Blog from ArchStyle » blog_top|archstyle|Arch アーチ

French Vintage 入荷速報

2017.06.10 Saturday 14:56:41| Author:admin| Categories:News!!,Vintage

3月にPARISにて買い付けていたフレンチヴィンテージがようやく入荷しました。

今回の買い付けでは、今までにも増して希少なアイテムが揃っています。

30年代のウールジャケットやインディゴストライプ、リネン素材からフレンチワークを代表するモールスキンやブラックシャンブレーなど…

初めて目にするヴィンテージが多くあり、僕らも検品しながら興奮しっぱなしです。

1900年年代初頭〜50年代のフレンチヴィンテージを中心に、ヴィンテージ好きなら間違い無く唸るアイテムばかりです。

_DSC0863
_DSC0776
_DSC0793
_DSC0828
_DSC0820
_DSC0799
_DSC0802
_DSC0842
_DSC0806
_DSC0878
_DSC0873
_DSC0872
_DSC0855
_DSC0836
_DSC0783
_DSC0781

1900年代〜40年代にかけて作られたヴィンテージは、人の手が加わって作られた物が多く、手作業でしか出来ない縫製やいびつな襟の形など、ハンドクラフト感ある洋服に魅了されます。

パッチワークになっている物や当て布で補強されたリペア跡が残る物もまた、その時代背景を色濃く映し出しています。

古い洋服を買うという行為は、単に洋服を買うという事ではないような気もします…
その生産背景や時代をも同時に自分の物にしている様な…そんな気さえしてくる程、ヴィンテージには言葉では言い表せない何かがあります。

本日より店頭に並びますので、是非ご覧になってください。

ARCH 宅見

KENNETH FIELD / Cote d’Azur

2017.06.8 Thursday 17:37:54| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD

KENNETH FIELDでは春夏の定番として人気の高いポロシャツ、「Cote d’Azur(コートダジュール)」が入荷しました。

いわゆる「フランス型」のCote d’Azur(コートダジュール)はワニマークのフランス製ポロシャツがベースとなっており、僕らのスタイルには欠かせないアイテムの一つです。

_DSC0696Color / WHITE
Size / XS / S / M / L / XL
Price / ¥12,800+tax

鹿の子素材の非常にシンプルなデザインが特徴のCote d’Azur(コートダジュール)は、シンプルなデザインの中にもKENNETH FIELDのディレクションを務めている草野氏の拘りを感じます。

_DSC0747

_DSC0748少し長めに設計された袖、裾はトラディショナルな雰囲気を残しつつ、上からジャケットを羽織ってもバランスの良い一枚になっています。

_DSC0705JACKET : US ARMY M-43JACKET
PANTS : KENNETH FIELD / TRIM TROUSERS (SEER SUCKER)

_DSC0723TOPS : BONCOURA / WORK SHIRT (ベタシャン)
PANTS : US ARMY BAKER PANTS

これからの季節だと、ジャケットやシャツのインナーとしても重宝しそうです。
ミリタリージャケットやワークシャツの様な少し土臭いアイテムとも合わせやすいのはシンプルなデザインが故。

_DSC0721Color / NAVY
Size / XS / S / M / L / XL
Price / ¥12,800+tax

WHITE同様に一枚は持っておきたいNAVYも非常に合わせやすい一枚。

_DSC0711JACKET : BONCOURA / Gジャン
PANTS : KENNETH FIELD / TRIM TROUSER (BRITISH WOOLⅡ)

スカーフを巻いてフレンチカジュアルなスタイルに合わせても◎。

_DSC0740

Archでは、仏軍M-47PANTS、SAINT JAMES、キャスケットと並ぶ程の定番アイテムの「フランス型ポロシャツ」は、フレンチカジュアルなスタイルに必ず必要なアイテムです。

シンプルなアイテムだからこそ、その人のスタイルが表れるアイテムだと思います。

Arch 松本

BONCOURA DENIM JACKET & 3B JACKET

2017.06.6 Tuesday 22:03:41| Author:admin| Categories:BONCOURA,未分類

_DSC1435
BONCOURAの顔とも言えるデニム生地は、糸の紡績から生地作りが始まります。

昭和20年代の旧式力織機でゆっくりと空気を取り込みながら織られる生地は、毛羽立ちとザラ感が増し、まるで40年代のアメリカ物を彷彿とさせます。

定番のジーンズと並び無くてはならないのが、ジーンズ同様の生地を使ったDENIM Gジャンです。

IMG_0151COLOR INDIGO
SIZE 36 / 38 / 40 / 42
PRICE ¥38,000+TAX

僕らが気に入って愛用している要因の1つが、着丈の長さです。

この手のGジャンに見られる物よりも少し長さのある仕様なので、合わせるボトムスとインナーの幅が広がります。

ジャケットとしては勿論、はたまたコートの中に忍ばせても良し、ギャバジンやオイルドコートのインナーに色落ちしたデニムGジャン…想像しただけで堪りませんね。

_DSC0629
_DSC2150

ジーンズよりも縫製工程が多い上に縫う場所によってステッチの番手や色、さらには運針まで変えているのには驚きです。
全てがコットン100%による糸なので、色が落ちてきた際にステッチにインディゴが乗り、生地と共に良い雰囲気になってきます。

続いては、ベーシックな3つボタン段返りの3B JACKET。

_DSC0655COLOR INDIGO HERRINGBONE
SIZE 36 / 38 / 40
PRICE 55,000+TAX

3つボタン、パッチ・フラップポケットの仕様がアメリカ顔のこちらのジャケット。

BONCOURA定番素材であるINDIGO HERRINGBONEの素材に成る事で、ラフに着れる1枚になっています。

_DSC0675
_DSC0678
洗いと着用を繰り返し、色が落ちる事でヘリンボーンの織りがよりはっきりと浮き出てきます。
この形でラフに着れる素材という点がとてもツボです。

_DSC0669COLOR SUCKER BLUE
SIZE 36 / 38 / 40
PRICE 55,000+TAX

シアサッカー素材を用いた3Bジャケットは、シャツ感覚で着れる素材感なので夏場の羽織として最適ではないでしょうか。

_DSC0671
夏の代名詞とも言える素材を、この季節だからこそ出来るスタイルで快適に着たいですね。

BONCOURAの最大の魅力は生地にあると思います。

10年、20年と愛用する事を考えて作られるその生地は、どのアイテムにも共通しています。

”育て甲斐のある洋服”

そんな言葉がしっくりくるBONCOUARの洋服に袖を通してみて頂きたいです。

ARCH 宅見

Worker’s Style by BONCOURA Vol.11

2017.06.4 Sunday 20:51:46| Author:admin| Categories:BONCOURA

久々の更新となりました、”Worker’s Style by BONCOURA”も第11回目となりました。

普段からBONCOURA DENIMを愛用して頂いてるお客様にフォーカスを当てたこの企画。

履き方や使用頻度、色落ちの仕方など、そのジーンズ1本から愛用している人のライフスタイルが垣間見える様な気がします。

今回話しを聞きにいったのは、僕の友人である工藤 翔太さんと工藤 資さんのお二人です。

_DSC0533
札幌にあるGREEN BLUEという飲食店で働くお二人は、仕事中も普段着としてもBONCOURA デニムを愛用してくれています。
なんと3モデル全てを所有しており、色々なシュチュエーションで履くモデルを変えているそうです。

_DSC0499
『BONCOURAデニムを購入しようと思ったきっかけは、ヴィンテージの様なザラ感のある生地と”バックポケットに何の装飾(ステッチ)が無かった”事が決めてでした。
ワークウェアーを象徴とするマークが無い事で、土臭いイメージがなく仕事着としてもその印象を与える事がないのが僕としてはとても嬉しいところでした。
ジャケットなんかにも合わせやすいです。
仕事柄、毎日デイリーに使えるタフな物でなければいけないので、14.5ozの厚さは安心感があります。
馴染むまでは時間がかかり育てるのが大変ですが笑
その過程がやはり楽しいですし、自分の物になっている感覚がありますね。

破れてボロボロになってもリペアしてでも履きたくなる愛着のあるジーンズです。

仕事中や自転車に乗る時はXXモデルを、ジャケット等に合わせる時は66モデルと色々と使い分けて履いています。』工藤さん 談

_DSC0522CHINCH BACK MODEL

_DSC0525XX MODEL

_DSC0513

最近購入して頂いたBONCOURA EPRONも活躍中だそうです。
エプロンの成長を見にまた取材しにいこうと思います。

毎日仕事で使っているとは言え、やはりBONCOURAデニムの色落ちには圧巻です。

自分の身体に馴染むからこそ、リペアしてでも履きたくなる。
本来のワークウェアーの在るべき姿を垣間見た気がしました。

_DSC0503【 GREEN BLUE 】
札幌市 北区北8条西4丁目稲津ビルB1F
TEL 011-717-5959
営業時間 17:00~25:00

北海道の食材をメインにワインやフレンチを楽しめるバルになっています。
系列店の”黒花火”もまたもつ鍋がメインでとても美味しいお店ですので、是非足を運んでみてください。

ARCH 宅見

1910′s French Army / Bougenon

2017.06.2 Friday 20:46:02| Author:admin| Categories:Vintage

スクリーンショット 2017-06-02 19.08.36

1900年代初頭、フランス軍の作業用ユニフォームとして支給されていたジャケット”BOUGENON”。
肉厚なリネン生地に、立ち襟のスタンドカラーでゆったりとしたシルエット、ミリタリージャケットとは思えないデザインにフランス特有のエレガントさを感じてしまいます。

冒頭の写真がまさに当時のフランス軍であり、今回紹介します”BOUGENON”を着用した姿です。

当然、100年程前のヴィンテージですので、そうそう見つかるアイテムではありませんが、先日のフランス買い付け時に、数枚見つける事が出来ました。

実は、今季ANATOMICAでもこの”BOUGENON”をベースにしたジャケットがリリースされています。
ANATOMICA の審美眼に適ったヴィンテージは、独特のフォルムが印象的です。

【1910′s Bougenon】
_DSC0536Color NATURAL
Size M~L 相当
Price ¥108,000+tax

_DSC0540

_DSC0541

驚くほど肉厚なリネン生地は、ブルんとした素材感が堪りません。
現在この年代と同じリネンを作る事は不可能に近いと言われているのも頷けます。

ミリタリージャケットとは思えない程、シンプルな作りも特徴的です。

IMG_0121
このアルミボタンを見るだけで何故か高揚してしまうのは、僕だけではないと思います。

圧倒的なヴィンテージのオーラがあるアイテムですので、合わせる洋服はシンプルな物を選びたいですね。

_DSC0528 HAT  JAMES LOCK
INNNER  NIGEL CABOURN
BOTTOMS  FRENCH VINTAGE STRIEPE PANTS

【1930′ BORGENON】
IMG_0115Color NATURAL
Size M 相当
Price ¥108,000+tax

こちらは前立てのボタンが取り替えられているタイプになります。
サイズもM相当なので、今の洋服との合わせも相性が良いと思います。

IMG_0117
_DSC0547

1910′sの物よりも薄手のリネン生地なので、より夏場のライトアウターとし着用出来そうです。

【1910′s BOUGENON PULL OVER TYPE】
IMG_0126Color NATURAL
Size M~L 相当
Price ¥158,000+tax

こちらは、被りのプルオーバータイプになります。
冒頭の写真で着用している物はまさにこのタイプ。

先の2つと大きく変わるのは襟元のディテールです。

IMG_0130
フランスの家庭で作られるような簡易的な袖の付け方も特徴の1つ。
着用すると肩が落ちるシルエットもまたこのジャケット独特のシルエットです。

_DSC0570
当時はジャケットとして使われていたアイテムですが、シャツの様にラフに着ても面白いと思います。
この時期でしたらショートパンツに合わせても相性が良いですよ。

存在感のあるヴィンテージなだけに着るのが難しいと思いがちですが、どうやって着ようかなと考えるのも洋服を楽しむ上での醍醐味ではないでしょうか。

先日、PARISで買い付けてきたヴィンテージアイテムが、ようやく店頭に到着しました。
現在検品して随時店頭に並べていく予定ですので、楽しみにしていてください。

詳細は追ってこちらのブログにて紹介していきます。

IMG_0135
ARCH 宅見

JUTTA NEUMANN / ALICE

2017.05.31 Wednesday 21:46:12| Author:admin| Categories:JUTTA NEUMANN

久々にJUTTA NEUMANNのレザーサンダルが入荷しました。

_DSC0498
NEW YORKのアトリエで、一貫したハンドメイドによる生産を続けているJUTTA NEUMANN。

ドイツ出身のデザイナーが手掛ける無骨なレザーサンダルは、人体工学に基づいた木型が最大の特徴です。
ドイツと言えば、矯正靴や医療文化が発達しているイメージが強い国の1つであり、BIRKEN STOCKやTRIPPENがその分野で有名ではなでしょうか。

このJUTTA NUEMANNのレザーサンダルもその分野に特化しています。

土踏まず の部分がカーブした木型がその象徴と言うべきディテールです。

_DSC0489
人間の足の構造に沿ってカーブした木型は、足に吸い付くようなフィッティングを生み出します。
歩行の際に、しかっりと足にフィットし靴が付いてくる感覚は、サンダルとは思えない履き心地です。

長時間の歩行でも疲れ知らずなのが履いていてとても驚きました。

_DSC0492
正直な所、肉厚なレザーなので履き始めは少し苦労します笑

履き込めば履き込む程レザーが馴染み、自分の足の形に成っていく様な…

裸足に近い快適さにやみ付きになってしまいます。

_DSC0502
アウトソールには、BIRKEN STOCKの物を採用しています。
クッション性のあるラバー素材は、より楽な歩行を生み出します。

_DSC0507Color DARK BORWN
Size 7 / 8 / 9 / 10
Price ¥55,000+tax

_DSC0504Color BLACK
Size 7 / 8 / 9 / 10
Price ¥55,000+tax

履く期間の短いサンダルというアイテムだからこそ、最高の物を履きたいと思います。

何故ならば、夏場のシンプルなスタイルにこそ、こういった力強い雰囲気のあるサンダルを履くとコントラストが付いてバランスが良く見えるからです。

_DSC0483
ARCH 宅見

KLASICA / LINEN SHIRT

2017.05.29 Monday 20:03:15| Author:admin| Categories:KLASICA

古くから、ヨーロッパのミリタリー・ワークウェアーに使われてきたリネン生地。

ブラック・ネイビーのリネンは、僕の中でヨーロッパ、特にフランスやイギリスのイメージが強く、アメリカ物の5ポケットジーンズや軍パンに合わせて着こなしている姿にとても惹かれます。

エレガントな雰囲気を醸し出すこの素材は、ARCHでは定番として毎年欠かさずに展開しています。

今季お勧めしたいリネンシャツこそ、KLASICAからリリースされた2型のシャツです。

IMG_0110
先ずは、ラウンドカラーの襟元がイギリスらしい”SH-014″から紹介します。

【SH-014】
_DSC0509Color NAVY
Size 2 / 3 / 4
Price ¥22,500+tax

通常のシャツ生地よりもしっかりとした厚みを感じるリネン生地。

”NAVY LINEN”という言葉だけでも惹かれてしまいますが、ディテール面においても一癖ある魅力的なシャツになっています。

IMG_0114
比翼になった前立ての仕様に加え、手がすっぽり入るポケットの様になっている2重構造が特徴的です。

着用する事で動きが出てよりリラックスした雰囲気に映ります。

_DSC0534
ラフな装いにより映えるシャツなので、ジーンズにカットソー位でも十分だと思います。

【SH-022】
_DSC0495Color BLACK
Size 2 / 3 / 4
Price ¥22,500+tax

スタンドカラーの襟元とラウンドした裾は、ヨーロッパの代表的なシャツのディテールですね。
クラシックなデザインを襟元をカットオフする事で新鮮な印象に。

IMG_0108
ブラックリネンのアイテムこそ、夏に一役買うアイテムだと思います。

ブラックリネンに色落ちしたジーンズ…フレンチの匂いを感じるスタイルであり、万能な1枚でもあります。

是非一度試してみて欲しいアイテムです。

ARCH 宅見

一生物のワークブーツ / GUIDI&ROSELLINI

2017.05.27 Saturday 20:43:00| Author:admin| Categories:GUIDI&ROSELLINI

レザータンナーとして今も尚、様々なブランドにそのレザーを求められている世界一のタンナーメーカー”GUIDI&ROSELLINI”。

_DSC0491
イタリア・トスカーナ地方の伝統的な手法で生まれる”VACCHETTA LEATHER”は、GUIDI&ROSELLINIが作り出す唯一無二の物と言っても過言ではありません。

アルプスで育った雌のステア牛の皮を手作業で肉から剥ぎ、化学物質は一切使わずに天然の植物性タンニンのみで時間をかけて皮を鞣していきます。

原皮から革にする全ての工程が手作業によって丹念に…

その背景には並ならぬ拘りがあるのだと実際に愛用していて感じる事が出来ます。

約1年愛用している1907 DERBY OXもようやく良い雰囲気になってきました。

_DSC0459
_DSC0456
_DSC0452
_DSC0495

 ARCHでは全てのラインナップをリバースレザー(裏側)所謂スエードの物をセレクトしています。
僕もそうでしたが、表側のレザーと見間違う程の滑らさに間違い無く驚くはずです。

カーフ等のレザーですと細かくシワが入るのに対して、1本にスッとシワが入るのも”VACCHETTA LEATHER”の特徴の1つ。

コードヴァンレザーに近いモノを感じます。

_DSC0469

LEFT NEW/ RIGHT 宅見私物

_DSC0473

鞣しの段階でたっぷりとオイルを含ませていますので、手入れ自体は殆ど必要ありません。
天然のオイルのみを使っている為、人の肌に塗る様なハンドクリーム等で十分なくらいです。
実際に”GUIDI&ROSELLINI”もソレを推奨しているそうです。

_DSC0485

綺麗なナチュラルレザーに先ず惹かれ、履き込んでいき焼けた様な色味に愛着が湧く。

シワの入り方から色味や汚れ、全てが自分だけの1足に仕上っていく過程こそ”GUIDI&ROSELLINI”の醍醐味です。

DSC0141-400x2651907 DERBY OX
SIZE 41 / 42 / 43 / 44
PRICE  128,000+TAX

DSC5084-400x265 1906 DESERT BOOT
SIZE 41 / 42 / 43 / 44
PRICE ¥138,000+TAX

DSC0147-400x2651835 BOOT
SIZE 41 / 42 /43 / 44
PRICE 148,000+TAX

一生物のワークブーツと自信を持ってお勧め出来る1足です。

ARCH 宅見