Blog from ArchStyle » 2016 » July|archstyle|Arch アーチ

CASEY CASEY 2016AW

2016.07.30 Saturday 14:51:58| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

image

オープン当初から変わらず、ARCHで提案しているヨーロッパヴィンテージ。

戦前の1900年代初頭頃まで、ヨーロッパの洋服作りの殆どは手作業で行われていました。

そんなヴィンテージからは言葉では表現出来ない、圧倒的な存在感を感じます。

その時代にしか存在しなかった、染色方法・染料、生地を織る際の機械、その時代の洋服を見るとハンドメイドに近い作りです。

それは大量生産の時代には無かった、古き良き生産背景が産み出した物であり、そんなヴィンテージにいつも惹かれてしまいます。

【CASEY CASEY】の洋服作りの根底にも同じ匂いを感じてならないです。

IMG_3341

IMG_3333

IMG_3325

IMG_3351

IMG_3347

デザイナーであるギャレス・ケイシーが世界各地を周り探してきた生地を、パリのアトリエで自分達の手を加えて新たな物に昇華させます。

少量生産に拘り、染色・ウォッシュ・ツイスト等の工程を繰り返し生まれる洋服は、先の話のヴィンテージから放たれる存在感と同様のモノを感じます。

ベーシックな佇まいの中にある唯一無二の存在感、そしてデイリーに着れる気心地。

【CASEY CASEY 】の洋服を着れば着るほど、その魅力に取り憑かれていく様な…そんな不思議な感覚に陥ります。

既にサイズ欠けしているアイテムもありますが、先ずは店頭にてご覧になってみて下さい。

ARCH  宅見

M.F.SADDLERY 1.25 West End Buckle Belt

2016.07.28 Thursday 20:53:06| Author:admin| Categories:M.F SADDLERY

IMG_3253

M.F.SADDLERY 1.25 West End Buckle Beltをご紹介します。

MADE IN ENGLANDらしい屈強でベーシックなデザインの1.25 West End Buckle Beltはベルト職人Martin Faizeyによるサドルレザーのみを使用したDiffusion line。

素材は、もちろん元々馬具用革として使用されていたサドルレザー。

肉厚で頑丈さが特徴的です。

最初の硬さは、否めませんが使用頻度が多い程馴染んでいき、表面のロウが溶け、サドルレザー特有のツヤ感を出します。

真鍮のバックル然り、ベーシックなアイテム程馴染んでいくと、愛着が湧き”手放せないアイテム”=”定番アイテム”と変化していくのではないでしょうか。

IMG_3257Color BLACK
Size 30 / 32 / 34 / 36
Price ¥11,000- +tax

IMG_3260

IMG_3265Color BROWN
Size 30 / 32 / 34 / 36
Price ¥11,000- +tax

IMG_3268

カラーはBLACK、BROWNの2色展開。

誰もが一足は、お持ちの革靴の色をイメージしてセレクトしてみました。
素材感のせいなのかシンプルなデザインの中にも存在感があり、どのようなコーディネート、靴にもハマるベルトです。

サイズ欠品が続いていたためブログでのご紹介が遅れてしまいました。

是非、お早目にご来店下さいませ。

 

Arch 松本

 

MOJITO / CLARENCE SHIRT Bar. 3.0

2016.07.26 Tuesday 20:20:16| Author:admin| Categories:MOJITO

【MOJITO(モヒート)】からリリースされている[ CLARENCE SHIRT(クラレンス・シャツ) ] 。

3回目のバージョンとなる今回は、しなやかで肌触りの良いブロード素材が用いられています。
特に今時期なんかには重宝するアイテムです。

_DSC1998Color WHITE / BLUE
Size S / M / L
Price ¥22,000-+tax

ヘミングウェイの父の名=”CLARENCE(クラレンス)”からネーミングされたこのシャツの特徴と言えば、バンドカラーと着丈でしょうか。

単にデザインと言うよりも、シャツ自体の背景を感じる事の出来るディテールは、個人的にもとても気に入っています。

_DSC1990
この[CLARENCE SHIRT]のバンドカラーは、もともと”襟の付け替えが出来たシャツ”をベースとした仕様です。

立ち上がりの無い襟元はすっきりとした印象で、この手のシャツが苦手な方も難無く取り入れ易いはず…。

_DSC1988
着丈の長さはシャツインを前提としたクラシックなディテールを踏襲したもの。
同じく前身頃のデザインは、ラウンドした裾が特徴的です。

_DSC1981
横から見ると一目瞭然、深く入ったスリットも前述の通り。

但し、ポケットに手が入れ易い様に設計されているあたりは、緻密に計算されています。

_DSC1978
ブロード素材のシャツは着心地が良くて、比較的扱いも楽だと思います。
夏は1枚で活躍しますし、この先レイヤリングするにも重宝するはずです。

まだ夏は続くものの、秋冬の新商品も入荷し始めている今日この頃…。
ただこのシャツに関しては、次回のリリース予定が無い為、個人的にも今がオススメと言う訳です(笑)。

Arch 吉田

ARCH×GENRE VINTAGE FAIR Vol.2

2016.07.23 Saturday 21:54:45| Author:admin| Categories:News!!,Vintage

本日より開催しております、ARCH×GENREの合同ヴィンテージフェアー。

早速多くのお客様にご来店頂き誠に有難うございます。
普段、レディースのヴィンテージはARCHでは見れない分、いつもとまた違った雰囲気で新鮮に映るのではないでしょうか。

ロンドン、パリから届いた今回のヴィンテージは、ワーク・ミリタリーを中心により優れのアイテムが揃いました。

中でも、今回別注制作したARCH×MASTER&CO “Villette”のベースとなった、ブラックインディゴのワークコートなんかもお勧めのアイテムの1つです。

DSC_00232-e1469249533751
DSC_0020-e1469249524222
_DSC1934
_DSC1939
DSC_0031-e1469249551971
_DSC3524
合同イベントは明日までの開催となります。

既に姿を消してしまったヴィンテージも多いので、是非お早めにご覧になって下さい。

ARCH  宅見

ARCH×MASTER&CO. “Villette” Vol.2

2016.07.22 Friday 22:44:39| Author:admin| Categories:Exclusive,MASTER&Co.,Vintage

先日のブログにて紹介しました、ARCH×MASTER&COの別注コート”Villette”

_DSC1895

1800年代後半、フランス・パリのラ・ヴィレット食肉処理場で働く労働者が着用していたコートを元に制作したこのコートは、ヘビーウェイトなブラックリネンの素材感がなんといっても魅力的です。

_DSC1904

MATERIAL : BLACK LINEN
SIZE : S / M
PRICE : 58,000Yen + TAX

19世紀のフレンチワークの匂いをそのままに、MASTER&C0.が誇る日本の伝統的な技術で表現した1着は、ARCHらしいモノに仕上がりました。

本日のブログではスタッフそれぞれのスタイルを紹介します。

【宅見】
_DSC1930HAT JAMES LOCK
BOTTOMS FRENCH ARMY
SHOES TRIPPEN

僕自身、肌寒い夜なんかはこの手のリネンのコートを持ち歩いて着用しています。
白のカットソーにチノパンといったこの時期の自分の定番スタイルに羽織ったイメージです。

【近谷】
_DSC1944 VEST FRENCH WORK BLACK CHAMBRAY
SCARF ANATOMICA
BOTTOMS CORONA
SHOES ALDEN

フレンチヴィンテージのアイテムとも相性抜群です。
春夏は勿論、このウエィトの生地感ならば秋口でもアウターとして重宝します。

【川村】
_DSC1932 CAP BONCOURA
SHIRT BIG YANK
BOTTOMS BONCOURA
SHOES ANATOMICA

アメリカらしいアイテムで纏めていても、嫌味なく羽織れてしまうのもこのコートの良さ。
スタッフ近谷、川村共にフレンチアメリカンのイメージで着用しているそうです。

本日からARCH STELLAR PLACE店では、MASTER&CO.のイベントを開催中です。
別注のコートは両店舗で販売しています。

数量限定でノベルティも用意しておりますので、是非お誘い合わせの上ご来店下さいませ。

そして、ARCH 2Fでは明日より姉妹店GENREとの合同《VINTAGE FAIR》を開催します。

IMG_2881 ARCH×GENRE VINTAGE FAIR Vol.2
2016 ,  7/23(SAT), 7/24(SAN)
@ARCH PREMIER ETAGE

第2回目となる今回も、種類豊富なヴィンテージが揃いました。
ロンドン・パリから届いたばかりの新たなヴィンテージを明日より店頭に並べます。

期間中の2日間は、GENREスタッフ山本もARCHの店頭に立ちますので女性の方もお気軽にお立ち寄り下さい。

メンズ・レィディースのヴィンテージを同時に見れるまたとない機会だと思います。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH  宅見

ARCH × MASTER&Co. “Villette”

2016.07.20 Wednesday 21:11:08| Author:admin| Categories:Exclusive,MASTER&Co.


20160714141904

7/22(金)からARCH ステラプレイス店で開催する MASTER & Co のPOP UP SHOP

期間中は通常展開外の様々なアイテムを一同にご覧頂けます。

そして、今回はARCHのヴィンテージアーカイブの中から特別な一着が、Master & Co が誇る日本の技術力を駆使してARCHの別注アイテムとして蘇ります。

 

CVHpghCVAAAJshX.png-small19世紀末 ラ・ヴィレット食肉処理場

1800年代後半から第二次世界大戦以前の1930年代頃までにみられるポケットのディテールが特徴的なこのワークコートは、通称” Villette(ヴィレット)”と呼ばれ、フランス、パリにて1867年にナポレオン3世によって造られたラ・ヴィレット食肉処理場で働く労働者が着用していたコートに由来します。

_DSC1901ARCH所有 1910年代頃 VINTAGE

当時、素材にはブラックリネンやインディゴリネンが使われていた背景を持つことから、今回はへヴィーウェイトなブラックリネンに着目し、産業革命後のパリの歴史的背景を持つこのコートを日本の職人の英知を集結させ現代に再現しました。

_DSC1904MATERIAL : BLACK LINEN
SIZE : S / M
PRICE : 58,000Yen + TAX

産業革命が始まった19世紀、その時代から伝わる技法とその変わらぬ姿勢を、現代に再現したら、、、
そんな想いから集まったそれぞれの分野に秀でた職人達の技のもと、
技術とこだわりを追求し組み合わせた想いをカタチにしたのが
MASTER&Coです。

 

ここARCH2Fでは23日、24日の二日間、系列のgenreと同時開催で前回好評を頂いたVINTAGE FAIR を再び開催します。

期間中は数量限定でこちらのコートも販売致します。

6月にフランス、イギリスで買い付けたフレッシュなヴィンテージアイテムを一挙に店頭に並べますので、是非この週末はARCH、ARCHステラプレイス店へお越し下さい。

ARCH 山内

 

My Vintage Vol.32

2016.07.19 Tuesday 15:15:55| Author:admin| Categories:MASTER&Co.,News!!

思えばこのコーナーの第1回目(約8年前)にご紹介したアイテム、【MASTER&Co.(マスターアンドコー)】のレイルマンバッグ。
今週末よりステラプレイス店にて開催のイベントに合わせて、異例の(!?)2回目となるご紹介です(笑)。

_DSC2295 (左から)山内、吉田、宅見私物

ご覧頂いての通り、やはりこの手のアイテムの最大の魅力は、使い込んだ時の雰囲気だと思います。

_DSC2320
_DSC2296

生地が馴染んでアタリが出たり擦れたりした素材感、日焼け跡、底や取っ手部分のヤレた感じは、それぞれに個性が出る部分。

すぐにと言う訳ではありませんが、気付けば自然と雰囲気が出ているはずです。
その過程もまた1つの楽しみではないでしょうか?

_DSC2322

これまでも幾度となくお話してきた様に、汚れたら気にする事無く洗濯…兎に角その繰り返しです。

_DSC2312

いわゆるキャンバス素材のトートバッグと言えば、様々な種類があると思いますが、そんな中でも鋲打ちされたディテールは”レイルマン”バッグたる所以。少々の無骨さが魅力です。

Vintage-RAILMAN-BAG-400x300

元来、レイルマン(=鉄道員)が道具入れとして使用していたバッグがソースとなるこのアイテム。

実は、今から10年程前に山内がアメリカで買い付けた後にヴィンテージサンプルとして提供され、【MASTER&Co.】としてリリースされた経緯を持ちます。

_DSC2249Color OFF WHITE
Size S / M / L
Price (S)¥13,800-+tax / (M)¥15,800-+tax / (L)¥18,800-+tax

Archで取り扱い続けているオリジナルサイズ(L)に加えて、今日では3サイズ展開。
※SとMは、イベント期間中のみの取り扱いになります。

まさに今時期のレジャー、アウトドアシーンや日常使いにぴったりハマると思いますし、小さいサイズに関しては女性の方やインテリア用としても良いのでは?

今回ご紹介した【MASTER&Co.】ですが、冒頭で触れた通り、Archステラプレイス店にて『MASTER&Co. POP-UP SHOP』と題したイベントを今週末より開催致します。

このイベントに合わせて企画された別注アイテムは、Archらしいヨーロッパヴィンテージをベースとしたものが仕上りました!
是非この機会にご来店下さい!

20160714141904MASTER&Co. POP-UP SHOP
@Arch Stellar Place
2016.7.22(FRI)〜28(THU)
※別注アイテムに関しては本店でも数量限定で販売致します。

Arch 吉田

KENNETH FIELD / Ceremony Trouser Rip Stop

2016.07.16 Saturday 20:24:11| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD

【KENNETH FIELD(ケネス・フィールド)】の[ Ceremony Trouser(セレモニートラウザー) ]は、気軽に穿ける軽快さとシルエットの良さが特徴の1本です。

特にリップストップ素材を用いたタイプに関しては、この季節とても勝手の良いアイテムだと思います。

_DSC2189Color NAVY
Size S (30) / M (32) / L (34)
Price ¥25,000-+tax

【KENNETH FIELD】のボトムスの特徴と言えば、シルエットの良さ。
何よりO脚で悩む僕がとても愛用している程です(笑)。

この [ Ceremony Trouser ]の他、お馴染みの[ Trim Trouser(トリム・トラウザー) ]や[ Gurka Trouser(グルカ・トラウザー) ]など、殆どのアイテムで”Trouser(トラウザー)”と名付けられている理由も頷けます。

_DSC2204
リップストップは元来、生地の裂けが広がるのを防ぐ役割で開発された素材。
軍モノに由来します。

パリッとした質感と肌触りが特徴的で、この時期だと乾きも早いので重宝します。
それでいてコットン100%とあって、穿く程に風合いが出てくる点も魅力です。

_DSC2192
いわゆるベイカータイプのポケットは容量が大きく便利です。
昨年から穿いている僕自身、良い感じでアタリが出ていると思います(画像参照)。

ウエストのドローコードは気軽にベルトレスで穿けるので、とにかくウエスト周りが楽チン。
それでもシルエットが良いので、だらしなさがありません。

_DSC2216Hat : James Lock
Tops : KENNETH FIELD
Shoes : paraboot

昨年一昨年のブログでもご紹介しておりますが、コーディネートの幅広さも、このシルエット故だと思います。
個人的に今年の夏は、ワントーンコーディネートが気分です。
テイストの違うアイテムで構成しても、まとまりが出る点もまた【KENNETH FIELD】の魅力ではないでしょうか?

Arch 吉田