Blog from ArchStyle » 2018 » May|archstyle|Arch アーチ

rdv o globe × NORTH WORKS

2018.05.24 Thursday 21:41:02| Author:admin| Categories:ANATOMICA,NORTH WORKS,rdv o globe

 

いよいよ、明日より開催します《rdv o globe×NORTH WORKS》のスペシャルイベント。

イベント準備も整いARCH2Fのフロアは、rdv o globeの世界観とNORTH WORKSによるヴィンテージトゥアレグジュエリー一色の店内となっています。

デザイナーである前淵さん、太田さんも店頭に到着しております。

明日からの3日間は、お二人もARCHの店頭に立って頂き皆様をお迎えします。

_DSC0592

_DSC0533

_DSC0561
_DSC0603
_DSC0594
_DSC0596
_DSC0606
_DSC0597

rdv-au-globe-north-woorks-400x270

rdv o globe×NORTH WORKS SPECIAL EVENT
2018 5/25,(FRI),5/26(SAT),5/27(SUN)
ARCH SAPPORO

早速、rdv o globeの別注コートを前淵さんの接客の元、スタッフ全員で試着しております。
やはり、抜群の格好良さで僕らスタッフも既に購入しています笑

イベント期間のみARCHで未展開のrdv o globeの新作モデルも店頭に並んでいます。
中には、スペシャルプライスのアイテムも…ご期待ください!

ヴィンテージジュエリーも、圧巻の見応えです。
この期間でしか見る事のできないアイテムが揃っておりますので、是非この機会にご覧になってください。

ea46bf21e72a15c2e622ebc088ef0e6e

「本藍」

“HON AI”&”INDIGO” FAIR
inAnatomica Sapporo
— 2018.05.25(Fri)~05.27(Mon) —

 

そして、隣接するANATOMICA SAPPOROでも明日より”HON AI&INDIGO FAIR”を開催します。
FRENCH GARMENTS を含めたインディゴアイテムが明日より店頭に並びます。
今週末は、ARCH、ANATOMICAに是非足を運んでください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH スタッフ一同

VINTAGE TUAREG JEWELRY by NORTH WORKS

2018.05.23 Wednesday 21:15:00| Author:admin| Categories:NORTH WORKS

前回イベント時に好評を頂いた、トゥアレグ族が作るシルバーアクセサリー。
NORTH WORKS太田さんが所有するヴィンテージコレクションを今回のイベントでも発売します。

“Vintage Tuareg Jewelry”

そもそもトゥアレグ族とは、アフリカ大陸のサハラ砂漠で生活している遊牧民族です。

古くから、伝統工芸品として代々受け継がれているシルバーアクセサリーや小物は、全てハンドメイドで制作されています。

彼らの手によって施されたルーツを感じる洗礼されたデザインは、強さと繊細さを兼ね備えており、二つとして同じモノが存在しない一点ものになります。

彼らのジュエリーは出身地や出征、氏族を表す意匠が施され、親から子へと受け継がれています。
刻まれている文様にはそれぞれ意味があり、物事・物語などを象徴しています。

今回ARCHで販売する全てのアイテムがヴィンテージのモノになります。
おおよそ1900年代初頭〜1960年代頃まで制作されていたものが殆どです。

_DSC0526

_DSC0524
_DSC0516PRICE ¥70,000~¥120,000

_DSC0500

PRICE ¥45,000~

_DSC0513PRICE ¥35,000~

_DSC0520 PRICE ¥35,000~

IMG_7492

フランス・HERMESが、トゥアレグ族にシルバーアクセサリーの制作を別注依頼した事は有名な話です。

HERMESがアラスカに住むエスキモーの伝統を守る為に、アザラシの毛を使いPARABOOTに別注依頼したMICHAEL PHQUE然り、
別注依頼した背景には、同じようにトゥアレグ族が持つ技術や伝統が大きく関係しているのではないでしょうか。

イベント期間中は、写真のアイテム以上に豊富な種類が店頭に並ぶ予定です。

NORTH WORKS太田さんが直接ハンドキャリーで持ってくる秘蔵ヴィンテージアイテムも必見です。
ヴィンテージトゥアレグとNORTH WORKSのシルバーアクセサリーを一挙にご覧になってください。

ARCH 宅見

rdv o globe × The Interpretation by Arch

2018.05.22 Tuesday 20:56:27| Author:admin| Categories:rdv o globe

 

昨日は、rdv o globeの別注コートに纏わるエピソードを紹介しました。
いよいよ本日は、コートの詳細を紹介しますのでお付き合いくださいませ。

前淵さんに探して頂いた肉厚な”メルトンウール”。
落とし込んだモデルは、今春夏に登場したステンカラーコート”ROBIN.MA”です。

デザイナー前淵さんが、あらゆるコートを見て着て感じたモノを、rdv o globeの解釈でデザインした一着。

Burberrys’を彷彿とさせるシングルラグランスリーブの袖つけ。
ワークコートを思わせるゆったりとしたシルエット。

シンプルなデザインの中に見え隠れする拘りのディテールに間違いなく心踊ります。

_DSC0533
_DSC0542
特筆すべき点は、絶妙な着丈の長さとたっぷりとしたシルエットです。
太めに取られたアームホールは、所々にタックを入れる事で立体的に見えるようなディテールにしています。

ドレープ感のあるシルエットは美しく、ネイビーメルトンの生地ととても相性が良いです。

_DSC0686COLOR NAVY
SIZE Ⅰ / Ⅱ  / Ⅲ / Ⅳ
PRICE ¥68,000+TAX

rdv o globe前淵さんとARCH山内が別注コートを制作するにあたり拘ったポイントは、秋から着用出来る”一枚仕立てのメルトンコート”です。

通常、メルトンと言えば真冬に着用する事が主となります。
ですが、ウールの生地でも裏地を敢えて付けない一枚生地の仕様ならば、秋からでも問題なく着用する事が可能です。

尚且つ、一枚で成立してしまうメルトンコートではなく、インナーにジャケット等を着れるようにしています。

太めのアームホールとゆったりとしたシルエットだからこそ可能にする着方ですね。

_DSC0705
_DSC0708

_DSC0691
_DSC0697
大きめのスラッシュポケットは、中で2つに仕切られています。

このポケットに手を入れた時のシルエットが、また憎いくらい格好良いんです。

チェスターコートを思わせるデザインと、スタンドカラーにもラペルにもなる襟元の仕様が個人的に一番好きなディテールです。

_DSC0701KNIT HANDMEDA GUERNSEY SWEATER
BOTTOMS FRENCH ARMY M-47

_DSC0673 STOLE DRAKE’S
BOTTOMS BONCOURA

秋からシャツやスウェット・ハイゲージニットの上から羽織り、冬に近づいてくにつれてガンジーセーターやツイードジャケットを中に着込む。

”一枚仕立てのメルトンコート”だからこそ、様々な着方にチャレンジ出来る頼もしい一着です。

勿論、スーツの上から着用する事も容易に出来てしまいます。

まさに男が持つべき”ワークコート”を象徴する一着に仕上がりました。

是非、5月25日から開催しますイベントにてご覧になってください。

イベント期間中は、rdv o globe前淵さんも店頭にてこのコートについて詳しくお話して頂けます。

既に多くのお問い合わせを頂いておりますが、お電話やメールでもご予約を承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

ARCH 宅見

HEAVY WOOL MELTON by rdv o globe

2018.05.21 Monday 21:31:37| Author:admin| Categories:rdv o globe

_DSC0561

2018年秋冬シーズンに向けヘビーアウターを制作する為に、rdv o globeデザイナー前淵さんに頼み込み”ある素材”を探してもらいました。

それは、北海道の秋から冬にかけて着用を可能にする極上の”ウール生地”です。

寒さと積雪に見舞われる北海道において、冬のアウター選びは重要なポイントだと思います。
新しい物が開発され軽くて暖かい新素材がある中で、僕たちが最も信頼をおき着用したいと思う素材が”メルトンウール”です。

メルトンウールと言えば、真っ先にダッフルコートやピーコートを思い浮かべるかと思います。
過酷な環境下で身を守る為に生まれたモノであり、イギリス海軍・アメリカ海軍に支給されていたミリタリーウェアーです。

ウールを高密度に織り込んだ肉厚な生地は、撥水と防風性に富んでおり当時の兵士達の命を守る重要な道具でした。

まさに男の為の洋服です。

気心地の面や機能面など軽くて暖かい素材は多いと思いますが、重く厚く決して着易いとは言えない素材にこそ男服の”スタイル”を感じます。

ゴワゴワとした地厚のウール生地を身体に馴染むまで何年もかけて着込み

寒ければオイルが含まれたウールのセーターをインナーに纏う

レザーのグローブを身に着けて、何年も履き込んだワークブーツを履く

スタイルというのはそういう事だと思います。

実の所、前淵さんに探して頂いたメルトンウールは、所謂”海軍メルトン”とはイメージが少し異なります。

メルトンウールの機能を持ちながらも、しなやかでいて上質な雰囲気のある生地です。

男らしくもあり気品さも感じるこの素材は、仕事着としても着用出来てしまいます。

まさにワークコートといった仕上がりになった今回の別注コートは、用意出来た生地の関係で、あまり数を制作する事が出来ない為、”オーダー制”での受注販売とさせて頂きます。

詳しいアイテム詳細は、明日のブログにて紹介します。

_DSC0571
_DSC0574
_DSC0533

rdv-au-globe-north-woorks-400x270

rdv o globe×NORTH WORKS SPECIAL EVENT
2018 5/25,(FRI),5/26(SAT),5/27(SUN)
ARCH SAPPORO

ARCH 宅見

rdv o globe×North Works SPECIAL EVENT

2018.05.19 Saturday 20:11:22| Author:admin| Categories:NORTH WORKS,rdv o globe

IMG_1395-300x400

約6年前、rdv o globeの取り扱いがARCHで始まり、初めて洋服がお店に届いた日の事を今でも鮮明に記憶に残っています。

何故ならば、洋服を見て一瞬でrdv o globeのファンになったからです。

19世紀のイギリス・エリザベス時代の貴族が着ていた洋服など、ヨーロッパのクラシックな洋服にフォーカスを当てた物作りをする”rdv o globe”。

クラシックなディテールの中に、新しいデザインと素材が融合し生まれるrdv o globeの洋服は、まさにモダンクラシックそのもの。
他には類を見ない素材使いや、デザインに僕達も虜になっているブランドの一つです。

今まで見てきたベーシックなデザインの洋服のはずなのに、新しモノに見える不思議な感覚。
そして何よりも、デザイナーを務める前淵さんの人間力にも魅力を感じ、会えば会うほど洋服にもそれが反映されているととても感じます。

デザインだけではなく、シルエットも抜群です。

ミリ単位で何度もパターンを修正する事で生まれる綺麗なシルエット。
重ね着をする事を想定して出来るアームの太さや着丈のバランス。

ワークウェアーやミリタリーウェアーがデザインソースにある物ですら、上品な佇まいに昇華します。

そんなrdv o globeの洋服を一挙にご覧頂けるスペシャルイベントを来週末から開催します。
rdv o globeと共同制作した特別なアイテムもお披露目します。

そして、NORTH WORKSのPOP UP&CUSTUM ORDER会も同時開催です。
ヴィンテージトゥアレグのシルバーアクセサリーを豊富に取り揃えて頂きました。

イベントの詳細はこちらのブログにて随時お知らせしますので、楽しみにしていてください。

今回のイベントは、ワクワクが止まらないはずです!

ご期待くださいませ。

rdv-au-globe-north-woorks-400x270rdv o globe×NORTH WORKS SPECIAL EVENT
2018 5/25,(FRI),5/26(SAT),5/27(SUN)
ARCH SAPPORO

ARCH 宅見

US ARMY JUNGLE FATIGUE JACKET&US NAVY POPLIN SHIRT

2018.05.16 Wednesday 21:05:47| Author:admin| Categories:Vintage

WWⅡ大戦後のベトナム戦争時に支給されていた、FATUIGUE JACKET。

亜熱帯地方のベトナムで使う為に、開発されたリップストップ生地は、この年代を象徴とする素材だと思います。

コットン・ナイロンを格子状に織り込んだ生地は、軽量でいて強度が高く通気性にも優れています。
夏用の素材としては抜群の生地です。

ファーストタイプから4thまで形を変えてアップデートしているこのモデルですが、今回入荷した物は4thのリップストップタイプが入荷しました。
全てデッドストックの物です。

_DSC0150
_DSC0152
僕らスタッフも頻繁に愛用しているこのミリタリージャケット。

何故ここまで愛用しているのか?
個人的には、型のエポレットが付属していないデザインと軽い素材という2点。
ミリタリーの無骨なディテールをそこまで感じないデザインなので、他の洋服にとても合わせやすいです。

程よい無骨さを残せるミリタリージャケットは、この時期僕らにとって必要不可欠です。

_DSC0148COLOR OLIVE
SIZE XS-REGULAR / LARGE-SHORT
PRICE ¥22,000+TAX

スクリーンショット 2018-05-16 18.44.22

そして、もう一つ僕らがこの時期頻繁に愛用しているミリタリーシャツがあります。

“US NAVY POPLIN SHIRT”

アメリカ海軍に支給されていたミリタリーシャツです。
夏用素材のポプリンシャツは、素直に格好良いと思わされるヴィンテージアイテム。

_DSC0360COLOR OLIVE
SIZE 15
PRICE ¥27,000+TAX

俳優・アルパチーノが映画で着用しているミリタリーシャツの着方が好きで、この格好をよく模範しています笑

絶妙な野暮さと男臭さが非常にツボな着方です。

20150415_447544
ジャケットのインナーに着るも良し、勿論一枚で袖を捲りジーンズにタックインをして着用してもサマになります。
早々デッドストックではお目にかかれないアイテムですので、ぜひお早めにご覧になってみてください。

因みに、サイズは15のみの入荷ですが個体差があるので、サイズM、M~L相当の物など様々で幅広い体型の方に着て頂けますよ。

DSC0348-264x400

スクリーンショット 2018-04-08 15.34.10

ARCH 宅見

THE INOUE BROTERS & Julien Colombier

2018.05.14 Monday 17:33:42| Author:admin| Categories:Goods,THE INOUE BROTHERS

こんにちは。

今回のblogは、Arch東京店から更新させて頂いております。
4月のオープンの翌週に東京店で開催させて頂きました”THE INOUE BROTERS & Julien Colombier LIVE PAINT EVENT”。

スクリーンショット 2018-05-14 17.32.09

沢山のお客様や井上兄弟のお知り合いの方々にご来店、お見守り頂き、大変幸せな時間を過ごす事が出来ました。
この場を借りて御礼申し上げます。

イベントに参加させて頂き井上兄妹と Julien Colombierの話を聞いて思った事は、志を同じく持つ者同士が引き寄せられ、互いを尊重し合い『win win』の関係性を創り上げる事が可能なんだなと感じる事が出来、非常にワクワクしてしまいました。

「THE INOUE BROTHERS」のアルパカニットをARCHでスタートし井上兄弟にお会いした時もそうですが、今回の様にダイレクトにエネルギッシュなお話しを聞けて、肌で感じることの出来る機会は、凄く豊かな事でパワーが溢れて来ます。

そんな彼等が今回のプロジェクトでコラボレーションした作品は、正に日本の文化とfrance parisの匂いが色濃く反映された、どこかArchともリンクする部分を感じる作品ではないでしょうか。

今回、Arch東京店とArch本店(札幌)で販売させている器ですが、France Parisのアーティスト「Julien Colombier」と日本、鹿児島の陶磁器ブランド「ONE KILN CERAMICS」のコラボレーション作品。

_DSC1307

_DSC1286

【CUP S 】
_DSC1300COLOR BLUE PLANT / CLOUD
PRICE ¥5,800+TAX

【CUP L 】
_DSC1303COLOR  BLUE PLANT / CLOUD
PRICE ¥9,500+TAX

_DSC1308

【SIDE PLATE】
_DSC1289COLOR  BLUE PLANT / CLOUD
PRICE ¥11,000+TAX

_DSC1290


【SOUP BOWL】
_DSC1299COLOR   BLUE PLANT / CLOUD
PRICE ¥11,000+TAX

_DSC1295

【DINNER PLATE】
_DSC1311COLOR  CLOUD
PRICE ¥22,000+TAX

元々、『黒板にチョーク』というスタイルでパリのストリートで活動していたJulien Colombier。
黒(影)をベースに描かれている彼の作品は、描き始めの段階から完成像が頭に浮かんでいるそう。

黒にカラフルなクレパスで描かれた作品は、器にすると繊細さと力強さ、唯一無二の存在感を放ちます。

「ONE KILN CERAMICS」は鹿児島で古くから続く陶磁器の産業をしっかりと継承し、今回の器には桜島の火山灰を使い制作されます。

火山灰と鉱物を独自に調合した釉薬を使用する事で、既に使い込まれた様なマットで重厚感、力強さのある質感が魅力的な作品です。

日本で起こる自然災害をポジティブな方向で捉え、”素材”として昇華。

そこにJulienの感性が加わる訳ですが、彼の作品に多大な影響を与えているのは、青春時代に最も身近にあったParisの街のスケートボードカルチャーやストリートに溢れるグラフィティ。
そのときに感じた感覚と、彼のセンスが相まって今の彼の作品があるのではないでしょうか。

そんな彼のスタイルと「ONE KILN CERAMICS」のスタイルが見事に融合している作品は、間近で見ると引き込まれる作品ばかりです。

普段から生活する上で必要な物だけに、是非今回の作品をご覧になって下さい。
きっと心打たれる作品がある筈です。

Arch 東京 近谷

 

SAINT JAMES / PIRIAC

2018.05.13 Sunday 14:33:19| Author:admin| Categories:SAINT JAMES

こんにちは。
BLOGでは初登場させていただく上田です。
眼鏡とウディアレンが好きなスタッフで覚えていただければ幸いです。笑
愛用している眼鏡はLESCA VINTAGEです。笑
さて、自己紹介は程々に本題に戻ります、、

ARCHでは夏の定番といっても過言ではないアイテムでしょうか。
今年もSAINT JAMES / PIRIAC(ピリアック)がシーズンカラーを交えて豊富に入荷しております。

_DSC1130COLOR
(左)NEIGE×GITANE
(右)NOIR×NEIGE
SIZE T4 / T5 / T6
PRICE ¥6,300+TAX

_DSC1158 2COLOR
(左から)BLUE×CERISE , NATUREL×JEAN , SABLE×NEIGE
SIZE T4 / T5 / T6
PRICE ¥6,300+TAX

_DSC1160COLOR
(上から)NEIGE , ACIER , NAVY
SIZE T4 / T5 / T6
PRICE ¥6,300+TAX

毎夏どんなカラーを提案してくるのかワクワクさせてくれるSAINT JAMES。
一枚で着ても、インナーとして着ても良しな万能カットソーはいつもの着こなしをフレンチに演出してくれます。

_DSC1170COLOR / NOIR×NEIGE

_DSC1197COLOR / NEIGE×GITANE

定番カラーはシンプルに潔く、軍パンやデニムに一枚で合わせると◎

_DSC1183COLOR / NATUREL×JEAN
BERET / ARCH ORIGINAL
JACKET / FRENCH VINTAGE BLACK MOLESKIN JACKET
BOTOMS / FRENCH ARMY CHINO

_DSC1213COLOR / BLUE×CERISE
HAT / BONCOURA
JACKET / FORTELA
BOTOMS / BONCOURA

個人的にオススメなBLUE/CERISE。
ビビットなカラーはあえて少しナードさを演出して着るのが今の気分です。

王道でありながら常に新鮮さを提案してくれるSAINT JAMESは幅広い着こなしが出来るからこそ自分流へと昇華して着回すのが楽しみな一着。
今年は何色を買い足そうかと思案してしまいます…笑

定番のOUESSANTやNAVALに比べ、生地が薄手でサラッとした滑らかな肌触りが特徴的なPIRIACは着心地がいいのはもちろん、吸湿性にも優れ、ベタつかずに着れるので毎年買い足したくなる一枚。
また、袖丈が一般的な半袖に比べると少し長めに設計(4〜5部丈)されているので、腕周りを綺麗に見せてくれ、半袖が苦手…という方にもオススメです。
是非店頭にてご覧下さい。

ARCH 上田