Blog from ArchStyle » sus-sous Motorcycle Coat |archstyle|Arch アーチ

sus-sous Motorcycle Coat

2019.11.11 Monday 20:53:53| Author:admin| Categories:SUS-SOUS

明日より2日間限定で、sus-sousのPOP UP STOREを開催します。

スクリーンショット 2019-11-10 20.15.11
sus-sous POP UP STORE
2019 11/12(TUE) , 11/13(WED)
ONLY 2DAYS
in ARCH SAPPORO

急遽開催が決まりました今回のPOP UP STOREですが、デザイナーの西谷氏も来札されARCHの店頭に立って頂きます。
ご来場頂いた方限定で、西谷氏自ら製作しましたレザーカードケースをプレゼントします。

ARCHでは未展開の新作モデルをご覧に頂ける機会ですので、是非ご来場くださいませ。

半年前の展示会で、一目惚れしたコートを本日は紹介します。

【Motorcycle Coat】
L1000384
Color KHAKI
SIZE 5 / 7 / 9
PRICE ¥130,000+TAX

1950年代頃に、イギリス軍に支給されていたオフィサーコートをベースに、

フランス軍のM38モーターサイクルコートのディテールを随所に取り入れた無骨な一着に仕上がっています。

ヴィンテージを彷彿とさせる独特の生地感。

男らしいモーターサイクルのデザイン。

一目見た瞬間、オーダーしようと決めていました。

その位、圧倒的なオーラを放っていたコートです。

L1000388

L1000387

L1000386

L1000390

無骨な雰囲気漂うこの生地とモーターサイクルのデザインは、間違いなく土臭い雰囲気になるのですが、sus-sousのこれはそれを感じさせません。

ラグランスリーブの袖付けと、全体的に丸みを帯びたシルエットがそうさせるのでしょう。
そして、通常パーツが多いメンズウェアに比べると、シンプルな作りになっています。

無駄を削ぎ落としたデザインだからこそ、無骨な素材と相性が良いように感じます。

L1000391

L1000392

縦糸に中白染めしたコットン、横糸には中白染めした麻で織り込んだ生地。

ドイツで使われていた平斜と呼ばれる独特の生地感をベースに生地作りをしたそうです。

L1000394

中に着込む物を調整すれば、3シーズン着回せる一枚です。

男ならば一度は憧れるモーターサイクルコート。
この手のミリタリーアイテムは、格好良いけど着づらいという部分も否定できなくもないです。

ですが、sus-sousが生み出したモーターサイクルコートは、その部分を解消していると感じます。

是非、一度袖を通してみてください。

L1000363

L1000366

L1000359

L1000371

L1000381

L1000368

豊富なラインナップが並ぶ予定ですので、是非インスタグラムなどご覧になってください。

皆様のご来店をお待ちしております。

ARCH 宅見

₢킹