Blog from ArchStyle » Vintage French Military Bed Sheet by sus-sous |archstyle|Arch アーチ

Vintage French Military Bed Sheet by sus-sous

2019.07.30 Tuesday 21:52:07| Author:admin| Categories:SUS-SOUS

DSC0547-400x264

1900年代前半にヨーロッパで流通していた肉厚なリネンファブリック。

ウェアやシーツなど様々な用途で重宝されていた代表的な素材です。
ヨーロッパでは、季節の素材という言葉はこのリネンには通用しない。

なぜならば、リネンは夏用の素材ではなく、通年使えるファブリックとして愛されていたからだ。

当時のミリタリーウェア、フランス軍のウェアを見ても分かるように、多くの軍服にリネン素材が採用されている。

過酷な環境下でも対応出来るスペックが必要なミリタリーウェア。

摩擦に強く耐久性に優れたリネン素材が採用されていたのも、当時の肉厚なリネンを見れば納得がいきます。

IMG_2593

写真の生地は、1940年〜50年代にかけて生産され、フランス軍で使われていたベッドシーツの生地です。

織り目がはっきりと分かる、独特のザラ感とネップ感。

リネンとは思えない、厚さと重力感。

ヴィンテージファブリックが持つ圧倒的な存在感は、言葉では言い表せない何かがあります。

このフランス軍のベッドシーツを裁断して、今回スペシャルアイテムを【sus-sous】に制作して頂きました。

L1002586

L1002588

L1002587

落とし込んだのは、sus-sousの定番シャツ”SLEEPING SHIRT”。

ボートネックの様な襟の仕様にも関わらず、袖と裾は完全にシャツの仕様。

SLEEPING SHIRT=就寝用のミリタリーシャツ

ですが、sus-sousのこのシャツは少し違う意味合いがあります。

デザイナー西谷氏は、夏場カットソーではなくシャツしか着ないそうです。
カットソーと同様に楽に着れるシャツとして制作したのが、この”SLEEPING SHIRT”

カットソーを着る感覚でラフに着れるフィッティング+随所にシャツのディテールが施されているので、だらしなくも見えないです。

IMG_2599

裾後ろ部分には、敢えて生地のミミが来るように設計しています。
こういった部分にも、西谷氏の拘りを感じます。

L1002582
COLOR NATURAL
SIZE 5 / 7 / 9  SOLD OUT!!
PRICE ¥38,000+TAX

西谷氏からデッドストックのヴィンテージ生地で、凄い良い生地があるよ!と聞かされてから数ヶ月後…

まさかフランス軍の極上のリネンファブリックを拝めるとは思ってもみませんでした。

出来上がったsus-sousの洋服は、僕らの想像以上の仕上がりです。

ヴィンテージのシャツをデッドストックから着れる感覚と一緒だと思います。

L1002478

L1002616

L1002620

L1002601

L1002608

コーディネートは特に考えず、ラフに着れる一枚です。

まさにカットソーと同じ感覚で。

フランス軍のM-47 にビルケン等のサンダルに、このカットソーという名のシャツを身に纏う。

気張りすぎずヌケすぎず。

先ずは、この極上のファブリックに触れてみて欲しいです。

ARCH 宅見

₢킹