Blog from ArchStyle » 2015 » December|archstyle|Arch アーチ

KENNETH FIELD / GLEN PLAIDS

2015.12.14 Monday 23:18:37| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD

入荷の遅れていた【KENNETH FIELD(ケネス・フィールド)】の50′s Sports Coat(ジャケット)と、Trim Trouser(トラウザーズ)が入荷しました。

_DSC0577
グレンチェック柄のフランネル素材は、定番のフランネルやツイード素材同様に、英・FOX BROTHERS社によるものです。

[ 50's SPORTS COAT]_DSC0542Color GREY
Size 36 / 38 / 40 / 42
Price ¥83,000-+tax

チャコールグレーに近い、深めのグレーが特徴です。
グレンチェック=柄物と言う点で抵抗を感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、前述の通り、全体的に落ち着いた印象だと思います。

3つボタンの2段返り(=第一ボタンも留められる仕様)と50年代ベースの3パッチポケット。

このデザイン(アメリカン)を、イギリスの生地にて、型は日本人の体型に合わせて仕立てられた1着は、僕自身、とても信頼を寄せているジャケットの1つです。

_DSC0567
トラディショナルな部分、基礎的な部分をしっかり押さえた上で、嫌味なく現代風にアップデートしているのが【KENNETH FIELD】らしさでもあると思います。

例えばタートルネックのニットや軍パンとのコーディネートなんかも良いのでは?
但し、軍パンにはセンタークリースを(笑)。

[Trim Trouser]
_DSC0561Color GREY
Size 31 / 33 / 35 / 37
Price ¥32,000-+tax

今や僕らのワードローブには欠かせないアイテムの1つ、細からず太からず、とてもバランスの良いトラウザーズです。

もちろんジャケットとのセットアップ可ですが、単品での汎用性は言うまでもありません。
その汎用性もまた、【KENNETH FIELD】の魅力です。

Arch 吉田

Christmas Gifts Vol.1

2015.12.12 Saturday 17:46:50| Author:admin| Categories:Goods,KENNETH FIELD,Style

_DSC0320

ギフトシーズンの12月、プレゼントに何を贈るか悩まれている方も多いのでは?

個人的にオススメしたいアイテムの1つが【KENNETH FIELD(ケネス・フィールド)】のネクタイです。

_DSC0555 Price ¥12,800-〜13,800-+tax

【KENNETH FIELD】のネクタイは、今や定番アイテムとして認知されているかと思います。

一見、不思議なディテールのネクタイですが、この1本で様々なバリエーションが楽しめるようになっています。

_DSC0333
何と言っても目を引くのが、4面ないしは2面全ての柄が違う点

見せる面や結び方を工夫する事で、バリエーション豊かに見せる事が出来るアイテムです。

_DSC0520
定番的なシルク素材のタイに限らず、今の時期ならばニットタイもおすすめです。

_DSC0537
_DSC0524
ノット(結び目)にボリュームが出るので、厚手のジャケットやワイドスプレッドカラーのシャツと合わせた時にとてもバランスが良いです。

トラディショナルな柄も程良くポップな柄も、【KENNETH FIELD】のフィルターを通してニットタイで表現されると嫌味がありません。

_DSC0559Price ¥13,800-+tax

ネクタイの起源も諸説ありますが、“クロアチア兵の妻や恋人が、彼らが無事帰還する事を祈って首に巻いたスカーフ”が、ネクタイの始まり…と聞いた事があります。

そんなストーリーも含めて、女性から男性に贈るプレゼントとしては凄く素敵なんじゃないかな?と、僕は思います(笑)。

Arch 吉田

MARIA RUDMAN

2015.12.10 Thursday 08:00:14| Author:admin| Categories:MARIA RUDMAN

待望のMARIA RUDMANのアクセサリーが少量ですが入荷しました。

この時期、プレゼントなんかにもお勧め出来るアイテムです。

_DSC0353

北スカンジナビア・ラップランドの先住民族・サーミ族が作るアクセサリーは、彼らの生活に欠かせないトナカイのレザーとピューターと呼ばれる銀糸を織り込んだ伝統工芸品です。

デザインでは無い、意味が込められた柄・模様はその伝統を感じる唯一無二な1本。
全てが手作業であるが故のクラフト感もまた味であり、そういった部分に惹かれ僕らも気に入って愛用しております。

先ずは、フェルトとピューターのデザインが特徴的な1本から。

【SAMI-M】
_DSC0337Color GREY / BLACK
Price ¥72,000+tax

_DSC0369

続いては、現在製作されていないMARIA RUDMANから特別に譲って頂いたコインケース。
サーミ族の伝統的な柄が大きく施されたアイテムは、何よりも経年変化が楽しみです。

 【CHANGE PURSE】
_DSC0324Color NATURAL
Price ¥42,000+tax

_DSC0322
【CHANGE PURSE】
_DSC0332Color BROWN / BLACK
Price ¥42,000+tax

_DSC0334

 MARIA RUDMAN本人が愛用しているコインケースは、良い雰囲気になっています。

DSC07401-400x265”MARIA RUDMAN私物”

使い込んでいく事でよりが味が出てくるのも魅力の1つです。
レインディアは色が濃くなり、ピューターは潰れて光沢感が増していきます。

【LOUIS】
_DSC0338Material SILVER 925
Price ¥90,000+tax

シルバー925を使用した新型のチェーンブレスレット。
細かく繋ぎ合わせたチェーンと留め具のディテールが特徴的な1本です。

_DSC0347
_DSC0359

お持ちのアクセサリーなんかと重ね付けしても良さそうなシンプルな佇まい。
個人的にもお勧めのアイテムです。

今週末、プレゼントでレディースを見たいという要望を多く頂いていた事もあり、期間限定で《MARIA RUDMAN FAIR MENS&LADIES》をARCHにて開催します。

c0102137_22143593《MARIA RUDMAN FAIR MENS&LADIES 》
2015, 12/11  ~  12/13
Place  ARCH PREMIER ETAGE

普段ARCHでは展開していないレディースモデル・サイズを期間中のみ展開します。
実は、メンズと同一のモデルもあったりします。

入荷したばかりのラインナップに加えて、種類豊富に揃ったレディースのモデルは見応え十分です。

自分用にはもちろんの事、プレゼントとしても選んで頂ける良い機会だと思います。
サイズやデザインに関しては、お気軽にご相談下さい!

ARCH  宅見

Ce Forsyth / Shaggy Crew Pullover

2015.12.8 Tuesday 21:29:40| Author:admin| Categories:Ce Forsyth

_DSC0306
この季節、自分達のワードローブには絶対に欠かす事が出来ない『ニット』。

こと『ニット』に関しては様々なラインナップが揃っていますが、定番的なアイテムとはまた別で、今シーズン新たに取り扱っている【Ce Forsyth(シーフォーサイス)】のシャギードッグセーターは、非常に評判の良い1枚です。

_DSC0364Color NEW NAVY
Size 36 / 38 / 40 / 42
Price ¥25,800-+tax

『シャギードッグ(=ムク毛の犬)』と呼ばれる”起毛”が特徴のシャギードッグセーター。

アザミの葉のトゲでニットの表面を毛羽立たせる事で、保温性が高まる…と言う、何ともアナログな手法が用いられています。

_DSC0308
とにかく軽くて暖かいので、スウェット感覚で気軽にストレスなく着れるのが特徴だと思います。

_DSC0371
インナーにサーマルを挟めば、それだけで十分かも知れません(笑)。

_DSC0380
気兼ねなく着れる分、個人的にはスカーフをアクセントに使うのがオススメです。
ちなみに今回撮影で使用したのは、スイス製のデッドストック・スカーフです。

_DSC0340Color Oxford
Size 36 / 38 / 40 / 42
Price ¥25,800-+tax

本格的なニットの定義は難しいですが、”ハンドフレーム”という点も見逃せません。

胴体部分と胴体から腕にかけての縫い目がない仕様は、見た目には殆ど分からないと思います。
着心地の良さは言うまでもなく、手間が掛かっていて贅沢な仕様です。

_DSC0348
カジュアルな印象が強いニットだからこそ、インナーのシャツ合わせや、トラウザーズとの組み合わせでギャップを出しても良いと思います。

先日ご紹介させて頂いた【Jamieson’s】然り、今シーズンは”ハンドフレーム”ニットで、今までとは違う冬を過ごしてみるのも良いのでは?

Arch 吉田

S.E.H KELLY / Summerset Flannel Fox Coat

2015.12.6 Sunday 15:17:10| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

_DSC0367
今シーズンの【S.E.H KELLY(エス・イー・エイチ・ケリー)】は、例年以上に”アウター”の要素が強いアイテムが揃っている気がします。

中でも今回ご紹介するダッフルコートは、これから本格的な冬を迎えるにあたって頼もしい存在になるはずです。

_DSC0404Color SAND
Material FOX FLANNEL
Size XS / S / M
Price ¥168,000-+tax

ダッフルコートの起源は諸説ありますが、イギリス軍支給の後に民間へと普及した経緯や、様々な英国産(メーカー)のイメージが強いと思います。

そう言った背景を踏まえると、これまで【S.E.H KELLY】のラインナップに無かったのが不思議なくらいのアイテムかも知れません(笑)。

_DSC0373

トラディショナルな部分を踏襲しつつも、ブランドのアイデンティティーを嫌味なく取り込んでいるのが【S.E.H KELLY】の特徴の1つ。

麻縄に対して”ホーン”トグルの組み合わせが新鮮(本来は木製トグルが一般的)なんですが、よく見るとホーンが樽型(木製のトグルは樽型)になっています。

もちろんこれは、1から削り出して製作されたオリジナルパーツです。

_DSC0380

単にデザイン面のみ特徴がある訳ではありません。
気の利いたさり気ないディテールもまた【S.E.H KELLY】の魅力。

いわゆる『ダッフルコート』の構造とは一線を画した肩周りやフード部分。
『ざっくり』とした見た目以上に、着易さといった機能性に優れています。

_DSC0384

英・FOX BROTHERS社のフランネル素材を用いるあたりも抜かりありません。
自国生産に拘る【S.E.H KELLY】らしさであり、強みと言えるんじゃないでしょうか?

このFOX BROTHERS社のフランネル素材と言えば、アーチでは【KENNETH FIELD(ケネス・フィールド)】のアイテムで用いられている事でもお馴染みかと思いますが、いかに高い信頼を寄せられているかが分かる老舗・生地メーカーです。

_DSC0382

一見、重厚なイメージの『ダッフルコート』ですが、『ずっしり』とした感じもありません。
【S.E.H KELLY】のフィルターを通して素材・パターン・ディテール面において、非常にバランスの取れたものに仕上っていると思います。

Arch 吉田

Jamieson’s / HAND FLAME 3PLY POLO

2015.12.4 Friday 12:24:07| Author:admin| Categories:Jamieson's

今シーズンおすすめのニットの1つ、【Jamieson’s(ジャミーソンズ)】のハンドフレーム・3プライ・ポロ(タートルネック)が入荷しました。

_DSC0236
【Jamieson’s】と聞くと、フェアアイルニットを思い浮かべる方が多いのでは?

実のところ、シェットランド島で唯一、100%ピュア・リアル・シェットランドウールの紡績出来る工場であり、先代から数えて1世紀以上続くメーカーである事は、あまり多くは知られていないかもしれません。

保温性に優れ、弾力性があって柔らかな仕上がりはリアルシェットランド特有のものであり、古くから価値のあるものとして扱われてきました。

_DSC0227
そんなリアルシェットランドを贅沢に3PLY=3本の糸を1つに撚り合わせる事で、しっかりとした着心地に仕上ったスペシャルな1着です。

_DSC0272Color Natural White
Size 38 / 40 / 42
Price ¥53,000-+tax

ご覧の通り、ボリュームがあって存在感のあるニットです。
もちろん保温性に関しては申し分ありません。

_DSC0279
先日ご紹介したM1948パーカとの相性も抜群だと思います。
ニットで防寒+アウターで防風雨=アウターとしての機能は、僕らが提案し続けるコーディネートの1つ。
理に適ったアイテムの使い方が出来るはずです。

_DSC0260Color SHAELA
Size 38 / 40 / 42
Price ¥53,000-+tax

より原毛らしさを感じる土臭いカラーも本格的で、非常に魅力を感じます。

_DSC0266
スタッフ宅見のおすすめは、【FRANK LEDER(フランク・リーダー)】のジャーマンレザーとのコーディネート。

それぞれ単体で冬を過ごすには物足りないですが、こう言った組み合わせで1つのアウターを完成させるのも良いのでは?

Arch 吉田

FRANK LEDER “WAX COTTON”

2015.12.2 Wednesday 22:17:10| Author:admin| Categories:FRANK LEDER

FRANK LEDERより今秋冬の第2デリバリーとなるアイテムが入荷しました。

前回入荷時にとても好評でした、”WAX COTTON”を用いたジャケットとフーディーコートを紹介します。
僕自身、春から愛用しているジャケットでもあり、ジャーマンレザー同様に気に入っている素材の1つです。

【BLUE WAX COTTON 2B JACKET】
_DSC0195 SIZE   S / M
PRICE ¥88,000+tax

名前の通りワックスを染み込ませたコットン生地は、バリッとしたとても固い素材です。
ワックスといってもベタベタする感覚は無く、蝋引きの様な生地感に近いかもしれません。

初めは着用するのが億劫になるようなモノですが…笑
ファッションには不向きな生地を落とし込むのがFRANK LEDERの醍醐味。

自分だけのシワやあたりが出始め、身体に馴染んでくる感覚こそこのジャケット最大の魅力です。

_DSC0219約9ヶ月着用

_DSC0220
_DSC0224

_DSC0237左 新品 / 右着用後

少しづつですが、ワックスが抜けてシワの部分やポケット部分の色が抜けてきています。
自分にとっては作業着感覚で適当に着れる頼もしいジャケットです。

_DSC0267

_DSC0302 CAP LAURELE
KNIT JOHN SMEDLEY
BOTTOM FRENCH ARMY
SHOES US NAVY

定番の形である【2B JACKET】は、着方によっては様々な場面で活躍します。
タイドアップで小綺麗なスタイルにも、ミリタリーアイテム等と合わせてカジュアルにと幅広いスタイルが可能です。

そんな使い勝手の良さと素材の経年変化の楽しみとを兼ね備えた1着は、僕にとって欠かせないジャケットになっています。

【BLUE WAX COTTON HOODY COAT】
_DSC0199 SIZE  M
PRICE  ¥138,000+tax

続いては、前回入荷時に店頭に出る事なく完売してしまった、【BLUE WAX COTTON HOODY COAT】。

【2B JACEKT】と同じくワックス加工を施したコートは、ヨーロッパの船乗りが着ていた物を彷彿とさせるデザインが特徴的です。

_DSC0288
アシンメトリーになっている前たてと大きめに付けられたフードの仕様は、理にかなった機能的なディテールです。
フードのボリューム感と素材のゴツさに反して、身幅やアームの造りはやや細めの設計になっています。

無骨なイメージの強いアイテムですが、こういった部分でバランスを取っているのもまたFRANK LEDERならではだと思います。

_DSC0295

_DSC0292

裏地の配色のデザインやヴィンテージボタンに至るまで、拘り尽くされたディテールも男心を擽られる部分ではないでしょうか。

_DSC0283

勿論、ジーンズや軍パンとの相性も抜群ですが、少し野暮ったい雰囲気のあるコートなので、上品なアイテムとの合わせもお勧めです。

FRANK LEDERの新作アイテムは、また後日ご紹介したいと思いますのでそちらも楽しみにしていて下さい。

ARCH  宅見