代表する素材の1つ、FOX FLANNEL(フォックス・フランネル)。

英・FOX BROTHERS社が1772年の創業当時から製作レシピを変えていないと言う、やや重厚なフランネル素材を用いたスポーツコート(=ジャケット)は、ワードローブには欠かす事の出来ないアイテム…言っても過言ではないでしょう。

[60's SPORTS COAT]
_DSC7894Color NAVY
Material  FOX FLANNEL
Size 34 / 36 / 38 / 40 / 42
Price ¥83,000-+tax

特にネイビーのジャケットに関しては、用途を問わずに1着は持っておきたいものです…ともなれば、オーセンティックな物に越した事はありません。

【KENNETH FIELD】のソレは、その名の通りベースを60年代としながらも、決して古臭い印象や着づらさはありません。
肩周りやラペルの見え方、ポケットの配置など、細部にわたってケネス・フィールド流の工夫やデザインが施されており、着ていて安心感があります。

勿論、それは素材も踏まえての事。
スタイルがブレる事なく着続けられる1着であり、年齢を問わずに着こなす事の出来るものだと思います。

_DSC7903Color GREY
Material  FOX FLANNEL
Size 34 / 36 / 38 / 40 / 42
Price ¥83,000-+tax

トラディショナルなジャケットではあるものの、決して堅苦しくなる必要はありません。
先日ご紹介したスウェットシャツをインナーに挟んでみても良いと思います。

L10079102015AWルックブックより

同素材をもちいたトリムトラウザーとセットアップでの着用は、言うまでも無く基本的なスタイルを作り上げます。

これがグレーフランネルともなれば、それはもう男の憧れとしか言いようがありません(毎年言っている気もしますが…笑)。

Arch 吉田

Polyester Tweed

2015.09.22 Tuesday 22:13:25| Author:admin| Categories:MOJITO

【MOJITO(モヒート)】のWHITE HEAD St. JACKET(ホワイトヘッドストリート・ジャケット)GULF STREAM PANTS(ガルフストリーム・パンツ)は、これまで素材を変えてシーズン毎にリリースされてきました。

この秋冬は、『ポリエステルツイード』と呼ばれる、ちょっと聞き慣れない素材を用いてリリースされています。

[WHITE HEAD St. JACKET Bar. 5.0]
_DSC7911Color OLIVE DRAB
Material POLYESTER
Size S / M / XL
Price ¥49,000-+tax

ポリエステル100%とは思えない、見るからにまるでツイードの様な素材感はとても新鮮です。

ポリエステルの糸に特殊な加工を施して織られてたこの素材、”ポリエステル”の概念やイメージが変わると思います。

_DSC7927
総裏地でしっかりとした印象も受けますが、実際に袖を通すと程よく軽やかな着心地。

本来、機能面に優れた1着ですが、手洗い可能と言う事で更に勝手の良いジャケットに仕上がっています。

『旅する文豪』と称されたヘミングウェイのように、世界を飛び回るジェットセッターにもお勧めのアイテムです。
とは、ブランドのディレクションを務める山下さん談。

カジュアルにセットアップでの着用が出来るジャケット(及びボトムス)です。

_DSC7919Inner / rdv o globe (Scuba JE.)
Bottoms / KENNETH FIELD (Trim Trouser)

かしこまったジャケットではないので、カバーオール的な使い方も良いのでは?
個人的に最近のお気に入りアイテムでコーディネートしてみました。

[GULF STREAM PANTS Bar. 6.1]
_DSC0226Color OLIVE DRAB
Material POLYESTER
Size S / M / L
Price ¥29,000-+tax

GULF STREAM PANTS(ガルフストリーム・パンツ)は、程よい腰周りの余裕に対して、テーパードの効いた綺麗なシルエットのバランスが、とても秀逸な1本。
このボトムスがお気に入りで素材違いで何本かお持ちの方がいるくらいです。

_DSC0232

今回はフルレングスバージョンにアップデートされていて、これまでよりも股下が14cm長く設定されています。
とは言え、身長186cmのスタッフ・宅見が穿いてジャストレングスと言ったところ
※ネイビー着用画像参照
裾上げの仕方で各々の楽しみ方が出来るのでは?

_DSC7896Color NAVY
Material POLYESTER
Size S / M / L
Price ¥29,000-+tax

決してトレンドに左右される事がない【MOJITO(モヒート)】の洋服は、バージョンアップして行く過程で定番が生まれて行きます。
そう言った意味で、シーズン毎の”素材使い”にも注目してみて頂きたいです。

Arch 吉田

MOJITO / Al’s Coat Bar. 9.0

2015.09.21 Monday 13:19:20| Author:admin| Categories:MOJITO

【MOJITO(モヒート)】の『アルズコート』が入荷しました。
やはり秋が深まると丈のあるコートが着たくなります。

“Bar. 9.0″とある様に、今回で9回目のリリースとなるアルズコートは【MOJITO】を代表するアイテムです。
※ちなみに、Bar.とはVer.(sion)とのダブルミーニング

_DSC7859
_DSC7860Color BEIGE
Material COTTON
Size S / M / L / XL
Price ¥58,000-+tax

【MOJITO】のディレクションを務める山下さん曰く、『敢えて一重で作られた』今回のアルズコート。
素材は綿100%で、軽く羽織れる印象の1着に仕上っています。

バランスの良い着丈は、このコートの特徴の1つ。
コートが苦手な人でも、ジャケットの延長で着てもらえる様な感覚です。

_DSC7884※内ポケットの仕様がアップデート

見た目にシンプルなコートですが、よく見ると素材の雰囲気は独特です。

それもそのはず、元々撥水加工された素材を用いているのですが、生地と製品それぞれの段階で加工と洗いが施されています。

_DSC7888
前モデル(15SSシーズン)に引き続き、スプリットラグラン(スリーブ)の仕様が用いられています。

見た目にスッキリとした印象のセットイン(スリーブ)の前側と、機能性に優れたラグラン(スリーブ)の後ろ側。
素材同様に奥行きが生まれます。

_DSC7890
肩周りの窮屈さが解消されるので、中に着る枚数(重ね着)の微調整が容易です、これにより通年着る事が出来ると思います。

_DSC7891
襟を立てれば十分に風の浸入を防ぐ事が出来るのですが、スカーフやストールを合わせれば尚の事。
アクセントにもなるのでは?

_DSC7910Cardigan / JOHN SMEDLEY
Inner / JOHN SMEDLEY
Bottoms / S.E.H KELLY

とてもシンプルで着易いコートなので、個人的にはサラッと羽織るのが理想です。

ジョン・スメドレーのアンサンブルに【S.E.H KELLY】のウールトラウザーズ、ベージュのコートをブリティッシュテイストにコーディネートしてみました。

Arch 吉田

KLASICA “NORTON” by Arch Limited

2015.09.19 Saturday 18:38:13| Author:admin| Categories:KLASICA

先日ブログでもアナウンスしていました、KLASICAの新作ジャケット”NORTON”
別注という形で製作した1着は、僕らの期待していた以上のモノが出来たと思います。

【NORTON】
_DSC0172Color  GREY MIX
Size  2 / 3 / 4
Price ¥57,500+tax

且つてヨーロッパの労働者達は、1つのジャケットを色々な場面で使い分けていたそうです。
ワーク、スポーツ、ドレスその都度ラペルの仕様と装いを変えて。

そんな背景を映し出したこのジャケットを、その時代には無かったであろう新しい素材でラフに着れるモノを作りたいと思ったのがこの別注を製作したきかっけです。

_DSC7868
素材に使用したのは、ウールとリネンを織り交ぜた独特の生地。
太番手のウールによる粗野感とリネンの重厚感が、既に何年も着込まれたヴィンテージの洋服かのような雰囲気です。

_DSC7862

ふわっとした柔らかな素材感は、ドレープ感のある綺麗なこの形と非常に相性が良いです。
ニットのような生地なので、ジャケットというよりはカーディガンのように気軽に着れるモノになっています。

_DSC7871

襟を立てる事でスタンドカラーのジャケットに。
この形が個人的には1番好みです。

_DSC7887

勿論、通常のジャケットの様にも着れます。
ボタンの留める位置で様々な着方が出来るので、タイドアップやスカーフを巻いたりとコーディネートの幅が広がりそうです。

_DSC7903

ヨーロッパのヴィンテージアイテムとの相性は言うまでもありません。
【KLASICA】らしい綺麗なシルエットと素材感が故に、やり過ぎていないバランスの良いスタイルが生まれると思います。

コートの様にも着れる、少しゆったりとしたシルエットがこのジャケットの魅力であり、僕自身1番に気に入っている部分です。

_DSC7877Hat  JAMES LOCK
Knit  JOHN SMEDLEY
Bottoms  BONCOURA
Shoes  trippen

ヴィンテージのジャケットを着るとなると、合わせによっては少しコスプレっぽくなって合わせるのが難しかったりします。

クラシックなデザインにファーカスしながらも、どこか新鮮でいて上品な佇まいがあるこのジャケットだからこそ、雰囲気のあるヴィンテージアイテムやミリタリーモノに自然と落とし込めるような気がします。

フランス軍のM-47やLEVI’Sのジーンズなど…そんな定番のアイテムにこそハマる1着です。

ACRH  宅見