Blog from ArchStyle » Arch “Made in England” 第二弾|archstyle|Arch アーチ

Arch “Made in England” 第二弾

2019.09.25 Wednesday 19:33:09| Author:admin| Categories:Style

先日紹介しました”FISHERMAN COAT”に続き、第二弾となるアイテムも到着しました。

d1c2423cd486636f4008e578c9e544b6

IMG_0434

イギリスの船乗り達が愛用していた”FISHERMAN SMOCK”。

所謂、フランスでいうバスクシャツと同じ役割を担っていたウェアーです。

漁師の制服と言っても過言ではないこのSMOCKは、イギリスの伝統的なワークウェアーの一つでしょう。

ボートネック、高めの襟のディテール、被りでゆったりとしたシルエットが特徴的で、この手のウェアーは漁師だけではなく、ガーデニング用としても愛用されていた背景があり様々な用途で使われていました。

2枚目の写真は、20世紀の陶芸に革新をもたらしたと言われている、陶芸家・”HANS COPER”です。

彼もまた自分の作品を作る際にこの”FISHERMAN SMOCK”を愛用していました。

彼らが愛用していたイギリスの伝統的なワークウェアーにフォーカスし、ARCH”Made in England”の第二弾となるアイテムを製作しました。

L1008360

高めに設計された襟のディテールと、ポケットの仕様が特徴的な一着です。

素材には、英国が誇る老舗生地メーカー”BRISBENE MOSS”のものを採用しました。
英国で、主にコーデュロイやモールスキンなど、イギリスの伝統的な素材を19世紀から作り続けているメーカーです。

肉厚な織りがはっきりとわかる”ツイル生地”は、イギリスのワークウェアーらしい素材です。

IMG_8353

IMG_8348

IMG_8347

漁師、陶芸家、ガーデニングなど作業着としての機能が詰め込まれたユーティリティな一着。

シンプルな作りの中に、必要不可欠なディテールが施されたウェアーは、機能美を感じます。

裾下に配置されたポケットは、3つに分かれており様々な道具が入るようになっています。

L1008327

L1008333

シルエットも殆ど、ヴィンテージの物の造形と変えていません。
ゆったりとしたシルエット、程よいアームの太さ、無骨な雰囲気を残しています。

L1008331

L1008330

様々な職種の人達が愛用していた事からも分かるように、着ると非常に楽に着れてしまえます。

一着で完結出来る事も魅力の一つですが、ジャケットを羽織ったり、コートの中に忍ばせても良いので、シャツ感覚でラフに着て欲しいです。

L1008314

L1008321

着用を繰り返す事で起こる経年変化。

襟がクタッとし、色が褪せてきた時に、本物のヴィンテージと遜色のない空気を纏っていて欲しい。
だからこそ、イギリスという場所に拘り生産を行っています。

縫製の技術などではなく、イギリスの空気を感じて欲しい。

それを一つの洋服を通して伝えたいと思っています。

L1008343
 COLOR NAVY
MATERIAL COTTON
MADE IN ENGLAND
SIZE S / M / L
PRICE ¥36,000+TAX

ARCH 宅見

₢킹