Blog from ArchStyle » blog_top|archstyle|Arch アーチ

ARCH × rdv o globe Special Gilet

2017.11.30 Thursday 18:55:51| Author:admin| Categories:Exclusive,rdv o globe

1510295615519_resized 2

いよいよ明日から12月ですね。

ここ札幌は現在マイナス9℃とようやく本格的な長い冬の到来です。

そして、明日12月1日から3日までの3日間、アーチで取り扱っているメインブランドのひとつである、rdv o globeデザイナー前淵氏、そしてNorth Worksデザイナー太田氏の両名を店頭に迎えて、今年のラストを飾る【rdv o globe ×  North Works Xmas Party 】を開催致します。

アーチでもコアなファンの多いrdv o globeからは、今回の為に別注でお願いしていた前回の入荷時に大好評だったBOB Giletのスペシャルファブリックバージョンを、数量限定にて発売します。

DSC0427-264x400BOB GILET

個人的にも普段から愛用しているとてもお気に入りのベストで、今回のスペシャルファブリックバージョンは「こんな素材があったら良いな。」という発想から具現化されたアイテムです。

明日発売ですが、入荷するのも明日になります。笑

入荷次第こちらのBlogでもご紹介しますが、まずは是非店頭にてご覧下さい。

また12月2日(土)は、開店12:00から、前淵氏オリジナルのVIN CHAUD(ヴァンショー)とフィンガーフードをご提供します。

VAN CHAUDとはいわゆるホットワインの事で、VIN=ワイン CHAUD=ホットでヴァンショーと呼び、ホットワインにシナモン、フルーツ、砂糖が入ったお酒でフランスやドイツのヨーロッパでは昔からクリスマスの時期になるとよく呑まれています

2e7f246e5c2e5f1336b67158b396f416

f0297961508e8bec880b98330a6544ee

寒くなってきたこの季節に、ARCHでVIN CHAUD を呑みながら一足早いXmas Party を楽しみましょう!

スタッフ一同皆様のお越しをお待ちしております。

 

ARCH 山内

1982 Dead stock Royal Blue Wool Melton

2017.11.29 Wednesday 20:55:21| Author:admin| Categories:rdv o globe

 

今年の5月に先行受注会としてお披露目していました、rdv o globeとの別注コート。
殆どが受注のみで終了してしまいましたが、少量だけ店頭に出せる数を生産する事が出来ました。

IMG_1395-300x400

1982年にイングランドで生産されたデッドストックのある生地。
イギリスの某M社が所有していた、極上のウール100%によるメルトン生地を贅沢に使用して制作しました。

“ROYAL BLUE”

ネイビーでもなくブラックでもない、イギリスらしい鮮やかな色味のブルーは男心をくすぐります。
中々目にしない色味であり、現在殆どのメルトン生地がウール+ナイロン等を使う中、上質なウール100%の生地な事が珍しく今ではお目にかかれない代物です。

極上のウールメルトンは、滑らかでありずっと触っていたくなる位に肌触りが良いです。

c24182fa06046019827fa93dfe93417c
ミリタリーウェアーを彷彿とさせる肉厚なメルトン生地。
持ってみると多少の重さを感じますが、この位の厚さがある方が余計に興味をそそられますし、着たい!と思わされます。

そんな肉厚な生地も、rdv o globeの洋服作り(パターン)がそれを解消してくれます。

18581676_1441792819220802_97440224652838716_n

綺麗なシルエットとは裏腹に、余裕のあるアームの作りや肩にしかっりと乗る気心地は、着ていてとても楽でありこの肉厚なウールメルトンの重みを全く感じさせません。

_DSC1230
ダブルブレステッドの仕様と襟元のディテールが目を引きます。
英国の伝統的なコートを匂わせながらも、あくまでもミリタリーベースのこのコートは、嫌味がなく着れるのも魅力です。

高めに設計された襟を立てる事で、防風にもなりマフラー等の巻物の代わりにもなる機能美をも持ち合わせています。

99085391317e8d3f26f14fee2dbe0a33COLOR ROYAL BLUE
SIZE Ⅰ / Ⅱ / Ⅲ
PRICE ¥110,000+TAX

ミリタリー物の無骨さと、イギリス製の上品な生地が上手く合わさった渾身の1着です。

ARCH 山内も始めスタッフ間でも愛用者の多いコートは、ここ北海道で冬のアウターとして重宝するはずです。
是非12/1から開催しますイベントにてご覧になってみてください。

そして….

今回このコートとは別に、rdv o globeとの共同で制作した別注アイテムもイベント初日から発売します。
rdv o globeからリリースされている”BOB GILET”。
英国貴族・ヴィクトリア時代に着られていた洋服をベースにした独特のカッティングが目を引くベストに、アメリカらしい生地を乗せたらしい1枚に仕上がっています。

詳細は後日紹介しますので、楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

VINTAGE INDIAN JEWELRY by NORTH WORKS

2017.11.28 Tuesday 21:49:35| Author:admin| Categories:NORTH WORKS

 

re-DSC_4207

【NORTH WORKS】のシルバーアクセサリーに使用される素材、アメリカの旧1ドル硬貨・MORGAN DOLLAR (モーガンダラー)。
1878~1904、1921年に発行された大型硬貨で、世界で一番美しいと言われるコインの1つです。

アメリカの象徴でもあるイーグルと自由の女神の肖像が刻印されたデザインも歴史を感じます。

そして、この年代に既に存在していたインディアンジュエリーもまた、NORTH WORKSのコレクションのルーツとも呼べます。

その中でも、1880年代〜1930年代頃までに作られていたモノが好きと話すデザイナーの太田氏。
当時の限られた道具や 技術、銀を掘り出す所から始まる制作背景、1点1点人の手で作られた温かみのあるクラフトマンシップに魅力を感じるともお話していました。

現代の発展したツールや進化したテクニックでは作り出せない、独特の世界観を感じる事が出来るモノだと思います。

当時のヴィンテージと呼ばれるインディアンジュエリーを数多く所有している太田氏が、特別にその1880年代〜1930年代に作られていたインディアンジュエリーをイベント期間中限定で販売する事になりました。

IMG_3046
IMG_3047
全て一点ものになるのは勿論、この年代だからこそ感じる圧倒的な雰囲気は、ヴィンテージならではかもれません。

そして、北アフリカ地方の先住民族・トゥアレグ族も独特のデザインでシルバーアクサセリーを制作していた背景を持ちます。
某H社が、トゥアレグ族に頼み制作された別注品は有名な話かもしれません。

そちらのヴィンテージアクセサリーも少量ですが用意して頂きました。

IMG_3048
アイテムの詳しい詳細は、こちらのブログから紹介していきますので、楽しみにしていてください。
ギフトなんかにも最適だと思いますので、是非この機会にご覧になってください。

rdv-au-globe-north-woorks-400x270rdv o globe × North WORKS Vol.6
12/1(FRI)〜12/3(SUN)

X’mas PARTY / 12.2(SAT) ~START!

ARCH 阿部

rdv o globe/MIL VE

2017.11.27 Monday 18:49:32| Author:admin| Categories:rdv o globe,未分類

 

今朝、アナウンスさせて頂きましたrdv o globe × NORTH WORKS X’mas PARTYに加え、rdv o globeのアイテムを紹介させて頂きます。

本日ご紹介致しますのはUS NAVY WEP (海軍用フライトジャケット)をベースにrdv o globeのエッセンスを加えた MIL VE。

_DSC1189

rdv o globe / MIL VE
COLOR / OLIVE
SIZE / 2,3(M,L)
PRICE / ¥58,000-+tax

アメリカ海軍にルーツがあり、嫌味なくアップデートされたこのMIL VEは、まさに僕達らしいアイテムです。

images

US NAVY  G-8 FLIGHT JACKET

US NAVYに寒冷地用フライトジャケットとして官給されていた背景を持つ通称WEPまたはG−8。
寒冷地用ジャケットとして位置付けられており、厚手のフライトスーツと一緒に着用するアイテムとして1950′s~1,970′sに支給されておりました。

オリジナルのソレは、着丈が短くファッションに落とし込むにはなかなか難しいのも否めません。
その点MIL VEは様々なエッセンスが加わっており、バランスの良い1枚に仕上がっております。

_DSC1161

SIZE/2 着用

アウターとして着て頂けるサイズ感、無骨になりすぎない鮮やかなGREENの配色、オリジナルよりも長さのある着丈、フロントのスラッシュポケット。
どのディテールもミリタリーライクなアイテムをバランスよく中和しております。
素材には表地と裏地の間にダウンよりも軽く暖かいと定評の有るシンサレートを使用しており、程よい肉感に対し抜群の保温、軽さを誇ります。

_DSC1170

特徴的なリブはオリジナルのG-8JACKETの中期までのディテールを踏襲したもの。
V字型のリブは、見た目にもインパクトを与えますが可動域を広げるために当時設けられていたクラシックなディテール。

_DSC1178

背中にはアクションプリーツが施されており、クラシックなディテールでありながらも冬に着込むこと、かさばらずに動ける事を加味すると嬉しい部分ではないでしょうか?
襟、袖口はWOOL素材を採用し柔らかな肌触りとなっています。

_DSC1173

フロントに2つ付く大きめのポケットはマチが付いている為、収納力も申し分なし。
携帯電話や財布であれば簡単に収納出来ます。

_DSC1175

やや長めの着丈に加えフィッシュテールのディテールもまた、rdv o globeらしく余裕を感じるディテールです。
ガチガチに決め込んだスタイルに合わせても、どこかゆったり余裕を感じるスタイルに格上げです。

_DSC1182

内側にはドローコードが内蔵されており、ウェストを絞ってややスタイリッシュに着用する事も可能です。
ミルスペックをしっかりリスペクトしつつもそれをファッショナブルに落とし込む余裕はrdv o globeならでは。

_DSC1168

シンプルにブラックジーンズとガンジーセーターにあわせるコーディネートにも、エッセンスを加えてくれる嬉しいアイテムです。

普段からミリタリーものやVINTAGEに精通のあるお客様も多いと思います。
そんなクラシック好きな方や、VINTAGEアイテムを多くお持ちな方こそ、一度手を伸ばして頂きたいブランドです。

いつもの装いに大人の余裕や自然な抜き加減、スパイスが効いたコーディネートを楽しんで頂ける筈です。
是非、袖を通してみてください。

rdv-au-globe-north-woorks-400x270

12/1(FRI)〜12/3(SUN)
X’mas PARTY / 12.2(SAT) 14:00~START!

いよいよ12/1(金)~12/3(日)開催のrdv o globe × NORTH WORKSのイベントの詳細も、近日告知いたしますのでお楽しみにしていて下さい!
別注ベストも今からワクワクしております。笑
NORTH WORKS 太田氏にもスペシャルなアイテムを用意して頂いております、、
是非是非、お楽しみに、、

Arch 近谷

rdv o globe × NORTH WORKS X’mas party!

2017.11.27 Monday 09:34:36| Author:admin| Categories:NORTH WORKS,rdv o globe

昨日まで開催しておりました、PARABOOT TRUNK SHOWには、沢山の方にご来店頂きまして誠に有難う御座いました。
お陰様で沢山のお客様にPARABOOTの魅力をお伝えすることが出来ました。
ここ北海道で雪道にガシガシ履くことが出来る道具としてもっと沢山のお客様に浸透して頂くよう、僕らも精進して参ります。

さて、もう札幌にも雪が本格的に積もり一気に冬景色ですね。
ちょうど冬の始まりに合わせて、昨年も開催させて頂きました[rdv o globe × NORTH WORKS] X’mas PARTYなるイベントを開催致します。

rdv-au-globe-north-woorks-400x270

12/1(FRI)〜12/3(SUN)
X’mas PARTY / 12.2(SAT) ~START!

僕らも非常に楽しみにしておりました、【rdv o globe × NORTH WORKS】のイベント。

rdv o globeからは特別に別注製作して頂いたデニム地のベスト、NORTH WORKSからはVINTAGEのインディアンジュエリーに加え、前回大変好評頂いておりましたトゥアレグ族のVINTAGEアクセサリーが少量ですが入荷致します。

rdv o globe(ランデヴー・オ・グローブ)に別注製作して頂いたベストは昨シーズン大好評だった”BOB GILLET”にArchらしい素材を乗せた唯一無二のアイテムです。
VINTAGEのインディアンジュエリーも大変希少でスタイルを感じる物ばかりで、系列店のARCH HERITAGEにてインディアンジュエリーを手に取った事がある方は尚更ご来店頂きたいイベントです。

期間は上記の12/1(金)〜12/3(日)の3日間です。
イベント2日目のX’mas PARTYではrdv o globe前淵氏にヴァンショー(ホットワイン)を直々に作成して頂き、簡単なおつまみと一緒に皆様にお配り致します。
詳細はBLOGにてアイテムと同時にご紹介させて頂きますので、楽しみにしていて下さい!

_DSC1104

P1012831-400x300

ARCH 近谷

Paraboot Made in France

2017.11.25 Saturday 13:35:56| Author:admin| Categories:paraboot

フランス生産を徹底して行うParaboot、自国生産に拘り続ける老舗ワークブーツメーカーは、実際にフランスではどのように愛用されているのか?

本日は、Paraboot正規輸入代理店・(株)RPJ 篠崎 拓馬氏にフランスで愛され続けている理由を、ARCHとParaboot sapporoを兼任しているスタッフ荒にインタビューして頂きました。

IMG_0159-400x300
Paraboot Sapporo 荒
『フランス自国のシェア率が1番高いParabootですが、本国フランスではどのように履かれているのでしょうか?』

RPJ篠崎氏
『フランスでは、公共機関・警察や軍、乗馬用の靴としても支給されており、国に認められている、誰もが認知しているメーカーの一つです。
ファッションではない、道具・仕事靴(ワークブーツ)として愛用されています。』

Paraboot Sapporo 荒
『公共機関で使われているのは良く耳にしていました。フランス海軍や空軍に支給されていたモデルもヴィンテージで見た事があります。
そういった背景を知ると、よりParabootへの信頼が増してしまいますね。
フランスに行くと、様々な人達が当たり前のようにParabootを履いているのを目にすると聞きますが、実際はどういった使われ方をしているのでしょうか?』

RPJ篠崎氏
『フランス人の仕事着は、勿論スーツの方も多くいますが、カジュアルなジャケパンスタイルが多いのでParabootがハマりやすく、フランネルのスーツにデッキシューズを履いている人もいるくらいです(笑)。
それ位日常的に使われており、汎用性が高いと思わされます。
フランスは、元々植民地であり様々な人種の人達を受け入れてきた土壌です。
そういった時代背景があるからこそ、イギリスやアメリカなどの文化から持ち込まれて生まれたモデルも存在します。
それこそが、Parabootの魅力てあり、自国フランスで愛され続けている理由だと思います。』

こういった背景を聞くと、益々Parabootは履きたくなってしまいますね。

_DSC1060 VIGNON
_DSC1057

『先輩に勧められ購入したAVIGNON。

正直、最初は何が魅了なのかがわかりませんでした。笑
そんな中、履いていくうちに自然と足を入れていました。
パンツの裾幅、レングスをあまり気にせず、様々なスタイルを受け入れてくれる懐の深さがAVIGNONの魅力なのではないかと個人的には感じています。

フランス本国ではベストセラーになっている理由が少しずつ理解してきました。

ぼく自身、北海道には来たばかりの為、ここ最近で雪道の辛さを知るのと同時に、関東では感じる事の出来なかったパラブーツの“道具”としての必要性を感じる事が出来ました。

これからさらに自分には欠かせない一足となってくれると感じています。』荒 談

_DSC1144RPJ 篠崎氏
_DSC1152WILLIAM

フランスと日本、文化の違う両者でも履かれている靴は同じであり、2人の話を聞いているとここ北海道でも欠かせないギアとして外せない靴だと再認識させられました。

PARABOOT TRUNK SHOWは、明日まで開催しておりますので是非自分に合うモデルを探しにいらしてください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH スタッフ一同

Paraboot Style

2017.11.23 Thursday 22:04:00| Author:admin| Categories:paraboot

11月中旬から雪が積もり始めるここ北海道。
僕達も当たり前の様に、一つの道具として愛用している靴”PARABOOT”。

特に足場の悪い雪道にこそ真価を発揮します。
リスレザーと呼ばれるオイルを含んだレザーに加え、グリップ力の強いラバーソールは安心して歩行が出来ます。

歩くだけでもストレスのかかる雪道において、ここまで安心して歩ける靴は”PARABOOT”以外に見当たりません。

それほどまでに僕らが信頼を置いてるPARABOOTは、機能面に加えスタイリングにおいてもとても汎用性が高いです。

本日は、スタッフが愛用してるモデルとPARABOOTの魅力を語って頂きます。

先ずは、ARCH松本からです。

【CHAMBORD】
DSC0727-400x265COLOR  GRINGO / NOIR / CAFE
PRICE ¥65,000+TAX

【松本】
IMG_8007

『parabootの定番CHAMBORDは、どのようなコーディネートにも合わせやすくプライベートでもよく履いています。
また、ブラックカラーでUチップのディテールが個人的にとてもフランスらしく、僕がお客さんだった頃に憧れていたArchの定番スタイルという事もあり、相変わらず重宝しております。
冬の定番コーディネートとしてchambordは外すことが出来ません。』松本談

【PHOTON】
_DSC1043COLOR CAFE / NOIR
PRICE 58,000+TAX

【川村】
IMG_8029

『フランス靴でありながらイギリス的な匂いを感じるPHOTONはお気に入りの1足です。
ツイードのジャケットにバブアー、ステンカラーコートなど直球なブリティッシュアイテムとのスタイリングは勿論、この手のアランニットなどであえてラフな着こなしを楽しむのも、パラブーツだからこそ上手くまとまる気がします。
加えて雨や雪などの悪路でも力を発揮する実用性の高さからついつい手が伸びてしまうのかもしれません。』川村談

【WILLIAM】
_DSC1050COLOR G.COGNAC / NUIT / GOLD / CAFE / VEL.NOIR
PRICE ¥68,000+TAX

【近谷】
IMG_8018

『WILLIAM は、昨年もご紹介させて頂いたモデルと同じ型となっております。
やはり何年経っても飽きの来ないデザイン、ここ北海道で通勤時等にも活躍しますし、元々J社が生産していたという背景もあり綺麗なスラックスに合わせる事も多いです。
ダブルモンクストラップ仕様で尚且つノルヴエイジャンウェルト製法なので、唯一無二の存在だと感じております。
勿論デニムにもチノパンにも相性が良いので、汎用性が高く大変重宝しております。非常にオススメです!』近谷談

イベントでは紹介しました3型が普段よりもカラーラインナップ豊富に揃っています。

26日まで開催しておりますので、是非ご覧になってみてください。

20160824131316PARABOOT TRUNK SHOW
2017 11/23(THU)~11/26(SUN)
at ARCH

ARCH 宅見

PARABOOT TRUNK SHOW in Arch

2017.11.22 Wednesday 21:41:49| Author:admin| Categories:paraboot

今やArchでは、この季節の恒例行事とも言える『パラブーツ・トランクショー』。

今回もまた、定番はもちろんマニアックなモデルや廃番モデルまで、豊富なラインナップは見るだけでワクワクしてしまいます。
また、先週に系列店のJUILLET(ジュイエ)で開催したトランクショーから引き続き、レディースの商品も豊富にラインナップしております。

そんなトランクショーが明日から開催致します。

_DSC1032

PARABOOT TRUNK SHOW
11/23(TUE)~11/26(SUN)
IN ARCH

普段見かけないラインナップも多数御座います。

_DSC1030

_DSC1033

_DSC1036

_DSC1039

もうすでにPARABOOTをお持ちの方も、そうでない方も是非見に来て頂けますと幸いです。
冬の頼もしい相棒を見つけに来ては如何でしょうか?

最後に、期間中PARABOOTをご購入頂いたお客様にはシューツリーをプレゼント致します。
※数に限りがある為、先着順となっております。

是非、奮って参加下さい。

ARCH 近谷