Blog from ArchStyle » “dugnad” a rain project “Norwegian Rain”|archstyle|Arch アーチ

“dugnad” a rain project “Norwegian Rain”

2017.09.19 Tuesday 22:21:39| Author:admin| Categories:NORWEGIAN RAIN

今年、ARCHのラインナップに新たに2つのブランドが加わります。

その1つが本日入荷したレインウェア ”Norwegian Rain”。

雨の多い土地ノルウェーで生まれたその洋服は 、”伝統” ”テクノロジー” “スタイル”を掛け合わせて誕生しました。

クリエイティブディクレクターを務める”Alexander Helle”が育ったノルウェー・BERGENは、1年の3/2は雨の日だと言われる街だそうです。
そんな”雨の都市”で生まれた彼いわく

「雨は人によって嫌いなものにも、好きなものにもなり得るが、明白なことはただ一つ。3日あったら雨は必ず降るということ」。

ノルウェーでは傘を持って出かける人がほとんどだそうで、そういった地域でも快適に過ごせるウェアー作りをと、レイン・ウェアの専門家と協力して洋服作りが始まっています。

ウォータープルーフの完全防水の素材を、伝統的なテイラリング技術でデザインを構築しているのが、【Norwegian Rain】の最大の魅力。

レインウェアには類を見ない綺麗なフォルムは、デザインを務める”T-MICHAEL”が成せる技だと思います。

スクリーンショット 2017-09-19 17.36.47

Norwegian Rain デザイナー2人

_DSC0057
_DSC0054
_DSC0049

_DSC0074
_DSC0088
_DSC0085
_DSC0102

ここ北海道も気温が低く雪が降る期間が長い土地です。

ノルウェーとは少なからずリンクする部分があり、北海道の土地ではどんな天候にも対応できる”ギア”としてのウェアは必要不可欠ではないでしょうか。

風邪を遮る防風性に優れており、雪や雨に濡れることもなく、ジャケット+厚手のニットを着込めるテイラリングで作られた仕立ての良いゆったりとした作り。

僕らが今季自信を持ってお勧めできる洋服です。

アイテムの詳細は後日ご紹介させて頂きます。

ARCH 宅見

 

₢킹