Blog from ArchStyle » Norwegian Rain / RAINCHO&RIVE GAUCHE|archstyle|Arch アーチ

Norwegian Rain / RAINCHO&RIVE GAUCHE

2018.10.26 Friday 21:14:33| Author:admin| Categories:NORWEGIAN RAIN

”雨の都市”  ノルウェーで誕生した【Norwegian Rain】

1年の2/3は、雨が降っていると言われる場所で育ったデザイナーの”Alexander Helle”。

そんな”雨の都市”で育った彼曰く、

「雨は人によって嫌いなものにも、好きなものにもなり得るが、明白なことはただ一つ。3日あったら雨は必ず降るということ」。

ノルウェーでは殆どの人が外出時に傘を持って出歩くそうです。

そんな地域でも快適に過ごせるウェア作りをしたいという想いから、レインウェアの専門家と協力して洋服作りが始まっていきました。

デザインを務める”T-MICHAEL”は、伝統的なテーラリング技術で洋服を構築していきます。

”伝統” ”最新のテクノロジー” ”スタイル”を掛け合わせて生まれる洋服は、実用性の高いレインウェアの機能を持ちながらも、モダンなデザインが融合した唯一無二の存在です。

スクリーンショット 2018-10-26 20.28.40

Norwegian Rain デザイナー二人 / Alexander Helle / T-MICHAEL

先ずは、ブランドを代表するモデル”RAICHO”を紹介します。
まさに二人が着用しているモデルがそうです。

DSC0082-271x400 COLOR BLACK
SIZE XS / S / M
PRICE ¥100,000+TAX

DSC0057-400x265
DSC0036-400x265

L1003722

名前の通り、ポンチョをベースとした一着は、たっぷりとしたシルエットが特徴的です。

この手のアイテムでアームがあり、コートとして着用出来るの点が他にはないと思います。

DSC0032-264x400
DSC0047-274x400
オーバーコートの役割を担うアイテムであるものの、テーラリング技術で裁断された洋服は、綺麗なシルエットを生み出しています。

付属しているベルトを巻いてトレンチコートの様に着用する事も可能です。
一着で様々な見え方をするコートなので、その時のコーディネートに合わせて変化させるのも面白いと思います。

DSC0010-264x400
ジャケットの上から着るのが個人的に一番好きな組み合わせです。
こういった着方であれば、北海道の真冬でも通用するので、3シーズン着回しが効きます。

【RIVE GAUCHE】
DSC0546-264x400
COLOR BLACK
SIZE S / M / L
PRICE 140,000+TAX

DSC0568-264x400
シャープなシルエットがRAINCHOとは対照的な”RIVE GAUCHE”

独特のドレープ感とトレンチコートの様な綺麗なシルエットに魅了されます。

DSC0549-266x400
アシンメトリーの前立て、フードの絶妙な大きさが個人的には非常にツボです。

ベルトでギュッと絞り動きを出して着るのがお勧めです。

DSC0579-400x265
DSC0577-400x265
L1003918

1番の魅力は、3層構造から成る最新のテクノロジーを施した機能的な生地。

外側の層は撥水加工を施したウォーター・プルーフでありながら、通気性を追求する為にその下の層にコーティング加工をしています。

裏地となる部分をサテン・ライニングにする事で袖を通す際の着心地の良さも考慮されています。

完全防水でありながら、熱をこもらせる事なく快適に着用できる機能的な一着は、ここ北海道では間違いなく必要なギアとなるはずです。

是非、お早めにご覧になってください。

ARCH 宅見

₢킹