Blog from ArchStyle » 2016 » March|archstyle|Arch アーチ

KENNETH FIELD / Trim Trouser

2016.03.30 Wednesday 23:51:05| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD

いわゆる『スラックス』なんて言われる物をお探しの方にオススメの1本と言えば、間違い無く【KENNETH FIELD(ケネス・フィールド)】の『Trim Trouser(トリム・トラウザー)』です。

_DSC0799Color GREY
Material BRITISH WOOL Ⅱ
Size 29 / 31 / 33 / 35 / 37
Price ¥34,000-+tax

程よい腰回りのゆとりに対して、嫌味なく収まる裾口までのシルエットは、とにかく絶妙です。

『スラックス』と言うとややボテっとしたイメージもありますが、まさに『トリム・トラウザー』の名の通り、バランスの取れた1本だと思います。

_DSC0808
裾幅がダブル4.5cmがセオリー通りでしょうか。
この季節はスニーカーに合わせたくなります。

ごく定番的なグレーのサマーウールに見えますが、ややザラつきのある素材を用いているあたりが、さり気なくも印象的。
穿いていて心地良いです。

_DSC0815
スニーカー同様に、トップスはスウェットシャツやGジャンのコーディネートは鉄板です(笑)。

正直なところ、1度試して頂くとリピート率の高い1本である事は間違いありません。
個人的に、(秋冬素材も含め)素材違いで複数本所有している程、信頼の置けるアイテムなんですが、今や定番とされている理由がそこにはあるのかも知れません。

KennethField_mojito-400x169<<MOJITO×KENNETH FIELD Vol.7>>
2016.4.15(FRI)〜17(SUN)

来月にはこのイベントの開催を控えております。
詳細につきましては追ってご案内致しますので、是非楽しみにしていて下さい!

Arch 吉田

S.E.H KELLY / British Ventile Car Coat

2016.03.28 Monday 23:09:22| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

_DSC0811
【S.E.H KELLY(エス・イー・エイチ・ケリー)】を代表するアイテムの1つ、ブリティッシュ・ベンタイルを用いたコートが入荷しました。

_DSC0858Color STONE
Size XS / S / M / L
Price ¥138,000-+tax

この手の英国産のコート、特に春に限っては、間違い無くこのストーンがイメージとしてぴったりくると思います。

憧れの強い類のアイテムなんですが、意外と理想の1着が見つかりにくい…なんてのも事実ではないでしょうか。

_DSC0786
【S.E.H KELLY】の特徴でもある自国の素材による自国生産と言う拘りは、見た目と言うよりも着用を経て実感する部分です。

定番的にリリースされているアウター類に用いられるベンタイル素材は、英・ベンタイル社によるもの。
この素材の魅力は、何と言っても撥水性です。

ボタンはお馴染みのホーンボタン。
天然素材から作られる物だからこそ1つ1つの雰囲気が異なり、色の変化、深みが見られます。

_DSC0780
僕達として1番の着目点は、肩の”1枚袖”によるラグランスリーブ。

新品、ヴィンテージ問わずに今までも口酸っぱくお話してきましたが(笑)、このディテールを本場とも言えるブランドが理解しているのは、とても重要だと思います。

_DSC0808
トラディショナルな部分に固執せず、【S.E.H KELLY】らしいディテールを嫌味なく取り入れている点も、このブランドの評価すべき点と言えます。

切り替えしがフラップの役目を果たしたポケットはサイド(ポケット)との2Way仕様です。
コート1枚で手ぶらで外に出られる感じもまた良し◎

_DSC0828
無理なく重ね着が楽しめる設計もまた、このコートを春・秋・冬と3シーズン活躍するアイテムである事を物語っています。

個人的には、先日ご紹介したミリタリージャケットなんかとのレイヤリングがオススメです。

Arch 吉田

My Vintage Vol.30

2016.03.25 Friday 21:23:09| Author:admin| Categories:KREIS,My Vintage

_DSC0761

今回は僕山内が、約3年愛用している【KREIS(クライス)社】のネイビーコードヴァンの2つ折り財布をご紹介します。

1963年9月 ドイツで創業し、現在も熟練の職人を抱えドイツらしい丈夫で確かな物作りをするメーカーです。

ここARCHで展開がスタートしてから4年目になりますが、その生産背景からなかなか安定して入荷してこないのが実情です。

_DSC0770

 

_DSC0783

 

使用しているコードヴァンにはホーウィン社のものを使っていて、一枚革なので財布の内側にはホーウィンのスタンプが垣間見えます。

職業柄もあって、今まで様々なタイプの財布を使ってきましたが、そんな中で自分の中で幾つかのルールが出来上がりました。

まず、

①財布には小銭入れが付属していない事。

通常5ポケットのジーンズを履いたときバックポケットに財布を入れるので、小銭で財布が膨らんでしまうのが、見た目にもどうも気に入らないというのが理由です。

②極力シンプルである事。

これは意外とそう思っている方は多いんじゃないかと思うのですが、カード入れと札入れのみのシンプルで素材の良いものを探すとなかなか簡単に見つからなかったりします。

なので、KREISの財布を展示会で初めて見たときは、自分が求めていたモノはまさにこれだ!と思った記憶があります。

③手に馴染みが良いこと。

財布は普段から肌身離さず持っているので、手に持ったときの質感はとても重要です。

コードヴァンというと靴のアッパーに使われている素材として有名ですが、財布として使い込む事で手に馴染み、手で触ったり、ジーンズのポケットに擦れることで、手入れをそんなにしなくても自然と良い光沢感が生まれてきます。

_DSC0769

個人的には普段愛用している腕時計のベルトにもKREISのコードヴァンのベルトを最近新調しました。

 

そして、明日26日,27日の二日間はKREISの日本総代理店である㈱ラコタの協力もあって、個人的にとても切望していたKREISのトランクショーを開催する事になりました。

普段ARCHでは未展開のアイテムもこの2日間のみ多数お目見え致しますので、春に向けて身の回りの持ち物を一刷したい方は是非この機会にご覧下さい。

僕自身は今回ネイビーのロングウォレットを狙っています!笑

 

また隣のANATOMICAでは開店3周年を迎え、明日の夕方17:00よりささやかなパーティーを開催します ⇒ 

この週末はARCH,ANATOMICAへとお誘い合わせの上、是非ご来店下さい。

実はとてもスペシャルな別注ALDEN(4年越し!)も入荷しております。

こちらはまた追ってご紹介致しますので楽しみにしていて下さい。

_DSC0767

ARCH 山内

 

S.E.H KELLY / LANCASTRIAN HEAVY COTTON TWILL

2016.03.23 Wednesday 22:19:51| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

IMG_0821

冒頭の写真の1枚は、先日ヨーロッパ買付けでロンドンに行った際に訪れた、【S.E.H KELLY】のアトリエでの1コマ。

デザイナーであるサラ・ケリー氏のパートナーであるポール氏に迎えられ、S.E.H KELLYの物作りの話を直接聞く事が出来ました。

『生地・ボタン、縫製に至るまで全ての事に拘りを持ち、自分達が納得のいく物作りを続けるには、限られたマーケットでなければ展開出来ないし、これからもそのスタイルを変える事はないです』ポール氏談

ポール氏が話していたその言葉が凄く印象的で【S.E.H KELLY】の物作りへの拘りを感じた瞬間でもあり、
全てをメイドインイングランドに拘った、大量生産では成し得ない唯一無二のブランドであると改めて思わされました。

そんな話を聞き、もっと洋服に袖を通してみたいと思った事もあり、今回紹介します”LANCASTRIAN HEAVY COTTON TWILL”を早速購入しました。

【LANCASTRIAN HEAVY COTTON TWILL 】
_DSC0736Color BROWN
Size XS / S / M /L
Price ¥78,000+tax

名前の通り、”LANCASTRIAN”地方で織られたコットン生地を贅沢に使用した1枚。
肉厚なツイル生地は、とても頑丈な素材ですが見た目に反してソフトな肌触りなのも特徴の1つです。

_DSC0826
毛羽立ちのある高密度に織られた生地は、間違い無く経年変化も期待出来ます。
実際に触ってみる事で、その素材感の良さがより実感出来ると思います。

ホーンボタンの雰囲気ともとても相性が良いです。

_DSC0772
_DSC0783
イギリスの伝統的なワークジャケットを彷彿とさせるこちらのジャケット。
随所にS.E.H KELLYのオリジナリティが垣間見えるデザインもまた魅力的な部分です。

特にポケットの機能的なディテールは、軽い外出でしたら鞄を持たなくても良い位だと思います。
中で2つに仕分けられてる上に、携帯電話がすっぽりと収まる小さな内ポケットが付いています。

_DSC0787
_DSC0794
デザインだけでは無く、着る人のライフスタイルまで考え作られたかの様なディテールは、イギリスという土地柄と関係があるかもしれません。

多少の雨でも浸透しないタフな生地や水の浸入を防ぐフラップポケット。
こすれで消耗し易い部分にはパイピングを施し劣化を防ぐなど、随所に機能的な面が備わっています。

それでいて上品な佇まいを感じるのには、素材の持つ美しさと立体裁断からくる綺麗なシルエットが大きく影響していると思います。

_DSC0750HAT  JAMES LOCK
SHIRT  US NAVY
CARDIGAN  JOHN SMEDLEY
BOTTOMS  FRENCH VINTAGE
SHOES  ALDEN

イギリス物との相性は言うまでもありませんが、個人的にはアメリカ物のミリタリー物やフレンチのヴィンテージと合わせるのが好みです。

イギリスから見たアメリカのカルチャー…そんな想像をしながらコーディネートを組んでも面白いと思います。

実は、ベンタイルシリーズと同様にS.E.H KELLYでは定番のジャケットでもあります。
是非店頭にてご覧になってみて下さい。

ARCH  宅見

US ARMY M-43 Herringbone Twill Jacket

2016.03.20 Sunday 20:21:33| Author:admin| Categories:Vintage

_DSC0732

先日のフランス買付けで見つかったデッドストックのミリタリージャケットが入荷しました。

_DSC0675Color O.D.
Size 38R / 40R
Price ¥28,000-+tax

1943年から45年にかけてアメリカ軍で支給されていたヘリンボーンツイル素材の1着。
全体的にざっくりとしたアームと、両胸の大き目なフラップポケットが、デザインとしても印象的です。

_DSC0659
着る程に味の出るヘリンボーン(杉綾織り)の素材感と、アメリカ建国時の州の数を示す、通称『13スター』のメタルボタンが、男心くすぐるアイテムだと思います。

_DSC0680

_DSC0683
ガスフラップや襟裏のフード取り付け用ボタンなど、実用性は抜きにして(笑)、抜かりが無いディテールもまた魅力の1つ。

_DSC0736

早速ワンウォッシュしてみましたが、この違い。
着用を重ねる事で、より一段と雰囲気が増して行きます。

気負わずにガシガシ着れるこの手のジャケットは、特にこれから時期に活躍してくれると思います。

_DSC0707
_DSC0702

トラウザーズにミリタリージャケット…個人的に鉄板コーディネートの1つ。

財布や携帯は胸ポケで収めて手ぶらが理想的。
軽めな素材のスカーフと春を意識した白い革靴がオススメのポイントです。

_DSC0723
_DSC0728

ジーンズにミリタリージャケットと言う、極めてベーシックなコーディネートながらも、【JOHN SMEDLEY】と【trippen】をミックスしてオリジナリティを出すのが宅見流(笑)。

【JOHN SMEDLEY】のポロシャツの際どいカラーリングと、ボタンを開けた無造作な着方がポイントだそうです。

ところでこのアイテム、「米軍の物なのに何故フランスで出てきたのか?」と疑問に感じる部分もあるかも知れませんが、時代背景的に考えられるのが、第二次世界大戦時のノルマンディー上陸作戦です。

約70年近くフランスの地に眠っていたのも頷けると思いますが、何よりもデッドストックと言う点、とても珍しく魅力的なアイテムです。

Arch 吉田

FRANK LEDER ”VINTAGE LINEN”

2016.03.17 Thursday 22:23:59| Author:admin| Categories:FRANK LEDER,News!!

先日からFRANK LEDERの”リネン”にフォーカスを当てご紹介させて頂いておりますが、本日は”VINTAGE LINEN”を用いいたアイテムを紹介します。

フランク・リーダー氏がドイツ各地を廻り、探しだした貴重なヴィンテージリネンを贅沢に使用したアイテムは、経年変化が何よりも楽しみです。

肉厚なリネン生地は、1900年代初頭によく見られるヴィンテージそのもの。
洗いざらしでクタクタになるまで着込みたいアイテムが揃っています。

【VINTAGE LINEN JACKET+STITCH DETAIL】
_DSC0626Color BROWN
Size S/ M / L
Price 88,000+tax

今回の”VINTAGE LINEN”を用いたアイテムは、ドイツの伝統衣装を色濃く写し出したモノになっています。

3つボタンのシンプルなジャケットですが、ハンティングジャケットの様なポケットの仕様やボタン、ステッチのディテールなど、随所にその拘りが詰め込まれています。

カラーはブラウンとなっていますが、オリーブに近い色味です。

_DSC0729
_DSC0732

細かなディテールもそうですが、何と言ってもリネンの持つ素材の良さが際立つアイテムです。

_DSC0674
ミリタリーのイメージが強い色味を落とし込んでいるのも、このジャケットの面白い部分。
無骨な印象を与えつつも、リネンの軽い素材感と相まってバランスの取れた1着に仕上がっています。

続いてはジャケットと対になるトラウザーズです。

【VINTAGE LINEN TROUSERS+STITCH DETAIL】
_DSC0725Color BROWN
Size S / M / L
Price ¥43,000+tax

ウエスト部分のステッチとドローコードのディテールが特徴的なこちらのトラウザーズ。
ミリタリーパンツの様な潔い太めのシルエットが男心をくすぐります

_DSC0723
リネンの素材感と太さのあるトラウザーズなので、夏場に重宝する事は間違いありません。
ミリタリーパンツがお好きな方は、特にこの色味とシルエットにグッとくるモノがあるのではないでしょうか。

_DSC0699
勿論、セットアップでの着用もありだと思います。
この色味が新鮮であり、リネンの素材感だからこそ野暮ったくなり過ぎずに着れてしまえます。

最後に同素材のコートを紹介します。

【VINTAGE LINEN+STITCH DETAIL】
_DSC0629Color BLUE
Size S /M
Price ¥138,000+tax

アトリエコートを彷彿とさせるワークコートは、ドイツらしいブルーの色味が魅力的です。
ウエストには先のジャケットとトラウザーズと同様にウエウトにステッチのディテールが施されています。

_DSC0640
襟元の切り返し部分もFRENK LEDERらしい部分です。
着方によってアクセントになる重要なディテールだったりします。

_DSC0738
この手の肉厚なリネンの特性として、通気性が良く春夏に向いている素材ではありますが、十分な厚さがある為、アウターとしての機能も果たしてくれます。

この時期から夏場にかけてデイリーに使える素材こそが”リネン”です。
肉厚なリネン生地は、ヘタレる事なく使えば使うほど、自分の体に馴染んでいきます。

SS16_Wurzel_0003_SS16_Frank_Leder_Wurzel_06-630x900《FRANK LEDER VINTAGE LINEN COLLECTION 》
3/18~ 3/21
@ARCH PREMIER ETAGE

明日からFRANK LEDERのリネンアイテムが充実したラインナップで店頭に並びます。

僕達が何年も使い込んだ私物も展示しますので、是非そちらと合わせてご覧になってみて下さい。

そしてタイミング良くフランスからヴィンテージのリネンアイテムも種類豊富に届きました。
こちらは検品が終わり次第、随時店頭に並べていきます。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH  宅見

FRANK LEDER “VINTAGE BED LINEN SHIRT”

2016.03.15 Tuesday 22:39:55| Author:admin| Categories:FRANK LEDER

本日は、FRANK LEDERの代表的なアイテムでもある”VINTAGE BED LINEN SHIRT”をご紹介します。
僕自身もとても気に入って愛用しているアイテムの1つで、既に良い雰囲気になってきました。

_DSC0572

名前の通り、ヴィンテージのベッドシーツを裁断して製作されるこのシャツ。

”リネン”と名が付いていますが、素材はコットン100%による物です。
ヨーロッパでは、シーツやカバー等の事を総称して”リネン”と呼んでいた背景からその名が付いています。

FRANK LEDER本人がドイツ各地を廻り探し出した貴重な生地です。

ここ数シーズンは定番としてコレクションのラインナップに加わっていますが、現在生地を見つける事が困難になっている為、いつ姿を消すかわからないアイテムだったりします。

_DSC0584 Color NATURAL
Size XS / S / M / L
Price ¥39,000+tax

_DSC0570

 

_DSC0589

ネップ感のある生成りがかった素材感はヴィンテージならではです。

シャツとは思えない肉厚な生地は、一度水を通す事でフワッとした柔らかい生地に変わります。
生地自体がデッドストックで水が通っていない為、洗いをかけると縮みが生じるのも特徴です。

_DSC0577 左 新品 右宅見私物

_DSC0578

ボディ同様に包みボタンもヴィンテージの物です。
焼けた様な雰囲気もFRANK LEDERらしい無骨さを感じます。

_DSC0599

洗いと着用を繰り返す度に、生地のネップ感が増していきます。
前たてのパッカリングや丸みを帯びた襟元、色の抜けたボタンなど、着る事で魅力が増すばかりです。

ラウンドした裾のディテールとクタクタになったヴィンテージの生地が相まって、よりクラシックな印象を与えてくれる1枚だと思います。

_DSC0607

いつも同じ事を言ってますが…苦笑
FRANK LEDERにフランス軍のM-47 パンツは鉄板のスタイルです。
特にこのシャツとの相性は言うもでもありません。

今季のFRANK LEDERのアイテムは全て入荷しました。
天候も春らしくなってきましたので、今週末の金曜日からはARCH 2Fのスペースでは、FRANK LEDERの打ち出しを強めます。
種類豊富に揃っているこのタイミングで、是非ご覧になってみて下さい。

ARCH  宅見

FRANK LEDER 2016 Spring&Summer “Wurzel”

2016.03.13 Sunday 22:00:46| Author:admin| Categories:FRANK LEDER,News!!

FRANK LEDERのコレクションの全ラインナップがようやく揃いました。
今季のテーマである”WURZEL”は、ドイツの伝統的な衣装にフォーカスを当てたコレクションです。

IMG_0894

10箇所の地域の伝統的な衣装、着用のスタイルやディテールの違いを解釈しコレクションに落とし込んだアイテムは、独特の雰囲気を感じます。

全てのアイテムに付けられた10種類の紋章は、どの地域のモノにインスピレーションを受けたのかが分かるようになっており、その地域特有のスタイルがアイテムに凝縮されています。

伝統的な生地やドレスのパターンディテール、ヴィンテージのテープやボタンに至るまでをそのエリアで調達し、コレクションのアイテムに使われているのも拘りを感じる部分です。

今季のテーマは、ドイツの伝統的な衣装を色濃く反映させた、FRANK LEDERらしいコレクションに仕上がっていると思います。

SS16_Wurzel_0008_SS16_Frank_Leder_Wurzel_01-630x900

SS16_Wurzel_0006_SS16_Frank_Leder_Wurzel_03-630x900

SS16_Wurzel_0003_SS16_Frank_Leder_Wurzel_06-630x900

SS16_Wurzel_0002_SS16_Frank_Leder_Wurzel_07-630x900

SS16_Wurzel_0004_SS16_Frank_Leder_Wurzel_05-630x900
SS16_Wurzel_0001_SS16_Frank_Leder_Wurzel_08-630x900
SS16_Wurzel_0000_SS16_Frank_Leder_Wurzel_09-630x900

FRANK LEDER 秋冬の定番素材と言えば”ジャーマンレザー”ですが、この素材と同様に、僕らにとって欠かす事の出来ない春夏の素材が”リネン”です。

1900年代初頭まで、ワークウェアーやミリタリーウェアーに使われる事の多かったヨーロッパを代表する生地”リネン”。

コットンよりも耐久性に優れた丈夫な素材という点が、そういった用途に用いられていた理由の1つです。

そんなリネン生地を、FRANK LEDERのコレクションでは毎シーズン多く使われており、代表的な素材でもあります。
特にジャケットとシャツは僕ら自身も気に入って愛用しているアイテムです。

_DSC0566

FRANK LEDERのアイテムは、手にした時で完成度60%、実際に着用してその人に馴染んでから100%になるという理念の基に作られます。

それを象徴する素材が”リネン”や”ジャーマンレザー”生地です。
張りのある肉厚なリネン生地は、洗いを繰り返してもヘタレる事なく、リネン特有のシワが入り色が抜け、その洋服本来の姿へと近づいていきます。

時にはヴィンテージファブリックをコレクションに落とし込む程、FRANK LEDERでは代表的な素材です。

僕らにとっても欠かす事の出来ないリネン生地にフォーカスを当て、来週末3/18~4日間、《FRANK LEDER VINTAGE LINEN COLLECTION 》を開催します。

SS16_Wurzel_0007_SS16_Frank_Leder_Wurzel_02-630x900 《FRANK LEDER VINTAGE LINEN COLLECTION 》
3/18~ 3/21
@ARCH PREMIER ETAGE

期間中は、2016SSの新作と共に過去のアーカイブスを店頭にてお披露目します。
定番のVINTAGE BED LINEN SHIRTやヴィンテージリネンを用いたアイテムが種類豊富に揃います。

僕らの愛用している私物も展示しますので、新品の物と見比べてFRANK LEDERの真骨頂である経年変化を是非この機会に見て頂きたいです。

ARCH  宅見