Blog from ArchStyle » 1910′s French Army / Bougenon|archstyle|Arch アーチ

1910′s French Army / Bougenon

2017.06.2 Friday 20:46:02| Author:admin| Categories:Vintage

スクリーンショット 2017-06-02 19.08.36

1900年代初頭、フランス軍の作業用ユニフォームとして支給されていたジャケット”BOUGENON”。
肉厚なリネン生地に、立ち襟のスタンドカラーでゆったりとしたシルエット、ミリタリージャケットとは思えないデザインにフランス特有のエレガントさを感じてしまいます。

冒頭の写真がまさに当時のフランス軍であり、今回紹介します”BOUGENON”を着用した姿です。

当然、100年程前のヴィンテージですので、そうそう見つかるアイテムではありませんが、先日のフランス買い付け時に、数枚見つける事が出来ました。

実は、今季ANATOMICAでもこの”BOUGENON”をベースにしたジャケットがリリースされています。
ANATOMICA の審美眼に適ったヴィンテージは、独特のフォルムが印象的です。

【1910′s Bougenon】
_DSC0536Color NATURAL
Size M~L 相当
Price ¥108,000+tax

_DSC0540

_DSC0541

驚くほど肉厚なリネン生地は、ブルんとした素材感が堪りません。
現在この年代と同じリネンを作る事は不可能に近いと言われているのも頷けます。

ミリタリージャケットとは思えない程、シンプルな作りも特徴的です。

IMG_0121
このアルミボタンを見るだけで何故か高揚してしまうのは、僕だけではないと思います。

圧倒的なヴィンテージのオーラがあるアイテムですので、合わせる洋服はシンプルな物を選びたいですね。

_DSC0528 HAT  JAMES LOCK
INNNER  NIGEL CABOURN
BOTTOMS  FRENCH VINTAGE STRIEPE PANTS

【1930′ BORGENON】
IMG_0115Color NATURAL
Size M 相当
Price ¥108,000+tax

こちらは前立てのボタンが取り替えられているタイプになります。
サイズもM相当なので、今の洋服との合わせも相性が良いと思います。

IMG_0117
_DSC0547

1910′sの物よりも薄手のリネン生地なので、より夏場のライトアウターとし着用出来そうです。

【1910′s BOUGENON PULL OVER TYPE】
IMG_0126Color NATURAL
Size M~L 相当
Price ¥158,000+tax

こちらは、被りのプルオーバータイプになります。
冒頭の写真で着用している物はまさにこのタイプ。

先の2つと大きく変わるのは襟元のディテールです。

IMG_0130
フランスの家庭で作られるような簡易的な袖の付け方も特徴の1つ。
着用すると肩が落ちるシルエットもまたこのジャケット独特のシルエットです。

_DSC0570
当時はジャケットとして使われていたアイテムですが、シャツの様にラフに着ても面白いと思います。
この時期でしたらショートパンツに合わせても相性が良いですよ。

存在感のあるヴィンテージなだけに着るのが難しいと思いがちですが、どうやって着ようかなと考えるのも洋服を楽しむ上での醍醐味ではないでしょうか。

先日、PARISで買い付けてきたヴィンテージアイテムが、ようやく店頭に到着しました。
現在検品して随時店頭に並べていく予定ですので、楽しみにしていてください。

詳細は追ってこちらのブログにて紹介していきます。

IMG_0135
ARCH 宅見

₢킹