Blog from ArchStyle » 2015 » October|archstyle|Arch アーチ

French Vintage

2015.10.16 Friday 22:00:48| Author:admin| Categories:News!!,Vintage

先日のフランス買い付け第1便が入荷しました。

定番的なモールスキンのジャケットとパンツもインクブルー・ブラックと種類豊富に揃いました。

ここ近年、ヨーロッパ市場でも枯渇状態になりつつあるハンティングジャケット。
こちらも数枚ですが状態の良い物が見つかっています。

元々貴族階級のスポーツアイテムとあって、仕立ての良さが特徴の1つですが…長くなりそうなので詳細は店頭にてお話します笑
何と言っても動物ボタンの雰囲気と素材感が魅力的です。

_DSC8468

_DSC8452 2
_DSC8443

_DSC8482

_DSC8455

_DSC8491

_DSC8442

フランス軍のM-47パンツの前期型が数本ですが入荷です。
今でこそ珍しい前期型は、サイズの合う方には非常にお勧めの1本。

フランス買い付けですが、40年代のアメリカ海軍のヴィンテージも少量ですが見つかりました。
当時のノルマンディー上陸作戦が関係している事が良く分かるようなアイテムですね。
写真を見てピンときてる方も多いと思います。

ヴィンテージも豊富に揃っておりますが、秋冬のヘビーアウターも続々と入荷しています。

そちらも合わせて店頭にてご覧になってみて下さい。

ARCH  宅見

yarmo / Drivers Jacket

2015.10.15 Thursday 18:51:19| Author:admin| Categories:Yarmo

【yarmo】より定番のドライバーズジャケットが入荷しました。

程良い肉感のウールジャケットは、1枚でもサマになるのは勿論、インナーとしても重宝します。
この時期から秋冬にかけ、間違いなく必要になってくるのがこの手アイテムではないでしょうか。

_DSC8349Color  NAVY
Size 38/ 40/ 42
Price ¥29,000+tax

肌触りの良いブリティッシュウールを使用した1着は、ワークジャケットとは思えない程良い雰囲気です。

今回使用している生地は、イギリスの生地メーカー”THOMAS BOYD&SON”。
生産と素材も含め”MADE IN ENGLAND”という点も見逃せない所です。

_DSC8375

総裏地の仕様は、ワークジャケットにはあまり見られない気の利いたディテールだと思います。
サラッとしたウール生地なので、カーディガン感覚で着れるのも特徴です。

_DSC8357

何て事のないシンプルなネイビーのジャケット程、使い勝手の良いアイテムはありません。
それが信頼の置けるメーカーとあれば尚の事だと思います。

コストパフォーマンスの高さもこのドライバーズジャケットの魅力の1つです。

_DSC8380

バルカマンコートやオイルドジャケットなどのインナーとしもごわつかずに着れてしまえます。
ジャケットのインナーには、JOHN SMEDLEY のニットやジャギードックセーターがお勧めです。

_DSC8363

ワークジャケットだからこそ、タイドアップのスタイルも肩肘張らずに着れてしまえると思います。

yarmoからはジャケットに加えニット類も種類豊富に入荷しています。
こちらも合わせてご覧になってみて下さい。

_DSC8425

ARCH  宅見

MaTeS / CARMEL ARCH

2015.10.13 Tuesday 22:22:28| Author:admin| Categories:Exclusive,MaTeS

Archでの取り扱いブランドの中でも徐々に認知度が上がっている【MaTeS(マテス)】。
この秋待望の別注による1足が入荷しました。

_DSC0066
今回別注を依頼したのは日本国内では未展開の[CARMEL]と言うモデル。
従来のデザインから、ラインとヒール部分、シューレース、ライニングを仕様変更してもらった1足です。

_DSC0062Color TABAC
Size 40 / 41 / 42 / 43 / 44 / 45
Price ¥28,000-+tax

_DSC0068
オールスエードのワントーンカラーは理想としていた1足、非常に渋い仕上がりになりました。

ボディに合わせてシューレースも同様のカラーになっています。
実はこのシューレース、ややボテっとしたボリュームのあるものなんですが、これもまた全体の雰囲気にマッチしていると思います。

_DSC0070
ライニングにはペッカリーレザーが用いられています。
従来は、よりスニーカーらしいナイロン素材が用いられていますが、レザーとなるとまた違った印象です。

もちろん足馴染みが良く、着用がクセになります。
この感覚こそ【MaTeS】の魅力の1つではないでしょうか?

_DSC0084
アウトソールを見ての通り、木型が細い設計はクラシックな作りのまま。
くるぶしの下辺り、踵にかけての鋭角なステッチ然り、ヴィンテージスニーカーに見られるディテールを垣間見る事が出来るのは、この【MaTeS】が未だに数名の職人によってハンドメイドで製作されている証です。

_DSC0072
実は先日のブログ内で着用しておりましたが、今時期ならば、ツイードパンツやコーデュロイパンツとの相性が良さそうです。

_DSC7939

当然、履き心地・履き馴染みが良いスニーカーである事は、言うまでもありません。

今回の別注に限らず、個人的にとてもオススメのスニーカーメーカーです。

Arch 吉田

SCYE / Taffeta Coat

2015.10.10 Saturday 23:23:01| Author:admin| Categories:SCYE

昨日アナウンスしていました、今季新たに取り扱いが始まった【SCYE】。

本日は、定番の”タフタ”コートを、僕たちのフィルターを通したスタイリングと共に紹介したいと思います。

_DSC8179

既に何年も着込まれたかのような雰囲気は、この”タフタ”の生地ならでは。

ナイロンとポリエステルを高密度に織り上げて生まれるこの生地は、少しの上品さとシワ感が相まって独特の表情を見せます。

_DSC8102Color  BEIGE
Size 36(S)/ 38 (M)/ 40(L)
Price ¥69,000+tax

僕自身、着てみて1番印象を受けたのがやはりシルエットの良さです。

既製服とは思えない程のパターンメイクとストレスの無い気心地は、見るよりも着る事でより実感する事が出来ました。

_DSC8106

裾にかけて程よくボリューム感が出るシルエットは嫌味がなく、この”タフタ”の生地と相性が抜群です。

_DSC8111

ラグランスリーブによる袖付けも見逃せないディテールではないでしょうか。
オーバーコートに見られるディテールも袖周りを少し絞る事で、野暮ったさを軽減しています。

_DSC8118

厚手のニットでも楽に着れてしまうので、今時期には丁度良いアウターになると思います。
この生地ならば春先にも活躍する事は間違いありません。

_DSC8099KNIT  Jamieson’s
BOTTOMS  BONCOURA
SHOES  MATES

ローゲージのタートルネックにジーンズとラフな装いに、コートの色と合わせてスエードのスニーカーなんかがこの時期に丁度良いと思います。

続いては、個人的にもお気に入りのカラーである、ネイビーを用いた1枚。

_DSC8174Color NAVY
Size 36(S)/ 38(M)/ 40(L)
Price  ¥69,000+tax

この生地の持つツヤ感とネイビーの色味が相まって上品な印象にも映ります。

オンオフ問わずに使える万能な色味であるのは勿論、軽い生地ですので、出張や旅行等の持ち運びにも便利だと思います。

_DSC8154SCARF Dreak’s
KNIT  JOHN SMEDLEY
BOTTOMS  FRENCH ARMY M-47 PNATS
SHOES  Paraboot

_DSC0587 SHIRT  KENNETH FIELD
KNIT JOHN SMEDLEY
BOTTOMS LEVI’S

フランス軍のM-47パンツにPARABOOTと定番のスタイルも、どこか新鮮に映るこの”タフタ”コート。
今までありそうで無かった【SCYE】のアイテムは、これからどうやって自分達のスタイルに落とし込んでいくかが楽しみな洋服ばかりです。

他のアイテムの詳細は、後日ブログにて紹介しますので、そちらも楽しみにしていて下さい。

ARCH  宅見

SCYE

2015.10.9 Friday 23:21:38| Author:admin| Categories:SCYE

Archに2階のフロアが出来て早いもので半年が経とうとしています。

それに伴い新たに取り扱いの始まったブランドが、この秋から続々と店頭に並んでおりますが、本日ご紹介するブランドは、1度は耳にした事があるかも知れません。

scyepage_1

イギリスの伝統的なテーラリング式の洋服、特に機能的なカッティングや構造に着目した服作りをベースとした”SCYE”。

古い裁断書やヴィンテージの洋服の内部構造を研究したアナトミカルな洋服作りこそSCYEの真骨頂とも言えます。

ブランド名の”SCYE”とはテーラー用語で袖ぐり・鎌の意から由来しているモノです。

_DSC8147

知ってはいても、目にしたり実際に着たりした事の無い洋服と言うのは、情報が先入して先入観があるかも知れません。
恥ずかしながら、洋服やの僕自身でもそんな事があったりします…苦笑。

良い意味で名前の通ったブランドですが、その魅力を感じる事が出来るのは、やはり実際に袖に通した時に”感じるもの”が強い気がします。
綺麗なシルエットやラインを生み出しているカッティング技術と、オリジナルで製作している生地・素材が、最大の魅力です。

それでいて各々のスタイルに溶け込むベーシックなデザインは、前述の通り、パターンや素材使いによる所が大きいと思います。
Archのフィルターを通して自分達のスタイルに落とし込んだ時に見えるスタイリングも、以前から在った様でいて、どこか新鮮な感覚です。

明日のブログでは、展開アイテムの詳細とともにスタイリングをご紹介致します。
是非、楽しみにしていて下さい。
そして、実際に手に取り袖を通してお試し頂きたいブランドです。

ARCH  宅見

S.E.H KELLY / Inner Hebrides Three-Sheep Tweed

2015.10.7 Wednesday 23:05:21| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

【S.E.H KELLY(エス・イー・エイチ・ケリー)】のウールトラウザーズは、個人的に今季一押しのアイテムの1つ。
このブランドらしい素材に特徴のある1本に仕上っています。

[PROPER TROUSERS]
_DSC0045Color MANX
Material INNER HEBRIDES THREE-SHEEP TWEED
Size XS / S / M
Price ¥88,000-+tax

季節を問わず様々な素材でリリースされてきた[PROPER TROUSERS]。

“トラウザーズ”と言う様に、細からず太からずなシルエットは秀逸です。

_DSC0052
一見変哲もない印象ですが、ウエストのディテールが特徴的。
ベルトループが付かず、アジャスターのみでサイズ調整する仕様になっています。
心なしかウエスト周りのフィット感が良いのは、パターンによる所が大きいと思います。

_DSC0061
何より肝心なのは、このトラウザーズに用いられている素材。
冒頭でもお話した通り、他では見る事のないツイード素材が用いられています。

woollen-mill-inner-hebrides-scotland-1
スコットランドの北西にあるインナーヘブリディーズ諸島。

この場所では、オーガニックな敷地内で独自に羊を育て、そこで毛刈りをした素材のみが使用されています。
それ故、無染色である事が大きな特徴の1つ。

さらには、生地に織り上げるまでを一貫して行っていると言うから驚きです(笑)。

woollen-mill-inner-hebrides-scotland-11m
woollen-mill-inner-hebrides-scotland-12s
無染色=糸の濃淡が慎重に種類分けされているのですが、実は人間と同じ様に、羊も年を取ると毛色がグレーになってゆくそうです。

woollen-mill-inner-hebrides-scotland-4s
ブラック(正確にはダークブラウン)の毛と2種類グレーの毛をミックスしたウールが、まさに今回用いられている”スリーシープツイード”

この雰囲気はかなり独特なものがあるのでは?

_DSC0055
『一生物』と言う言葉はあまり気軽に使いたくないのですが、この様なツイード素材のアイテムだからこそ、これから先が楽しみであり、これからの季節だからこそ、非常に頼もしい存在である事は間違いありません!

この手のトラウザーズがお好きな方には、是非1度お試し頂きたいクオリティです。

Arch 吉田

KLASICA “WYATT &VRAON”

2015.10.5 Monday 22:44:05| Author:admin| Categories:KLASICA

先日紹介しました、別注で製作した”NORTON”
それと同素材によるアイテムを紹介します。

今春に初めてリリースされたボトムス【WYATT】は、店頭に出る前に完売してしまったアイテムでもあります。

そういった意味もあり、僕自身も非常に入荷を楽しみにしてました。
既に愛用しているのは言うまでもありませんか…苦笑

_DSC7855

現在の既製服ではあまり目にする事が少なくなった”テーパード”が全く効いていないボトムス。
ズドンとしたパイムドステムのようなシルエットは、ヴィンテージのワークウェアーを彷彿とさせます。

【WYATT】
_DSC7883Color  GREY MIX
Size  2 / 3 /4
Price  ¥29,500+tax

なんといってもこの潔い太目のシルエットが最大の魅力だと思います。
自分のワードローブにミリタリーパンツが欠かせないなんて方には、特にお勧め出来る1本です。

_DSC7869

僕も既にジャケットを愛用しておりますが、ウールリネンの生地は、着込む事でより馴染み良い雰囲気になってきます。

_DSC7874

トラウザーズに良く見られるベルトのディテールを組み込んでいるのもこの【WYATT】の特徴の1つ。

クラシックなディテールやシルエットを踏襲したこの1本は、ヨーロッパヴィンテージを原点としてきたKLASICAらしいデザインです。

_DSC8101COAT / SCYE BASICS
VEST / FRANK LEDER
SHOES / ALDEN

ジャストレングスの丈を活かしたブーツとの合わせもお勧めのスタイルです。

実は、裾の長さは調整出来るようになっています。
短めのレングスに抵抗がある方でも、調整してしまえば問題なくフルレングスのボトムスとして履く事が可能です。

【VRAON】
_DSC7857Color  GREY MIX
Size 2 / 3
Price ¥31,000+tax

同素材を用いたベストは、幅広いスタイルを可能にする頼もしい1着。

一見シンプルな見た目ながらも、中綿の入った生地はインナーベストとして保温性に優れています。
程良い肉感なのでゴワつかずに着れるのも嬉しいディテールです。

_DSC7870

この手のベストにはあまり見られないレザーベルトのディテールも、この粗いツイードの様な生地感だからこそ相性が良いです。
嫌味のないさり気無いデザインもまたKLASICAの魅力だと思います。

_DSC8071

僕らの定番スタイルである、JOHN SMEDLEYのクルーネックのセーターにフランス軍のM-47パンツ。
そんなシンプルな装いにこそハマるベストです。

今の時期ですとインナーとしては勿論、ローゲージのニットの上にジャケット代わりとしても一役買うはずです。

別注のジャケット”NORTON”を含めた3ピースも試してみて欲しいスタイルの1つです。

ARCH  宅見

KENNETH FIELD / Trench Coat

2015.10.2 Friday 23:59:07| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD,MOJITO,News!!

連日お伝えしてまいりましたイベント、<<MOJITO×KENNETH FIELD Vol.6>>は本日より開催しております。

これまでご紹介してきた【MOJITO(モヒート)】同様に、今季は【KENNETH FIELD(ケネス・フィールド)】のアウターも充実しています。

中でも特にオススメなのが『トレンチコート』です。

[TRENCH SHORT]
_DSC7978Color BLACK
Size S / M / L / XL
Price ¥110,000-+tax

今春【KENNETH FIELD】のラインナップに加わったトレンチコートの秋冬仕様。
素材には、ウールサージが用いられています。

何よりもジャケットの上から羽織る事の出来る仕様が魅力の1着です。
湾曲したアームと、(ジャケットの)着丈をカバー出来るだけの絶妙な長さは実用性に富んでいます。

_DSC7983

貫通式のポケット然り、一見デザインが含まれている様で、基本に忠実な部分をしっかり押させた作りになっています。

_DSC7988
実用性を考慮したフードの作り(大きさ)や深めに取られた背中のダーツは、機能性はもちろんの事、見た目にも魅力的なディテール。

フードに関しては取り外しが出来るので、着こなしにより変化が付けられます。

_DSC8079
ベルトやチンストラップなど、装備しているディテールには全て意味があります。
それらを活用すれば、さらに着こなしの幅が広がるはずです。

L1009053
L10090332015AWルックブックより

[TRENCH LONG]
_DSC8038 (1)Color NAVY
Size S / M / L
Price ¥120,000-+tax

ロング丈のトレンチコートは、まさに正統派な1着。
素材はショート丈同様にウールサージを用いています。
決してドレッシーには納まらない無骨さが魅力的です。

_DSC8029
今秋冬はライニング(別売り・¥16,000-+tax)が新たに登場しました。
汎用性が高まる嬉しいオプションです。

やはりジャケットの上からでも無理なく着用出来る点は理に適っています。
ビジネスシーンでも着用も全く問題ありません。

_DSC8027
もちろんカジュアル使いがNGと言う訳ではないので、タートルネックのニットやGジャンだったり、様々なレイヤリングを楽しめるんじゃないでしょうか?

“コレ”が出来るコートって、特にトレンチコートの類では無い様な気がします…個人的にとても待ち望んでいた1着です(笑)。

_DSC8048

L10091832015AWルックブックより

隣接するアナトミカ札幌でのイベントも合わせて、この週末は内容盛り沢山です。
是非、お誘い合わせの上ご来店下さい!
Arch 吉田