Blog from ArchStyle » 2019 » December|archstyle|Arch アーチ

年末のご挨拶

2019.12.30 Monday 18:50:46| Author:admin| Categories:News!!

本日を持ちまして2019年度の営業も無事終了致しました。

ARCHオープンから今年で15年を迎える事が出来きたのも、いつもご愛顧して頂いております皆様のおかげで御座います。

この場をお借りして心よりお礼を申し上げます。

来年度は、皆様に洋服を通じて興奮できる何かを提案出来ればと思っております。

スタッフ一同、より精進してまいりますので、これからも宜しくお願い致します。

来年度は、2020年  1月2日から営業がスタートします。

新年一発目は、原点に帰り、VINTAGE ITEM を一挙に発売いたします。
イギリス物をメインに、BARBOUR、BRITISH WORKなどが大量に入荷していますので、楽しみにしていてください。

L1003442

L1003447

L1003457

L1003452

L1003451

L1003455

bc8f2bac46b84f8b01e2c5e310777519-400x266

来年度も皆様にお会いで出来るのを楽しみにしております。

<<年末年始の営業時間のお知らせ。>>
2019 / 12 / 31 (火) 休業日
2020 / 1 / 1 (水) 休業日
1 / 2 (木) 11:00~18:00
1 / 3 (金) 11:00~18:00
1 / 4 (土)〜 通常営業(11:00~20:00)

ARCH スタッフ一同

Jamieson’s / Fair Isle Vest

2019.12.26 Thursday 20:16:23| Author:admin| Categories:Jamieson's

“FAIR ISLE SWEATER”
400年以上編み続けられている伝統的なセーターは独特の色味使いと幾何学模様に目を奪われます。

L1003310

今やイギリスのファッションアイコン達によって幅広く知れ渡っているフェアアイルセーター。
フェアアイルセーターの特徴でもある幾何学模様はフェア島に住む漁師の家紋や、エイトスター(雪柄)などの様々な柄が使われています。

400年以上の長い歳月をかけて編み続けられてきたからこそ、唯一無二の存在感を放ち、意味のある柄からは歴史を感じてなりません。

POW-307x400

その中でも当時ファッションリーダーとしても知られる”プリンス・オブ・ウェールズ”(写真中央)
元来、フェア島の地場産業だったフェアアイルニットがこの人物によって世に知れ渡ったと言うのが、僕の知る限り最も有名な話です。

Archには欠かすことの出来ない定番のFair Isle Sweaterが今年も入荷致しました。

スコットランドの北東、北海に浮かぶシェットランド諸島最古のニットファクトリー、Jamieson’s(ジャミーソンズ)。
伝統的な草木染を施したシェットランドウールで美しいフェアアイルニットを編み続けてきたファクトリーです。

IMG_3315

IMG_3312

L1003277
COLOR BLUE
SIZE 36 , 38 , 40 , 42
PRICE ¥22,800+tax 

l_3cc9f040-fec8-11e1-beee-cba7cac00008-270x400

カラーは2色展開になります。
Archではもうお馴染みとなったBLUEはポールマッカートニーが着ていることで知っている方も多いのではないでしょうか。

IMG_7379

発色が良く、野暮ったいアイテムに合わせても新鮮に映る1着はミリタリーアイテムとも好相性。

IMG_3314

L1003279
COLOR BROWN
SIZE 36 , 38 , 40 , 42
PRICE ¥22,800+tax

続いて当店では初展開となるBROWN。
BLUEに比べ、ややくすんだ色合いがよりクラシックに映るカラーは個人的にツボな1着です。

ツイードジャケットのインナーとしての合わせはArch鉄板の着こなしです。
個人的には今時期はハイゲージのタートルネックに合わせたりする着こなしもお気に入りで、重たくなりがちな冬の装いに一役買ってくれます。

L1003282

L1001639

同じ色味のツイードのアウターに合わせてもよし、タイドアップにフェアアイルベスト、ツイードジャケット、トラウザーなどの綺麗目な着こなしにも一役買ってくれます。

イギリス、アメリカなどの国を問わず、メンズファッション史を語る上で欠かすことの出来ないベーシックなアイテムの為、1枚は手に入れておいて間違いのないアイテムと言えます。

IMG_7380

シンプルな装いでも一枚挟むだけでブリテッシュにまとめてくれるところがこのセーターの好きなポイントでもあります。

SHETLAND-400x318

また、極寒の地で育ったシェットランドシープのウールを用いた1着はもちろん保温性も抜群です。
特にベストは嵩張らずに着用できるので、重ね着を必須とする北海道では重宝するのではないでしょうか。

サイズが欠けてしまう前に是非店頭にてご覧ください。

ARCH 上田

Ce Forsyth Shaggy Dog Sweater

2019.12.24 Tuesday 21:14:22| Author:admin| Categories:Ce Forsyth

IMG_3207

この季節になると、毎日と言っていい程愛用する欠かせないアイテムが『ニット』です。

ハイゲージからローゲージと、様々な種類のニットをセレクトしていますが、ARCHの定番としてなくてはならないのが”シャギードッグセーター”です。

L1003179
COLOR GREY / BLUE / RED / GREEN
SIZE 38(S) / 40(M) / 42(L) / 44(XL)
PRICE ¥24,800+TAX

シェットランド島の伝統的なニットウェアーである”シャギードッグセーター”。

写真を見ても分かるように、フワッとした起毛感が特徴的です。
アザミという植物の棘で起毛させこの状態を作り出していくという…なんともアナログな手法を用いています。

シェットランドウールを起毛させる事で、さらに保温性が高くなっています。

IMG_3211

IMG_3213

数あるシャギードッグセーターの中から、この”Ce Forsyth”をセレクトしているのは、ハンドフレームという手法で編み立てているからです。

胴体部分と裾から脇下を通り腕部分にかけての縫い目がない仕様は、今では非常に珍しいディテールです。

IMG_3214

気心地が良いのは勿論ですが、何よりも軽いのが魅力的かもしれません。
着ていて全くストレスを感じません。

スウェット以上に着易いと思います。

スクリーンショット 2019-12-24 13.26.30

L1003200
COLOR OX FORD (GREY)
JACKET US ARMY M-43 JACKET
SCARF VINTAGE HERMES

カラーは4色を展開しています。
ベーシックなチャコールに加えて、発色の良い3色をセレクトしました。

IMG_3219

ダークトーンになりがちが秋冬だからこそ、インナーにこの手の色を差すことで、コーディネートの幅が広がります。

L1003183

スクリーンショット 2019-12-24 13.26.48
COLOR  OCEAN FORCE (BLUE)
JACKET ARCH SAPPORO
SCARF BLUMER
BOTTOMS BONCOURA MOLESKIN PANTS

L1003186

スクリーンショット 2019-12-24 13.26.20
 COLOR VINTAGE GREEN
JACKET BONCOURA
SHIRT IKE BEAHER
BOTTOMS AUBERGE

スクリーンショット 2019-12-24 13.26.39
 COLOR BLAZE (RED)
JACKET FRANK LEDER ジャーマンレザー
BOTTOMS FRENCH ARMY M-47

サーマルやセントジェーム等の上から着るもよし、ボタンダウンシャツの上からトラディショナルな着方もありです。

今回セレクトした発色の良い色味は、フレンチアイビーをイメージしてカラーセレクトしました。

OCEAN FORCE(BLUE)は、同系色のネイビー等に合わせてもコントラストが綺麗に映る。

VINTAGE GREENは、ブラウンやベージュなどの淡い色味に。

BLAZE(RED)は、ブラック等のワークジャケットに合わせたいなぁと….

昔から変わらないスタイルのある『ニット』は、男ならば一着を持っておくべき一枚です。

ARCH 宅見

OUTIL / Motorcycle Coat Arch Exclusive Model

2019.12.22 Sunday 20:39:35| Author:admin| Categories:OUTIL

L1003057

昨日アナウンスさせて頂いておりましたOUTIL “MOTORCYCLE COAT”

フランス軍のM-47 PANTS後期型の素材、”HERRINGBONE”をイメージして製作した一着は、僕らの想像の遥か上をいく完成度で仕上がりました。

IMG_3086

IMG_3084

先ず見て頂きたいのが、”素材”

OUTILの代名詞とも呼べるフランスでの生産。
今回使用している生地も、フランスにて製作しています。

オーガニックコットンと古いエクヤーン糸と呼ばれる糸を、1940年代のベルギー製の古い織り機で織り込んでいきます。

フランス軍のM-38が作られていた時代背景と重なるその織り機で作られたファブリックは、ヴィンテージと同様の空気を纏っているように感じます。

ヘリンボーンの凹凸感や、柔らかな生地感は、この織り機だからこそです。

オリーブカラーは、桑の葉とくちなしという植物によるナチュラルダイにて染め上げています。

L1003051

オリジナルのデザインに忠実に沿っているものの、フィッティングを微妙にOUTIL流にアップデートしています。

身幅やアームホールの太さなど、ミリタリー特有の野暮ったい匂いがありながらも、日本人の体型に合うフィッティングになっています。

L1003054
COLOR OLIVE
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥68,000+TAX

L1003060

オリジナルにはない、ヘリンボーンの素材がなんとも新鮮に映ります。

細かいパーツなど、細部のディテールにも拘り抜いています。

L1003092

L1003093

オリジナルでは表現できない、綺麗なシルエット。

ボタンを開けた時の絶妙なボリューム感がこのコートの最大の魅力だと思います。

L1003062
COLOR BLACK
SIZE 2 / 3 / 4
PIRCE ¥68,000+TAX

カラーはオリーブとブラックの2色展開です。

ブラックの色味は、OUTILが得意とする染めの技術を存分に楽しめる生地になっています。

IMG_3077

IMG_3070

IMG_3078 2

IMG_3079

インディゴ染めした上から、さらに墨染を施した独特の生地。

ブルーとグレーが混ざり合ったOUTILらしい素材です。

凄まじい経年変化が想像出来る素材ではないでしょうか。

L1003065

インディゴヘリンボーンという生地は、フレンチヴィンテージを代表するファブリックでもあります。

フランスミリタリーとワークの古き良き時代の素材とデザインが融合したかのような一着に仕上がりました。

L1003099

コットン100%の素材ながら、裏地もしっかりと付いているので、長いシーズンに渡り着回しが効く一枚です。

今年最後となる別注品。

是非、ご覧になってみてください。

ARCH 宅見

French Army Motorcycle Coat OUTIL SPECIAL ORDER

2019.12.21 Saturday 20:19:26| Author:admin| Categories:OUTIL

IMG_9564-195x300

フランス軍の名作の一つである、M-38 Motorcycle Coat.

Archではオープン当初から提案しているヴィンテージであり、フランス買い付け時に見つける事があれば、必ず買い付けます。

現在では、その姿を見る事は少なくなり、フランスで買い付けるのも困難になってきました。

M-47 Pants然り、フランス軍のこの年代の名品が、世の中から姿を消すのも遅くないような気がします…

限られた資源であるヴィンテージウェア。

そういった背景を間近で感じたからこそ、
そのスタイルを残し伝えていきたいと思い、今回OUTILにスペシャルオーダーを依頼しました。

IMG_2942

OUTILから新しくリリースされたフランス軍のモーターサイクルコート。
これをベースに、当時は存在しなかったであろう…もしかしたらあったのではないかという想像の元、別注依頼をしました。

当時のモーターサイクルコートに採用されてた生地はツイル素材。

M-47でいうなら初期型にあたります。

もしモーターサイクルコートがM-47でいう後期型の時代まで製作されていたのなら…

“HERRINGBONE”の生地で支給されていたのではないか?

そんな想像を膨らませながら生地に採用したのが、OUTILのスペシャルファブリック。

詳細は明日紹介します。

L1002928
COLOR BLACK , KHAKI
SIZE 2 , 3 , 4
PRICE ¥68,000+tax

ARCH 宅見

CASEY CASEY / WAX COTTON

2019.12.18 Wednesday 20:03:58| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

image

ヴィンテージと呼ばれる古い洋服達。

ヨーロッパの古い洋服の殆どが、手作業・人の手が加わり丁寧に作られていました。
その時代にしか存在しなかった生地・染料、そして手法。

そんな洋服達は、魂を宿したかの様に、今でも輝きを放ち圧倒的なオーラを放っています。

CASEY CASEYの洋服からもそれと同じ空気を感じます。

スクリーンショット 2019-12-18 16.09.14

デザイナーであるギャレス・ケイシーが、世界中から探し集めてきた最高級のファブリックを、パリのアトリエで手を加えてから洋服へと仕上がっていきます。

”染色、ウォッシュ、ツイスティング” 真新しい素材を自分達の手によって全く違う素材へと昇華する。

愛情を持って手を加えられた素材には、

ボロボロになってもなお輝きを放つヴィンテージと同じ空気を感じるのです。

CASEY CASEYの洋服を愛用していけばいくほど….手放せない本当の意味でのワードローブなっていきます。

CASEY CASEY19AWの商品は、既に紹介する間も無く完売してしまったアイテムが多いですが、どうしても紹介したいアイテムがありますので、本日はお付き合いください。

L1002808

CASEY CASEYが、ここ数年展開している”WAX COTTON”の生地。
おそらく、イギリスH社のオイルドクロスを使用しているかと思います。
本来、ベトっとしたオイルドクロスなのですが、CASEY CASEYは全く違うやり方でこの生地を表現しています。

極限までウォッシュをかけることによって、オイルド感がなくなり、何年もの間着込まれていったかのような雰囲気に…
オイルドの生地が、抜けていった際のシワ感が既に生地に現れています。

IMG_2796

IMG_2802

IMG_2801

IMG_2803

ただ単に生地がやれている訳ではなく、このシワ感と色の微妙な抜け感が、CASEY CASEYだからこそ出来る手法だと感じます。

決して着易いとは言えないオイルドクロスの生地とは裏腹に、柔らかく身体に直ぐに馴染む感覚こそ、真骨頂なのです。

L1002801

L1002802
COLOR KHAKI
SIZE S / M / L
PRICE ¥188,000+TAX

トレンチコートをベースとしたデザイン、そしてミリタリーオリーブがさらに目を引きます。

ミリタリーがルーツにあるトレンチコートのパーツを上手く削ぎ落としていき、シンプルな佇まいにした一着。

トレンチを象徴するエポレットやベルト、ボタンの数などを変更し、さらに着丈を絶妙な長さに設定しています。

L1002805

L1002804

僕がこのコートをどうしても紹介したかった理由は、2つです。

⑴ウォッシュによって変貌を遂げたWAX COTTONの生地。

⑵エレガントな印象に映るトレンチコートを、CASEY CASEY独自のシルエットとデザインで柔らかい印象にしている点。

男ならば一度は憧れるトレンチコートを、気軽に羽織れる仕様にしていると感じます。

スクリーンショット 2019-12-18 19.41.05

スクリーンショット 2019-12-18 19.40.14

このコートを着用した時に、一番特徴的なのがウエスト位置あたりから裾にかけてのシルエット。

フワッと丸くなるシルエットは、空気を含んでいる様な綺麗なラインを描きます。
歩いたり動いたりした方が格好良く映るシルエットです。

CASEY CASEYのパターンカッティングは、一線を画した技術だといつも感じます。
生地を取る分量が絶妙で、オーバーコートまでいかないがゆったりとしていて….言葉では言い表せない美しさがあります。

L1002820

L1002814

L1002815

このコートを羽織って街を歩くのを想像しただけで気分が高揚します。

僕もCASEY CASEYのトレンチコートを所有していますが、次PARISのCASEYCASEYの展示会に行く際は、間違いなくこのコートを羽織っていきますね苦笑

ARCH 宅見

KLASICA / DF-15C

2019.12.17 Tuesday 21:04:00| Author:admin| Categories:KLASICA

KLASICAの洋服には毎回驚かされることばかりです。
ディテールもさることながら、特筆したいのはなんとも言い難いこの生地感。

L1002729

古いシャトル機を使用し、ゆっくりと織り上げられた生地は、すでに何年も着込んで馴染んでいるかの様なしなやかさです。
硬く目の詰まったメルトンとは異なり、ソフトに仕上がった生地はどことなく色気すら感じます。

L1002698
COLOR BLACK
SIZE 2 , 3 , 4
PRICE ¥120,000+tax

英国のポストマンが着用していたDUFFLE COATを連想とさせる一着。
一般的に認知されているダッフルコートとは違い、フードがないのが特徴的です。
男臭さと英国らしい品の良さが相まって唯一無二に存在感を放ちます。

L1002699

L1002722

VINTAGEをリスペクトしながらも、生地とシルエットが相まってどこか品の良さも感じる一着。

トグルボタンや、少し横に配置された前たては当時のクラシックなダッフルコートを彷彿とさせるディテール。

L1002758

L1002753

襟を立てることで風除けにもなり、袖口の絞りを入れることで隙間風の侵入を軽減します。
これからの冷え込む季節にはとても重宝する仕様で安心感があります。

L1002721
BOTTOMS / BONCOURA
SHOES / PARABOOT

北海道の真冬にも耐えることのできる一着。
真冬であれば、白のタートルネックのニットなどに合せて着たいですし、今ぐらいの気温であればシャツにさらっと合せても様になります。

L1002659
KNIT CAP / JOHNSTONS
TURTLE KNIT / sus-sous

綺麗なシルエットや生地感なのでデニムや軍パンなど野暮ったくなるようなアイテムと合せても◎。
スラックスにシャツにタイ、フェアアイルベストにこのコートなどで着てもいいのではないでしょうか。

着用を繰り返すことでVINTAGEのような雰囲気を宿していくであろうKLASICAのDUFFLE COAT。
Archと同じ”ヨーロッパヴィンテージ”という共通項を持つKLASICAの洋服はヴィンテージとの相性も抜群です。

是非店頭にてご覧下さい。

ARCH 上田

ARC’TERYX VEILANCE

2019.12.16 Monday 20:48:12| Author:admin| Categories:ARC'TERYX VEILANCE

世界最高峰のアウトドアメーカーの一つである”ARC’TERYX”

大自然が広がるカナダにて設立したARC’TERYXは、元々はその地域のローカルクライマー達の手によって生まれました。

様々なアクティビティ(クライミングやスノーボードなど)を可能にする山岳環境で、最高のパフォーマンスを引き出せるウェアー・所謂”ギア”を作る為に生まれました。

”最新が最良”

この言葉をテーマに掲げ、アウトドアシーンに必要な新たな素材を常にアップデートし続けているのがARC’TERYXです。

そのARC’TERYXが、設立したカナダ製に拘り、よりタウンユースに落とし込んだラインが”ARC’TERYX VEILANCE”

アクティビティを可能にする”ギア”を搭載しながらも、あくまでも街着としての装いを追求したコレクションです。

そんなVEILANCEのコレクションの中から4型を、本日紹介します。

【GALVANIC COAT】
L1002565
COLOR BLACK
SIZE S / M / L
PRICE ¥165,000+TAX

ベーシックなステンカラーコートをベースとした一着。
取り外し可能なフードが着いており、ON・OFF対応可能なのが魅力的です。

表側に使われているシェルは、GORE-TEX PROを採用しております。

高い撥水性と透湿性を誇るGORE-TEXを生産する”W.L GORE&ASSOCIATES”と独占的に連携し、ARC’TERYX 独自の素材を使っています。

特徴的なのが、マッドなブラックの質感。

本来、やや光沢感がある素材なのですが、GORE-TEXとは思えない程の質感になっています。

IMG_2613

IMG_2615

IMG_2620

インナーには、ダウンを搭載しています。
ヨーロッパグースを贅沢に使用したグースは、850フィルパワーを誇ります。

某メーカーのダウンジャケットと同等のフィルパワーを持つダウンライナー+GORE-TEXのシェルがあれば、どんな環境にも対応出来るはずです。

DSC1587-262x400

【PATROL DOWN】
L1002580
COLOR BLACK
SIZE S / M / L
PRICE ¥220,000+TAX

続いては、VEILANCEのモデルの中でも唯一ライナーが外れるタイプのものになります。

DSC2906-264x400

DSC2909-264x400

DSC2911-264x400

ミリタリーパーカーを彷彿とさせるデザインと、お尻が隠れる着丈の長さが、アウトドアシーンでも活躍しそうな一枚。

シェルとダウン別々で使い、単品でも活躍するので汎用性が高いでしょう。

IMG_2605

こちらのダウンライナーだけでも、北海道の冬場では様々な使い方が出来るはずです

【ANNEAL DOWN】
DSC2902-264x400
COLOR BLACK
SIZE S / M / L
PRICE ¥115,000+TAX

フード一体型のデザインがシンプルでいて、男らしい一着です。
こちらのモデルは、非常に軽く、気心地がともて良いです。

DSC2904-400x265

DSC0023-400x265

勿論ライニングはヨーロッパグースを採用しています。

車等に乗る際に邪魔にならない着丈の長さがこのジャケットの一番の魅力かもしれません。
お仕事中や、車移動が多い方にとってはもってこいの仕様です。

DSC0018-264x400

【MONITOR DOWN】
L1002587
COLOR BLACK
SIZE S / M /L
PRICE ¥180,000+TAX

L1002589

最後は、ミリタリーパーカーをベースとした一着です。
このモデルは、直球のオリーブカラーをセレクトしました。

DSC2923-400x265

DSC2925-264x400

ポケットの付き方やテール部分にミリタリーの要素が含まれています。

IMG_2630

IMG_2629

ARC’TERYXの凄さは、洋服を縫う作業をしていないことです。
全て特殊な圧着という技術で生地を繋ぎ合せています。

ステッチングをしないメリットは、糸を通した際の穴が開かないこと。
そこからの水の侵入させも考慮し、全て圧着という方法を使っています。

L1002642

最新のテクノロジーを使い作り上げた最高峰のギア。

正直、この手のウェアーを今までさけてきた感は否めませんが、一度着てしまうと気心地の良さにやられていまいます。

大袈裟かもしれませんが、

一着持っていれば、厳しい環境にさらされても、身を守ることが出来るだろうという安心感と信頼感があります。

素材の進化というのは僕らの知らないところで大きく飛躍しており、それは洋服に限らず、身の回りの物にも通じる部分があります。

ミリタリーウェアーなんかもその一つでしょう。

”最新が最良”

この言葉の意味を、ARC’TERYX VEILANCEを着てより理解できた気がします。

ARCH 宅見