Blog from ArchStyle » 2019 » October|archstyle|Arch アーチ

ALDEN / EXCLUSIVE MODEL CHUKKA BOOTS

2019.10.30 Wednesday 22:00:38| Author:admin| Categories:ALDEN

昨日はALDENのモディファイドラストの別注品をご紹介しましたが、本日は密かにもう一足製作してもらっていたバリーラストを用いたEXCLUSIVE MODELをご紹介いたします。

本国アメリカの定番的な木型といえばバリーラストと言われる程、アメリカでは主流の木型です。

アメリカでのモディファイドラストの流通は、オーソペディックシューズ専門店などの限られたお店にしか置いていない為、販売できるお店はごく僅かで日本のほうが流通しているのが現状です。

バリーラストはより広く認知されており、様々な人種や足型を持っているアメリカ人にとって人気が高く、認められている木型です。
モディファイドラストに比べややポテッとしたやや無骨な雰囲気のバリーラストはアメリカらしい表情を見せてくれます。

そんな複雑な足事情を持つアメリカに認められた木型は日本人の足にもハマる一足であることは間違いないのではないでしょうか。

Unknown

本日ご紹介致しますEXCLUSIVE MODELは”北海道の冬にも履ける一足”というテーマを掲げ製作致しました。
雪の中でもガシガシ履ける、僕たちも待望していたALDEN。

今回のEXCLUSIVE MODELは、正にALDENらしい実用性に富み、雪道に強く、タフにガシガシ履くことが出来るON,OFF問わずに使用できる一足です。

IMG_0052

ベースにしたのはALDENの中でも定番的な位置付けのCHUKKA BOOTS。
ミドル丈のプレーントゥいうところでスーツスタイルにもカジュアルにも相性がよく、雪道にもなんなく履けてしまう汎用性の高さが魅力的です。

IMG_0056

IMG_0059

アッパーにはホーウィン社のクロムエクセルレザーを使用。
オイルをふんだんに含んだレザーは雨や雪に強く、特段難しい手入れなどは必要としません。

日常的なケアと同じく、クリームとブラシくらいでいいのでずぼらな性格の僕にはとても嬉しい仕様です。笑

IMG_0060

そして一番重要視するのがソール。
どれほどアッパーが雪や雨に強くてもソールが滑りやすければ雪道には不安で履けません。

悩みの種の一つでもあったソールには北海道の雪道でグリップ力を最大に発揮してくれるプランテーションソールを採用。
生ゴムを使用したクレープソールは、雨や雪などの滑りに強く足元の安心感が一層強くなり、身を任せて歩けます。

北海道に生まれ育って26年間でこれほどまでに身を任せられるソールはなかなか出会えなっかたように思います。

IMG_0062

IMG_0058

クロムエクセルレザーは鈍く光る艶感やコードヴァンの様に入る深いシワが魅力的でもあります。
ポリッシュを施すとコードヴァンの様な光沢も出るので気分やシーンに合わせてお好みで磨いてみてはいかがでしょうか?

IMG_0049
COLOR BLACK
SIZE 7 / 7H / 8 / 8H / 9 / 9H / 10 / 10H / 11
PRICE ¥98,000+TAX

スラックスから5pocket jeansや軍パンまで幅広く相棒として活躍するであろうCHAKKA BOOTS。
ここまで実用的でタフな一足はALDENをお持ちの方もまだ持っていない方にも満足して頂ける、自信を持ってオススメ出来るEXCLUSIVE MODELです。

需要と供給のバランスが取れていないALDEN。
今回約4年の歳月をかけてようやく今週末からのイベントでお披露目することが出来ます。

是非ご覧下さい。

ARCH 上田

スクリーンショット 2019-10-27 22.23.00

 〜MY ALDEN STORY 〜

ALDEN2019 11

【 ALDEN TRUNK SHOW & KINJI’S FLEA 】
2019 11/2(SAT), 11/3(SUN), 11/4(MON)

ARCH 1F ALDEN TRUNK SHOW
ARCH 2F KINJI’S FLEA
ANATOMICA SAPPORO MAQUEEN PANTS FAIR

McQueenPantsとIVYbyKINJITERAMOTO

 

ALDEN / EXCLUSIVE MODEL by Arch

2019.10.29 Tuesday 20:59:18| Author:admin| Categories:ALDEN,Vintage

souliersphoto-400x262

昨日紹介しました、モディファイドラストを用いたALGONQUIN・通称V-TIP のモデル。

モディファイドラストを紐解いていくと、その歴史はWWⅡ以前にUS MILITARYに支給されていたサービスシューズに辿り着きます。

当時、足に問題を抱えた兵士が多く、その問題を解決しいく為に開発されたのが始まりです。
整形外科的なアプローチから作られたその靴は、”マンソンラスト”と呼ばれています。

そして、後にマンソンラストに改良(モディファイド)を加えて生まれたのが、現在のALDEN社が持つモディファイドラストと言われております。

ARCHとして約4年前にオーダーした別注モデルは、1940年代のサービスシューズの背景にフォーカスして製作しました。

IMG_0044

1940年代のUS MILITARYのサービスシューズの中でも、US ARMYに支給されていたブラウンのベーシックな一足に着目しています。
ARMY に支給されていた一足は、ベーシックなプレーントゥのモデルであり、色味は明るめのブラウン。

US NAVYのサービスシューズ(ブラック)とは、また違った良さがこの一足にはあります。

実の所、ALDENの定番の中には、モディファイドラストのブラウンのプレーントゥというモデルは存在していません。

そういった背景もあり、当時存在していたUS ARMYのサービスシューズの様な、普遍的な一足を作る為に、別注依頼しました。

IMG_0033

IMG_0034

IMG_0038

IMG_0043

IMG_0041

アッパーに採用したカーフレザーの色味は、”HUNTER BROWN”と呼ばれるカラー。
40年代当時のサービスシューズに限りなく近い色味を落し込みました。

マンソンラストの流れを汲み取り、木型にはモディファイドラストを採用。

“HUNTER BROWN”の色味と”モディファイドラスト(矯正靴)”の組み合わせは、まさに40年代のUS ARMY サービスシューズを彷彿とさせる仕上がりになりました。

IMG_9928

アウトソールには、ウォーターロックソールを装着しています。

オイルをたっぷりと染み込ませたこのソールは、雨等の水に強く、悪天候でも気にせずに履ける仕様となっています。

IMG_0031
COLOR HUNTER BROWN
SIZE 7 / 7H / 8 / 8H / 9 / 9H / 10 / 10H
PRICE ¥95,000+TAX

ミリタリーが持つ背景にフォーカスして製作した一足は、非常にARCHらしい仕上がりになりました。

整形外科的アプローチによって誕生したモディファイドラストの木型は、スニーカーよりも履きやすい靴、あるいは走れる靴とも言われるほどの履き心地です。

間違いなく一度履くと、その履き心地の良さにやみつきになります。

需要と供給のバランスが取れていないALDENだけに、オーダーしてから入荷するまでの目処が立っていないモデルが殆どです。

そんな中、今週末から開催する”ALDEN TRUNK SHOW”のタイミングで、この別注モデルが入荷してきたのは僕らが一番驚きでした。

渾身の別注品です。

是非ご覧になってください。

ARCH 宅見

スクリーンショット 2019-10-27 22.23.00

 〜MY ALDEN STORY 〜

ALDEN2019 11

【 ALDEN TRUNK SHOW & KINJI’S FLEA 】
2019 11/2(SAT), 11/3(SUN), 11/4(MON)

ARCH 1F ALDEN TRUNK SHOW
ARCH 2F KINJI’S FLEA
ANATOMICA SAPPORO MAQUEEN PANTS FAIR

McQueenPantsとIVYbyKINJITERAMOTO

ALDEN / ALGONQUIN BLUCHER OX

2019.10.28 Monday 20:54:32| Author:admin| Categories:ALDEN

IMG_9962

ALDENが、1960年代に開発した木型・モディファイドラスト。

人体工学に基づいたその木型は、整形外科的なアプローチにより生まれました。
足に問題を抱えた人達(外反母趾など)の足を矯正していくのを目的としたその作りは、足の自然な形態を邪魔しないインサイドストレートの形状になっています。

気飾る靴ではなく、足にストレスを与えない、履き心地を優先させた木型。

ALDENがモディファイドラストを開発し、初めて生まれたモデルが”ALGONQUIN BLUCHER OX “通称V-TIPです。

勿論、アッパーの構造も整形外科的アプローチによって生まれた理にかなったデザイン。

モディファイドラストを語る上で、避けては通れない存在なのがこのモデルなのです。

ARCHでは、このモディファイドラストの木型をメインで展開しています。

L1009477

絶対的な定番モデルである、ALGONQUIN BLUCHER OX “V-TIP”

入荷自体そもそも無いに等しいモデルでもありますが、今回奇跡的に入荷しています。

素材は、米・ホーウィン社の”CORDOVAN LEATHER #8 COLOR”です。

V-TIP とCORDOVANの組み合わせは、文句なしでしょうか。

IMG_9940

IMG_9957

IMG_9941

#8カラーのコードヴァンは、独特の色味と質感が堪らない素材。

赤茶のような色味は、ホーウィンのコードヴァンレザーの特徴の一つではないでしょうか。

IMG_9947

IMG_9948

IMG_9949

足を通すと土踏まずを押し上げるような感覚が心地よく、指がしっかりと開きストレスの無い状態を作り出します。

1970年代後半、モディファイドラスト特有のフォルムの美しさと実用性の高い履き心地に魅せられ、いち早く目を向け、PARISに持ち込んだのが、ANATOMICAのピエールフルニエ氏です。

モディファイドラストを世に浸透させた人物の一人なのは間違いありません。

偉大な存在であるピエール氏から、直接フィッティングを受けたのが約4年前のことです。

それまでは、自分の適正サイズのALDENを持っていなく、初めて適正サイズのALDENに足を入れました。

足を入れた瞬間は、そのフィッティングに少し戸惑いましたが、ピエール氏から『このサイズのモディファイドラストを履けば、今までの革靴の考え方が180度変わる』とご教授頂いたのを今でもしっかりと覚えています。

その言葉通り、適正サイズのALDENモディファイドラストを履いて数時間で、フィッティングへの考え方が180度変わりました。

その位、楽な歩行を可能にし、足に全くと言っていいほどストレスを与えません。

スニーカーより歩きやすいとも思っています。

見た目も勿論エレガントなのですが、何よりも機能的な革靴という概念に変わりました。


IMG_9938

COLOR #8
SIZE 7 / 7H / 8 / 9H
PRICE ¥124,000+TAX

今週末から開催します【ALDEN TRUNK SHOW+KINJI’S FLEA】
35SUMMERS 代表・寺本氏も、ALDEN 特設サイトにてこちらのV-TIPについて紹介しています。

スクリーンショット 2019-10-27 22.23.00

こちらのサイトも是非ご覧になってみてください。
豪華出演者達による、”ALDEN  MY STORY”は必見です。

ALDEN2019 11

【 ALDEN TRUNK SHOW & KINJI’S FLEA 】
2019 11/2(SAT), 11/3(SUN), 11/4(MON)

ARCH 1F ALDEN TRUNK SHOW
ARCH 2F KINJI’S FLEA
ANATOMICA SAPPORO MAQUEEN PANTS FAIR

ARCH 宅見

The Inoue Brothers

2019.10.27 Sunday 22:16:33| Author:admin| Categories:News!!,THE INOUE BROTHERS

IMG_9904

”Style can’t be mass-produced”

スタイルは大量生産出来ない。

THE INOUE BROTHERS ブランドコンセプト

この言葉を聞くと初心に帰るというか…洋服にとって大事な物がなんなのか再認識させられます。

ブランドの顔でもあるアルパカウール。
”THE INOUE BORTHERS”のニット製品は、アンデスに住むボリビアの人々との信頼関係、”人と人との繋がり”から生まれているといっても過言ではありません。

snow-400x266

behind_the_scenes_scenario_02-400x266

アンデスの 標高3000mを超える山脈に生息するアルパカ。
1日の寒暖差が激しいこの地域は、朝起きると雪が積もり、昼になると雪が溶けるほどの気温に上がります。

その環境下に適応する為に、アルパカはその都度体温調整をして身を守ります。
一本一本の毛が真空状態になっており、その時の気温に合わせて空気を取り込んだり抜いたり出来るのです。

寒いところでは空気を取り込み温め、暑いとこでは空気を抜き熱をこもらせない、まさにサーマル効果と一緒の原理です。

自然のサーマル効果を持つ極上のアルパカウールを用いて生まれるのが、”THE INOUE BROTHERS”の製品。

現地に住む生産者の方達とフェアな関係を築き、”ダイレクトトレード”という形で、アルパカのウールを洋服へと昇華しています。

【CREW NECK SWEATER】
IMG_9879
COLOR  BLUE / BLACK / CAMEL/ GREY
SIZE S / M / L /XL
PRICE ¥44,000+TAX

ROYAL ALPACAと呼ぼれる、アルパカウールの中でも最上級に位置するウールを用いたハイゲージニット。

極僅かなアルパカからしか採れない非常に貴重なウールです。
通常のアルパカウールは繊維が太く、ハイゲージのニットを編むのが難しいとされています。

ROYAL ALPACAは、カシミアと同じクオリティを誇ると言われており、その滑らかさと気心地の良さは、一度着てしまうとやみつきです。

この貴重なウールは、THE INOUE BROTHERSでしか扱えていない、門外不出のウールなのです。

L1009819

ベーシックなクルーネックは、この時期インナーに重宝します。

ピッタとした着用感ではなく、ややゆとりがある為、インナー使いに収まらず一枚でも着てもサマになります。

【TURTLE NECK SWEATER】
IMG_9875
COLOR RED / BLUE / BLACK
SIZE S / M / L / XL
PRICE ¥44,000+TAX

同じくROYAL ALPACAのウールを用いたタートルネック。
今季は、レッドを新色で追加しました。

ハイゲージニットではあるものの、程よい肉感があるのもこのウールの特徴です。

ジャケット、ベストのインナーには最適な一枚です。

L1009913

L1009911

L1009910

【WAFFLE HIGH GAUGE SWEATER】
IMG_9880
COLOR BLACK / GREY
SIZE S / M / L
PRICE ¥46,000+TAX

続いては、ハイゲージワッフルニット。
こちらは、ワッフル編みで仕立てられた肉感のある一着です。

スウェット感覚で愛用できるのが魅力ですね。

IMG_9883

IMG_9888

IMG_9890

全てのニットが、リンキングという古い機械で縫製している為、一度糸が抜けると縫製が解けてしまう場合があります。
それを防ぐために、その箇所にレザーを施し補強しています。

こういった部分に、THE INOUE BROTHERSのアイデンティティを感じます。

L1009815

【ROYAL ALPACA MOCK NECK SWEATER】
IMG_9895
COLOR GREY
SIZE S / M / L
PRICE ¥54,000+TAX

今回、新作となるモックネックセーター。
こちらは、最上級のROYAL ALPACAを用いて製作した贅沢な一着です。

IMG_9896

IMG_9898

ローゲージで編み立てられた肉感に加えて、全くチクチクしない極上のアルパカウール。

着用したら分かるなんとも言えない感覚。

ウールとは思えない心地良い気心地を体感してください。

L1009908

ニットウェアに加えて、ストール類も入荷してきています。

毎年即完売するアイテムですので、お早目にご覧になってください。

今週末から、久々となる合同イベントを開催します。

ALDEN2019 11

【 ALDEN TRUNK SHOW & KINJI’S FLEA 】
2019 11/2(SAT), 11/3(SUN), 11/4(MON)

ARCH 1F ALDEN TRUNK SHOW
ARCH 2F KINJI’S FLEA
ANATOMICA SAPPORO MAQUEEN PANTS FAIR

McQueenPantsとIVYbyKINJITERAMOTO


11月2日から3日間限定で、”ALDEN TRUNK SHOW”を開催します。


ALDEN正規輸入代理店・LAKOTA の協力の元、約50種類のALDENが店頭に並びます。
普段は、ARCHで展開していないモデルをイベント期間限定で展開します。

5年前にオーダーを入れていたARCH別注のALDENもイベント当日から発売します。

今回特別にLAKOTAの会長である血脇 孝昌氏にもARCHの店頭に立って頂きシューフィッティングを行なって頂きます。

そして、当時開催で毎年恒例の35 SUMMERS代表 寺本 欣児氏による、”KINJI’S FLEA”をARCH2Fにて開催します。
寺本氏が所有するヴィンテージアイテムを一挙に放出します。

今回は、IVYに纏わるアイテムを中心に揃えて頂いております。

今回、KINJI’S FLEAでお買い物して頂いた方限定で、ANATOMICAの定番ボトムス  MCQUEEN PANTSが15%OFFというスペシャル企画も実施します。

イベントの詳細は、追ってこちらから紹介してきますので、楽しみにしていてください。

HP TOPベージにて、ALDEN HISTORYと題したサイトを開設しております。
是非、こちらもご覧になってください。

スクリーンショット 2019-10-27 22.23.00

ARCH 宅見

BONCOURA 手織りTWEED

2019.10.25 Friday 21:44:12| Author:admin| Categories:BONCOURA

スクリーンショット 2019-10-25 18.52.41

理想のTWEEDを求めて、海を渡り毛織物の聖地・ENGLANDに足を運んだBONCOURA森島氏。

現在では、滅多に見る事のない”手織り機”でツイードを織る小さな工房に出会いました。

その工房にいる数少ない職人しか織ることが出来ない生地は、普段テーラーのメッカでもあるサビルロウに生地をおろしています。
今回その生地をBONCOURA完全オリジナルのスペシャルファブリックで製作致しました。

IMG_9704

IMG_9707

常にものづくり、生地にこだわり作っている森島氏もこのツイード生地は別格と賞賛するほどに圧巻の存在感です。

字面だけでは簡単に聞こえてしまうかもしれませんが、かなりの手間暇をかけています。
1日に織れる生地のメートル数は5Mほどでこのジャケットに換算すると1日に1着しか仕上げることが出来ません。

L1009691
COLOR / BLUE
SIZE 36 / 38 / 40 / 42
PRICE ¥160,000+TAX

ブルーをベースにしながらも近くで見ると何色も混在する色合いはクラシックなTWEED。

IMG_9713

ベーシックな一着は単色の糸で織られるものとは違い、何年も経ちいい表情を見せてくれます。
徐々に身体に馴染みしなやかで柔らかくクタッしていくことが容易に想像できるのではないでしょうか。

IMG_9709

生地ももちろんですがそこだけではないのがBONCOURAのこだわり。
通常、テーラーのジャケットで約200工程を通して製作されますが、このジャケットはその倍の約400工程を要して製作されています。

全体的に丸みを帯びたシルエットは日本人の骨格に合わせられたもの。
写真を見ていただくと、より身体にピタッとそっているのが分かるはずです。

ジャケットの骨組みとなる毛芯を立体的に形成することによりこのシルエットを生み出します。
平明的ではなく立体的に製作するという職人技がなければ出来ない一着は拘り抜かれてやっと完成したもの。

着てみないと分からないかもしれませんが、限りなくビスポークに近い既製服だと僕は感じます。

L1009746

L1009748

肩を上げた際にも肩周りが浮かず、フィットしています。
諸先輩方から、普通は肩を上げた際に肩の部分が浮いてしまうと聞いていて、より一層このジャケットの着やすさを体感しました。
気づきにくい部分ではありますがこういった細かな部分にも抜かりなくこだわるのがBONCOURAらしさではないでしょうか。

L1009744

5POCKET JEANSに合わせてもタイドアップスタイルにも一役買ってくれ、日常的に着用出来る汎用性の高さがこのジャケットの魅力でもあります。

L1009739

L1009741

男のマストアイテムでもあるTWEED JACKET。
こだわりのある一着を探している方はもちろん、まだ持っていないという方にもぜひお試し頂きたい一着。
生地も含め至高の一着であることは一目瞭然だと思います。

L1009688
COLOR / NAVY
SIZE 38 / 40 / 42 / 44
PRICE ¥230,000+TAX

L1009689

そして今期初となる手織りのTWEED COAT。
森島氏がこだわり抜いて製作し、満を侍した一着が待望の入荷です。

IMG_9725

IMG_9717

ベースは森島氏が所有する何着ものヴィンテージのステンカラーコート。
ベーシックな形に手織のTWEEDをのせたコートはかっこよくないわけがありません。

IMG_9720

IMG_9723

肩口はラグランスリーブですが、シングルではないタイプ。
ですが森島氏の所有するヴィンテージの中にこういった肩口の仕様があり、この状態でも肩が全く張らずにシングルラグランと同等の着やすさを誇ります。
また袖通しの良い裏地はセーターなどのウールを着ていても絡まることで着にくいということはありません。

L1009774

L1009775

ネオビーの色も相まってこれからの時期に間違いなく着用出来る一着。
ON,OFF問わず気兼ねなく着て頂けるのではないでしょうか。

L1009755

L1009767

ここまで追求したTWEEDはなかなかお目にかかるれるものではありません。
大量生産や効率性など優先してものが作られる現代の洋服は昔からの文化や職人の技術が継承されずに各国の良さが見えなくなってきたりもします。
徐々に失われつつある生産方法や技術に対して時代と逆行するようにものづくりを真摯に行い続けるBONCOURAは稀なブランドではないでしょうか。

是非一度そのものづくりの良さを体感してみて下さい。

ARCH 上田

KLASICA / GLEN CHECK

2019.10.23 Wednesday 18:49:51| Author:admin| Categories:KLASICA

KLASICAに初めて出会ったのはまだお客さんの頃でした。
異質な雰囲気を醸し出しながらも空間として妙にマッチしているラック。
それがKLASICAでした。

Archと同じ”ヨーロッパヴィンテージ”という共通項を持つKLASICAの洋服はヴィンテージとの相性もよく、いつも楽しみにしているブランドの一つです。

用の美をデザインソースに落としこまれる洋服は、生地も相まって唯一無二の存在感を放ちます。

L1009543

GLEN CHECK。
イギリスの伝統的な柄の一つでもあるこの模様は、スーツなどで見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。
今期のKLASICAはこの柄を使いつつも全てブラックで表現。

ぱっと見ブラックに見える生地ですがよく見るとさりげなくGLEN CHECKが浮き出ています。
無地が多いKLASICAならではの控えめな生地ですが、洋服に合わせることで絶妙なバランスでエッセンスを与えてくれます。

IMG_9558

なんといっても空気を含み、ふっくらとしつつも、何度も着用したかのようなクタッとした枯れた表情の生地に載せたGLEN CHECKがたまりません。

本日はこのGLEN CHECKを用いたジャケット、パンツ、コートをご紹介致します。

L1009580
 COLOR BLACK CHECK
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥69,000+TAX

まずは定番でもあるNORTON。
かつてヨーロッパの労働者達は一着で様々なシーンで使えるジャケットを着ていました。
その都度ラペルや装いを変えながら。

L1009562

その時代背景を写したジャケットはドレープ感があり、カーディガンのような感覚で羽織っていただけます。
凹凸のあるウールの生地と相まって柔らかく、かしこまりすぎずに、日常的に使っていただけるアイテム。

L1009585

両サイドに施された内側のポケットは大きめでメモ帳やペン、携帯など様々な用途で着用してもなんなく物が入ります。

L1009582

ラペルを見せて着るのももちろんかっこいいのですが、僕はスタンドカラーとして襟を立てて着るのが好みです。
今時期はJOHN SMEDLEYのハイゲージタートルなと合わせたくなります。

L1009628

ラペルを見せて着るときはかっちりしすぎない生地やシルエットなのでシャツのボタンを一つ開け少しラフくらいでも様になるのではないでしょうか。

L1009631

L1009655
 COLOR BLACK CHECK
SZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥36,000+TAX

続いてはMORROW。
3タックのテーパードがきつく入ったトラウザースは裾をロールさせるようにとあえて長めに設計されています。
ハイウェストの設計でいて、太もも周りにゆとりがあるので、着用感はとても楽で軍パンなどを履いている感覚に近いような気がします。

L1009632

ですが、膝からのテーパードが効いており、とても綺麗に見えるように設計されており、スラックスのような感覚で穿けます。
GLEN CHECKと相まって品よく穿いて頂ける一本は、見た目と穿き心地が良い意味で相反したトラウザースです。

IMG_9554

サスペンダーも付けられる仕様なのでお好みに合わせてベルト、サスペンダーと変えて頂けます。

L1009565

L1009637

また、先ほどご紹介したNORTONとセットアップとしての着用も可能。
落ち着いたGLEN CHECKの為、合わせて着てもうるさくなく纏まりよく着て頂けます。

かしこまらずに肩の力を抜いて日常的に使えるセットアップは探されている方も多いように感じますが、こういった上下はなかなか探しても見つからないのも事実です。
だからこそ妥協のない一着をお試し頂きたいです。

そして最後にこちらも定番であるFR-C’43。

L1009616
 COLOR BLACK CHECK
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥126,000+TAX

フランス軍のバイカーコートとアメリカ軍のレインコートを掛け合わせた一着。
そのコートにイギリスの伝統的な柄を持つGLEN CHECKがなんとも憎いです。笑

洋服のそれぞれのスタイルを持つ三ヶ国を織り交ぜながらもチグハグにならなず、バランスよく仕上がっております。
どの国の特色が、というよりはそれをまとめ上げ、KLASICAらしく落とし込まれているのは流石の一言。

ミリタリーコートをベースにしながらもAラインに広がった綺麗なシルエットで動きを生み出す一着は、無骨さなどは感じ取らせず、品のあるシックな印象です。
ウェストに施されたベルトを無造作に縛り、ウェストに絞りを入れることでまた違った見え方がし、様々な着こなしができるのではないでしょうか。

L1009654

しかしながら機能性はやはりミリタリーをベースにしているからこそ。

L1009621

L1009648

襟を立ててチンストラップで締めることで首元の防寒性を高めてくれます。
また、袖に付属されたベルトも絞ることで冷たい風の侵入を抑えてくれ、これからの季節にとても重宝します。

IMG_9552

L1009622

ラグランスリーブの肩口なので可動域が高まるのと同時に、中にセーターやジャケットを着込むも出来、3シーズン着れるのも嬉しいポイントではないでしょうか。

クラシックな装いでも、カジュアルに着てもまとまる一着は着てみると汎用性が高く、気負わずに着て頂けます。

L1009641

L1009644

店頭には続々と秋冬物が届いております。
ご紹介する前になくなってしまったアイテムもございますので是非お早めに今期のお気に入りを見つけにいらしてください。

ARCH 上田

Oldman’s Tailor Special Event

2019.10.19 Saturday 20:36:31| Author:admin| Categories:ALDEN,Oldman's Tailor

昨日から開催しております【Oldman’s Tailor Special Event】

別注で製作したワークジャケットとパンツも大変好評頂いております。

デザイナーのシムラ氏、大貫氏も皆様をお迎えしています。
本人達から生産背景や洋服についてなど、Oldman’s Tailor の世界観をお話し頂き僕ら自身も勉強になっております。

L1009482 2

L1009488

L1009491

イベントは明日まで開催しておりますので、是非この機会にご来店くださいませ。

そして、このタイミングでまさかの入荷がありました。

L1009473

L1009477

L1009479

L1009478

 

現在枯渇状態にあるALDENのコードヴァンレザーを用いたシューズ。

約5年前にオーダーしていたモデルが入荷してきました。

需要と供給のバランスが取れていないALDEN。
米・ホーウィン社のコードヴァンは、厳選された部位だけを採り製品にしているので、採れる量が少ない分、最も入荷が遅い素材でもあります。

世界中から膨大なオーダーが入っており生産が間に合っていないのも事実です。

そんな希少価値の高い素材が3型同時に入荷したのは奇跡的です。

是非、お早目にご覧になってください。

ARCH 宅見

Oldman’s Tailor SPECIAL EVENT

2019.10.17 Thursday 21:29:02| Author:admin| Categories:Oldman's Tailor,OLDMAN'S TAILOR

いよいよ明日に迫ったOldman’s Tailor SPECIAL EVENT。
今回の別注はフランスからみたアメリカという言葉がまさにピタッとはまる一着に仕上がっております。

明日からのイベントでは別注ももちろんですがOldman’s Tailorからお貸し頂きましたアイテムなどもずらっと並びます。
普段店頭では並んでいないアイテムも多数Oldman’s Tailorから届いておりますので本日は一部ご紹介致します。

L1009231

IMG_9348

L1009435

L1009376

L1009022

L1009235

L1009381

L1003992

L1009076

L1009039

L1009205

L1009132

L1009461

L1009441

L1009445

L1009448

L1009455

L1009464

L1009472

L1009458

L1009466

失われつつある職人の技術、織り機を伝承し洋服を製作するOldman’s Tailor。
昔ながらの古き良き織り機で紡ぎ出された生地は空気を含み柔らかく着る人に馴染んでいきます。

当店では取り扱いがありませんが、”R&D.M”というOldman’s Tailorのチームが手がけているレディースラインのコレクションもあります。
その洋服ももちろん素敵ですが、Oldman’s Tailorの洋服も是非女性に着て頂きたい一着です。

明日から三日間しむら氏、大貫氏にも来札して頂き、皆様をお出迎え致します。

ArchとOldman’s Tailor。
ヨーロッパのヴィンテージに惹かれた両者が組み合わさる事でいつもとは違う世界観になっております。
きっと真新しく新鮮に映り、楽しんでいただけるイベントになるはずです。

皆様お誘い合わせの上是非ご来店下さい。

OLDMANSTAILOR LOGOのコピー

OLDMAN’S TAILOR × Arch SPECIAL EVENT
10/18(FRI)〜20(SUN)
IN Arch PREMIER ETAGE

ARCH 上田