Blog from ArchStyle » BRITISH WORK JACKET/ MADE IN ENGLAND |archstyle|Arch アーチ

BRITISH WORK JACKET/ MADE IN ENGLAND

2020.01.17 Friday 21:36:25| Author:admin| Categories:Style

IMG_4164

L1004141

枯渇し続けるヴィンテージウェアー。

資源が限られているモノは、いつしか見る事も着る事も出来なくなっていくでしょう。
大量生産では無いモノは特にそうです…

古き良きスタイルや伝統を現代から後世に受け継ぐ為に、イギリスという土地にフォーカスし物創りを始めました。

それが、”ARCH SAPPORO”のオリジナルレーベル。

イギリスにルーツのあるスタイル(デザイン)をベースにし、縫製から使う生地も一貫してイギリスという土地で完結させる。

ヴィンテージと呼ばれる当時の空気に限りなく近づける為に。

“MADE IN ENGLAND”

本日は、改めて完成したアイテムを紹介していきたいと思います。

【BRITISH WORK JACKET】
L1002867
COLOR NAVY /  NATURAL
SIZE S / M / L /XL
PRICE ¥78,000+TAX

ROYAL NAVY(英国 海軍)に支給されていたワークジャケットをベースにした一着。

襟元のディテールには、ドライバーズジャケットの要素を取り入れています。
様々なヴィンテージウェアーをサンプリングし、納得できるまでサイズフィッティングを繰り返し完成に至りました。

L1004132

L1004133

このジャケット一枚から、当時だからこその機能美を感じることができます。

斜めに付けられた胸ポケット、ポケットが破けないように裏地から同生地で斜めに補強された仕様など。

今見るとデザインの様にも見えますが、その時代ならではの知識と技術が凝縮されています。

IMG_8531-400x266

このチェンジボタンもその一つです。
こちらは1940年代のデッドストックのものになり、全てのジャケットにこのチェンジボタンを施しています。

イギリスでは、このボタンが多くのワーク・ミリタリーウェアーに使われており、着用時や洗濯時にボタンが飛ばないように考えられた仕様です。

L1002865

L1004152

生地には、英・BRISBEN MOSSの肉厚なツイル生地を採用しました。

程よい肉感がありながらも柔らかく、ヌメ感のある生地はイギリスの老舗メーカーだからこそです。

ネイビーの色味は、色褪せていくとROYAL NAVYの色味に変貌していくでしょう。

L1004129

L1004125

ナチュラルカラーも徐々に雰囲気が増していきます。

真っ白ではない絶妙なカラーがヨーロッパらしい色味だと思います。

L1004146

L1004149

スタッフ上田はナチュラルカラーを愛用していますが、徐々に生地も柔らかくなりワークウェアーらしい表情になってきています。

L1004123

ヴィンテージでもここまで完成されたサイズフィッティングのものは、存在しないのではないかと思います。

1940年代のBRITISH WORK JACKETにフォーカス。

当時と同じ時期に作られたデッドストックのチェンジボタンを施し、老舗生地メーカーのブリティッシュワークの定番素材”ツイル”を落とし込む。

現在のイギリスが持つ最良の工場で、全ての工程を完結させた渾身の一着です。

サイズ欠けしているカラーもありますが、是非ご覧になってください。

ARCH 宅見

₢킹