Blog from ArchStyle » My Vintage Vol.30|archstyle|Arch アーチ

My Vintage Vol.30

2016.03.25 Friday 21:23:09| Author:admin| Categories:KREIS,My Vintage

_DSC0761

今回は僕山内が、約3年愛用している【KREIS(クライス)社】のネイビーコードヴァンの2つ折り財布をご紹介します。

1963年9月 ドイツで創業し、現在も熟練の職人を抱えドイツらしい丈夫で確かな物作りをするメーカーです。

ここARCHで展開がスタートしてから4年目になりますが、その生産背景からなかなか安定して入荷してこないのが実情です。

_DSC0770

 

_DSC0783

 

使用しているコードヴァンにはホーウィン社のものを使っていて、一枚革なので財布の内側にはホーウィンのスタンプが垣間見えます。

職業柄もあって、今まで様々なタイプの財布を使ってきましたが、そんな中で自分の中で幾つかのルールが出来上がりました。

まず、

①財布には小銭入れが付属していない事。

通常5ポケットのジーンズを履いたときバックポケットに財布を入れるので、小銭で財布が膨らんでしまうのが、見た目にもどうも気に入らないというのが理由です。

②極力シンプルである事。

これは意外とそう思っている方は多いんじゃないかと思うのですが、カード入れと札入れのみのシンプルで素材の良いものを探すとなかなか簡単に見つからなかったりします。

なので、KREISの財布を展示会で初めて見たときは、自分が求めていたモノはまさにこれだ!と思った記憶があります。

③手に馴染みが良いこと。

財布は普段から肌身離さず持っているので、手に持ったときの質感はとても重要です。

コードヴァンというと靴のアッパーに使われている素材として有名ですが、財布として使い込む事で手に馴染み、手で触ったり、ジーンズのポケットに擦れることで、手入れをそんなにしなくても自然と良い光沢感が生まれてきます。

_DSC0769

個人的には普段愛用している腕時計のベルトにもKREISのコードヴァンのベルトを最近新調しました。

 

そして、明日26日,27日の二日間はKREISの日本総代理店である㈱ラコタの協力もあって、個人的にとても切望していたKREISのトランクショーを開催する事になりました。

普段ARCHでは未展開のアイテムもこの2日間のみ多数お目見え致しますので、春に向けて身の回りの持ち物を一刷したい方は是非この機会にご覧下さい。

僕自身は今回ネイビーのロングウォレットを狙っています!笑

 

また隣のANATOMICAでは開店3周年を迎え、明日の夕方17:00よりささやかなパーティーを開催します ⇒ 

この週末はARCH,ANATOMICAへとお誘い合わせの上、是非ご来店下さい。

実はとてもスペシャルな別注ALDEN(4年越し!)も入荷しております。

こちらはまた追ってご紹介致しますので楽しみにしていて下さい。

_DSC0767

ARCH 山内

 

₢킹