Blog from ArchStyle » sus-sous / 2019AW NEW COLLECTION|archstyle|Arch アーチ

sus-sous / 2019AW NEW COLLECTION

2019.08.8 Thursday 21:23:01| Author:admin| Categories:SUS-SOUS

 

先日ご紹介しました、sus-sousのヴィンテージファブリックを用いて制作された”Sleeping Shirt”

大変好評を頂き、瞬く間に完売してしまいました。
想像以上の速さに僕達も驚いてます。

多くの追加生産の要望があり、デザイナー西谷氏に相談し無理を言って、再度生産して頂く事になりました。

少量生産の為数量に限りがありますので、受注での対応となります。

L1002582
COLOR NATURAL
MATERIAL DEAD STOCK FRENCH MILITARY
SIZE 5 / 7 / 9
PRICE ¥38,000+TAX

L1002588

フレンチミリタリーの極上のヴィンテージファブリックを用いて生まれるこのシャツ。

目に入ると不思議と手に取りたくなってしまう…男を魅了し惹きつけるオーラを放っています。
袖を通せば最後、必ず虜になっているはずです。

店頭には、サイズサンプルを用意しておりますので、気になっていた方は是非お試しください。

ARCHでの展開が始まり、3シーズン目となるsus-sous。

既に根強いファンがARCHにも徐々に増えてきたように感じます。
僕もその一人です。

sus-sousにのめり込んでいく事になる、きっかけとなったアイテム”MK1-TROUSERS”

秋冬の新作第一便で入荷しました。

L1002978

ROYAL NAVYを彷彿とさせるこのデザイン。

sus-sousのブランドが立ち上がる以前から、デザイナー西谷氏が制作し愛用していたものだそうです。
故に、ファーストシーズンから、絶対的な定番として存在するのがこのMK-1 TROUSERS。

ミリタリーウェアであれば、オリーブやカモフラージュの柄が鉄板でしょう。

それを、アメリカ色が強いデニム生地で表現している一本です。

IMG_2993

IMG_2990

IMG_2989

オリジナルでは、カモフラージュのタイプも存在します。
まさに裏地で使われている様な柄です。

スレーキ部分にカモ柄をあしらう事で、アクセントになりオリジナルの影も残した様な…

こういった細部にヴィンテージへの深い造形を感じます。

L1002173

L1002172
COLOR INDIGO
SIZE 5 / 7 / 9
PRICE 36,000+TAX

デニムの重さとは裏腹に、ゆったりとしたシルエットとドローコードのディテールが相まり、楽に履ける一本です。

このパンツを日々愛用するようになってからというもの…段々とsus-sous沼にハマっていく事になるのです。

履けば分かってもらえると思います。

L1002985
COLOR NATURAL / OLIVE
SIZE  7 / 9
PRICE ¥27,000+TAX

L1002984

続いては、ROYAL NAVYに支給されていたシーマンズセーターをベースとした一着。

sus-sousのWIDE NECKは、ウールではなくサーマルで表現しています。

IMG_3008

IMG_3000

IMG_3001

ボートネックのようなワイドな首元、セーターのディテールにはない仕様が随所に施されています。

無骨なイメージのあるサーマルというアイテムが、何故か品良く見えてしまう。

この感覚こそが、sus-sousの魅力だと感じます。

L1003011

L1003025

一枚でもよし、勿論インナー使いとしても汎用の高い一着です。

秋冬はセーターの中に忍ばせても良さそうですね。
バスクシャツほどカジュアルにならず、サーマル程ラフではない、丁度良い塩梅の一枚が完成していると思います。

sus-sousの他にも、rdv o globe、MOJITO、KLASICA、OLDMAN’S TAILOR など新作の商品が徐々に店頭に到着しています。

そして、フランスから遂にあのブランドも届きました。

週末を楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

₢킹