Blog from ArchStyle » 2016 » January|archstyle|Arch アーチ

BONCOURA / CHINO Gジャン “Z”

2016.01.30 Saturday 23:05:28| Author:admin| Categories:BONCOURA

_DSC1916
【BONCOURA(ボンクラ)】のチノ素材を用いたGジャンがリリースされました。

チノ素材を用いている点は勿論の事、ひとえに『Gジャン』と言っても、これまでリリースされてきたコールテン素材、デニム素材の『Gジャン』とは異なる新型です。

_DSC1901Color BEIGE
Size 36 / 38 / 40 / 42
Price ¥50,000-+tax
BONCOURA 5th Anniversary Limited Item

オリジナルのデニム素材同様に、原綿の選定から力織機で生地を織り上げるまで全てがオリジナルとなる【BONCOURA】のチノ素材。

特有のハリとコシ、身体に馴染む様な感覚は、やはり唯一無二だと思います。

_DSC1912
チノ素材に加えて、フロントジッパータイプと言う点も新鮮に感じるかも知れません。

このジッパーは程よい重厚感がありながら、なめらかな滑りの良さが魅力です。
これもまた【BONCOURA】の拘りが詰まったオリジナルパーツ。

_DSC1909
肩から背中にかけてのアクションプリーツは、見えない部分も抜かりがありません。
見た目以上に手の込んだディテールに、このアイテムに対する思い入れの様なものを、いつも以上に感じるのは僕だけでしょうか?

_DSC1914

非常に分かりづらい部分なんですが、個人的には襟裏のステッチがグッときました(笑)。

_DSC1911
ちなみに、”Z”とネーミングされたこの『Gジャン』…
奇しくも先日ご紹介したジーンズの新型・”Z”と合わせて、昨日29日より全国一斉発売となったアイテムで、【BONCOURA】のブランド創設5周年を記念した限定アイテムとなります。

そちらの話題が先行しがちではありますが、実際に見て、着てみて、とても納得のゆく1着だと思います。

Arch 吉田

EUROPE VINTAGE FAIR

2016.01.29 Friday 22:39:23| Author:admin| Categories:News!!,Vintage

いよいよ明日から《EUROPE VINTAGE FAIR》を開催します。

_DSC1905《EUROPE VINTAGE FAIR 》
1/30 (SAT),1/31 (SAN) ,2/1(MON)
@ ARCH PREMIER ETAGE

先日の買付日記でもご報告していた通り、ロンドン、パリで見つけた良質なヴィンテージを2Fのスペース全てを使って並べます。

ロンドンでは、イギリスミリタリーの非常に珍しいアイテムから、ARCHでは定番のBurberry’s、GRENFELLのステンカラーコートやトレンチコートを多く取り揃える事が出来ました。
中でもここ最近目にする事の少なかった、Aquascutumのコートも見つかっています。

_DSC1899
_DSC1893 (1)
_DSC1896
_DSC1894
_DSC1902
イギリス物のネクタイやスカーフも種類豊富に揃っています。

フランス便は明日店頭に到着する予定ですので、検品が終わり次第、随時店頭に並べていきます。

ロンドン、パリでの新たな出会いやヴィンテージのお話を店頭にて皆様と出来ればと思っております。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH 宅見

BONCOURA “Z”

2016.01.28 Thursday 23:48:51| Author:admin| Categories:BONCOURA

【BONCOURA(ボンクラ)】の真骨頂とも言えるオリジナルデニム。

これまでの定番4型(XX、66、66 Off White、CHINCH BACK)に 加えて、新たなモデルが加わりました。

_DSC1911
その名も”Z”モデルは、ボンクラのジーンズでは初となるジッパーフライによる1本です。

_DSC1901Color INDIGO
Size 26〜34inch,36,38inch
Price 26〜34inch ¥28,000-+tax
36,38inch ¥30,000-+tax

テーパードの効いたシルエットが特徴的な”Z”モデル。
ジーンズ好きの方ならば、ジッパーフライのディテールからも想像出来るかも知れません。

_DSC0625 2
これまでの【BONCOURA】デニムの中でも1番すっきりとした印象の1本です。
但し、単純にすっきりとしたシルエットだけが特徴ではありません。

腰回りのフィット感や見え方は、他のモデル同様に落ち着いた印象で安定感があります。

_DSC0628 2
バックポケットはその形状だけではなく、付いている位置も細かく計算されたもの。
こうしたバランス具合もまた、【BONCOURA】デニムの魅力です。

_DSC1915
これまで通り、ベルトループやコインポケットなど、実際に目を凝らさないと分からない部分のディテールも見逃せません。
こう言った細かい部分は、穿いて行く過程で、必ず差の出る部分だと思います。

そして何よりも僕達が【BONCOURA】のデニムを定番として扱う最大の理由は、原料となる綿を選ぶ段階から拘り抜かれたオリジナルデニム素材と100%綿糸による縫製です。

_DSC1917
実はブランド発足当時から5年の歳月を要し、満を持してリリースされるこのモデル。

明日、1月29日(金)、【BONCOURA】がスタートして5周年と言う節目のタイミングで全国一斉発売となります。

本当に愛着の持てるジーンズをお探しの方には、間違い無く自信を持ってオススメ出来る1本こそが【BONCOURA】デニムです。

既に展開されている他のモデルも含めて、全サイズを取り揃えておりますので、是非このタイミングで1度ご覧下さい。

Arch 吉田

ヨーロッパ買付日記 Vol.3

2016.01.26 Tuesday 16:30:52| Author:admin| Categories:News!!,Vintage

先日、ロンドンからPARISにやってきました。
憧れだったパリで、先ず向かった先はANATOMICA PARISです。

12607313_740132539421132_1634017098_n

写真でしか見た事のなかったお店は、言葉では言い表せない様なオーラとコンセプトショップの原点を垣間みる事が出来たと思います。

12583787_740132396087813_96849610_n
ANATOMICA ピエール氏との食事帰りの1コマ。
ALDENのサイズフィッティングをご教授頂きホテルに。

今回の目的は、ヴィンテージの買付とARCHで取り扱っている主なブランドの展示会と新たな出会いを求めフランスへやってきました。

先ずは、昨年の秋冬から取扱いが始まったCASEY CASEYとGUIDI&ROSELLINI。
そしてARCHでもお馴染みのKLASICA 、rdv o globe、NORTH WORKSのパリでの展示会に足を運びました。

_DSC1716

_DSC1746
_DSC1734
_DSC1871
まだ先になりますが、既に次のシーズンが楽しみなラインナップになっています。

2日目の夜は、MARIA RUDMANのアトリエにやってきました。
一度来札されたMARIA にもう一度会って話を聞きたいと思っていた事もあり、ずっと訪れたい憧れの場所でした。

_DSC1814
_DSC1820

_DSC1831

オーダーが終わるとMARIAの友人宅でのパーティーに招いて頂き楽しい一時を過ごしました。
新たな新作も含めブレスレット、リングなど次の入荷を楽しみにしていて下さい。

3日目は、蚤の市を廻った後にとあるバーに入る事に。
そこにはギター1本で演奏し、それを聞きながらお酒を飲み交わす人達で溢れていました。

_DSC1882
_DSC1881
この”LA CHOPE”は、ギタリストであるジャンゴ・ラインハルトが且つて演奏していた場所であり、その壁画が今でも残されていました。
ARCHがオープンした当初、よくフランス買付に来た際に一人でこの場所に訪れていたという山内。
そんな話を聞きながら、買い付けたヴィンテージを片手に演奏を聞き気分が上がらないわけがありません。

1月30日〜2月1日の3日間《EROPE VINTAGE FAIR》と題してロンドン、パリとで仕入れたヴィンテージを一挙に店頭に並べます。
良質なヴィンテージが揃っていますので、楽しみにしていて下さい。

ARCH 宅見

BONCOURA 16SS New Arrival

2016.01.25 Monday 23:11:11| Author:admin| Categories:BONCOURA,News!!

IMG_1321
【rdv o globe(ランデヴー・オー・グローブ)】に続いて、【BONCOURA(ボンクラ)】の新作も入荷しております。

この16年・春夏シーズンは、例年以上に豊富な種類の素材を用いたアイテムがラインナップされている印象を受けます。

また、昨年好評だったアイテムが何点か継続してリリースされていますので、昨年惜しくも買い逃してしまった方には嬉しい所ではないでしょうか?

IMG_1317
個人的にとても愛用している【BONCOURA】のウエスタンシャツ。
今回はサマーコーデュロイを用いてリリースされているのですが、なんと展開カラーは1色”のみ”と言う潔さ。

ただ定番の3素材(デニム、シャンブレー、ホワイトシャンブレー)と並ぶと、よりそれぞれの魅力が引き立っている様な気がするのは僕だけでしょうか?

先日のブログにて少しお伝えしましたが、今週末の金曜日(1月29日〜)には、新型のデニムと【BONCOURA】の5周年・限定アイテムが発売予定です。

全国的に荒れ模様でちょっと気分も憂鬱な日が続きますが、新商品を見て、触って、着てみて、少しでも気分転換になればと思います(笑)。

Arch 吉田

ヨーロッパ買付日記 Vol.2

2016.01.23 Saturday 07:54:51| Author:admin| Categories:JAMES LOCK,News!!,S.E.H KELLY

先日のBlogに引き続き、ロンドンでの買付の日々を書かせて頂きます。

_DSC1718
先ず向かった先は、英国の伝統的なブランドが立ち並ぶエリアに。
CHURCH’SからJOHN LOBB、など一度は目にした事のある憧れのメーカーなどがそこには広がっていました。

今回の買付で数枚見つける事の出来た”TURNBULL&ASSER”にも足を運んでみる事に。
緊迫する店内とスタッフの振る舞い方に、洋服屋の本質を垣間見た気がします。

_DSC1721

次に向かった先は、ARCHでも定番的に扱い続けいている、ハットメーカー”JAMES LOCK”。
僕自身、良く愛用している帽子とあり、今回の買付で特に楽しみにしていた場所です。

_DSC1737

多くの著名人を顧客に持つ”JAMES LOCK”。

店内には、世界各地の著名人達が足を運び帽子を誂えていた写真が残されていました。
変わらない生産背景とスタイルがその伝統を裏付けしていると思います。

今回のオーダーでは春夏、秋冬と様々なモデルをオーダーしていますので、楽しみにしていて下さい。

_DSC1743

最後に、【S.E. H KELLY】のポール氏にもお会いしてきました。
実際に話を聞く中で、彼らの断固として変わらない物作りへと探究心と熱意を感じる事が出来ました。

少し遠い話になりますが、様々な企画を考案中です。
是非とも期待していて下さい。

ARCH  宅見

蚤の市 @genre

2016.01.22 Friday 18:30:33| Author:admin| Categories:News!!

系列店のgenre(ジャンル)にて、『蚤の市』と題したフェアを本日より開催しております。

DSC_2773
genreが得意とするヴィンテージウェアに加えて、ミリタリー&ワークウエアにフォーカスし、アイテムセレクトしております。

日常に取り入れる事で、グッと着こなしの幅が広がるアイテムが揃いました。
『スタイル(ジャンル)のある大人の着こなしには欠かせないアイテムの一つではないでしょうか。』とは、genre・山本談。

女性視点だと敬遠がちな面もあると思いますが、genreのブログでは、具体的なコーディネートで取り入れ方をご紹介しております。

Archのブログでは、よく”土臭い”なんてキーワードが出てくると思いますが、個人的に女性の着こなしにヒントを得る事も多々あって、たまにレディースの店舗のブログを見てみるのも面白いと思います(笑)。

Arch 吉田

DSC7865-400x265

札幌市中央区南2条西1丁目 広和ビル1F
011-233-3027
open 11:00 / close 20:00
web  http://genre-sapporo.com

rdv o globe 16SS

2016.01.21 Thursday 19:15:06| Author:admin| Categories:News!!,rdv o globe

IMG_1227
【rdv o globe(ランデヴー・オー・グローブ)】の新作が早くも入荷しました!

半年前に展示会で確認はしているものの、いざ入荷し、手に取り試着してみて、改めてワクワクするこの感覚は何とも言えません(笑)。

個人的にオススメしたいのは、リネンのリップストップ素材を用いたアイテム。
先ずは是非、店頭にてご覧下さい!

Arch 吉田