BONCOURA 森島 久氏 INTERVIEW - 2015 - A/W -

BONCOURAと言えば『デニム』が代名詞ですが、そのデニムに限らず、ニット(=セーター)に関しても、非常にクオリティの高い物を生み出していると思います。そんなニット類は今では毎シーズン定番的にリリースされていますが、ニットを作ろうと思ったキッカケと言うか、やはり最初から構想にあったんでしょうか?

そうやな、ジーパン同様にニットも好きで、実は殆どインポート物しか着た事が無かったんやけど、それこそプリングルやマクジョージ、ドナチも着たし、ジョンスメなんかもずっと着ていて、とにかく子供の頃から色々着たけど、そんな中で自分の理想があって、まさにそれを今表現している感じかな?

では、NIPPON MADE=日本製と言う点も想定内と言うか、やはり拘りでしょうか?

実はな、日本には国産も含め各国から入ってくる羊毛を生かすことのできる技術力のある工場や職人さんがまだ残ってるねん。
腕のある職人さんがいるからこそ、細かい部分のニュアンスを詰めていった時に、オレの思うような物づくりを進めれる点は大きいな!
結局のところ、協力してくれる人達とのコミニュケーションでボンクライズムが伝わって初めて、BONCOURAのニットが完成してるんや。

突っ込んだ話なんですが(笑)、どの様にして工場を見つけ出すんですか!?

うーん…もちろん工場は色々あるんやけど、その中でも、日本ならではの古い編み機や昔ながらの縫製が出来るところがあって、そう言った信頼のおける工場にすごく協力してもらって俺の作りたいもんを一緒になってやってもらってるなぁ。

特に編み地なんかを見ていると、本当に拘りを感じます。
よく目を凝らさないと分からない様な部分まで森島さんのやりたい事が盛り込まれていますよね。

もちろん編み地も全部オリジナルやし、糸も通常のニットの何倍も使ったりするから、ホント工場の人にも『もう勘弁してや〜森島はん!』なんて言われるけど、これらも全て製品が出来るまでのプロセスやから、そんな部分がモノとして出来上がった時に温もりとして含まれてるかも知れんな。

最近ふと思い出したんですが、森島さんがその昔、”おさがり”についてお話されていたと思います。物を大切にする事の大事さを説いていたのが印象的だったんですが、僕としてはBONCOURAのニットに通ずる部分があると思います。

おうおうあれな、吉田よう見とんな(笑)!確かにな、ジーパンもそうやし、BONCOURAのアイテムに共通して言える事なんやけど、奇をてらった物ではなくて、あくまでベーシックで受け継がれて行くもんが俺の目指すところでもあるからな。

そう言った意味でBONCOURAのニットには、本当に長く愛用出来るクオリティが詰まっていると思いますし、先程お話していた様に、ニットの温もりみたいなものを感じると思います。

北海道は特にニットは必需品やからな!
BONCOURAのニットを通じて色んなものを感じてもらえると嬉しいな!

Interviewer / H.Yoshida From ARCH

ARCH OFFICIAL SITE/BLOG